小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

新しい器♪ 向井窯の平皿

2017年01月31日 | ・愛媛のこと
高校ラグビー新人戦を観戦しに出かけましたが、砥部に着くのがちょっと早かった。
時間調整に炎の里で砥部焼でも見て来ようか♪
・・・ふっと思いついたこういう時にステキな出会いがあるもんなのよ~。
        

炎の里では入って左にテーブルギャラリーというコーナーが設けてあって
一人の作家さん(窯)の作品をここで紹介しています。
今回紹介されていたのが向井窯。
わが家もいくつかこの窯の小鉢・中鉢を愛用しています。
        
この3つのアクセント、気になりますよねぇ。
わが家で愛用しているこの窯の作品で最初に手に入れた小鉢も、3つのアクセントがありました。

縁に立ち上がりがあるだけの、本当に平らな皿。
直径17センチです。

上手にお刺身なんて盛れたらステキだなぁ♪
シンプルな刺身の盛り付けは最も苦手なところですが、
器の力を借りて挑戦してみよう!

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

元日に故障して電話を新調したのだけど、
いざ古いのを処分する段になって「電話帳登録を消去しておくべきでは」と気づき
いまだ手元にある状態。
子機2台も今週中には消去して捨てちゃいたいなぁ。

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村
コメント (4)

牛すじと大根の煮込み♪ 久々の塩豆腐と牡蠣のオイル漬け

2017年01月30日 | ・牛肉
スギ花粉・・・今年は飛散量が多いぞ!!というので、
一月のうちに始めるべく、予防薬をもらいに行って来ました。
予防なので症状が出る前に服用するのが大事です♪

<牛すじ肉の煮込み・塩豆腐・牡蠣のオイル漬け・青菜のオイル蒸し・トマト>
          

牛すじの煮込み
今回は赤身の肉部分が多い牛すじでしたが、
煮たものを一晩置けばブリッブリッに弾力のある煮こごりが出来てました~。
冬場の乾燥肌に効果ありそうです。
  ※作り方はこちら → 『牛すじの煮込みとつくね芋の磯辺揚げ』
        
相棒はコンニャクでも大根でも・・・と、牛すじだけで煮込んでおき
最後の仕上げ煮のときに相棒を加えます。
この日は大根をチョイス♪

サイコロ状に切った大根をラップに包んで1分半ほど加熱してから、
牛すじの煮込みに加えます。
大根に煮汁の色が染みれば出来上がり~。


●塩豆腐
木綿豆腐を塩少々加えた水から加熱し、中まで温まったらザルに上げてそのまま冷まします。 
冷める過程で水切が切れます。
冷めた豆腐に塩を軽くふってすり込み、温めたフライパンに油をひいて両面焼きます。
アツアツのうちに海苔を巻いて出来上がり~。
        
木綿豆腐にも色々性がありますが、固めの豆腐がお勧めです。

お豆を感じる濃厚な豆腐の味にしみた塩味。
軽く色がつくほど焼いた豆腐の香ばしさと相まって、熱燗がすすむ一品です。


●牡蠣のオイル漬けと青菜のオイル蒸し
牡蠣のオイル漬け、さっそく二度目の登場です。
今回はサラダ油ではなく、ピュアオリーブオイル(EXバージンではない)に漬けました。
時々このように、牡蠣を漬けた油に結晶のような粒々が出来ますが
これはどうやら牡蠣から出た旨み成分のようです。
         
牡蠣のオイル漬けに添えたのは『青菜のオイル蒸し』。
冬のわが家の常備菜です。

青菜のオイル蒸しはちょうど今のような青菜が安くて美味しい季節にまとめて作ります。
今日のように牡蠣のオイル漬けに添えたり、お弁当の青物おかずとしても重宝♪
今回は小松菜とほうれん草を使いました。

小松菜・ほうれん草以外にも、青梗菜や水菜などもおススメです。
春菊は?・・・小太郎的には、これにはナシかなぁ。

丁寧に水洗いした青菜をさっと水切りしたらざく切りに。
これを大きめの鍋に入れ、塩適宜を加えてさっくりと混ぜて塩を行き渡らせます。
お好みで刻み唐辛子を少々。
最後にオリーブオイルをまわしかけたら蓋をします。

まずは中火で加熱し、少ししんなりしたところで全体を一混ぜし火力を落とします。
全体がクッタリすれば出来上がり。    

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

朝、庭に出てみたらスズメとは違うカワイイ声・・・また来たの?
実家からこのためにともらってきたミカンを半分に切って紅梅の枝に刺すと
さっそくメジロが二羽やってきました~。
        
今回やってきたメジロは警戒心が強いようで、コンデジでようやく一枚撮れただけ。
オットの一眼レフは向ける前に察するようで近づいてもくれません。

ま!それでよし。
これが自然界で生きる術よねぇ。
元気でミカンや紅梅と戯れてくださいな♪

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村
コメント (2)

鶏むね肉の梅おろし煮とあぶったお揚げ♪

2017年01月28日 | ・鶏肉
お尻が痛ぁ~♪

ふたつ隣町にある畑の柑橘を父と収穫してきました。
貸していた果樹畑が戻ってきたということで、今季は小太郎も慣れない柑橘の収穫作業を。
イヨカン・ハッサク・デコポン・甘平・・・
いずれも美味しいものばかりだけど、それに至るまでの作業というのは結構大変ねぇ。
普段の動きとは違うのでその日の疲労感は強くて辛いのだけど
これが不思議に一夜明けて疲労が去れば、かえって爽快だったりもするから不思議。

<鶏むね肉の梅おろし煮・あぶり油揚げ・小松菜と舞茸のゴマ和え・トマト>
                    

●鶏むね肉のおろし煮
鶏むね肉は削ぎ切りにして、塩ひとつまみを溶いた酒をまぶして下味をつけます。
汁気を切った鶏肉に片栗粉をまぶし、出汁+薄口醤油を温めた煮汁に加えます。
鶏肉に火が通ったところで大根おろし(汁ごと)と、粗くちぎった梅肉を加え
一煮たちすれば出来上がり~。
白髪ネギをのせていただきます♪
        
淡白で柔らかな鶏肉、表面の片栗粉もトロリと溶けて優しい食感です。
梅の酸味とキリリとした白髪ネギの相性も良く、
これはごはんと・・・というよりも、断然お酒がすすみますねぇ。

今日は鶏むね肉を使いましたが、この時期なら鱈や鯖(鯖の場合は下味に生姜汁をプラス)。
季節が違えば鱧を使っても美味しいですよ~。


●小松菜と舞茸のゴマ和え
        

●あぶった油揚げ
こういう厚みのある油揚げをフライパンで焼いただけ・・・美味しいよねぇ。
30代のころにはこういうものの魅力って小太郎に届かなかったのだけど
結婚してお酒を覚えて、その美味しさに目覚めて・・・
気が付いたらこういう渋くてシンプルなものがごちそうだと思うようになってました。
そのうち、塩を舐めて酒を飲むようになるのでは?!と心配です~。
        

●牡蠣のオイル漬け
先日作った牡蠣のオイル漬け、さっそくいただきます♪
今回の牡蠣は粒も大きく上物だわ。
        

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

今日は時間があったので、父に「何かしたいことない?」とたずねたら
「ハッサクを採っておきたいなぁ」という返事。
ふたつ隣町の畑にある木に残っているハッサクは小ぶりなものばかりだけど
これはオットと小太郎の好物でもあるので「ちょうだいね!」と、一緒に行ってきました。

残るは取り残した小ぶりなハッサク・デコポン・甘平のみ。
デコポンの木は一本だけですが、これが大豊作!!
作業の途中で父が一つむいてくれたのですが、まぁ美味しいこと♪♪
今年はこうして手に入るわけだから、せっせといただくことにしようっと。

・・・で待望の甘平!!・・・えっ?!なんでないの~?!

前々回にはたっぷり実をつけているのを確かに見ました。
そして先日、なぜか少し減ってる?とは思ったけれど、
収穫はもう少し先でよかろうと、他の木しか見ていなかったのですが
なんと今日は一つもないのですよ。

熟して地面に落ちているわけでもなく、鳥が突いて穴が開いているわけでもない。
忽然と甘平が消えている。
ただの一つもないのです~。

甘平、楽しみにしてたのに~!!
収穫はまだ先だと言いつづけていた母もこれには驚いた様子。
こんなことになるならばさっさと採っておけばよかった。
味は十分に入ってたのを試食して知っていただけにショックです~。

来年も立派な実をつけるかどうかは分からないけど
わが家にとっては貴重な甘平、来年はきっちりと収穫せねば!!です。

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村

今年の冬は最寄の店で新巻鮭を手に入れることが出来なかったのでお取り寄せしました。
2.5キロ前後とのことでしたが、届いたものが想像していたよりもずいぶん大きく見えたので
新巻鮭を抱いて体重計に乗ってみました。
        
3.2キロありました~♪
こういうのって、実際の方が軽かったりすることが多いのですよねぇ・・・嬉しいなぁ。

一夜かけて解凍し、明日は一人解体ショー。
ひょっとしたら冬の一番厳しいところは過ぎてしまったかもしれないけど
おろし煮や三平汁など楽しみたい料理が浮かびます。
コメント (2)

太刀魚の塩焼きと塩もみ蕪のワサビマヨ和え

2017年01月23日 | ・その他の魚介類
山ほど収穫したのに実家の両親はイヨカンもハッサクも食べない。
こんなに美味しいのにもったいないなぁ・・・とイヨカンをしぼってジュースにして届けたら
とっても美味しそうに飲むじゃないの!!
収穫だけに満足せず、ちゃんと自力でビタミン補給して欲しいもんです。


<太刀魚の塩焼き・白菜と鶏むね肉のたいたの・蕪のワサビマヨ和え・栗の渋皮煮・トマト>
          

●太刀魚の塩焼き
サイズは大きくないけれど、売り場でピカピカの釣り太刀魚を見つけたら思わず手が出た~。
骨がましくって食べにくい魚だけど、コツさえ覚えると骨取りも簡単♪
とっても美味しい白身です。
        

●白菜と鶏むね肉のたいたの
先週1玉買ってきた大きな白菜。
半分は半日天日干しにして漬物に、残りの半分は色々に調理して食べてます。
しかしこの時期の白菜って本当に甘みがあって美味しいねぇ。
        

●塩もみ蕪とブロッコリーのワサビマヨ和え
薄切りにして塩もみにした蕪は水気を絞り、
ゆでたブロッコリーは細かく刻んで合わせます。
ワサビ少々を加えたマヨネーズで和えれば出来上がり。
        

●栗の渋皮煮
オットのお友達が作ってくれた渋皮煮。
最初にいただいたのは栗の味も形もしっかりしててとっても美味しかったけど、
時間が経ってしっかり漬かったのもほろほろとして美味しい。
ごちそうさまでした。
        

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

テレビのアナログ放送が終わってもう一年以上にはなるのかな?

その当時に便利に使ってた『おしらせチャンネル』がアナログ放送終了と同時に見れなくなってました。
地元の天気予報や愛媛新聞ニュースなどが常時流れているもので
以前はよく見てたのよねぇ。
そのチャンネル自体がなくなったのだと思ってたら、
先日、エミフルだっけ?どこかの大きなモニターテレビで映ってるのを見て「あるの~?!」

しかし、うちのケーブルのどこをいじってもそのチャンネルを受信してない・・・
あきらめてケーブルテレビに電話をして教えてもらいました。

チャンネルの再設定で無事におしらせチャンネルを受信できるようになりました。
こういうのがホント苦手なダメダメ人間です~。
丁寧な説明、ありがとうございました。

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村
コメント (2)

牡蠣のオイル漬けと今季最初の一輪♪紅梅

2017年01月23日 | 弁当
ようやく『牡蠣のオイル漬け』を仕込みました♪
第一号は年末に仕込むことが多いのですが、
ちょっと忙しくしていたのと、粒の良い牡蠣となかなか出会えなかったのでこのタイミング。
ぷっくりした大粒美品、待った甲斐がありました~。
  ※作り方の詳細はこちら → 《初冬の恒例♪牡蠣のオイル漬け、今年も作りました
             

一番大事なのは丁寧に洗うこと。
たっぷりの塩水を作り、手のひらに一粒ずつのせて揺さぶるようにして洗います。
あっという間に水が汚れるので、水を取り替えながら・・・出来たら2回洗いを。

ザルに上げて水切りし、さらにキッチンペーパーの上に並べて余分な表面の水気を取ります。
テフロン加工のフライパンに重ならないように並べたら加熱。
        

強火にかけ、最初の一分は一切フライパンを触らず身がしゃんとするのを待ちます。
一分過ぎるころには牡蠣から水気が出て身が締まった感じになるので
フライパンをゆすって牡蠣を転がすようにしながら全体に火を通します。
        

オイスターソースを加えたら木べらで身を崩さないように混ぜて全体に味を絡めます。
調味料が入ると焦げやすくなるので、必要に応じて火力を調節しますが
汁気が少なくなるまでは若干強めの火力で。
この画像は加熱を始めてから5分ちょっとくらいです。
        

加熱を始めてから7分半ほどでこの状態。
火力を落として焦がさないように全体に味を絡め、汁気がなくなれば出来上がり。
火からおろしてそのまま冷まします。
        

保存の瓶は予め煮沸消毒して冷ましておきます。
つぶしたにんにく・刻み唐辛子・ローリエと共に熱の取れた牡蠣を瓶に入れたら
サラダ油orピュアオリーブオイルを注ぎ入れて出来上がり。
        

エキストラバージンオリーブオイルを使う方も多いようですが、
小太郎的には漬け込む油はサラダ油かピュアオリーブオイルがおススメです。

牡蠣の濃厚な旨みと風味をストレートに楽しむには
漬け込む油に強い個性がないほうが良いと思っているので。
・・・なんていいつつ、
漬けて長くなったものは食べるラー油の残り瓶に移したりして、アレンジも楽しんでますけどねぇ。


作ったらいつから食べれるん?とさっそく気にするオット。
明日の晩でも出そうかねぇ。

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

大寒の翌日からの寒波。
遠く東に見える石鎚山は白銀に輝き、凍るような寒さの松山平野です。
そんな寒いのに咲く~?
        
わが家の最初の紅梅をプレゼントするのが恒例になっていますので今年も♪

「なんかちょうだい」とトネリコの木に集まるスズメに混じってメジロの姿も・・・
実家からしわしわになったミカンをもらってきたので枝に刺してやりました。

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村
コメント