生かされて

乳癌闘病記、エッセイ、詩、童話、小説を通して生かされている喜びを綴っていきます。 by土筆文香(つくしふみか)

荒野の旅

2018-04-21 11:22:26 | 聖書から
19日は教会での家庭集会でした。一週間前に家庭集会お知らせメールを出したときは、不安でした。その日、まだ具合が悪くて、皆さんに中止のメールを送ることになるかもしれないという恐れがありました。でも、神様はその日までに癒してくださり、祝福をくださいました。参加者11名は家庭集会始まって以来の大人数です。

学びの一部を紹介します
イスラエルの民は、エジプトで奴隷として苦しめられていました。神様から選ばれたモーセは、イスラエルの民を引き連れて40年間も荒野の旅をしました。

何もない荒野で60万人の人が養われました。マナが空から降ってきて、人々はそれを集めて調理して食べました。水がないとき、モーセが岩を打つと水が出ました。

教会学校で子どもたちによく話しました。お話の準備をするときは聖書を読みますが、出エジプトの箇所を物語のようにして読んでいました。
けれども実際はどうだったのでしょう。水のないことでもめていますが、水は毎日欠かせないものです。泉や池や川のほとりにばかり天幕を張ったわけではなかったでしょう。移動しているときも、水がないと大変なことになります。

「四十年の間、あなたは彼らを荒野で養われたので、彼らは何も不足することなく、彼らの着物もすり切れず、足もはれませんでした。(ネヘミヤ記 9章21節)」

と書かれていますが、40年同じ服を着ていて擦り切れなかったとしたら、現代の服より長持ちする服を着ていたことになりますね。

神様は、水や食べ物を毎日豊かに与えてくださいました。
民が「肉が食べたい」とつぶやいたときは、神様はうずらの大軍を降らせてくださいました。

アマレク人との戦いもありました。神様は民を守り、勝利に導いてくださいました。

イスラエルの民が行く先を知らなかったとき、神様は雲の柱と火の柱で道を示してくださいました。

『神様が厳しい荒野での生活を素晴らしい祝福の場所に変えられたのです。』とレジュメに書かれていました。
神様はなぜイスラエルの民を荒野に導いたのでしょう。まっすぐ進めば一年もたたないうちにカナンの地に到着できたのに……。
その答えは聖書にありました。

「あなたの神、主が、この四十年の間、荒野であなたを歩まされた全行程を覚えていなければならない。それはあなたを苦しめて、あなたを試み、あなたがその命令を守るかどうか、あなたの心のうちにあるものを知るためであった。(申命記8:2)」

このことにより、荒野が祝福に変えられます。荒野の道を歩ませておられる方は神様ですから、民を荒野でいたずらに苦しめようとしているわけではないことがわかります。

痛み、苦しみの中に神様はおられます。
苦しい目にあって、不平不満を言うときは、神様が見えなくなっているときだと聞いて、その通りだなあと思いました。

わたしは今回予想もしなかった病気で二週間寝込みました。神様はなぜわたしをこのような苦しい目に合わせるのだろう……と思いました。そのときは神様が共におられることを忘れていました。

末期がんの友人にメールを送るという使命を与えられてからは(前回の記事に書いています)慰めの言葉が書けるようにひたすら祈って、必死な思いで書きました。そのときは自分の身体がつらいことを忘れていました。むしろ、こんな状態だからこそ、書ける言葉があったのだと思って、病を感謝しました。
なぜこのときに友人にメールを送ることになったのか……説明がつきません。神の配剤でしょう。




にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村
↑ここをクリックしてください。そうすると、より多くの方がこのブログを読んでくださるようになります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絶望の隣にいる人は?

2018-04-14 16:04:46 | 日記
体調は回復してきています。時々後戻りしながら、薄紙をはがすように良くなっていくので、まだ忍耐が必要です。あせってはいけませんね。

今年は、桜が咲いている期間は長いほうだったのに、見ることができませんでした。すぐ近くの桜川の土手で咲いていたのに……。
でも、来年は見ることができるでしょう。

先月末、まだ熱があるときでしたが、学生時代の人形劇部『ろっち』の友人(Nちゃん)がホスピスに入ったという連絡を受けました。1年半くらい前に子宮がんとの診断を受け、すでに転移していて手術ができないと聞きました。

ちょうど白川郷に還暦旅行をしようと計画していた時で、当然Nちゃんも参加するはずでした。ところが、参加できなくなったと連絡があり、もうひとりの友は仕事が休めなくて2人欠席、9名で出かけたのでした。

Nちゃんは抗がん剤治療の合間に友人と出かけたりしていたので、それほど悪いとは思っていませんでした。でも、病はどんどんすすみ、今年の2月には足がパンパンに腫れていたと聞きました。
そのようなときに、ロッチのメンバーひとりひとりに巾着袋を作ってプレゼントしてくれたのです。(写真)大きさは手のひらに収まるくらいです。
ひと針ひと針に想いが込められています。

ホスピスは積極的な治療はせず、緩和ケアーを行う病院です。
何人かがお見舞いに行きましたが、「会いたいけど、会えない」と言われて会えなかったそうです。

「Nちゃんを慰める手紙を書いて」S子に頼まれましたが、熱のため手紙を書くことはできません。

でも、Nちゃんには伝えなくてはならないことがあります。『のこされている時間は短いかもしれない。』そう思ったとき、わたしは、メールにして毎日少しずつ書いて送ることを思いつきました。

「無理したらあかん。熱があるときに書かなくていい」クリスチャンのS子からのメールです。必死に叫んでいる声が聞こえるようでした。
「わかった。無理せんと、ぼちぼち書く」
「そや。ぼちぼちやで」

携帯でそんな会話をしたのですが、その日の夕方には横になりながら携帯を片手に持ってNちゃんに書き始めていました。
最初の2通のメールは短く。3通目書くときは熱が下がっていたので少し長く書きました。

福音そのもの(イエス様がしてくださったこと)を伝え、自分が救われたときのことと、救いを受け入れて、どれだけすばらしい人生をおくっているかについて書き、天国のこと、永遠のいのちについて書きました。毎回最後には聖書のことばを書きました。

毎日一通ずつ送っていて、7通目を書いたとき、書くことがなくなったと思ったのです。それでも、メールを待っているかもしれないと思って8通目を送ったのち、間もなくS子からの電話で、Nちゃんが召されたことを知りました。

8通目は読まれることはなかったのです。でも、7通のメールは確かに読んでいたと、お姉さんから伝えられました。
(Nちゃんは子どもがいなく、ご主人は2年前に亡くなっています。お姉さんがずっと付き添っておられたようです)

Nちゃんが救いを受け入れたかどうかわかりません。でも天国にいったとき、Nちゃんがいちばんに出迎えに来てくれるような気がします。

昨日の読売新聞、編集手帳に5年前に94歳で亡くなった、アンパンマンの作者、やなせたかしさんの詩が紹介されていました。

絶望の隣に
だれかがそっと腰かけた
絶望は
となりのひとにきいた
「あなたはいったいだれですか」
となりのひとはほほえんだ
「わたしの名前は希望です」


絶望の隣にある希望。クリスチャンのやなせたかしさんは、キリストにある希望は、絶望を希望に変えると綴りたかったのではないかなと思いました。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村
↑ここをクリックしてください。そうすると、より多くの方がこのブログを読んでくださるようになります。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お久しぶりです

2018-04-10 15:11:57 | 日記
こんにちは。
ずいぶん長い間ブログ更新できませんでした。このようなことは、ブログ開設以来初めてです。
風邪をひいて38℃の熱を出し、2日後には下がったのですが、再び発熱して今度は39.6℃でした。
腰の激痛とともに熱が上がり、七転八倒の苦しみでした。

病院へ行くと、急性腎盂炎ということで、安静を命じられました。
入院にならないだけよかったのですが、薬を飲んで寝ているしかありません。
今日で12日目です。2回礼拝に行けませんでした。礼拝メッセージはPCで聞けました。

家事のほとんどは夫がやってくれています。食事作りは、これまでも週に一度程度ですが、やっていたので慣れたものです。
今回は一日おきに料理をし、料理しない日はスーパーに行って総菜を買ってきてくれました。

当たり前にやっていたことができなくなると、できていたときもっともっと感謝しなければならなかったなあ……と思いました。夫にも感謝しなくてはね。
今日はここまで。


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村
↑ここをクリックしてください。そうすると、より多くの方がこのブログを読んでくださるようになります。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

拍手ボタンです

web拍手

カレンダー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

バックナンバー

ブックマーク

生かされて・・・土筆文香
土筆文香のHPです
土筆文香の本「リピート・シンドローム」
若者のリストカット、ドラッグ、摂食障害の問題を扱った小説
日本クリスチャン・ペンクラブ
「文は信なり」をモットーに古今のキリスト教文学やあかしの文章を読み、学び、書き、本にし、広げてゆく団体です。
カリス
「生かされて」から、神様の恵みが書かれている記事を転載していきます。
希望の風
kibounokazeさんのブログです
聖書の緑風
希望の風さんのもうひとつのブログです。聖書から教えられたこと、感じたことがわかりやすい文章で綴られています。
メメントドミニ
優子さんのすてきなブログです。
土の器(この土台の上に)
クリスチャンシンガーちゃきさんの新しいブログです
金子ゆか・花ブログ
花の写真が奇麗な知人のブログです
土浦めぐみ教会
わたしの通っている教会です
地球の番小屋
児童文学者本木洋子さんのHPです
お茶の水聖書学院
五つのパン
祈りと賛美の会社のブログです。
ふくいんのなみ
キリスト改革派教会によるテレビ・ラジオ番組
シニアタイム
介護情報誌です
PBA太平洋放送協会「ライフ・ライン」
キリスト教番組を制作・放送している超教派の伝道団体のHPです。
いのちのことば社オンラインショップ
キリスト教書店のオンラインショップです
  • RSS1.0 RSS2.0