小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

中秋の名月♪ 月より団子の庭おでん。

2012年09月30日 | ・庭ごはん
台風一過の中秋の名月。
夜には曇りから晴れになるとの予報でしたが、あいにく月は顔を出さず。
松山は無事に台風をやり過ごせたけれど、今も影響がある地方があると思えば
こうして庭でおでんなんぞをつつけるなんて事自体が贅沢な話。
             

縁側のショートデッキを庭先に引っ張り出しての庭おでん。
中秋の名月の夜の定番庭ごはんです。
        
宇和町夏の風物詩・卯のほたるで手軽で優しいライトアップを覚えて以来、
卯のほたるならぬ『うちのほたる』と呼んでいます♪
使わない粗品のグラスや陶器の器、ホールトマト缶に穴をあけたものなどに
100均で購入した小さなロウソクを灯します。
結構これが明るいのよね。

さて、おでん。
二日前から煮込み始めた大根と里芋。
松崎しげるもビックリ!
もう汁の色にすっかり染まって、その姿も見えないほどです。
        

おでんの断面大集合♪
大阪『常夜燈』で関西だきを食べて以来すっかり虜になり、わが家のおでんには里芋が入るように。
棒天はオットのお気に入り。
卵の断面でせめてもの月見気分~。
大根にはもう白いところナシ!
       

牛すじはおでんとは別鍋で前日朝から煮込みに煮込んだもの。
もう夢のようにトロっトロさ~!
        
厚揚げは前日に木綿豆腐を揚げて作ったものです。
そして・・・わが家がオススメするおでんの具・トッポギ。
いわゆる韓国の棒状の餅ですが、日本のそれのように煮ても溶けないのがおでん向き。

うどん巾着も忘れずに♪
数年前に思いついて作って以来、これもわが家の定番おでんの具。
それまではおでんの巾着と言えば餅が一般的でありましたが、
油揚げと和風のダシと相性のよいもの・・・と考えていた時にうどんを入れる事を思いつきました。
        
これは他の具のように事前に煮込んでおかず、
餅巾着のように食べる直前に入れるのがオススメです。

庭ごはんなので持ちやすいようにチロリが久しぶりに登場。
おでんもチロリが登場すると、屋台並みに気分があがるね~。
        
今年は月にお目にかかれなかったけれど、この分厚い雲の向こうに輝いているはず。
雨にも風にも当たらずに、庭ごはんをひさびさに楽しめて嬉しかった♪
十三夜にリベンジなるか?!

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ 

台風が過ぎた直後の松山の空。
今日は大荒れできっとなにも出来ないぞ!と家で過ごすことを決め込んでいたので
急に青空が見えたって・・・ねぇ。
              
「久しぶりにちょっと歩いてみる?」
「そうやね、術後2週間くらいからならイイらしいし。」ってことで1時間半ほど歩いて、
アウトドアショップをのぞいて来ました~。

正座と小走りが出来ない以外は、もう普通に歩ける状態。
いいタイミングに程よい運動が出来てよかった。

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
コメント (8)

セセリのから揚げと焼きナスぽん酢。

2012年09月29日 | ・鶏肉
イイ色に揚がった~!!と気分も上がる土曜日の食卓。

<せせりのから揚げ・焼きナスぽん酢・小松菜と松山あげのたいたの・トマト>
          

●セセリのから揚げ
鶏の首周りのよく動く部位がせせり。
旨みと適度な噛みごたえのある弾力が魅力です~。
塩をふって焼くだけというシンプルな食べ方だけではもったいない!
生姜醤油で軽く下味をつけ、から揚げにすると美味しいよ♪
        
おろし生姜の搾り汁+醤油をもみ込んで20分ほど置きます。
キッチンペーパーで余分な汁けを取ったら、全体に小麦粉をまぶして揚げるだけ。

下味の汁けは軽く切るだけよりも、キッチンペーパーでそこそこ取るのがオススメ。
まぶす粉が厚ぼったくならない上に、
揚げたとき、冷めていくと同時にべちゃっとならずカラっとした食感が続きます。

たまらんねぇ~。
お酒もビールも合うのよねぇ。


●焼きナスぽん酢
ミツカンぽん酢のCMで見て作ったあの料理、ふたたび♪
サラダ油をひいたフライパンで薄切りのナスを焼き、自家製ぽん酢をかけます。
おかかとネギを散らせば出来上がり~。
        
前回この料理を作った時には、ちょうど一年前に作ったすだちポン酢をかけましたが
今回かけたのは、つい先日今年のすだちを使って作ったフレッシュ作りたてポン酢です。
自家製ぽん酢は時間と共に味がまろやかになっていくので、
今はまだスダチのさわやかさが強く残っています。

材料であるスダチが旬のものなので、
自家製のぽん酢を使った・・というそれだけで季節感を感じる。
春先、そして秋口にはそういう感覚が他の季節よりも研ぎ澄まされる気がしますね~。


●小松菜と松山あげのたいたの
        
松山のお宅ならば、一袋は必ず家にあるんじゃないかな?松山あげ
小太郎は親しい方に何かを送る時、小さな隙間があるとクッション代わりにコレを入れてます。
この使い方、程野商店の社長さんにほめて欲しい♪

どこかで何かを買って家に箱が届いた時、中からこれが出てきたら嬉しいなぁ。

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ 

術後二週間経ちました。
正座以外の動き・姿勢はムリなく出来ているように思います♪
足の疲れやむくみも解消され、快適な二足歩行生活を満喫しています~。

ただし、うっかりふくらはぎあたりを冷やしてしまった日などは
血管を抜いた患部にピリッとした軽い痛みを感じることがあります。
ま、これはまだ仕方ないわいねぇ。

しかし血管を抜くって・・・
血管って全てがつながっているだろうに、全部抜けるんじゃないん?なんて
背筋も凍るような今ごろになって想像したりして。

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
コメント (6)

休肝日 ・ とどめの豚丼と小松菜のなめたけ和え

2012年09月29日 | ・休肝日
今週は気持ちの良い秋晴れの日が続いています。
薄手のニットが重宝する大好きな季節がすぐそこに~♪
オットと小太郎は11月生まれ。
秋は一番好きな季節です。

<とどめの豚丼・小松菜のなめたけ和え・トマト>

以前料理番組で藤村俊二さんが紹介していた『とどめの豚丼』。
もう10回は作ってるので、すっかりわが家の定番と呼んでもよいでしょう?
    ※作り方はこちら → 『休肝日・ネギと生姜たっぷり♪やわらか豚丼』
          
ぐつぐつ煮込まず、チャチャっと炒めて煮て出来上がり~。
醤油で味を濃くしなくても、
かなりたっぷりめに入れるおろし生姜効果で風味はかなり豊か。
柔らかで旨みもたっぷりなトッピングは、
これから長ネギが美味しくなる季節には特にオススメです。
        

ところで、
少し前から醤油を変えました。
注ぐたびに容器の中が真空になる為に酸化を防ぐという、ヤマサ醤油『鮮度の一滴』。
以前、がっちりマンデーという番組で
この酸化を防ぐ容器(パウチ)の秘密について紹介されていたのがきっかけ。
醤油って開封して使う最初は色が明るいけれど、使っているうちに黒っぽくなってくるでしょ。
あれが酸化の証なのだそうです。

この醤油に変えてから、料理の色が薄口醤油ではないのにグッと明るくなりました。
使い切るまで香り高いのもお気に入り♪

  
休肝日なのでガッツリご飯の脇の副菜はごく軽く♪
小松菜のなめたけ和えと、冷やしトマトにシークワサーをしぼりかけたもの。
トマトに柑橘、さっぱりと軽くて美味しいですよ。

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ 

今日の朝ごはん。
秋刀魚のオイル煮(秋刀魚のオイルサーディン風)があるので、この時期パンがよく登場します~。
        
濃い目に入れたコーヒーと一緒にいただきますが、赤ワインにも合う一品。
平日の朝にはちょっと目の毒かもしれん。

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ

昨晩NHKの園芸の番組を見ていたら、おしろい花の紹介をしていました。
おしろい花・・・近くの川の土手にそういや咲いてたなぁ。
そうそう、最寄りのゴミステーションの近くのお宅の塀からもあふれるようにして咲いている。
いずれも早朝見るものだったので気づいてなかったのですが、
この花、夜に咲く花なのだそうです。
朝は9時には閉じて眠りにつくらしい。

それをふと思い出して昼間見に行ってみたら・・・ZZZZZ。
ホント、お休み中でした~♪
コメント (10)

アツアツ♪揚げたてがんもどきと塩もみレタスのゴマ和え。

2012年09月27日 | ・その他
木綿豆腐が安いから♪と嬉しそうに2丁購入してしまいました。
今日は午前中にちょいと時間があるので、久しぶりにがんもどきでも作ろうかな~。
で、もう一丁はあさって頃に厚揚げに。
これは日曜日の中秋の名月の日の庭おでんの具で登場する予定。

台風、大丈夫かなぁ・・

<ひじきとレンコン入りがんもどき・レタスとセロリのゴマ和え・小松菜のたいたの・トマト>
          

●ひじきとレンコン入りがんもどき
むかしむかし、
「買う物」だった頃のがんもどきは、小太郎にとって副菜の素材のひとつでした。
しかし、自分で作るようになるとがんもどきは食卓の立派な主役。
目覚めたんよね~!
        

木綿豆腐は一度芯まで茹でて温め、ザルに上げてそのまま冷ましながらしっかり水切り。
その間に具材の準備をします。
今日がんもどきの中に入れるのは
前日に使った生ひじきの残り・千切り人参・レンコンの粗みじん切り(下ゆで)・ししとうの輪切り。
        
よ~く水切りした木綿豆腐は最後に表面の水けを拭き取り、すり鉢で擦りつぶします。
お好みで多少の粒感を残しつつなめらかなペースト状になってきたところで、
塩ひとつまみ・片栗粉大さじ1・卵白大さじ1、そしてつなぎとして今日はすりおろしレンコンを♪
ここでふんわり感を出すつなぎと言えば山芋の出番ですが、あいにくなかったもので~。

レンコンは先日、今治へ墓参に出かけた時に購入した鳥生れんこん。
一番小さな一節に傷があったので、コレの半分を具として粗みじんに。
そして残りの半分をすりおろして入れました。
(これから出る水分の分だけ、つなぎの卵は控えめにしています)

手に油をつけて小判型に成型し、油で揚げれば出来上がり~。
        
揚げたてのがんもどきはごちそうです♪
レンコンのサクッとした食感と、時々ピリリと主張する夏の名残りのししとう。
赤と緑・・・いずれもわが家の家庭菜園で最後の最後、採りのこしてしまってたものです。
もったいないので刻んで入れてみましたが、
これがなかなか良いアクセントになってくれて、定番のがんももまた違う表情を見せてくれました。


●塩もみレタスとセロリのゴマ和え
以前、TVでレタス農家さんがいろいろな食べ方を紹介していた時、
レタスに塩少量を加えてもみ、酢のものにして食べているのを見ました。
そういう使い方があったか~♪
        
自身であれこれ考えているうちに浮かんだレシピはもちろんですが、
何かにヒントを得てビビッときた時の感動って忘れませんよねぇ。

レタス農家さんの『塩もみ』の部分だけいただいたゴマ和え。
これに季節のすだちをキュッと搾りかければ、なんとも軽やかでさわやかな一品に♪


●小松菜としめじのたいたの
そろそろ熟したかな?と切ってビックリ!
久しぶりにアボカドに裏切られました・・・とほほ。
明朝の味噌汁用にと少しだけ残してた小松菜を利用した間に合わせの一品です。
        

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ 

NHKの『ためしてガッテン』で見た次の日には作った氷えのき
もうかれこれ1年近く、わが家の冷凍室に常備しています♪
        

朝の味噌汁に一個。
カレーに一個、グラタンのソースに一個、パスタのソースに一個。
旨みや栄養と共に自然なゆるいとろみも加わるのが面白い。
塩麹と同様、手元に置いて使っているうちに用途がどんどん広がります~♪
        

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
コメント (4)

手羽先のパリパリ焼き♪ひじきとセロリのツナマヨ和え。

2012年09月25日 | ・鶏肉
お財布に優しい手羽先、実は体にも優しいかも~。

豪勢に大皿にこれだけ盛りつけても、実は食べるところってそんなにないのよねぇ。
でも・・・オットは食べる手間と見た目に騙されて、たらふく食った気になってるからありがたい。

<手羽先のパリパリ焼き・ひじきとセロリのツナマヨ和え・ネギと油揚げのたいたの・トマト>
          

●手羽先のパリパリ焼き
鶏もも肉のパリパリ焼き』のアレンジ?というか、手羽先バージョン。
酒と塩の力は偉大!!
もみ込んで数時間そのまま寝かせておいただけでこの見事な照り♪
これがまた食欲をそそるのだわ~。
        
鶏もも肉でも手羽でも400g~500gの分量ならば調味料はざっと似たようなもの。
大さじ1の酒に塩小さじ1/2を溶かします。

手羽先には2・3ヶ所フォークで穴をあけておき、酒塩を全体にまぶします。
調味料がいきわたったら軽くもみ、空気を抜きながらポリ袋に入れて冷蔵。
鶏もも肉ならば2・30分程度で十分ですが、手羽先ならば最低でも1時間ほどは寝かせたいなぁ。

出かける前に下味をつけて冷蔵保存しておき、
夕方帰宅してからはグリルで焼くだけ!というのもアリ。
どこからどう見ても手間はかかっておりませんが、食べ手を黙らせる美味しさです~。


●セロリとひじきのツナマヨ和え
地元産の生ひじきを手に入れたので、3日ほどかけてちまちました料理に使う予定。
        
ひじきと人参は水・醤油・酒で煮て味を含ませ、そのまま冷ましておきます。
セロリの軸はさっと筋を取って薄切り、葉は千切りにします。
薄切りレンコンはさっと茹でてザルに上げて冷まします。

これらをツナ少量加えたマヨネーズで和え、最後に粗引きコショウでアクセントをつければ出来上がり。

セロリは季節によって三つ葉に変えたり新玉ねぎに変えたり。
その季節季節に安価で使いやすい野菜と合わせたのでOK♪

ひじきを煮ものだけでなく、サラダや和えものに使うようになったのはイイ加減オトナになった頃から。
年とともに自然と体に優しい軽いものを求めるようになったせいかな。


●中太ネギと油揚げのたいたの
「うん、コレ美味しいよ。」と小太郎。
「一目見てそう思ったけん、これは最後に♪」とオット。
相変わらずやねぇ。
        

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ 

今日のオット弁。
秋刀魚のカレー竜田揚げ・紅白なます・なめたけ入り卵焼き・ナスと玉ねぎのナポリタンスパ、
そして日の丸ごはんです。
              
生姜の搾り汁と醤油・酒少々で薄く下味をつけておいた秋刀魚。
汁けを拭き取ったら、小麦粉+カレー粉をまぶして後は揚げるだけ♪
冷めても美味しいよ~。

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ

術後の足の具合、ずいぶんよくなってきました。
皮膚のアザと若干の腫れはまだ消えませんが、これもじきに・・という感じ。

しかし、以前と比べて足の疲れの軽いこと~。
これが健康ならば当然の軽さならば、長年なんて重石を抱えてたんだと愕然とします。

9/14の下肢静脈瘤、エンドレーザー手術について、術前にさんざんネット検索しました。
しかし、術後の経過や回復などなど本当に知りたい点にはたどり着けなかったので
あえて自分のブログに少しずつですが経過を記録しています。

たまたま病気の検索でこのブログにたどりつかれた方がいらしたら、
9/14の一泊入院の記事、そして以降の日記の片隅に術後の足の様子を書いています。
少しでもお役に立てますように。
コメント (4)