小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

今年もご愛顧ありがとうございました♪ おせち料理完成。

2012年12月31日 | ・特別な日の料理
夕方明るいうちにはおせち料理の詰め込み作業も終え、お床に鏡餅も飾りました。
お気に入りのお酒2本もスタンバイOK♪

今年は鏡餅もちょいと控えめ。
だいだいの代わりに真穴みかんをのせたら少々頭でっかち気味?!
それもまたご愛敬。
              

この2・3年、いろいろあって縮小気味のおせち料理ですが
今年は大きい方の重箱を使いました。
              

竜眼巻、うまく出来ました♪
このパッチリ目力にあやかりたいもんです。
    

伊達巻は実験的に一本だけチーズ入り。
お味はいかがかな?
     

栗きんとんのきんとんはカルピス味。
このカルピスきんとん、しつこいようですがオススメです。
        

八幡巻はゴボウが細くてバランスがちょいと・・・
     

詰め方にも意味があるそうですが、その辺は我流でやってます~。
で、今年は三の重にラ・ポールの小さなチーズケーキ。
本当はみっちり甘くて美味しそうなのを詰めたいところですが、ただでさえ食べ過ぎる正月。
このくらいでガマンすることに♪
明日の昼間、Jスポーツで高校ラグビーを観戦しながらいただくことになりそうです。
        

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ 

今年もご愛顧ありがとうございました。
おかげさまでささやかなわが家の食卓と生活に、よい刺激をたくさんいただきました。
来年もお互い健やかで穏やかな良い年になりますように。
それでは、良いお年を。
    

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村
コメント (8)

おせち作り、3日目は竜眼巻と数の子。

2012年12月30日 | ・特別な日の料理
一日目のきんとん&田作り、二日目の黒豆に続いて今日も着々とおせち料理作り♪

4・5年ほど前から作るようになった竜眼巻は有元葉子さんのレシピ。
有元葉子さんのおせち料理本を手に入れておぼえた料理ですが、
つい先日のこと、
ETVのきょうの料理で改めて手ほどき?受けたせいか、例年より手際よく作れたような気がします。

ササミを薄くたたき広げてウズラ卵と海苔を巻いたもの。
切れば竜の目が現れます。
切り口はこんな感じ → 『今年もご愛顧ありがとうございました♪おせち料理完成』2010.12.31
        

今日は数の子も漬けましたよ~。
前日夜から薄い塩水を何度かかえながら塩抜きしておいた数の子。
薄皮取りはオットの任務♪
        
漬け汁は結婚した年の暮れにオット母から教えてもらいました。
ばあちゃんから昔むかし教えてもらったとメモをみながら教えてもらったレシピです。
     ※作り方はこちら → 『ニシヘヒガシヘ・・合間に作るおせち料理

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ 

今夜は帰省中の妹夫婦と会食。
大みそかにはあちらのお父さんを連れて上京し、東京で新年を迎えます。

今回の帰省は慌ただしく短いけれど
年の瀬に元気な家族の顔を見てよくしゃべり、よく笑い、よく食べた!!
ささやかながらよい一年だったように思います。

来年も家族が元気に、穏やかに過ごせますように。

あぁ、酔っ払っちゃった~♪

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村

わが家のおせち料理、過去記事はこちら → ≪年に一度のことなので~♪小太郎のおせち料理忘備録
コメント (4)

お土産のつくごんで小さなおでん鍋♪ 今日は黒豆

2012年12月28日 | ・鍋もの
東京在住の妹夫婦が盆と年末に帰省する時、
必ず土産で買ってきてくれるのがつくごんの練りもの。
これはもはや数年来の定番となっており、
迎える小太郎も妹の帰省の日にはゆで卵と厚揚げを下煮して待っていたりするのです♪

<つくごんの練りものでおでん・春雨のサラダ・牡蠣のオイル漬け・トマト>
          
●つくごんの練りものでおでん鍋
大きな詰め合わせなのでおでんとあぶりで二度楽しみます~。
厚揚げは自家製、ゆで卵も前日から一緒に下煮しておきました。


●春雨サラダ
使いかけのキュウリ・冷凍庫で眠っていた殻付き海老・錦糸卵と合わせた春雨で中華風のサラダ。
あり合わせ、寄せ集めのお片づけの一品です。
        


●牡蠣のオイル漬け
本当は今夜登場の予定ではなかったのですが、
ちょうど食べごろと見えたアボカドに裏切られてピンチヒッターとして登場です。
        
瓶の中にはあと数粒。
おせち料理作りも忙しいけれど、こりゃ年内にもう一度仕込んでおかねば!!

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ 

きんとんと田作りに続いて今日は黒豆。
前日の夜にさっと洗ってたっぷりの水で戻しておいた黒豆を一煮したのち、
スロークッカー(電気保温鍋)で3・4時間ほどじっくりコトコトと煮ました。
   ※作り方はこちら → 『まだまだ間に合う!おせち料理
        

昔だったらこのコトコトはストーブの上だったりしましたよねぇ。
小太郎の実家でもそうでした。

スロークッカー(電気保温&煮込み鍋)はオット実家から「2つあるから」と譲りうけたもの。
こんな便利なものが一家に2つもあるなんて~!!
黒豆を煮るなんてとんでもなく難しいことのように思っていましたが
この鍋のおかげで超がつくほど楽勝です♪

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村

高校ラグビー、愛媛代表の三島高校が初戦敗退。
一回戦で四国勢は全部消えてしまったらしい。

東京高校の3トライあげた選手は、まるでどこかにモーターでもついているのか?ってほど
手足の動きが早かったですねぇ。
無駄のない動きにあの足の速さ、見ていて爽快でした~。

さて、30日には二回戦。
シード校も出てくるので見ごたえある試合満載です。
おせちの続きを作りながらも、間違いなくJスポーツに釘付け!!
コメント

年越しへのカウントダウン♪おせち料理作りスタート

2012年12月27日 | ・いわし
おせち料理は、日持ちのするものから♪あるいは冷凍保存できるものから作りはじめます。

まずは毎年実家の分もまとめて大量に作るきんとん。
それぞれの好みに仕上げるので、クチナシで色付けして煮
ブレンダーでなめらかなペースト状にするところまでまとめて作って冷凍保存。
バットに広げて板状に冷凍しておくと便利です♪
    ※作り方はこちら → 『まずはきんとん』 『おせち第一弾・栗きんとん
        
わが家のきんとんは、去年思いついて好評だった『カルピスきんとん』に。
ほんのりと優しい酸味の効いたきんとんは、甘いもの好きだけでなく
我がオットのように「甘いものはちょっと・・」という人の口にもすんなり受け入れられます。

見た目の黄金色から、財運をもたらすとも言われているので
年に一度くらいは真面目に作って&食べておきたいかな~♪の一品。

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ 

そして田作り。
五穀豊穣の縁起ものの一品ですが
さて、この田作りの材料「ごまめ」と「煮干し」の違い、分かりますか?
         
ピンポン、ピンポ~ン♪
そう、目の色です。

煮干しはその名の通り、煮て干してあるのでタンパク質が加熱により白く変化しています。
それが最もよくわかるのが目ですね~。
ごまめはカタクチイワシの素干し。
そのまんま干してあるので黒々と目力あるのです。
この目力にもあやかりたいもんです!

わが家の田作りは電子レンジを使ってカラ炒り。
うっかり焦がす失敗もないので、これは手抜きと言うよりも安全策。
    ※画像入り、作り方の詳細はこちら → 『おせち3・田作り
        
味を絡めて出来上がった田作りは一旦大きな皿に広げてパラパラに冷まします。

これを冷蔵保存しているうちに、全部がくっついてしまった!という失敗があるんだ~。
なので、気持ち程度形を整えて、数尾ごとふんわりまとめておくと安心。
        

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村

明日は菊花カブ・黒豆・のし鶏を作る予定。
黒豆を洗って浸したら寝ます~♪
コメント (12)

タラのかぶら蒸しとほうれん草の胡麻和え

2012年12月26日 | ・その他の魚介類
小太郎妹が一足早く帰省しました。

今年のわが家のお料理日記も残すところあとわずか。
おせち料理スタートです♪
まずは本日きんとん、そして明日には田作り。

<タラのかぶら蒸し・ほうれん草の胡麻和え・レンコンのきんぴら・トマト>
          

●鱈のかぶら蒸し
クリスマス仕様で二日連続ワインと洋モノごはんが続いたので
今夜は当然のように和食でホッコリ♪
たっぷりの湯気で蒸しあげた優しい一品です。
        
生鱈切り身に軽く塩と酒をふり下味をつけます。
(薄塩の切り身ならば酒のみ)
下味をつけている間に上にのせるカブの準備です。

卵白をしっかりと泡立てたら、
すりおろしたカブの汁けを軽くしぼって(泡を壊さぬよう)サックリ合わせます。
薄切りにしたエリンギの上に下味をつけた鱈の切り身をのせ、
先ほどのふんわり仕立てたカブをのせます。
ここに今日は銀杏をトッピング。
湯気の立った蒸し器にいれて6・7分ほど蒸せば出来上がり~。

鱈から出てきた汁を加えた醤油あんをのせてアツアツをいただきます。

この手の蒸し料理に重宝するのがクッキングシート。
特に鱈などは身が崩れやすいので、加熱後の盛りつけ時に冷や汗かかずに済みます♪

一切れごとに小さな一枚を用意し、
それに切り身をのせてカブをのせて平らな皿にのせます。
この皿ごと蒸し器へ。
蒸し上がったら一切れ分の紙の端を持って取り出し、盛りつけ皿に料理をすべらせると楽勝です。


●ほうれん草の胡麻和え
さっと茹でたほうれん草をざく切りにして醤油をまぶし、擦りゴマで和えれば出来上がり。
錦糸卵をトッピングすると
普段着の小さな料理もちょっと華やかさを増して食卓を明るくしてくれます。
        


●レンコンのきんぴら
サクっ♪
そしてムッチリと糸を引くとっても性の良いレンコンに当たりました。
繊維にそった縦切りは食感もいっそう心地よい~。
        

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ 

おせち料理もそろそろ・・・
まずはきんとん。
そして田作り、紅白なます。
    ≪年に一度のことなので♪ 小太郎のおせち料理・忘備録≫

サザエさんじゃないけれど、
生まれて初めて、スーパーでレジに並んで財布を忘れてしまったことに気づいた小太郎!!
はっ、恥ずかしい~。
年と共にこういううっかりがひとつ増え、ふたつ増えてしまうのか?
これを年のせいにしてしまうのがおばちゃんの図々しいところ。
気をつけねば。

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村

NHKのBSプレミアムで映画を見ていたら
懐かしく聞き覚えのある声とメロディ。
サビに近づくにつれて記憶が目覚め、思わず口ずさんでしまった永井龍雲の『道標(しるべ)なき旅』。

とっても懐かしくていてもたってもいられず
さっそくYou Tubeでおさらいしてしまった次第です♪
コメント (6)