Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

我国の「モノ造り技術」は傾いている?

2018-11-20 21:18:25 | 社会・経済

昨夜、速報で伝えられた日産自動車(株)のトップ C・ゴーン会長の逮捕劇は、多くの各位にとり 衝撃であったろう。直接の容疑は 金融商品取引法違反。過去数年に亘り、総額で数十億円規模の役員報酬過少申告が疑われるとか。有価証券報告書の記載も正確を欠き、主に海外に持つ高額不動産複数の記載も不明朗だった様だ。1999=平成11年の執行役員就任以来「コスト・カッター」と呼ばれる程の 二万人超規模の冷厳な人員削減など合理化策実行の一方で、一兆円超の有利子負債を数年で解消した「功」の所を認めつつも、やはり今回の違法な所業は糾されるべき。

容疑のきっかけは 日産社内の内部告発による由で、今後は 容疑者となったゴーン会長が罪状を認め、東京地方検察庁特捜部メインの捜査に進んで協力するなどで 刑罰の軽減が見込まれる「司法取引」の制度などを用いての展開が予想される様だが、少なくとも一面では 辣腕が目立った経営者だけに、容疑事実の全貌解明が強く望まれるし、日産と、関連企業でもある三菱自動車などの役職解任も 滞りなく進めて頂きたいものだ。

さて今年 2018=平成30年は、日産を含む 我国製造業の品質検査不正が相次いで露見した年だった。鉄鋼の神戸製鋼所、日産、スバルなど自動車メーカー複数、免震装置など油圧機器の KYBなどなど、聞き覚えのある主要メーカー相当数から 検査不正の報が上がった。調査報告書に共通してあるは、各社共 築半世紀に近い老朽設備で検査などを続けていた事実。十万台規模のリコールを生じた、スバルの群馬製作所検査建屋は昭和中期・高度成長期の竣工。日産・栃木工場の排ガス試験室空腸設備も 1977=昭和52年に導入されたものだったとか。

前述の二メーカーは、いずれも連結売上高の 60%超を海外で上げる。設備投資は海外メインで、国内設備は改修を重ねて「騙し騙し」使用してきた所がある様だ。新設からの経年「設備年齢」は 1990=平成2年度比でほぼ五割増しの由。後述の事共も絡むが、人への投資も疎かになっていた様だ。経営危機に見舞われた1999=同11年以降の日産は、ゴーン役員の指揮下でリストラを行い、結果「国内技術員の人手不足」に陥ったとされる。そうした状況下で、納期厳守の為 追い詰められる形で不正に手を染めて行った軌跡が こうした所に見える様だ。

こうした不正にしても、経営層と現場がその情報を共有しなければならないはずだが、上部の判断で不正が指示通達される事が多い欧米企業に比し、我国のそれでは 現場が上部に忖度(そんたく)する形で不正が生じる事が多いといわれる。ある専門家によれば、所謂「カイゼン」の名の下に、問題の解決が現場に丸投げされてきた所があると言われる。勿論その事で、経営層は言い逃れできない。コスト・カットを表した為に現場を歪ませた重責があるからだ。

こうした問題に、各メーカーが向き合っていない訳ではない。日産もスバルも 向こう数年で千億円超の設備更新を計画している様だし、検査部門への人員手当も予定されているやに聞く。ただ、直ぐに結果が出せる訳ではないのも事実だ。そこで 欧州の一部などで進められる、生産から検査までロボット技術を動員した FA化などを我国でも倣って導入すべきとの主張もある。折々話題になる人工知能 AIの関与を深めて行く工夫も必要ではないだろうか。

もう一つ懸念されるのが、我国の若手研究者各位の「海外離れ」。中長期に亘り、海外渡航を行い研究する人数が 過去 20年でほぼ 40%減少したとか。地球規模でグローバルに動ける研究者の減少は、深刻レベルに足を踏み入れた我国の科学技術力低下の大きな要因だ。政府も この事態への対応の為、科学研究費助成制度の補強に乗り出してはいるが、このまま行けば 将来のノーベル賞受賞が、これまでの様には行かなくなる可能性のみならず、前述の検査態勢の不良改善すらままならなくなるのではないか。

海外へ赴いた研究者各位が、帰国しても確かな地位(ポスト)を守れる様、行政も企業も 連携してそうした保全に当たるべき。地道な迂回の様だが、それらの積み重ねが我国独自の「モノ造り技術」を守る確かな技となるのではないか。将来の産業技術イノヴェーション創出に備える意味でも、この所を疎かにするのは拙い。放置すれば、それこそ欧米並びに特亜圏にも水を空けられ、我国の科学技術的地位低下と、高度なモノ造りに不可欠な 厳しい検査態勢維持が叶わなくなってしまう事だろう。その所産たる 膨大な情報を自動分析し得る技術は、検査や品質の向上にも資すだろう。生産年齢人口減少の折、現場の 旧来の感覚や頑張りに頼ったモノ造りは限界を迎えるだろう。海外と健全に対峙していく為にも、抜本的な生産の革新と向き合わざるを得ない事になりそうだ。今回画像は、当地 JR名古屋駅へのアプローチ態勢に入る 東海道・山陽新幹線試験列車「ドクター・イエロー」の様子を。

コメント

地面師事件 巻き込まれ高齢者の背景は「老い」だけか

2018-11-17 19:41:03 | 社会・経済

この所、各方面でそれぞれの信頼を根幹から揺るがす不良な事態が相次いでいる。かねて発生が指摘されていた 高速バス運転手の急病による操縦不能事案が三重県下で発生。たまたま乗り合わせていた男性乗客二名の、勇気と懸命のご行動により、深刻な衝突こそ免れ 人的被害をも防げたが、少し前 横浜市内にて路線バスによる同様の事故で乗客に犠牲を生じたのは記憶に新しく、開発間もない運転手の身に緊急事態が生じて操縦不能に陥ると 自動停止させる保安装置の普及と併せ、改めて過重労働による不良な影響などがないか、行政とバス会社双方による原因究明と、確実な安全策が講じられる様努めて頂きたいもの。

空の方も不祥事があった。我国の双璧 日本航空と全日本空輸の双方で、外国空港などにおいて 操縦士の酒気摂取の検査不備から乗務に支障し 出発遅延という事態が複数あった由。自動車運転と同様かそれ以上に、空の安全の護り手に 酒気による不祥事があったは言語道断。航空二社は原因背景を厳しく追及し、関係者の処分と強い再発防止策の徹底を願いたいし、航空他社に類似の事態がなかったかも調査を願いたい所だ。

そして、自衛隊。東日本だったと思うが 陸自公用車両の住宅突入事故に続き、近畿地区の基地で行われていた実弾訓練にて、発射された砲弾が国道に着弾、付近の民有車に物的被害を生じた由。人的被害がなかったからと言って 勿論看過して良いはずはない。陸自による自治体向け謝罪は当然行われたが、機密以外はできるだけ詳細に 事故原因などを説明して伝えるべき。それらの努力が不足すると、野党側からの攻勢にも晒されるだろうし 何よりも、折角上向いて来た自衛隊の国民的信頼を根底から壊す事となりかねない。自衛隊も 統括する防衛省も、この様な事態があった後の収拾努力は くれぐれも誠実に願いたいものだ。

前置きが長くなった。本題です。土地などの不動産を、恰も地主や所有者になりすましてその売却をもちかけ、多額の現金を騙し取る詐欺行為をする 所謂地面師のグループの、全国に展開するホテル・チェーンと大手住宅企業からの莫大な現金詐取事案も又 記憶に新しい。総勢で 10人超といわれる地面師集団は、前者から十億円超、後者からは実に数十億円もの現金を巻き上げていたといわれる。事件自体も 国民市民として厳しい処断を望む所だが、もう一つ 注目すべきが 認知症などで判断力の低下した高齢の各位が、ご本人の知らぬ間にニセ地主や 不正に頼まれて銀行から現金を引き出す 所謂「出し子」役にさせられ利用され、中にはこれらの容疑で逮捕されてしまった方もあると聞く。

現行法制では、認知症に陥った人物でも 地主などに成りすます行為を実行すると刑事問責される可能性があるという。その行為によって、巨額のカネを騙し取られた被害者も生じているからだ。もう一つ、犯行当時に認知症の進行がどのレベルであったか、当時の判断能力低下がどの位だったかの証明が現状困難という面もある様だ。この為、裁判にては執行猶予ながら有罪となってしまったケースも実際にある様だが、こうした高齢各位を自らの犯罪に利用する地面師集団は、そうした高齢者の状態を一定は理解把握の上で行っている事が推定されるのも 悪質な所だろう。

以上を踏まえた上で、この様な犯罪に高齢各位が加担させられる不良な事態の陰には、加齢による認知能力低下だけに留まらない背景があると 拙者は見る所だ。それは長らく 日本及び日本人の心を支配し続けて来た「人は悪事を働いたり 考えたりするはずがない」と決めつける性善説ではないだろうか。

「むやみに人を疑ってはいけない」は、それは一方の正義であり「世間」といわれる我国の地域社会を上手く平穏に治める上で必要な観念だったろうが、戦後 特に昭和中期の高度経済成長を経て、社会のあり様が高度化した今では「Yes But」と位置づけざるを得ないものではないのか。戦前までの影響が残った教育を受けた高齢世代の思考は 性善説一辺倒に陥り易く「人は時に芳しからぬ行為や思考をする事がある」とする 性悪説とのバランスを上手く取れない所がある様に感じる。その事が、加齢による判断力低下もさる事ながら 性悪な犯罪集団に悪用されてしまっている状況がある様に感じるのだ。

思考も価値基準も決まってしまっている以上、高齢各位の再教育は難しい。長く豊かな経験値からくる「もう他人の教えを乞う事なんかない」という自尊心(プライド)も、それはある事だろう。しかしながら、前述の性善説を真に受け 頭から信じ込むのは、今となっては危険な事だ。もう一つの側面として 性善説は、既成メディアに「絶対の正義」の様に利用されてきた。つまり、問題の判断基準がすり替えられてきたという事だ。高齢各位は一方で「情弱」と揶揄される様に、既成メディアを頭から信じ易い傾向がある様だ。こう申すのは憚られるものもあるが、その事が「騙され易さ」の背景にある様にも感じられるものだ。性善説は 尤もらしいが万能ではない。

犯罪に利用され、知らず知らずの内に加担させられてしまう高齢各位の問題は、決して他人事ではなく 傍らで見ている我々も、いずれ直面する問題だ。今 進んでいる事例をできるだけつぶさに観察して己の立場に置き換え「自分にも、いつ降りかかってくるか分からない」位の 一定の緊張を持って、こうした問題と向き合えればと思う所。又、標的にされる個人・法人の資産家各位も この様な事例から、強い防御策を行政とも連携して打ち立てて頂きたく思う。今回画像はこの秋口 滋賀県下の JR東海道線にて目撃した、北陸方面への貸切列車の様子。関西辺りで人気の「サロンカーなにわ」と呼ばれる編成で、内装のグレードも良さそうです。この時は「通過では・・」の予想が外れて一時停止。共に撮影に臨んでいた愛好者達から、一瞬どよめきが生じたのを覚えておりまして。以下に、関連記事をリンク致します。 https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4209/

コメント (2)

日共思考は歪(いびつ)だ

2018-11-13 21:27:32 | 国際・政治

コナサン、ミンバンワ!久しぶりで、このご挨拶をさせて頂く。立冬を過ぎ、少しずつだが当地愛知も晩秋の風情になり始め、後一息で 紅葉の見頃を迎える事になりそうだ。この時季は風邪に加え、より症状が重くなり易いインフルエンザも流行を迎える。日頃の健康留意に加え、予防接種を受ける事が望ましい。因みに拙者は、今月下旬を予定する次第。

本題です。今月初の事だが、暫くぶりで当地名古屋の中心 栄辺りへ自転車で出る機会を得た。その折、通りかかった 栄近くの某公園にて反原発集会が行われ、パッと見で 200人程が集まっていた様だが、何となく雰囲気が異様なのでそれとなく注視したら やはり片隅に「日本共産党」の幟(のぼり)が複数出ていた。参加者中の何人かがチラシ配布や署名活動などを行う様子も見られたが、その多くは 恐らくは党県委員会からの指令で動員されたのではないだろうか。

反原発活動だけならまだ良い。首都圏近くでは、今夏以来 自衛隊の民間行事参加が、市民運動を装った日共筋の妨害で中止に追い込まれた事例が複数あったし、北海道にあっては、米軍と自衛隊の演習活動まで妨害されそうになった事もあったらしい。近くは多くの各位がご存知の、韓国最高裁による、所謂「徴用工」賠償判決に対する我国の非難決議が準備されるも、日共の「限りなく妨害に近い」異議によって見送られている。

これら一連の動きを見ていると、この党は 本当に我国の国益を顧みているのか?との疑問が、否応なく湧いてくるものだ。又、天皇陛下ご臨席による通常国会開会式に以前は欠席だった党幹部議員が出席に転じた事も、或いは将来の皇統廃絶を見込んだものか?と勘繰りたくもなるものだ。

朝鮮半島にとっては「解放」とされる終戦以後、日共は「在日」を含む半島系勢力と連携して 党勢を拡大してきた面が大きくあるとされる。今回の「徴用工判決」に対する非難決議への反対も、その事に留意してのものだろう。又、この手の決議はこれまで 国会での全会一致を経るのが慣例だったとされ、日共の反対・・と言うより妨害は、その事を利用した所もあるのではないか。前述の自衛隊についての党中央見解は「違憲の疑いあるも、当面はその存在を認知する」姿勢だとか。これには 我々に近い保守勢力から「二重基準ダブスタではないか」との批判が長きに亘り寄せられている。歪(いびつ)なあり様にも、日共中央委は黙秘を通している様だが。

前述の、自衛隊民間行事参加への 一連の妨害活動も、表向きは市民運動に見せかけた代々木党本部の指令による行動の疑いが付き纏う。何せ 同党の運営は、党本部も認めた「民主的中央集権制」だから、その意向を受け 市民勢力が動く可能性だってある訳で、その事が日本及び日本人の真の利益と乖離する場合だってあり得るという事だろう。米合衆国など先進国の一部では、共産勢力を非合法として扱う国々もある。

我国も戦後そうしなかったのは悔やまれる所だが、もう一つ 不完全ながら道がありはする。独やスペインの各国が行った、合法なるも国民レベルの教育によって無力化するという方法だ。これは我々国民市民も自覚を以て臨む必要があるが、共産勢力無力化は不可能ではない。この事は、是非心がけたいものだ。警察庁を初め公安当局も、日共の武力革命の可能性を排除していない。我々は、この勢力に対し やはり一定の警戒を維持しなければなるまいて。今回画像は、先年の 拙居所近くの金山公園にての、紅葉の模様を。通る線路は JR中央線。尚、以下に関連記事をリンク致します。(草莽隊日記様) https://blog.goo.ne.jp/ikeiketarou/e/dd5f08622797cb42988c180def679108?st=0#comment-form

コメント (2)

後退への序曲・・か

2018-11-10 21:27:41 | 国際・政治

立憲民主党は、結局は旧社会党へと後退し始めているのではないか。もう今に始まった事ではないと言われそうだが、悪名高い この五月連休前後の 18日間に亘る審議拒否を初め、随所に「後退臭」が漂い始めている様だ。安倍政権が明示した日本国憲法の改正問題にしても、改正反対の姿勢を示すのは 公党の自由だし、国民市民向けの主張も基本は構わないのだが、議論にさえ応じないというのは論外だろう。

某ネット記事によると、与党の下村憲法改正推進本部長は、今国会で憲法審査会が開会されない件につき「議論さえしないのであれば、国会議員としての職場放棄ではないか」との見解を示されたとか。当然至極だろう。与党側は「自衛隊の明記」など四項目の与党改正案提示を目指すとされるが、野党・・特に立憲民主、日共、社民、自由の所謂「特定野党」側に応じる気配はないという。

下村改憲推進本部長見解をもう少し。「憲法審査会を開き、自由討議を行って 自由民主党は『こんなものを出したい』と言っていくつもり。野党側としても、それへの付言は是非してもらって良いし、憲法改正に関する 違う考え方を主張してもらうのも良い」と述べ、その上で「平場で 憲法改正について率直に議論さえしないのは、高い歳費をもらっている国会議員としての『職場放棄』ではないか。国民にも分かってもらいたい」旨を表された由。

重要政策から逃げる事なく前向きに取り組み、必要な議論を尽くすのが仕事たる国会議員の立場を考える時、下村改憲推進本部長見解は、当然至極の事共を語っていると心得る。改憲に賛成反対の両意見あるは認めるにしても、改憲に向けた議論さえ認めないとの姿勢は やはり異常と申さざるを得ない。この不良姿勢は従来から社民、日共両党が執拗にとりつづけて来たものだが、立憲民主党は近年とみに、この両党の方向性に擦り寄る姿勢が目立つ。

まあ一昨年の野党再編時に、旧民進党左派の寄せ集めで発足した経緯があるだけに 一定は仕方がないのだが、それにしても「旧社会党(左派)への後退なる印象は 免れ様がない。前述の長期審議拒否を初め、今年初の「森加計」の一件、最近の新閣僚向けの 些細な問題を大きく見せようとする様な追及姿勢は、旧社会党と軌を一にすると申して良いのではないか。それでいて、知人弁護士との不倫騒動を起こした 山尾志緒里衆議がどさくさ紛れに党籍入りしたり、家族が性犯罪を起こした某国会議員の 党としての処分は未だ不明のまま。又、以前から指摘される 強い政策対案を打ち出せるプレゼンテーション能力が向上した様子もない。

こんな党組織に、政府与党のまともな追及や質疑など無理と思われても仕方あるまい。こうした党内の事共が糾されない限り、少なくとも拙者は 立憲民主党を信頼する意思はない。今回画像は、先月下旬に当地北郊の JR尾張一宮駅構内で見かけた 衣料の即売ブースの様子。一宮市は歴史的、伝統的に繊維産業の都として知られ、時代の荒波による浮き沈みはあったも 今もその地位は大きなものがありまして。尚、以下に参院のものですが 関連記事をリンク致します。立憲民主党の国会両院における人材難も、自業自得とはいえ相当なものがある様です。(私的憂国の書様)  http://yukokulog.blog129.fc2.com/?no=3270#comment

コメント (2)

名古屋の大学生爆発物事件は、教育的刑事処分を~続き

2018-11-06 22:40:39 | 社会・経済

今夏取り上げた、高性能爆薬を製造使用した容疑で逮捕送検された元男子大学生(19)の件で 新たな動きがあった様だ。当該容疑者は、昨年秋から今夏にかけて自宅 3Dプリンター使用による拳銃一丁と、覚醒剤約 0.6gの製造容疑でも追送検され、更にこの容疑者への覚醒剤の一部原料提供容疑で、関東在住の自称男子派遣社員(17)も逮捕された由。

余罪とも言えるこの一連の件については、爆薬の件と合わせ 厳重な罪責を問うは当然なるも、それらを踏まえた上で 以前にも触れた様に、覚醒剤製造原料提供に関わった自称派遣会社員と共に 更正機会のある教育的刑事処分を望むものだ。これも以前主張した様に「単なる寛大処分」を求めるものではない。

元男子大学生の爆薬製造などの手がかりは、国内外に必ずいるとされる テロ行為などを志向する暴力組織や過激勢力の手に落ちると大きな問題になりかねないが、しかし見方を変えると、そうした不穏な連中とこれからも対峙しなければならない日本及び日本人の国防安保の面に資し得る事共と思えるからである。冒頭の爆発物の件については既送検であり、拳銃と覚醒剤のそれも追送検につき、近く起訴される事となろうが、今から想像されるのが 被告弁護人の苦悶だろう。

お断りしておくが、拙者は決して刑事事件に関わる弁護士勢力に 安易に同調する意思はない。元男子大学生と それに協力した自称派遣社員の罪業は、それは確かに厳しく処分されるべきで 弁護側の対峙姿勢は、裁判では被告となる容疑者達の更生機会の確保だろうが、これが今の日本弁護士連合会の多数派ともいえる執行部派にきちんとできるかと言えば、甚だ疑問だ。

元男子大学生の「危険な所業」は、周辺住民多数への脅威となり得たのは事実の反面、適正な教育さえ施せば、我国の国防安保面に有益な所を提供し得る才能を伴うもの。然るに日弁連執行部の 特に憲法への向き合いは、どうしようもない護憲原理主義だ。法曹の看板を出した所で、とても「情緒的戦争反対」を振り回す連中に、此度の容疑者達への まともな更生機会がもたらせるとは思えない。戦後 70年以上に亘り罷り通って来た空想的平和志向による更生指導など晒したら、それこそ容疑者達からは勿論、我々国民市民の多くからも、失笑と不信を買うだけだろう。

余罪も明らかになった以上、間もなく起訴を迎えるだろう 元男子大学生の刑事処分は厳重なものとならざるを得ないが、その刑罰は 覚醒剤の件を別とすれば、厳しいなりに教育的な課し方をすべきだろう。又、17歳なる年齢から、ひとまずは家庭裁判所へ送られるだろう自称派遣社員にしても、基本は同様の処し方を望みたい。繰り返しになるかもだが、二人の容疑者は 教育指導の如何によっては、これからの我国の国防安保にとり、有用な人材となる可能性がある。

何よりも、これまで情緒に流れがちだった 戦争と平和への向き合いを、冷静な思考で行える希望も垣間見えるのだ。拙者は、若い彼らの そうした資質に期待しようとするものだ。日弁連執行部は無理だろうが、司法関係各位には、そうした所を少しでも斟酌される様願いたい。今回画像は、拙居所からも遠くない JR名古屋駅近く ささしまライブ付近にての三重県下から長野県下へと運行される、これから忙しくなる燃料列車の様子を。 

 

コメント (4)