モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

来年はこれに決まり!

2018-11-22 23:23:59 | 親子

火曜親子クラスの作品をご紹介します。来年の干支カレンダーを紙版画で制作しました。愛嬌たっぷりのイノシシの表情が抜群ですよね!!でも、2・3歳児が版画なんて出来るの?どうやって干支『イノシシ』を作ったの?と不思議に思う方も多いでしょう。

種明かしをしましょう!最初に、1枚の画用紙に大・中・小の丸を描いて切り取ります。これで、頭・鼻・鼻の穴の出来上がり。丸く切った残りの画用紙の破片は、そのまま牙になります。(この牙が重要で、これがないとブタになってしまうので要注意!)また、画用紙の角を三角に切れば、耳になります。これらのパーツを福笑いのように並べたり重ねると、あっという間にイノシシ頭部ができてしまうので、小さなお子さんでも簡単にできます。リアリティもあり、完成度が高いですよね!版を刷る際は、本格的に版画用インクとローラーを使ったので、とても良い仕上がりです。

私も見本用に作ったカレンダーを早速自宅で飾っています。さらにこのイノシシ版画を写真に撮って、来年の年賀状デザインとして写真を取り込んでみました。親子クラスの方には年賀状デザイン案をご紹介したので、ぜひ作ってみてくださいね。素敵な作品なので、新年に年賀状で見せびらかしちゃいましょう!!(Eri Ito)

コメント

ハロウィンガーランド

2018-11-01 21:20:25 | 親子

先週末から昨日まで、街中の至る所でハロウィンコスチュームの人達を見かけました。色々な場所でイベントがあるようですね!今月の親子クラスでは、家の中をハロウィンカラーでディスプレイするものを制作しました。1016日はハロウィンガーランド、30日の授業ではジャックオーランタンバックを作りました。制作にご参加頂いた親子の皆様、ご家庭でお友達と一緒に家族と一緒にハロウィン気分が盛り上がりましたか?

この2回の授業のテーマはどちらもハロウィンですが、制作のポイントは「ハサミの使い方」です。1回目の授業でハサミの1回切りを学んだ後は、2回目の授業で連続切りに挑戦しました。ハサミの選び方・持ち方、お母さんの手の添え方、ハサミの動かし方など、まず保護者の方に基本をしっかりと押さえて頂きました。

本日ご紹介しますハロウィンガーランドは、自分の手形によるオバケと色画用紙で作るカボチャです。はじめは恐る恐るお母さんに絵の具を塗ってもらっていましたが、だんだん楽しくなってきて、自分で絵の具を塗って手形のスタンプをして、たくさんのオバケができました。色画用紙で作るカボチャは、細長い紙の四隅を斜めに切る(1回切り)練習。角が切り落とされることで、少し丸みを帯びた形になります。その形を利用して貼り合わせることで簡単にカボチャの形が出来上がりです!親子クラスのオバケは、ニコニコした可愛い表情が多いですね!

年内の授業日は、11月6日・20日、12月4日・11日です。親子クラスは随時ご予約を受け付けております。(Eri Ito)

コメント

ドキドキ☆タワー作り

2018-09-27 22:19:34 | 親子

火曜親子クラスから、トイレットペーパー芯を使った制作の様子をご紹介します。親子クラスでは、制作の前の導入として遊びを取り入れることが多くあります。その遊びは、制作テーマに関連付けることもありますし、素材や画材にお子さんが抵抗なく触れられるように考えています。私にとっては、遊び=仕掛けであって、制作に入る前にどうしたら興味を持ってもらえるか、、、毎回お子さんとの遊びも楽しいひとときです。この日の遊びは、たくさんのトイレットペーパー芯から連想できるものを考えて、そのポーズをとってみました。双眼鏡・伸縮望遠鏡で何が見えるかな?頭に芯をつければカブトムシの角となり、昆虫に変身もできます。

さて、本題のタワー作りです。折り紙にシールを貼ったりクレヨンで模様を描いて、それをトイレットペーパー芯に巻き付けていきます。出来上がったカラフルな芯4本を並べて、その上に画用紙を積み重ねていきます。順番に繰り返し重ねていくと、、、背の高いタワーができます!何階建てまで積み上げられるかな!?倒れないかドキドキ!ワクワク!お友達と一緒にゲーム感覚で楽しく盛り上がりました。

こういう遊びは、柱となるトイレットペーパー芯の置く場所のバランスが肝心ですよね。どこに柱を立てれば、倒れずに旨く積み上げられるか?経験豊富な大人は、正解を知っています。この時もほとんどのお母様が、タワーが崩れない正解を先にお子さんに告げてしまっている事が多かったです。一度も失敗なく、きれいに積み上げられたタワーも美しいですが、何度も倒れて失敗し、また積み上げる事を繰り返しやる過程こそ、学びがあり大切なのでは?ドキドキ感をたっぷり味わって、タワーが完成した喜びは、きっと大きいだろうなと思いました。今回は、トイレットペーパー芯でのタワー作りでしたが、他の材料や似たような制作に直面した時に、このタワーがヒントになると良いです。(Eri Ito)

コメント

ビックな秘密基地~親子ワークショップ⑥~

2018-08-28 20:16:04 | 親子

本日、親子クラスのワークショップ全6回講座が全て終了いたしました。ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。ラストの講座は、毎年一番人気の大量のダンボールで作る秘密基地です。

まず最初は、ダンボール遊び♪ブルーシートを海に見立て、シートの上に敷いたダンボールを島に見立てて、海に落ちないように島を渡っていく遊びです。ジャンプしたり、ダンボールの橋を渡って、隣の島に行ったり、、、。次は、ダンボールの中に体を入れて、乗り物遊びです。お友達の乗り物とぶつからないように、上手に運転していましたが、だんだん楽しくてみんな暴走し始め、大渋滞!!参加者がとても多かったので、このようなシンプルな遊びでもとても盛り上がります!

さて本題の秘密基地です。高い塔のある母体基地3つを繋ぐトンネルを全員で作りました。教室の端から端まで繋がったなが~いトンネルです。トンネルの途中から、横へ進める抜け道を作ったり、脱出できる窓を開けたり、基地のデザインがどんどん変化してきます。制作中から、早くも基地探検をやりたくて、トンネルの中に入ってしまう子も続出!一度トンネルに入ると、どこに隠れてしまったか、我が子を見失うお母さん達・・・。

基地の構造が決まった後は、さらに格好良く絵の具で壁面をペイントしていきました。迫力のあるペイントに、自分たちで作った旗を掲げれば、どこから見ても楽しそうな基地ですね!最後は、お待ちかねの基地探検タイム~!!たっぷりと探検遊びができました。ご参加頂いた方からは、教室内でここまで大きな基地を作るとは想像していなかったと、大満足の声をいただきました。(Eri Ito)

コメント

デカルコマニー~親子ワークショップ⑤~

2018-08-24 21:42:48 | 親子

本日は、親子ワークショップ5回目の様子をお伝えします。この日は、絵の具で遊ぼうシリーズ第3弾『デカルコマニー』でした。デカルコマニーとは、フランス語で転写画・転写法を意味します。絵の具をつけた紙を半分に折り、絵の具を転写させる方法のことです。画用紙にできた絵の具の模様が左右対称になったり、絵の具が潰れて混ざったりする様子がとても楽しい技法です。

二つ折りにした画用紙を広げるまでは、絵の具がどのように変化するのか分かりません。思いもよらない模様や絵ができあがるので、最後までドキドキのお絵描き遊びです!偶然にできた模様を見て、何に見えるか自由に発想するのも楽しいです。同じ形を見ても、自分がイメージしたものと、お友達がイメージしたものが違うこともありますし、画用紙を逆さまにして見ると、また違うものを発想できたり、想像力はどんどん膨らみます。

小さな画用紙で制作したデカルコマニーは、蝶の形に切り取り、お花の周りに蝶が飛んでいる作品になりました。大きな画用紙に制作したデカルコマニーは、ゆらゆらと揺れる鳥に仕上げました。(Eri Ito)

来週火曜日は、親子・夏のワークショップ最終日です!こちらは、お申し込みが定員に達しております。(←毎年一番人気のあるイベント)

コメント

スタンプあそび~親子ワークショップ④~

2018-08-17 12:49:31 | 親子

本日より、10日振りに授業とブログを再開いたします。こちらの写真は、8月7日に開催しました親子ワークショップ4回目の様子です。野菜の断面に絵の具を塗り、ペタペタとスタンプして作品を作りました。

まず最初に、動物の顔を見せて(写真左上)、「顔の中には、どんな野菜がかくれんぼしているかな?」とクイズをしました。正解は、犬の鼻がピーマンの断面部分になっています。他にも、絵本に出てくる野菜クイズをしながら、切る前の野菜と切った後の断面の形を想像していきました。今回使った野菜は、レンコン・オクラ・チンゲンサイ・ピーマン・小松菜です。チンゲンサイの断面は、バラのような形がしていて、とってもきれいです。小松菜の断面は、ミニバラのように可愛らしく、たくさんスタンプしたくなります。

バッグに野菜スタンプする前に、丸いお皿型の画用紙にスタンピングして、スタンプの押し加減を練習。次に、暑中お見舞い用に野菜スタンプでカードを作りました。おじいちゃん、おばあちゃんに送ろうね、と丁寧にスタンプしてきれいな絵ハガキができました。出来上がりは、お母さん方にもとても好評でした!!

そして、こちらが本題の制作です!お子さんが提げてちょうど良いサイズの布バッグに、野菜スタンプでオリジナルデザインしました。スタンプの押し方は、もう手慣れたもの。くっきりハッキリと、スタンプできました。お出かけにぜひ使ってくださいね!(Eri Ito)

<お知らせ>夏休みが明け、授業は再開致しましたが、事務作業の通常運営は20日(月)からとなります。今しばらくお待ち下さいませ。

コメント

フィンガーペイント~親子ワークショップ③~

2018-08-07 16:09:19 | 親子

親子クラス・ワークショップの3日目の様子をお伝えします。この日は、絵の具で遊ぼうシリーズ第2弾『フィンガーペイント』でした。フィンガーペイントはその名の通り、筆などを使わずに指や手で思い切りお絵描きします。ドロドロの絵の具に直接触れて、直感で自由に描けることが楽しい制作です。でもお子さんの中には、普段の制作でも、直接手に絵の具や粘土などが触れることに抵抗がある場合もあります。全員が楽しんでフィンガーペイントできるように、一番最初に絵の具に触れるきっかけ作りとして、目玉焼きの制作をしました。

色画用紙で作ったフライパンに予め白い絵の具を塗っておきます。(←卵の白身のイメージ・写真上段)白身の上に、ドロッとした黄身(黄色の絵の具)を垂らします。「この卵は暖かいかな?冷たいかな?人差し指で、チョンと触ってみましょう!」と言うと、全員触ることができました。次は、5本指で!最後は手の平で触って、スクランブルエッグになっちゃった?!

さて次は、大きな紙にドロドロの絵の具をポタポタと垂らしてみます。赤・青・黄色の3色を自由に思いのままに、指や手の平を使って色を混ぜながら、気持ちよ~くお絵描きしました。腕を肩から大きく動かせるお子さんは、ダイナミックな表現ができます。まだ腕の動きが小さい月齢のお子さんは、お母さんと一緒に手を動かして、画面いっぱいに絵の具を広げていきました。色がどんどん混ざり合って、その変化がとても美しいです。このような制作は、遊びながら絵の具に親しむことができるので、いつの間にか手だけでなく足まで絵の具まみれになるほど、夢中になりますね!思い切り制作を楽しんだ記念として、一番綺麗な色に混ざったところ、気に入った線のところの一部分を色画用紙に写し取って、下の写真のような作品に仕上げました。(Eri Ito)

<お知らせ> 明日よりアトリエは、夏休みとなります。16日までは電話もメールも一切繋がらなくなります。事務が通常運営となりますのは20日(月)以降となります為、ご不便お掛けしますが返信はしばらくお待ち下さい。何卒ご容赦の程、宜しくお願い致します。

コメント

紙をつなぐ~親子ワークショップ②~

2018-07-31 21:52:31 | 親子

本日は、親子クラスワークショップ2日目の様子をお伝えします!この日は、折り紙・色画用紙・新聞紙など感触や形が違う紙をたくさん使って造形あそびをしました。まず最初は、♬リズミカルな音楽♬を聴きながら、新聞紙を使って7通りの遊びを展開しました。たくさんの新聞紙を繋げて1枚の大きなシートにします。新聞紙シートの下から新聞紙を触ったり、穴を開けてみたり、、、。風船を乗せて、新聞紙から落とさないようにゆっくりと持ち上げたり。新聞紙をビリビリと裂いた後、丸めてボールにしたり、、、。

新聞紙でたっぷりと遊んだ後は、絵本『ぎょうれつ ぎょうれつ』を読んで、この日のテーマである「紙をつなぐ」をストーリーからイメージしました。長い紙・カーブした紙・尖った紙・ギザギザした紙・丸い紙・・・など、色も形も様々な紙をたくさん用意したので、その中から好きな紙をどんどん繋げていきました。だんだんと繋がってくると、お友達が繋げている紙まで到着!全部の紙を繋げると、カラフルで面白い長い道ができました!!

最後は、個人制作で変身メガネを作りました。メガネのレンズ部分は、好きな色のセロハンが貼ってあります。色々な形の紙の組み合わせから、何に見えるかな?とイメージが膨らみ、カブトムシメガネ・海に潜れるメガネ(シュノーケル付)などお気に入りのメガネになったようです。みんな良く似合ってますね!!(Eri Ito)

コメント

色作りあそび~親子ワークショップ①~

2018-07-26 21:59:57 | 親子

今年もやってまいりました♬夏のワークショップ只今開催中です!!親子クラスの通常授業は火曜日ですが、夏は特別に金曜日もありますので、普段通えない方でも単発のご参加も可能です。既に定員に達した講座もありますが、まだ十分余裕のある講座もありますので、これから参加をお考えの方は、ぜひお問い合わせくださいね。

親子ワークショップは全部で6講座ありますが、その中の3講座は『絵の具で遊ぼう』シリーズです。何かを描く事を目的とせず、絵の具という素材に触れてたくさん遊びながら、絵の具に興味を持ってもらう造形です。先週は、絵の具で遊ぼう第1回目「色作りあそび」でした。写真上段の最初の1枚をご覧ください。ペットボトルに水が入っているのですが、そこにみんなでおまじないをかけながら、ペットボトルを振ってみると・・・・?あら、不思議!!2枚目の写真のように、黄色や赤・青といった色水に変化します。(種明かしは、予めペットボトルのキャップに絵の具をつけておきます。ペットボトルを激しく振ると、絵の具に水が当たって色が溶けて、色水になります)赤・青・黄色の三原色ができたら、今度は2色ずつを混ぜてみました。赤と青を混ぜる時、赤が多い色水と青が多い色水とでは、できた紫色の印象が変わります。ふどうジュースもいいけど、ワインにも見える?

こども達の感覚で混色して、たくさんの新しい色ができました。新しい色ができる度に、「これは、にんじんジュース」「メロンジュースもおいしそう!」と言いながら、メニュー豊富なジュース屋さんとなりました。でも最後は、色を混ぜることが楽しくなりすぎて、全部の色を混ぜたら茶色のカフェオレだらけに・・・!!

こちらは、大きな紙に膨らましたビニール袋とスポンジを筆代わりにして、ダイナミックに描いてみました。ビニール袋もスポンジも、ポンポンと優しく紙につければ、小さな点のように。腕を左右に大きく動かせば、迫力のある太くて長い線も描けます。最後に自分が描いたお気に入りのところをハサミで切って、コラージュ作品もできましたよ!絵の具と遊ぶ感覚で、様々な表現が楽しめたと思います。今後の絵の具で遊ぼうシリーズは、8月3日(金)フィンガーペイント、8月24日(金)デカルコマニーです。(Eri Ito)

コメント

七夕リース飾り

2018-06-28 20:02:01 | 親子

もうすぐ6月が終わり、日本の行事として次にくるのは七夕ですね☆いたるところで、七夕飾りを見かける機会が増えてきました。

七夕飾りの笹は、昔から神聖な力が宿っている言われ、七夕行事に使われていますが、親子クラスの制作では笹は使わずに、かなり飾り方をアレンジしてみました。夜空で出会う“織姫”と“彦星”をイメージした、七夕リースのご紹介です。

まず授業前に、対象年齢の23歳児にも分かりやすい形=大きな星や折り紙で作った天の川を天井からぶら下げておきました。こども達が教室に入った時に、まず目に星が飛び込んできて楽しくなる仕掛けです。またこの日の制作イメージである『織姫と彦星が出会うシーン』の導入として、絵本「たなばたものがたり」を読みました。

織姫と彦星は、こども達がクレヨンで顔を描いたり、着物の柄を描いたり大活躍。そして折り紙で作る天の川は、緻密な切り方のコツが必要なので、お母様方にお任せ。でも意外や意外!きっとこどもの頃作ったであろう天の川の作り方誰一人覚えていなくて、、、。皆さん新鮮な気持ちで天の川を作り、しっかりマスターして頂きました。

星形リースを土台として、出来上がった天の川をどう設定するか。その天の川で出会えたシーンにするか、これから会おうとしているシーンにするか。親子でストーリーを考えながらの制作です。最後は短冊に願い事も忘れずに!(Eri Ito)

コメント

親子クラスのワークショップ2

2018-06-08 23:24:04 | 親子

昨日に続き、親子クラスの夏の内容をお知らせいたします。本日ご紹介の日程は、ホームページのカレンダーに記載している日程の為、すでにかなりのご予約が入っております。どうぞお早めにご検討下さい。

7/24(火)『紙をつなぐ』

折り紙・色画用紙・新聞紙等いろいろな紙に触れて遊びましょう。
形や色の面白さを感覚で味わい、紙の破片を長くつないでみよう。
カラフルメガネを作って何に変身しようかな?

8/7 (火)『スタンプあそび』

野菜の断面に絵の具を塗り、ペタペタスタンプしてオリジナルバッグを作りましょう。
野菜嫌いのお子さんも、かわいい断面と楽しいスタンプ遊びで、色んな野菜に興味を持ってくれるかも?!

8/28(火)『ビックな秘密基地』

こどもは秘密基地が大好き!
ビックサイズな段ボールハウスやトンネルに絵を描いたり窓を作って基地を完成させましょう。
お友達と一緒に基地に入ってダイナミックに遊ぼう!


対   象:2~3歳と保護者  
参加費:2,000円  
時   間:10:30 - 11:30
持   物:親子共に汚れても良い服装・作品持ち帰り用の袋

※お申込み方法は、昨日のブログをご参照下さい。

コメント

親子クラスのワークショップ1

2018-06-07 22:36:25 | 親子

本日は、親子クラスの夏の内容をお知らせいたします。最近通常授業のお申し込みが多くなってきましたので、夏のワークショップにはじめてご参加される方がご予約できるように、ホームページ記載の日程の他に、下記イベントを3日増やしました。
お申し込みは通常授業とは違い、お電話でのご予約、当日の現金払いでは承る事ができません。下記の通りメールにてお申し込み頂き、事前振込をお願いしております。

7/20(金)『色作りあそび - 絵の具で遊ぼう 1・2・3! その 1!』 

色を混ぜる度にどんどん新しい色ができるよ。どんなジューズができるかな?
たくさんの色ができたら大きな紙にスポンジやビニール等、身近な物でダイナミックにお絵描きしよう!

8/3 (金)『フィンガーペイント - 絵の具で遊ぼう 1・2・3! その2!』 

フィンガーペインティングの醍醐味は、ドロドロの絵の具の感触を手や指で触って感じて、思い切り描けることです。
はじめて絵の具に出会うこどもでも遊び感覚で楽しめます。

8/24(金)『デカルコマニー - 絵の具で遊ぼう 1・2・3! その3!』 

二つ折りの画用紙の片面に絵の具をつけてパタンと閉じて、そっと開いてみると…どうなるかな?
偶然にできた不思議な形を鳥や蝶の模様に見立ててみましょう。

対   象:2~3歳と保護者  
参加費:2,000円  
時   間:10:30 - 11:30
持   物:親子共に汚れても良い服装・作品持ち帰り用の袋 

❶事前にメールで、①ご受講希望日・希望講座名 ②氏名と年齢(参加日の時点で〇歳〇ヶ月) ③住所 ④電話番号をご連絡ください。タイトルは『夏休みワークショップ申込』と記入下さい。定員がございますので、参加可能かどうかを返信いたします。
❷こちらからの返信後1週間以内に、下記の振込先にお子様の名前で参加費をご入金ください。ご入金確認後正式申し込みとなります。
振込先: 三井住友銀行 元住吉支店 普通口座 0609714 名義「小原京美」
※銀行の“振込み控え明細票”を受領書とさせて頂きますので、当日まで大切に保管ください。

(ご注意)
振込み手数料は、お客様のご負担でお願いします。
お振込みが1週間以内に確認できない場合、申し込みをキャンセルされたとみなします。
講座開催日程10日前を過ぎてからのキャンセルは返金できません。日程変更も致しかねます。
※講座開催日程10日前より以前キャンセル返金はご指定の口座に、振込み手数料を抜いた金額で振込ませて頂きます。
確認の返信を3日以内に致します。もし返信がない場合お手数をお掛けしますが、再度ご連絡頂けますと幸いです。

コメント

カレーライス・恐竜の赤ちゃん

2018-05-24 21:02:01 | 親子

本日は、親子クラスで5月(月に2回授業)に制作した作品を一挙ご紹介します。1回目の授業では、『カレーライス』を作りました。カレーに入れる具は何かな?とそれぞれのご家庭の食卓を聞いてみました。野菜を洗ったりお手伝いをしているお子さんもいるようですね。制作では、一番スタンダードなカレーとして、肉・じゃがいも・にんじん・玉ねぎ入りのカレーライスを作ることにしました。

まずは、カレー作りに必要な具材のお買い物から。色画用紙にじゃがいも・にんじんなどの絵が印刷されているので、どの野菜をいくつ買おうかなと、吟味しながらのお買い物でした。さていよいよ、カレー作りです!野菜や肉をハサミでチョキチョキ食べやすい大きさにカットしていきます。ゴロゴロとした大きな野菜もあり、一口サイズの小さな野菜もできました。カットした野菜を鍋に入れて、ルー(茶色の絵の具)の投入です。鍋は、コンロの上に置くのを忘れずに!「カレーライス」の手遊び歌を歌いながら、コトコト煮詰めていきます。鍋の中には、本物の塩・コショウ、そしてカレー粉も入れたので、リアルなカレーのいい匂いが教室中に広がってきましたよ~!!大きなお皿に白い絵の具のご飯を盛り付けて、特製カレーをかけてできあがり♪♪

そして、こちらは2回目の授業で制作した『水粘土あそび』と『卵から何が産まれるかな?想像の生き物作り』です。水粘土遊びは大量にあるので、色々な遊びが展開できます。粘土が大きな塊で重い時は、立ち上がって粘土を持ち上げて、机に落としてみたり。粘土を足で踏んでみたり。お団子をたくさん作ってタワーのように積み上げてみたり、、、、。粘土に穴を開けてトンネルを作ってみたり、、、。私も思い切り遊びすぎて、手も足も粘土だらけで、ほとんど写真が撮れませんでした。

想像の生き物制作では、最初に卵をお腹の中で温めながら、どんな生き物が出てくるかイメージ。丁度教室内には、小学生制作中の未確認生物がたくさんいて、見本にさせてもらいましたが、2・3歳児が作る生き物は、卵から産まれてきたばかりの赤ちゃん恐竜です。(Eri Ito)

コメント

こいのぼり制作

2018-04-26 22:19:55 | 親子

本日は、親子クラスで制作しました「こいのぼり」をご紹介します。この日は、個人制作と共同制作と二つ完成する欲張りな授業でした。まずは、個人制作(写真上段)。こちらはトイレットペーパーの芯の円形を利用したスタンピングです。きれいな線描きの円形スタンプが押せるのですが、スタンピングの途中で、偶然トイレットペーパーの芯の切り口に絵の具の膜が張ると、画用紙に押したときに水玉模様のようになる事があります。たくさんの色から順番に好きな色を選んでスタンプしていきます。スタンプはみんな大好きなので、どんどん丸の数が増えてきて、丸と丸が重なり始まると、とっても綺麗なウロコ模様になってきました。扇形の台紙に、こいのぼりを立体的に貼り、柄が豊富な千代紙で扇に飾りをつけることで、風格のある作品になりました。

そして、共同制作(写真下段)です。あらかじめウロコの形に切っておいた色画用紙に思い思いの模様や絵を描いていきました。こいのぼりが巨大なので、ウロコが大量に必要!ということでお母さん達にも模様を描いてもらったのですが、お子さんと一緒にクレヨンで描くのは楽しそう!幼稚園入園前の環境では、こういったダイナミックな作品は経験できないので、お母さん達からも好評です。

親子クラス(月2回・火曜)は、23歳児が対象です。必ず保護者の方とご一緒に参加して頂く授業スタイルです。保護者は、お母さんまたはお父さん。時にはご両親揃って、おばあちゃんおじいちゃんが参加されることもあります。参加方法は、予め参加したい日を予約して頂きます。随時予約されてもOk。半年、1年分をまとめて予約してもOKです!(Eri Ito)

コメント

紅白梅図

2018-03-15 22:38:46 | 親子

今日高知では、全国初の桜の開花宣言がありましたね。最近暖かくなって、いよいよ春の到来!桜の季節です。予報では、この辺りも来週には開花らしいので、月末のスケッチ遠足の頃は、丁度満開となりそうです!

さて、作品のご紹介です。2・3歳児が制作した作品ですが、梅の木がうっとりする程美しく仕上がりました。月曜・火曜クラスにご参加いただいた方の全作品を一挙掲載しました。これだけの作品が揃うと壮観な景色です。ひとつひとつの作品の表現を丁寧に見ていくと、2・3歳児がどこまで自分で制作出来るのか?きっと疑問ですよね。実は様々な技法が取り入れられています。下記技法名だけ聞くと、何だか難しそうですが、偶然性に驚きながら楽しみながら制作できます。保護者の方が紙や道具にちょっと手を添えてくれれば、低年齢のお子様でも自分の力で出来るものが殆どです。

では、取り入れた技法をご紹介しましょう

①幹→にじみたらし込み

紙に水を塗って濡らします。乾かないうちに墨汁を垂らし、にじませる絵画技法です。にじみたらし込み技法は、日本画を描く際によく用いられ、伊藤若冲は鶏の毛を描くときに、この技法を使ったそうです。

枝→ドリッピング技法(吹き流し)

ドリッピング技法とは、画面に絵具を垂らして、ストローなどで吹きつける事で、偶発的にできる模様を楽しむ、即興性のある表現技法です。こうなるかな?と思いストローで吹いても、予想できない広がり方をするので、とっても楽しいです。

花→染め

お花紙(和紙のように薄い紙)を丸めて、自分でお好みの色に混色したピンク絵の具に浸して紙を染めます。染め具合によって、色の濃淡が出てとてもきれいです。画面に貼ると立体的な表現になります。

遠くに見える花・散った花→スタンピング

綿棒5本を束ねてお花の形にして、ピンクの絵の具に浸してスタンプ。お花紙で作った梅の花の周りにスタンプすると、花と花との間に遠近感が出ます。

3月は月曜火曜クラス共に、あと1回ずつの授業です。どちらも若干空きがございますので、ご参加希望される方は、電話でお問い合わせください。

3月19日(月)・3月27日(火) 10:30~11:30 参加費1回 1,500円

(Eri Ito)

コメント