Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

平成最後の 8月回顧~許せぬ日共勢力の「二重基準」

2018-08-31 21:35:18 | 国際・政治

2018=平成最後の 8月も、最終日となった。前半は 前月に続く猛暑でどうなるかとも思ったものだが、盆明け辺りから ようやく収まる兆しが見え始めてはいる。それにしても、それまでに 西日本豪雨による大いなる被災や、例年にも増して多かった、超のつく暑さによる熱中症などの犠牲被害を伴うものであるのも事実。再び生じるかも知れぬ こうした気象の問題とどう向き合うか?今の内から各方面の知恵を出し合い、今後の対策に資する事も必要かも知れない。来月へ向け、頻発する台風への警戒も怠れないだろう。

その災害時の救援復興にも力を発揮する自衛隊の行事に対する、日本共産党勢力による 明らかに不当な攻撃や圧力が相次いで露見、拙者も不快感を新たにしている所。前出の中止に関わったのと同様の市民勢力が出所の様だが、更に北海道にても、同じ今秋予定の 日米合同訓練行事への中止要求が 同様の理由で同じ日共勢力から出されているというではないか。これらの要求は、決して偶然に重なったのではないだろう。

東京・代々木の日共党本部見解によれば、自衛隊を少なくとも当面 最低限の自衛力、警察力を有する組織として認知する方向だったはずだ。同党の地方組織や議連、シンパに当たる市民勢力には それこそ党本部の意向や方針が上位下達(トップ・ダウン)で徹底して通達され、普通なら それに対する異議異論は出ず、概ね忠実に実行されるはずだろう。だとすれば、今夏からの三件の中止 或いはその要求は、表向きの市民勢力からの自発的要求とは考えられず、程度差こそあれ、代々木党本部から 何らかの指令又は通達が発出され、それに基づいての行動としか思えない。

①まず考えられる背景は、安部自公政権が目指す憲法改正中の、自衛隊の合憲化を妨げんとする意図だろう。何としても、自衛隊の存立に法的根拠を与えたくないとの本音が見て取れる。その心底は、勿論 よく枝野立憲民主代表の口癖にまでなった「意味不明」。祖国日本の 必要最低限の自衛力と不穏な外国の動きへの警察力保持さえも認めない、どう祖国の独立と尊厳、安全を保障するかの議論さえ認めない姿勢には、もう初めから与しない様にするしか道がない様に思うのだが。

②もう一つの芳しからぬ姿勢は、①とも関連しての、日米同盟への破壊意思である。一見平穏な市民運動を装う一方で、実態は、形こそ違え 戦前ドイツの国家社会主義独労働者党ナチスの A・ヒトラー元総統や、南米チリ国の S・アジェンデ元大統領が目指した「銃なき革命」っろう事は明らかだ。公安当局が破壊活動防止法を後ろ盾に警戒を続ける「要監視団体」の要件たる、武力行動の懸念も 引き続き付き纏う。何よりも、政権奪取の暁には 我国民統合の象徴たる皇統の廃絶を否定していない事に、その危険性が尽きる様に思うのだが。又、日米同盟にもしもの事あれば、最も得をする国はどこかを 是非考えた方が良い。日共勢力は、そうなる事を期待しているとしか思えない。

以上触れて来た 危険で不穏な政見の政党に、軽々(けいけい)に平和とか民主主義を語られても、募るのは不信感ばかりだろう。前述の様に、代々木党本部は 当面は自衛隊の存在を認知しておきながら 一方で先日来の、今回拙記事で触れた様な 明らさまな(正当に準備手続きを経た)自衛隊行事への妨害行動を繰り返している。今の日共勢力には、不信の象徴たる二重いたろれ基準(ダブル・スタンダード)という言葉が、そのまま当てはまると見るのは 拙者だけではあるまい。今回画像は、当地名古屋の 金山副都心中の「金山公園」脇を行く JR在来線の試験列車「ドクター東海」の様子を。今月も、各位お世話様でした。来月も、宜しくお願い致します。

コメント

絶対に軽く見てはいけない 文化財損壊

2018-08-28 20:47:26 | 社会・経済

人気アニメーション・ドラマ「ちびまる子ちゃん」の原作で知られる漫画家・さくらももこさんが急逝された。このドラマは、同女史の自伝的な所も大きく、又 笑いの中に「家族とは、人の繋がりとは何か」を読者に考えさせる上で、故・長谷川マチ子さんの「サザエさん」と双璧をなす名作だったと心得る。拙地元近郊の岐阜県郡上市のキャラクター制作にも関与され、当地の文化面にも縁のある方だっただけに、突然の訃報は惜しまれてならない。心からの弔意を表す次第。

本題です。今や漫画やアニメーションも、良質なそれは大いなる文化だが、今 重文などの歴史的遺構が大きく損傷される犯罪行為が増えているという。先週末、某外泊先で、かねて不評の朝日新聞を無料で入手する機会を得たが、目を通すと たまには有用な記事が載る事もあるものだ。本来は有料だから当然なのだが、以下引用して この問題を見て参ろうと思う。

「消えゆく文化財~放火・落書き 価値損なう」

建造物などの文化財を 故意に傷つける犯罪が増えている。国宝や重要文化財に限っても、すべてを無に帰しかねない放火は 数年に一度起きており、建造物は監視が必要な範囲が広く、関係者は対策に頭を悩ませている。文化庁によると 2000=平成12~2017=同29年度、国宝と重文の 建造物への被害は、放火 4件、落書き 64件、液体散布 36件の計 104件。最近三年間だけで 55件と半数を超える。

吉志部神社(きしべ・じんじゃ=大阪府吹田市)で 2008=平成20年 5/23未明 放火事件が発生。重文の本殿を焼失させた。神を祀る部屋が七つある 全国でも珍しい「七間社(ななけんしゃ)」という構造。寄付を含む数億円で 三年をかけて再建した。「祈りの場で 人を疑いたくない」と置いていなかった防犯カメラも設置した。重文指定は解除され、すべて自費。奥田哲夫宮司は「地域の信仰の場を 再び失うわれにはいかない」と語る。

平家物語ゆかりの尼寺、京都・大原の寂光院も 2000=平成12年、本殿が放火で全焼した。重文の本尊 木造地蔵菩薩立像が焼損、真っ黒に炭化した。約二年をかけ、樹脂を染み込ませる修復を施した。鎌倉彫刻の特徴がわかる原形をとどめ、像内で多くが無事だった 三千体以上の小地蔵像なども合わせて現在も重文。新たに建設した、耐火性の収蔵庫に保管されている。

落書きや液体散布も、文化財の価値を大きく損なう。落書きで削られた土塀や木壁の修復には全体を取り換えなければならず、木材に染み込んだ油の除去には時間や多額の費用がかかる場合もある。

[防犯カメラ限界]長野・善光寺では昨年、国宝の本堂などで白い×印の落書きが 100箇所以上見つかった。液体散布は 2015=平成27年に相次いだ。奈良県では桜井市・長谷寺など 8棟の国宝と 15棟の重文を含む 国と県の指定文化財 26棟が被害に遭った。県は 2015=平成27年度に防犯カメラなどを設置する独自の補助制度を始めた。文化庁も、全国の寺社などに注意喚起した。

だが奈良・興福寺で 2016=平成28年、十数箇所に液体をかけられた。近隣の被害を受けて監視員を増やし、18台ある監視カメラの解像度を上げたばかりだった。約 25000坪の境内に 夜間も自由に出入りできる寺にで、辻 明俊執事は「完璧な監視は無理。一瞬でできる犯罪を防ぐのは限度がある」今年 6月に成立した改正文化財保護法では、国宝や重文を傷つける行為への 罰則の上限を 30万円から 100万円に引き上げた。文化財への犯罪に詳しい中谷友樹・東北大教授は「文化庁だけでなく、警察庁、自治体、専門家が連携して被害実態や件数を共有し、把握する仕組みをつくるべき。それが犯罪の予防や対策にも繋がる」と指摘する。(引用ここまで)

文化財被害は、この他 野生動物によるものも相当数に及ぶが、恐れながら今回は割愛させて頂く。簡単に規模に触れておくと 2002=平成14~2017=同 29年度の 野生動物によると思われる被害件数は 131件。やはり、ここ数年での被害増が目立つ様だ。過日、朝日新聞自体も 当時の関係者による 南方海中のサンゴ礁損傷事件などを起こしているだけに、所謂「おまいう」のイメージも付き纏いはするが、とりあえずこうした問題、記事で提起した事自体は 一定評価するものだ。

ただ、そうする以上は 最近の我国文化財の損傷事件は、同時期に急増した外国人旅行者の動向と無関係ではない事、旅行者の全てではないが、一部の不心得者共が関与した疑いが強くある事。又、放火や悪質な落書き、油脂散布などは 単なる悪戯レベルを超え、かねて指摘される、キリスト・イスラムなど他宗派、或いは容共左派などの過激勢力による 思想的・宗教的確信犯の線も大きくある事にも踏み込むべきだったろう。それをしないのが朝日新聞らしいが、例によって、日本国憲法第 20条などに定める「思想信条、信教の自由」への忖度が大きくあるのだろう。

とに角、国宝、重文など 我国の文化財を取り巻く局面(フェーズ)は、昨今の外国人旅行者の大幅増などにより、大きく変わったと拙者などは心得る。それに乗じての、地下に潜った極左過激勢力などによる 大規模な放火事件再発の可能性もあろう。中谷東北大教授の問題提起はその通りだが、それを推し進めて、関係各位で共有できる様、過去生じた被害実態や件数規模などの ITによるデータ・ベース化を早期に進め、事態の深刻さに対する認識をも共有できる様にすべき。その上で、得られた情報を、要秘密箇所以外は積極的に国民市民向けに公開し、文化財を守る啓蒙に資すべきだ。

今回取り上げた 遺憾な事件の減少抑止も、結局は 国民市民各自の意識を変える事に尽きるだろう。文化財の保全には、血税からの相応の予算も付されているのだ。罰則強化もそれは必要だろうが、外国人による犯罪の場合、出国後は立件すら困難だと聞く。その方の法整備も急ぐ必要がありはしないかと心得る。今回画像は、そうした文化財の聖地でもある 古都京都の中心部を行く、京福電鉄嵐山線の模様。地元各位からは「嵐電(らんでん)と呼ばれ、日々の足として親しまれている模様。勿論、旅行者の心強い味方でもありまして。

コメント (2)

名古屋の大学生爆発物事件は、教育的刑事処分を

2018-08-24 20:48:33 | 国際・政治

先日発覚した、当地名古屋の男子大学生が殺傷力の高い爆薬「過酸化アセトン(以下 TATPと略す)」を製造所持したかどで、愛知県警察本部捜査 1課に逮捕されたのは それは衝撃の事態だったろう。一昨年辺りから今春にかけ、居所近くの公園などで 小規模な爆発実験を行って、一定効果の確認もしていたらしい。勿論これは 重大な爆発物取締罰則違反であり、関連法規をも根拠に 厳重な処分を求めたい所だ。

当該容疑者は TATPの他、同じ爆薬の 四硝酸エリスリトール(略称は ETN)も違法製造した容疑を持たれており、これらの爆薬は、興味本位での製造は極めて危険とされている様だ。放置すれば 大きな爆発事故の原因となりかねず、又 製造の手がかりが、テロなどを志向する暴力組織他に流れる恐れもある。その意味からも、警察と司法は連携して こうした事件の処分と再発防止に、厳しく当たって頂きたい。

その「安全第一」を念頭に置きながらも、尚今回事件の容疑者には、更生の機会ある教育的な刑事処分を求めたく思う。前回記した 首都圏での女子高生惨殺や、前後した時期に当地愛知で生じた、若い男女が惨殺された事件の犯人連中と 同格に扱って欲しくない。女子高生惨殺の犯人連中は、有期刑に処せられただけで社会復帰の挙句 一人を除く三人が、再犯に走ったというではないか。又、当地の男女惨殺犯グループにしても、処分は似た様なもので 再犯リスクは高い様だ。それらに比べ、今回の容疑者は まず「爆発物への強い関心」から「破壊力を実際に確かめたかった」のが動機だと聞いている。相応に病的な様子が感じられはするが、深刻な再犯に向かわせぬ様にするには、むしろ「爆発物との正しい向き合い」を厳しく指導した上で「爆発物の知識を得る事」自体には一定の理解を示してやる事が有用なのではとも思う所だ。

ノーベル賞の創始者として知られる 19世紀北欧の科学者 A・ノーベル博士も又、爆薬の専門家であり、公共土木工事用ダイナマイトの開発と改良は 有名な話だ。ただ、高い破壊力が各国軍部の目に留まり 戦争に利用されてしまった所が遺憾だった。前述容疑者は、まだ 19歳。強い更生を施しながら、健全な爆発物知識を身につけさせ、それらが扱える専門職分野に努力して向かわせれば、これからの我国を牽引し得る 有能な人材に育てる事も可能だろう。扱いを誤れば殺傷の可能性があり 危険は当然だが、そこの所を正しく捉えられる人物になり得る様、警察や行政が連携しての取り組みが必要と感じる所だ。

司法の場へ進めば、検察側は 違法に個人で爆薬を扱った事による大きな危険を指弾、量刑にも反映して来るだろうが、対する弁護側も、これまでとは視点を変え「被告は反省の姿勢あり」の主張も良いが、一度位 将来我国の国防安保、公共土木事業の両面で有用な人材となり得る事に留意しての弁護活動を見せても良いのではないか。まあ「左傾姿勢が強い」といわれる日本弁護士連合会執行部派の弁護士多数は、総じて浅い次元の観念的平和論だけを振り回す「(日本国憲法) 9条真理教」に取りつかれているとされ、真にこれからの我国益を踏まえた活動は期待薄ではないかとの指摘も、よく耳にする所だが。

拙者は、前述容疑者の 寛大な処分を求めているのではない。繰り返しは承知だが、違法な爆薬の取り扱いで、社会に危険を及ぼした所は 厳重に処分すべきは異議がない。その上で、爆薬や爆発物への関心や向き合いが 極めて安全で健全なものとなる様、注意して教育指導して行く事が大事だと考えるものだ。そうした人材を多く育てられる土壌が整えられた時、我国は よりテロや暴力の不安と、自信と余裕を持って対峙できる様になるのではないか。今回画像は、たまには普段世話になる 身近な鉄道車両に光を当ててみたく 少し前まで首都圏でも主戦だった、旧国鉄 211系電車の頑張りを。当地では現在 JR中央線の名古屋~南木曽間と、関西線の名古屋~亀山間で活動している様です。又、中央線の長野県寄りでは JR東日本保有の同系車の走りも見られる様でして。

コメント (4)

自ら二流以下に堕ちる 朝日新聞勢力

2018-08-22 21:10:35 | 社会・経済

三日前の事だが 埼玉県下にて、相手を警棒で殴打した上 首を刃物で刺した殺人未遂容疑で逮捕された四十代の男性容疑者が、実は平成初期に首都圏で生じた「女子高生コンクリ詰め殺人事件」の犯行グループ四人中の一人だった事が判明したそうだ。

極めて凄惨さが際立った前述の事件公判に際し、当該男性容疑者は 当時少年だった事を理由に、懲役数年程度の不定期刑に処せられただけ。犯行グループ中三人までが 再犯に走ったとされ、その更生の不十分が指弾される所だ。欧米初め諸外国では、未成年といえど無期刑にも処せられる様 法整備が進んでいる様で、我国だけがこうした処罰のあり方から取り残されるのではとの印象も受ける。悪質な再犯者には、欧米並みに居所の直ぐ分かる GPS装着を義務づけたり、警察や民生委による監視を強めるなど 応分の処置を強く実行すべき。死刑廃止より、むしろこうした少年犯罪の再発抑止を確実にするための法制面を含め 大胆な見直しを進める方が先ではないのか。

本題です。そうした少年犯罪が生じると、主要メディアは「報道しない自由」を行使して、加害者の実名とかを秘匿しようとするものだが、その有力な一つたる朝日新聞が、日本語の英訳サイト検索に必要な、所謂「メタタグ」を不正に細工して、検索不能な状態にしていた事が判明した。海外の慰安婦像問題に取り組む K・ギルバート国際弁護士と日豪交流団体代表・山岡鉄秀さんのご尽力により、明るみに出たものだが、所謂「吉田偽証」に関連する日本語英訳記事の グーグルによる検索を不能にする為、前述の検索を不能とする様 図っていたらしい。

ネット民各位の反応を拝見した所では、朝日新聞勢力は 自分たちだけが絶対に正しいとの独善から、容易に自らの非を認めない傾向が強くあるそうで、最重要たる 所謂慰安婦問題及びそれ以外でも「お詫び訂正」は不十分な様である。世界の目が注がれる 英語サイトへの訂正記事掲載も渋っているとかで、そんな事を繰り返していては、内外の読者の信頼を失い、確実に「中・韓などによる反日情宣プロパガンダ」を煽る、恣意的な二流以下のメディアと大差なくなる事だろう。まあ拙者は 朝日没落は仕方のない事だと心より思うし、そうなって欲しいとお思いの各位も多そうだから、その様な流れでもやむなしとは思うのだが。

とに角、朝日新聞は今 創部数も 400万部台まで後退したそうで、将来へ向けての正念場と思われる。このまま終わるのか、起死回生へと進むのかは 関係各位の意思次第なので他言は控えるが、社内多数が何も見直す必要がないと感じているなら、先行きはそう長くないのではないか。今回画像は、東京方面から JR名古屋駅に入る 東海道・山陽新幹線試験列車「ドクター・イエロー」の様子を。以下に、今回分の関連記事をリンク致します。http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-3184.html (私的憂国の書様)

コメント (6)

正当な自衛隊行事を握り潰した 日共勢力

2018-08-19 20:37:11 | 国際・政治

この所、朝晩をメインに 急に秋めいて凌ぎ易くなったは良いが、気象情報によると 南方沖合に台風複数が控え、今週内に第19、第20号の両台風が我国本土に接近又は上陸の可能性があるとか。西日本をメインに、深甚な水害に見舞われ 今も復興途上にあるだけに、更なる大きなダメージを生じぬ様、祈りたい様な想いがあるのも事実です。

我国土の安全保障に日々邁進し、災害時の救援復興にも力を発揮する自衛隊。常日頃から、頼もしい隊員各位への敬意と労いを抱くべきは当然だろうが、あろう事か 正当な準備手続きを踏んで開催されるはずだった同隊参加の行事が、意味不明な理由で中止される事態が首都圏で生じたので、触れる事としたい。

この事態は、首都北方 埼玉県鴻巣市内の民間商業施設で 明 8/20(月)から行われる予定だった「警察と自衛隊ふれあいフェスタ 2018」の、少なくとも自衛隊の参加が中止となったもの。数日前の 去る 8/15(水)に、複数の市民勢力と一部市議団が 商業施設の運営主体に対し「自衛隊が子ども向けに試着会予定の迷彩服や、自衛隊関係車両の展示が『戦争』を連想させるもので好ましくない」との申し入れ(実態はクレーム同然の内容)に、同運営主体側と自衛隊側が屈した事によるとされる。この市議団は日本共産党系で、市民勢力も、概ね同党に近い連中の様だ。

この事態は、志位日共執行部が同党の埼玉・鴻巣市議団に対し 何らかの指令を送って実行させた所も大きそうだ。一見「草の根」運動に見られる 市民勢力レベルが声を上げたとの体裁にしておいて、日共党本部の意向を通す、今回もいわば常套手段を行使した結果ではないかとも思う所。自衛隊と言えど 準備、手順や手続きが全うであれば、勿論民間施設での行事を行ったり 参加する事は可能であり、それは日本国憲法が保障する範囲でもあろう。それを蔑ろにする日共及びそのシンパ勢力の出方は、反って同党勢力への国民的不信を高める事となろう。最近に至ってようやく実施されたという「新聞あかはた」電子版には、恰も「健全な市民勢力が声を上げた成果」の様な紹介がされていたが、到底真に受けられるものではない。真実を捻じ曲げる言葉巧みな印象操作や、見聞きする者達を篭絡する「微笑戦術」に嵌ってはいけない。

百歩譲っても、自衛隊行事を 仮にでも好感しないのなら、国民市民各自が参加したり覗きに行ったりしなければ済むだけの話ではないか。その各自の意思を蔑ろにして党見解を押し付ける様な出方は、日頃この連中が「守れ守れ!」と騒ぎ立てる 日本国憲法の趣旨にさえ抵触する疑いがある。又、先の大戦の様な 不幸で不毛な消耗戦を繰り返さぬ為に、現実の安保政策を踏まえてどの様に思考し努力すべきかという所をろくに議論も検証もせず、その為の議論さえ認める事なく、ただ徒(いたずら)に「戦争反対!」を声高に繰り返した所で 何の意味もない。それこそデモ隊が通りで喚(わめ)く様なレベルでしかない。

とまれ「中止決定」の現実は受け入れるべきかも知れないが、これは決して健全なあり様ではない。特に、夏休みの折 小中学生達に平和と安保の現実面を周知してもらうには絶好の機会だったろう。自衛隊各位には、せめて隊内のスペース利用でも良いから、若い国民市民への啓蒙努力を続けて頂きたい。これは決して、戦前の様な みだりに戦争を煽ったりする様な活動ではなく、あくまでも平和の為の 現実的な一方法論のはずだからだ。

最後に日共勢力は、今も破壊活動防止法に基づく 公安監視対象であり続けている所にも留意すべきだろう。今回画像は、東三河の豊川市内を行く 名古屋鉄道線の様子。この近所が、陸自豊川駐屯地でして。以下に、今回の関連記事を二点リンク致します。自衛隊関連行事中止について→ https://snjpn.net/archives/63355  公安監視対象関連について→ https://www.npa.go.jp/archive/keibi/syouten/syouten269/sec02/sec02_01.htm

コメント (4)