Blog~続・トイレの雑記帳

鉄道画像メインの「ゆる鉄写真ブログ」のつもりでしたが、
政治社会の事共について記したくなり、現在に至ります。

複線思考とは

2010-06-29 08:42:00 | インポート
各位お早うございます。引き続いて梅雨空の当地名古屋。曇りの天気予報なるも、日中に時雨位はありそうです。

そろそろ、来月半ばに迫った参議院選挙の話題が上り始め、選挙に向けた街宣活動も目立ち始める時期ですが、実は九州にての家畜伝染病への対応不足により辞任した前農林水産大臣の地元でもある拙居所の辺りはまだ静か。投票のその日まで、本当に祖国日本の政治権力を任せるに相応しいのはどの勢力なのか、雨がちな空の下で、今少し考えたく思います。

スポーツに目を向ければ、W杯サッカー予選を勝ち上がった日本代表が、いよいよ日本時間の今夜遅くより、南米の強者パラグアイ代表戦に臨む予定。同代表も、今春主力選手が銃撃事件に遇って戦列を離れる悲運に見舞われており、試合では全身全霊で当たって来る事が予想されます。
勝つ事も大事ですが、やはりこれまでの経験と学んだ事を生かし、全力で堂々と闘う姿勢を貫徹してもらいたい所。くれぐれも警告などを出させない様願いたい所です。

その警告と言えば、来月当地にて予定の大相撲名古屋場所、一応条件付きにての開催が決まった様ですね。
事実上相撲界ぐるみとも言える野球賭博の問題は本当に遺憾だった。
なかんずく、将来を嘱望された当地出身の役力士が、特に悪質だったとして相撲界を追放されそうな気配である事に、大いなる失望の念を抱いている所であります。
予定通りの開催となっても、名古屋場所の観戦員数は大幅ダウンも予想されるが、この様な大規模なスポーツ行事は、事前に想像を超える様々な準備を要するのも事実。
一旦中止ともなれば、それまでに用意された資材や会場スペース、予定人員などの全てが無駄になってしまい、懲罰的中止と言う体面的スジ論を上回る大きな不利益を生じる事となってしまいます。

確かに、これまでの相撲界の不良体質も絡んでいるだけに、中止論が説得力を帯びるのも理解できるが、ここは当地の各界の利害も考え、厳しい条件を付帯して開催を許可した相撲協会の判断を尊重したく思います。
不正に対する厳しい処分を望む一方で、安易な中止論に傾かず、現地の立場も顧慮する言わば「複線思考」でこの問題を見て参る事が大事である事を学んだ今月後半でありました。これは決して、価値基準が二つ又はそれ以上ある所謂「二重基準=Double Standard」と言う意味ではありません。

今の時期は、先の大戦、大東亜戦争こと太平洋戦争の末期、沖縄にての日米戦が生じ、それに関連して各新聞やTV報道が日米沖縄戦をメインに、我国本土へ連行された当時の中国、朝鮮出身の各位の話題も良く紹介していました。
これらの各位は我国内外での戦闘や過重労働による犠牲者も多く、この史実は我々も良く理解把握し、必要な反省と検証を行う必要がある。
しかしながら、その一方で今も続く主に中華人民共和国軍による、我国近海での不穏な行動にも監視を続ける必要有りと思うのです。

人間は、全智全能ではありません。
良く「戦争を繰り返すな」とは聞く所ですが、それは先の大戦の様に、多くの一般国民を巻き込んだ無差別な大戦争の事であり、国境や国益保持の為の最低限の武力行使まで含めたものでない事は、識者各位の間でも定説となっており、それを弁えない左派政党や左傾報道、それに近い労組や市民組織の言動には同意できるものではない。

先の大戦の惨禍を踏まえつつ、真に祖国の安全を想う、と言う複線思考。政治社会や文化スポーツ、色んな所で、この考え方の大切さを感じます。

P.S 今月の拙日記は、以上です。*(日本)*
コメント

週刊三面雉Ⅲ

2010-06-28 23:59:48 | うんちく・小ネタ

コナサン、ミンバンワ!梅雨の晴れ間で、大いに暑かった当地名古屋。明日は又、梅雨空に戻る気配。まだまだ雨がちの日々と言う事で、この低レベル連載も続行させて頂く次第。

さてさて、懲りない自慰の果て、厠にて醜態を晒した猿。折角苦労の果て復帰を果たした桃が島軍全員の反感を買い、偽!大黒との久しぶりの会見を果たせるのだろうか。

雉「ホンマにまあ、貴様全然懲りてねえな。まず、その腐れジャーキーみたいな黒棒を見えん様にせいや。吐き気がするわい!」

猿「分かったよ。だがそれにしても、『腐れ』は余分と違うか?」

赤鬼「エテ殿。それは違わないぞ。雉殿の御言葉は事実なるぞ。あー、拙者もちと恥ずかしかったりして。苦笑」

犬「何だかなあ。見てて目も耳も腐りそうやな。雉助の口癖やねえが。あー、その腐れ棒が夢に出て来なきゃえーけども。」

青鬼「拙方も、ちと青ざめとるとこです。もう言葉も継げなんだりして。苦笑 お館はどーお思いですかな?」

偽!桃「まあ皆の見解に近いな。果たしてエテ公の黒棒見て、大黒様はどう仰るか、見物ではあるな。」

ここまでポロクソに言われながら、猿はそう応えていない様に見受けられた。いやいや、大したタマだこりゃ。

そうこうする内に夕方近くなり、桃が島の軍港に偽!大黒の黒船が到着する時刻が近づいた。桃が島軍一同は、岸壁に勢揃いして出迎える事となっている。

到着に先立ち、偽!大黒とお館偽!桃の携帯会話を少し。

偽!桃「大黒様。やっぱエテ公はお出迎えにやれませんな。」

偽!大黒「何でや。俺の楽しみの一つは奴の顔見る事なんや。ついでに黒棒もなぁ。笑」

偽!桃「いやぁ、お勧めできない。あんな物見たら、目が腐りますよ。」

偽!大黒「桃太郎。良う聞け。俺は免疫できとるから大丈夫や。とに角、エテ公を出迎えによこす様。分かったな!?」

偽!桃「まあ仕方がありませんな。そこまで仰るならお連れしましょう。では後程。」

偽!桃「おいエテ公。大黒様がお前に会いたがっていらす。会見は一応できるぞ。感謝せいや。」

猿「有り難き幸せに存じます。」

犬「フン!どこまで本気だか。」

雉「俺も素直にゃ取れねぇな。」

鬼2匹「我々は、ノーコメントであります。」

桃が島軍一同は、軍港へ向かった。そして程なく入港した偽!大黒の黒船。先導は鮫と鰐鮫、蟹親子と兎、海亀と偽!大黒の取り巻き衆も同乗している。

桃が島軍一同「コナサン、ミンバンワ!イうこそ、ヨらっしゃいました!」

偽!大黒一同「コナサン、ミンバンワ!オんとうに、ホ会いしたかったです!」

双方「本当に皆さまお元気そうで何よりです。」

偽!大黒「本当に良かった。・・てとこでエテ公、噂の黒棒とやらを俺に見せてみろや。」

猿「ええっ!何ですと!?」

柄にもなく、当惑する猿であった。(以下次号)

010

コメント

特報~W杯日本代表 前半の軌跡

2010-06-25 21:38:00 | インポート
コナサン、ミンバンワ!今日は我々日本人、なかんずくサッカー愛好者の各位にとっては、大変良き一日となりました。南アフリカにて対戦中のW杯日本代表が、今朝対デンマーク代表戦に快勝、所属のグループEにて、オランダ代表に続き決勝進出を果たしました。まずは一言奉祝の上、続く激戦のつつがなきを祈りたい所です。

先月も、少し触れましたが、今季の日本代表の前評判は、決して芳しいものではありませんでした。
アジア地区予選にてもしばしば苦戦を強いられ、余りの低迷に、一時は岡田代表監督の進退問題さえ噂されました。一般人の関心も今一つで「前半の予選リーグ突破も難しい」と言うのが大方の見解で、軽薄ながら私もこの見方に同調していました。

だが、そこは一流のプロ・スポーツ軍団。選手各位は、内に悔しさを滾らせていたのではないでしょうか。
こうした世間の視線を把握していないはずはなく「結果で見せるしかない」事を、今は監督と共に強く意識して行ったのだと思いたいし、信じたい所です。

半信半疑で迎えたアフリカ強者 カメルーン代表との初戦での辛勝。
第二戦、強豪オランダ代表戦にては、惜しくも敗れるも、失点のダメージを最小に抑え、劣勢となっても終始食い下がる姿勢は天晴れでした。たった一戦で、得難い多くの事共を学んだ事を想うと、この敗戦は貴重な代償にさえ思われるのです。

そして迎えた前半の決戦、対デンマーク代表戦。
堅固な守りを維持しつつ、終始攻めの姿勢に徹する良き流れが、この試合で見事に生かされたと私は感じます。
前半の2点は、課題だったゴールの正確さが大きく進歩した証拠だし、後半相手に許したPKの1失点も、頑張り過ぎた結果である側面を考えれば、まあ酌量の余地有りでしょう。
そして後半の3点目。正に値千金と呼ぶに相応しい、素晴らしいゴールでした。
「日本代表はここまでできる」事を改めて思い知らされた瞬間でした。
「引き分けに持ち込めれば大成功」とも思っていただけに、3-1での勝利は、称賛ものですね。

さてさて、決勝リーグは更なる過酷なものとなるであろうが、監督選手各位は、健康面にも留意の上、是非今まで魅せてくれたレベルの高い試合を引き続いて繰り広げて頂きたい所です。「いいぞ!日本代表!」*(日本)*
コメント

今なぜ 10%なのか

2010-06-24 07:51:00 | インポート
各位お早うございます。当地名古屋の梅雨は、どうも一服しているらしいです。中休みって言うんですか。今朝は曇りの空模様であります。

梅雨の象徴と言えば紫陽花。主に白とか薄い青紫、欧米調ならバイオレットと呼ばれる淡い色目の花が多い様ですが、拙好みは逆で、濃い青とか赤紫と言った、華やかな色調のに目を奪われる所がありますね。苦笑
これも、昨今の経済低迷の折、少しでも希望とか景気づけが欲しいとの心理からかも知れません。

さて、今日は来月前半に投開票が行われる、参議院選挙の公示日。各政党の候補者が明らかにつれ、選挙公約も出揃って、我々有権者は投票の時へ向け、選挙区の候補者と、比例代表の支持政党を絞り込む訳ですね。

所で、経済や社会保障、保育政策は以前より話がありましたが、ここへ来て財政再建も良く話題に上る様になりました。確かに我国の財政を巡る情勢は芳しくなく、国と地方を合わせた累積債務の総額は、既に\800兆を超え、国家予算の10年分以上に達する気の遠くなる膨大な額に達しており、国内総生産にて支えきれる限度に近づいているとの指摘もあります。

これの解消へ向けた見通しも、勿論出されてはいるのですが、それへ向けた税制改革の方向の主な所は、現状5%の消費税の引き上げ構想。自由民主、民主の主要二政党共、10%とする構想を持っている様です。続く

失礼しました。コナサン、ミンバンワ。夜に入り続きです。
自由民主党は「民主党は、我々の案をそのまま盗用した。まるで抱きつきお化けだ」と揶揄している様です。
確かにお気持は分からないでもないが、ここは一つ、民主党にやらせてみて、思わしい結果に繋げられなければ、その時改めて批判しても良いのでは、とも思いますね。
行政効率化を目指す次の事業仕分けでは、自・公政権下では叶わなかった、特別会計の見直しにも斬り込む意向の様ですが、これとて「やらせておけ」と言う位の心理的余裕が必要。「果報は寝て待つ」位のゆとりを持って、その間に政権奪回へ向けた、緻密な戦略を立て実行すべき。
ここは、谷垣総裁の聡明な采配に一つ期待したい所です。

それと、不可欠なのが増税の必要な根拠となる情報の開示ですね。
特別会計などは特にそうだが、今後の歳出抑制の見通し、増加が予想される社会保障費用の増加見通しをできるだけ正確に立て、それでも消費税引き上げは今後避けられない、との説得力のある説明ができれば、国民の多くは得心できる事でしょうが、まだまだそのレベルではないと思います。この事につき、政権党の民主党と、第一野党の自由民主党は、選挙運動と並行して、引き続いて誠意ある対応をお願いしたい所であります。*(日本)*
コメント

週刊三面雉Ⅱ

2010-06-20 22:42:11 | うんちく・小ネタ

コナサン、ミンバンワ!梅雨まっただ中の当地名古屋だが、昨日と今日は、午後に少し時雨れた他は、小康状態の空模様であった。ただ、曇りがちであるのは事実。今にも粗相しそうな空の下、今年2010=平成22年の低能読物「週刊三面雉」を進める事とする。

犬「やれやれ、又エテ公の持病が始まった様やな。毎度この時季の事とて、もう余り気にしたくもねえが、それにしても今夜は大黒様とのお久の会見。あいつどの面下げてお会いするつもりなのか?」

雉「まあ『合わせる顔もない』ってのが実態だよね。尤も奴はそんな事は意識もしてねえだろうけど。所で青殿、奴がどんな写真持ってったかお分かりですかな?」

青鬼「左様でんなぁ。半分は拙者の勝手な想像もお許し下さればだが、総じて全裸のは持って行ってないみたいですよ。」

赤鬼「そうか、やっぱりコスプレか。丸見えよりもチラの方が興奮するらしくて。」(失笑)

雉「赤殿も有難う。ほぼいつも通りですか。毎回そうやなあ。奴もまあ、能のない事で。」(こちらも失笑)

偽!桃「所で、皆どうやろう。奴がいつ行き果てて出て来るか、ちと予想して見やせんか?」

青鬼「それちと面白いでんな。よろしい、受けて立ちましょう。」

他の三匹「ほな、我々も参加よろしですよ。」 こう言う事だけ、意思決定の速い面々であった。

雉「それじゃ、青殿は何分後を予想されますか?」

青鬼「そうでんなあ。瞬間湯沸かし器とも揶揄されるエテ殿の事やから、15分後に賭けますか。」

雉「ほな、拙者も青殿の予想に賭けますわ。」

犬「俺も青殿に同調します。笑」

偽!桃「ほなどうやろう。俺と赤どんで20分後で行くか。特に根拠はねえけど、エテ公ああ言う事になると、結構長めなんや。まあ良い。負けたら俺が倍出すからな。」

赤鬼「お館に賛同するとしましょう。20分後!」

一同が固唾を飲んで待機する中、喘ぎ声が一段と大きくなった後「アヘアヘアヘ・・」と行き果てる声がはっきり聞こえ、厠の扉が開いたのが、ほぼ15分後であった。そこに見えたのは、腑抜けて呆け切った表情の猿。使命を終えて、萎び切った黒棒まで丸見えだったのは申すまでもない。

余りの醜態に、一同はこう怒鳴りつけたのである。「お前、今夜大黒様に接見すんなや!」(以下次号)

010

コメント