老人党リアルグループ「護憲+」ブログ

現憲法の基本理念(国民主権、平和、人権)の視点で「世直し」を志す「護憲+」メンバーのメッセージ

いじめ自殺事件の真の問題点

2012-07-31 21:53:46 | 社会問題
大津市にある中学で昨年、中2の生徒がいじめを苦にして自宅マンションから飛び降り自殺をした。昨年の10月度のことであったがマスコミは今になって事件を連日報道している。

私はこの学校を通って勤務場所まで約4年間通勤していたが、京都市などの標準的な中学と異なり、外から人間的な教育が看取できる懐かしい風景も学びやの面影も見られない、空虚な学校という印象が強かった。そして、いじめや暴力が発生しそうな「死角」が至る所にあるような建築物という外観があった。

さて、今回の大津の事件が典型的であるのだが、日々マスコミが追っているようないじめの酷さとか教育委員会を初めとするいじめの存在自体の隠蔽や責任逃れを指摘しても事後の責任追及にしかならず、真の問題は、今後も発生するであろう「いじめ」→「自殺」という負の連鎖をどう断ち切っていくのかという現存する問題の解決策を検討するべきではないかと考える。

そうだとすると、今回の大津の事件でも明らかになったことは、被害者の中学生は自殺(飛び降り)の直前に「学校に行きたくない」というSOSを発していたことであった。この場合中学生の両親は、このSOSをきちんと聞いていたとは今のところ思えない。

今回の事件を教訓にして考えれば、現在の義務教育の現場で一般の中学生などが、いじめなどを原因にして「学校に行きたくない」という意思表示を権利としてなすことが、果たしてできるのだろうか。

確かに日弁連の「いじめ問題ハンドブック」などでは「不登校の権利」を明らかにしている。しかしながら、中学生の立場からすれば「不登校の権利」がありますよと言われても、親や教師から「そんなこと言っても学校にいかなければ将来進学も就職もできないので学校に行け」と説得されて、本人もそれはそうだなと言うことでいやいや登校することになるのである。こうして「いじめ→自殺」という連鎖は断ち切ることは出来ない。こうした構造が現在の学校事情であり現場ではないのだろうか。

この連鎖を絶つには「教育権」という発想から子供の「学習権」への転換が必要になってくるのである。(憲法26条の解釈の転換)

ユネスコは1985年に「学習権宣言」をなした。最大の要点のみ揚げると「学習活動はあらゆる教育活動の中心に位置付けられ、人々を、なりゆきまかせの客体から、自らの歴史をつくる主体にかえていくものである」と宣言したことである。

この学習の権利を確保させなければ、いじめにあっている生徒が権利としての不登校を選び取ることは困難である。文部科学省はこの子供の学習権を妨害するような国家教育権をすぐにでも放棄して、不登校の生徒にあらゆる場所と機会を保障して登校せずとも学習は出来ることを明言するべきなのである。

「護憲+コラム」より
名無しの探偵
コメント (2)   トラックバック (1)

男たちの挽歌:横浜ホンキートンク・ブルース

2012-07-31 15:39:19 | 暮らし
先日、宇崎竜童の「横浜ホンキートンク・ブルース」を聞いた。良かった。

http://www.youtube.com/watch?v=r--iHEVA9OI

ブルースの魂が込められていた。この歌は、歌う人によって「演歌」にもなり、「フォーク」にもなる。宇崎の歌は、やはりブルースだった。
宇崎といえば、「港のヨウコ・横浜・横須賀」の鮮烈な印象は、今でも忘れられない。「あんた、あの子のなんなのさ」・・あっと驚くフレーズだった。日本人の感性もついにここまで来たのか。あの時の驚きは、忘れられない。

宇崎は、後に山口百恵の歌を次々に書き、百恵を伝説の歌手に押し上げた。当時16歳の百恵が、宇崎に惚れこみ、懇願して歌を書いてもらったそうだが、このエピソードは、彼女の感性がただものではない事を物語っている。特にプレイバックパート2で山口百恵が醸し出した凄艶な色気は、女性の持つ奥深さを脳裏に焼き付けた。阿久悠が「女性に様々な衣装をまとわせる」名人ならば、宇崎竜童と阿木耀子コンビは、「女性の衣装を脱がせる」名人だと言える。山口百恵の内面を一枚一枚脱がせて、百恵自身が気がつかなかった百恵をえぐりだした。これが山口百恵を伝説にした。鬼籍に入った平岡正明が、「山口百恵は菩薩である」という本を上梓したのも頷ける。

わたしには、もう一つ忘れられない歌がある。内藤やすこの「想い出ぼろぼろ」である。

http://www.youtube.com/watch?v=gDU21QoGAtw

この歌詞は尋常でない。男女(おそらく同棲中だろう)の微妙に食い違う感情をものの見事に表現している。これは男性には書けない。女性である阿木耀子だから書けた。しかし、これは艶歌の世界である。この艶歌の世界を宇崎は、見事にロックの世界に転化した。一つ間違えば、陰々滅々になりかねない男女の世界を、見事にふっ切って見せた。わたしには、艶歌世界とロック世界の微妙な共存こそが「想い出ボロボロ」の新たらしさだし、この微妙な共存の在り方こそが【戦後世界】だと思う。

その宇崎が「横浜ホンキートンク・ブルース」をカバーした。この曲は、藤竜也が作詞している。わたしが藤竜也という俳優を注目したのは、【野良猫ロック】(日活)が最初。精悍だが何となくシャイ。溢れでるエネルギーを辛うじて抑え込んでいる青年の鬱屈を体現しているように見えた。比喩的に言えば、石原裕次郎の「坊ちゃん性」を抜いた個性とでも表現したら良いかも知れない。

その彼が書いたのが、「横浜ホンキートンク・ブルース」。
・・ひとり飲む酒 悲しくて 映るグラスは ブルースの色
たとえばトムウェイツなんて 聞きたい夜は 横浜ホンキートンク・ブルース

ヘミングウェイなんかにかぶれちゃってさ
フローズンダイキリなんかに 酔いしれてた
あんた知らない そんな女 横浜ホンキートンク・ブルース・・・

ヘミングウエイだって、フローズンダイキリだって。海・港町そのままではないか。何となく粋で、何となく物悲しくて、大きな舵が置いてある港のバーでグラスを傾けている男の姿が思い浮かぶ。これが戦前なら、「夜霧のブルース」になるのだろうが、藤の世界は、トムウェイツが出、ヘミングウェイが出る。ダイキリに酔っぱらう女が出る。

そして
・・・革ジャンはおって ホロホロトロトロ バーボン片手に 千鳥足
ニューグランドホテルのあかりがにじむ
センチメンタル ホンキートンク・マン・・・
とくる。

これぞ、1970年代の男の世界。精悍だが、シャイで何となく物悲しい藤の世界そのもの。だから、この曲のカバーをしたのが、同じ匂いのする連中。
原田芳雄。http://www.youtube.com/watch?v=1yOpj7L3GRo
松田優作。http://www.youtube.com/watch?v=0_kf3tSbOY0

原田も松田も鬼籍に入った。宇崎は、彼らの死をきっかけに、この歌をカバーしたそうだが、やはり彼らと同種の匂いがしたからだろう。

原田芳雄も松田優作も、戦後の青年たちが考えた【男】の一種の理想形を体現していたと言える。一方では、アウトロー的精悍さを持ち、一方では優しさを追い求め、一方では理想を追い求める。世間の枠組みの窮屈さの中で窒息しそうになりながら、酒場ではバーボン片手にくだを巻く。男の夢もロマンも挫折も男のやりきれなさも一杯のバーボンのグラスに閉じ込めて謳いあげる。「・・ひとり飲む酒 わびしくて 映るグラスは 過去の色 あなた恋しい たそがれの 横浜ホンキートンク・ブルース・・」と。

宇崎の歌を聞きながら、わたしには、戦後の【男】の葬送の歌に聞こえて仕方がなかった。藤・原田・松田たちの映画に表現された【男】たちの挽歌が、「横浜ホンキートンク・ブルース」だろう。

「護憲+BBS」「芸能・スポーツの行政、運営への感想」より
流水
コメント   トラックバック (1)

オリンピック競技の見方を変えよう

2012-07-28 20:18:40 | イベント情報
ロンドンオリンピックが開幕した。生まれて初めてオリンピック競技を意識したのは1952年のヘルシンキオリンピックからであった。選手派遣費用のために小学校で、「ヘルシンキオリンピック」と書かれた鉛筆を1本5円くらいで半強制的に買わされた記憶があるからであろう。色は深緑色だったと記憶している。その時金メダルを取った日本選手にはレスリングの石井庄八がいる。体操の竹本選手は銅メダルではなかったかと思う。以来前回の北京オリンピッックまで日本選手を無意識のうちに応援してきたが、これも無意識のうちにメディアに煽られ、操作されていたのだと思う。今回の各テレビの過剰な前宣伝を見ているとそう思わざるを得ない。

しかし今度は国を意識せず、無意識の中のナショナリズムを解き放ち、競技で発揮される選手(人間)の極限の心・技・体と記録と人間の勝負を見て楽しんでみたいと思う。

芸術鑑賞には国家は関係ない、あるのは芸術家個人とその作品のみである。どうしてスポーツ競技となると無意識のうちに勝負にこだわりナショナリズムが生ずるのであろうか。多分メディアに煽られているせいではないかと思う。ベルリンオリンピッックでの有名な平泳ぎの実況放送、「日本がんばれ、前畑がんばれ!」もその類と言える。今回は究極(?)のスポーツ鑑賞(観賞でなく)に挑戦してみたい。

そんなことできるかと思われる人は、アメリカ、中国の金メダル獲得数から表彰式でのアメリカ国歌と中国国歌の演奏回数を想像して見ることである。日本は精々10回前後であろう、それに対して米中国歌演奏は合わて100回を越えウンザリ感が想像できると思う。全競技を見ることができれば、おそらくオリンピッックでの国歌演奏と国旗掲揚はもうええわ!と思われる人が多くなるのではなかろうか。

「護憲+BBS」「芸能・スポーツの行政、運営への感想」より
厚顔の美少年


コメント (1)   トラックバック (2)

7月29日(日)国会へペンライトを持って

2012-07-26 20:41:22 | 原発
16日の集会、10万人予定が17万人も集まったのですね!
7月29日(日)にも、国会をキャンドル(危ないのでペンライトに)で囲もうというデモがあります。

http://coalitionagainstnukes.jp/?page_id=648

私は、最近、ちょっとハードスケジュールなので、体調を見て参加しようと思っています。

今日は、「デモは社会を変えるか 声あげる市民たち」という番組を「クローズアップ現代」でしていました。
とうとうNHKも、大きく取り上げざるを得なくなったのでしょう。16日の映像だと思います。

高齢者から、サラリーマン、子供を連れたお母さん、若者、みんな自発的に集まった人たち。
その中で、福島の女性が「再稼働で、福島が見捨てられた気がした」と発言していて、胸が詰まりました。

原発国民投票の、静岡県民投票を請求する署名は、なんと法定数の2.7倍もの17万8240筆が集まりました。

現在、新潟県民投票を請求する署名集め中、新潟県民のお知り合いのいらっしゃる方は、ぜひお誘いください。

http://kokumintohyo.com/

「護憲+BBS」「脱原発の実現に向けて」より

コメント (2)

メディアの事後批判

2012-07-24 21:25:17 | マスコミ報道
今日(7・24)の朝日新聞の社説と天声人語は、米軍のオスプレイの岩国への陸揚げを採り上げ、社説では米政府を批判し、天声人語は野田首相を批判している。批判するのであれば、陸揚げされる前に批判する時間は十分あったはずである。陸揚げされてからでは陸揚げを容認していたに等しい。

去る5月2日に「最近の朝日新聞は事が済んだ後で批評する傾向にある。優秀な番犬は危険を事前に察知して吠えるが、凡犬は事が済んでから遠吠えするに似ている。」と、朝日新聞の事後評を指摘・批判したが、オスプレイ陸揚げ、消費税増税、大飯原発再稼働批判然りである。メデァイとして事後批判は批判にあたらず、ずるい。

「オスプレイ配備―強行は米にも不利益」(7・24社説の見出し)

http://www.asahi.com/news/intro/TKY201207230705.html?id1=2&id2=cabcahce

『オスプレイ配備をめぐる野田首相には脱力した。「米政府の方針であり、(日本から)どうしろこうしろと言う話ではない」では、言いなりの中間管理職さながらだ。』(7・24天声人語より)

http://www.asahi.com/paper/column.html

「護憲+BBS」「マスコミ報道を批評する」より
厚顔の美少年
コメント (1)   トラックバック (1)

市民パワーを支えるインターネット報道メディア「IWJ」

2012-07-23 10:21:16 | 原発
皆さんはIWJをご存知ですか。マスコミが伝えようとしない市民の動きや政官財に都合の悪い言論人の発言、バイアスをかけて伝えられ続ける政治家や政界の真実、こうした国民にとって本当に必要な情報を伝えようと、日々奮闘しているインターネット報道メディア。それが、岩上安身さんが代表を務めるIWJ(Independent Web Journal)です。

http://iwj.co.jp/

2010年12月の設立以来、私も関心を持って見てきましたが、その本当の価値に気付いたのはごく最近、大飯原発3号機が再起動された7月1日に、それを押し止めたいと現地に集まった人たちと機動隊との攻防をライブ中継で見たときからです。

正直なところ、大飯原発現地に駆けつけた人たちは、身を挺して阻止しようとする‘先鋭的な’人たちだとの思い込みがあり、彼らと機動隊の間に激突が起きるのではないかと、気が気ではありませんでした。

しかし、IWJを通して目の前に繰り広げられたのは、口々に「再稼動反対」の声をあげる人たちの、非暴力を示すために手を上に上げ続ける姿であり、その手に「脱原発」運動の象徴、紫陽花を持っている人もいました。

市民と対峙する黒いヘルメット姿の機動隊員たちは、時々指揮官の指示の下、反対派を押し返そうとしますが、その都度人々は「暴力反対」とコールを変えて、機動隊員と自分たち自身に自制を促していました。

緊張したにらみ合いの中で、反対派男性が機動隊員に何か語りかけ、まだ幼さの残る隊員が泣きそうな表情になる場面もありました。岩上さんのツイッターによれば、夜中に主要な機動隊が引き上げ、反対派の若者が抱き合って喜ぶと、最後まで残された若い機動隊員の中には、笑顔を見せたり涙ぐむ人たちもいたということです。

こうして暴力的な衝突は杞憂に終わり、逮捕者も出さずに済んだのは、反対する市民の一貫した非暴力の姿勢が根本にありますが、同時にIWJの中継が、機動隊の無法な挑発行為を牽制したという要因も大きかったと思います。

さらに、この中継を見ていた全国の人々が、大飯まで駆けつけた強い思いの人たちも、自分たちの延長線上にいる心優しい生活者であることを、しっかりと目撃し、自分たちの次の行動に繋げることになったのです。

かつて、学生運動が激しかった時代に、警察庁長官だった後藤田正晴氏は、学生たちの対応にあたり『今、必要なのは彼らの行動を国民から浮き上がらせてしまうことだ。』と指示を出し、結果として、学生運動は自滅的に終息することになりました。

もし今の「脱原発」の一連の行動も、かつてのように「事件」にならない限り報道されない状況だったとしたら、今繰り広げられている行動も袋小路に入り込み、分断され、自滅の道を辿ることになったかもしれません。

しかし、今や独立メディアによって、自分たちの行動をリアルタイムに見つめる人々が大勢存在し、沢山の共感が生まれ、その輪がますます広がっていくという確信は、行動する人たちを穏やかに忍耐強くしています。

長いこと「メディアは私たちの行動を無視する」「私達の声は国会に届かない」と怒り、嘆き続けた私たちですが、ようやくマスコミも報道を始め、国会議員も官邸前デモに来て決意を語っていく時代になりました。

マスコミに見切りをつけて、IWJを通して市民に向かって発信する体験をした国会議員たちは、市民パワーをあなどってはいけないことを体感し、様々な形でその事実を国会に持ち込んでくれるでしょう。民主党議員が今の政権に公然と反旗を翻し始めたのも、市民パワーの後押しがあることを実感したからこそだと思います。

今湧き起こっている市民の訴えに対し、「ポピュリズムは危険」と言って牽制する向きもありますが、今起きていることは、事実を隠蔽し、国民を危険に晒してまで既得権益にしがみ付き続けたい勢力に対する、自立的・自覚的な主権者の意思表示です。

それを力強く支えてくれる独立メディア「IWJ」を、私たちの側からもしっかりと支えて行きたいと思います。

「護憲+コラム」より
笹井明子
コメント (4)   トラックバック (2)

パブコメで未来を変えよう

2012-07-22 22:12:33 | 原発
私の友人から「パブリックコメントに意見を投稿しよう」というというメールが回って来ました。

「パブコメで未来をかえよう」

https://publiccomment.wordpress.com/2012/06/20/%E6%9B%B8%E3%81%8D%E6%96%B9/

ぜひ皆さん、お友達にも拡散して多くの「脱原発」の意見を集めましょう。

締め切りは8月12日 18時までだそうです。

「護憲+BBS」「脱原発の実現に向けて」より
パンドラ
コメント (2)

政党助成金の支給方法はおかしい

2012-07-22 22:06:50 | 政治
政党助成金の支給は総務省の管轄らしいが、7月20日に今年2回目の支給をしたと報じられている。その支給対象は1月1日時点での政党の所属議員数に比例配分して支給されているようである。よって1月1日以降に設立された政党は翌年の支給時期まで待たねばならず、公正、公平とはいえない。具体的な例としては7月11日に結成された、「国民の生活が第一」党が該当する。

http://www.asahi.com/politics/update/0721/TKY201207210343.html

よく考えてみると、これは国民の税金から支給されているものであり、その立法趣旨は「政治活動には金がかかり、多額の企業献金防止策として税金から一定額を負担しよう」との意味が込められていたはずである。それなら新しく政党ができた時点で支給される方が理にかなっているのではあるまいか。仮に支給されない期間に選挙が施行された場合、不公正、不公平な条件の下で選挙に臨まねばならないことになり、その意味では政党助成法第5条(政党交付金の交付を受ける政党の届出)の規定は第1条の目的に照らして、ちとおかしい。

第五条  政党交付金の交付を受けようとする政党は、その年の一月一日(同日が前年において行われた総選挙又は通常選挙に係る次条第一項の選挙基準日前にある場合には、当該選挙基準日とする。以下「基準日」という。)現在における次に掲げる事項を、基準日の翌日から起算して十五日以内に、総務大臣に届け出なければならない。

目的)
第一条  この法律は、議会制民主政治における政党の機能の重要性にかんがみ、国が政党に対し政党交付金による助成を行うこととし、このために必要な政党の要件、政党の届出その他政党交付金の交付に関する手続を定めるとともに、その使途の報告その他必要な措置を講ずることにより、政党の政治活動の健全な発達の促進及びその公明と公正の確保を図り、もって民主政治の健全な発展に寄与することを目的とする。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H06/H06HO005.html

「護憲+BBS」「政権ウォッチング」より
厚顔の美少年
コメント   トラックバック (1)

日本の「いじめ自殺事件」とアメリカの「銃乱射事件」

2012-07-21 17:16:56 | 社会問題
日本では「いじめ自殺事件」が9ヶ月も経って報道過熱状態になっているが(こんなに遅く過熱報道されるのは本当におかしな社会だ)、アメリカではコロラド州でまたまた銃の乱射事件が発生。映画館の中だったので入場者は逃げられず死者や負傷者が多数出た。

ところが、この犯人の学歴を見て驚愕した。彼は24歳の大学院生で、有名大学を卒業し大学院に入り勉強していた。

アメリカの銃による乱射事件や発砲事件は実に多いが、何でもトラブル解消に銃を使用するところがアメリカなのである。

コロンバイン高校の銃乱射事件を扱った映画「ボウリング・フォー・コロンバイン」を大分以前に見たが、マイケル・ムーア監督はその事件で負傷した高校生と、その町で武器を販売するスーパー(日本でもおなじみの会社である)の本社に、こうした会社が町にあるのが銃乱射事件の発生する原因であると言いに行くのである。

ムーア監督はこの映画の中で、アメリカの隣のカナダでは銃の規制は厳しくないが、銃犯罪はほとんど起こらないと比較している。アメリカは歴史的に銃犯罪が多く、社会の中に隣人とのトラブルですぐに銃を持ち出すのは、歴史的・心理的にそうした人間関係の問題を構造的に抱えているためであると説明している。社会全体に不安心理があり、銃に依存しているのである。

この説明から納得できた過去の事件もあった。アメリカの南部(バトンルージュ)で20年前に起きた「服部君射殺事件」である。

服部君は滞在先の高校生とハロウィンの祭り(誰でも子供は近くの家に出向いてお菓子をもらう)の日に、この家を訪ねて道を聞き、殺傷力の高い銃でいきなり撃たれたのである。刑事裁判では加害者は無罪となったので記憶している人も多い。無罪の理由が、白人以外の見知らぬ人間だったので「恐怖から」撃ったことは正当防衛に近い、というから驚きである。マイケル・ムーア監督の説明が納得できる南部の裁判らしい。

こうしてアメリカでは銃乱射は毎回起こるが銃の規制法案は否決されてきた。

日本でもいじめ自殺事件は後を絶たない。学校でのいじめや暴力が抑制されるような制度改革が、いつも見送られてきたからである。

「護憲+BBS」「メンバーの今日の、今週の、今月のひとこと」より
名無しの探偵
コメント (1)

日本プロ野球選手会の主張

2012-07-21 17:03:22 | アメリカ
表題の件で投稿しようと思ったが、天木氏が既に同趣旨の投稿をしておられたので紹介させていただきます。

http://www.amakiblog.com/archives/2012/07/20/#002332

>・・・これほど天晴れな行動はない。
 
>これはスポーツ紙の話題ではない。
 対米従属のこの国の支配者たちに対する異議申し立てなのである。
 第一級の外交事件であり、政治記事のトップになる事件である。
 この国の政治家も官僚も財界人も学者もメディアも、誰もが感じている米国の日本に対する不当な要求の数々。
 しかし誰もそれに異を唱えることなく黙って従ってきた。
 それが日本をここまで悪くしてしまったのだ。

>それに対してはじめて声をあげたのがプロ野球選手たちだったのだ。
 この不平等に目をつむり、自分たちのために何もしてくれずに米国の顔色ばかりをうかがう日本プロ野球機構やプロ野球コミッショナーたちお偉方に、「お前らは裸の王様だ」と国民の目の前で叫んだのだ。

>プロ野球コミッショナーに天下った対米従属の加藤前駐米大使は、その無能さをさらけ出して、プロ野球選手たちの決断を批判している。
米国の手先のような報道ばかりを繰り返すNHKニュース9の大越健介キャスターは、絵に画いたように、このプロ野球選手たちの決断を、「早まった事をするな」、「皆の楽しみを奪うな」などと批判している。
 そのような対米従属ぶりこそが諸悪の元凶なのだ。・・・

まったくそのとおりだと思う。今後、日本野球機構やプロ野球コミッショナーが交渉する相手は、日本の選手会ではなく、スポンサー企業であり、米国プロ野球協会である。

とにかく、政治でも経済でもスポーツでも、アメリカ側に言うべきことはいうべきである。

「護憲+BBS」「芸能・スポーツの行政、運営への感想」より
厚顔の美少年
コメント