モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

受験・構成デッサンワークショップのご報告。

2020-04-27 22:25:03 | 学生ワークショップ


学生クラス 受験/構成デッサンワークショップ

どうも幸介です!本日は、春休みに実施した中高生対象のワークショップの模様をお伝えいたします。
今回はボール(球体)と紙コップ(円柱)に加工が自由な折り紙の3点をモチーフに、組み方や構図の取り方など、基礎からのレクチャー。デッサン経験のある内部生も、改めてキチンと基本から学び直します。
美術系へ進学する場合、入試でのデッサンがある場合がほとんどですので、本番を意識しての制作となりました。

 皆黙々と制作しています。普段のアットホームな学生クラスから比べると、美大予備校のような雰囲気です。

そしてこちらの作品は、構成デッサンですね。四角に円の模様のついたコースターがモチーフ。そのモチーフが数枚ある想定でデッサンをします。もちろん、渡されるコースターは1枚だけ。画用紙内にどう配置したら美しい構図になるのか考えなければならない上に、何枚ならいいのか、数枚ある時に陰影はどう影響しあうのかなど、情景を想像して描かなければなりません。ただ単にバラバラと並べてもダメで、立体感を感じさせる・奥に抜けるような配置や、見せ場(描きどころ)となるような場所も作らねばなりません。

美術系の高校入試ですと、ここまでの想定が必要なデッサンはあまり出題されないかもしれませんが、美術大学となると、入試のデッサンにはこの「想定する」という事が求められることがほとんどです。モチーフが渡されない場合も当たり前のようにあります。つまり、入試までに何でも描けるようにしなければならないのです。今回のモチーフはコースターだったけど、ちょっと難しかったかな?

授業の終盤では、皆で作品を並べて講評いたしました。この「他者と比べる、講評される」というのが、描くことと同じくらい重要だったりします。上手い人から技術を盗めるし、自身に足りない技術を細かに指摘してもらえる、さらに他者と並べられることで客観的に自身の作品を見つめ直すことができます。

今回ワークショップを受けてくれたサイトの中から何人が美術系進学を志すかは分かりません。もしも本当に進学を考えているとしたら、今回の授業で学んだことを何度も反芻し、徹底的に描いて描いて技術を研ぎ澄ませていってほしいなと思います!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

学生クラス・春のワークショップ

2020-02-25 22:00:13 | 学生ワークショップ


中高生向け(小学校高学年ー新5年生から参加可能)の春休みワークショップのお知らせです。
今回のカリキュラムは下記の2種類のデッサンから選択できます。(1日で1枚完成します)


動物の骨や剥製or石膏 のデッサン

1回の授業で完成する本格的な鉛筆デッサン、しかもなかなか普段の生活で見たり触れたりする機会の少ない動物の骨や剥製がモチーフ。(完成させる時間には個人差があります。未完成で持ち帰る場合もございます。)
広い面積に短時間でざっと鉛をのせなければ完成できません。修正も簡単に済ませられるように、やわらかく優しく大まかに描いていく方法を学びます。
最初は少々苦慮しますが、モチーフの輪郭(際)を決めるのではなく、中の形を探りながら立体感やボリューム感を増して、ダイナミックに制作していきましょう。

下記『受験/構成デッサン』ワークショップは、美大・美術高校の入試で出題される【与えられたモチーフを自由に構成しデッサンする】課題に取り組みます。
モチーフの組み方・構図の取り方・エスキースの決め方などの基礎的なレクチャーに加え、一人ひとりの実力に合わせて技術的アドバイスしていきます。
「美術系に進学したいけど、具体的にどのように勉強して良いかわからない。」「将来はイラストレーターやデザイナーになりたいけど、何から始めればいいの?」「自分が本当に美術に向いているか自信がない。」という不安を持った学生(新5年生~新高3)向けのお試し講座となります。

◆ 日  時 ◆  下記から選んでご受講ください
 ❶【剥製・石膏デッサン 】3月19日(木)19:00~21:00  ❷ 【受験/構成デッサン】3月24日(火)18:30~20:30 / 4月2日(木)19:00~21:00
◆ 対  象 ◆ 新5年生~新高校3年生(内部生との合同授業です)         
◆ 持 ち 物 ◆ 持っている鉛筆(あれば6B~4H位まで)・消しゴム(あれば練りゴム)
◆ 受 講 料 ◆ 2,500円(1回)
◆ 内  容 ◆ 鉛筆デッサン

<お申し込み方法>下記の必要事項を明記の上、メールの件名を「学生ワークショップ申し込み」として、e-mailアドレス(mios@ace.ocn.ne.jp)へ、下記必要事項を記載し送付してください。お申し込みの確認とご受講料(2,500円×講座回数)のお支払い方法(銀行振込となります)を返信します。
☆必要事項 ①ご受講希望日と講座名 ②お子様の氏名 ③4月からの新学年 ④住所 ⑤電話番号

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

美術系高校受験デッサン講座

2019-11-03 22:46:55 | 学生ワークショップ

オバラです。いよいよ展覧会も明日の13時で終了。毎日たくさんのご友人を連れて来て下さる方も多く、賑やかな時間を過ごしております。まだいらしてない方は、ぜひ足をお運び下さいませ!

さて、10月31日(木)19:00~20:00 川崎総合科学高校デザイン科受験デッサン講座 を開きました。参加者の皆さん、ありがとうございました。
今回のモチーフは発泡スチロールの円盤、黒い折り紙、ビー玉2個でしたが、最初にモチーフのセットの仕方、構図の取り方、エスキース(下書き)の描き方、あたりの付け方などを説明し、いざ本番へ!
普段とは違う、国際交流センターの寒々しい会議室内でしたが、シーンと静まり返り鉛筆の音だけが聞こえる緊張感と熱気で、どの学生もかなり完成度の高い作品が制作できました。

高校1年生の先輩のデモンストレーションは、部活で遅れ19:45~の20分程の制作にはなってしまい冷や汗をかかされましたが、初っ端のモチーフのセットから中学生達が度肝を抜かれる構図でスタート。先輩の威厳を見せ付けることが出来ホッとしました。
2回ほど皆の手を止め先輩の制作風景を見学。私が意図や狙いを紐解き、制作過程を
解説しました。保護者の方々も写真やビデオを撮られながら熱心に見学されていらっしゃったのが印象的でした。

良いデッサンをする為には、ただ闇雲に枚数を重ねても意味がありません。戦略を立て、自分の武器を磨き、不足している技を知り補充し、勝率を上げる必要があります。
今回の講座で、先輩の素晴らしいスピードのデッサンを見たことにより、刺激を受けてもらえたと思います。
高校受験まであと3ヶ月。中学3年生は気合を入れて頑張りましょう!
駆け込みのご入会は、ご相談に乗ります。お電話下さい。

しかし打ち合わせなしで、モチーフも知らされず、元住吉から15分激走し大遅刻でスタートしたにも関わらず、瞬時に出題者の意図を見破る(全てが小さいor平なモチーフなので、円盤は立てるのが正解。ちなみに14人中、立てた子は0)どころか、「折り紙のトンネルの中に、隠したビー玉をチラ見せ?くー!そうきたか!参りました。」(もしビー玉が1個しか無ければご法度な構図。小さい物を更に隠しては説明しきれない。)と完膚なきまでに敵を叩きのめす完璧な配置のデッサンに、久し振りに鳥肌を立たせてもらいました。真彩先輩、いい仕事をありがとう!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

川崎総合科学デザイン科受験生向け講座

2019-10-17 23:34:34 | 学生ワークショップ


左 / 講評会の様子  右 / 昨年度の川崎総合科学高校デザイン科合格者3名の作品

生徒作品展の会期中に、国際交流センターの会議室の予約が取れましたので、川崎総合科学高等学校デザイン科進学を希望する中学生対象のデッサン講座を開きます。
受験本番まで4ヵ月を切った駆け込みの中学3年生から、美術系進学を考え始めた中学1年生まで、どなたでもご参加可能です。
形の取り方・陰影のつけかた・立体感の出し方から、構図の取り方まで、基礎的デッサンを通して学びます。
当日は、昨年度の合格者が実際にアトリエで制作した作品を100枚近く持参します。また、ご質問等にもお答えします。
作品展をご覧になりながら、ぜひご参加下さい。

日 程:10月 31日(木)
時 間:19:00-20:00
対 象:中学1年生 ~ 中学3年生
場 所:国際交流センター 第二会議室
参加費:無料 
持 物:鉛筆2B,B,HB・練り消しゴム(普通のプラスチック消しゴムは不可)
受付期限:10月28日(月)20:00まで
 この日を過ぎた場合、教室へのお電話・メールは繋がりません。直接会場(国際交流センター展示ロビー)までおいでになり、担当の小原にお申込み下さい。センターへのお電話・お問合せはご遠慮下さい。

<お申し込み方法>
事前にメールで、  ① 件名に【川総受験講座参加希望】と記載   ② 氏名と学年   ③ 住所   ④ 電話番号  をご連絡ください。定員がございますので、参加可能かどうかを返信します。
mios@ace.ocn.ne.jp

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

中高生&小学校高学年のワークショップ

2019-06-18 23:21:36 | 学生ワークショップ

『絵画上達!鉛筆デッサン強化レッスン』

将来美術系に進学を希望している学生、純粋に絵を描きたい・腕を上げたい向上心溢れる小学生など、やる気があれば誰でも参加可能です。
レベルに合わせたモチーフを組み、また初心者の場合、鉛筆の持ち方から指導します。
しっかりしたテクニックを学びましょう。

日 時 8/8 ,  22 ,  29  (木)  19:00~21:00
対 象 小学4・5・6年生、中学1年~高校3年生(内部生と合同授業)
持ち物 鉛筆(できるだけ色々な濃さ)・消しゴム(あれば練りゴム)
参加費 1日2,500円(1回の授業で1枚完成。毎回異なるモチーフ)

※紙の大きさ・モチーフの好み(写真を見て描きたいなどもOK)・1日で1枚ではなく3回掛けて完成度の高い作品制作etc、一人一人にあわせますので、希望があれば申込時に具体的に教えて下さい。ご相談に乗ります。

<お申し込み方法>
❶事前にメールで、 ①ご受講希望日・希望講座名 ②氏名と学年 ③住所 ④電話番号  をご連絡ください。定員がございますので、参加可能かどうかを返信いたします。
❷参加可能の場合、振込先や規約をお知らせします。こちらからの返信後1週間以内にご入金ください。ご入金確認後正式申し込みとなります。
(ご注意) 振込み手数料は、お客様のご負担でお願いします。
お振込みが1週間以内に確認できない場合、申し込みをキャンセルされたとみなします。
講座開催日程10日前を過ぎてからのキャンセルは返金できません。
※キャンセル返金はご指定の口座に、振込み手数料を抜いた金額で振込ませて頂きます。
※ワークショップ受講後2か月以内にご入会頂いた場合、入会金より2,000円割引させて頂きます。入会ご連絡の際、ワークショップ参加の旨をお伝えください。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

学生クラスワークショップ 手のデッサン

2019-03-19 21:37:00 | 学生ワークショップ

どうも幸介です!今日のブログは本日開催した中高生対象のワークショップのご報告。思い込みを払拭し、見えたままを描くコツを学び、画力アップを目指す講座です。普段は賑やかな学生クラスですが、今日ほど鉛筆の音が響き渡った日はない。ってくらいに皆集中していました。

まずは手の輪郭が立体的にあらかじめ描かれている紙を配り、その輪郭の中に陰影だけを描きました。普段の授業でも言っている「面に合わせた方向で色をつける」「細部ばかり描かず、全体のバランスを考慮して陰影をつける」「いつ終了してもいいように、バランス良く全体に手を入れる(一部分だけ描かない)」などの基本を反芻しながら描いていきました。受験でデッサンを何枚も描いた生徒や、美術系学校に進学を考えてる生徒は強かったですね!!

陰影を塗り絵した次は、今日の授業の本番、新しい画用紙に見本無し&記憶のみでもう一度手を描きます。想定デッサンですね。先程見本を見ながら上手く描けていた生徒も、ほとんどが苦戦していました。むしろみんな、自分の作品の出来に落胆してました。

今回の授業は、「新しいこと学んだ!上手くなった!!」というよりも、「弱点が分かった…今後はここを鍛えよう」というように、客観的に自分の画力を測れる内容でした。いつものワークショップよりも実りのある生徒が多かったんではないでしょうか。

講師陣的にも、やってよかったな、と感じておりますので、また定期的に開催したいなと思います!参加した皆、今日浮き彫りになった弱点をしっかり把握して、次回からの授業で着実に克服していきましょう!!

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

小学校高学年・学生 デッサン春ワークショップ

2019-03-07 22:59:11 | 学生ワークショップ

見本作品ー 真彩 中3 片手20分×2本の計40分の鉛筆デッサン

春のワークショップ、中高生対象のデッサン講座のお知らせです。
美術解剖学の視点から分析し、手の構造を理解します。また思い込み(腕・指は長いetc)を払拭し、見えたままを描くコツを学びましょう。最終的に想像と記憶だけで手が描けるようになれば、イラストや漫画でもイキイキした人物画が表現できるようになります。自分の弱点を確認して、目指せ画力アップ!

日 程:3月 19日(火)
時 間:18:30-20:30
対 象:中学 新1年生 ~ 高校 新3年生
参加費:2,500円  ※内部生との合同授業です
持 物:鉛筆4B,HB,3H・消しゴム


見本作品ー 真彩 中3 1枚15分の鉛筆デッサン

春のワークショップ、小学校高学年・中学生対象のデッサン入門講座のお知らせです。
「もっと絵が上手くなりたい!」そんな向上心溢れる意欲的な生徒におすすめの講座です。
基礎的な形の取り方・陰影のつけかた・立体感の出し方を球体のデッサンを通して学び、学校の授業や趣味の絵をスキルアップさせましょう!

日 程:3月 29日(金)
時 間:13:30-15:00
対 象:小学 新4年生 ~ 中学 新3年生
参加費:2,300円 ※保護者様退室願います 
持 物: 鉛筆2B,B,HB・消しゴム

<お申し込み方法>
事前にメールで、  ① ご受講希望日・希望講座名   ② 氏名と学年(4月からの新学年)   ③ 住所   ④ 電話番号  をご連絡ください。定員がございますので、参加可能かどうか・入金方法・規約を返信します。
mios@ace.ocn.ne.jp

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

冬期講習

2019-01-02 23:44:14 | 学生ワークショップ

年末の冬期講習の様子(作品は高校受験の想定デッサン‐90分)

現在冬休み中ですが、小学校受験の幼児、美術系高校受験・美大受験の学生の個人レッスンは受け付けています。年明けは1月4日15:00~予約を承ります。
大人クラス授業は6日(日)より、学生クラスは15日(火)より、月曜小学生クラスは7日(月)より、火曜小学生クラスは15日(火)より、水曜小学生クラスは9日(水)より、木曜小学生クラスは17日(木)より、幼児クラスは9日(水)より、小学校受験クラスは7日(月)より、親子クラスは15日(火)より始まります。
ブログは1月11日(金)までお休みさせて頂きます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

透明水彩でリンゴを描く

2018-08-06 02:34:33 | 学生ワークショップ

大竹です。8月2日(木)に行われた、中高生対象のワークショップ『透明水彩で描く写実画』のご紹介です!実物をリンゴを見ながらリアルに描くというもので、いつもは個人でそれぞれ自由に違うものを製作をしている学生達も、この日は学校の授業のように全員が同じ題材に取り組みました。

透明水彩という、発色が美しく、塗り重ねが上手くいく絵の具を使って制作しました。果物の形は花びらの枚数で違いが出ます。リンゴは花びらが5枚あるので、上から見ると五角形の形をしています。更にリンゴによって形は違うので、綺麗な真ん丸に描くのではなく、微妙な歪みを捉えられるように指導しました。
また果物を透明水彩で着彩する時のコツは、熟して色づく前の色から塗ることです。まずはじめに黄色やオレンジを薄く塗り、乾いた上から熟した赤色を少しずつ何度ものせていきます。

 そうして出来上がったリンゴ達がこちら!

リンゴの色のムラや模様もじっくりと観察し、細い筆で線を重ねるように塗っています。それによってリンゴの身がギュッと詰まった感じが伝わってきますね。透明水彩は乾くと下の色が透けて影響してくるので、何度も塗り重ねて深みを出す事ができます。リンゴの赤を引き立たせる為に影の色は青色にしました。それにより少し大人っぽい印象に仕上がりましたね。リンゴ以外の物にも、影には黒だけではなく青色を使うとお洒落に見えたり画面が鮮やかになるので、一つのポイントとして覚えておくと良いでしょう。そして最後にツヤや反射光を白で入れる事により、瑞々しさと立体感が出てきます。

皆集中して取り組んでいたので、2時間で描いたとは思えないほどの仕上がりになりました。今回のモチーフは静物でしたが、透明水彩は風景画も楽しいので興味を持ったら是非色々と描いてみて欲しいですね!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

中高生対象・水彩画講座

2018-06-14 23:35:49 | 学生ワークショップ

『透明水彩で描く写実画』

学校の夏休みに、絵を描く機会を作ってみませんか?美術が好きな人も、学校の宿題をなんとなく済ませたい人も、ぜひこのワークショップを利用してみて下さい。
透明水彩という、発色が美しく、塗り重ねが上手くいく絵の具を使って制作します。

果物の形は花びらの枚数で違いが出ます。また果物を透明水彩で着彩する時のコツは、熟して色づく前の色から塗ることです。
果物をじっくり観察し、しっかりデッサンをした後、透明水彩を使って丁寧に仕上げていきましょう。
希望者には、美大・美術系高校受験の勉強方法についてや、受験対策を始める時期などもご相談に乗ります。ワークショップ受講後2か月以内に通常クラスにご入会頂いた場合、入会金より2,000円割引させて頂きますので、これを機に早めに基本の鉛筆デッサンから取り組んでいきませんか?

日 程:8月2日(木) 19:00-21:00
参加費:2,000円  持ち物: 筆記用具のみ(透明水彩をお持ちの方はご持参下さい。)

詳しいお申込み方法はこちらのブログをご参照下さい。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春の学生デッサン

2018-03-23 09:20:29 | 学生ワークショップ

春休みワークショップのトップは学生クラス、昨日15名の参加者で行われました。球体と円柱という、鉛筆での基礎的な静物デッサンを学びました。

まずメインのモチーフに取り掛かる前に、発泡スチロールの球を用いてデッサンの進め方のコツの解説とデモンストレーションから行いました。内部生・外部生関わらず、基本の基本から振り返りつつ鉛筆に慣れる為とウォーミングアップの意味も込めての課題です。輪郭をとってイラストのように描くのではなく、ぼんやりと影でモチーフを浮き上がらせるイメージで、手早く満遍なく進めるように説明し8分間集中して球を描き上げました。

各々球を描いた上での反省やコツを踏まえ、メインとなるかぼちゃとアルミの円柱のモチーフに取り掛かります。

アタリを取り、構図をしっかりと定めてから陰影をつける工程に移行していきます。

影を取る作業のはじめに、かぼちゃのふさの部分は何個あるか、ヘタはどんな形になっているか、かぼちゃの形状を細かく観察していきます。それから多角形を意識した陰影をつけていきました。モチーフごとに異なった特徴的なイメージを与える為に鉛筆を使い分ける必要があるのですが、この使い分けに苦戦する生徒も見られました。

そして描くこと一時間半、完成したデッサンが上の写真となります。

かぼちゃのずっしりとした量感、ゴツゴツとした不揃いな質感がとてもよく表現できています。アルミの陰影もきちんと固いものとして描き分けられ、写り込みまで表現できているものも見受けられます。構図も大きく狂ったものはなく、慎重に構成を考えたことがわかりますね。

今回、予想以上に上手く描けたという声が聞けて嬉しい気持ちになってしまいましたが、まだまだ伸び代はあります!

内部生のみんな、頑張っていこう!外部生の子も、技術を美術の授業で自慢&練習してみてね!

 

その他のワークショップについて

3月29日(木)、30日(金)10:30-12:00 幼児・小学生対象の『食品サンプル・ワッフル作り』 、少々空きがございます。(30日は残席僅か)

3月29日(木)、30日(金)13:00-14:30 小学生対象の『パッケージデザイン』は、十分空きがございます。ぜひご検討下さいませ。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

春のワークショップ・中高生講座

2018-03-05 20:39:36 | 学生ワークショップ


中高生対象 デッサン講座(一昨年行った際の授業の写真)

どうも幸介です!本日は春休みに行う中学生・高校生対象のデッサン講座のご案内をさせていただきます。

日 程:3月22日(木) 19:00~21:00
持ち物:鉛筆の4B、HB、3H、消しゴム
参加費:2000円
対 象:新中学1年生~新高校3年生

球体と円柱という、基礎的なの鉛筆での静物デッサンを学びます。鉛筆の持ち方から、構図(見切り)、正確な形の捉え方(図り方)、濃淡の付け方立体感の出し方など、講師の実演なども織り交ぜながら1から説明していきます。美術系の進学を考えていたり、興味はあるけどやったことがない・しっかりと基礎から復習したい、などを考えている学生の皆様にお勧めの講座です。
ミオス在校生と合同授業となります。

<お申し込み方法>
下記の必要事項を明記の上、メールの件名を「春ワークショップ・学生講座」として、e-mailアドレスへ送付してください。
お申し込みの確認とご受講料お支払い方法を返信します。
①氏名と学年 ②住所 ③電話番号 
をご連絡ください。定員がございますので、参加可能かどうかを返信いたします。
メールアドレス:mios@ace.ocn.ne.jp

少しでも興味のある学生の、美術の入り口としてピッタリの講座ですので、皆様の参加をお待ちしております!!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

学生ワークショップのご報告!

2017-08-07 22:21:24 | 学生ワークショップ

学生クラス 石膏デッサン講座

どうも幸介です!本日は先週開催された学生クラスのワークショップ、石膏デッサン講座のご報告をさせていただきます!!今回は初心者から経験者まで学生が21名参加。スタッフ4名体制で授業を行いました。
比較的涼しい日だったのにもかかわらず、やはり中高生20名以上だと酸欠になりますね…あまり学生だけでアトリエが満員になる機会は少ないので、なかなか新鮮でした。また、学生クラスはいつも各々が別の課題をやっているんですが、今回のように皆で一斉に同じモチーフを描くのも、刺激的な経験になったと思います。

まず最初に、石膏デッサンの概要や描き方、デッサンの基本などを小原先生が説明します。それを踏まえての制作となりました。大きく形を捉える、陰影を面で描く、細かなディテールは最初から追わないなど、初心者だけでなく小学生クラスからの持ち上がりの生徒達も、改めて説明を聞いて描き進めます。普段アトリエの学生クラスでは、こういった「講義」的な授業は無いので、それも面白かったんではないでしょうか。

今回の授業を踏まえて、そのまま石膏デッサンを描き続ける生徒もいます。今回の参加者には美術系への進学希望者も多かったように思います。このワークショップで伝えたことは、どの科のデッサンにも通用する基礎の部分でしたので、忘れないうちに反復練習をして、しっかりと身に付けてもらいたいです!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

石膏デッサン講座のお知らせ

2017-07-24 22:03:15 | 学生ワークショップ


中高生クラス対象 夏休みワークショップ 石膏デッサン

どうも幸介です!先週末ぐらいから夏休みも始まり、ミオスの夏休みワークショップも続々とスタートしております。定員になってしまったワークショップもありますが、中高生クラス対象の「石膏デッサン講座」はまだ若干名の余裕があります!以下詳細です↓

8/3(木)石膏デッサン
対 象:中高生(内部生との合同授業)
参加費:2,000円 
時 間:19:00-21:00
持 物:鉛筆4B,HB,3H・消しゴム
難易度の高い石膏像の鉛筆デッサンを基本から学びます。イーゼルの構え方鉛筆の持ち方、構図(見切り)、正確な形の捉え方(図り方)、濃淡の付け方立体感の出し方など、1から説明していきます。気負わず描いてみましょう。

<お申し込み方法>※昨年までとは申込方法が異なります。ご注意ください。
下記の必要事項を明記の上、メールの件名を「学生申し込み」として、e-mailアドレスへ送付してください。お申し込みの確認(定員がございますので、受付時に参加可能かどうかをお知らせいたします)とご受講料お支払い方法を返信します。
①ご受講希望日・希望講座名 ②氏名と学年 ③住所 ④電話番号 をご連絡ください。定員がございますので、参加可能かどうかを返信いたします。
メールアドレス mios@ace.ocn.ne.jp
(確認の返信を3日以内に致します。もし返信がない場合お手数をお掛けしますが、再度ご連絡頂けますと幸いです。)

…ということで、本格的なデッサンに興味がある・技術を向上させたい・美術系進学を考えているなどの学生の皆様、まずは教室や予備校などに通う前に、入り口として参加してみるのもお勧めですよ!しっかりと基本から教えます。ということで皆様のご参加お待ちしておりまーす!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

学生クラスワークショップ・牛骨デッサン

2017-04-17 20:49:53 | 学生ワークショップ


学生クラス 春休みワークショップ 牛骨デッサン講座

どうも幸介です!本日は春休みに学生クラスにて開催した牛骨デッサン講座のご報告です。新中1から高3までを対象とした授業で、単純にデッサンを描きたい生徒から美大を目指す生徒まで幅広く集まっての開催となりました。本物の牛骨という、学校の授業などでも中々描く機会の無い珍しいモチーフ。描く紙も木炭紙の大きさで、ダイナミックに制作いたしました。

通常の授業では全員で同じ絵を描くということの無い学生クラス。小学生クラスと違い、描くものはそれぞれ自由です。今回の授業のように皆でひとつのモチーフを描くことによって、他人の絵の進め方や目の付け所などが発見できますね。しかも今回、多摩美に現役合格したデッサンの上手い高3の生徒(↑)も紛れこませていました。他の参加者に美大合格レベルの技術を盗んでもらうべく、他の人から見えやすい中心の位置で描いてもらいました。技術を盗むまでいかなくても、他人と比べて自分のレベルが分かったりするだけで、いい刺激になったんではないかなぁと思います。



最後に皆の作品を並べて講評も行いました!!並べられると他人との違いが顕著です。学校では一番絵が上手くても、アトリエはそういう生徒達の集まり。上手い人たちと比べてみて、みんなけっこう「自分ってまだまだだな…」みたいな落胆もしていましたが、こういう経験も絵が上達する上ですごーく大事な事だと思っております!!

中学生高校生を対象とした学生クラスでは、デッサンや構図の取り方などの基礎的な練習に加え、生徒ひとりひとりに合わせて油彩や水彩や日本画など様々な技法を学べます。無料体験授業はいつでも受け入れておりますので、単純に絵が上手くなりたい!もっといろんな画材を学びたい!って生徒や、美術系に進学したい!将来はイラストレーターやデザイナーになりたい!って生徒まで、体験授業のお申込みをお待ちしておりまーす!!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする