モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

女子美付属高校合格

2024-02-12 14:48:58 | 美大・美術高校受験生作品


みつき 中3 左-透明水彩 / 右‐鉛筆デッサン

合格速報です。みつきが女子美術大学付属高等学校に合格しました!おめでとうございます!
着彩もデッサンも「出されたモチーフ全てを、食わず嫌いせずに余すところなく描き切ってやろう!」と取り組む姿勢まで伝わる絵が描けるようになりました。妥協したり、手を抜いた部分は一切ありません。中学生でここまで真摯に絵を描けるとは素晴らしいです。落ちる要素はありませんでした。

精神的にも不安定なところがなく順調に上達、1mmも心配がありませんでしたので、これからのことを書いていきたいと思います。
・並べられたモチーフの中で、主役、脇役の序列を決め、主役は重量感までしっかり伝わるように描く
・主役から離れるに従って上手く手を抜く
・画面の中で硬柔、重軽、遠近、静動、明暗のメリハリをつける

モチーフを愛し、自分がモチーフから感じた想いを一枚の紙に再現するテクニックはすでに習得しています。ただその意気込みが強すぎると肩に力が入って視野が狭くなり、全てを同じように再現しようとしてしまうので、脇役や背景は『良い意味で手を抜く=遊び心を持つ』これができるようになると、魅力が増してくるでしょう。
何はともあれ、合格おめでとう!高校には猛者がたくさんいます。刺激を受けながら更に磨きを掛けてください。 オバラ

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ここから、これから

2023-04-26 23:53:59 | 美大・美術高校受験生作品


彩里 高3 木炭デッサン

花粉症でティッシュが恋人です、ナツメです。今日は学生のアヤリの牛骨デッサンをご紹介します!初めての木炭デッサンです。木炭デッサンとはその名の通り柳の枝を焼いて作った木炭で描き、食パンのやわらかい部分で消し、ガーゼでこするといった鉛筆デッサンとは使う道具も描き方も違うものです。濃淡の幅が広い明暗のグラデーションを自然に作る事が出来る反面、その場所、質感、明度に合わせ効果的に手を動かさなくてはいけないのが特徴です。

今回はじめての牛骨デッサンでしたが形はよく取れており、細部まで観察ができています。しかし骨に入ったヒビなどの細かい部分を追っているうちに上面の光が弱くなり、細部は若干目立ちすぎています。見つけるのも描くのも楽しくて、つい描きすぎてしまう気持ちはよくわかる!ですが、「デッサンはモノではなく空間を描く作業」と言われるほど空間への意識が重要です。大きな明暗はその意識への第一歩。次回は強く当たる光を意識してみて欲しいです。

左端ギリギリになってしまった構図のミスに対し、空いてしまった右側に背景を置き自力で対応したのは良かったですね。受験においても、どれだけ練習を重ねて万全に対策をしたとしても、やらかしちゃった!と普段からは考えられないようなミスをすることもあります。そんな時に焦りを受け入れ臨機応変に対応する力があるかないかでは変わってきます。そうは言っても構図が命!実はこのデッサン、右上からの光だったところを左に詰めて描いたため最後に光の向きを左上からに変えました。次回は滑り出しから意識できたら良いですね。今はまだやりたいことに技術が追いついておらずもどかしい部分も多いと思いますが、意欲的で吸収速度が早いので今後の成長に期待が高まります。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

美術高校受験

2023-04-08 18:15:36 | 美大・美術高校受験生作品


中3 美術系高校受験前の冬期講習で描いた作品より

オバラです。2ヶ月間、土曜ブログ担当の岩田先生がお休みですので、作品写真のみ、もしくは、文章少な目なブログをアップしていこうかと思います。
この4月に高校生になった子達が、冬休み中の特別講習で描いたデッサンです。受験用ですので90分で描かせています。受験前は「まだまだ全然ダメだ!同じこと二度言わせんな!一度で覚えろ!」なんて怒ってばかりいましたが、こうして改めて見ると、ちゃんとグレイの色幅が出ていますね。うん、中学生にしてはなかなか良いんじゃない?ヨシヨシ。合格させてやったんだから暴言は許せ!と、口が悪いだけでなく恩着せがましいのに、この子達は高校生になっても通ってくれています。


受験直前の2月には、ここまで描けるようになりました!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

石膏デッサン

2023-03-25 18:28:13 | 美大・美術高校受験生作品


岩田先生の予備校時代の鉛筆デッサン

岩田先生が6月までお休みなので、土曜日ですがオバラです。アトリエの壁に貼ってある『サモトラケのニケ』の石膏デッサン。大理石の本物はルーブル美術館にドカーンと飾ってあるので、フランスで見た方も多いのでは?
画用紙の大きさは110㎝。イメージが付きやすい様にカサブランカと一緒に撮影してみました。彫像は244㎝との事ですので、おおよそ半分の大きさに縮小して描いています。
現在、大人クラスでは石膏デッサンが静かなブームで、どのクラスでも数人の方がチャレンジされていらっしゃいます。石膏像の平均的サイズ(高さ)は80㎝前後で、石膏デッサン用の画用紙は65㎝×50㎝。かなりの大きさですので、描く前から躊躇してしまいそうなのに、果敢にチャレンジされる生徒さんに敬意を表します。
最近は藝大以外の美大では石膏デッサンが出題されなくなり、美大出身でもほとんど描いたことがない人も多い中、素人の生徒さんが取り組んでくださるとは嬉しい限り!
まだ描いたことがない方も、ぜひ勇気を出してチャレンジして欲しい!
のですが、先週20㎏近くあるブルータスを140㎝の石膏台に乗せようと持ち上げて、ぎっくり腰になってしまいました。しばらく怖くて持てません。弱気ですみません。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

藝大への道

2023-03-20 23:54:18 | 美大・美術高校受験生作品

小原です。土曜日の岩田先生のブログでも書いてありましたが、住吉桜はすでに咲き始め、アトリエの窓からはお花見が楽しめる風景がご覧頂けます。
しかし、ミオスでの桜と言えば受験!今年、藝大の日本画科を受験していた二人からは、不合格の知らせをもらいました。

「お久しぶりですサトルです。
藝大日本画、今年も二次で落ちました。
実力はついてきていたのですが、あと一歩及びませんでした、、、。
4浪します!!!
来年は圧倒的なレベルの絵を描いて受かって来ます!!!!!!」
「お久しぶりです。マヤです。
チョコのお礼が遅くなってすみません。美味しかったです。ありがとうございました!
今年も落ちたので二浪します(笑)
色々な物事と良い距離感を保ちつつ、頑張っていきます。」

長い時間ものすごく努力したのだから、その価値を保証する結果が欲しかったでしょう。
がむしゃらに手繰り寄せた糸が、求める未来に繋がっているという希望が欲しかったでしょう。
35年前の私は藝大受験の失敗に打ちのめされ、自分の無能さに反吐が出るほど嫌気が指しました。「視野が広がったからそう感じる」なんてきれい事、耳に入らなかった。自分を信じられず、未来を予見できなかった。
二人を敬服します。

5浪して藝大に入った岩田先生から
「おー!落ちましたか!
4浪すれば、流石に受かるでしょう。
頑張って欲しいですね。」
「2浪すると、入ってからだいぶ楽ですね!
浪人生活、楽しんで欲しいです!(笑)」
ミオスには、頼もしい先生がいて良かった。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

桜が咲くとは限らない

2023-03-13 23:22:46 | 美大・美術高校受験生作品

オバラです。今年の受験も、明後日の藝大二次試験の発表を持って終了です。大人クラスに交じって絵を描いていた受験生もいたので、きっと心の中で応援してくださっていた社会人の生徒さんもいらっしゃいますよね?「自分の描くデッサンより数倍上手くて速いのに、けちょんけちょんに怒られてる!」と恐れおののきながら矛盾を感じたこともあったでしょう。申し訳ございませんでした。

しかし「今までご声援をありがとうございました!無事、みんな合格頂きました!」と、言えないところが人生。上の4時間で制作した水彩画を描いた中学生は、残念な結果に終わりました。今年の倍率は高校受験にあるまじき5倍だったとの事、非常に高い競争率でした。

限界まで頑張ったのに、私達の力不足で本当に申し訳ないです。しかし今の彼女が持てる力を最大限出せたと思います。それでダメだったのですから、辛くて悲しいけど受け入れるしかありません。
しばらくメソメソして、嫌いな事、苦手な人は避けて、好きなものに囲まれる時間を多く持ちながら、ゆっくり気持ちを整えて欲しいです。美術が大好きで、描きたくてたまらない気持ちは、きっと変わらないと思います。美大受験にシフトして、そこでまたトライしましょう。ずっと応援しています。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

白山高校美術科 合格再現作品

2023-03-09 23:30:01 | 美大・美術高校受験生作品


こころ 鉛筆デッサン 左が合格再現作品

マユカです!今回は白山高校の美術科に合格したこころのデッサンをご紹介します

アトリエでは受験する高校がどこかに関わらず、基本的に形をとるのが難しかったり、描きこみが複雑なモチーフを組んでデッサンしてもらっています。もちろん受験の時期が近づいてくれば、高校ごとに特化したモチーフでのデッサンをしますが、実際の試験で「こんなの描けない!」とパニックにならないように、どんな課題を出されても、試験時間内で描き切ることが出来るようにと、受験期中盤辺りまではあえて難しいモチーフに取り組んでもらっています。
こころは初めからしっかりと強い黒を入れて、積極的に描くことが出来ていたため、そんな難しいモチーフにも「時間足りないです!」とは言いつつも全体的に完成させていたのですが、その代わり描きこみがかなり大雑把になってしまいがちでした。冬休みを経て、その描きこみにもかなり繊細さがプラスされ、ただガシガシと描くだけでなく、細部までよく観察し、繊細なタッチもできるようになっていましたね。受験前に描いた針金のうねりや影の乗せ方、ゴム手袋の表現でも「すごく繊細に描けるようになったなぁ」と感動していたのですが、参考作品での紙コップの描き方なんて、最初見たときこころだと分からなかったくらい!奥にあるものだからと控えめに描かれていても、描きこみは忘れていませんでした。何枚も描いていく中で目が肥えてしっかりと観察ができるようになり、時間にも余裕が出来たのだと思います。手前はしっかり描きこんで、ぐっと強い黒を入れることで目立たせ、遠近感を強調しよう!というデッサンのポイントもしっかり押さえられていますね。

勉強も絵も頑張らなくてはいけない美術系の学科は、やることが多くて大変だったと思います。改めて受験お疲れ様でした。合格、おめでとうございます!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

多摩美・武蔵美・造形 合格!

2023-03-06 23:54:45 | 美大・美術高校受験生作品

オバラです。『もうすぐ春』と言えば受験!先週、高2の冬から高3の頭に掛けて、週に5日~6日授業がある美術予備校へと追い出した美大受験生たちが4人、次々と合格の報告に来てくれました。
多摩美のグラフィックデザイン科・情報デザイン科・プロダクトデザイン科・統合デザイン科、武蔵美の視覚伝達デザイン科、造形のグラフィックデザイン科、とたくさんの合格をひっさげてのお礼参り!?(デザイン科は1つの大学内でたくさんの科があるので、一人で3・4ヶ所受験するのが普通です。)
一番心配していた慶徳(名前言っちゃった!)なぞ、「俺、受けたところ全部受かっちゃいました!」と、信じられない報告をしてくれて驚き!(他の子は、不合格だったところもありました。)
小学校1年生からミオスに通い、小学生・中学生の頃はいつも遊んでばかりで何度激怒したか分からず、高校生になって「美大を目指したい」とは言っても口ばかりでやる気も感じず、「お前見てるとムカつくんだよ!自主的に制作する意欲もない奴に教える事は一つもねぇ!帰れや!」と数回ブチ切れ…と、悪口ならいくらでも出て来る。(書かせた反省文もちゃんと取ってある!)
見せてもらった合格再現作品は大変下手クソではありましたが、欠点を見事に隠した下手ウマな平面構成でして、自分の力量を正確に測り、人より劣った武器でも戦える技を身に付けたことが良く分かりました。
皆と同じ強さの武器が持てなければ、違う戦い方を考えればいい。マイナスをプラスに変えて逆転するなら、頭を使えばいい。それができるようになって感動です。
そんな風に褒めたら、「でもそれができるようになったのは、ノリ先生が長い時間かけて俺に教えてくれたからだよ。美大を目指さないでなんとなく一般大学に行ってたら、人生が楽しいって自分に胸張って思えなかったかもしれない。」なーんて口まで上手くなりやがってコノヤロー!
でもミオスの名誉の為、合格再現作品は載せない様にしよーっと。
みんな、美大合格おめでとう!嬉しい報告をありがとう!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

川崎総合科学デザイン科 合格再現作品

2023-03-03 19:48:16 | 美大・美術高校受験生作品


梅 中3 合格再現作品 左ー川崎総合科学デザイン科  /  右ー橘学苑デザイン美術コース

大竹です。ミオスではほぼ毎年、川﨑総合科学デザイン科を受験する生徒がいます(私もかつてはその一人でした)。今年の受験合格再現作品、梅のデッサンを掲載させて頂きます。

今年のモチーフは、川総はハーフサイズのティッシュ・ガムテープ・赤いハチマキ。橘学苑は、ティッシュと緑の養生テープとシュロ縄でした。(両校モチーフが似ている!)
モチーフは両方とも基本的な形の組み合わせとなっています。形を正確に捉える事は勿論、素材の質感、そして何より構図が重要となってきますね。梅は冬休み直前までは中々スイッチが入らなかったのか、上達が伸び悩んだ為「どうすれ意識を変えられるか?」と講師陣も毎回授業後に会議をしておりました。休みが明けてからは意識も変わったのか、以前と比べると画面の密度も高くなっていきました。受験の際、合格したいのは勿論ですが、その基盤には「絵が上手くなりたい!」という欲があるはずです。ただ先生に言われたから描く、ではなく、「このつまんないモチーフを、上手く描いて魅力的にするぞ!」「前回よりも、もっと上手く描くぞ!」という意欲がなければ上達には結びつかないでしょう。絵が上達したと感じられる瞬間は、何よりもモチベーションにつながったかと思います。
何はともあれ、受験お疲れ様でした。ずっとデッサン漬けだったので、これから好きな絵をいっぱい描いてね!

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鍛えて、鍛えて

2022-11-16 23:56:17 | 美大・美術高校受験生作品


こころ 中3  透明水彩 / 鉛筆デッサン

街がクリスマス色になってきて焦りを感じています、ナツメです。今回は中3のこころの作品をご紹介します!
都立芸術高校を目指して頑張っているこころ。芸高には、美術科と音楽科があり、美術科の中には日本画、油絵、彫刻、デザイン、芸術学と5つのコースがありまるで美大!当然レベルも高く、学祭などに行くと「もう美大に行かなくてもいいのでは?」と思うような作品ばかりで圧倒されます。(学祭のパンフレット一つとっても遊び心あるユニークなもので、絶対持って帰りたくなる代物です!)

受験ももちろんハードルは高く、左の着彩は4時間、右のデッサンは3時間で完成させます。画用紙のサイズは、川崎総合科学デザイン科や横浜弥栄の美術科の試験で与えられる紙の倍のサイズ!必然的にモチーフも大きなものが出題されます。

着彩は時間がないため、はじめから濃い色を乗せないと絵の具が重ならず最後まで淡い色合いのまま終わってしまいます。今回は特に色の濃いモチーフが多い中、ここまで色を乗せられているのは大きいですね。形が狂っていたり光ではなく色でモチーフを見ていたりとまだ荒削りではありますが、見えるものを全部描き止めようという意思・意欲が感じられて好感が持てます。試験では個々の描きこみよりも全体の印象が求められるため、モチーフの中での役割や優先順位の判断が大切になります。
デッサンの試験時間はなんと美大のデザイン科と同じ()です。これ以上ないほど早く鉛筆を動かしていてもあっと言う間に終わってしまうので、腕と一緒に脳もフル回転させます。1番の明るさから1番の暗さまでを画面に使えていること、それぞれの質感の差を出せてきていることは素晴らしいですね!ここから少し丁寧に鉛筆を動かしたり、重さの差も意識できるようになるとより良くなると思います。

美術系の受験は、スポーツだとまで言われるほど体力や反射神経が問われます。既に息切れしそうなほど頑張っていると思いますが、息抜きもしつつ、残りの期間も走り切って下さい!応援しています!!!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自信を力に!

2022-04-07 20:09:10 | 美大・美術高校受験生作品

お久しぶりです。真結花です!春休みからミオスのアシスタントに復活させて頂いています。
無事大学受験を終え、第一希望だった多摩美術大学グラフィックデザイン学科に合格することができました。
多くの人に支えられながら走り抜けた受験期でしたが、あんなに苦しかった日々が今となってはそんなに悪くなかったように思えます。
上記2作品はそれぞれ多摩美術大学情報デザイン学科(左)と統合デザイン学科(右)の合格再現作品です。(肝心なグラフィックデザイン学科の合格再現作品の写真は撮り忘れてしまいました。)

ミオスを高2の秋で退会し、1年半ほど美術予備校に通って絵を描き続け、夢と引き換えに学校行事や友達との思い出など、貴重な青春を失った私ですが、初めの方は「まあ絵を描くのは好きだし大丈夫だろう」と美大受験を軽く見ていました。そのせいでかなり痛い思いをしたので今回は『美大受験ってどんな感じなの?』という話をしたいと思います。

まず生活の中心は美術予備校になります。基本的に忙しくなるのは高校3年生から、それも夏休みに入る少し前からでした。私が行っていた所は他所に比べて忙しくなるのが遅く、別の予備校に通っていた友人は高2の冬から毎日忙しかったそうです。ですがその忙しさが実力を向上させてくれます!出された課題をこなしていけば、試験日には周りと十分戦える実力がついているはずです。
また勉強についてですが、ほとんどの美大は国語と英語の二教科で試験をします。「なんだ2教科か。楽じゃん」と思った方、いますね?私もそう思っていましたが違いました。思っていた以上に時間が足りないのです。美大は実技重視とは言え、浪人生に技術面で敵わない分、ここで点数を稼がなければならないので疎かにはできません。
最近のデザイン系の学科は実技だけでなく勉強面も重視されつつあるそうです。予備校が忙しくなる前にたくさん勉強しておくと後で困ることも後悔することも少ないかと思います。

そしてこれは美大に限ったことではないと思いますが、受験というものは精神をどんどん削り取っていきます。特にデッサンやデザインは試験中でも自己採点ができてしまうので「ここをもっとこうすれば良かったかも…」と不安になりがちです。一度不安になってしまうと思うように描けなくなってしまい、描き直しなんてしようものなら時間が足りず、クオリティを落とすことになります。
難しいですが大切なのは自信を持つこと、今まで頑張ってきた日々を信じてあげることだと思います。
私はといえば試験で出された問題が例年と180度違い「多摩美のバカヤロー!!こんな大学2度と受験しない!!」などと心の中でキレながらがむしゃらに描いたら受かりました。自分の作品に疑いを持たなければ、怒りさえ味方にして案外何とかなるみたいです。

最後に落ち込んだ時のアドバイスを。どうしても作品に自信が持てなくなってしまったとき、私はミオスに作品を持って行って意見をもらったり、高校の美術の先生に意見をもらったりと、多方面から意見をもらうことで客観的に自分の作品と向き合い、次こそは良い作品を作ろうと気持ちを切り替えていました。
皆様も何かに行き詰ったときはいろいろな人に意見をもらってみると思いがけない解決策が見つかるかもしれませんね!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

合格しました!

2022-03-30 23:35:53 | 美大・美術高校受験生作品


菜々美 高3 多摩美 統合デザイン科 合格

気づけば桜が満開でした、ナツメです!今回は多摩美術大学の統合デザイン学科に合格した菜々美の作品を紹介します!

統合デザインってどういうことするの?と学科名だけだと疑問に思いますよね。「身の回りにあるものは全てデザインされている」とよく言われるのですが、その言葉の通り自分の部屋や今着ている服、このページのレイアウトも全てデザインされています。一口でデザインと言ってもそんな幅の広い分野なので、多くの美術大学はデザインの学科だけでもいくつかの専攻に分かれています。例えば多摩美術大学だと主にポスターやパッケージなどのデザインを主に学ぶ「グラフィックデザイン学科」、立体物を手掛ける「プロダクトデザイン学科」、布や服飾が専門の「テキスタイルデザイン学科」など〇〇デザインと名のつく学科がなんと7つも!そして今回菜々美の合格した統合デザイン学科ですが、「統合」と言うだけあって様々なジャンルを学ぶことのできる専攻になります。狭く深く、の他のデザイン学科と比べると、間口を広げることによってどの方向にも掘り進めることができるため実際に色々なジャンルの経験を積みつつ自分が興味のある分野の研究が可能です。菜々美がこれから様々なデザインを学んで上でどんなものづくりをしていくのか、今から楽しみです!

丁度コロナ禍と被り苦労の多い受験期だったと思いますが、よく乗り越えたと思います。改めておめでとうございます!今まで大変な思いをして頑張って来た分、大学では羽を伸ばして自分のやりたいこと、好きなことを沢山見つけて下さい!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まだこれから 川総デザイン受験再現作品

2022-03-07 23:35:12 | 美大・美術高校受験生作品

オバラです。川崎総合科学高校デザイン科を受験した二人は不合格でした。今まで気に掛けて応援してくださった皆様、ありがとうございました。

「人生には失敗というものは存在しない」なんて綺麗ごとを言うつもりは毛頭ございませんが、人には経験を活かす力があります。そう思って歩んでいくことが大事だと私は思います。
それにまだ高校受験。今回はうまくいきませんでしたが、その経験を先の美大受験に活かせばいい。ただそれだけのことです。高校受験は人生の1つのイベント・通過点にすぎません。

とくに美術が好きな人なら、自分のやりたい事があってそれに夢中になっているのだから、あれこれと気にしないで欲しい。どんな結果であろうが、報われないことはないと信じて。
今は悲しい気持ちで一杯でしょうが、時間が経てば、きっと前向きになれるから安心して!
人生は未知で面白い。悲しみがなくなったら、必ずワクワクがやってくるからね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ここがスタートライン! 神奈川工業高合格再現作品

2022-03-02 23:54:15 | 美大・美術高校受験生作品


神奈川工業高(デザイン)  合格再現作品 マリヤ

布団の心地よさに毎日二度寝しています、ナツメです!昨日に引き続き、美術高校を受験したマリヤの作品の紹介です!

彼女の受けた神奈川工業高校では毎年立方体や円柱などの基本的な立体のものが出題されており、今年のモチーフはオレンジのピンポン球、養生テープ、白い未開封のティッシュボックスと球体、円柱、直方体の組み合わせでした。

1番上の画像は試験後日にアトリエで描いてもらったものですが、受験前日の最後の最後まで「とにかく目に見えるものを全て描け!描いてないのは見えてないことと同じだ!」と口を酸っぱくして言っていたおかげか()目の前にモチーフがないにも関わらずティッシュボックスの凹みやレタリングなどもしっかりと覚えていて、精密に描写してあります。強調する場所しない場所、影の魅せ方など、それぞれのポイントをしっかりと押さえて描くことができました。

アトリエでのデッサンでは、訊けば答えられるのに何度影をつける順番の話をしても別の順番で描いたり、指摘したところも最後の方まで直さなかったり(最終的にはきちんと仕上げてくるのですが)マリヤの技術というよりも、マリヤ自身との戦いだったなあという記憶があります。そんな捻くれ者の彼女ですが、ミオス以外にも絵の予備校に通い、さらに家で何枚も自主的にデッサンを描いてアトリエに持って来たりとひたすら努力を重ねて経験を積んできました。私自身美大に通っていても、そういう頑張りができる人が生き残る世界だな、と身に染みて感じる機会が多いです。今まで培ってきたものは今後の礎になります。ここがスタートラインですが、新しい環境でも楽しく自由に!マリヤの好きなことを沢山して、色々な経験を重ねて欲しいです。合格、おめでとうございます!!!

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

真面目にやるな!? 弥栄高校 合格作品

2022-03-01 22:31:39 | 美大・美術高校受験生作品


相模原弥栄高校(美術科)  合格再現作品 咲也子

夜もだんだんあったかくなってきたのでは?!一平です!本日は学生クラスのサヤコの作品をご紹介します。

彼女が受けた相模原弥栄高校の今回のモチーフは、白い仮面(小学校の図画工作の課題で飾りを付けて使うプラスチック製の土台)、表紙も中も全て白いノート(紙は破ったり・丸めたりOK)、白いロープでした!全て白で立体感が付けづらく中々クセが強いモチーフ達ですね。(ちなみに白いノート、こちらは受験直前でミオスで描くことが出来ていました!弥栄のモチーフ、今年も当たった!)

サヤコは普段から「真面目すぎる!」といつもどやされるくらい真面目な子でした。真面目なのが注意されるというのが美術の世界の七不思議の一つですが、要は人と違った視点を持っているかどうかが大事という話ですね。人と同じ意見では埋もれてしまいますから(勿論、そこを皮肉ったり逆手に取る面白い作品も多々ありますが)。
それを踏まえて今回の受験で描いたデッサンを見てみると本を大胆にぐしゃっと潰しています。ここは半年前の彼女からしたら考えられません。無難にいかない、というのは意外と誰でも出来ますが、それにはそれに伴った実力が必要になってきます。大胆さと実力、どちらの成長も感じます!(ちなみに彼女の周りの受験生は彼女の見た感じではみんな本をいじらずそのまま描いていたそうです。
NICE判断!)

そしてアトリエ的には「真面目にやるな!」という激ヤバアドバイスだけではなく、きちんと技術的なアドバイスもしています。最後まで円柱がかなり苦手だったので自宅課題で描かせたり、濃さが足りなかった彼女のデッサンに僕や岩田先生が紙が破れるのでは?というくらい鉛筆で濃くしたりとなかなかの荒療治もしてきましたが、それらが実ったような気がしますね!
試験の白いモチーフだらけでは濃くする部分が重要になってくるが、濃くしすぎると白く見えない、という厄介な境界線をうまく攻めていると思います。

何はともあれ本当に合格おめでとうございます!高校に限らず、新しい環境は色んな人に出会うキッカケでもあり、自分にとって必ず良い刺激になります。それにこれからはバイトできるので自分で使えるお金がどんどん増えてくるのでしょう。(ミオスの小学生くらすでもぜひアシスタントして欲しいな☆)周りの人に「貯金しときな!」と言われても是非好きなものを買いまくって、色んな経験をしていって、面白大人(ファニーアダルト)になって欲しいものです。本当におめでとう!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする