草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

アメリカに頼っていては中共の軍事的脅威には対抗できない!

2014年02月25日 | 安全保障

 アメリカを頼りにするのが間違いなのである。アメリカを一つの国家として考えるのも、もうやめた方がいい。韓国系のエゴが通ってしまう国なのである。英語を話せない者たちでも、アメリカ国籍を取得できるのだ。これまでは中共の裕福層がカナダに逃げ出していたが、カナダ政府から待ったがかかったことで、アメリカに流れていくといわれる。アメリカは様々な民族がひしめいている。統一した国家意思を発揮できるかどうかも、心もとないのが実情だ。それを裏付けるかのように、アメリカは世界の警察官の役割から降りつつある。陸軍の兵力の大幅削減が日程にのぼってきている。国防総省は「より小規模で能力が高い軍」を目指すとしているが、それは「撤退」を「転進」と言いかえるのと同じで、経済的に行き詰まっていることもあって、世界から軍隊を撤収するということなのである。陸軍の兵力は現在の52万人から45万人程度まで削減されるわけで、いくら口では「アジア重視」と言いながらも、やっていることは別である。中共が東アジアで覇権をめざしているのには、そうしたアメリカの動きと無縁ではないのだ。しかし、日本のマスコミやサヨクは、そうした現実を直視しようとしていない。かえって安倍政権の安全保障政策の足を引っ張っている。日本が自前で防衛力を整備すべきであるのに、「安倍首相は戦争ができる国家にしようとしている」と批判している始末だ。戦争を阻止するためには、相手が攻めてこれないようにしなくてはならない。そこで大きな意味を持ってくるのが軍事力なのである。自分たちが手を引くのであれば、アメリカは日本に肩代わりを求めるのが筋だ。そうではなくて、日本が中共の勢力圏に入るのを容認するのであれば、日本人は自由を擁護するために、血を流す決意を示すしかないのである。

 

政治 ブログランキング

 

                             ←中共の侵略を阻止するには防衛力の整備が急務だと思う方はクリックを

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

 

にほんブログ村       blogramで人気ブログを分析


コメント   この記事についてブログを書く
« TPP交渉でも指導力のなさ... | トップ | TPP交渉でアメリカに膝を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

安全保障」カテゴリの最新記事