モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

夏祭り~縁日ごっこ~

2022-08-29 21:17:52 | 親子

親子クラス担当の伊藤です。日中はまだ暑い時がありますが、朝晩は涼しくなってきて、お店では栗やサツマイモ関連のお菓子などを目につき始めましたね。

8月ラストの親子クラスでは、夏を締める制作として、『夏祭り~縁日ごっこ』を行いました。提灯がぶら下がっていたり、ドラえもん音頭の音楽が流れていたり、入室した途端何だかいつもと違う雰囲気で「何が始まるんだろう?」と皆さんキョロキョロ。

まずは、縁日ごっこで使うものを制作。たこ焼きは、濃さの違う茶系の折り紙を使って作ったので、一つ一つ焼き加減が違ってリアルです。ソースをたっぷり塗って、青のりと鰹節も忘れずにトッピング。出来たて熱々のたこ焼きの出来上がり~!カラービニール袋でテルテル坊主のような形を作って両端に目をつけると、可愛い金魚になりました。ちょっと太った金魚や尾びれの長い金魚もいて、カラフル&個性的です!かき氷は、3種のシロップを用意しましたが、勿論!味をミックスしたくなりなすよね~

最後は、クレープも作りました。こちらは、フルーツ色の画用紙をハサミで切って、クレープ生地にトッピングします。ホイップ粘土は、クリームみたいにトロッとしているので、間違って舐めてしまいそうなくらいリアルです。

屋台の商品ができたら、お楽しみの縁日ごっこ♪写真の笑顔がとても良い表情ですよね!

来月の予定 9/6・20(火)  10:30~11:30

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Seaプレート☆七夕

2022-08-01 21:34:24 | 親子

親子クラス担当の伊藤です。日本初360度体験型デジタル劇場 ファン・ゴッホ~僕には世界がこう見える~角川武蔵野ミュージアムに行ってきました。想像以上の期待以上の大迫力!アートを全身で浴びるような感覚です。日本橋三井ホールでも同じような体験型で、モネ・ルノワールなど印象派のデジタルアートを開催中なので、こちらも行ってみたいと思います。

さて、8月になりましたが、親子クラスで7月に制作した作品をご紹介します。『Sea プレート』は、波の音を聞きながら、粘土をゆっくり指で伸ばしたり穴を開けたり、海のイメージで制作しました。最初は、白粘土だけの凹凸でしたが、赤・青・黄色を加えていくと、島に見えるところがあったり、波打ち際に見えたり、少しずつ情景が浮かんできます。お母さんとの会話の中でも、海のワンシーンが聞こえてきます。粘土で制作した情景に合わせて、ビー玉や貝殻も加えました。土台の円形型が大きいので、ダイナミックに遊びながら制作できました。

もう一つは、七夕の前に制作した作品です。星に模様を描いて、天の川に見立てたテープに星をつけてイメージ作り。制作机と天の川を何度も行ったり来たりしながら、沢山星をつけて大忙し!せっかく作った星は、帰るときに全身に貼って星模様の洋服に!

七夕にちなんだ絵本を読んだ後は、織り姫と牛飼いが年に1度会う場面を制作しました。

8月23日の親子クラスは、紙工作で夏祭り制作の予定です。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

紫陽花・変身コスチューム

2022-06-27 20:44:26 | 親子

火曜親子クラス担当の伊藤です。6月は、『紫陽花』と『王様とお姫様のコスチュ-ム』制作です。紫陽花制作では、最初に色水混色遊びをしました。混ぜて作った色を小さなビニール袋に入れてピンホールを開けると、綺麗な色が線状に流れ落ちてきます。それを画用紙の上に垂らすと、まるで雨のよう。水しぶきのような点々、土砂降りのような水たまりもできて、梅雨の一場面ができました。

紫陽花は、スポンジや本物の紫陽花葉っぱに絵の具をつけてスタンピング!!葉脈がしっかりと映し出されて大成功!紫陽花は、葉がぎっしりとついているので、たくさんスタンプするほど紫陽花らしい絵になります。

こちらは、様々な形の色画用紙を冠に貼って、とっても豪華なデザインになりました。冠の背面から腰まで長く垂れ下がったデザインは、格の高い王と姫??カラフルな色と形を自由に組み合わせることを楽しみながら制作していました。服は、お子様のアイデアとお母様のアイデアをミックスして二人三脚制作。装飾いっぱいで、こちらも超豪華!完成したコスチュームを着ると、すっかり王様・お姫様気分で仕草まで変わってしまいますね!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

遊んでから作る・作ってから遊ぶ

2022-05-30 22:25:50 | 親子

火曜親子クラス担当の伊藤です。5月は、『粘土遊び・オブジェ』と『電車と街作り』です。柔らかくてとても良く伸びる粘土を使ったので、2歳児でもいろいろな形を簡単に作ることができます。粘土を手でぎゅっと掴むと、粘土が細くなるので、それを少しずつ手をずらしながら粘土を伸ばしていくと、背の高さ位の長さになりました!!これだけでも十分楽しいですが、長くなった粘土の先をお友達の粘土と連結してみると、更になが~い粘土になりました。写真のように大きな輪ができたので、粘土を道路に見立てたり、線路に見立てたり、遊びが展開していきます。粘土遊びは、お友達とコミュニケーションがとれて楽しいですね!

たっぷり遊んだあとは、個人制作に集中。木の台座にワイヤーを巻き付けて、そこに粘土やおはじき・貝殻などを使ってオブジェも作りました。ワイヤーは、道具を使わなくても手で曲げることができるので、材料で装飾する前でも後でも自由自在に変形できます。

そして電車と街作り。こちらは、制作の後に作った作品で遊べるものです。直線・曲線の線路を繋いで、グルッと一周できる線路になりました。ローラーに絵の具をつけてコロコロ転がすと、長い道になりました。線路や道路の周りには、お母さん達が踏み切り・池(錦鯉)・駅など描いてくださったので、電車ごっこでは色々な景色を見ながら目的地まで出発進行~!まだまだ遊び足りない感じで、皆さん線路はお持ち帰りでした。

6月の予定 7日・21日 10:30~11:30 (お申し込みはメールでお願いします)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

はじめの一歩は造形あそび

2022-04-25 21:07:59 | 親子

火曜親子クラス担当の伊藤です。4月から新メンバーになりました。2歳児さんの制作をご紹介します。

最初はクレヨン遊びからスタートです。お母さんとお子さんがそれぞれ1本ずつクレヨンを持って、どちらかが先に画用紙の上をクレヨンでかけっこします。(長い線を描きます)次にもう1人が、先に描き始めたクレヨンの後を追いかけるように線を描くと、まるで鬼ごっこしているようです。遊びながら長い線やクネクネ線を描いていると、どんどん楽しくなって、いつの間にか1人でお絵描きが始まりました。

大きな画用紙いっぱいにダイナミックな線を描くお子さん。たくさんの色を次々試したり、色を重ねるのが好きなお子さん。普段自宅で親子二人で描いていると、自分のこどもの描き方しか分からないけれど、お友達と一緒に制作すると、1人1人違う描き方を見ることができて、お互いの魅力が発見できます。

絵の具の使い方も全く違っていますが、それぞれが楽しいな!という気持ちが伝わってくる制作でした。2歳児さんの場合、その日に出会った材料と画材で遊んでみることが最初の一歩です。遊んだものをアレンジして作品になります。このクレヨン遊びと絵の具制作は、魚の形に変身して『鯉のぼり』作品となりました。ご自宅での飾り方のアドバイスも参考にしていただけたようです。

こちらは、4月に入園されたお子さんの親子クラス最後の作品です。カラフルな短冊状の画用紙に、スタンプで模様を描きました。丸いスポンジは、使い方次第で色々な線や模様を描くことができて楽しいです。沢山スタンプを重ねていくと、色が混ざり合って新しい色も増えて賑やかな模様になってきます。思い切り絵の具を楽しんで制作した様子が伝わってきますよね!

新年少児さんなので、画用紙の四隅をハサミで斜めに切ることができました。角がなくなっただけでも少し丸みを帯びた形になり、それを組み合わせて絵本「はらぺこあおむし」に出てくる蝶をイメージしてコラージュ。蝶はクレヨンで描いて、その周りを綺麗に飾った使い方も素敵ですよね!

来月の予定 5月10日・24日 (火) 10:30~11:30 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

書き初め~鬼退治まで 親子クラス

2022-01-31 21:12:08 | 親子

皆様お久しぶりです。火曜親子クラス担当の伊藤です。本日は、年明け最初に制作しました『書き初め』と『だるま』。そして2回目の授業では、『鬼の帽子作り』の様子をお伝えします。

書き初めは、小中学校の冬休みの宿題のイメージもありますが、、、1年間頑張りたいことを紙に書いて、字がもっと上手になりますようにとお願いしますよね。ミオスは、絵画教室なので、親子クラスの3歳児さんも「絵がもっと上手になりますように・・・」とお願いする気持ちで制作しました。未就学児でも毎年書き初めする習慣があると、成長の記録として楽しいと思いますよ。(写真左下の作品は、クラゲ。右下はキリン)

だるま制作は、短冊に願い事を書いて、丸めた新聞紙の中に入れて願いを込めます。次に張り子の要領で、新聞紙にお花紙を幾層にも優しく丁寧貼っていきます。薄めた糊で貼っていくので、お花紙が水分を含んでいる為、色が濃く見えます。自宅に持ち帰りしっかり乾燥させると、表面がパリッとして色合いは湿っていた時よりも薄く美しい風合いになります。

そして、鬼の制作。様々な形と色の紙の端材から、どれを鬼の目にしようかな?鼻は何色にしようかな?と、鬼の顔のパーツに合う紙を選びます。もちろん、ハサミで好きな形を切ってもOKです!形と色を選ぶだけでも個性が出来てきますが、その選んだ端材をどのような向きにはるかで、全く違う表情になるから楽しいです。泣きそうな顔になったり、起こったような顔になったり、福笑いのように、できた顔を見て親子で大笑いしながらの制作でした。この鬼は、頭に被って豆まき用としても使えますが、この日は制作の前に新聞紙遊びで作ったボールを豆の代わりにして、鬼退治して遊びました。

 

次回親子クラス

2月8日・22日(火)10:30~11:30

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ハロウィン工作

2021-11-01 21:24:59 | 親子

ハロウィンが終わり、これからはクリスマス~年末年始に向けて、街の装飾も変わってきますね。今日ご紹介致します作品は、親子クラスのハロウィン工作です。マンツーマンレッスンとなりましたが、最初に大量の紙コップで遊んでからの制作だったので、楽しいスタートでした。

紙コップを慎重にゆっくりと持って、高く積み上げることがとても上手なお子様。どんどん積み上げて手が届かない高さにまでなって、お母さんに抱っこしてもらって、さらに積み上げると、向かい合わせにいた私の顔が隠れて見えなくなる程!!城壁のようにしっかりと積まれた紙コップ。紙コップと紙コップの間に少しだけ隙間があって、そこから細いモールを通してみたり、遊びはつきませんね。

紙コップでたっぷり遊んだ後は、紙コップと傘袋でオバケを作りました。傘袋の中にストローで息を吹き込むと、紙コップの中に埋もれていた傘袋がムクムクと膨らんで、オバケが登場する仕掛け。オバケの動きが面白くて、これは何度やっても飽きないです!

最後の作品は、ハロウィンキャンディBOX。好きな色画用紙を2色選んで、紙コップと組み合わせて制作しました。色画用紙につけた折り線通りにハサミを切る制作がありますが、ハサミの刃を大きく開いてリズミカルにチョキチョキ切って、綺麗な仕上がりとなりました。

今月の親子クラスは、11月9日(火)・30日(火)10:30~11:30です。秋の制作やクリスマス制作などを予定しています。(Eri Ito)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まるまるづくし

2021-10-04 14:29:16 | 親子

カラフルな丸がいっぱい!!この色もきれい、こっちもいいなぁ~と、どれを選ぼうか迷うほど。

一番大きな丸は、自分の顔よりも大きなサイズ。直感で好きな色から黒い台紙に貼っていきます。2枚目3枚目を貼るときは、大きい丸なのでどうしても重なってしまいますが、その重なったところに素敵な効果が現れています。黒い台紙は、まるで宇宙みたい?重なって貼った丸は、遠くにある惑星のようにも見えて、画面に奥行きを感じられませんか?大きな丸から、中位のサイズ、小さいサイズへ。最後は、とっても小さい丸シールを重ねていきます。

お子さんは、好きな色からどんどん貼って画面を構成していきますが、隣にいる大人が制作過程から感じたことを言葉にしてお子さんに伝えてあげましょう。食べ物に見立てても良いし、何か色や大きさからイメージしたものを言葉にすることで、作品の見方が楽しくなってきますよ!こちらの作者は、丸をお父さん・お母さん・妹ちゃん・おじいちゃん・おばあちゃんに例えて色や大きさを選んで制作しました。

右下のシールとクレヨンの作品は、点つなぎ遊びです。模造紙の好きな場所に色シールを貼り、クレヨンと同じ色のシールを辿っていく遊びです。目的のシールまで長い道を描くことは、小さいお子さんが遊びながらクレヨンに親しんだり、長い線を描く練習にもなってお勧めです。(Eri Ito)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

華やかな蝶

2021-09-06 20:47:52 | 親子

お久しぶりです!火曜親子クラスから、8月に制作した作品をご紹介します。この日は、夏休みで幼稚園がお休みのごきょうだい参加があり、3歳~5歳のお子様達が賑やかに制作しました。

「はらぺこあおむし」は、こどもから大人まで誰もが知っている有名な絵本ですよね。はらぺこあおむしが、毎日たくさんの食べものを食べて大きくなり、最後にとても美しい蝶になるという成長物語。絵本の魔術師とも呼ばれる作者エリック・カール氏の制作方法は、薄手の紙に絵の具で様々な模様や思いつくままテクスチャーを描いて、たくさんの素材をストックします。そこから作画したい絵に合わせて、模様が描かれた紙をハサミで形を整えて貼り付けて完成します。このようなエリック・カールさんの技法を小さいお子様でも簡単に制作できるようにアレンジして、絵本のラストページの蝶をコラージュしました。

12色の色画用紙の中から、好きな色を6枚選んで、1枚1枚絵の具で模様を描いていきます。模様は、スポンジや段ボールのスタンプと歯ブラシなど筆以外のもので描くので、偶然絵の具がかすれたり混色したり、思わぬような素敵な模様ができました。どんどん変化していく色画用紙を見ていると、お子様達が夢中で楽しんでいるのが分かります。

最後は、色画用紙を蝶の羽の形にハサミで切って、台紙にレイアウトしていきます。大きな台紙を用意しましたが、それ以上にダイナミックな蝶が羽ばたくイメージで完成しました。(Eri Ito)

9月の親子クラスは、14日・28日(火) 10:30~11:30です。単発参加も可能です。ご参加をお待ちしています。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

作って遊ぼう!

2021-06-03 20:44:22 | 親子

親子クラスより、お子様達が大好きなごっこ遊びを取り入れた工作をご紹介します。まずはピザ屋さんのコスチュームとして、エプロンを作りました。黄色い下地に合う色を選んで、どこにポケットを付けるかレイアウトしましたが、とっても実用的な仕上がりです。細長いポケットは、ペンを入れる専用ポケットだそうですよ!

可愛いエプロンをつけて、次に取りかかるのは、ピザにトッピングする具材カット。野菜・肉・ハム・フルーツなどの具材をイメージする色画用紙を沢山用意しておいたので、それを包丁代わりのハサミで切っていきます。参加してくれた3歳の男の子は、手際よく効率良い仕事をするピザ職人さん!!どんなオーダーが入ってもOKですね!

ピザソースをたっぷり塗って、テンションがあがったところで、お好みの具材をトッピングしていきます。最後は、お客さんのご希望を聞いて、チーズの量を加減してくれる優しいピザ屋さん。

自分で作ったピザを前に、「いらっしゃいませ~」と、ピザ屋さんごっこも始まります。お客さんは、おもちゃのお金を持って注文してくれるので、お釣りの準備もしっかりと、念入りにコインを数えていました。(Eri Ito)

次回親子クラス 6月8日(火)・22日(火) 10:30~11:30 (単発参加もOKです)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

汚れてもニコニコ!!

2021-04-29 19:57:56 | 親子

本日は、親子クラスから久しぶりの投稿です。コロナ感染が収まらず、外遊びも不安を抱えながら外出している皆様にとって、ミオスでの制作は親子共に思い切り楽しめて発散できる場にもなっているようです。粘土・絵の具・模造紙・カラーポリ袋・段ボールなど、おうちで広げるには恐ろしい画材材料。(←参加者のお母様の声)でもミオスに来れば、どれだけ手や足、洋服が汚れても、お母さんはニコニコですね!1回の授業では、じっくり制作する時間と、体を使って動きながら楽しく制作できる内容を盛り込んでいます。

親子クラスは、単発参加もOKです。世の中の状況を見ながら、受講日前日に参加を決めて頂いてもOK。

ご予約やキャンセルは、ご参加日の前日17時までにお電話でご連絡ください。(Eri Ito)

☆明日4月30日(金)より5月9日(日)まで、ブログをお休みさせて頂きます☆

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

満開 春の花

2021-03-25 20:38:19 | 親子

桜が見頃になってきましたね。今週末は綺麗な桜が楽しめそうです。3月9日の親子クラスでは、梅・桃・桜といった春の花を墨と和紙と絵の具で制作しました。

最初は、水をたっぷり含んだ筆で和紙に1本線を描きます。その線に向かって、ポタッと墨を垂らして紙を斜めに傾けると・・・湿った部分にだけ墨がどんどん流れていきます。筆で描くのとは違い、墨が動いていくように見えるのが楽しいです!さらに墨をストローで思い切り吹いたり、そっと吹いてみたりすると、墨がピュッと弾けたような線ができて、これもまた予想外の線の動きが楽し~い!これは吹き流し、または吹き絵といって、偶然性を生かした技法です。こども達は、墨の動きを楽しんで遊んでいますが、実はこれが春の花の幹と枝にと変わっていくのです。

偶然出来た線を色々な方向から見てみると、確かに木に見えてきますね!一番格好良い枝振りになる構図を親子で決めたら、最後は花の制作。こちらは、絵を描くのではなくて、クシャクシャに丸めた和紙に絵の具を浸して花に見立てました。花の色は、自分好みのピンクに染めます。淡いピンクも濃いピンクもどちらも綺麗ですね!これだけ満開の花の絵を飾ったら、運気も上がりそう!!(Eri Ito)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

繋いでつないで基地作り

2021-02-25 19:01:10 | 親子

本日は、親子クラスの制作をご紹介します。紙テープをふんだんに使った造形遊びです♪この日は、参加者が教室に入った時に楽しくなる仕掛けをして待っていました。仕掛けは、7色の紙テープです。長い紙テープを教室の端から端に向かって貼ることで、虹のようにも見えるし、イベントの飾りのようにも見えるし、これから何がはじまるのかな?とワクワクしながら始まりました。こども達も好きな色の紙テープを選んで、仕掛けのテープに続けて貼ったり繋げたり、どんどん増やしていきました。教室内が紙テープでいっぱいになると、何だか蜘蛛の巣のようになってきて、次に紙テープを貼るために移動するのが大変になってきました。テープの下を四つん這いになってくぐって通ったり、テープをまたいだり、高いところに貼りたいときは椅子にのぼってみたり、あっちにもこっちにも、繋げてつなげて大忙し!さらに丸・三角・四角など色々な形の色画用紙を紙テープの好きなところに貼っていきます。

沢山の色が重なりあったり、絡み合ったり、360度見渡す限りカラフルな楽しい空間できましたよ!!「みんなの基地」の完成ですね!制作の最後には、基地の中の好きな空間に座って、基地の隊員が被る冠(?帽子かな?)を作りました。

3月の授業は、9日(火)・23日(火) 10:30~11:30です。ご参加をお待ちしています。(Eri Ito)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

素敵なクリスマスと良いお年を・・・☆

2020-12-17 19:56:44 | 親子

火曜親子クラスは、12月15日が今年最後の授業となりました。この日は、来年の干支ウシをモチーフにしたお正月飾りを粘土で制作しました。(写真:右)金屏風は、墨と絵の具で、紅白梅図のように華やかに演出してみました。牛は、牛歩と言われるように遅くても力強い、着実な歩みは諸病諸悪をはねのけて、明るく平穏な一年を切り拓いてくれることでしょう。そんな願いを込めて制作しました。

さて、オリンピックイヤーとして始まった2020年でしたが、新型コロナウィルス影響で全く予想もつかない出来事ばかりの1年でしたね。初の緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出自粛や学校の休校要請などが行われたり、様々なイベントが中止となり、未だ経済への打撃も著しい状況です。

親子クラスは、対象年齢が未就園児ということもあり、外出が不安で参加出来なかった方が多くいらっしゃいました。外出がままならず、お友達に会えない、制作できない期間が続き、体力も心のエネルギーもなくなっているのではないかと、会えない親子への心配もありました。社会とのつながり、人と人とのつながりが稀薄になってしまったこの1年。改めて、直接顔を見てお話ができて、一緒に制作ができる環境に居れることの大切さを感じました。

社会の状況を見ながらも参加してくださった方、参加したくても外出が不安でできなかった方、どちらの皆様もミオスへ想いを寄せて頂き、今年1年本当にありがとうございました。

素敵なクリスマスと良いお年をお迎えください。

来年の親子クラスは、1月12日(火)スタートです。(Eri Ito)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

粘土と自然素材を合わせて

2020-11-26 19:48:36 | 親子

春から夏にかけてほぼ休講状態だった親子クラスですが、最近になって少しずつお問い合わせが増えてきました。それでもまだコロナ感染者数は減る傾向にはないので、世の中の状況を見ながら、参加を決めている方も多いようです。親子クラスは、単発参加が可能&少人数なので、小さいお子様連れも不安なく通えるかと思います。

さて本日は、今週火曜日の制作風景をお伝えします。粘土と自然素材を合わせて作ったクリスマスツリーのご紹介です。最初は、色玉の動きが楽しい絵本『ころ ころ ころ』を読みました。絵本で見た色玉は、カラー粘土を丸めて作りました。両手の中に、小さくちぎった粘土をコロコロ・・・。少し曲がっても、ニョロニョロ長くなっても、ペチャンコになってもOK~!「丸くな~れ」と思いながら、作る気持ちは伝わってきます。月齢が小さいと、ニョロニョロ長い方が得意のようです。月齢の大きいお子さんの手元の様子を見ながら、真似して頑張って作っているお子さんもいましたよ。

色玉作りをしている間、お母様方には、ツリーの土台(心材)となる部分を新聞紙と針金と麻紐で作って準備して頂きました。その心材に、白い粘土をどんどん貼り付けていくと、ツリーの幹の部分があっという間にできあがります。さぁ!ここからが、ツリー作りの楽しいところ♪ 本物の小枝をツリーに差したり、どんぐり・唐松の実もクリスマスオーナメントのイメージで付けていきます。土台が柔らかい粘土なので、力を入れなくても簡単に貼り付けることができて、楽しく制作できます。枝の差し方で、ツリーの形に個性がぐっと出ますね!ここまで出来上がったところでも、ナチュラルツリーでオシャレな仕上がりですが、はじめに作っておいた沢山の色玉で、さらにオーナメントを増やして、楽しげでカラフルなツリーになりました。クリスマスまでちょうど1ヶ月あるので、じっくり飾れますね!(Eri Ito)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする