モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

小学生の油絵ワークショップ報告第四弾

2019-09-17 23:03:42 | 小学生 イベント


はじめまして!今回の夏休みの油絵から主に火曜小学生クラスをお手伝いさせて頂いています、美術系高校に通う二年生のカナホです。ミオスには高校受験間際の中学三年生の冬から学生クラスに通っています。

遅くなりましたが先輩方に引き続き、油絵のワークショップ報告をさせて頂きます。
結論から言うと小学生、めちゃくちゃ上手いです。「え、これ下手なアドバイス出来ないじゃん!!」とだんだん完成に近づくにつれ不安を覚えました笑

私自身、高校に入ってから油絵に触れて最近油の種類を知ったばかりなので、教える時は光の方向や陰影のつけ方などデッサン的な教え方しか出来なかったのですが、みんなよく話を聞いてくれて絵に反映させてくれたのでとても嬉しかったです。(お花やビン、金属は少し難しかったね。)
実は静物画を描くときある一点を描けばそれらしく見えるなんて小賢しい技術もあるのですが(透明なガラス製品、光沢のある金属には白の絵の具で1番光があたるところハイライトを描いたり、果物などには熟す前の色-リンゴなら黄や緑-を先に置いたりしてリアリティを出す)小学生はひとつひとつよく観察してどうしたらそれっぽく見えるんだろう、どんな色を塗ればいいんだろう、と考えて自分なりに工夫して描いてる子もちらほらいてただただ感心しました。自分で考えながら絵を描く作業って案外疲れるんです。そんな時に私たちお手伝いがアドバイスをする訳ですが、何か解決の糸口に繋がってたらいいなあ笑

もしこれからお子さんの絵を見る方がいらっしゃいましたらたくさん褒めてあげてください。みんな長いようで短い夏休みの期間とても頑張ったね。お疲れ様でした!

コメント

小学生の油絵ワークショップ報告第三弾

2019-09-13 23:36:55 | 小学生 イベント

リンです!今回は夏休み期間のカリキュラムだった油絵について書かせていただきます。

実は私、小学生の6年間ミオスに通っていたので、この油絵のカリキュラムは6回受けたことがあるんです!(学生クラスになってからも描いてはいますが、学生は題材も期間もフリースタイルなので、ちょっと感じが違います。)当時は教えてもらう側でしたが、今は教える側。私も成長したなぁ...なんて。
でも実際に教えるのは凄く大変!!
分からないことばかりだから、生徒に質問されても、「ノリ先生に聞いてごらん!」って何回言ってしまったことか…そして生徒が帰ったあとで「今日私、なんもやってないじゃぁぁぁん!!」なんて頭を抱えることが多かったです笑
いやはや、人に教えることは難しい...!

話は変わりますが、小学生の時に描いた油絵を思い出してみると、当時の私は、上手い絵=写真みたいなリアルな絵 だと思っていたので、''リアルな絵が描きたい欲''が強かったです笑  そのため、なるべく柔らかい絵の具を選んで、薄く伸ばして、細かくリアルにリアルにリアルに描こうとしていたと思います。もちろんリアルになんて描ける技術は無く、やる気が空回りばかりしていました笑笑

けれど今、生徒たちの十人十色な作品を見ていると、リアルな作風よりも、形は歪でも、味があったり個性がある方が素敵だな、と感じるようになりました。確実に、小学生の時の私とは、価値観が変わってきているな、と実感しました。もちろん、写真みたいなリアルな絵は、作者自身の技術(写真みたいに絵を描くことができる技術)が光っていて、魅力的です。しかし、形や色が完璧でなくても、少し歪で個性的な作品も、リアリティの魅力とは別に、人を惹き付ける力があるなと思いました。

生徒の中でも、高学年の子たちは、今までノリ先生を始めとする(ここ大事!)ミオスの先生方に教わってきた技術を使って、細かく繊細に絵を描ける子が多いイメージです。一方、低学年の子たちは、まだ絵を描くことに慣れていないので、幾分かは形は歪になってしまいます。けれども、だからといって個々の作品に魅力が無いわけではなく、むしろそれぞれの個性丸出しで、色使いも派手で、それはとてもとても魅力的な作品に仕上がっていました。自分もバイト代を出してでも欲しい...と思った作品もあったくらいです笑

私は今回のカリキュラムでは、生徒たちの素晴らしい作品を見ることができ、まるで美術館に行っているみたいで楽しかったです!!

コメント

小学生の油絵ワークショップ報告第二弾

2019-09-12 23:10:06 | 小学生 イベント

前のブログのマユカちゃんと同じく、今年の春頃から小学生クラスをお手伝いさせて頂いています、美術高校3年の一葉です。ミオスには中学2年生の1学期から学生クラスに通っています。高校では油絵を描いていて、大学も油絵科を志望しています。油絵科ということで小原先生から過度な期待があり、夏休みワークショップの間は毎日のようにお手伝いに来ていました!

今まで同級生の油絵や、美術館で有名画家の油絵はたくさん見てきましたが、小学生の油絵を見るのは初めてでとても楽しみにしていました。
いざ授業が始まると、さっきまで楽しくおしゃべりをしていた子達がとても真剣な顔で描いている姿が見えて、そのギャップが素敵だと思いました。また、先生に積極的に声を掛けて質問している子が多く、その向上心に感動しました。

大人の描く油絵と同じように、子供たちの油絵にも絵の具の盛り具合や筆のタッチの方向、ストロークの長さに、それぞれの個性やこだわりが出ていて面白いと思いました。特に色の使い方では、全体的にビビットな画面、パステルな画面、明暗のコントラストを意識した画面などバリエーションが豊富で、壁一面に絵を並べて見た時に目が楽しいと感じました。

ただ、モチーフの中にできる『陰』の部分とモチーフの接地面から床に落ちている『影』を描いていない子が多かったので、そこを意識できれば更に良い作品になると思います。

今回小学生の油絵を教えましたが、小学生から学ぶことがたくさんあった素敵な授業でした。今後の自分の作品にも活かしたいと思います。

私が最近アトリエで描いた油彩の人物画も添付します。肌の色を美しく見せる為、下地に動脈を意識した紫と、静脈を意識した緑、表情筋を意識したオレンジを多用しました。乾いた後に表面の皮膚の色を塗っているので、透明感のある肌に近付いたように感じます。サイドの髪の毛がのっぺり見えないよう、端まで気を使いました。微妙な切れ方になってしまった手が自然になるように描くのがとても難しかったです。

コメント

小学生の油絵ワークショップ報告第一弾

2019-09-10 23:37:53 | 小学生 イベント

オバラです。夏休みワークショップの中で一番人気だった小学生対象の油絵講座。普段アトリエに通っている生徒達と合わせると、なんと140人もの小学生が夏休み中に油絵を描きました!
油絵は1日では完成しませんので、3~5日掛けて制作します。間を取って4日×140人=560!夏休みの間だけで、560人の子どもと油絵を描いていた訳です!ゼーゼーです。
いくら油絵科出身でも、これはなかなかハードワークでございました。(7月後半から8月に自分の個展なんてやってしまったもので、ますます首を絞めた感じ。)
しかしいつものことながら、この素晴らしい完成作品を見ると、疲れも吹き飛んでしまうんですけど…。

夏休み中は美術系高校に通う高校生や、美大進学予定の学生に、毎日手伝いに来てもらいました。学生クラスでは大変厳しく躾けていますので、これがまぁ良く働くんです。しかも私に鍛えられているのが慣れっこになり過ぎ、小学生にも微妙に厳しいw
その甲斐あってのクオリティーに仕上がりました!学生達に紹介してもらいます。
はじめまして!今年の春頃から主に月曜と水曜小学生クラスをお手伝いさせて頂いています、高1のマユカです。ミオスには美術系高校受験を意識し始めた中学2年生の頃から学生クラスに通っています。これからどうぞよろしくお願いします!

さて今回は油絵についてお話させて頂きます。
油絵といえば昔の有名な絵画に使われているように長持ちし、厚塗りによって重厚感のある絵が描けるイメージがあります。が、油絵の具は乾きにくく、一週間たっても手に絵の具がついてしまいます。また、油なので洗濯しても落ちにくい……。
作品を作っていく過程で服や靴下を油絵の具で汚してしまっている子や、顔にべったり絵の具がついてしまった子もいたり……。帰ってきた我が子を見て驚いた親御さんも多いのではないでしょうか。
しかし、いっぱい汚れて頑張って描いた作品はどれも重厚感があり、明るめの色彩で子どもらしさを出したとても素敵なものになりました!
子どもたちが次々とキャンバスに色をのせていくのを見て「小学生でもこんなに描けちゃうんだ…すごいなぁ…」と終始驚いていました。私が子どもたちに教えることよりも、子どもたちに教わることのほうが多かった気もします。
これからまた油絵を描く機会があったら、今回大変だったことや楽しかったことを思い出してランクアップした絵を描いていってくれたら嬉しいな、と思います。

コメント

小学校でボランティア

2018-11-20 23:44:36 | 小学生 イベント

今日はミオスでは毎年恒例ボランティアとなっている、近所の小学校のフェスティバルで行ったワークショップをご紹介させて頂きます。私は講師として参加した、大学1年生の井出村です。小学校低学年から高校2年生までアトリエ・ミオスに通っていました!

今回は私の通う多摩美術大学の友人も含め5名のメンバーで参加しました。内容は「牛乳パックと布で世界に一つだけのオリジナルバッチを作ろう!」という企画です。
自分がデザインしたものが格好良く、より本物のように出来上がっていくのは、小さいころから嬉しくて楽しくて感動的なものだったという意見から、短時間でデザインできて、格好良く楽しく作れるものなら、これがいいのではないかと皆の意見が一致しました。(私もミオスに通っていたとき作品を完成させて、お父さんお母さんに「見て!!」と言うのが楽しみだったことを思い出しながら参加しました。)

まず、小学生の皆さんに持ってきてもらった牛乳パックを作りたい形に2枚ハサミで切ります。切った2枚を重ねて厚みのある台紙を作ります。(この厚みがクオリティーを高く見せるポイントです!!)
次に、牛乳パック2枚で作った台紙に布のハギレやお気に入りの折り紙などを巻き付けてから、透明のシートでラミネートします。
最後にシートの上から、アルファベットやラインストーン、ビーズ、シールなど、1人1人が自由に個性的に飾り付けをします。

小学生の皆さんは試行錯誤しながら、真剣に牛乳パックを切り、真剣に布を貼り付け、真剣に飾り付けを選んでくれました。ちなみに私はミオスに通っていたとき、製作途中はやりたくない~~もう終わりにする~~と駄々をこねて先生方を困らす生徒でした(笑)ので、その集中力には目を見張るものがありました!!

出来上がったものを私たちメンバーに可愛いでしょ!格好いいでしょ!と見せてくれて、当初の目標であった「自分でデザインしたものを格好良く完成させる」が達成されたように思えて、嬉しかったです。
さらに、授業が終わりメンバーと一緒に帰る途中の廊下で、バッチを胸につけた子供たちが自慢げに作品を見せ合っていたのを見て、メンバー同士で顔を見合わせてよかったぁと言い合ったのもいい思い出です。

失敗や準備不足もあり、反省点もたくさんありましたが、とてもいい経験になりました。なにより、小学生の皆さんが優しく素直で、出来上がった作品を私たちに「見て!」と見せに来てくれたこと、教室の終わりに「ありがとうございました!」と私たちに挨拶をしてくれたこと、とても嬉しかったです。

このような機会を下さった小学校の皆様、アトリエ・ミオスの先生方、本当にありがとうございました!メンバー一同、心より感謝します。この経験を活かし、これからの学校生活や作品制作を頑張っていこうと思います!

コメント

ワークショップ・油絵完成第一号!

2018-07-30 19:23:00 | 小学生 イベント


どうも幸介です!アトリエでは夏休みに突入した小学生の皆のありあまる元気で、毎日賑やかな授業となっております。そんな彼らを見て、一緒にはしゃぐのではなく、一歩引いた目線で「夏だなぁ」と思い、夏を感じるとともに自分も大人になったなぁと感慨深い思いです。そんな平成最後の夏。今年の油画のワークショップに参加した子の中で、早くも完成した作品をご紹介!!

左は歴史好きな6年生男子、右は動物好きな2年生男子、共に夏のワークショップに初めて参加してくれた外部生です。
平等院を描いた6年生は、なんと7回もアトリエに通い(内2回は下書きのデッサンのみ)こだわりぬいて仕上げました。細かな筆使いで描き上げた水面に写る平等院の美しさたるや!空の風合いもなかなか素敵ではないですか。印象派の作品のような奥深さで、小学生の作品とは思えません。こだわりの感じる、素晴らしい作品に仕上がりましたね!

ライオンを描いた2年生は、手を動かすより口を動かす方が多かったように思いますが、どうにか3回で完成させることができました。油絵の制作過程上、一度塗り終わった場所も何度も色を重ねて完成に近付けていくのですが、普通の絵ですと、塗り終わった=完成ですよね。油絵の「塗ったとこにまた塗る」という工程に納得のいかない様子もありましたが、完成した作品を見て、その意味に気付いてもらえたかな?背景の緑色の点描とライオンのスピード感のある筆遣いのコントラストが印象的な、ダイナミックな作品に仕上がりました!!

そして、今回の油絵ワークショップ、参加日追加などの問い合わせも多くいただいております。
現在空きがございます日程を以下に添付致します。
※ご予約方法など、詳しくはこちらをご覧下さい。(完成には最短で3日掛かります。下記日程より3日間以上を選択下さい。)

731日(火)16:30 - 18:00
8日(月)16:30 - 18:00
821日(火)16:30 - 18:00
822日(水)16:15 - 17:45
8月23日(木)16:30 - 18:00
828日(火)16:30 - 18:00
829日(水)16:15 - 17:45
830日(木)16:30 - 18:00

但しご予約が先着順となっておりますので、こちらの日程もお申込み頂いた際にすでに満席となっている可能性もございますこと、ご了承下さいませ。
また8月4日~19日までは事務の担当者が夏休みを頂いている関係で、電話・メールでのお問い合わせにお応えすることができません。ご容赦下さい。
皆様のご参加、お待ちしております!

コメント

桜満開の遠足・後半戦

2018-04-03 20:21:51 | 小学生 イベント

どうも幸介です!昨日の小原先生に続いて、小学生クラスの遠足の後半戦のご報告です!!

砧公園でじっくりスケッチをした後は、待ちに待ったお昼&息抜きタイム!今回の遠足は電車の乗り換えも少し多く、駅から公園までもちょっと歩いたことや、スケッチをじっくりと描いた事もあり、けっこう体力を使ったようですね。午前中から「お腹空いたー」やら「お弁当まだ!?」と言う生徒が続出でした。待ちに待ったお弁当は、30人なのでギュッとひとところに集まって食べました!!
天気も良くて桜もちょうどよく満開で、なかなか贅沢なお弁当タイムになったんじゃないでしょうか。お菓子交換もして、大満足です!!

午後は美術館に移動。今回の展示はパリジェンヌをテーマにしているので、美術館に入る前に小原先生よりパリと日本の美術界の関係などについて説明を聞きます。美術館鑑賞ですが、世田谷美術館のボランティアのスタッフの方々と一緒に見て回ります。なんと今年は、生徒2~3名につき1人のボランティアスタッフが随伴し説明をしてくれるというVIP対応でした!細かく説明をしていただき、ゆっくり見て回れて良かったですね。

展示の中にはマネやピカソなどの著名な作家の作品から、バレンシアガやピエールカルダンの服なども展示してあるという面白い内容でした。展示を見る皆も、お弁当の最中にあれだけうるさかった生徒達とは思えぬような行儀のよさ!大成功の遠足だったなと思います。

そして美術館を後にして、元住吉に戻ります。



帰りも元気が有り余ってますね…。これだけ動いたのですから、この日の夜はグッスリと寝れたかな?美術館やスケッチ以外でも彼らの心に残った場面は沢山あったのではないでしょうか。遠足に参加してくれてほんとに良かった!と生徒の皆に感謝しています。今回見た・発見した事や楽しかった事が、今後の作品作りに活かせるといいですね!

そして、小学生の皆をしっかりと見ていてくれたボランティアの学生の皆、おかげで大きなけがやハプニングも無く、無事に帰ってこれました。ありがとうございました!!
コメント

準備中。

2017-12-05 19:30:50 | 小学生 イベント

どうも幸介です!昨日の小原先生のブログにもありましたが、アトリエはクリスマス週間に向けて絶賛クリスマス会の準備中!いつもは一人で人知れず飾付けを行うんですが、今年は小学生の皆に手伝ってもらいましたー!!

…というか、一人で飾付けするよりも、結局倍以上の時間がかかってしまいました。しかし孤独に作業するよりも、多少手間が増えても人数は多い方がいいですね!!どんどん進んでいる気がするので、例年よりも楽でした!本日の画像に載せてはおりませんが、クリスマスツリーも設置完了です。手伝ってくれたみんなありがとう!

そして本日は火曜学生クラスの皆に手伝ってもらいながらクリスマス会のお菓子分けやアイシング作り真っ最中!来週のクリスマス会を成功させるためにも、鋭意準備中です!

コメント

小学校で教えてきました

2017-11-20 00:45:41 | 小学生 イベント

先日ブログデビューしたばかりの杉本です(^^)
今回は元住吉ご近所の東住吉小学校で行われた東住フェスティバルについてお伝えします!ミオスは毎年この行事に、”アトリエ体験教室”という名目で講師が小学生たちに絵や工作を教えています。

この講師に今回は私が抜擢されました。
9月頃に小原先生から、「小学生が楽しめる図工の企画を考えて欲しい、20分でできるやつ!」と言われて、「"100人の児童が20分で完成させられて、絵画教室っぽさを体験できて、更に満足してもらえる企画"を自分で考えて教えるなんて、講師のバイトを始めたばかりの私が?まだミオスでも慣れていないのに大丈夫なのか?」と結構不安でした。何人かでやってもいいという事だったので、今回は多摩美デザイン科の友達5人(内2人はミオス出身のOG)にお願いして手伝ってもらいました。

色々と案を出した中で最終的に、『自分が作ったプラ板が入ったオリジナルの万華鏡を作ろう!』という企画に決定。
しかし企画が決まった後も、学校が出せる費用や貸出の材料なども制限があり、全員で試行錯誤の連続です。万華鏡の筒にはトイレットペーパーの芯を使うことになりましたが、芯もメーカーによって太さや長さが結構違うハプニングもあり大変でした。(おかげでどこのメーカーがお得かなど、女子大生がやたらとトイレットペーパーに詳しくなりました。笑)

そして当日、三台のトースターと、ゴミ袋に入った大量の芯やミラーとその他諸々、他の団体に比べて異常に荷物多い集団が1つ、朝の顔合わせから面白いくらい目立ち意気揚々。
机の配置や担当など細かいところまで計画を立てていたので、スムーズに授業ができました!
一つ心配だった、「何をプラ板に描けばいいかわからない児童が多いのではないか?」という予想で、美大生本領発揮の見本を沢山描いて用意したのですが、実際はスラスラと好きなものを描いていく児童が多くホッとしました。プラ板が焼けて小さく縮んでいく様子に驚たり、愛おしそうに完成した万華鏡を覗く姿を見て、こちらも時間をかけて頑張った甲斐があったととても嬉しい気持ちになり、改めて万華鏡は年齢男女問わず美しいと感じるものだなぁと思いました(´∀` )

最後に、まだ大学1年の私たちに教壇に立ってものを教える機会をくださった小原先生と、受け入れて下さった東住吉小学校の関係者の方々、そして参加してくれた小学生に、心より感謝申し上げます!ありがとうございました!

コメント

幻想的なカンテラパレード!

2017-08-03 22:22:28 | 小学生 イベント

菅原です。 夏のワークショップ、カンテラ&キャンドル作りの様子をお伝えします!
お楽しみの屋外イベントだったのですが、この日は生憎の雨模様…。
しかし!雨だってなんのその、屋外以上に盛り上げる気合いで臨んで参りました!
内容としては、かき氷そっくりのキャンドルを作り(パレード中に一つは消えてなくなってしまうので、お土産用のキャンドルと2個製作)、自分でオリジナルのデコレーションをしたガラス製カンテラに、キャンドルを入れて夜の公園を探検するというもの!
まずかき氷キャンドル作りから。

ドロドロを通り過ぎサラサラ透明に溶かしたロウを紙コップにもらって、冷ましながらちょうどいい固さの時に一気に山の形にモリモリ盛っていくのですが、これがもたつくと一気に固まってしまうスピード勝負で、苦戦していました。
透明だったロウが冷めていくにつれ白く戻り、かき混ぜるとおかゆのようにドロドロになるのを見て、みんなびっくりしていました!
しかし、ぎゅうぎゅう詰めの大人数とコンロ強火でロウを溶かしまくる作業に、教室内は酸欠状態!キャンドル製のかき氷にカラフルなシロップ(もちろんこれもロウー緑のメロン味、赤いイチゴ味、青いブルーハワイ、黄色のレモン味)を掛ける頃には子ども達の興奮と熱気も加わり講師はフラフラですw

そしてカンテラのデコレーション!
貼って剥がせる新商品の透明ビニールシールで自由にデザイン。暗いところでの影も考えながら配置する頭脳派や、英語を貼るオシャレ派、四角を貼り続ける個性派などなど…各々さまざまな楽しいデコレーションを施していました。(何度でも貼って剥がせるので、カンテラに飽きたらビニール傘などにも貼りつけることが可能ですよ!)

完成してからは雨も上がっていたので、川沿いを散策をすることに。
作ったキャンドルを中に入れ、火をつけて…いざ出発!
ほんの20分程の散策でしたが、カンテラを持った45人(+中高生の学生ボランティア12人+スタッフ4名の総勢61名!)のパレードは人目を惹く一大イベントとなりました! 

最後にお詫びです。 悪天候の為、全ての工程を外行事として行うはずが狭い教室内の作業となってしまいました。ご見学をされたかった保護者様には退出を頂くことになり大変申し訳ございませんでした。

コメント

遠足初参加でした!

2017-03-29 21:00:45 | 小学生 イベント


水曜クラス担当の黒羽です。動物園に行ったのは何年ぶりだろうか。遠足の前にふとそう思いました。
3月28日に小学生遠足に行ってまいりました。
コースは元住吉に集合して電車で移動し、野毛山動物園に行き、スケッチをします。その後動物園で昼食をとり、横浜美術館に移動し電車に乗って元住吉に帰ってくるというコースです。
僕がミオスで生徒さん達に教えて初めての遠足だったので、僕が一番の初心者です(笑)
 
動物園では動く動物達に悪銭苦闘しながら絵を描いていました。普段は図鑑や参考になる絵、動かないモチーフを見て作品を作っているので、やはり生の動物を描くのは大変なようで、「あー!こっちみてよー」と動物達に話かけていたのがなんとも印象的でした。
動く動物をうまく描けない子でも安心のミオスの秘密兵器「動物の描き方プリント」を見ながら一生懸命描いていました。
 
左上から 駿先輩(高1) / 真彩先輩(中1) / なつめ先輩(中2)
下段左から 喜一先輩(中2) / りな先輩(高2) の作品紹介の様子 

美術館では中学、高校の先輩達が絵の説明をしてくれて、それを一生懸命に聞いていました。
絵の感じ方は人それぞれですが、意外と「自分はこう感じた」という生の声を聞けるのはなかなか無い事なのでみんなにとってもいい経験になったのかなと思います。
美術館には日本画から立体物、部屋全体をつかった空間作品まであり、子供達にとっても刺激的な一日だったと思います。
 
行儀良さでは定評のあるミオスの子ども達!きちんと整列して移動します↑w

引率する側としては道中の車が一番怖いのでスタッフ側できちんと声を掛け合い引率しました。子供達も言うことを聞いて道の邪魔にならないように意識的に歩いていました。
(そして車の危険がないところでは、意識的に?弾けていました!)

泣き出す子も具合悪くなる子も喧嘩する子もなく、みんな(僕を含めて)笑顔で楽しむ刺激的な「非日常」だったと思います。

コメント

小学生遠足、行って来ました!(学生引率編)

2017-03-28 20:58:43 | 小学生 イベント

宙紀です。4歳の時から生徒として参加した遠足が8回、中高生の学生クラス先輩ボランティアとしての参加が5回、大学生になって今回2年ぶりのアトリエ遠足への参加で、初めて先生として引率であった為、緊張したと共に「今日の遠足を最高に楽しい思い出にしてあげたい!」と言う強い思いで1日やらさせていただきました。
今回先生としての立場から子ども達を見て、学生と言う立場以上に責任感があり自分が今やっている事が正しいのか困惑することがありましたが、1日終えて解散の時に引率した子ども達の顔を見ると今日1日出来る限りの事は出来たのではと感じています。
反省する点はありますが子ども達には楽しい思い出を作る1つの要素になれたと感じています。
関わらせていただきありがとうございました。

高校2年のりなです。今日は久々に小学生とお菓子交換をしました。小さい頃に行った遠足ってこんな感じだったな~など思うととても新鮮でした。動物園でも美術館でもそうですが、子供達と同じくらい楽しく過ごさせていただいて、今回は学生ボランティアなのにこんなに楽しんでよかったのかと不安になるくらい楽しかったです。最初は小学生7人も担当して目的地まで連れて行けるかとても不安でしたが、どうにかなって良かったです。それでも今回はしっかりしてる後輩のなつめちゃんがいたので、どうにかなった部分も大きく、次はもっとしっかりしないといけないなと反省しました。

高1の駿です。アトリエの遠足は自分も小学生の頃さんざん参加しましたし、中学生になってからも毎年欠かさず学生ボランティアに参加していた為、引率には慣れていたので今回も楽しく参加させて頂きました。
今年は人数少なく程よく皆でワイワイ楽しんでもらえたと思います。自分自身、美術館も久しぶりに行ってとても有意義な時間を過ごせました。作品紹介のプレゼンも、学校で『自分のアピールポイントばかり押し出しても、他人には響かない。客観的な言葉で総合的に話さなくてはならない。』と習っていたので、できるだけ冷静に話すことを心掛け、小学生相手に作品の魅力を充分伝える事ができたのではないかと思います。
来年は受験に向けて忙しくなり参加しにくくなるので、最後の思い出のつもりで存分に楽しめました。

 

中2のなつめです。今までは参加する側で、引率側に回るのは今年が初めてでした。自分から積極的に動いて、工夫して小学生に接していかないと興味を持ってもらえなくて、普段そういう風に小学生と一緒にいる機会なんてないので、そこを自分で考えていくのが難しかったです。
いままでもボランティアとして(?)様々なワークショップをお手伝いさせていただいていて、そこでの経験を少しでも活かせたらいいな、と遠足前は考えていたのですが、実際に相手をしているとそんなことを考える暇もないほど忙しかったです(笑)
自分が何て話しかければいいかわからなくて黙ってしまったりした時に、小4の子が話しかけてくれて、他の子もそれに乗って話しかけてくれたのがすごく嬉しかったです。
また、学生は小学生に美術館に展示してある作品のプレゼンをしました。自分が好きな絵を見つけたはいいものも、その好きなところをどうやって伝えたらいいのか、自分の番までずっと悩んでいました。皆に伝わる言い方を心がけたつもりでしたが、ちゃんと伝わったのかどうか…(苦笑)
私が至らない点も多くありましたが、すごく楽しい遠足でした。反省したり、小学生に教えられたりする点も多く、とても勉強になりました。今日はありがとうございました!

中2の喜一です。今回は何年も通っている身でありながら初めての遠足ボランティアであまり自信がなくましてや低学年の担当とは死ぬかと思いました。幼児との接触に苦手意識は無かったかものの子供たちのはしゃぎ様が予想以上で先生たちには迷惑をかけてしまったと思いました。また、先生たちの指示の意図が理解できずに行動に支障を招きかねないことをしてしまったのが今回の反省点です。ニアミスは何点かあったものの電車内でのトークやお弁当を食べている時間など、子供たちへの配慮はできていたと感じました。

中1の真彩です。初めて引率の身として参加させて頂き、今まで先生や先輩達に、こんなにお世話になっていたんだなと思いました。
具体的に言えば、小学校低学年の子と私の会話のキャッチボールが全くなりたたない為、どちらかがなぁなぁになって話が終わってしまったり、どこの道へ行くのか全くわからなかったりと、色々と大変でした。
また世話をしていたというより、世話になっていた部分もあり、中学生としてこれで良いのか?とも思いましたが、無事に皆遠足に参加できて良かったと思ってます。 

コメント

遠足下見してきました!

2017-03-20 22:21:05 | 小学生 イベント


さて、来週は小学生・幼児クラスと二日連続で動物園に遠足です!
小学生は野毛山動物園・幼児は夢見ヶ崎動物園と行先は違いますが、下見に行ってみるとどちらも鳥インフルエンザの影響で、公開されている動物の種類が半分ほどに減らされていましたので、今年は動物の特徴の捉え方・描き方を簡単にまとめたプリントを作り、参加者にレクチャーした後スケッチしてもらうことにします。骨格や習性からしっかり学べば、見ないでリアルに描くこともできるようになりますので、参加予定の皆さんは期待していて下さいね!
ちなみに一番右は、小学生の遠足で行く横浜美術館の展示作品(丸山晩霞)。水彩で自然に向き合い映した風景、庭園や植物などを描いた絵が集められています。お弁当を食べて走り回って遊んだ後は、心静かに鑑賞しましょう!今から遠足が楽しみでならないオバラでした。

コメント

東住吉フェスティバル!

2016-11-18 23:06:12 | 小学生 イベント

こんばんは、大竹です。先週の土曜日に松井先生と共に東住吉小学校で行われる東住吉フェスティバルに参加しました!アトリエミオスは過去にもフェルト工作パフェ作りで出張授業をしています。そして今回はハロウィンでも活躍したブラックライトを使用し、暗闇の中でモンスターハウスを作るというワークショップを行いました!ブラックライトで発光する蛍光紙やペンを使い、暗闇の中でも工作が出来るようにしました。

部屋に入るとまずいつも勉学に励んでいる教室の変化に驚き!そして自分が身につけてるものや教室で光っているもの探しが始まり…席に着いてからは、蛍光紙を切り貼りして一人一人違った姿のモンスターを作って行きます。口の切り方や目の形など、自由に作れる部分を多くしていたので同じ顔は一つとしてない奇妙なモンスター達が沢山生まれていきました。私たちは紙の切れ端などはゴミとして処理していたのですが、ある子は角のようにくっつけたり目玉をもう一つ作ったりしていて、松井先生とこれが日本人のもったいない精神…!と感動すると共にお互いの発想力の乏しさを反省致しました。最後には教室中央にある光るお城の周りにモンスターハウスを並べて城下町を作りました!一コマ30分で4回行いましたが、それぞれの回によって街の様子が全く違っていました。

知らない先生が来ていることへの緊張もあった為か、皆静かに説明を聞いてくれたのでアトリエの時のように頭突きや突進をされる心配もなく進行する事が出来ました。ちなみに東住吉小学校は松井先生の母校でもありました。準備中には全然変わってなーい!!でもトイレはメチャクチャ綺麗になってるー!!とはしゃぐ松井先生の姿がありました。

コメント

もうクリスマスです。

2016-11-07 20:52:28 | 小学生 イベント

クリスマス会・食べられる工作 2016年の見本

どうも幸介です!!展覧会とハロウィンと立て続けのイベントごとで、あたふたしている間に気付けばもう冬。来月にはクリスマスですね。ちょうどミオスのビルの外装工事中ですので、いつものように階段下には展示できていないのですが、階段途中の出窓の部分にありました「クリスマス会の見本」は皆様すでにご覧になりましたでしょうか??

画像の通り、今年のテーマは「サンタクロース」です!!スポンジケーキのソリにマシュマロのサンタ、チョコ棒とポッキーのトナカイ!!ソリの中には、いろいろお菓子を詰め込めるよう、スペースも確保できている作りになっています。…そしてもうこのクリスマスのケーキ見本作りも何年目になるのでしょうか…

クリスマスのお菓子についても、ここ3年ぐらいで書きつくした感がありまして、自分は今までどんな文章を書いていたのだろう。と今までのブログを遡ってみたのですが、だいたい「例年よりも飾付けの自由度が高そう!」とか「お手軽・かつ強固!今年は壊れにくい!」とか「今年は見た目も味も良い!」とか、なんかもうボジョレーヌーボーの謳い文句のような無理矢理レコメンド(笑)当たり障りのない推薦文に、食傷気味になってしまいました。

あーだこーだ書くのも違うかな、ということで、今年のケーキについてシンプルに書きたいと思います。
 
・ソリとトナカイなので、例年よりも少し大きなサイズになる可能性あり。
 ・トナカイは基本チョコなので味の統一感あります(サンタとソリの味はご想像にお任せします)
 ・ソリとトナカイの組み立てに少しコツがあります。先生と一緒に作りましょう。
 ・ベースの組み立てに時間を割かずに、今年は飾付けに時間を割けそうです。
 ・時間はありそうなので、ガンガン派手に飾付けしましょう!!

てなわけでクリスマス会、どうぞお楽しみにしていて下さいませー!!

コメント