モノ作り・自分作り

東横線 元住吉 にある 絵画教室 アトリエ・ミオス の授業をご紹介します。
美術スタッフが、徒然に日記を書いています。

台湾×日本 漆交流展 漆美探訪

2018-12-08 20:41:31 | スタッフ講師

皆さんお元気ですか、岩田です。
今回は、私が出品しております展覧会のご紹介を致します。こちらの展示は、日本と台湾の作家を集め、企画立案から10年を経て開催されたものです。
少し前までは、漆といえば椀や盆といった使える道具、または、蒔絵箱といった美術工芸品に使われるものとして認知されていましたが、現在では、作り手の表現も多様化しています。
漆の木は、日本や、朝鮮半島、ブータン、ミャンマーなどアジア地域のみに繁茂し、その樹液は日本では縄文時代早期、約9000年前から使われ、人々の生活と共に発展してきました。
そうした漆が現在も生活から失われることなく、むしろ見直されているという現代の状況は、西洋の文化をただただ受け入れて来た日本人の意識が変化してきていると感じざるをえません。
今を生きる漆作家達の表現を是非ご高覧下さい。

「台湾×日本 漆交流展 漆美探訪」

台湾の漆芸の歴史は日本と密接に関連しています。脈々と繋がる漆の歴史の中で、新世代の作家は漆作品の創造において、伝統に囚われない表現を模索しています。今回、互いに異なる国やコンセプトを刺激しあい、漆の新しい未来に繋げていきたいと、台湾×日本の漆作家の国際交流展を開催致します。台湾、日本総勢約28名の漆作家の荘厳かつ品格ある作品をご覧下さい。今後数年間に渡り交互に展示会を開催し、この創造的な交流が継続され、次世代の友情が育まれることを望みます。(展覧会冊子より)

[会  期] 2018年12月2日(日)〜12月16日(日)※月曜休廊
[時  間] 10:00〜19:00 (最終日 17:00まで)
[会  場] FEI ART MUSEUM YOKOHAMA 横浜駅西口より徒歩6分 横浜市神奈川区鶴屋町3-33-2 横浜鶴屋町ビル 1F FEI ART MUSEUM YOKOHAMA
コメント

ハロウィン、ようやく終わりです!

2018-12-07 00:44:22 | 小学生 絵画

大竹です。街はすっかりクリスマスのイルミネーションに彩られていますが、ミオス教室内ではハロウィンの自画像制作がようやく完成致しました。前回のブログにも記載されていましたが、通常は1ヶ月で完成させるカリキュラムをじっくりたっぷり2ヶ月をかけて制作しました。 

"自画像"と聞くと自分の顔を描くのかなんだかハズカシい、描きたくない!とイヤがるようなイメージがあります。ミオスに通われている大人の方でも、自画像はちょっと恥ずかしいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?かくいう私も、小中学生の頃は授業で自分の顔を描くことに抵抗があり、しかめ面で鏡とにらめっこしていました。
しかし、ミオスの小学生達は絵画教室へ通いたいと思うだけあって、描くことへの抵抗が少ないのか、はたまたハロウィンのコスプレパワーのお陰なのか、皆抵抗もなくスラスラと描き進めていました。
ほぼ毎日見ているあろう自分の顔も、実際に描いてみると、見ているだけじゃ分からない事に気付けます。人物の肌の色も、混色しながらできた色を実際に自分の肌に塗らせ、より近い色味になるようにしています。普段見慣れている自分の肌も、絵の具にしてみると思っていたより色が濃い事を知り驚いている子もいました。

これにてミオスのハロウィンもやっと終わり、いよいよ残すはクリスマスだけとなりましたね。私も小学生の頃は毎年ミオスのクリスマス会を楽しみにしていたので、お菓子の工作の記事が上がるたび、いよいよ今年も終盤か…としみじみしていまいます。

コメント

真面目な授業

2018-12-06 23:11:36 | 小学生 絵画

オバラです。小学生クラス『仮装した自画像』の授業風景。
左 撮影したポートレート写真を各自見ながら、どのような切り取り方をして、どのような頭部・体のバランスで画面に入れると良い構図になるか、講義を聞いているところ(火曜クラス)
中央 お互いの下描きを見ながらディスカッション中(木曜クラス)
右 今回は画用紙が大きく縦構図の子が多いので、リーチの短い低学年でも描きやすいよう、床で制作(水曜クラス)
こんなに真面目に、しかも通常のカリキュラムは1ヶ月で完成させるのに、下描きにも着彩にも十分な時間を費やし、油絵ばりに2ヶ月も掛けて制作したので、このような ↓ 素晴らしい傑作が生まれました!

うちでは絵の具セットに入っている肌色(ペールオレンジ)は使わせません。パレット中に無数の失敗の色が溢れようと、沢山の混色を試みて、顔の中の光と影の色を研究し、凹凸が感じられるように塗っていきました。そのせいか、最後に塗った背景の色も、チューブそのままの色を使うのではなく、人物を惹き立てる個性的な色彩を作る事ができました。
本人達も「すぐに持って帰って見せたいから、ドライヤー貸して!」と、大満足な様子。保護者様からも「本当にうちの子が描いたんですか?」と驚きの声を頂く程の出来栄えに、私自身も鼻高々です。これは来年の展覧会に、是非とも出品してもらわねば!自慢の一枚が完成しました。

と、先程「こんなに真面目に…」と書きましたが、実は少々嘘をついております。ここまでのクオリティーに持って行くには、相当ネチッこくダメ出しをする必要があります。「これでいい?」「駄目」「これならいいでしょ?」「全然ダメ」「さすがにこれはいいでしょ?」「まだまだ!」なかなか企画に判をくれない上司に「ノリ先生の意地悪!イジメっ子!えばりんぼ!」と陰口が囁かれます。(怖くて面と向かっては言えない)
そんな子ども達のガス抜きに、最初に制作に飽きた男子を餌食にし、スリーパーホールドやヘッドロック、酷い時は三角締めで遊んであげます。技を決められた子だけでなく他の子達も皆大喜びで、興奮した後はまた真面目に制作に戻れるという仕組みです。
この素晴らしい絵の裏側には、そんなドラマが隠されていたのですね!(ヘッドロックを掛ける先生はこちら ↓ 出し惜しみしてたハロウィン写真を一挙公開 )

他の絵画教室でも講師をしている尉先生と一平先生に「保護者が全く教室に入って来ないなんて有り得ないです。随分と信頼されているんですね。」と最近言われました。そうなんですね!?知らなかった!親御さんの信頼を裏切るこの授業の有様。結果だけでなく、過程も大事。「来年からは鉛筆を走らせる音しか聞こえない授業を目指そう!」と、木曜学生クラスの授業中にこのブログを書きながらつぶやいたら、小1からアトリエに通っている中2女子が「ここがそんな絵画教室だったら、アタシとっくに辞めてたわ。美術が大好きじゃなくても居心地が良いからいいんじゃん。わかってないねー!」とのことでした。やはり来年もラリアットはやっていきましょう!(技が増えてる…)

小学生クラスは本年の通常授業が今日で終了しました。来週のクリスマスパーティーで最後となります。

コメント

お姫様にガンマンを!

2018-12-04 12:15:52 | 小学生 絵画

今回は、小学生の仮装した自画像。                   (南澤)

下の絵をご覧になれば一目瞭然でありますが、男女とも大ナルシス大会な仕上がりになっております。

野郎たちの、復讐に燃える孤高のガンマンな姿は、アントニオ バンデラスも赤面間違いなし!自己陶酔の美酒に惑溺される少年たちのココロは、留まることを知りません。でもどうか、いつまでもこの絵をココロの何処かに貼り続けて欲しいものです。いつか恥知らずな行動も去勢され、小市民に成り果てようとする偽善的な自分を睨みつける、荒野のガンマン達なのですから。

続いて、少女たちの世界へ移りましょう。思いおもいのドレスを身に纏った彼女たちの中には、花束の他に、魔法の杖らしきガジェットを携えている子もおります。女の子はとても欲張りなのでしょう。花束では飽き足らず、更なる欲望を叶えてくれる魔法の杖が必要なのです。でもいつか欲望が叶わなくても、どうかピストルやカミソリに持ち替えたりしないように!その杖でオトコどもを働かせれば良いのですから!なんて言うと、セクハラになるんですかね、いまの時代。

コメント

クリスマス準備中!

2018-12-03 23:47:15 | スタッフ講師

どうも幸介です!本日も、というかここのところクリスマス会の準備に追われております。

本日載せました写真の一番左が今回制作する「クロカンブッシュ」です。そして真ん中の写真はスーツ姿の旭先生がお菓子を仕分けする写真(なんか押収された品を並べる警察官みたい…笑)そして右側の写真は、毎年恒例のカラフルなアイシングと、アイシング作りを手伝ってくれた学生クラスTちゃんです。

本日より階段下に見本を飾りますので、皆さんぜひご覧になってくださいね!幼児・小学生・学生クラスの皆、来週の本番は忘れ物などないよう、持ち物をしっかりと確認して来て下さいね!!

コメント

丁寧に描かれた作品

2018-12-01 23:24:41 | 大人 油絵・アクリル

河内 油彩

本日もお世話になります岩田です。
こちら、パリの街角。交差点に犬と共に佇む女性のいる風景を描いたのは、土曜日午前クラスに在籍の河内さん。

毎回、とても繊細な作品を描かれていますが、今回の油彩も柔らかな印象を醸し出しています。
何気なく撮られた写真を河内さんというフィルターを通し、独自の空気感に変換してしまうのは、流石のものです。

手前から奥へと続く横断歩道、アスファルトに引かれた白線に、幾度となく車や人が行きかった時間が刻まれています。白線もところどころ色があせ、アスファルト自体もひび割れ、そんな経年の変化を決してわざとらしくなく、且つここまで美しく表現できるのは河内さんならでは。

今回のキャンバスのサイズは3号ほど、ご自身も小さい画面の方が好みとのことです。確かに大きな画面で意識が散漫になってしまうより、比較的小さめのサイズで、丁寧に丁寧に仕事を重ね、じっくり描いていく河内さんのスタイルはとてもフィットしていると感じます。
これからもご自身のスタンスを大切に、素晴らしい制作をされて下さい。

コメント

変化を恐れない

2018-11-30 22:21:30 | 大人 油絵・アクリル

長沼 油彩

お久しぶりです!一平です!
今回紹介させて頂くのは、いつもパワフルな長沼さんの作品です!
この絵たち、目を惹かれるのはなんと言ってもこの独特の雰囲気や、綺麗な色彩で少し奇抜な動物達でしょう。
普段、写真を見ながら描いていく事が多い長沼さんですが、今回は写真全体を描くのではなく写真の中から自分が描きたいものを抽出し、四角や丸、三角と言った幾何学図形を平面構成的にした背景と組み合わせ、リアルな動物が現実世界ではあり得ない世界にいる、面白く不思議な雰囲気を作りだしました。

色や動物達など素晴らしい所は沢山ありますが、今回長沼さんがトライした1番の事は、「いつもの描き方を大きく変えた」ということです。(いつもの描き方な前回の作品はこちら
これは実はとても勇気がいる事なのです。
なぜなら「描き方を変える」というのは今まで経験してきた事が、無駄になってしまう気がしてしまうからです。
新しい事をするのは自分でも自信が無く失敗も怖いですし、周りからの評価もどうなるか分からない。そんな状況になんの躊躇も無く飛び込めるのが我らがミズ・チャレンジャー長沼さん!!
僕のように、上手く描かなきゃ…どうしたらもっと素敵に…と考えていくうちに、がんじがらめになり絵が描けなくなってしまう人達からしたら、いつも自分の楽しい事を追求していき、そのためならどんなチャレンジでもする長沼さんのような人は輝いて見えます(笑)。
「面白そうだからやってみるわ!」となんでも貪欲に挑戦する長沼さんだからこそ、まだまだ絵に変化が見られそうです!

そしてこちらのカエルが水に飛び込んでいる芭蕉の句が聴こえてきそうな涼しげな1枚。サインを水の流れに浮かべ漂うように書いています。
サインが自然に入っていて全体感を壊さずにとても素敵になっていますね。ですが、この仕上げに行く前に立ちはだかるのは我らがミズ・鬼教官 小原先生!!
最初、左下に大きく「ナーツーコー‼」のように太文字で『夏子』と書いていたようで(残念ながらこの状況は僕は見ていませんでした)、ここで鬼教官の鉄拳が飛んだわけですね。
「どんだけ自己主張強いんですか!!主役はカエルでしょうが!?下品ですよ!!」とアドバイス(一喝?)をし、長沼さんがへこたれる訳もなく見事、遊び心のある素敵なサインの1枚に仕上がったのでした!

コメント

肌の色について

2018-11-29 22:00:30 | 小学生 絵画

旭です。今日は水曜小学生クラス低学年の自画像をピックアップしてご紹介です。
遂に自画像が完成しました!彼らの自画像の素晴らしさについては以前自己紹介に書きましたので、今回はどこに注意して指導したのかを、稚拙ながらお話しします。

まず、筆の使い方です。特に男子に多いのですが、筆を押しつけすぎてしまうんです。紙はボロボロ、色ムラが出てしまって、良くないことが多いのでやめましょう。力加減は絵や工作だけでなく人間関係においても大切なので、伝えたいことトップクラスです。自分がそのことに気づくのが遅かったからでしょうか?

次に、肌の色の作り方です。薄橙色 or ペールオレンジを塗って(ちょっと前までは肌色なんて言ってましたね)、暗いところは黒を混ぜて、なんて…教えませんよ!私は教育学部ですが、小学校の授業観察に行くと本当にあるそうです。指導案を見れば、「どこそこはこの色」なんて指定する文もあって。

でもミオス生には、顔の色しかり人の肌は、1色ではないことを知ってもらうために、肌の色を作って見せました。静脈のある皮膚は少し緑がかっていたり、動脈のある皮膚は紫がかっていたり、摩擦の多い関節は茶色っぽかったり、を実際に手の甲に絵の具を載せて見せると、納得してくれました。吸収の早い彼らを見ていると、ミオスに通う前の幼稚園、小学校低学年で教わってきた環境のせいか「肌色」という差別用語がつい口から出てしまう自分が情けないです。

教えれば教えるほど、彼らから学ぶ方が多いことを痛感します。今回は、この2つしかお話しできませんでしたが、もっと勉強して伝えられることを増やしていきます!!

コメント

心が洗われます

2018-11-27 23:12:30 | 学生

身体のありとあらゆる鼓動、生命の輝きが伝わります。 生きていることが奇跡だと思える感覚、それを意識せずにはいられません。自然を慈しみ、自分が存在することを感謝する。少年時代の花火のような一瞬であるからこそ儚く、よりいっそう魅力的に見えるのでしょう。
本日完成に立ち会い、命の大切さを教えてもらったような感動を覚え、図らずも涙がこぼれそうになりました。
少年の背中に大きな翼が見えるのは、私だけではないでしょう。      オバラ

優 中学1年生 油彩(小学生時代に購入した安い12色の油絵セットのみで描きました) 息子の後ろ姿を撮ってくれたお母様にも脱帽!

コメント

今年ももうこの季節です。

2018-11-26 22:02:14 | スタッフ講師

どうも幸介です!つい先日ハロウィンの授業をやったばかりですが、もういつの間にかクリスマス。例年通り、クリスマス会で行うお菓子の工作の試作を行っています!今年はクロカンブッシュです。

今年は2012年に行ったクロカンブッシュを、少しブラッシュアップさせたものになる予定。作り方もシンプルなのでデコりがいがあるし、崩れ辛くて持ち帰りも安心ですね。

毎年一番楽しみにしている生徒も多いこのクリスマス会。幼児・小学生・学生クラスのみんな、どんなツリーにしたいかデコレーションを考えて来てくださいね!!もちろん例年通り、大人クラスの皆様の参加も大歓迎でお待ちしております!

コメント

小学校受験、お疲れ様でした

2018-11-24 17:55:45 | 小学校受験

プライベートレッスン Aちゃん 年少 2つのコンクールで最優秀賞・入賞しました

小原です。今週で私立の小学校受験が全て終了致しました。(国立はまだ受験が残っています。)受験をされた皆様、長い間、本当にお疲れ様でした。
すでに発表が終わったところもあり、嬉しいご報告も、残念なご報告も届き始めております。全ての方が第一希望に行ける訳ではありませんので悲喜共々ですが、持てる力を全て発揮できたとの想いがお母様方にあるのでしょう、皆様結果に関係なく晴れやかな口調でお電話を下さいます。
教育の現場で危惧されている『考え行動する力』が、備わったと思います。小学校受験をされるご家庭では、5歳・6歳児だからこその疑問に、「今、忙しいから後でね」「答えはこうだよ」と言うお母様はいらっしゃいません。「不思議だな?」と思ったことに、すぐに向き合い調べ、例え正解が出なかったとしても、「こうなんじゃないかな?」という自分なりの答えを出させます。導き出す習慣が快感に変わり、もっと色々知りたくなります。また出来なかったことに対しても、くじけて泣くのではなく、「ではどうしたら良いのだろう?もう一度トライする、違う方法を考える、諦めていっそ最初から他のものにチェレンジする」など、前向きになります。そのような力は、小学校受験という明確な目標があったからこそ、家族一丸となって協力し、お子様の身に付くものでしょう。
それは、困難を乗り越える時に必要となる“資源”です。また、それをタイムリーに引き出せる自信も持たせることができました。「これから自分が直面する問題の解決に向けた努力や苦労に、やりがいや生きる意味を感じられる」「目の前の問題を挑戦と見なせる」は、持って生まれた性格や素質ではなく、教育として与えることができる、最高のギフトです。
小学校受験をされた子ども達、ご両親からのこの素晴らしい贈り物を大切に、ステキな小学校生活を送って下さい。

1月からの新年長さん対象の【小学校受験クラス(グループレッスン)】は定員の為、火曜クラスのみご予約を承っております。月曜クラスもキャンセルが出る場合もございますので、お電話でお問合せ下さい。
プライベートレッスンのみの受講生は、現在予約が取り辛い状況から、募集を見合わせております。大変申し訳ございません。

<授業期間>  【小学校受験クラス】年中1月~年長9月まで 
<曜日&時間> 月曜日  15:00~16:10
        火曜日  15:00~16:10
<授業料>   14,000円/月  (月4回)
<体験料>   3,000円  ※途中入会の場合、日割り計算させて頂きます。 

コメント

無意識の願望?

2018-11-23 04:51:22 | 大人 油絵・アクリル

植松 油彩

大竹です。今回ご紹介させて頂くのは植松さんの油彩作品です。小樽の夜景の写真を元に制作されています。

ライトアップされた白い壁の、茶色や黄色の入り混じった複雑な色味がよく表現されています。夜空の黒も、ただ黒色をベタッと塗られているのではなく、少し青色が顔を覗かせているので柔らかい印象になっていますね。水面の揺らぎや映り込む建物のタッチも凄く良いですね!筆の扱い方がどんどん上達しています。
奥の方からオレンジ色の賑やかな光がぼんやりと見えている為か、こちら側は喧騒から解放された、隠れ家のような雰囲気がありますね。

植松さんの作品には、主役が人の多い場所から離れていたり静かな場所だったり隠れ家のような要素が共通してあるように感じます。また、これまでブログでご紹介させて頂いた作品の中には、人が描かれた風景は一枚もありませんでしたね。もしかしたら、本当は誰もいない静かな場所でゆったりひっそりのんびりと生きていたい…といった植松さんの願望が無意識にモチーフ選びに現れていたりするのかもしれません。(植松さん、実際のところどうでしょうか?笑)枚数を重ねていくと、こうした絵の傾向や共通する要素が見えてきて面白いですね!

コメント

来年はこれに決まり!

2018-11-22 23:23:59 | 親子

火曜親子クラスの作品をご紹介します。来年の干支カレンダーを紙版画で制作しました。愛嬌たっぷりのイノシシの表情が抜群ですよね!!でも、2・3歳児が版画なんて出来るの?どうやって干支『イノシシ』を作ったの?と不思議に思う方も多いでしょう。

種明かしをしましょう!最初に、1枚の画用紙に大・中・小の丸を描いて切り取ります。これで、頭・鼻・鼻の穴の出来上がり。丸く切った残りの画用紙の破片は、そのまま牙になります。(この牙が重要で、これがないとブタになってしまうので要注意!)また、画用紙の角を三角に切れば、耳になります。これらのパーツを福笑いのように並べたり重ねると、あっという間にイノシシ頭部ができてしまうので、小さなお子さんでも簡単にできます。リアリティもあり、完成度が高いですよね!版を刷る際は、本格的に版画用インクとローラーを使ったので、とても良い仕上がりです。

私も見本用に作ったカレンダーを早速自宅で飾っています。さらにこのイノシシ版画を写真に撮って、来年の年賀状デザインとして写真を取り込んでみました。親子クラスの方には年賀状デザイン案をご紹介したので、ぜひ作ってみてくださいね。素敵な作品なので、新年に年賀状で見せびらかしちゃいましょう!!(Eri Ito)

コメント

小学校でボランティア

2018-11-20 23:44:36 | 小学生 イベント

今日はミオスでは毎年恒例ボランティアとなっている、近所の小学校のフェスティバルで行ったワークショップをご紹介させて頂きます。私は講師として参加した、大学1年生の井出村です。小学校低学年から高校2年生までアトリエ・ミオスに通っていました!

今回は私の通う多摩美術大学の友人も含め5名のメンバーで参加しました。内容は「牛乳パックと布で世界に一つだけのオリジナルバッチを作ろう!」という企画です。
自分がデザインしたものが格好良く、より本物のように出来上がっていくのは、小さいころから嬉しくて楽しくて感動的なものだったという意見から、短時間でデザインできて、格好良く楽しく作れるものなら、これがいいのではないかと皆の意見が一致しました。(私もミオスに通っていたとき作品を完成させて、お父さんお母さんに「見て!!」と言うのが楽しみだったことを思い出しながら参加しました。)

まず、小学生の皆さんに持ってきてもらった牛乳パックを作りたい形に2枚ハサミで切ります。切った2枚を重ねて厚みのある台紙を作ります。(この厚みがクオリティーを高く見せるポイントです!!)
次に、牛乳パック2枚で作った台紙に布のハギレやお気に入りの折り紙などを巻き付けてから、透明のシートでラミネートします。
最後にシートの上から、アルファベットやラインストーン、ビーズ、シールなど、1人1人が自由に個性的に飾り付けをします。

小学生の皆さんは試行錯誤しながら、真剣に牛乳パックを切り、真剣に布を貼り付け、真剣に飾り付けを選んでくれました。ちなみに私はミオスに通っていたとき、製作途中はやりたくない~~もう終わりにする~~と駄々をこねて先生方を困らす生徒でした(笑)ので、その集中力には目を見張るものがありました!!

出来上がったものを私たちメンバーに可愛いでしょ!格好いいでしょ!と見せてくれて、当初の目標であった「自分でデザインしたものを格好良く完成させる」が達成されたように思えて、嬉しかったです。
さらに、授業が終わりメンバーと一緒に帰る途中の廊下で、バッチを胸につけた子供たちが自慢げに作品を見せ合っていたのを見て、メンバー同士で顔を見合わせてよかったぁと言い合ったのもいい思い出です。

失敗や準備不足もあり、反省点もたくさんありましたが、とてもいい経験になりました。なにより、小学生の皆さんが優しく素直で、出来上がった作品を私たちに「見て!」と見せに来てくれたこと、教室の終わりに「ありがとうございました!」と私たちに挨拶をしてくれたこと、とても嬉しかったです。

このような機会を下さった小学校の皆様、アトリエ・ミオスの先生方、本当にありがとうございました!メンバー一同、心より感謝します。この経験を活かし、これからの学校生活や作品制作を頑張っていこうと思います!

コメント

受験生の気迫

2018-11-19 19:27:28 | 学生

上段 ゆき / 下段 まい

どうも幸介です!本日ご紹介するのは、中学3年生の2名の作品。2人とも美術系の高校進学を考えている受験生です。まずは載せてあります絵をご覧ください。左が水彩を始めた当初、右側が最近の作品です。左側の作品ですが、ちょっとのっぺりとして立体感が希薄で、「陰影」を描くよりもモチーフの「色」にばっかり気を取られてしまっている印象。モチーフそれぞれの形も歪んで見えますね。人工物などの直線もフニャフニャです。そもそも描き込みもあまいですね。

それに比べて右側の作品。明らかに上達しています!!まだモチーフの形が怪しいところはありますが、ガラスに歪曲して写り込んだ色や陰影、モチーフの陰、果物などの自然物の色の幅など、各段に良くなっています。しかもこの2名の凄い所が、たった数枚(2-3枚)しかやってないのにこれだけ上達したというところ!さすが受験生。気迫が違いますね。

受験本番まであとほんの数か月。どちらもまだ粗削りではありますが、この勢いで一枚一枚ちゃんと考えて学んで描き、どんどん伸びて行ってほしいと思います!!

コメント