老人党リアルグループ「護憲+」ブログ

現憲法の基本理念(国民主権、平和、人権)の視点で「世直し」を志す「護憲+」メンバーのメッセージ

続・それでも「うそつき」首相に変わりはない

2012-11-15 22:59:20 | 民主党政権
「寝言でも解散の時期は言わない」と言ってきた野田首相。それが国会の場で、よりによってテレビ中継されている党首討論で言ってしまった。これを「大嘘つき」と言わず、何という。

その党首討論で野田首相は、『小学校時代に担任の先生から、「正直の上にばかがつく」との人物評を通信簿に書かれ、それを父親に渡したところ、学科の評価は悪かったが、親から褒められ嬉しかった』との少年時代のエピソードを安倍自民党総裁に語って、「嘘はつかない野田」をしきりにPRしていたが、いつから嘘つきになったのだろうか。

「シロアリ退治」等、一連の野田氏の発言を当時の担任の先生が聞いておられたら、「嗚呼、政治家になって人が変わったな」と嘆かれ、びっくりされるのではなかろうか。少年時代は嘘をついても致命傷にはならないが、大人になっての嘘つき、分けても政治家の「嘘つきは」致命傷となる。少なくとも欧米ではそうであろうし、それを許すようでは日本人(有権者)の倫理観のレベルが問われよう。ただし日本のメディアはとっくに倫理観と公正さを失っているように思われるのだが。

「護憲+BBS」「政権ウォッチング」より
厚顔の美少年

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 「第三極」って何なんだ  | トップ | 石原慎太郎劇場にだまされるな  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

民主党政権」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

11/16: 一家5人心中、生活費10万円未満の貧困そっちのけ 大騒動の国会、マスゴミ、らの犬畜生? (今日のトピックス Blog)
「護憲+」ブログ: 「護憲+」は第十期に入りました  (笹井明子) 「護憲+」ブログ: 憲法の理念も現実も米海兵隊の国外撤退を指し示している  (笹井明子) > 第152号( 2012年11月10日号)を発信し...
いわゆる「内閣(政権)の実績」コピペには要注意すべきである (名無しのデムパ論)
サボっていたら総選挙の時期になっていた・・・まあいいや。 さて、最近こんなコピペを見つけました。 一部の人達によって決まって行われる「○○内閣の実績」のコピペです。 76: 名無しさん@13周年:...