モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

幼児クラスいよいよ再開です

2020-09-07 10:20:13 | 幼児


コロナ自粛が解除された後、幼児クラスの生徒さんの退会が相次ぎ、半年間止む無く閉講をしておりました。
ようやく入会ご予約の方が10名を超えましたので、10月より再開する運びとなりました。長らくお待たせしてしまい、大変申し訳ございませんでした。
つきましては、10月13日(火)初日に保護者様もご見学頂ける【無料体験授業&説明会】を開きます。
ご検討していらっしゃる方ございましたら、どうぞお申込みお待ちしております。

【幼児クラス無料体験授業&説明会】

日程:10月 13日(火) 15:00-16:15  ※通常授業の際は直前までプライベートレッスンの予約が入ってしまう関係で5分前入室をお願いしておりますが、初日ですので10分前より入室可能です。
対象:幼稚園・保育園の年少・年中・年長
参加費:無料(翌週よりご入会の場合、入会金5,500円+月謝2回分2,750円+材料設備費500円の計8,750円となります。)
持物: 汚れても構わない服装(まだ暑いかと思いますので、スモックは可哀想かもしれません。お洗濯が簡単な服装で)・作品を持ち帰る為の袋(この日は絵画ですので、丸めた画用紙を持ち帰る事になります。) ※幼児クラスでは、材料もお道具も全てこちらでご用意しますので、お気軽にご参加頂けます。
内容:大木の幹・葉や落ち葉をクレヨンで描きます。その後、背景は水彩絵具で夕方のグラデーションを塗ります。時間があれば、ドングリを食べるリスや、木を見上げる自分も描いてみましょう。

お子様へ:夜はどこから来るのかな?
のり先生は幼稚園の時、太陽が昇るのが見える朝日が眩しい東向きのおうちに住んでいたから、窓の反対側の壁に置いてあるタンスの裏から夜が来ると思っていたよ。
まだ暑いけど段々秋が近付いて、夜が来るのが早くなるね。
アトリエの授業に参加する前に、夕やけってどんな色かな?夕方ってどんな気持ちがするかな?秋に元気な昆虫って何がいるかな?と考えたり、観察したりしてみてね!
みんなと会えるのを、かよこ先生と楽しみにしています。

<お申込み方法>  下記の必要事項を明記の上、メールの件名を「幼児クラス無料体験申し込み」として、e-mailアドレス(mios@ace.ocn.ne.jp)へ送付してください。お申込み確認を返信します。
 ①ご受講日10月 13日(火) ②お子様の氏名 ③お子様の年齢(学年) ④見学される方の人数(下のお子さまも連れて来て頂いて構いません。ぐずるようでしたら、ご機嫌が戻るまで退室してくだされば結構です。) ⑤電話番号

コメント

色んな角度で

2020-04-16 20:06:55 | 幼児

肩こりを最近実感しました、一平です!
今週は幼児クラス第二弾!本日は僕が担当させていただいた授業をご紹介します。
これは、僕が大学で勉強しているプロダクトデザイン(物のデザイン)からヒントを得た授業で、1つのものを、色んな角度から観察して描いてみようというものです。今回はその勉強として、僕の私物のスニーカーを持ってきて、みんなに描いてもらいました!

まず写真中央のようにスニーカーの横面輪郭に沿って切り取られた紙をスニーカーにカポッとはめます。そうすることで完全に横から見えるスニーカーになるので、子供達も奥に続く向こう側や角度を変に気にしないで描くことが出来ます。上面、底面も子供達の座高に合わせて台を下に置いて、真正面から見えるよう角度を調節しながら描いてもらいます。 

まず僕がお手本で描いてから、みんな描き始めていたのですが、あれ…みんな思ったより上手いぞ…?!子供達のテンションが上がるようにマイシューズの中で1番配色が派手なスニーカーを選んできたのが功を奏したようで、みんな楽しそうに色を塗ったり描いてくれていました。
横面、上面、底面それぞれみんな同じ靴とは思えないくらい自由な線で描かれていて(褒めてます笑)、普段僕らデザイン科の学生の「こことここの比率が違うからこれじゃ成立しない…描き直さなきゃ…」みたいな現実主義の感覚ではない、生き生きとした線に圧倒されてしまいました。デザインも、もっと自由であるべきですね。
目の前にある靴を描いたら次は、自分で靴をデザインして貰います!
授業の初めに、知識として足を支えるソール、足の甲を包み込むベロ、足の側面を包むアッパーなど基本的な事を教えてはいましたが、いざ自分でデザインするとなるとこれは難しいだろう、と思っていたんですが、みんなガンガン描き進めていく!
虹色にする子やローラースケート用の靴、自分の名前をローマ字で書いちゃう子など、本当に色んなスニーカーが出来ました。みんなにデザインを教えるはずが、みんなから自由さを教わってしまいました…なんだか悔しいです!

コメント

粉モン、ゲットだぜ!

2020-04-13 18:54:20 | 幼児

最近自分の絵をTシャツにしました、一平です!
なんと、今週は一平特集とのことで、4回連続でブログをアップさせて頂きます!よろしくお付き合いください。
今月は残念ながら閉鎖している幼児クラス、先月に僕が担当させていただいた回の様子をご紹介します!

今回作ったものは風船に小麦粉を入れる事で、不思議な感触が生まれるおもちゃです!(スクイーズという握って遊ぶおもちゃに近いです)

実は、授業の途中までこの制作物には名前が無かったのですが、授業が始まり僕が「これは風船に小麦粉を入れて作るんだよ」と説明を始めた途端、児童の1人が「じゃあ粉モンだ!」と素晴らしい名前を付けてくれました。最高のネーミングセンスですね。
粉モンに命を吹き込むには、小麦粉が必需品。みんな風船に漏斗を刺して、丁寧に小麦粉を注いでいきます。途中で空気が逆流し、小麦粉が宙を舞って顔や服が真っ白になってしまった子が沢山いましたが、みんな大爆笑でした。(お母さんたちはお怒りでしょうか…?)
そして風船に小麦粉をパンパンに投入し、口を縛れば、後は装飾です!
まずは目玉シールを貼って顔を作ります。大小様々な大きさの目玉シールを駆使していろんな表情が生まれました。2つ目だけではなく、1つ目や3つ目、目玉を縦に貼るなどだいぶモンスターらしくなってきましたね。
次に、髪の毛を作ります。髪の毛は毛糸を束ねて、切るとイソギンチャクのような広がった状態になります。それを風船の口の部分に縛り付けると完成です!毛糸にも色んな色味があったので、みんな違う見た目の粉モンが出来あがりました。
全て100均で揃うので、おうちでも簡単に作れます。装飾品も、リボンやモールなど色々増やしても可愛いですよ!

さぁ、粉モンを作って終わりではありません。今回のお絵描きは、自分で作った「粉モンと戦っている自分」もしくは「粉モンを召喚している自分」を描いてもらいました。みんな自分で作った粉モンは愛着いっぱいで可愛らしく丁寧に描いてくれました!戦っている時の剣や、召喚している杖もみんなこだわって描いていましたね。
帰り際に迎えに来たお母さんが「布団にぶちまけそう…」と仰っていましたが小麦粉はアレルギーがない限り有害ではないのでご安心下さい!(そういう問題じゃないか)

コメント

粘土の生き物

2020-03-12 22:23:51 | 幼児


春休みの予定が次々潰れて悲しいアサヒです。コロナめ。
気を取り直して幼児クラスのご紹介です!アトリエに来てくださる生徒さんたちがかなり減っていく中で、先週の幼児クラスは半分以下の6人となってしまいましたが、彼らは元気いっぱいでした。
スケッチブックに描いた自分の考える空想生物を、紙粘土と小麦粉粘土、スチレンボードや針金などで立体化していきます。ペガサスとユニコーンを融合させた生物がイニシアチブを取る中、クワガタとカブトムシ、チョウチョ、はたまたアリスに羽が生えたキメラ生物など多種多様でした。
コロナのせいで友達とお話しする時間が減ったからか、手より口をせっせと動かしていた印象だった皆さんでしたが、ノリ先生による武力行使により、どうにか完成に漕ぎ着けました。お家に篭りがちになってしまわざるを得ない今日この頃ですが、皆さんのストレスが少しでも解消されたなら幸いです。

アトリエの門戸はいつでも開いておりますので(ノリ先生の驚異的な免疫力により)、絵の勉強はもちろんのことですが、お話がしたい方も、是非いらしてくださいね。
来週はいよいよ『春休みワークショップ第一弾・ファッションショー』です!手洗いうがい・早寝早起きして、どうか予約している子どもたちが全員元気に参加できますように!

コメント

キジ、牛骨、鹿のホネ…

2020-03-02 23:55:01 | 幼児

大竹です。先週の幼児クラスでは、小学生クラスのワークショップの内容を一足先にチャレンジしてみました!
教室内に鴨・キジの剥製と、牛・鹿の頭の骨を置きそれらを囲みながら大きい紙にクレヨンで描いていきました。1枚目は黒い紙を使用したので、牛骨などを描いている子には「骨は真っ白じゃなくて少し黄色っぽかったり、茶色っぽいところもあるよ」と説明し色を重ね塗りしていきました。実物が目の前にあるので、触ったり近くでよ〜く見ながら描いていきます。いつものスケッチブックよりも大きい紙だったので塗るのも一苦労でしたが、頑張った甲斐もありどれも見事な出来栄えです!
一枚目の黒い紙に描き終わったら別のモチーフに挑戦!二枚目は白い画用紙に描いてみました。年中、年少さんは早くに描き終わったので、皆の描いた絵を並べて発表&鑑賞会をしました。(上手に描きたい年長さんはこだわって時間いっぱい描いていました。)同じものを見て描いているのに、なんでこんなに違うんだろう?と不思議そうな子も。

ワークショップの小学生のお兄さんお姉さんも、ようじ達に負けないくらい上手に描いて下さいね!

コメント

幼児のお花とお雛様

2020-02-14 02:25:32 | 幼児

大竹です。本日はバレンタインデーでしたが、2月14日は高校入試の日だったのでチョコレートというよりも受験のイメージがあります・・・。
さて、本日は今週と先週の幼児クラスの様子をまとめて紹介させて頂きます。

今週の授業では、小学生クラスの割りばしペンで花を色紙に描いていくカリキュラムを行っているので、幼児クラスでも花の観察をすることに。10分お絵描きでじっくり花を観察し、鉛筆で練習します。最初は花の難しさに、いつもテキパキお絵描きしていく年長さん達の方が根をあげていました。下の子達よりもモチーフをよく観れるようになっている分、その難しさを理解する事ができたのでしょう。そんな時は、実際に花を触ってみるよう促したり、お手本を1つだけ描いてあげたりしてサポートします。
下書きがしっかりと描けたら、本番の色紙に割りばしペンで描いていきます。スケッチブックに練習で描いているので、そのまま写していき透明水彩で色を塗っていきます。中には、あえて枯れた花を描く!と言って茶色で塗っている子もいました。渋いですねぇ…!



そして先週はひな祭りに向けてお雛様の絵と工作をしました。いつもは人の肌はペールオレンジで塗り、まん丸の目にオレンジで三角の鼻を描いていましたが、お雛様達は白粉を塗っているので肌は白く、目や鼻は細く描いていきます。十二単の説明もして、着物の裾に沢山の色を使い華やかに仕上げました。工作の方では丸めたガーゼを布で包み、てるてる坊主のように輪ゴムで止めます。頭が逆さまになるように置いたら爪楊枝を差し込み、別紙に描いたお雛様の顔を貼ります。尺や扇を作って貼り付けたら完成!可愛らしいミニサイズのお雛様、ぜひお家に飾ってくださいね。

コメント

大きく口をあけて

2020-02-03 22:40:15 | 幼児


今日は節分ですね、大竹です!大きな口が沢山並んでいます。幼児クラスでは一足先に節分をテーマにお絵描きをしました。10分お絵描きで恵方巻きを食べるところを描こうと思っていたのですが、みんな鏡とにらめっこしながら真剣に自分の口の中を観察していたので、そのまま口だけを時間をかけて描くことにしました。歯の形や歯が抜けている部分、中には歯に挟まっていたお昼ご飯までしっかり描いている子もいたりして、指導しているこちら側も面白かったです。唇の形も良く見れています。ベロまでちゃんと描いてあります笑
ずっと口を開けて描いていたので、終わった頃には口が疲れた…という子もいました。

後半は節分の絵本を読み聞かせをしました。絵本の中で赤鬼や緑鬼、黒鬼など様々な色の鬼が出てきたので、お絵描きの時も自分の好きな色の鬼を描くことに。色画用紙いっぱいに鬼の顔を大きく描いたので、色を塗るのも一苦労!顔は赤で塗ったから、口は緑で、髪は青にしようかな、と色合いのバランスも考えながら進めていきます。
さっきは自分の歯を見ながら描いたけど、鬼の歯はどんな形をしているかな?何本あるかな?口の中は何色かな?と色々と想像しながら自由に塗っていきました。目や鼻、ツノも別の画用紙に描いて思い思いの形に切っていきます。髪の毛も定番のパンチパーマの鬼もいれば、ツインテールのかわいらしい鬼もいたりして個性豊かな鬼達が揃いました。完成した鬼はどこか本人に似ていたり・・・?

コメント

幼児の書き初め!

2020-01-17 03:53:23 | 幼児

大竹です。幼児クラスの初授業は毎年恒例の書き初めです!金ぴかの色紙に書く前に、まずは半紙で練習します。あまり練習しすぎると本番前に飽きちゃうかな?と思っていましたが、一枚、また一枚と書いても「もっと書きたい!」「まだできるよ!」とやる気満々!新しい紙を用意する私の方がクタクタになってしまう程…。それだけ練習したかいもあり、本番もそれぞれのらしさが出ている字に仕上がりましたね。沢山の文字が並ぶ教室はまるで書道教室のようでした笑
バッチリ名前を書いた後はネズミの墨絵を描きました。絵画教室らしい光景ですね。絵の他に2020と子の字も描きました。ネズミは去年の授業でも描いたので、それを思い出しつつ描いていました。
判子の文字は子供達に書いてもらい、我々が彫刻刀で掘りました。しっかりとスタンプしたら完成!書き初めでシャッキリさせた心で今年もバリバリ作品を描いて作っていきましょう!

そして同日、水曜日午前大人クラスの新年会にお邪魔させて頂きました。いつも授業後はアトリエ前の磯丸水産に集合しているそうなのですが、行きすぎてもう飽きた!と言うことで今回は小杉の居酒屋さんへ。授業では主に作品制作についての話をしていますが、こうしてアトリエの外で皆様のお仕事や普段の生活・昔話等いろいろな事をお聞きして新鮮で楽しかったです!そしていつもご馳走様になってしまい申し訳ないです…ありがとうございました!

コメント

11月の幼児クラスご報告

2019-11-29 02:38:58 | 幼児

 大竹です。皆さまは紅葉狩りには行かれましたか?11月の幼児クラスでは、教室の中が子供たちの描いた紅葉の木々で一杯になりました。

 

まずは10分お絵かきで木の幹や枝の描き方を練習します。紙からはみ出るくらい枝を伸ばして、短い枝の先っぽはとんがらせて、根っこはタコさんの足みたいだね、と話しながら木をグングン描いていきました。使う色はもみじの赤やイチョウの黄色、枯れた葉っぱの茶色に若い葉っぱの緑!様々な色が入り混じる賑やかな風景になりました。

 その後は大きな画用紙に裸の木を描いた後、タンポを使って葉っぱをスタンプしていきました。スタンプの押し方も、ランダムに沢山押していく子もいれば、赤・緑・黄色・オレンジと順番を決めてキッチリ並べて押していく子も。色の並べ方ひとつで人によってこうした違いが見えてくるのは面白いですね。

そしてこちらは来年の干支、ねずみをテーマにしたお絵かきとカレンダー作りの様子です。12ヶ月分のカレンダーを好きな形に切って貼っていきます。空いたスペースには折り紙でネズミを作っていきます。今回は絵本作家のレオ・レオニ風のネズミにしました。(レオ・レオニは国語の教科書にも載録されているスイミーの絵本が有名ですね。)丸と細長い四角の形だけで出来ているので、子どもでも簡単にかわいらしいネズミを作ることが出来ます。和柄の折り紙を使ったので年明けにピッタリのカレンダーになっていると思います。是非おうちに飾って使って下さいね!

コメント

幼児元気絵画!

2019-11-23 18:17:56 | 幼児

金曜ブログ当番の大竹です。火曜アップ予定だった旭先生のブログがなぜか木曜にアップされ、一平先生が気を利かせて半日遅れてアップさせていたので、合わせました。(現在土曜の夕方です!)


左から 怜奈『にじとかけっこ』/珠生『わたしのハナ』/惇稀『きょうりゅうてん』全て年長

現在の幼児クラスは12人中10人が年長さんなので、年長さんが卒園した4月からは寂しくなってしまいそう…幼児クラスを盛り上げよう!ということで、展覧会に出品していたようじクラスの作品をピックアップさせて頂きました。


左から 寛人『せみとり』年中/結生『たんけん』年長/莉央『バナナボートにのったよ』年長

展覧会に向けて制作したこちらの絵は、幼児達にとっては大きい四つ切りサイズ!椅子に座って机の上で描くには腕のリーチが短い為、床に座って制作します。
夏休みが明けた後でしたので、夏の思い出をテーマにそれぞれどんなものが描きたいかを聞き出し、構図を考えながら進めていきました。どうしても子ども一人で描くと人や物が小さくなってしまうので、人は大きく描いて下は切れてもいいんだよ、奥のものは小さく描くんだよ、といったアドバイスをしています。
構図が決まったらクレヨンでしっかりと人や周りのもの
(動物や木など)を描き、余白は水彩絵の具で塗っていきました。青やオレンジといった色は子どもの元気な線と相性がいいですね!


左から 莉々椰『はりねずみ』/龍翔『パパとプールにいったひ』/ひかり『どうぶつえん』全て年長

お子様の習い事でお悩みの保護者様、幼児クラスで楽しく学びながら絵画や工作をやってみませんか?
お絵かきが好きな子、工作が上手くなりたい子、お待ちしております!

コメント

魔法使いとおばけのカード

2019-10-04 02:58:18 | 幼児

 

大竹です。ようじクラスでは、一足早くハロウィンをテーマに授業をしました。まずは魔法使いになった自分をお絵描き♪さんかく帽子をかぶって、黒いマントを羽織って、魔法の杖を掲げて…どんな魔法を使うのかな?「ぼくの杖は毒がでるよ!」「わたしはほうきの杖!」と思い思いの杖を描いていました。コウモリや蜘蛛の巣も簡単に描けるやり方を教えたらみんなすぐ描けるようになりました。お父さんコウモリ、お母さんコウモリや赤ちゃんコウモリなどいっぱい家族を増やしていく子も。

また、工作の方では今年の夏のワークショップで一平先生が企画したポップアップ絵本制作をようじクラスでも取り組みました。カードを開くと飛び出してくるオバケを描いたら、オバケのお友達やお菓子を別の紙に描いて貼っていきます。今回は小さいものを沢山切ったので、ハサミの練習にもなりました。みんな上手に切れたかな?オバケ意外にも、カボチャや黒猫、ガイコツといったものを描いている子も。魔法使いを描く時に練習した蜘蛛の巣やコウモリもバッチリ描けました!

コメント

幼児の夏休みワークショップ報告

2019-09-09 23:08:33 | 幼児

今日は台風の影響で14時近くまでアトリエの近所は全て停電。電気もクーラーも付きませんので、プライベートレッスンのご予約は全てキャンセルさせて頂きました。ご迷惑をお掛けしてしまった皆様、心よりお詫び申し上げます。

オバラです。午前中に台風のゴミを掃除しまくり汗だく、クーラーも効かないので隣のコンビニでアイスを買おうと思ったら、当たり前ですが冷凍庫・冷蔵庫の商品が全滅でショック。うちは電気がなくても被害は少ない方かもしれません。

さて遅くなりましたが、夏休みワークショップの幼児部門のご報告です。今年は魔法尽くし!
魔法シリーズ第一弾の『ポーション瓶とスライム・魔法の実験の絵』は、エッジを破り古さを醸し出した和紙をカラメル色素に浸し羊皮紙に見立て、謎の文字を書いたラベルをポーション瓶に貼りつけました。怪しい液体(スライム)作りは実験のようで楽しそう!色付けにはゼリー状の食紅を使うと透明感があって美しいスライムができあがります。
出してデロデロ、触ってベタベタ、額に乗せるとヒンヤリ、遊んだ後は魔法の実験の絵をしっかり丁寧に描きました。

魔法シリーズ第二弾の『魔術で使う金貨・宝物発見の絵』は、魔導士が魔術で使う古びた金貨作り。油粘土にコーラの王冠でギザギザエッジのコイン型を押し、楊枝で魔法陣を描いたら石膏を流し込みます。固まったら精巧な型取りコインの出来上がり!黒のアクリル絵具で下地作り、次に金のアクリル絵の具で渋くて古めかしい金貨に仕上げました。旅人の持つ金貨入れに入れれば、気分はすっかり魔導士見習いです。
金貨をゲットする宝探しの絵も、動きがあってとっても上手!

魔法シリーズ第三弾は『輝く魔法のステッキ・光る魔法を使っている絵』でした。木の棒に紙粘土を巻き付け、ビーズやビー玉などキラキラする宝石をちりばめるだけでなく、先端にはLEDライトまで埋め込みます。プラ板で作った飾りも付けて、それはそれはステキなステッキに!(これはつい言ってしまいますよね!)カーテンを閉めて室内を暗くし、光らせてご満悦でした!絵描きは、花火のように輝く魔法の絵を描きました。

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。ワークショップに参加されたお子様で、10月30日までにご入会の方は、入会金から2,000円割引致します。どうぞご検討下さい。

コメント

ドーナツ職人!

2019-06-28 03:12:03 | 幼児

大竹です。先日の幼児クラスでは、紙粘土を使ってドーナツを作りました!

紙粘土に茶色の絵の具をよ〜く練りこんだら、まんまるの形にして少し手のひらで潰します。しっかり真ん中に狙いを定め丸い型でくり抜いたら、もうドーナツの形に!2つ並べるとメガネみたい!
粘土を細長く伸ばし、端をつなげ円にしてドーナツの形にする事も出来ますが、幼児の子には粘土を均一に細長くする事が難しかったり、つなぎ目を綺麗にする事が出来なかったりします。今回の方法ですと、幼児でも簡単にドーナツらしい厚みを持ったきれいな円を作る事ができます。

今回作ったのはいちごドーナツ、チョコレートドーナツ、レインボードーナツの三種類。いちごドーナツはピンク色の絵の具を塗った後、黄色いチョコチップをトッピング!気分はすっかりドーナツ職人!に、なったところでチョコレート味とレインボー味も作っていきます。チョコレート味は、黒い絵の具を塗ってから粉砂糖風の石膏の粉を振りかけました。チョコレートもドーナツ全体にたっぷりと塗る子もいれば、私はチョコレート苦手だから半分だけ塗る!という子もいたりして、一人一人違ったドーナツになりました。
ちなみにくり抜いた粘土もクッキーにして、ドーナツと一緒にお皿に盛りつけています。丸いくり抜き型はクリアファイルを細長く切り、セロハンテープで筒状にしたものなので、ご自宅でも簡単に作れますよ!

ドーナツが出来上がったらお絵かきの時間です。口を大きく開けてドーナツを食べる瞬間を描きました。ドーナツを持ってる手はどんな風になってるかな?指は何本見える?歯はみえるかな?と、実際に本物のドーナツ用意して描きました。本物のドーナツを前に食欲と戦いながらも皆上手に描けていますね!素晴らしいです。

コメント

サンダルでどこに行こうかな?

2019-06-07 02:55:40 | 幼児


サンダル・ファッションショー!?

大竹です。五月とは思えない暑さが続き、ようやく梅雨入りとなりましたね。幼児クラスでは、夏に向けて一足早くサンダルを作りました!以前小学生クラスで制作した靴の様に、本物の足でスタンプを取り、キチンと履けるサンダルを作ります。
教室に来たら真っ先に靴を脱ぎ、足の裏に絵の具を塗りたくります。冷た〜い!くすぐったい〜!気持ち悪〜い!と様々な声が上がる中、ドンドン足裏スタンプを押していきました。黒いアクリル絵の具を使用したので、スタンプを押した後に自分の足裏を見てコゲた〜〜!と言って一生懸命足を洗う様子が微笑ましかったです。乾いた後は足跡足跡に合わせて切り抜けば靴底の出来上がり!(この時点で「見て!もう履けるよ!」とすり足で教室を歩く子も笑)

そしてアッパーをつける前に、これから作るサンダルのデザインをスケッチブックに描いていきます。トゲトゲを生やしたり、カラフルなリボンを沢山付けたり、目玉が付いていたり………中には出来立ての靴底をさっそく紙の上に置き、周りをなぞって実物と同じ大きさで描き始める子もいました。デザインが出来たらいよいよサンダル作り!今回はリボンやモールといった紐系の飾りが人気でした。元々の靴底の色を右足はペールオレンジ、左足はイエローで作っていたので、それに合わせて左右全く違うデザインで作る子もいれば、飾りの形は同じだけれど色が違うオシャレなデザインの子もみんなセンスはバツグンですね!

大人は歳が1020違っても足の大きさは対して変わりませんが、幼児たちは12歳でも大きな差がありました。よく柱に子供の背中を合わせ、印や傷をつけて身長の記録を付けていったりしますが、今回のサンダルの様に足や手のスタンプを一年毎に取っていき成長記録として残していくのも楽しそうですね!

コメント

アトリエの園庭?

2019-05-24 23:25:50 | 幼児


苔むした散りかけの桜の木を写生

オバラです。またまた幼児クラスのご紹介。
おや?ここはどこ?綺麗なタイルレンガの下には川が流れていています。写真には写っていませんが、見上げると桜並木があります。
なんとアトリエの向かい(綱島街道を渡った所)に、こんな素敵な憩いの場ができました!
ベンチ代わりの小さめの四角い石が4つ置いてあるだけなので、いつも誰もいない!走り回るにはちょっと狭い感じも、制作するには丁度いい!もうミオスの子ども達の為に川崎市で作ってくれたとしか思えない!

もちろん学生達約10数人と貸し切り?で花見もしましたよ!土曜の授業後、岩田先生とも缶ビール飲みました。


環境に優しい水粘土で遊ぼう!どっちのチームが高い塔をつくれるかな?
(水粘土とは本来は彫塑を制作する為の粘土です。通常はこの粘土で原型を作り、石膏で雌形を取り、そこに金属などを流し込むと銅像ができます。私が大学を出た後、もう一度短期で彫塑を専攻していた為、大量に持っています。ん?つまり25年も使っているのか!)

こういうカリキュラムは子ども達とっても大好きなのですが、室内でやると授業後に大掃除になってしまいます。でももう大丈夫!ここでやればどんなに汚しても問題ないですし、イタズラして川で粘土を洗ってみても(写真右下)汚染されない!頭に乗せても(写真右上)服に付いても豪快に落とせる!

今まで小学生クラスののこぎりやトンカチなどの大工製作は、車も通る駐輪場の傍らでやっていましたが、これからは安全で迷惑も掛からないこの場所でできそうです。

追伸 明日の岩田先生主催【大人クラス勉強会】は定員をはるかに超えたお申込みがあり、当日の参加は受け付けておりません。今回ご参加頂けなかった方の為に、夏にも【大人クラス勉強会】を予定しております。詳細は後日ブログにてご案内致します。

コメント