モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

徐々に再開、、、親子クラス

2020-08-27 23:00:23 | 親子

お久しぶりです!火曜親子クラスより、4ヶ月ぶりの投稿となります。

3月まで通ってくれていたメンバーが、親子クラスを卒業した頃から新型コロナウィルスの流行による自粛期間が始まり、親子クラスも休講せざるを得ない状況となりました。ここ数ヶ月で、生活スタイルや考え方も色々変化してきましたね。日々社会の状況も変動していますが、その都度状況を見ながら、徐々に親子クラスも授業を行っております。最近では、アトリエ近所にお住まいの方が、1~2組参加されています。

家庭での過ごし方も変わってしまったので、親子共に何かしらストレスが出てくるようですね。アトリエに来るとお母さんはリラックスした表情で、お子様は伸び伸び楽しそうに制作している様子を見ると、好きなことができるって素敵だなぁとつくづく感じました。

毎年春から夏にかけて、親子クラスは新メンバーが増えていく時期です。今年は異例のスタートになってしまいましたが、感染対策&熱中症対策でヘトヘトになっているお母さん!親子クラスは、広い教室内での少人数制参加となっています。お子様が大好きな絵や工作をしている笑顔が見えるアトリエで、親子共に楽しい時間を過ごしませんか?

本日掲載している写真は、4月~8月までの間の数回ではありますが、制作風景と作品です。(ほぼマンツーマンレッスン!)通常の賑やかクラスとは違いますが、最近の制作の雰囲気が伝わるかと思います。

次回は、9月8日(火)・29日(火)10:30~11:30です。

余談・・・先日はじめてアトリエにいらした方からの嬉しい話。娘さんのお誕生日にやりたいことを聞いたところ、「おえかき きょうしつに いってみたい!」と言われ、念願叶って来ました!とのこと。アトリエに憧れのイメージを持ってきてくれた子の一言に、モチベーションが上がると共に、身の引き締まる気持ちがしました。(Eri Ito)

コメント

4月も終わりですが・・・

2020-04-30 16:19:13 | 親子

本日は、親子クラス・春のワークショップでまだ掲載されていない素敵な作品をお届けします!こちらの共同作品は、3月末の桜が満開の時に、ジャストタイミングで製作した桜の木です。

まずは、参加してくれたお子さん達自ら絵の具を作りました。最初の写真は、すり鉢とすりこぎを使って、おままごとでもしているかのような写真ですよね!実はこれ、玉になった土を細かくしているところです。大体細かくなったら、さらにサラサラの粒子にするために、ふるいにかけます。3歳児にとっては、普段使ったことのない道具ばかりなので、興味津々でした!これで、下準備は終了。最後に、サラサラの土に水で薄めた糊を混ぜるのですが、糊の粘着力が加わることで画用紙に土が定着し、絵の具となります。

さて制作は、3人で1枚の大きな紙に、桜の幹と枝を描いていくのですが、手と腕だけを使って描くのでは木の長さが足りず、もはや全身を使ってのダイナミックお絵描きとなりました!力いっぱい筆を動かして描いたので、とても迫力がありますね。

桜の花は、赤と白の絵の具を混ぜて、好きなピンク色を作っていきます。程よく混色できたところで、まずはタンポで絵の具をポンポンと押して、蕾を表現。その後で、徐々に桜が咲いていくように花を増やし、ピンクの手形がいっぱいになったところで、満開になりました!

満開の桜が完成した後は、残り時間で個人制作。土絵の具に、花の色水も絵の具に加えて、お絵描きしました。花の色水は、画用紙に描いた後に少し色が変色していくのも味わいがあって綺麗でしたよ~(Eri Ito)

コメント

甘い香りのケーキ作り

2020-03-26 18:42:09 | 親子

只今開催中、春のワークショップから、親子クラス1回目の様子をお伝えします。こちらは毎年人気のある講座、『甘い香りのケーキ作り』です!最初はパティシエ帽子作りからスタートです。白い紙を蛇腹折りにして簡単に作ることができる帽子ですが、さらにトレードマークとなる名前や模様をデザインして、My Shopオリジナル帽子にしてみました。これでケーキ作りの準備はOK~♪♪♪

ケーキ作りでは、白い粘土に食べたいケーキの味の色(絵の具)を加えます。今回は、チョコ・バナナ・ピスタチオ・ストロベリー・メロンの中から選んでもらいました。(黄緑色の絵の具から、ピスタチオを発想したお母さんのアイデアが斬新でした)真っ白だった粘土に少しずつ色が混ざり、だんだんマーブル模様になっていく過程は楽しいですね!色の濃さや混ざり具合が気に入った感じになったところで、ベースのスポンジケーキは完成です。

そして、たくさんの色粘土が使える、お待ちかねのケーキトッピング作り!どっさりのフルーツを作りました。参加してくれたお子さん達の粘土の扱いが慣れてきているので、フルーツはお子さんが一人で作り、それ以外のトッピングをお母さんが作るという、パティシエ2人体制の分業ワザで豪華なケーキが出来上がりました。写真に載っている「いちご」作りの真剣な眼差を見てもらうと分かりますが、このケーキ作りでは2~3歳児の集中力を見せてもらいました!最後に自分の年齢分のローソクも作ると、より一層楽しくなって、歌いながら嬉しそうなパティシエ達でした。
次回は、3月31日(火)『手形でペタペタ満開桜』です。こちらは、まだご予約に空きがございますので、ご興味のある方はぜひお申し込みください。(Eri Ito) 

コメント

春がきた!

2020-02-27 21:48:23 | 親子

火曜親子クラスより、春らしい作品を3種類お届けします。
まず最初にご紹介する作品は、3歳児が粘土で作った雛人形です。そして隣の写真は、保護者が石に雛人形の絵を描いた作品です。雛人形を飾る時期は、立春から2月中旬にかけてがよいと言われているので、この作品は 節分で豆まきして厄を払った翌日に制作しました。
現在在籍しているお子様は、4月から入園する子がほとんどです。最近急にお姉さん言動が増えて、制作はお母さんの手を借りなくても、一人で何でもやりたい、やる気満々な様子。2歳のお誕生日を迎えた頃から通ってくれて、この1年半の成長をしみじみ感じてしまいます。やりたいけれど上手く出来ないもどかしさから、自信に満ちた笑顔が増え、お子様本人が一番達成感を味わっているでしょう。年明け頃からこの成長振りを感じていたので、この日は試しに、お母さん制作とお子様制作を離れた場所でやってもらうことにしました。

この企画は大成功で、3歳児達は最初から最後まで自分一人の力で雛人形を作ることが出来ました。制作途中には「ママに見せてくる!」と得意げな顔。お母さん達は、日常でこんなに集中できる時間はないでしょうね。石という小さな画面に繊細な線で雛人形を描き、制作に没頭していました。

そしてもう一つ。雛人形と合わせて飾っても良い、梅と桃の掛け軸です。まず紙に水で線を一本描きます。水の線に墨をポタリと垂らすと、墨は自然に水の線を辿っていくので、木の幹が表現できます。その墨をストローで勢いよく息を吹くと細くて多様な線が出来て、枝の表現となります。筆を使わない技法で、美しい枝振りの樹木が簡単にできるので、これは制作過程が楽しめます。お花は、半紙を小さく丸めたものに、絵の具を浸します。花のピンク色は、自分好みの濃淡で作ったので、完成作品は違う品種の梅や桃を楽しむことができて、とっても綺麗です。(Eri Ito)

コメント

おやこのワークショップ

2020-02-17 23:27:51 | 親子

さぁ、今日から外部の方でもご参加可能な春休みワークショップを次々ご紹介していきます!
「ワークショップのチラシの画像の解像度が低くて見えません。」と言うご意見を沢山頂いてしまいました。元々、紙媒体用のデータですので、これからチラシより沢山の写真と長い説明文でアップしていきます!

まずは2歳から3歳児と保護者のペアで参加して頂くおやこクラスから↓

3月24日(火)『甘い香りのケーキ作り』

スポンジケーキは、どんな味が好きかな?甘い香りがする粘土を使って、ケーキを作ります。
盛りだくさんのフルーツの周りには、リアルなホイップクリームでデコレーション!

3月31日(火)『手形でペタペタ満開桜』

絵の具をグルグル混ぜて、桜色を作ります。春を感じる色を手に塗って、絵の具の感触をたっぷり感じる制作です。
どこにお花が咲くかな?と考えて、じっくりと絵の具で遊びましょう。

4月7日(火)『繋げて大きな絵を描こう』

お友達と一緒に紙を選んでくっつけて、大きな大きな紙を作ります。どこまでも続く長い線が描けるかな?
クレヨンと絵の具を使ったダイナミックなお絵描き制作です。

おやこクラス  火曜日 10:30~11:30
対 象 2歳から3歳児と保護者のペア
参加費 2,000円
持ち物 親子共に汚れてもよい服装・作品持ち帰り用の袋

<お申し込み方法>下記の必要事項を明記の上、メールの件名を「親子ワークショップ申し込み」として、e-mailアドレス(mios@ace.ocn.ne.jp)へ、下記必要事項を記載し送付してください。お申し込みの確認とご受講料(2,000円×クラス数)のお支払い方法(銀行振込となります)を返信します。
☆必要事項 ①ご受講希望日と講座名 ②お子様の氏名 ③年齢(○歳○ヶ月) ④住所 ⑤電話番号

コメント

どっさり素材を使って~鬼の顔~

2020-01-30 19:42:59 | 親子

昨日今日は暖かな日でしたね。暦の上では間もなく立春。2月3日の節分ももうすぐですね!今週の親子クラスでは、節分に向けて『鬼の顔』を制作しました。教室に入ると目の前の壁には、色とりどりの鬼の顔のベースとなるのっぺらぼうのお面がたくさん!!そして、制作に使う材料が盛りだくさん!!ベースのお面と材料を眺めているだけでも、何ができるのかなぁと親子でお話しながらワクワク楽しそうです!
のっぺらぼうお面は、色も形も様々なので、どれを使おうか迷ってしまいます。色で選ぶか?形で選ぶか?

ベースの形が決まったところで、次はどんな表情・性格を表現する顔にしたいか、絵本「かお かお どんなかお」を読んで、鬼のイメージをつくっていきます。今回準備した材料は、マカロニ・どんぐり・松ぼっくり・紙テープ・モール・ペットボトルキャップ・端布・フェルト・毛糸・バルサ材・スチレンボード・ダンボール・色画用紙です。顔のパーツの特徴をいかす素材は、何かな?異素材を重ねて貼ると、どうなるかな?切ったり、貼ったり、クレヨンで描いたり、、、思いがけない楽しい顔にどんどん変身!特に素材の使い方が面白いなと思ったのが、金色マカロニで作った歯とまつげ。そして、バルサ材を小さくカットしたものをぎっしり口に貼ることで、歯並びがとても美しい鬼に。

制作したお面はとても大きいので、かなりの迫力です。節分当日には、この鬼のお面なら豆を投げられても大丈夫そうですね!(Eri Ito)

コメント

クリスマスリース作り

2019-11-28 22:46:02 | 親子

クリスマスまであと1ヶ月ですね。 街もクリスマスのディスプレイに変わったり、イルミネーションが点灯したりと、わくわくする季節です♪親子クラスでは毎年この時期には、クリスマス飾りを制作しますが、昨年制作したツリーを大事に保管して下さって、今年も自宅で飾ってます!という嬉しい声もありました。

本日ご紹介するクリスマスリースは、紙皿をベースに折り紙と色画用紙で制作しました。まず最初に、緑と黄緑の折り紙を親指と人差し指でしっかりと挟んだら、ビリビリとちぎっていきます。細かくちぎるお子さんと大胆に大きくちぎっていくお子さんと対照的な制作方法でしたが、どちらも紙皿の白が見えないくらい隙間無く貼っていくことで、きれいなリースができました。そして自宅にあった南天を見せながら、葉っぱに見立てたグリーン系の折り紙の上に、南天の実をイメージする赤いシールを貼ることで、一気にクリスマスカラーに!!一番右の写真を見て頂くと分かると思いますが、紙皿の中央部分(食べ物をのせる所)に、ハサミで放射状に切り込みを入れてます。切った部分が三角形になっていて、その先端から鉛筆で三角形をくるくる巻きます。すると、クルンと丸まった跡がつきます。立体感が出て華やかになりますね。参加してくれた3歳児、このくるくる巻くコツをつかんで、一人でも出来ました!これで、リースは完成~!

最後にリースの飾りとして、サンタクロースも作りました。これは大中小の三角形の色画用紙を組み合わせることで、簡単にできます。絵本『さんかくサンタ』に出てくるサンタクロースをヒントにしました。

次回12月3日(火)もクリスマス制作をする予定です。お子様が隠れてしまう位の大きな紙で何を作るかは、当日までナイショ。そして1217日(火)は、今年ラストの授業でクリスマス会です♪♪親子クラスのクリスマス月間をどうぞお楽しみに~☆☆☆ (Eri Ito)

コメント

魔法のランプ

2019-10-03 21:43:49 | 親子

火曜親子クラスから、9月に制作した作品をご紹介します。なつやすみワークショップで、幼児小学生部門で魔法シリーズが大人気でしたが、遅ればせながら親子クラスでも新たな魔法シリーズにトライしました。制作前の導入では、アラジンの魔法のランプの話をしたり、インド土産のミニチュアランプを手に取ってイメージしてもらい、どんな願いを叶えてくれる魔法のランプにしたいか親子で想像しながらの制作です。

普段親子クラスでは、軽くて柔らかい粘土を使いますが、ランプは重厚感があるので、この作品にはずっしりと重たい紙粘土を使用。ランプのベースの形作りはお母様に協力してもらい、ランプの装飾部分はお子様が作った粘土のパーツを貼り付けました。装飾用の粘土パーツは、手で丸めたもの・手で潰したもの・クッキーの型抜きで形を作ったもの・爪楊枝や割り箸で模様を描いたもの等があって、それらをランプの表面にぎっしりと貼り付けてデザインしました。ランプには蓋がしっかりと付いていますし、仕上げにゴールドスプレーをかけたので、かなりゴージャスなランプになりましたよ!金運が上昇しそうな輝きです!!展覧会にぜひ出品してほしい作品です。もし会場で見かけたら、願いを唱えてみてくださいね!(Eri Ito)

コメント

おやこ・夏のワークショップ 8月

2019-09-05 22:41:03 | 親子

先週木曜の記事に続いて、親子クラスより8月に行われた夏のワークショップの様子をお伝えします。最初の写真は、827日『Tシャツ作りと洗濯ごっこ』です。まず最初の制作として、画用紙で作った白いTシャツにクレヨンで模様を描きました。ストライプ模様や顔が描いてあるTシャツなど、可愛いデザインのTシャツができました。そしてズボンと靴下、こちらもまた違ったデザインを描いている間に、誰の洋服にしたいか具体的なお話も広がってきました。オリジナルの洋服が出来たところで、お待ちかねの「洗濯ごっこ」遊びの時間です。このワークショップの為に事前に作っておいた洗濯機が登場~!!最近はドラム式洗濯機も増えてきてますが、縦型洗濯機のご家庭もあると思うので、2種類作ってみました!この洗濯機、親子クラスの授業で大活躍なのはもちろんのこと、他のクラスでも好評を頂いたり、先日ミオスに新しいクーラーを取り付けに来た電気屋さんにもお褒めの言葉を頂き嬉しいです!

ごっこ遊びは、23歳頃から始まり、幼稚園児ではピークを迎える頃ではないでしょうか?おままごと等の「お世話遊び」は、お母さんの家での様子を観察記憶したり、お手伝いの経験をごっこ遊びの時に思い出しています。参加してくれたお子さんは、普段から洗濯お手伝いをしているようで、段取りがよく分かってましたね~。洋服を洗濯機に入れたり、洗濯ばさみに挟んで干したり、リアルなごっこ遊びが展開されました。

次の写真は、820日『段ボール秘密基地』です。毎年変わらず、ワークショップの中で一番人気!大小沢山の段ボールを使い、高い塔のある基地にしたり、トンネルを作ったり、教室の端から端まで巨大基地ができました。トンネル作りには、大量の段ボールが必要なので、段ボールを押さえる人、テープを貼り繋げる人、みんなの力が必要です。こども10+お母さん達が協力して作り上げた基地は、出来たときに達成感があります。この基地は、ジャングルの中にある設定で制作しましたが、壁面をダイナミックにカラフルペイントしたので、かなり派手で目立ちますね。最後はトンネルや基地の中を探検して遊び!狭い空間はこども達にとって特別な場所のようで、探検ごっこは楽しすぎてエンドレス~!

最後の写真は、86日『粘土で作る海底お城』です。「海底にあるお城には誰が住んでいるのかな?」「どんな形の窓にしたい?」といった、お母さんからの問いかけによって、こども達の発想はどんどん広がっていきます。お城建設の構想がとてもユニークで、そのアイデアに関心してしまいました!!材料は、白粘土(好きな色の絵の具を混ぜる)・カラー粘土・貝殻・ビー玉、全員同じ種類と個数を使っていても、出来上がった作品は写真のように、実に個性的ですよね!

来週から通常授業になり、少人数でスタートします。これから始めようかなとお考えの方には、丁度良いタイミングだと思いますので、ご興味があればぜひお問い合わせ下さい。(Eri Ito)

<今後の予定> 9/10 9/24 10/8 10/22 11/12 11/26 12/3 12/17

コメント

おやこ・夏のワークショップ 7月

2019-08-29 20:18:08 | 親子

ナント!親子クラスのブログが1ヶ月ぶりとなってしまいました!スミマセン!78月中授業がお休みで記事がなかったのでははなく、逆に夏のワークショップが一番多かったクラスでした。1ヶ月半に渡って行われた5回のワークショップが、今週で全て終了しましたので、まとめてご報告させていただきます。ご参加いただいた親子の方々ありがとうございました。

本日ご紹介するのは、7月のワークショップ2回分です。写真上段は、723日開催の『ビー玉とボールでコロコロアート』の様子です。大きな段ボールの中にボールを入れて、上下左右に揺らしたり傾けたりすると・・・。転がっているボールには、絵の具がついているので、コロコロと転がった場所に絵の具の跡がついて、長い長い色の線ができます。ボールを床に落とさないように慎重に転がしながら、偶然にできた絵の具の線を楽しみました。お友達と一緒に制作するので、赤・青・黄色の線がたくさん混ざって、だんだん色数が増えてきれいな模様になってきました。

次は、個人制作に移ります。今度は、お菓子の空き箱にビー玉を入れて、箱の中でコロコロと転がしてみます。こちらも先程と同様に、ビー玉に絵の具が付いています。ビー玉をポトンと落としたときに出来る模様はまるで花火のようです。スピーディーに転がる玉は、シャープな線に。ゆっくり流れるように転がる玉は、ゆらゆら波のような線に。箱を傾けるちょっとした感覚の違いで、様々な線ができました。きれいな線模様は、箱の表面にコラージュして、宝箱の完成です!!

こちらの写真は、730日開催の『リズムでポンポン!』の様子です。親子クラスでは、普段の制作中でも音楽をかけることがよくあるのですが、この日はリズミカルな曲に合わせて、ダイナミックに絵を描きました。ペットボトルの表面にシールを貼ってデコレーションします。そしてその中にどんぐりを入れて、元気よくシャカシャカとペットボトルを振ると、マラカスのできあがり!マラカスの底面に絵の具をつけて、打楽器のようにリズムをとって、模造紙にポンポンとスタンプします。絵の具遊びとリズム遊びが同時にできるマラカスですね!(マラカスの底面には、プチプチ梱包材を付けたので、スタンプしたときの模様も素敵ですよ!)大きな紙なので、あっちでポン!こっちでポン!大忙しのスタンプ遊びでした。

の具遊びの最後は、もう恒例ですね!もちろん、手も足も絵の具だらけ。こういう制作は、汚れを気にしていたら楽しめませんからね。絵画教室ならいくらでも絵の具まみれOK!最初は、手に絵の具が付くことが嫌だったお子さんが、今では誰よりも率先して、手足に絵の具を塗って得意げな表情を見せてくれます。まだ2歳だから無理かなぁと心配なお母様もいらっしゃいますが、今日ご紹介した作品のように、遊びながら制作が進んでいく内容も多くありますので、ご安心ください。体験授業は随時受け付けておりますので、お問い合わせ下さい。(Eri Ito)

コメント

インディアンテント

2019-07-22 21:56:39 | 親子

今日早朝に車の運転をしていたら、ラジオ体操で公園や校庭に向かう小学生が多いことに気付き、もう夏休みなんですね!ということでミオスも、毎年恒例夏休みワークショップがスタートです!親子クラスは、明日7月23日~8月27日までの間に、5日間の講座を予定しています。どの講座もまだ空きがございますので、お申し込みをお待ちしています。

さて、今日ご紹介します可愛いインディアン達は、親子クラスのメンバーです。頭に付けるインディアンの羽根飾りがよく似合ってますよね!羽1枚1枚にクレヨンで、違う模様を丁寧に描きました。勇士の勲章と言われる羽根飾りですが、制作したお子さんが全員女の子だったこともあり、オシャレな羽根飾りに仕上がりました。羽根飾りを被った自分の姿を鏡で見てご満悦になったところで、今度はテント作りです。

インディアンテント(ティピー)は円錐型に作っていきます。こちらは、ガッチリと組み立てるポイントがあるので、お母さんに力と技をお借りしながらの親子共同作業。数枚重ねた新聞紙を固くクルクルと巻くのが一番のポイントです!テントの骨組が完成したら、周囲のシート部分も新聞紙で制作していきます。シート部分の形をどうするか?新聞紙の貼り合わせを考えながら、窓や裏口のあるテントもできました。最後に折り紙でテントのアクセントとなる装飾をします。しっかりと支柱が組まれているので、中に入って遊んでも倒れる心配なし!お友達のテントにも遊びに行ったり、テントの中は、特別の空間ですね!(Eri Ito)

コメント

トーテム・ポール

2019-06-27 20:38:13 | 親子

親子クラスより、一昨日制作した作品をご紹介します。先日厚手の紙で出来ている円筒が手に入ったので、その丸みと長さを最大限に生かせる作品を作ってみました。トーテムポールと言っても、大人も子どもも余り馴染みがないので、まずは「こんにちは トーテム・ポール」という絵本で、どのような物体なのかイメージしました。トーテム・ポールには、様々なお話が込められていて、その登場人物や動物が木に彫られています。どれも独特の表情と色使いが印象的ですよね。

親子クラスの2・3歳児の制作は、はじめに手に取った大きめの色画用紙の形を顔のベースにしてみました。大胆な形のチョイスが良いですよね!今ちょうどハサミブームのお子さんばかりなので、色画用紙を切って作る顔のパーツは、テンポ良くどんどん進みます。色の組み合わせや貼り方についても、お子さん達の「やってみたい!」気持ちが前面に出て、とても積極的な雰囲気でした。写真の作品を見れば、お子さん達が楽しんで制作した様子が伝わるかと思います。

完成して作品を床に置いてお子さんが隣に立つと、ちょうど肩の位置に達する長さです。存在感あるトーテム・ポールなので、自宅に持って帰る途中、きっと周りの人からの注目をあびたことでしょう!(Eri Ito)

コメント

おやこワークショップ

2019-06-13 23:23:42 | 親子

本日は、親子クラスの夏の内容をお知らせいたします。最近通常授業のお問合せが多くなってきましたので、夏のワークショップにはじめてご参加される方がご予約できるように、ホームページ記載の日程の他にも増やしました。
お申し込みは通常授業とは違い、お電話でのご予約、当日の現金払いでは承る事ができません。下記の通りメールにてお申し込み頂き、事前振込をお願いしております。
どの授業でも、2~3歳児のお子様がはじめて参加されても無理なく楽しめる内容となっておりますので、どうぞご安心ください。

対 象 2歳から3歳児と保護者のペア  参加費 2,000円
日 時 火曜日 10:30~11:30    持ち物 親子共に汚れてもよい服装・作品持ち帰り用の袋
※下のお子様を連れてのご参加も可能です。ベビーカーを教室内に入れることも問題ございません。

7月23日(火) ビー玉とボールでコロコロアート(ビー玉とボールに絵の具をつけて模様を描きます)

7月30日(火) リズムでポンポン!(音楽に合わせて、大きな紙に手形・足形・スタンプ・ローラー遊び)

8月 6日(火) 粘土で作る海底お城(ペットボトルを心材に紙粘土を貼り付け、マーメイドが住むお城を作ります)

8月20日(火) 段ボール秘密基地(段ボールで基地やトンネルを作ります)

8月27日(火) Tシャツ作りと洗濯ごっこ(服の形をした画用紙に、はじき絵で模様を描きます 最後は洗濯ごっこで遊びます)

<お申し込み方法>
❶事前にメールで、 ①ご受講希望日・希望講座名 ②氏名と年齢 ③住所 ④電話番号  をご連絡ください。定員がございますので、参加可能かどうかを返信いたします。
❷参加可能の場合、振込先などもお知らせします。こちらからの返信後1週間以内にご入金ください。ご入金確認後正式申し込みとなります。
(ご注意) 振込み手数料は、お客様のご負担でお願いします。
お振込みが1週間以内に確認できない場合、申し込みをキャンセルされたとみなします。
講座開催日程10日前を過ぎてからのキャンセルは返金できません。
※キャンセル返金はご指定の口座に、振込み手数料を抜いた金額で振込ませて頂きます。

コメント

電車ごっこ

2019-06-03 20:57:22 | 親子

本日は、火曜・親子クラスから5月に制作しました『電車と街作り』の様子をお伝えします。最初に色画用紙で電車作りをしました。ここでのポイントは、窓の作り方です。水色の細長い色画用紙をハサミでチョキンと切る練習。ハサミの持ち方からゆっくりと丁寧に覚えていきます。紙を切る前に、空中でハサミの刃を大きく開いてみます。ハサミの刃の形は、ワニの口の形に似ているので、「ワニさんの口は大きく開くよ!」と言いながら、刃をパクパクさせます。だんだんリズミカルに動かせるようになり、いよいよ色画用紙を切ってみます。ハサミで切った形は、正方形・長方形はもちろんのこと、三角も辺の長さが様々なので、数種類の窓の形ができました。次は、車体にどのように窓をデザインしていこうかな?お母さんと相談しながら、貼っていきます。窓から見える乗客は誰が乗っているのかな?とお話しながら、ストーリーを膨らませていくのも楽しいですね!

電車が完成した後は、線路が描いてある大きな紙をつなげて、電車がぐるっと1周できる街をお友達と一緒に制作していきます。線路だけではなく、道路はローラーに絵の具をつけて描きました。ローラーをコロコロ転がすのは、みんな大好き!!道路だらけになってしまう程、ローラーお絵描きは止まりません!道路の脇には何があるかな?という質問から、一人一人の街のイメージが具体的になってきたので、お母さんにもお手伝いしてもらいながら、クレヨンでお絵描きしました。最後のお友達と電車を走らせながらの遊びも楽しくて楽しくて・・・まだまだ遊びたい気持ちが伝わってきました。(Eri Ito)

コメント

こいのぼり制作

2019-04-25 22:21:21 | 親子

火曜親子クラスから、こいのぼり制作の様子をお伝えします。まず絵の具遊びからスタートです!赤と青の絵の具を足の裏にべったりと、お母さんに塗ってもらいました。足の裏に絵の具が付いたまま、大きな紙の上をお散歩すると、子ども達の可愛い小さな足跡ができました。自分が歩いた後を振り返りながら、繰り返し繰り返し足形を作っていく様子は本当に楽しそうです。散々遊んだ後は、自分で筆を持って足も手も塗ることに、真剣集中モード!自分の手足がいい感じの色にペインティングされたので、今度はお母さんの足にも塗っちゃおう!と、親子共にボディペインティング~!

この足形は切り抜いて、目と鱗のシールを貼る制作をすると、こいのぼりに変身!ぜひ大きくなって足形のサイズを見返して、成長の記録の一部にもしてほしいなと思います。写真下段の大きなこいのぼりは、絵の具が乾く間に制作しました。カラフルな鱗に好きな模様をクレヨンで描きました。じっくり見ると一つ一つ絵が違うので、絵を描いたお子さんの好きなモノが伝わってきます。こちらの作品は、ご家庭で天井から吊り下げて飾っていただきたいです。(Eri Ito)

コメント