Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

やはり 野党連携など無理

2018-12-09 19:02:44 | 国際・政治

先日の、外国労働人材確保を図った出入国管理法 並びに水道業の今後の健全性維持を目指した水道法、両法制の改正に関する国会審議は、確かに拙速の印象を免れず、安倍自公政権の「功を焦った」所が隠せないのは認めたい。しかしながら それを踏まえるとしても、野党側が質疑において 国会の決め事を破って良い訳ではない。

つい先日の参院審議でも、趣旨説明など演説時間の制限を守らなかった野党議員が複数あり「参院は良識の府」を標榜するなら、その主役たる参院議員が掟破りをして良い理由などない。こうした茶番が続くなら、我国会は、衆議経験もお持ちの 若狭 勝弁護士が主張される様に、国会一院化を目指した方が 国益にも沿っている事だろう。同氏は具体的明言を避けられたが、もしも具体化する運びとなれば、その時は参院廃止という事になろうと 拙方は見るものだ。

前置きに関連して、実は安部内閣の不信任案が提出される野党構想もあったらしい。しかし実現に至らなかったのは、折々主張される野党連携が不調なままである事の証左だろう。以下、今日付の拙地元紙 C新聞の記事を引用して、少し見て参りたい。

「野党反目 与党逃げ切り(改正入管法成立)~内閣不信任案 出せず」

12/7金曜の参院本会議を主舞台にした 入管難民法改正を巡る与野党攻防は、応酬を重ねて 12/8土曜未明までもつれた。主要野党(実は特定野党)は 安倍総理大臣や山下貴司法相に対する問責決議案を連発し、抵抗を過熱。与党は「拙速審議」との批判を押し切り、週末の国会開催まで想定して防御に走った。エスカレートした野党の攻勢には、立憲民主・国民々主両党の対立が影を落としていた。

「ルール」野党は 法改正を阻むため波状攻撃を仕掛けた。12/6水曜夕に提出した参院法務、農林水産両委員長の解任決議案に続き、12/7金曜は法相、総理の問責決議案を次々と出す。扱いは全て参院本会議。議案印刷など事務作業に 1~2Hを要するため、時間切れを狙った戦術だ。

12/7金曜昼、参院本会議場で趣旨説明に立った 森 裕子自由参議は「私は 参院の戦後最長演説記録を持っている」と宣言すると、規定の 15分間を大幅に超えて演説した。与党席からの怒号に「ルールを破っているのは安部内閣」と声高(こわだか)に反論。伊達忠一議長が「降壇しなさい」と重ねて注意。事務方に「やめさせろ、連れて行け」と強制退去を指示した。

対処のため、与野党の議員運営委員会理事が直ぐに集められた。森参議の振舞いに憤った大家敏志自民参議が、白 真勲立憲民主参議に暴言を発し 小競り合いが起きる。野党側は問題視、事態は更に悪化。大家参議が理事を辞任して収拾するまでに 6H半が経過した。(筆者註 因みにに白 立憲民主参議は 同じ参院本会議中、森自由参議と同様に演説時間超過を知りながら無視した 有田芳生参議に注意を促してもいる)

「読み」与党は 野党側の手の内を読み切れなかった。自民党国対筋は 立憲民主との水面下の接触を踏まえ、総理問責決議案は出ないと踏んでいた。参院法務委への 12/6木曜の総理出席は、衆院では応じなかった対応。12/7金曜夜に総理問責決議案が提出されると、与党側にも「野党の要求を受け入れてきたのに許せない」と火がついた。ほぼ固まっていた今国会最終日 12/10月曜の決算審議も「信頼関係が崩れた」と白紙になる。

この頃 自民党内では「いざとなれば 12/8土曜を使うしかない」と焦りが出始める。総理問責決議案を扱わずに 無視して入管難民法改正案の採決に突っ込む強行案も浮上したが、最後は総理と菅官房長官が「逃げる理由はない。受けて立つ」と判断した。与党側が懸念したのは、内閣不信任決議案だ。衆院に提出されれば、衆参全ての議事に優先させるのが慣例。速やかに否決しなければ、改正入管難民法を成立させられなくなる事態も想定された。

「疑心暗鬼」だが 立憲民主、国民々主両党の足並みは揃わず、内閣不信任決議案提出は見送られる。当初 提出をちらつかせてきた立憲民主は「世論を味方につけられない」と見送りへ傾いていた。消極的な国民々主の協力がないことを名目にする算段を描く。これを知った国民々主は 強く反発した。方針を一変、原口国対委員長が辻元立憲民主国対委員長と会い内閣不信任案や総理問責決議案を提出するよう迫った。辻本委員長は 内閣不信任案提出は認めず、双方は疑心暗鬼を募らせた。参院本会議で改正入管難民法が成立した時、時計の針は 12/8土曜の 4amを回っていた。枝野立件民主代表は同日午後、記者団に「野党の意見が一致すれば内閣不信任案を考えたが、そうではなかった」として、一枚岩になれなかったことを認めた。(引用ここまで)

「又、いつもの・・か」との想いも強くするものだ。初めは声高に標榜するも、いざ事が進むと 結局はまとまらなくなって雲散霧消の道を辿る「野党連携」。しかもそれは、過去何度も繰り返されて来たものだ。ここまで来れば、もう童話「狼少年」よろしく 騒ぎ立てられてもどうせ同じ。そんな言葉にゃ動じないと言うか、そうしたくない想いの方が大きかろう。枝野立件民主代表は 直近の演説で政権交代構想を表した由だが、足元がこんなでは 到底実現どころか現状変更も覚束ない事だろう。今回の、国民々主党を向こうに回しての国会対応は、その弱さを露呈したと言える。全く「旧社会党への後退」そのものだ。今回画像は、拙故郷から遠くない JR蒲郡駅にて見かけた、大手陸運貸切貨物便の様子。各地にて、こうした輸送のあり様が目立つ様になって来ています。深刻なトラック運転手不足の表れかも知れません。

コメント

水道事業 民営化の前に広域化だろうが

2018-12-06 20:35:19 | 国際・政治

コナサン、ミンバンワ!外国人材の確保を図る 出入国管理法改正案は、参院審議中。成立までには まだまだ曲折があるだろうが、改めて拙速な審議と採決は回避する様、拙者からも申したい。野党側は、所謂技能実習生失踪問題などを取り上げて改正案成立阻止に動いている様だ。

この中には 明らかに日共勢力にも通じる極左系議員が複数見られ、改正案審議の至らない所を 政局に利用しようとする意図も感じられる。政権与党にとり、又 日本及び日本人の公益にとり、この辺りを放置していては拙いのではないか。来年初からの通常国会までの継続審議とする道もある。各方面の 深刻な人手不足は分かるが、どうか新法制の全貌を少しでも明らかにし、公正を期す為にも、更に審議を尽くす様願いたいものだ。

本題です。或いは 前述の入管法改正問題以上に、消費税や医療保険の事共と並ぶ 我々の生活に直結する問題だろう、水道法改正案が、本日の衆院本会議で与党側等賛成多数により 可決成立した。水道施設はこれまで同様 各地の自治体が保有し続ける一方で、水道事業の運営権を民業に売却できる道を開く、地方鉄道や路面電車の上下分離方式に似た「コンセッション方式」の導入を容易にする狙いがある様だ。

高度成長の頃 一斉に整備された排水管など施設老朽化の更新対応や、特に地方の人口減による経営改善の必要は理解できるが、その一方で、水道料の急激な高騰や これまでの高レベル水質が維持されるのか、又 拙ブログでも過日取り上げた、水源地が外国資本に押えられる恐れはないのか、などの疑問が付き纏う。以下、某ネット記事を参照しながら この問題を少し見て参りたい。

「改正水道法が成立 民間に事業売却も」

自治体が、水道事業の運営権を民間企業に売却する「コンセッション方式」を導入し易くする内容を含んだ、水道法改正案が 12/6木曜の衆院本会議で可決され、成立した。民間ノウハウの活用で 水道事業の立て直しを狙う一方、野党側は 料金高騰や水質悪化の懸念があるとして反対していた。

水道事業の多くは市町村が運営している。しかし、人口減少で料金収入が減って経営環境が悪化。給水人口 1万人未満の小規模事業者では、およそ半分が赤字に陥っている。事業者は 施設の老朽化にも悩む。高度成長期に敷設された施設や水道管は耐用年数(40年)を相次いで迎えており、その割合は約 15%。資金不足で更新も進まず、水道経営の基盤強化が喫緊の課題となっていた。給水人口 5千人以下の小規模事業者は全体の 8割を占める。法改正で、近隣の事業者を結び付ける「広域連携」が進むことが期待されている。

今回、その是非が焦点となった「コンセッション方式」は 改正前でも可能だった。ただ 自治体が認可を返上しなければならず、導入実績はなかった。法改正により、自治体が認可や施設所有権を保持したまま事業の民間売却をできるようにさせ、その動きが加速するとみられる。更に、施設台帳を作成していないなど 杜撰(ずさん)な資産管理をしている自治体もあったため、台帳の保管を義務付けた上 施設を更新する計画を作成し、公表する仕組みを導入した。(引用ここまで)

水道施設の所有権や認可権などを自治体が保有したまま 民間に運営権を売却し 営業を任せる「コンセッション方式」は一見良さげだが、健全な実施の為には、自治体による 水道施設所有権や許認可権を強い姿勢で守り抜く仕組みが必要だろう。広く民間に門戸を開くとなれば、今は外国籍の企業も普通に応募する事が考えられる。そんな時に、当初は運営権だけを売却する話のはずが、気が付けば 押しの強い外国企業に施設保有などの諸権利も奪取されていたなどという事象が、絶対にないとは言えないだろう。

水道のあり方は、国民市民の生活に直結し 影響も大きいだけに、安易な民営化を進めてはならない。耐用年数に差しかかり、或いはそれを過ぎた上下水道の諸施設を更新する為には、莫大な資金と多くの人手を要する。既に 試算によっては、将来の水道料は現状の 2倍以上に引き上げないと 健全な採算ラインに届かないとの指摘も聞いた。

拙私見ではあるのだが、法改正が通ったからと言って 直ぐに民営化の方向ではなく、その前に水道の事業主体を これまでの各市町村から全国レベルで広域連携を徹底して進め、必要な合理化を図っていくべきではないか。向こう数年の(期間)スパンで これまでの自治体主導の運営を、必要な合理化を図りつつ継続し それでもやむを得ない所にだけ、限定的に民間企業を関与させる方が良いのではないか。

出入国管理法改正問題でもそうだが、水道法改正にあっても、どうも今一つ 新制度の全貌が見えず、我々国民市民の側も 十分な理解がし難い所だ。こうした生活に直結する法制度は、多くの国民市民がよく理解できる様、法制度のあり様を分かり易く明らかにすべきだ。決して、秘密裡に事を進められる様な事態を許してはいけない。今回画像は、当地愛知の南隣 三重県南勢地区の紀伊半島中東部に位置する 東海地方屈指の清流 銚子川河口の様子。全長十数kmの短かさながら多様な生態系を誇る事でも知られ、過日の TV番組でも取り上げられた 好感の流れ。渡る線路は JR紀勢線。

コメント

実感した TVの印象操作

2018-12-03 21:16:37 | 社会・経済

2018=平成最後の12月も、宜しくお願い致します。先月末以来患っていた風邪は、お蔭様で何とか快方へと向かっている所。後一日位無理を避ければ完治しそうで、用心するつもりです。昨日まで南米アルゼンチン国で開かれた 主要 20カ国蔵相&中央銀行総裁会議 G20閉会に際し、かねて問題だった米中貿易摩擦の 更なる関税強化がひとまず回避されたのは朗報だろう。今後 90日以内に善後策が講じられなければ再びの関税強化措置の可能性も残り 楽観視はできないが、経済大国の双璧であるだけに 冷静で賢明な対応を願いたい所ですね。

又も前置きが長くなった。本題です。一昨日 月初土曜の事だが、朝方の某民放旅行関連番組の視聴を再考しようと思っている所。理由は、この回の 確か九州の行程中、江戸初期の我国内キリスト教徒だった所謂「キリシタン弾圧」の取り上げにつき、史実を反映しているか 強い疑問があったからである。キリシタン弾圧の軌跡については、時の徳川幕府より相当な信者への虐待等もあったとされるが、その事を一定認めるとしても その背景には当時の国際関係上やむを得ない所もあった模様だからだ。

前述の番組中、出演タレント複数から「キリスト教は『心の安らぎ』の為の宗教につき、弾圧されるとは・・」との声があった。本当にそうか?過日視聴の 別chの TV番組では、ほぼ同様の評価をしながらも、キリスト教布教活動は、アジア、アフリカなど植民地を擁する欧州諸国の海外戦略を反映しており、時に侵略の顔を持つ その海外進出の片棒を担ぐ存在でもあったと明言していた。恐らく、史実はこの方ではないのか。

TV番組に出られるタレントの各位にも、名誉がある。その事を踏まえて申せば、キリシタン弾圧の問題に触れた タレントの方の言動に非はない。あったとしてもごく些少だ。主な悪さは、そうした史実を知りながらその様な言動をさせた 不良な制作編集陣と経営上部にあろう。番組において、出演タレントの各位にその様な言動を誘導するとは言語道断。正に「歴史を歪める行為」そのものだろう。

先の大戦における、中韓両国への我国政府の向き合いや、その折生じた諸々の事件への対応もそうだが、TV放送でも 歴史問題に触れる所では、一方的に我国の方が悪い様な記事や物言いはどうか、とも思う所。前述の番組制作と放送を行ったのは 朝日新聞系列の TVAだった。本体同様、TV番組作りの場でも、切り取りなどの印象操作が横行しているという事か。事実なら、国民的指弾の対象とされるべきだろう。

聞いた所では、メディアのみならず、近い将来 教科書から明治維新の志士、或いは大きな影響を及ぼしたとされる 吉田松陰、坂本龍馬の各位も、歴史教科書から消える可能性があるらしい。理由は不明だが、これも風聞によれば 一部の学者勢力が、吉田松陰を「テロの指導者」などと決めつけ、この事から 教科書への記載をやめさせる策動をしているらしいという事の様だ。これも又「歴史を歪める動き」として軽視できないものがあろう。何よりも 監督官庁たる文部科学省がこの辺りをよく把握して、国民向けに はっきりと説明をすべき。手を拱いていては、国民向け歴史教育の分野まで 不当に歪められる事となりかねない。

改めて思うのは、TV放送でも 気をつけて見ていると、視聴者向けの不当な誘導や印象操作などがよく見られる事だろう。拙者もこれからは、そうした「不当で不良な操作」があったか否かを注意して見なければ・・との想いにさせられている所。公共の NHKでも、そうした所が散見されると言われる。ネットの分野を含め、嘘(フェイク)・ニュースを初め、幾つかの「虚報」ともいえる番組ネタが横行している様に見える。それだけに、視聴者たる我々も、そうした所を看破する眼力を養う努力をする時に来ている、と心得る所だ。今回画像は、今日午前に三重県下で見て来た JR西日本の在来線試験列車の様子を。有名な JR東海の在来線車両「ドクター東海」の兄弟分とも言えますね。尚 以下に関連記事をリンク致します(「私的憂国の書」様)。 http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-3294.html

コメント (2)

2018=平成最後の 11月回顧

2018-11-30 20:53:55 | 国際・政治

2018=平成30年、つまり平成最後の 11月も最終日となった。昼夜の寒暖差のあおりもあって、拙者も風邪に見舞われてしまい、明日土曜と明後日日曜で 何とか完治させたく思っている所。辛口の悪友達からは「お前もバカじゃなかった事の証明で いいじゃないか」と揶揄されそうだが、まあ大事に行って、ただでさえ忙しくなりがちな師走 12月に繋げたいと思う所です。

本題に入ります。多くの各位が記事で取り上げられている様に、今国会で審議中の、外国人労働者の受け入れ拡大を図る 出入国管理法改正案成立に関する政権与党の姿勢は、拙速の印象を免れず、保守側からも安倍政権への批判が多く出された所、拙者も同感だ。「事実上の、移民受け入れに繋がるのではないか」との厳しい見解も伺っており、明らかに採決を焦った衆院審議のあり様は、法務委員会、本会木勢共決して感心できるものではなかった。

今は、参院法務委と本会議での審議が進む事になるが、まあ「予定調和」とはいえ、又も野党、特に特定野党は態度を硬化させている。人手と人員の不足から来る苦労に喘ぐ企業多数の立場も分かりはするが、我国のあり様の根幹に関わる所も孕んでいるだけに、真の意味での慎重審議を願いたいものだ。以下少し、某ネット記事を参照しながら、参院での動きなどを見て参りたい。

「入管法、参院も与党ペース 国民々主は、修正協議模索」

今国会の焦点である出入国管理法改正案は、衆院通過を巡る与野党対立の余韻が残る中、参院でも審議入りした。地方や業界が人手不足に苦しむ状況を考慮し、野党し参院本会議での質疑に出席。野党第二党 国民々主党は与党との修正協議も模索しており、審議は衆院に続き 与党ペースで進みそうだ。

安倍総理大臣は 11/28水曜の参院本会議で「質問の一つ一つにできる限り丁寧に答え、広く理解を頂ける様 全力を尽くす」と強調。ただ 言葉とは裏腹に、資料に目を落としたまま早口で棒読みする場面もあった。

本会議に先立ち、自民、立憲民主両党の参院国会対策委員長が会談。立憲民主は (1) 参院法務委員会は火曜、木曜の定例日限定。(2) 法務委への総理大臣出席。(3) 関係委員会との連合審査・・などを要求した。自民党は逆に 11/29木曜の法務委での実質審議入りを提案。双方共 明確な返答を避けた。

参院審議入りは 野党が反対する中、与党が議院運営委員会を多数決で押し切って決めた。それでも野党側が審議に応じたのは、各分野で労働力不足が深刻化している事を無視できないからだ。安部政権側幹部は「世論を踏まえると、野党も反対しきれない」との見方を示した。

野党の対決色には 濃淡がある。国民々主の舟山康江国対委員長は記者会見で、修正案を単独提出する考えを示した。同党幹部は、立憲民主を念頭に「対案なしで暴れたって 意味がない」と皮肉った。これに対し、立憲民主幹部は「修正案を出しても、勝ち取れるものがない。国民々主は(衆院で与党と修正合意した)日本維新の会の様だ」と苛立ちを隠さなかった。

与党からすれば、修正協議に入れば「強引」との批判をかわす事ができる上、野党連携の分断も可能だ。自民幹部は「協議に乗る所があれば、親権に聞く」姿勢を示し、国民々主の動きを歓迎した。(参照ここまで)

ここまで読んで来ても、立憲民主が旧社会党な逆戻りした様子が窺えるというものだろう。「修正案を出しても 勝ち取れるものなし」とは同党・枝野執行部の一方的な見解だ。国民々主、玉木執行部は 僅かでもそうしたものが得られるとの判断から、対案路線へと進んだのだろう。「国民々主は、日本維新の会の様」と決めつける党見解を出すのは自由だが、国民的支持は得られまいて。

枝野立憲民主代表向けの個人献金は、安倍総理大臣のそれを大きく上回ったとかだが、それと政党支持率は余り関係がなさそうだ。改めて 入管法改正の扱いは、決して拙速ではならず、政権与党には、今国会での成立に固執せず、来年の通常国会での審議時間も確保の上、慎重審議に徹する様願いたい。対する野党も、本当は「対決先行」をそろそろ返上願いたいものだが、立憲民主、社民、日共、自由の「特定組」にはやはり無理か。

入管法問題以外にも、韓国最高裁による、戦中の日本企業向け 所謂徴用工に関する賠償命令判決の問題や、良い所では 西暦2025年の大阪万博誘致決定とかがあるが、この辺りは又 来月の折々に触れて参ろうと思います。 今回画像は、拙者が数年前から時々撮影に赴く 名古屋南郊 JR大高駅南詰から捉えた、東海道線下り貨物便の様子を。平成最後の 11月も 有難うございました。来月も、宜しくお願い致します。

コメント

台湾に感謝を 台湾政局に注目を

2018-11-26 21:18:07 | 国際・政治

昨日 11/25は憂国忌。大阪万博のあった 1970=昭和45年のこの日、東京・市ヶ谷の陸自駐屯地にて 作家・三島由紀夫さんと国粋運動家・森田必勝さんが自刃された出来事は、今も拙記憶に突き刺さっている。両氏のご行動の全てを肯定できる訳でないのは承知しているが、決して健全とはいえなかった戦後日本の歩みにおいて 我国の正道を追い求めた思考は、一定は尊重されるべきと 拙者は考えるものだ。

一面では その事と向き合わなかった為に、我国内に様々な歪みを生じたのも事実だからだ。勿論、これからも正答は永きに亘って出る事はないだろうが、折々に少しでも 我々国民市民が考えるべき事共であるのも事実。その実行が、亡くなられた両氏への 良き供養ともなる事だろう。

本題です。或いは、我国のこれからの命運にも関わりかねない台湾の政局。西暦 2020年予定の 次期総統選の前哨戦とも位置付けられる、一昨日の台湾統一地方選で 蔡 英文(つぁい・いんうぇん)総統率いる与党・民進党の敗北は、同政権が実施した年金制度改革など一連の内政策に対し 有権者間で反発が広がった事が、大きな一因とされる。以下、昨日付の拙地元紙 C新聞記事を引用して、少し見て参ろうと思う。

「台湾与党・統一選敗北→蔡氏改革路線に反発~中国大陸の圧力も影響」

見出しの事項に加え、中国大陸政府との関係も大きく影響。民進党は独立志向が強く、対中融和路線を進めてきた国民党政権から 2016=平成28年に交代して以来、蔡政権も中国大陸と距離を置く姿勢を貫いてきた。これに対し、同大陸政府は圧力を強め、経済面などの悪影響を嫌う市民が不安感を抱いたことが、現野党・国民党への支持に繋がった可能性がある。

更に 中国大陸政府は否定しているが、同大陸側が国民党に有利になる様 選挙介入したのでは?との疑惑もある。選挙中 会員制交流サイト SNSなどを使って民進党を批判する「偽(フェイク)ニュースが大量に流れた。捜査当局は「発信源の多くは 上海(しゃんはい)発だ」としており、蔡政権はこうした状況に「台湾の民主主義を傷つけるものだ」と批判していた。

今回選挙では、民進党の強固な地盤だった南部・高雄(こうしゅん)市の市長選でも、国民党に敗北。蔡氏は 党主席の辞任表明に追い込まれ、次期総統選に向け 大きな痛手となった。将来的に「中台統一」を視野に入れる習 近平(しー・じんぴん)中国大陸指導部が 今後も更に蔡政権への攻勢を強め、台湾を国際的な孤立化に追い込んでいくのは確実だ。

中国大陸政府は 蔡政権発足後、台湾と外交関係を持つ国に外交攻勢をかけ、2年半で 5カ国が台湾と断交。更に中台関係の悪化で、中国大陸から台湾を訪れる観光客も激減している。台湾への締め付けを徹底する一方で、中国大陸政府は 同国内で活動する台湾人に、各種社会サービスが受けられる「居住証」の発行を 9月から開始。アメとムチを使い分けた政策で、台湾の民意を民進党から引きはがすことに腐心しており、今回選挙にも少なからぬ影響を与えたとみられる。(引用ここまで)

中国大陸の視点では、台湾は独立国でないと言われる。国際的には「チャイニーズ・タイペイ」の呼称も存在する様だ。ただ、我々の視点からすると、台湾は明らかな独立国であり、地震など大きな災害などの折には、互いに助け合って来た 感謝すべき関係でもある。中国大陸に一定の配慮は必要かも知れぬだろうが、台湾の尊厳を守るべきは当然だろう。仮に、今回統一地方選向けの 大陸からの圧力や工作が事実だったとしても。

今回の統一地方選の結果と、続く総統選での民意も当然尊重すべきは分かるが、一方で「台湾は日本の生命線」との見方も大きく重いものがあろう。台湾の内情を尊ぶ一方で、やはり我国も 周辺情勢が変わった場合に備え 自国の独立と尊厳を守る為、自衛隊をメインに一定の身構えは必要だろう。これからの日台関係は、そうした所の高次元のバランスも見極めながら 見て参る必要があると心得るものだ。今回画像は 先年訪れた、伊勢神宮を近くに仰ぐ志摩半島は三重・鳥羽市付近の様子。通る線路は JR参宮線。

コメント