草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

日米安保条約においても日本は米国と対等であるべきだ!

2014年02月28日 | 安全保障

 やっぱり米国は日本よりも中共の方がいいのだろうか。大東亜戦争に突入したときと同じく、米国は中共と組んで日本を締上げるつもりなのだろう。日本は米国に軍事的に支配されており、武力で衝突することはあり得ない。しかし、反米の攘夷の運動が起これば、それを根絶やしにしようとするに違いない。日米安保条約そのものが問題なのである。仮に米国がどこかの国と戦争をしたとしても、それに逆らうことがきないからだ。日本の国益に反することであっても、容認するしかないのだ。それ以上に忘れてはならないのは、日本防衛の義務が明確にされていないことだ。日本の領土である尖閣諸島に、中共は軍事的な圧力をかけてきている。本来であれば、横須賀に基地がある第七艦隊が前面に立つべきではないか。そのために日本は思いやり予算を払っているのである。今のオバマ政権は、中共と一戦交える気などさらさらない。真面目に日本の防衛を考えるならば、もっと手の打ちようがあったのに、傍観者を決め込んでいる。防空識別圏まで勝手に設定して、いつ攻めてくるかわからない相手と、どうして話し合いができるだろう。日本は主権を回復する意味でも、神社新報社で出版された『新しい時代に向けてー敗戦後の綜括』でも書いているように、「万が一にも米国が、日本の意思に反して、不法な開戦をした時には、即時米軍の撤収をもとめて、日本が中立する権利を行使し得るやうに条約を改める」べきである。いつまで経っても米国の言いなりのままでは、いつか日本は大変な目に遭うだろう。今こそ主権国家としの意地を見せるべきだ。将来の日本人のためにも。

 

政治 ブログランキング

 

                             ←日本とアメリカは対等な関係であるべきだと思う方はクリックを

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ


コメント   この記事についてブログを書く
« 自分の国を悪く言って特定ア... | トップ | 中共や朝鮮人への批判も許さ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

安全保障」カテゴリの最新記事