小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

ししゃもの南蛮漬けと糸こんにゃくの炒め物♪

2018年06月23日 | ・その他の魚介類
裏の家庭菜園のプチトマトがかつてない大大大豊作!!
鈴なりというのはまさにこのことなのねぇ~、と嬉しい悲鳴です。
食べる方が間に合わず、一部そのまんま冷凍という事態も勃発しており、
今年のプチトマトは長く長く楽しめそうです♪

<6/20 ししゃもの南蛮漬け・アボカドとちくわの粒マスタード和え・糸こんにゃくとネギの炒め物・トマト>
          

●シシャモの南蛮漬け
実家の母がコープで頼みすぎたという冷凍のシシャモを持ち帰って南蛮漬けに。
冷凍のししゃもをフライパンでこんがりと両面焼いて、後は野菜と共につけるだけ~。
時間がある時に以前はちょいちょい作りおきしてたけど、結構久しぶりだったかも?!
  ※作り方はコチラ → 『ししゃもの南蛮漬け』 『ししゃもの南蛮漬けとワカメの梅白和え
        
漬け込む野菜に混ぜた新生姜の千切りと、トッピングのシソの葉の千切りが
さわやか~な初夏らしい一品です。


●糸こんにゃくとネギの炒め物
糸こんにゃくはさっと茹でてザルにあげてアクを抜き、
から炒りしたのちに、鶏がらスープで煮て味を含ませて麺に見立てて調理します。
ごま油で味のついた糸こんにゃくをさっと炒め、
ごくゆるに炒った卵とネギを加えてこしょうを振れば出来上がり。
        
麺に見立てて炒めるときには、白い糸こんにゃくをいつも使っていたので
オットは・・・煮たものか?炒めたものか?と最初戸惑ってた様子。
ほんのちょっとのこと、ただ見た目だけのことだけど
見た目から受ける食べ物のイメージというのは結構大きいもんなんだなぁと実感です。


●アボカドとちくわの粒マスタードマヨあえ
        

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

6/20のオット弁。
豚こま切れ肉の団子焼き・インゲンのゴマ和え・ネギ入り卵焼き・スパゲッティのケチャップ炒め・青菜のオイル煮、
そして押麦もち麦入り日の丸ご飯です~
            



水曜日の朝、
5年前から施設に入所していた父の姉(95歳)が高熱を出したということで、父とふたりで見舞いに。
熱は下がりはしたものの、目もほとんど見えておらず耳も遠いということで
父とはもう会話が全く成立しない状態でした。

翌日に肺炎を起こしたという連絡が入り、今度は母も一緒に。
そして翌朝、おばは他界しました。

95という年齢ではありますが、父の6人の姉の中では一番大好きだったお姉さんだったらしい。
父は自身の老いもある上、大好きな姉の死去は精神的にも大きな出来事であるはず。
がっくりならないように、しばらくはしっかり様子を見守りたいと思います。

コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 地エビのから揚げと青梗菜の... | トップ | カリカリ豚に小松菜あんかけ♪ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (アキです)
2018-06-23 22:57:53
初めまして・・・長崎のアキと云います。
父上のお姉さんのご冥福いたします。
料理のそばに、ヤクルトが置いてあったので・・
アキも、毎週、ヤクルト買っていますので
親しみが・・・。宜しくです。
Unknown (・アキさんへ、)
2018-06-25 08:38:57
アキさん、はじめまして。
ようこそいらしゃいませ~♪♪

昨日、無事に家族でおばを見送ってきました。
ありがとうございます。

昔も今も、健康の為の1本!ヤクルトです。
甘いのはちょっと・・・というオットの為に青いヤクルトを添えてます。

長崎は30年以上前に一度行ったことがあります。
若かりし頃に友人と訪れたことをずいぶん久しぶりに思い出しました。
Unknown (ハナ)
2018-06-25 13:30:02
95歳まで長生きされた伯母様のご冥福をお祈りします。かなり図太い我が93歳の母も、一番堪えるのは周りの親しい人が亡くなることといつも言っています。長寿=取り残される寂しさでもある、ということ、若い人には分からない感覚なんだと思います。

南蛮漬けが美味しい季節ですね!ししゃもが手に入らないので、何を使ってひねり出そうか、小太郎さんの食卓にまた触発されてしまいました〜。
Unknown (ゆきえ)
2018-06-25 22:53:02
伯母さまのご冥福を
お祈りいたします。
お父様の心中を察すると
御心配ですね...

南蛮漬けはアジだけじゃ
なかったんですね!(笑
ししゃも も、今度作ってみます!
Unknown (・ハナさんへ、)
2018-06-28 19:17:14
ハナさん、こんばんは♪
93でご健在のお母さまがいらっしゃるのですね。
取り残される・・・という感覚はさすがにわからかったなぁ。
父もまたそういう寂しさも併せて感じているのかも知れません。

南蛮漬けの酸味が欲しくなる季節ですね。
魚はもちろんですが
野菜でも肉でも色々に楽しめるので
チャレンジ精神でどんどん開拓し、小太郎にも教えてくださいね。
Unknown (・ゆきえさんへ、)
2018-06-28 19:19:34
ゆきえさん、ありがとうございます。

父の姉が逝くのも今年で二人目なので
今回は精神的なものも結構気になりました・・・が
なんとか無難にやってくれてるので一安心しています。

南蛮漬けは鯵だけじゃ~ないですぞっ!
色々な魚で作るのはもちろんですが
野菜の焼きびたし的に作るのもこれまた美味しいです。

コメントを投稿

・その他の魚介類」カテゴリの最新記事