小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

令和お初のおせち料理、完成です♪

2019年12月31日 | ・特別な日の料理
令和になって最初のおせち料理、出来上がりました~♪
少しずつ少しずつ下ごしらえを進めて大晦日に完成するおせち料理。
作り終えたときの満足感はなんともいえぬ幸せです。
来年も良い一年になりますように。
         

二年前は年末にテツが天国に旅立ち、
昨年は母が怪我で入院をして・・・と二年連続でおせち料理を休みました。
そう思うと、この一年たくさんいろんなことが起こりましたが
とりあえずこの年末は平穏に迎えることができたのだなぁと感慨深かったりします。
    

結婚してからずっと作ってきたおせち料理も、二年休むとなんとなく勘が鈍ってる感じ。
料理自体は長く気に入っているレシピで自然と進んでいくのだけど
なかなか難しいなぁ~!と感じたのは重箱への詰め合わせ。
ただでさえ年に一度のことなので、たかが二年・・・されど二年・・・大きいですなぁ。
    

一の重には如意巻き・紅白かまぼこ・八幡巻き・竜眼巻き・スペイン風伊達巻。
    

二の重には黒豆・海老のうま煮・菊花カブ・数の子・たたきごぼう・田作り・サワラの塩麹焼き、
そして再び竜眼巻き。
    

三の重、今年はイチゴ♪♪
この段にはお菓子が入ったりケーキが入ったりと年によっていろいろ楽しんでます。

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

先日はかなり久しぶりの更新だったにもかかわらず、たくさん書き込みいただいて嬉しかった~!!
ペコさん、そらさん、たむらあきこさん、クリオママさん、キャサリンさん、みみこさん、要三おじちゃん、
仁平さん、ぺんちあさん、ハナさん、moscatさん、のんのんさん、kuiwunさん、ありがとうございます。
また改めてお返事させていただきますね。

来年もこんなペースになってしまうとは思いますが
好きな料理とお酒の話題、そして家族の話に時々お付き合いいただけると嬉しいです。

コメント (4)

お久しぶりです♪ クリスマスの食卓

2019年12月25日 | ・特別な日の料理
お久しぶりです♪
前回の投稿からすっかり季節も移り変わり、一週間後には令和2年。
時間の流れるのは本当に早いもんですね~。

昨晩はクリスマス・イブ。
クリスマス当日は実家の用事もいくつか入っているので、
オットと小太郎はイブの夜にささやかなごちそうでワインをいただきました。
          

おじからお歳暮でもらったローストビーフが主役。
主役が決まっていると自然と周りの絵も出来てくる・・・というわけで♪助かるなぁ~。
そして今年もサラダのリース。
グリル海老とアボカドのサラダを配置したらベビーリーフでリースをかたどります。
          

大皿の真ん中にはローストビーフを据え、
サイドにはアンデルセンのフルーツとライ麦のパンとデパ地下で手に入れたブッツの鶏パテ
鶏パテにはクリスマスらしいピスタチオのグリーンとドライトマトの赤。
封を切ると鼻にすぐさま届くニンニクとオレガノの香り♪ その瞬間にワインのスイッチ入ります!
        
そしてトマト・モッツァレラチーズ・スタッフドオリーブの盛り合わせ。

実家の用事を済ませてのことなので
頂き物だったり買った物だったりと手間はかかってないけれど
オットと小太郎好みのクリスマスディナーの食卓。
慌しい年の瀬をふっと忘れさせてくれる、心もお腹も満足のひとときでした~。

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

近年のようにいろんなことが起こる今でこそ、日々のことを記録しておくべきなのかなぁと思いつつ
毎日が結構いっぱいいっぱいでそんなことも後回しに。
今さらながらではありますが、みっちりと書き込んだ手帳片手に
9月の20日以降、ブログが空白だった間に何があったかなぁ・・・とちょいと振り返ってみます。

あ!まず最初に、
父も母も、オットも小太郎も元気にしております。


父は結局、前立腺癌でしたが転移はなかったのでホルモン療法で通院しております。
年明けまでは月一度の総合病院への通院ですが
それ以降は3ヶ月に一度の注射で構わないそうです。

総合病院への通院は「予約」があってもとにかく待ち時間が長くて大変。
父も小太郎も県病院の通院日はぐったりです。
父の膝が立たないため車椅子への移乗もなかなか大変。
父の安全と自身の負担の軽減の為に福祉タクシーも利用してきましたが
時間さえかければ小太郎一人でも安全に付き添えるだろうと判断し
前回は自家用車で通院してみました。
これが三ヶ月に一度ならなんとか一人ででも大丈夫かな?


ラグビーW杯は大いに楽しみました!自宅で。
日本戦のときには、二人そろって夏に花園で手に入れた日本代表ジャージを着て絶叫しましたねぇ。
この期間はどんなに忙しくても、
ラグビー観戦でたくさんの元気をもらって、それを自分のエネルギーにしてたってた感じ。
日本の試合はもちろん、録画しながらほとんどの試合をテレビ観戦しました♪
終わってしばらくはまさに『ラグビーロス』くらいがっくりきましたけどねぇ。

ラブスカフニ!具くん!イシレリ!!ありがとう~

今年の8月には花園ラグビー場でパシフィックネーションズ「トンガVS日本」を観戦。
このときには日本代表を生で見ることができて本当に嬉しかった。
ラグビーに燃えた令和元年でした。
         


10月上旬は母が病気による転倒が続き、大怪我につながらないか?と心配していましたが
本人もその分、十分に気をつけるよう努力したようで大ごとにはならず。
こういう不調の波は時々やってくる感じ。
進行性と付く名の病気だということに本人も強く不安を抱いていますが
歩ける間はできるだけのことをがんばりたい!と、とても気丈にがんばっています。

10月の小太郎はちょっとダメでしたねぇ。
歯の定期健診&クリーニングから知覚過敏になり、
虫歯が見つかり、古いかぶせ物が外れ・・・でひと月以上の通院。
この間は気分もどんよりして、そのうちイライラも募ってイヤな時期でした。

11月に入ると小さな不調が同時に多発、自分の感情をうまくコントロールできず。
イライラする自分に自己嫌悪。
「ひょっとしてコレって更年期障害の治療で解決するのかも?!」と婦人科クリニックへ。

2年空いてしまってたガン検診とあわせて先生に診ていただいたのですが
ひとつひとつの不調を先生にお伝えしているうちに
その多くが、なんてことない加齢による不調であることと教えられました。

一番辛かったイライラに関しては漢方薬がとても効いたようで
一時期の辛さが今はウソのように落ち着いています。

このころ、妹が1週間ほど帰省してくれたおかげで一息つけたのも助かった。

10月11月、天気のよい日は足の悪い両親を連れて移動しやすい公園などを訪れ
美味しい空気を吸いながらお弁当を食べたりする機会を多く持つことができました。
オットのおかげです。

12月、2年以上担当だったケアマネが家庭の事情により退職。
明るく親切で頼りになる存在だったので母も私も途方に暮れましたが
彼女の信頼する後任者と居宅介護業者に引き継いでくれてひとまず安心。
父と母の状態がめまぐるしく変化する時期に本当に助けてもらいました。
ありがとうございました。


母は難病、父は年齢によるものでそれぞれに足が不自由ですが
先に書いたように、母は自分のため!そして父を支えたいという気持ちに支えられてがんばっています。
しかし父は自分の体を持て余している感じで
少しずつできることが少なくなってきています。
介護や生活の便利がふたむかしほど前ならば、きっと父は寝たきりになってたんだろうなぁ。

そう思えば、
毎日、昼寝以外には起きて腰掛けて生活しているというのは上出来なのかも知れない。

病人や高齢者の体の辛さやしんどさや気持ちはそばにいても分からないことだらけですが
近くにいるというだけで、何かの役には立てているだろう・・それくらいです。
それくらいのことで日々を費やしながら、また来年もそこそこ元気にやっていこうと思ってます♪

久々の更新でだらだらたくさんのことを書いてしまいましたが
休んでいる間に起こったことはざっとこんな感じです。


木曜日には妹が帰省、続いて義弟も。
足が不自由な以外、今は両親も特に状態が悪いわけではないので
おせち料理も省略形覚悟で作ろうと思ってます。
ちなみに、義母から黒豆と数の子の注文入ってます~!!



さて、今もこのブログをのぞいてくださる方がいるんだろうか?と思いつつも
久々に更新できたことにただただ満足の小太郎です。
今年もお付き合いくださりありがとうございました♪
これからもあたたかく見守ってもらえると嬉しいです~。
コメント (14)