小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

ご当地ねりものと青パパイヤ入り♪わが家の沖縄風おでん

2013年08月31日 | ・鍋もの
沖縄で買ってきたねりもの・沖縄そばの液体ダシ・ラフテー・青パパイヤを使って
わが家風の沖縄おでんを作ってみました♪
テビチーなどが入ればご本格な感じですが、さすがにそれには手が出んかった~。
            

沖縄での最後の買い物はねりものでした。
マミヤ八重山かまぼこの平天で
一つは島豆腐、もう一つはアーサー(ヒトエグサ)が練り込んであるもの。
愛媛にはじゃこ天やかまぼこなど美味しいねりものがたくさんあるので、沖縄のねりものは冒険でした。
まずはベースになる魚も違うんだろうしね。
ぼそぼそしてるかな?甘いのかな?
        
いやぁ、付けた甘い味もなく程よい噛みごたえとなめらかさ。
なかなか美味しいねりものでした。
アーサーは想像した通り、アオサのような磯の風味でしたが
美味しかったのは島豆腐を練り込んだもの。
つぶした豆腐が所々に見えていましたが、これは愛媛のねりものでも真似できそう。
サッパリと軽くてとっても美味しかった~♪

おでんダシのベースは沖縄のスーパーで購入した沖縄そばの濃縮タイプの液体だし。
これを水で割り、さらに鰹で取ったダシで割って使いました。
なのでかなり色は白っぽいですが、沖縄そばの魚介のダシ+肉のエキスで味はしっかり濃厚です。

一番奥のは青パパイヤ。
先日、常連のmoscatさんが「TVで大根の代わりに青パパイヤを使ったおでんを見ました。」とコメント。
ほぉほぉ、それはそれはありがたき情報!とさっそく実践しましたよ。

鰹のダシでしっかり煮ましたが、大根のような柔らかな食感にはならず。
もうちょっと小さく切っておけば食べやすかったかな?
しかし、パパイヤの風味がお汁全体に広がってさわやかで風味豊かなお味になったのがラッキー。
moscatさん、美味しい情報をありがとうございました。

気持ち程度に二枚入っているラフテーは、公設市場の上原精肉店さんで手に入れたもの。
6枚入りだったのですが、前日に一皿料理として4枚すでに平らげちゃってます♪
おでんのことを考えて、2枚だけ残していたというパズル作戦!大成功。

せっかくだからご当地で買って来ればよかったものの、
連日の沖縄フェアのおかげで泡盛のミニチュアボトルも当然のようにすでに空っぽ。
酒屋に一本買いに走りましたよ~。

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ 

2泊3日の沖縄旅行の画像をフォトチャンネルにまとめました。
いずれ時間を見つけて、ひとつ小さな記事にしようとは思ってますが
一足先にフォトチャンネルの方で紹介します♪

2013年の夏休み①   2013年の夏休み②   2013年の夏休み③

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村
コメント (2)

公設市場で買ったラフテーとヘチマのおひたし

2013年08月30日 | ・豚肉
わが家の沖縄フェアが続きます♪
今夜は公設市場で購入したラフテーを、やちむん通りで手に入れた線彫の器にのせていただきます。

<精肉店のラフテー・ヘチマのおひたし・ジーマミー豆腐・島ラッキョウと枝豆のかき揚げ・トマト>
          

●精肉店のラフテー
壺屋やちむん通りの育陶園で購入した線彫の皿とラフテーがよく合うなぁ。
嬉しい♪
        
ラフテーは牧志公設市場の上原精肉店さんの自家製。
夢のようにとろける柔らかさがたまらん~。
お土産用に購入した泡盛古酒のミニボトルを今夜もちびりちびりとなめるように飲みながら
沖縄で手に入れた食べ物を、まるで旅を反すうするようにいただきます。

オットとも話したんだけど、沖縄の料理はあんまり甘くなくて好ましい。
甘味がないわけではないのだけど、
それが程良いコクとして感じる程度で甘ったるくないのです。
このラフテーもそう。

オットは買ってきたラフテーには期待ゼロだったのですが、予想を裏切る美味しさに「クゥ~っ」。
誰か沖縄に行く人おらんかなぁ・・・。


●ヘチマのおひたし
ヘチマの魅力は何といってもとろっとした果肉の食感と、その中に潜む極細で柔らかな繊維。
それを率直に生かしたおひたしレシピに引っかかり、さっそく試してみることに。
        
参考にしたレシピではヘチマを茹でてしぼってから浸し汁に入れていましたが、
茹でてしぼってしまうと大事な栄養も捨ててしまうことになる上に、柔らかな果肉も繊維も崩れそうな予感。

小太郎は茹でずしぼらずで調理できる≪蒸す≫を選択しました。
皮をむいて厚めに切ったヘチマを蒸し、鰹のダシに醤油・酢・砂糖・生姜汁を加えたものに浸します。
時間を置いて味がなじんだところで器に盛り、鰹節をかければ出来上がり。

ほぉ~、やっぱりこの食感がたまらんねぇ。
柔らかな果肉に潜む繊細な繊維の歯ごたえ、ヘチマ以外では経験のない食感です。
先日作った『ナーベラー(へちま)の味噌煮』もとっても美味しかったけれど、
これもシンプルでなかなか良いわ。

しかし・・・残念なことに、糸満の産直で買ってきたへちまもこれで使い切り。
こちらでは売っているのを見たこともないけれど、
いつかまた見かけることがあったらぜひぜひ食してみたいと思います。


●ジーマミー(地豆・ピーナッツ)豆腐
これも沖縄で購入したもの。
帰ってきた日にも一つずつ食べたのですが、添付のタレがいかんせん甘かった~。
二日目の夜に訪れた『うりずん』でそう甘くないタレに生姜をのせてたのがとても美味しかったので
今夜はそばつゆをかけて生姜をトッピング。
        
市販のジーマミー豆腐にはコレだわ!
沖縄で食べたジーマミー豆腐はタレも豆腐も美味しかったのに、
売っているのを買うとジーマミー豆腐はほんのり、タレはトロリとするほど甘い・・なぜだ?!


●島ラッキョウと枝豆のかき揚げ

 【関連記事】 8/18 まるで買い出し?沖縄みやげ ・ 8/27 夏の思い出、義父母と一緒に沖縄へ

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ 

≪スーパーマン・リターンズ≫に見入ってしまった~。
吸いこまれそうなあの青い瞳と強靭な肉体。
マンガや映画の中だけでなく、現実にいて欲しいなぁ。

クリストファー・リーブ演じるスーパーマンを映画館で見たのは中学生の時のこと。
一緒に見に行ったU子ちゃんと二人、国際ビルを出た瞬間に空を見上げましたね~!!

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村

左サイドバーに常設してあるフォトチャンネルを整理していて遅くなりましたが、
そろそろ沖縄旅行の記事もアップせねばね♪

そうそう、
初日に訪れた浮島通りのMIMURIさんで購入した沖縄帆布のトートバッグがとっても気に入ったので
普段使い用にひと回り小さなサイズも手に入れました。
柄をひとつひとつ眺めているだけでも楽しい。

石垣島生まれのデザイナーさんが沖縄ゆかりの生きものや食材を描いた絵柄。
惜しまずどんどん使おうっと。
コメント (4)

ナーベラー(へちま)の味噌炒め♪島ラッキョウの天ぷらと大豆若葉

2013年08月28日 | ・豚肉
糸満の産直市で購入したナーベラー(ヘチマ)をさっそく料理してみることに♪
なんせ初めての食材なもので、皮をむくかむかないか?!から未知の世界なのです~

<ナーベラーの味噌炒め・島ラッキョウの天ぷら・大豆若葉3種・トマト>
           

●へちま(ナーベラー)と豆腐の味噌炒め
数年前に沖縄出身の方がヘチマ料理を紹介しているのを見て、興味はあったのです。
しかし、沖縄以外ではほとんど食べられないというヘチマ。
なので当然、身近に売っているのを見たこともないので味も食感も想像つかない。
もちろん作り方もわからん。
ネットで少し検索をしてみると、豚肉や豆腐と一緒に味噌で炒め煮にしたのが定番のようなので
さっそくそれを作ってみることにしました。 ⇒ 【参考にしたレシピ
        
ヘチマはピーラーで皮をむいて2cm厚に切ります。
豚バラ薄切り肉は4・5cmほどに切り、豆腐は水切りしておきます。

まずは温めた鍋で豚バラ肉を炒めます。
続いてヘチマを加えてサッと全体を炒めたら、和風の出汁を少量加えます。
そして豆腐を手で粗く崩して投入。

そこへ砂糖少々・普段使いの味噌を加えて焦がさないように煮汁を含ませます。
汁けがすっかり入ったら出来上がり。

まぁ、不思議だったのはヘチマの食感!!
箸で持てばフルフルっ&とろとろ♪
口に入れれば溶けてなくなるだろう・・・と思いきや、細かく柔らかい繊維がみっちり。
お風呂で体を洗うヘチマの姿がポッと頭に浮かびましたねぇ。
しかし、そこはさすが食用のヘチマ。
細く柔らかな繊維は噛むごとにほどけて口の中で溶けていくのですよ。

とろとろの果肉の中にごく細く柔らかな繊維の噛みごたえ。
そして、煮汁の奥からあふれるヘチマの味はなんとも不思議なさわやかさ。
「うわぁ、こりゃうまい。」「これはおもしろい。」とオットもすっかりご満悦。

たっぷり保水している食材のようで、青パパイヤと違って日持ちする感じではないように見え
たくさんは買わなかったヘチマ。
食べる&作るチャンスがあと一度と言うのがとっても残念だわぁ。

初めての食材をじっくりと楽しみつつ、その食感までもしっかり記憶に刻んでおこう。


●島らっきょうの天ぷら
島ラッキョウは時々こちらでも売ってたりするので、使うのは何度目かになります。
たいていは軽く塩もみしておかか醤油でたべるか、天ぷらにしましたねぇ。
公設市場でも最も試食を勧められた食材で、まぶす塩の加減でずいぶんと表情を変えたりもするらしい。
        
薄皮をむいた島ラッキョウはごく少量の塩と一緒にポリ袋に入れ、軽くもんで10分ほどおきます。
これをサッと洗い流してキッチンペーパーで水けを取ったら
後は天ぷら衣をつけて揚げるだけ~。


大豆若葉
糸満の道の駅でオットが最後まで手放さなかった大豆若葉
青パパイヤ捜しに夢中になっていた小太郎は「え~っ?どうやって食べるん?」といちべつしただけでした。
草のような青い香り。
これもヘチマ同様、どうやって食べるのかさえ分からないのでとりあえずネット検索。
        
揚げる以外は青臭さやえぐみがあるので茹でてから使うものらしい。
枝豆のような存在感・・・ならばシンプルに食べてみてもいいかもしれない♪
とりあえずサッと茹でてみたら、さらに緑が色濃くなりました。
苦そう?とおそるおそる口に入れると、まぁホント!枝豆のように程よい食感と風味。
目の前で興味津々に伺っているオットにもさっそく勧めると「このままが一番エエことない?」と絶賛。
        

まぁ、それも芸がないので
大豆若葉の風味の邪魔にならないくらいのシンプルな和えものも試してみることに。
こちらはおかか醤油和え。
豆の風味が残るよう、醤油は少しだけ水で薄めて合わせました。
        

そしてこちらはナムル風。
ひとつまみの塩とごま油で和え、擦りゴマをかけました。
        

この食べ比べはねぇ、大正解でした!!
いずれも負けず劣らず、大豆若葉の食感も風味もそのままに味わえましたねぇ。
それでもあえて順位をつけるとすると、そのまま→おかか醤油和え→ナムルかな?

今夜は初めての食材を使ったので、
あれこれ新鮮な気持ちで調理していると少し足りないかな?の全景でした。
が!珍しいからこそ、おもしろがってじっくりよく噛んで堪能しているうちにかなりの満腹感。

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ 

途中から、オットが土産用に買った泡盛の小瓶を引っ張り出して料理との相性を確認したり。
まぁ、旅帰りの平日の夜とは思えないまったりとした時間を過ごしました。
        

また買うチャンスがあるとしたらコレとコレが欲しいな!とオットが指したのはヘチマと大豆若葉。
沖縄の人は本土の定番の野菜に加えて、沖縄独特の珍しい野菜がとっても豊富なので
とにかく野菜をたくさん食べる土地柄なのかも知れません。
帰宅してもなお、沖縄を満喫出来る食材が手元にあるのでしばらくわが家の沖縄ブームは続きそうです。

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村

一つ前の記事で紹介したMIMURIのトートバッグ、何度も見ては幸せ~な気分に浸っています。
何度見ても楽しい。
コメント (6)

まるで買い出し?沖縄みやげ

2013年08月28日 | ・旅行
昨晩ちょろっと数枚の画像を紹介しただけで順番が逆になりますが、
今朝さっそく荷物が届いたので整理を兼ねて土産の撮影♪
ささやかながらご近所さんや家族への土産を仕分けながらの作業、
圧倒的に自宅用の食料が多いのに我ながらビックリ!
        
野菜の類は糸満市の道の駅で購入。
島とうがらし・島らっきょう・サーターアンダギー・へちま(ナーベラー)、
そしてオットがとうとう最後まで手放さなかった大豆若葉・・・どうやって食べるんだ?!

欲しかった青パパイヤはあんまり大きくないサイズを3個。
妹には小ぶりなのを一つ。
        

やっぱりご当地の普通のスーパーも見ておかなきゃ!ってことで手に入れた品々。
あんまり見ない缶のランチョンミート・沖縄ひじき・沖縄そばのダシ(濃縮液体)。
              

ひさびさに砥部焼以外の器を購入しました。
壷屋やちむん通りで手に入れた育陶園の平皿、オットと二人揃って一目ぼれ~。
線彫と言われる技法で、彫刻刀で彫られた立体的な絵柄がエキゾチックで魅力的。
        

唐草という伝統紋様。
四方八方にに伸びて限りなく、延命・長寿繁栄を意味する文様だそうです。
        
小太郎おじには同じ絵柄のカップを土産に。
義父はかなり渋め、黒の茶碗をてにいれました。

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ 

国際通りからわきに入った浮島通り・MIMURIで手に入れた帆布のトートバッグ。
庭の花シリーズ・魚、野菜などみっちりと描かれた元気あふれる絵柄にわしづかみ!!
義父母には座ってお待ちいただいて、じっくり悩んで悩んでこれを♪
サイズ違いを妹に。
        

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村
コメント (6)

夏の思い出、義父母といっしょに沖縄へ

2013年08月27日 | ・旅行
オットと小太郎、義父母と一緒にお出かけしてきました♪
大雨の松山を飛び出て快晴の沖縄へ。
いい夏の思い出がたくさんできた~。
             

「ざわわの歌にある、さとうきび畑の景色を静子に見せたい。」という義父のリクエスト。
             

青い空と青い海、そして濃い緑の絶景。
        

3度目の沖縄で初めて食べて「美味しかった~」
        

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ 

うっかり日焼けで右肩がヒリヒリ。
今日は心地よく疲れたのでチラリとここまで♪
画像の整理が出来たら、また見てね~。

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村
コメント (2)