生かされて

乳癌闘病記、エッセイ、詩、童話、小説を通して生かされている喜びを綴っていきます。 by土筆文香(つくしふみか)

叶えられるとしたら、何を願い求めますか?

2018-02-28 16:21:40 | 教会
願い求めるものは何でもかなえられると聞いたら、何を求めるでしょう。金銭ですか?
健康ですか? 不老長寿ですか? 

昔、ソロモン王は、神様に知恵を願い求めました。
箴言3:13には「幸いなことよ。知恵を見いだす人」と書かれています。知恵を願い求め、与えられたソロモンが書いたのです。

知恵を求めたソロモンはすごいですね。
知恵はいのちの木となるとソロモンは言っています。
神様は知恵を求めたソロモンを喜び、惜しげもなく与えています。知恵だけでなく、地上の富も与えました。

今日、水曜礼拝でヤコブの手紙からのメッセージを聞きました。

ヤコブの手紙1:5には次のように書かれています。
「あなたがたの中に知恵の欠けた人がいるなら、その人は、だれにでも惜しげなく、とがめることなくお与えになる神に願いなさい。そうすればきっと与えられます。」

わたしたちにも知恵を与えていただく資格があります」と牧師先生が言われました。
なぜでしょう。

父である神様は、子であるわたしたちを愛しておられるからです。
わたしたちは神の子なので、父から知恵をいただくことができるのです。
ヤコブの手紙1:6には「ただし、少しも疑わずに、信じて願いなさい。」と書かれています。

わたしには、願いがありますが自分のために祈ることにためらいを感じていました。毎朝のデボーションでは、祈りのカードに友人知人の名前を書いて、ひとりひとりのことを祈り、自分のことは最後に少し祈るだけでした。

ましてや、自分の願いを祈るのにはためらいがありました。
自分勝手な願いかもしれない。あるいは、自分が認められたいからかもしれない。いえ、神様の栄光のためにやっていることだから、願ってもいいのだろうか……。と、悶々としていましたが、「神様は、願ったことを必ずかなえてくださいます。自分のためにも祈りなさい。」という勧めに勇気を出して自分のために祈りました。

上の写真は桜川の土手の桜。つぼみがふくらんできています。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村
↑ここをクリックしてください。そうすると、より多くの方がこのブログを読んでくださるようになります。


コメント (5)

失敗の多い人生

2018-02-20 17:05:33 | ティーンズ
失敗や挫折は誰でも経験することですが、失敗や挫折が少ない人生と、多い人生とどちらが良いかと問われたら、「少ない方がいい」と答える人がほとんどではないでしょうか。

TEENSでエイブラハム・リンカーンの話を聞きました。リンカーンは、アメリカの最も偉大な大統領の一人にあげられています。
彼は失敗や挫折の多い人間でした。
9歳で母を失い、その後、姉、恋人、長男を失っています。

また、22歳でビジネスに失敗。23歳で地方議員選挙落選。24歳で再度ビジネスに失敗し、27歳で精神の病にかかりました。34歳、39歳、46歳で選挙に落選。47歳の時、副大統領選挙に敗れ、49歳で再び上院議員選挙に落選しました。

リンカーンは、失敗するたび、それにこめられている神の思いを心に留めました。失敗や挫折をするたびに、謙遜、忍耐、愛を培ってきました。

普通なら自暴自棄になってしまうかもしれません。こんなに落選が続いたら、もう選挙に出るのは辞めようと思うでしょう。
「お前はもうだめだ」というサタンの言葉に耳を傾けてしまったら、次への挑戦はなかったかもしれません。

また、「あの人はこんな失敗しないだろう」と人と比べてしまうと、自分がみじめになるだけです。


どうして挑戦する気持ちを失わなかったか……それはお母さんの言葉に忠実に従ったからだと思います。

母は亡くなる前にリンカーンにこう話したそうです。
「聖書をよく読み、聖書の言葉通りに、神を愛し、隣人を愛する人になりなさい。」

聖書には多くの人たちの失敗が書かれています。伝記には失敗や挫折がほとんど書かれていませんが、聖書には包み隠さず記されています。

ダビデもたくさん失敗をしました。恐れのあまり、アビメレクの前で気が違ったかのようにふるまい、彼に追われて去ったとき書いた詩が、詩編34篇に記されています。
「この悩む者が呼ばわったとき、主は聞かれた。こうして主はすべての苦しみから彼を救われた。(詩編34:6)」
ダビデを力づけた神の言葉は、エイブラハム・リンカーンを力づけ、今わたしを力づけてくださっています。


祈り
失敗が多いほど愛が深くなれるなら、挫折が多いほど謙遜になれるなら、どうか失敗や挫折の多い人生にしてください。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村
↑ここをクリックしてください。そうすると、より多くの方がこのブログを読んでくださるようになります。
コメント (2)

ひどい悪口を言われて落ち込んでいるあなたへ

2018-02-12 16:51:16 | ティーンズ
君の存在

言葉は人を殺すんだね
いじめられ、ひどい言葉を投げつけられ、
傷を負って心はボロボロ
平気な顔をしてバカみたいに笑っているけど、
心は悲鳴を上げている
もうがまんできない
辛抱の糸が切れてしまった

ちょっと待て。君を傷つける言葉を放ったのは人間ではないか
人間の言葉は、魂を殺すことはできないんだ
どんな言葉を浴びても、君の存在そのものは否定されない
君は欠点があるかもしれない、
弱さがあるかもしれない、
罪を持っているかもしれない
でも、そのままでいいんだ
そのままの君の存在をよろこんでくれるお方がいる


昨日TAKEOさんのコンサートが教会でありました。心臓移植を受けたひろくんの感謝コンサートとしてTAKEOさんが来てくださったのです。
礼拝や教会学校、TEENSにも来て賛美してくださいました。

TEENSでは千円札を出して、何度も折り曲げました。「折っても千円です。価値は変わりません。」くしゃくしゃにして、「これも千円です。価値は変わりません。」と言われました。印象に残るメッセージと賛美でした。


聖書の言葉 イザヤ43-4
わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している」

上記はTAKEOさんのメッセージと賛美を聞いて書いた詩です。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村
↑ここをクリックしてください。そうすると、より多くの方がこのブログを読んでくださるようになります。
コメント (2)

すべてはご計画の中で

2018-02-08 21:07:05 | 日記
昨日自転車で転んでしまいました。骨粗鬆症なので、絶対に転んではいけないと思っていたのに歩道の溝にタイヤがとられてころびました。膝と右手をつきましたが、痛みはありません。

恥ずかしいので、さっと自転車をたて直し、急いで走らせました。しばらくして籠に入れていた手提げがないのに気づきました。振り返ると、転んだあたりの場所に何かが落ちています。
あわててもどると自分の手提げでした。気づいてよかったです。

家に帰ってみると、両ひざが青くなっています。でも、たいしたことなさそうです。夕方ヒックンとナルクンをあずかってほしいと言われたので、PC作業をしてから夕飯の支度をしました。夕方ヒックン、ナルクンが来たので夕飯を食べさせ、そのあとナルクンと遊んでいるとき、畳にちょっと手をついたら、しびれたような痛みが走りました。よくみると腫れていて、てのひら全体が赤黒くなっています。指が動きません。右手(利き手)なので、字も書けません。

転んだとき右手をついたからでしょうか? でもそれならなぜすぐに痛みが出なかったのでしょうか。骨折していたらどうしよう……。
ナルクンが心配してバンドエイドを持ってきてくれました。

湿布を貼って寝ましたが、痛みでなかなか寝つけませんでした。
パソコントラブルがあってやっと落ち着いたところで骨折だなんて……。

でも、すべてのことは神様のご計画の中にあります。なぜこんなことが起きるのかと思うようなときも、意味のあることなのです。今はわからなくても、このとき流した涙が喜びにかわると信じます。

『できれば、骨折でありませんように。でも、ゆだねます。痛みと不自由さが今のわたしに必要ならすべて受けます。』と祈ると平安が訪れました。
朝になったら痛みも腫れもなくなっていました。指もよく動きます。念のため整形外科に行ってレントゲンを撮ってもらいました。骨折ではありませんでした!!感謝します。

聖書の言葉 「夕暮れには涙が宿っても、 朝明けには喜びの叫びがある。(詩編30:5)」



にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村
↑ここをクリックしてください。そうすると、より多くの方がこのブログを読んでくださるようになります。
コメント (8)

だいきらいってことは、だいすきってこと

2018-02-02 16:24:08 | 家族
インターネットに不具合があって、あたふたしていたらいつの間にか2月になっています。早いですね。

孫のナルクンは3歳10か月になります。反抗期真っ盛りです。
ママが泊りの仕事があるので2週間に一度はお兄ちゃんのヒックンとふたりで我が家に泊りに来ます。

車中で「今日は保育園楽しかった?」「お友達と何して遊んだの?」と尋ねると「うんこ。うんこ」と言います。「大変、うんこ出るの? 近くにコンビニあるかしら」わたしが言うと、10歳のヒックンが「ただおもしろくて『うんこ』って言ってるだけだよ」
と言うので、ほっとしました。

ヒックンによると、『うんこ』っていうと大人が「えーっ!」という反応するからおもしろくて言うのだそうです。
それから、「おじいちゃん、だいきらい。パパもママもヒックンとゆこちゃん(わたしのこと)もだいきらい」と言うので、「それじゃあ、だいすきな人はいる?」
と、尋ねると、

「だいすきな人は、ゆこちゃんとおじいちゃん。パパとママとヒックンも」
「だいきらいってことは、だいすきってことだね。」
「うん」
ナルクンはにっこりしました。

わが屋はマンションの2階ですが、家に着いたとたんナルクンが床でとびはねるので、「下の家の人がびっくりするから、やめてね」と言うと、さらに強くドンドンとびはねます。本気でしかるとやめたのですが、大声で泣きだしました。

「ほおっておいて。ナルはわざと大きな声を出しているんだよ」と、ヒックンの言葉に助けられました。
おやつを食べてほっと一息ついていると、

ナルクンがディズニーのピノキオのカルタを持ってきて遊んでと言いました。以前、ヒックンが遊んでいたものです。ナルクンはまだ字が読めないのにどうやってカルタ遊びをするのでしょう?

絵札はカラフルでとてもいい絵なので、紙芝居のようにして絵札を見せながらお話ししました。

それから字ではなく、どんな絵が描いてあるか説明して絵札を探させると、ナルクンはすぐに見つけて大喜びです。

カルタで遊び終わってから突然「ぼく、いい子になる」と言ったので、驚きました。自分が悪い子だと思っているのでしょうか?

ピノキオが嘘をつくと鼻が伸び、悪いことをするとロバになってしまうことを聞いてそんなことを言ったのかもしれません。
しばらくは、おとなしくしていました。10分後にはいつものナルクンにもどっていましたが……。

また、ナルクンはお兄ちゃんが大好きなのですが、ライバル意識も強く、ちょっとからかわれただけで本気で向かっていきます。7歳も年が離れているので、どうやってもお兄ちゃんには勝てませんが。
お兄ちゃんから「もう、遊んであげないよ」「赤ちゃんみたい」と言われるのがいちばんいやで大泣きします。

元気いっぱいなナルクンですが、ときどきママが恋しくなるらしく、ママに言われた言葉を自分に言い聞かせるように言っています。

「ママはお仕事なの。お仕事忙しいの。おりこうにして待っててね」

昼寝させようとすると、ナルクンがたずねました。
「ママ、いつ来るの? 明日?」
「明後日よ」
「明後日っていつ?」
「明日の次の日」
「ねんねして起きたら、明後日になってる?」
「まだだけど、昼寝した方が早く明後日になるよ」
「じゃあ、ねんねんころする」
と言って口をチュクチュクしながら寝てしまいました。

ピノキオは、旧約聖書のヨナ書をもとにして書かれたお話です。
ヨナは神様の言葉を人々に伝える預言者でした。ヨナは神様からニネベに行って、このままではニネベが滅びてしまうので悔い改めるように人々に伝えなさいと言われました。(ニネベの人たちは神の教えに背いていました)ところが、ヨナは行きたくないのでニネベとは反対方向へ行く船に乗ってしまいました。

まもなく嵐になり、ヨナの乗った船は沈みそうになりました。ヨナは、自分が神様の言いつけに逆らったからこんな嵐になったのだと言い、海に放り投げてくれと船員に頼みます。ヨナが放り投げられたとたん、嵐はおさまりました。

ヨナがおぼれそうになったとき、神様は大きな魚を用意して、ヨナを呑み込ませ、あとから陸地へ吐き出させてくれました。
ヨナは魚のおなかの中で悔い改めのお祈りをしています。そして、陸地に上がってから、ニネベに行って、神様からの言葉を伝えました。
 
ピノキオも、おじいさんの言いつけに逆らって悪いことをしましたが、クジラのおなかの中でおじいさんと出会い、あやまりました。そして、最後は人間の子どもになったという結末です。


この次はヨナの話をナルクンにしてあげようかな。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村
↑ここをクリックしてください。そうすると、より多くの方がこのブログを読んでくださるようになります。
コメント

拍手ボタンです

web拍手

カレンダー

2018年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

バックナンバー

ブックマーク

生かされて・・・土筆文香
土筆文香のHPです
土筆文香の本「リピート・シンドローム」
若者のリストカット、ドラッグ、摂食障害の問題を扱った小説
日本クリスチャン・ペンクラブ
「文は信なり」をモットーに古今のキリスト教文学やあかしの文章を読み、学び、書き、本にし、広げてゆく団体です。
カリス
「生かされて」から、神様の恵みが書かれている記事を転載していきます。
希望の風
kibounokazeさんのブログです
聖書の緑風
希望の風さんのもうひとつのブログです。聖書から教えられたこと、感じたことがわかりやすい文章で綴られています。
メメントドミニ
優子さんのすてきなブログです。
土の器(この土台の上に)
クリスチャンシンガーちゃきさんの新しいブログです
金子ゆか・花ブログ
花の写真が奇麗な知人のブログです
土浦めぐみ教会
わたしの通っている教会です
地球の番小屋
児童文学者本木洋子さんのHPです
お茶の水聖書学院
五つのパン
祈りと賛美の会社のブログです。
ふくいんのなみ
キリスト改革派教会によるテレビ・ラジオ番組
シニアタイム
介護情報誌です
PBA太平洋放送協会「ライフ・ライン」
キリスト教番組を制作・放送している超教派の伝道団体のHPです。
いのちのことば社オンラインショップ
キリスト教書店のオンラインショップです

gooブログ おすすめ

  • RSS1.0 RSS2.0