モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

鍛えて、鍛えて

2022-11-16 23:56:17 | 美大・美術高校受験生作品


こころ 中3  透明水彩 / 鉛筆デッサン

街がクリスマス色になってきて焦りを感じています、ナツメです。今回は中3のこころの作品をご紹介します!
都立芸術高校を目指して頑張っているこころ。芸高には、美術科と音楽科があり、美術科の中には日本画、油絵、彫刻、デザイン、芸術学と5つのコースがありまるで美大!当然レベルも高く、学祭などに行くと「もう美大に行かなくてもいいのでは?」と思うような作品ばかりで圧倒されます。(学祭のパンフレット一つとっても遊び心あるユニークなもので、絶対持って帰りたくなる代物です!)

受験ももちろんハードルは高く、左の着彩は4時間、右のデッサンは3時間で完成させます。画用紙のサイズは、川崎総合科学デザイン科や横浜弥栄の美術科の試験で与えられる紙の倍のサイズ!必然的にモチーフも大きなものが出題されます。

着彩は時間がないため、はじめから濃い色を乗せないと絵の具が重ならず最後まで淡い色合いのまま終わってしまいます。今回は特に色の濃いモチーフが多い中、ここまで色を乗せられているのは大きいですね。形が狂っていたり光ではなく色でモチーフを見ていたりとまだ荒削りではありますが、見えるものを全部描き止めようという意思・意欲が感じられて好感が持てます。試験では個々の描きこみよりも全体の印象が求められるため、モチーフの中での役割や優先順位の判断が大切になります。
デッサンの試験時間はなんと美大のデザイン科と同じ()です。これ以上ないほど早く鉛筆を動かしていてもあっと言う間に終わってしまうので、腕と一緒に脳もフル回転させます。1番の明るさから1番の暗さまでを画面に使えていること、それぞれの質感の差を出せてきていることは素晴らしいですね!ここから少し丁寧に鉛筆を動かしたり、重さの差も意識できるようになるとより良くなると思います。

美術系の受験は、スポーツだとまで言われるほど体力や反射神経が問われます。既に息切れしそうなほど頑張っていると思いますが、息抜きもしつつ、残りの期間も走り切って下さい!応援しています!!!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

自信を力に!

2022-04-07 20:09:10 | 美大・美術高校受験生作品

お久しぶりです。真結花です!春休みからミオスのアシスタントに復活させて頂いています。
無事大学受験を終え、第一希望だった多摩美術大学グラフィックデザイン学科に合格することができました。
多くの人に支えられながら走り抜けた受験期でしたが、あんなに苦しかった日々が今となってはそんなに悪くなかったように思えます。
上記2作品はそれぞれ多摩美術大学情報デザイン学科(左)と統合デザイン学科(右)の合格再現作品です。(肝心なグラフィックデザイン学科の合格再現作品の写真は撮り忘れてしまいました。)

ミオスを高2の秋で退会し、1年半ほど美術予備校に通って絵を描き続け、夢と引き換えに学校行事や友達との思い出など、貴重な青春を失った私ですが、初めの方は「まあ絵を描くのは好きだし大丈夫だろう」と美大受験を軽く見ていました。そのせいでかなり痛い思いをしたので今回は『美大受験ってどんな感じなの?』という話をしたいと思います。

まず生活の中心は美術予備校になります。基本的に忙しくなるのは高校3年生から、それも夏休みに入る少し前からでした。私が行っていた所は他所に比べて忙しくなるのが遅く、別の予備校に通っていた友人は高2の冬から毎日忙しかったそうです。ですがその忙しさが実力を向上させてくれます!出された課題をこなしていけば、試験日には周りと十分戦える実力がついているはずです。
また勉強についてですが、ほとんどの美大は国語と英語の二教科で試験をします。「なんだ2教科か。楽じゃん」と思った方、いますね?私もそう思っていましたが違いました。思っていた以上に時間が足りないのです。美大は実技重視とは言え、浪人生に技術面で敵わない分、ここで点数を稼がなければならないので疎かにはできません。
最近のデザイン系の学科は実技だけでなく勉強面も重視されつつあるそうです。予備校が忙しくなる前にたくさん勉強しておくと後で困ることも後悔することも少ないかと思います。

そしてこれは美大に限ったことではないと思いますが、受験というものは精神をどんどん削り取っていきます。特にデッサンやデザインは試験中でも自己採点ができてしまうので「ここをもっとこうすれば良かったかも…」と不安になりがちです。一度不安になってしまうと思うように描けなくなってしまい、描き直しなんてしようものなら時間が足りず、クオリティを落とすことになります。
難しいですが大切なのは自信を持つこと、今まで頑張ってきた日々を信じてあげることだと思います。
私はといえば試験で出された問題が例年と180度違い「多摩美のバカヤロー!!こんな大学2度と受験しない!!」などと心の中でキレながらがむしゃらに描いたら受かりました。自分の作品に疑いを持たなければ、怒りさえ味方にして案外何とかなるみたいです。

最後に落ち込んだ時のアドバイスを。どうしても作品に自信が持てなくなってしまったとき、私はミオスに作品を持って行って意見をもらったり、高校の美術の先生に意見をもらったりと、多方面から意見をもらうことで客観的に自分の作品と向き合い、次こそは良い作品を作ろうと気持ちを切り替えていました。
皆様も何かに行き詰ったときはいろいろな人に意見をもらってみると思いがけない解決策が見つかるかもしれませんね!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

合格しました!

2022-03-30 23:35:53 | 美大・美術高校受験生作品


菜々美 高3 多摩美 統合デザイン科 合格

気づけば桜が満開でした、ナツメです!今回は多摩美術大学の統合デザイン学科に合格した菜々美の作品を紹介します!

統合デザインってどういうことするの?と学科名だけだと疑問に思いますよね。「身の回りにあるものは全てデザインされている」とよく言われるのですが、その言葉の通り自分の部屋や今着ている服、このページのレイアウトも全てデザインされています。一口でデザインと言ってもそんな幅の広い分野なので、多くの美術大学はデザインの学科だけでもいくつかの専攻に分かれています。例えば多摩美術大学だと主にポスターやパッケージなどのデザインを主に学ぶ「グラフィックデザイン学科」、立体物を手掛ける「プロダクトデザイン学科」、布や服飾が専門の「テキスタイルデザイン学科」など〇〇デザインと名のつく学科がなんと7つも!そして今回菜々美の合格した統合デザイン学科ですが、「統合」と言うだけあって様々なジャンルを学ぶことのできる専攻になります。狭く深く、の他のデザイン学科と比べると、間口を広げることによってどの方向にも掘り進めることができるため実際に色々なジャンルの経験を積みつつ自分が興味のある分野の研究が可能です。菜々美がこれから様々なデザインを学んで上でどんなものづくりをしていくのか、今から楽しみです!

丁度コロナ禍と被り苦労の多い受験期だったと思いますが、よく乗り越えたと思います。改めておめでとうございます!今まで大変な思いをして頑張って来た分、大学では羽を伸ばして自分のやりたいこと、好きなことを沢山見つけて下さい!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

まだこれから 川総デザイン受験再現作品

2022-03-07 23:35:12 | 美大・美術高校受験生作品

オバラです。川崎総合科学高校デザイン科を受験した二人は不合格でした。今まで気に掛けて応援してくださった皆様、ありがとうございました。

「人生には失敗というものは存在しない」なんて綺麗ごとを言うつもりは毛頭ございませんが、人には経験を活かす力があります。そう思って歩んでいくことが大事だと私は思います。
それにまだ高校受験。今回はうまくいきませんでしたが、その経験を先の美大受験に活かせばいい。ただそれだけのことです。高校受験は人生の1つのイベント・通過点にすぎません。

とくに美術が好きな人なら、自分のやりたい事があってそれに夢中になっているのだから、あれこれと気にしないで欲しい。どんな結果であろうが、報われないことはないと信じて。
今は悲しい気持ちで一杯でしょうが、時間が経てば、きっと前向きになれるから安心して!
人生は未知で面白い。悲しみがなくなったら、必ずワクワクがやってくるからね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ここがスタートライン! 神奈川工業高合格再現作品

2022-03-02 23:54:15 | 美大・美術高校受験生作品


神奈川工業高(デザイン)  合格再現作品 マリヤ

布団の心地よさに毎日二度寝しています、ナツメです!昨日に引き続き、美術高校を受験したマリヤの作品の紹介です!

彼女の受けた神奈川工業高校では毎年立方体や円柱などの基本的な立体のものが出題されており、今年のモチーフはオレンジのピンポン球、養生テープ、白い未開封のティッシュボックスと球体、円柱、直方体の組み合わせでした。

1番上の画像は試験後日にアトリエで描いてもらったものですが、受験前日の最後の最後まで「とにかく目に見えるものを全て描け!描いてないのは見えてないことと同じだ!」と口を酸っぱくして言っていたおかげか()目の前にモチーフがないにも関わらずティッシュボックスの凹みやレタリングなどもしっかりと覚えていて、精密に描写してあります。強調する場所しない場所、影の魅せ方など、それぞれのポイントをしっかりと押さえて描くことができました。

アトリエでのデッサンでは、訊けば答えられるのに何度影をつける順番の話をしても別の順番で描いたり、指摘したところも最後の方まで直さなかったり(最終的にはきちんと仕上げてくるのですが)マリヤの技術というよりも、マリヤ自身との戦いだったなあという記憶があります。そんな捻くれ者の彼女ですが、ミオス以外にも絵の予備校に通い、さらに家で何枚も自主的にデッサンを描いてアトリエに持って来たりとひたすら努力を重ねて経験を積んできました。私自身美大に通っていても、そういう頑張りができる人が生き残る世界だな、と身に染みて感じる機会が多いです。今まで培ってきたものは今後の礎になります。ここがスタートラインですが、新しい環境でも楽しく自由に!マリヤの好きなことを沢山して、色々な経験を重ねて欲しいです。合格、おめでとうございます!!!

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

真面目にやるな!? 弥栄高校 合格作品

2022-03-01 22:31:39 | 美大・美術高校受験生作品


相模原弥栄高校(美術科)  合格再現作品 サヤコ

夜もだんだんあったかくなってきたのでは?!一平です!本日は学生クラスのサヤコの作品をご紹介します。

彼女が受けた相模原弥栄高校の今回のモチーフは、白い仮面(小学校の図画工作の課題で飾りを付けて使うプラスチック製の土台)、表紙も中も全て白いノート(紙は破ったり・丸めたりOK)、白いロープでした!全て白で立体感が付けづらく中々クセが強いモチーフ達ですね。(ちなみに白いノート、こちらは受験直前でミオスで描くことが出来ていました!弥栄のモチーフ、今年も当たった!)

サヤコは普段から「真面目すぎる!」といつもどやされるくらい真面目な子でした。真面目なのが注意されるというのが美術の世界の七不思議の一つですが、要は人と違った視点を持っているかどうかが大事という話ですね。人と同じ意見では埋もれてしまいますから(勿論、そこを皮肉ったり逆手に取る面白い作品も多々ありますが)。
それを踏まえて今回の受験で描いたデッサンを見てみると本を大胆にぐしゃっと潰しています。ここは半年前の彼女からしたら考えられません。無難にいかない、というのは意外と誰でも出来ますが、それにはそれに伴った実力が必要になってきます。大胆さと実力、どちらの成長も感じます!(ちなみに彼女の周りの受験生は彼女の見た感じではみんな本をいじらずそのまま描いていたそうです。
NICE判断!)

そしてアトリエ的には「真面目にやるな!」という激ヤバアドバイスだけではなく、きちんと技術的なアドバイスもしています。最後まで円柱がかなり苦手だったので自宅課題で描かせたり、濃さが足りなかった彼女のデッサンに僕や岩田先生が紙が破れるのでは?というくらい鉛筆で濃くしたりとなかなかの荒療治もしてきましたが、それらが実ったような気がしますね!
試験の白いモチーフだらけでは濃くする部分が重要になってくるが、濃くしすぎると白く見えない、という厄介な境界線をうまく攻めていると思います。

何はともあれ本当に合格おめでとうございます!高校に限らず、新しい環境は色んな人に出会うキッカケでもあり、自分にとって必ず良い刺激になります。それにこれからはバイトできるので自分で使えるお金がどんどん増えてくるのでしょう。(ミオスの小学生くらすでもぜひアシスタントして欲しいな☆)周りの人に「貯金しときな!」と言われても是非好きなものを買いまくって、色んな経験をしていって、面白大人(ファニーアダルト)になって欲しいものです。本当におめでとう!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

受験ノ心得

2022-02-12 21:25:01 | 美大・美術高校受験生作品

アトリエは3連休中ですが、岩田です。
来週の火曜15日が神奈川の公立高校の受験日なので、直前講習を開いておりました。2枚の制作・講評や今まで描いた作品の総評などを含め、休憩無しぶっ通しの約5時間。
私も久し振りに一緒に制作し、90分で完成させる時間の短さを改めて実感しました。下の2枚は私の描いたデッサンです。

ここに『受験ノ心得』を書き出します。

先ずは与えられたモチーフがどういうモノなのか観察して「知る」こと
焦って構図を決めたりしない
とにかく落ち着いて
長方形の画面に合うように考えて並べよう
いきなり描き始めるなよ
モチーフの置かれ方、手前と奥の距離、光の方向、陰・影の付き方、質感の違い、一番暗いところ、一番明るいところ、客観的にモノが見えてきたら、さぁ描き始めよう。

ビビッて構図が小さくなったり、逆に大き過ぎたりしないように
大切なのは、よーくよーくカンニングすることだ!
しかもいたって冷静に
答えは君の目の前以外にはないぞ
「構図」「かたち」「色」「質」「空間」、最後は「描き込み」だ
高校受験は美大と違って基本的なことしか見られない
これらのキーワードを使ってチェックするんだ
悔いが残らないよう
最後まであきらめるな

さぁ、楽しんで描いておいで。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

キャンパスライフ!

2022-02-08 23:29:44 | 美大・美術高校受験生作品


勘太郎 鉛筆

冬長過ぎです、一平です!本日は横浜美術大学デザイン科に合格した勘太郎のデッサンをご紹介します!

左の作品、金属のバケツと紙テープなどの固いものと柔らかいものとの質感の差が気持ちいいですね。また、全体的に暗めにする事で少しの面積で明るい部分が効果的に見えてきます。形取りや影などもキチンと平行な台に置いているように見えていて、違和感なく絵を見ている人に届くと思います!

そして右の作品、しっかりと塗られた金属の色が印象的な一枚です。ただ濃い色で塗るだけではなく、明るい所にはちゃんと明るさを持ってこれる冷静な目線も感じます。濃い色だったと思いますが映り込みも丁寧に描写していて素晴らしい。全体で見た時に他のモチーフと比べ色の差が出ていて良い目立ち方をしています!

大学は高校とは全然違う価値観や背景を持った人達が様々な地域から通いに来るとても面白い場所です。とても楽しい環境ですがそれゆえに人間関係で色々悩む事もあるかもしれません。ですがそれらのネガティブもポジティブも全てひっくるめて自分の「表現」に昇華して欲しい!そんな強さを身に付けたらきっと無敵です。

改めて、合格おめでとうございます、勘太郎の実りある四年間を願っております!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

美術系高校の受験デッサン

2022-02-07 23:31:55 | 美大・美術高校受験生作品


1個ずつ個別包装で透明ビニールに梱包されているトイレットペーパー(ビニールも紙も破ったり丸めたりして良いが、必ず全て描くこと)・フェイクレンガ

小原です。神奈川公立高校の出願が2月1日に締め切られました。が、なんと志願変更期間は明日8日まであるのです!倍率を参考にしながら出願校の状況を確認し変更できるのって、どうなんでしょう?
例えば「偏差値的に合格確実の高校に出願してるけど、背伸びして本当は行きたかった高校が1.05倍!変更すべき?でもこの倍率を見て、私と同じような考えの人が多かったら、結局倍率が高くなってしまう。どうしたらいいの?」となるんです。
この制度は最近できたそうですが、中学生にとって良いのか悪いのか、私には良く分りません。

今年うちから受ける公立の志望高校は、今のところ
川崎市立川崎総合科学高(デザイン)1.68
神奈川工業高(デザイン)1.84
相模原弥栄高(美術)1.87

さて、明日の締切後にどう変わるのでしょうか?ドキドキです。

今24歳の大竹先生が受験した時は高校受験にありえない3倍でした。3人に一人しか合格しなかったのですが、「私を落として誰を合格させんの?」と思って受験していたと最近聞き、「あっぱれ!」と感動しました。今年の子達は打たれ弱いので、あやかって欲しいなぁ。

第一志望が合格すればそれはそれでいいし、うまくいかなかったとしてもまだその先に美大受験があるから、その経験を活かせばいい。
自分のやりたい物事があってそれに夢中になっているのだから、普通高校に行く事になっても気にする必要はない。どんな結果であろうが、報われないことはないのだと、開き直って本番を迎えてくれ!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

美術高校の受験

2022-01-24 22:23:26 | 美大・美術高校受験生作品

オバラです。いよいよ公立の美術系高校の受験3週間前となりました。
毎年冬休みには受験生を対象とした講習会を開いていますが、今年は参加者・参加回数が少なく、私の方が焦っています。
勉強の蓄えがないと塾の冬期講習を優先せざるを得ず、絵を描く時間を確保することが難しくなります。しかし、勉強もギリギリ、デッサン力もギリギリの余裕のない現状は、精神的にキツイ状態。厳しいです。
「優しく穏やかで人が良い」=「波風立てずに穏便に」=「周りを見て平均をいく」という、日本人の美徳を多分に持ち合わせている子が多いのも非常に心配。そんな人が描いたデッサンに、なんの面白みも魅力もありません。先生や親、社会に都合いい(言いなりor指示待ち)人に、感動させる作品が作れる訳はないんです。
自信が持てないから手が遅く、鉛は弱々しく薄く、ミスを恐れ自分で決定打を打てず、モチーフの配置はいつも無難でつまらない。
「虚勢でいいから張っとけ!」「求めるべきは、完成度よりも冒険心!」「派手な服着ろ!」「肉食え!」と性格を少しずつ変えて行っていますが、間に合うかな?

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

冴えない日々を越えて

2021-03-15 21:11:00 | 美大・美術高校受験生作品


なつめ 高3 合格再現作品

どうも幸介です!お久しぶりです。本日ご紹介するのは、武蔵美視覚伝達デザイン科と多摩美グラフィックデザイン科に現役合格しましたなつめの作品。すでになつめ本人にもブログを書いてもらってますね。載せてある2枚とも、受験時に描いた作品の再現となります。

ほんとにもう、よくぞ受かった!という気持ちでいっぱいです。まずはそんな彼女の人となりを、僕の所感ですが書いてみましょう…

彼女は小学校低学年の時からアトリエに通っていました。寡黙で冷静沈着に見える彼女ですが、通っていたのは僕と小原先生の担当する騒がしい雑多なクラス(よく言えば賑やか)。実は下らないジョークやブラックな会話が通じる人で、むしろそんな会話を好き好んで聞き耳を立てています。よく笑う、というか、笑いを堪えられずニヤけてしまうナツメの表情が目に浮かびます。小学校を経て思春期を迎え、自分の描く絵を僕や小原先生に見せてくれない時期もありました!!アトリエに来て教室で絵を描いているのに隠すんですよ。かといって、アトリエを辞める訳でもない。天邪鬼すぎますよね笑笑。後にも先にも、そんなことしてた生徒はナツメぐらいなもんです。(しかも絵は見せるのには消極的なのに、僕と共通の趣味であるゲームの話は喜んでしてくれるという…何をしにアトリエに来ていたんだ…)

そんなナツメが美大受験を決意し、生きる糧であるはずの彼女の趣味も封印し、ほんとうに頑張った結果、見事に現役合格…!コロナ禍の冴えない日々の中、個人的には1番明るく嬉しいニュースでした。ほんとうに良かった。久々に胸がスッとしました。

受験勉強中の彼女に会うたびに「このゲームやった?」「新作出るけどどうすんの?」などと揺さぶりをかけておりましたが、「受験が終わったらやります」とバッサリ僕の言葉を断ち切り、持ち前の頑固さで受験を乗り切りましたね。ほんとに彼女のような人間が受かるべきだと思いますし、これから専門的な美術教育を受けて成長していくのだと思うと、なんというかワクワクするというか楽しい気分になれますね。

なにわともあれ、ナツメ、おめでとうございます!今後作り出すであろう作品も、またボロクソに講評するかもしれないけども、それでも楽しみに待ってまーす!

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする