Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

元内閣総理大臣 東条英機さんの遺言

2016-08-30 21:17:06 | 国際・政治

コナサン、ミンバンワ!2016=平成28年8月も、後僅かとなった。折しも季節は、夏から秋への節目に当たり、そのせいもあってか、先日来我国近海を徘徊していた台風第10号が、本州沿岸を北上、東日本にかなりの風水害を及ぼしている様だ。この地方は、先の震災で大きなダメージを被った所も多く、現状以上に被害が広がらぬ様、今は祈るばかりである。

さて本題。先日、ネットの知人の方が、靖国問題に関連して、元内閣総理大臣 東条英機さんのご遺言(多分一部)を、ご自身の記事に掲載され、拝読して少しく感銘を受けたので、以下に、ご了解を得て紹介して参りたい。旧帝国陸軍大将、そして陸軍大臣でもあった同氏は、確かに先の大戦にては、主導的立場であった人物として、相当の責任を免れないのは事実だが、戦後処理の一環として行われた東京裁判こと極東国際軍事裁判は、そのあり方が公正だったか?疑問符がつく所であり、言わば「裁かれた側」からの証言の意味もあるやと心得るので、そうした所も踏まえて理解したいと思うものである。尚、出典は、亡き作家 上坂冬子さんが著された「靖国問題に終止符を打つ」からの様である事を申し添えておく。

以下、東条英機さんの遺言 「今回の刑死は。個人的には慰められておるが」「国内的の自らの責任は、死をもって償えるものではない」「しかし国際的の犯罪としては、無罪を主張した」「今も、同感である」「ただ、力の前に屈した」「この裁判は、結局政治裁判に終わった」「勝者の裁判たる性質を脱却せぬ」

この下りからも、東京裁判が、戦勝の大国の強引な裁きにより、進められて行った軌跡が露骨に見える様な気がするのだが。特に審理の後半、旧ソ連邦代表が乗り込んで来てからは、その粗暴さが増して行った様に聞いている。旧ソ連邦代表は報復志向が強く、更に当初、米合衆国進駐軍GHQ中枢にも、容共左派が多かったとされる事が、我国側被告の各位を、窮地に追い込んだとも見られる所がある様だ。その後、米ソ両国は、東西冷戦の深みに嵌って長らくの対立の時代に入るのだから、時宜としては、やはり不運だった所もあるのではと心得る。又、無罪の主張は決して無理無茶なものではなく、当時の国際法規に照らし、その道の大家であったインド国の法学者 R.Bパール博士のご助力を得て行われた、何ら疾しい所はないものである事も、申し添えておきたい。

東条さんは、この裁判での心がけとして「天皇陛下に塁を及ぼさないこと」を常に念頭に置かれていたと言う。戦中より、同氏の昭和天皇への忠義は良く知られていた様で、この想いは戦後の象徴天皇制として、曲りなりにも遂げられたと見るのは、適切を欠くだろうか。敢えて、賛否を覚悟で、俺はこう見るのだ。

東条さんは又、日本国憲法第9条についても、生前見解を明かされていた。「これは賢明であったと思う」「しかし、世界全国家が、全面的に武装を排除するならば良い」「然らざれば、盗人が跋扈(ばっこ)するようになる」

俺が同氏の遺言の抜粋中、最も感銘を受けたのは、この下りである。正に、一部の芸能人が「世界遺産に」などと主張した、日本国憲法第9条の光と影の両面を、見事看破し、その矛盾を言い当てておられるのだ。やはり、相応の戦争責任からは逃れられないにしても、同氏の高い知性と深い見識は、認知せざるを得ない所だろう。全国家による、全武装排除など絶対に不可能で、第9条は今後、百歩譲っても、我国の尊厳を保持する為の規定追加のやむなきとなる事であろう。「改憲が不可なら加憲」の思考は、正に第9条の為にあるのかも知れない。前述の事共が実行されなければ、盗人が跋扈するとは、正に現在進行形。沖縄・尖閣辺りの中国大陸の狼藉を観れば分る事だろう。これと、北朝鮮の度重なる巡航ミサイル発射が、現在での、その双璧ではないのか。

この様に、旧帝国下で主導的立場だった人物の見解も、現在に通じる秀逸な見方、捉え方が幾つも存在する。東条さんは、やはり「昭和殉難者」のお一人で、野党幹部などが口走る「A級戦犯」などではあり得ない。理想主義に走った連中や、容共特亜勢力にありがちな「戦前日本全否定」の捉え方は、不適切以外の何者でもないと思うがどうだろう。

今回画像は、久しぶりに鉄道・交通画像から離れてみた次第。先月末、拙故郷、東三河の豊川・国府(こう)地区の夏祭りにての、仕掛け花火の様子。川面で行われる「金魚花火」の愛称で呼ばれる様です。今月の、拙ブログは以上。ラタ、マイ月。

 

コメント

"Doce Sedução".wmv - Sadao Watanabe - Vocal Version - Lyrics

2016-08-30 09:43:01 | 日記

"Doce Sedução".wmv - Sadao Watanabe - Vocal Version - Lyrics

コメント

中国大陸 海洋政策の裏には

2016-08-28 20:47:11 | 国際・政治

コナサン、ミンバンワ!昨日と今日の当地愛知は、毎年この時期に催される「にっぽんどまん中まつり」で大いに賑わった様だ。まあ、中々に経済が上向かず、その原因は国際的なそれもあり、どう安倍政権が頑張っても如何ともし難い所あるのは認めるが、この祭事の様に、地域レベルでもできる振興策を次々に打たないと、上向かない情勢なのかも知れない。ここの所は、公定歩合もマイナスのあり様で、今日なども日銀総裁が「まだ金融緩和余地有」などと見解を表されていたが、実際はそんな余裕などないのではないか。

経済もだが、我国の工業技術にも黄信号が灯っている。開発中の(準)国産新型飛行機MRJが、予定では昨日付で米合衆国へ向け試験飛行に赴くはずが、同じ空調系の不具合とかで、昨日と今日、二度に亘り飛行を断念、主な拠点の県営名古屋空港へ戻った。この様な事では、国際的な普及の条件である型式認定の取得にも悪影響を及ぼしかねず、徹底的な原因究明と、万全の修繕をお願いしたい。既に二号機も落成した様で、追って渡米が予定される折だけに、芳しくない所は、他国などによる航行妨害の可能性も含め、徹底して排除して欲しい。

さて、その航空技術も必要とされる、我国の安保関連問題について。ここの所、沖縄・尖閣諸島周りの東シナ海で、中国大陸の公船をメインとする、芳しくない領海侵犯などが繰り返されている事態はご存じかと思う。加えて、日本海にては、北朝鮮の弾道ミサイルが繰り返し発射され、我国の排他的経済水域EEZの域内や、空自機スクランブル発進の指標となる、防空識別圏の圏内に着弾したとされ、看過できない危険な情勢となっている。勿論、三自衛隊も決して手を拱く事なく、それぞれへの対応は執っており、今はその活動姿勢を尊重したい所だ。

この問題につき、先日、報道家 櫻井よしこさんが某雑誌上で見解を表されたが、その概要をざっとなぞって、こうした問題を見て参りたい。櫻井見解によると、これも広く知られる所だが、近年、米合衆国の、世界における安保面での影響力 プレゼンスが相当に低下しており、例えば一昨年、2014=平成26年に生じた、ロシア国によるウクライナ国 クリミア半島の奪取は、米合衆国の軍事力不行使の表明があった為だと言う。つまり、一頃よく言われた「世界の警察官にならない」との意味だ。これは、見方を変えると、米合衆国の安保面の影響力低下が続く様なら、未解決の北方領土問題も動かせず、むしろ露国による対北海道脅威が増大しやしないか。又、クリミア半島紛争に際しての米合衆国の軍事力不行使の姿勢が、世界的なものの様な為、この様子を見た中国大陸が、東シナ海や、南シナ海での無謀な海洋進出を加速させていると言うのである。これは一定、実態を好く突いたご見解の様だ。

既に、南シナ海の南沙(スプラトリー)諸島辺りでは、中国大陸とフィリピン、ベトナムの各国が、領海やEEZなどの権益を巡って紛争レベルの軋轢を生じているし、我国に直に影響のある、尖閣諸島周りにしても、無関係ではないだろう。この辺りの海底には、豊富な天然ガス資源の存在が有力紙され、中国大陸は、既に我国のEEZギリギリの所まで、ガス用の井戸を複数設置しているのだ。しかもこれらは、有事には軍事利用も想定されていると言う。こうした事態を、我国の主要メディアは「やっぱり」積極的には伝えない。朝日新聞を初め、多くが大陸派だからかも知れない。

確かに、最近の中国大陸の海洋政策は横暴だし、北朝鮮の弾道ミサイル脅威も見過ごせない。この期に及んで、未だ「差し迫った脅威なし」の屁垂れ見解を変えようとしない容共左派特亜勢力の不見識と無神経には、ただただ呆れるばかりである。が、我国として、必要な手立ては行使しなければならない。櫻井さんのご見解通り、米合衆国の安保面の影響力が低レベルで推移するなら、我国の防衛安保策を、より実情に合う様見直さなければならない。本当の所は、日本国憲法の改正が叶えばベストなのだが、今日明日に実現しないのは勿論だ。現憲法の範囲内でも、できる事があろう。その事共を全力で用意し、今秋予定の、米合衆国大統領選の結果を待つ事ができると良いだろう。まあ次期同国政権も、我国の安保面には厳しい対応をするかも知れない。なるべく「自らの祖国は、自らで守る」的な「備えあれば憂いなし」で、どの様な結果となっても「慌てず騒がず」でいられる様にしたい所である。

今回画像は先年捉えた、岐阜・長野県境辺りの、JR中央西線の様子。丁度今頃で、稲が好い感じで色付き始めた所です。晴天時には、この近くから地元の名峰 恵那山を拝めるスポットもありまして。尚、関連の連載読み物が一応完結する事となり、同線貨物便の電機 EF64(1000代)画像も、今回で一区切りとさせて頂こうと思います。紹介中の、渡辺貞夫さんの楽曲も、今回で一区切り。今回は二曲。まずは「パストラル(Pastoral)」元々は、画像みたいな牧歌的な田園イメージの音楽って意味らしいですね。下記アドより視聴可能。

https://www.youtube.com/watch?v=pgTQtcmV45o

もう一曲、渡辺さんの演奏曲「ドゥセ・セドゥサォ(Doce Seducao)」も載せます。これは、次ページ。

コメント

日常生活の中の「異常」

2016-08-26 13:27:53 | 社会・経済

暑かった2016=平成28年8月も、後数日となった。昨日の事だが、当地の近所、熱田神宮の辺りへ外出の折、ちと異常な光景を目撃した。社の裏手を通る、JR東海道線及び名古屋鉄道本線を跨ぐ、歩道橋の更新工事現場の傍での事。折しも数が増え始めた赤蜻蛉(アキアカネ)の群れが、騒然と作業を進める工事現場の上だけを飛び回っているのだ。歩道橋の橋桁までの、階段状のアプローチ部となる予定の場所だが、そこだけで数十匹はいた。工事現場以外では殆ど見かけず、一体どう言う事なのかと思ってしまった。もしかすると、人の世同様、鳥や動物、昆虫の世界も「何かがおかしく」なって来ているのかも知れない。

その「人の世の異常」も慣れてしまうと恐怖を感じるレベルの事共が、相変わらず多い。某有名女優の子息で新進俳優の男が、首都圏の撮影地で当宿中に、宿の女性クルーに性暴力を働いたとかで逮捕された件、同じく首都圏で、若者が暴行致死事件に遭い、犯行関与の疑いで、若い知人複数が拘束された件、通行中の危険な使用が問題視されていた、スマートホン用ゲームソフト「ポケモンGO」の不良使用で、交通死亡事故が二件も生じた件、現職医師や教諭による性的不祥事などなど、もう取り上げるメディアの見識も疑われる様な「そんな事件は、深夜帯のニュースのネタにしろ!」と揶揄したくなる様な事共が多過ぎるのである。

我々日本人にはまだ無関係かもだが、欧州のフランス国にては、主に移民のイスラム教徒が、宗教衣裳を着用する事を禁じる自治体が増えているそうだ。曰く「フランス社会から、宗教色を排除する為」だとかで、イスラム衣裳の規制に反対する、所謂人権勢力との間で軋轢になっているそうな。が、果たしてその意図は、宗教色の排除だけに留まるのだろうか。

世界史に詳しい訳ではないので、踏み込んだ見方はできないが、欧州大陸も歴史的にはキリスト、イスラム両勢力の争いの舞台となり、時に戦争にまで発展した事もあった。どちらも「唯一神」のみ認め、他にはないとする一神教。それぞれにとり、それぞれの神は「絶対の正義」であり、その為に、信者は時に命を擲(なげう)ってでも戦い、己の文化と伝統、そして生まれ育った土地を守り抜かんと努めるのである。油断すれば、それは相手勢力に対する「敗北」を意味し、自らの固有領までが占拠され失われてしまう事だってある。それは、時にその国家と民族の「滅び」に繋がる事もある。そうならない様、守り抜く事が「正義の戦争」の由来であろう。

或いは、フランス国は徐々にだが、その渦中に入りつつあるのではないか。俺は折々感じるのだが、この「正義の戦争」的思考が、祖国日本にも一定は当てはめられても良いのではとするものだ。例えば皇統、例えば日本神道、例えば靖国の事共にもだ。先日の、ある与党幹部による女性天皇認知発言は、決して慎重周到なものではなかったし、神道や靖国の捉え方にしても、余りに容共特亜勢力に譲歩し過ぎ、日本独自の地歩としての思考が欠けている様に思えてならないのである。

我国固有の食文化である、捕鯨問題にしても然り。今月に入り、水産庁は、米合衆国の国際捕鯨反対勢力と、捕鯨妨害活動を止めさせる金銭取引をした様だが、その実効の程は疑問符のつくレベルの様だ。取引金額の不明朗は、外交機密もあり仕方がないとしても、実際に南氷洋で我が捕鯨活動妨害の挙に出ているのは、前出勢力の豪州拠点のグループ。間接的に、資金面の締め付け効果があるそうだが、実際にどれ位の実績があるのかがはっきりしなければ、国民市民の側としては信頼ができない。悪くすれば、億単位のカネが、浪費となってしまう恐れさえあるのだ。我国財政も、決して余裕がある訳ではない。これで、この取引が不調と言う事にでもなれば、更に捕鯨反対勢力から、カネをせびられる芳しくない状況に陥る可能性もありはしないか。

もう一つ、日韓間で一応の決着を見たとされる、所謂慰安婦問題。これは、無責任な大誤報事故を引き起こした朝日新聞が、安易に根拠として引用した「吉田偽証」が大元とされる。何故「偽証」としたかと言うと、先日の某週刊誌報道にて、当事者 吉田某の遺族が「父は誤った歴史を作った」として、明白な謝罪と反省の言葉が発せられたからである。暴走反日朝日の責任は、勿論引き続き問われるべきだが、我国側が拠出を約束した10億円の資金につき、大韓民国側の、不当な慰安婦像撤去などの当初約束が、確実に実行されるのを見届けた上での拠出にしなければならないのではないか。この資金とて、元はと言えば、我々日本人の血税なのだ。我々の、条件として求めている事共が何も行われず、カネだけを取られる事態を許してはならない。全て外務省任せではダメで、この方からも、我国の国民市民的監視が必要となって来よう。容共特亜勢力の妨害があっても、我国の将来の為にも、ここの所を、我々はしっかり押える必要があると強く思うのだ。

それにしても、毎回報道メディアの反応は異常である。芸能人不祥事をメインに、前述の深夜帯にでも放送すれば良い様な事をトップ扱いにし、例えば「北」のミサイル発射の様な、我国の尊厳を損なう様な、本当の深刻事態をひた隠しにしようとする意図さえ感じられる。ここの所は、見聞きする我々の方が、取捨選択のセンスを磨いて、より良い判断基準を磨いて高めるしかないのかも知れない。これまで信じられた事共が、これからはあてにならないのは困った事だ。かくなる上は、「異常をはっきり異常」と認識できる、健全な知性と感性の涵養が、これまで以上に求められると言う事だろう。今回画像は、愛知・岐阜県境付近のJR中央西線貨物便の様子を。紹介中の、渡辺貞夫さんの今回楽曲は「マラヴァル(Maraval)」下記アドより視聴可能。

https://www.youtube.com/watch?v=sv35kUjQiCo

コメント

再び「北」ミサイル発射~生ぬるい日本マスコミ

2016-08-24 21:00:01 | 国際・政治

コンサン、ミンバンワ!一日遅れで恐縮だが、昨8/23は、旧満州などに居住の日本人の方々が、侵攻して来た旧ソ連邦軍によって、シベリア平原に抑留されるべく、最初の連行が行われた日だと言う。良く知られる所だが、被抑留の方々の労働・生活環境は極めて劣悪で、分っているだけで数万人もの犠牲を生じたと言われる。

本来我国の固有領のはずの北方四島不法占拠の問題もそうだが、この抑留の史実についても、旧ソ連邦、現ロシア国からの反省謝罪の弁など一切なく、むしろ「日本が大戦の結果を認めるべき」などと不当な脅しの挙に出る始末。当然の事だが、こんな出方に屈してはならない。もう一つ変なのが、被抑留の経験ある当事者の方々が「二度と戦争を繰り返してはいけない」の発言をされている事。ちょっと待ってくれ。被害者は我国(当時は大日本帝国)の方だ。その側が一方的に反省の弁を述べている印象がしてならない。事実なら本末転倒。到底納得できるものではない。もし、誘導でもされているなら極めて遺憾。事実の有無を明らかにして欲しい。もし誘導なら、或いは反日左翼の報道メディアなどが関与している可能性もあり得よう。この連中、それ位は平気でやるだろうから。

前置きが長くなったが本題へ。これとて、反日左翼容共特亜メディアと無関係な訳ではない。今朝の事だが、この所不穏な動きを続ける「北」が、又も弾道ミサイルを発射(今回は、潜水艦よりの発射のSLBMとされる)、我国の排他的経済水域EEZのすぐ外側、防空識別圏の内側に着弾したとされる。

「北」のミサイル技術は、戦中日本の所謂「軍国主義?(と反日左翼は言っているが)」と言われる状況と似通った「先軍制」なので当然かもだが、以前よりも命中精度や小型高性能化も向上しているとされ、今後の情勢によっては、我国の領土領海が直に脅威に晒される事ともなりかねない。折しも実施中の、米韓合同軍事演習や、日中韓外相会談への牽制、と言うより嫌がらせの意味合いもある様だが、とに角、危険な脅威には監視あるのみ。防衛相の、破壊措置命令の常時化は当然だし、必要な制裁の実施や、同国から率先しての対日脅威の除去などが見られるまでは、対話に応じないなどの厳しい措置が必要だろう。勿論、長年解決を見ない、日本人拉致事件の解決に向けた動きも、引き続き必要である。

今日のミサイル発射事件は、国民市民のレベルでも、警戒心を新たにすべ゛きなのだが、報道メディアの対応は生ぬるいもの。今日午前聴いていたラジオ番組などでは、低能な記者が「防空識別圏は、我国が勝手に設けたもの」などと呆けた事をぬかしていた。バカか?

防空識別圏は、国際的にも認知され、その設定に当たっては、必ず法律の規定によるもののはすだ。それをろくに調べもせず、ただ単に、気休め的に「我国が勝手に設定したので、直ちに脅威ではない」などとの見解は、この期に及んで「朝鮮半島に当面の脅威なし」などと誤魔化す日共などと同レベル。反日左翼、容共特亜ご用達だろうと揶揄されても仕方あるまい。まあ「反日」朝日新聞と同レベルと言う事だ。よくもまあ、現実の脅威を弁えない、呆けた様な見方や言い方ができるもの、と呆れてものも言えないあり様である。

全ての国民市民がそうではないだろうが、賤しくも名の通った新聞やTV、ラジオなどのメディアは、異常な内情たる朝日新聞などを別とすれば、賤しくも多くの衆目を集めるのだから、その発言に責任を負うべきは当然だ。防空識別圏にしても、その制定の根拠となる法律を明らかにして、国益を尊び、理論を重んじ発言する場合のみ、国民市民は得心するだろう。それをろくにせず、情緒だけで「勝手に設定」などと言っても、誰も信用するはずがない。情緒で世論や印象が操作できるなどと思いこむのは、ただの軽薄と言うものだろう。そんな発言を真顔でする様なメディアは、低級な嘘で固められている様なもの。決して信頼できるものではない。

今回画像は、少し前にも載せた、岐阜・長野県境を行く中央西線貨物便の様子。名勝・妻籠宿の近くで、土・休日には、多くの行楽客で賑わう所です。梅雨の時季で、天候はやや不安定でした。紹介中の、渡辺貞夫さんの今回楽曲は「アズ・ユー・セイ(As You say)」下記アドより視聴可能です。

https://www.youtube.com/watch?v=xQxq10ouFyc

コメント