♪ラジオ放送・文字版「世の光」

   1952年以来、キリスト教会が協力して全国民放ラジオで放送して70年、
PBA『世の光』を文字で 

■喜びの後の逃避行 / 岩井基雄

2023年01月02日 | Weblog

2022/12/26放送

 「世の光」の時間です。お元気ですか? 岩井基雄です。
 クリスマスの喜びを昨日まで味わい、いよいよ今年の最終週を迎えました。今週は一年を振り返り、苦難の中にある恵みを共に考えてみたいと思います。

 世界で最初のクリスマスの後にはどんなことが待っていたのか見てみましょう。救い主キリストの誕生には危険も伴いました。なぜなら、それがユダヤの王ヘロデの立場を危うくするものだったからです。

 最初のクリスマスの後、キリストの誕生を知った東方の博士たちがエルサレムに来て、「ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにおられますか?」と尋ねました。それを聞き動揺したヘロデは、博士たちに「その誕生はベツレヘムだ」と伝えた後、「自分も礼拝したいので新しい王を見つけたら知らせるように」と嘘をつきます。博士たちはヘロデ王のところに戻りませんでした。神が彼らを導いたからです。

 また、主の使いはイエスの父ヨセフも導き、「立って、幼子とその母を連れてエジプトへ逃げなさい。ヘロデがこの幼子を探し出して殺そうとしています」と告げます。そこでヨセフは立って、夜のうちに幼子とその母を連れてエジプトに逃れ、ヘロデが死ぬまでそこにいた、と聖書は記しています。

 このエジプトは、かつて神の民イスラエルが奴隷とされていた国です。しかし神は神の民を憐み、奴隷状態から脱出させ、本来の場所へと導きました。神の民が体験したことと、神の子イエスが両親と共に経験したことが不思議に重なります。その背後に神様のご計画があり、旧約聖書の預言の成就がありました。

 聖書はこう記します。
 「これは、主が預言者を通して、『わたしは、エジプトからわたしの子を呼び出した』と語られたことが成就するためであった。」
        新約聖書 マタイの福音書2章15節

 イスラエルは神の民と呼ばれるに相応しくない歩みを繰り返しました。しかしそのあり方を回復させ神の子とをしてくださるために、神は御子イエス・キリストをこの地に送り、神の民を救い、本来のあり方へと導く道を開いてくださったのです。

 その愛のご計画は私たちの前にも開かれています。私たちの思いをはるかに超える神様の愛のご計画は、私たちをも苦難の中から救い出し、神の子として呼び出してくださるためなのです。

    ( PBA制作「世の光」 2022.12.26放送でのお話しより )


******
さて、この番組を制作しているPBAの「世の光」の係りでは分りやすい聖書通信講座を用意していて、初めての方には無料の入門コースがお勧めとの事。詳しくはPBAに案内書を申し込みましょう。日曜日に教会を覗いてみるというのもいいんじゃないかなあ。日曜日は大抵、朝10時か、10時半頃からお昼頃まで集まっていて誰が行ってもオーケー。でも、新型コロナ禍で集まるのを制限したりオンラインの集まりに切り替えたりしているかもしれません。PBAに聞くと近くの教会を紹介してくれるので、気軽に問い合わせるといいでしょう。問い合わせ先は、mail@pba-net.comです。
******  
 このサイトは URL名として   http://yonohikari.biblica.info  が使えます。携帯からもこのURLでどうぞ。

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする