小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

茹でて浸けた軽めのスペアリブグリル

2020年10月28日 | ・豚肉
ウチの豚スペアリブは茹でてから下味をつけてグリルで焼くのが定番。
生肉に下味をつけて焼くよりも、脂っこくなく身離れが良いのがお気に入りです♪
            
豚スペアリブはネギの青い部分と生姜と共に20分ほど茹でて脂抜き、
熱々のうちに合わせた調味料に1時間以上浸します。
(おろし玉ねぎ大さじ2、おろしニンニク&生姜各1かけ分、醤油大さじ3、みりん大さじ1弱、一味唐辛子)
汁気をきりあらかじめ温めておいたグリル網にならべ、こんがり焼けば出来上がり〜。

そうそう、
オットがマカロニサラダが好きなことを今年になって知りました!!
なので調子にのって時々大量に作ってはちびちびと出してます。

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

義父の病院から電話があってビックリ。
義母を拾って急いで病院に向かいました。

かかりつけ医の見立てによると心臓が弱っているとのこと・・いわゆる心不全。
いつものようにデイサービスに出かけたのですが、
職員の方が息遣いがしんどそうなのに気付き、すぐにCT検査に回してくれたらしい。

しばらくは減塩に努め、水分も1日1リットル以内(+利尿剤服用)という生活を。
そして日中も昼寝などゆっくり体を休める習慣を!とのこと。
たった1ヶ月の間に4キロ体重が増加しているが、
これは肉がついたのではなく、体に水分が溜まっている重さだろうとのこと。
それもまた心臓に負担をかけるので、
上記の約束を守り、目安として体重を増やさないと言うのが目標です。

数日後。
顔の浮腫みや赤みが取れて、お父さんらしい顔に戻ってました。
少しずつでもいいから、しんどいことから脱して穏やかな生活が送れますように。



冬場は再びサージカルマスクを使うかな・・と、コロナ対策の箱2つを整理してみると
知らず知らずのうちに溜め込んだ大箱がたくさんあってびっくり!!

ウチの場合はそれぞれの実家に高齢者がいるし、
コロナの流行初めには、父の脳梗塞や入院もあったので
自分たちの分だけでなく、実家にも回せるほど潤沢に持っておく必要があったのです。
とりあえずマスク事情は安泰です♪
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

太刀魚の塩焼きとネギのサラダ。

2020年10月26日 | ・その他の魚介類
税理士のいとこに助けてもらい、父のことでの事務的な作業のひとつが一段落。
助けてもらったというよりも、してもらった!というのが現実なのに
自分が全力尽くした!くらいな感じで、肩の荷がおりてホッとしています。

10月23日の食卓。
             
太刀魚の塩焼きと大根おろし(スダチはわが家で収穫したもの)・そぼろ肉じゃが・ネギのサラダ・トマト。

ネギのサラダはずいぶん久しぶり。
細ネギを4センチくらいに切り、塩ひとつまみ・ゴマ・ごま油を加えてさっと和えます。
トッピングに薄切りハムを。

これからはネギも一層美味しい季節なので、風邪予防に時々登場させたい一品です。

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

今日は義父の眼科通院に同行してきました。
元々、4月に予定していた白内障の手術をお盆明けにしてもらい
そのあとの通院がまだ続いていました。

術後しばらくして、網膜中心部の黄斑部というところに浮腫みが出て
物がゆがんで見えるために一時視力が下がりました。
1ヶ月半の間、そのために1日6回の目薬を差しながら様子を見て再びの検査。
だいぶ良くなってきたらしく、義父が元々望んでいた見え方が出来るようになったようです。

一週間空けての片目ずつの手術。
水晶体の欠片が残ってた・・なんて追加の手術もあり、
最初の手術から2週間は、土日以外はほぼ連日の通院でした。
高齢の義父母には大変だったと思います。
送迎しただけの小太郎やオットでさえ、連日通院が明けた時には本当にホッとしましたもん!

体に不調や不具合があっての通院ですが、
病院に通うというのも体力あってこそだなぁと思いますよ。
なんかつじつまが合わない話ではありますけどね~。



週明けには健康診断。
年に1回のペースで簡単なものではありますが、欠かさずに受診してきましたが
さすがに昨年は予約をして行く!ということが出来ず。
一年休んでの健康診断です。
今回はさて・・・どうかなぁ?!

オットの職場の健康診断は毎年6月半ばにあるのですが、
今年は、たいしたことはないけれど2・3ひっかかってました。
なぜ?
心当たりがありました。

父がいよいよ大変になり、5月下旬から落ち着かない日が続き
家のことまで手が回りにくくなりました。
6月初めに退院の予定が一時危篤となり、それからは小太郎も病院泊まり。
その後は父が亡くなるまで実家に泊まっていたので
オットの食生活のことまで出来ていませんでした。
ほんのひと月ほどのことだけが原因とは考えにくいかも知れませんが、
脳梗塞をした2月末から、少しずつ食生活が乱れていったと考えると理由にはなるでしょうね。

父が他界してから4ヶ月が経ちましたが、小太郎も今年は自信ないなぁ。
5・6月は食べるものはどうでもいい・・って感じでしたが、よく動いてたので食べてはいました。
それが弁当だったりインスタントだったり甘いものだったり。
元々甘いものは好きでしたが、一層食べるようになった気がします。

父が亡くなってからも、ストレス食いな感じで甘いものをチョイチョイ間食してたから
今回はきっと何かで引っかかるなぁと。
これを機に、間食を控えるように気をつけないと・・・ね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

母の誕生日♪ 赤飯でお弁当

2020年10月22日 | ・弁当
今日は母の誕生日。
晩ごはんでも一緒にしたかったのですが、都合により赤飯弁当の差し入れを♪
食事は近く、どちらかの家で!という約束です。
そのときは寿司が食べたいらしい。
              

ささげで炊いた赤飯。
3年ほど前から、オットや両親の誕生日には赤飯を炊くようになりました。
う~ん!年を取った感じの渋いチョイスです。

赤飯・サワラの塩麹焼き+すだち・鶏ももとうずらの中華煮・カニほぐし身とネギの卵焼き・
ブロッコリーとオクラのゴマ和え・プチトマトを小さなプラスチック重に詰めました。

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

しっかり強めの雨が降っています。

今日の母の通院は、雨なので手押し車式の歩行器ではなく杖のみで。
うまくバランスが取れなくて、玄関から車までの間に傘を差しかけてもふらついて
背中びっしょりになってしまいました。

濡れる!と思って早く動きたかったのだと思います。
慌てれば慌てるほど足が出ない・・・そういう病気なのです。

辛いでしょうが、そんな難しい病気と付き合いながらまた一年♪
誕生日おめでとう。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

今日のオット弁♪

2020年10月21日 | ・弁当
オット弁を画像におさめるのは久しぶり!
朝すっきりと目覚めて頭と体の動きがいいと、弁当の出来上がり時間も早め。
そんなちょっとしたj時間の余裕が生まれると1日が楽な気がします~。
          

オクラの肉巻き・源タレ漬け卵・肉じゃが・ほうれん草のゴマおかか和え・プチトマト、
そしてシラス梅ご飯です。

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

父の他界後、納骨のために妹がはじめての帰省。
10日の滞在を終えて先日東京に戻っていきました。

納骨を終えた週明けのある日、
母と妹とデパートに出かけました。
三人で街へ出かけるのはかれこれ久しぶりのことです。

小太郎と母がふたりでデパートに行ったのは昨年の11月以来。
小太郎の誕生月で、ふたりでくるりんに乗ったなぁ。
あの時はまだ杖で十分歩けてたのだけど、今回は手押し車の歩行器を使って。

人の流れに乗って移動が出来ないという不自由さがあっても
娘2人と一緒ならば頑張って行ってみようか!!と思える勇気が立派です。
正直、今回のお出かけは妹も一緒だから車椅子でも借りた方が楽かも?と思ってたのですが
ほんとうによく頑張って自分の足で歩きました。

実家に戻って車を下りる時に「街に出かけるのはこれで最後やね」とポツリ。

普段は病気のこともあって少しのことでくたびれてぐだぐだになってしまうのだけど
足の動きはともかく、
どこかにスイッチがあったのか?!と思うほど頭は冴えていたように見えました。

今日、人のたくさんいるところで歩くことで思い知ることも多かったと思うけれど
デパートで歩くって事は普通じゃないからね。
普段は頑張って欲しくて厳しく言ってる小太郎ですが、今日の頑張りはほめてあげたい。

今日のデパート行きは妹がいたからこそ。
休日のドライブや食事はオットが付いていてくれるので安心ですが、
平日にこうやって出かけるとなると、私一人だと心細い部分が圧倒的に増えていたので。
怪我をさせないように・・と思うと、できるだけの配慮が必要ですもんね。
妹が付いていてくれるおかげで
小太郎も母を離れてキョロキョロうろうろ出来るというありがたさ~。
このタイミングに思いついて出かけることが出来てよかった。

また翌日には車で30分ほどの親水公園へ。
母は妹と音楽に合わせてステップを踏みながらの手押し車ウォーキング。
母は妹に任せて、小太郎も久しぶりに気持ちよく大また歩きで体を動かすことが出来ました。

コロナのこともあって妹や妹夫婦の帰省はこれからも難しいところはあると思いますが
母と一緒に過ごせる時間を持てるよう、折りを見て帰って来て欲しいとねがいます。



普段は小太郎が車で5分程という近いところに住んでいて、
毎日顔を出してはいるけれど
短いとはいえ妹が実家に泊まっててくれると母は本当に心強いし安心なんだと思います。

再び妹が東京に戻っていくと、しばらく難しい時期があります。
それは仕方がないとはいえ、何度経験しても慣れることが出来ず。
こんなに年をとっても、色んなことは分かってるつもりでも
どうしても大人になれず、いつまでも達観出来ない自分がふがいないなぁ。

そんなふうに落ち込むこともあるけれど
気持ちはすぐに切り替えることが、前よりは出来るようになったかも知れません。
今磨くべきは鈍感力なのかも知れないなぁ。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

父からもらった時計と50年前の写真。

2020年10月16日 | ・その他
先週末10月10日、父の葬儀以来はじめて帰省をした妹夫婦とともに
父の納骨をしました。
落ち着くべきところに家族揃っておさめてあげることが出来て一安心です。

        

これは3年くらい前かな?父とおしゃべり中にひょっこりもらった腕時計。
この角ばった文字盤は紳士物としたらちょっと小さめ、婦人ものとしては大きめというサイズ。
元々普段使いしてたお手ごろなものだったようですが
高齢になってベルトが面倒で使わなくなってた腕時計でした。

写真は父と小太郎。
小太郎は何歳なんだろう・・・50年くらい前に実家の玄関先で撮ったものだと思います。

もらった時には茶色のベルト、ウォルサムの金色の角ばった文字盤の腕時計はおじさん!な印象も強く
使ってみようかな?と、すぐには思いつけませんでした。

父が亡くなって少ししてから、電池が切れているのに気付き
父が時計の電池交換に行ってた時計店を訪れた時に、この青いベルトを見つけました。
写真では伝わりにくいですが、落ち着いたキレイな青色です。
特別扱いせずに、普段からわりと使ってます。
特に、ちょっとどこかに出かけよう!なんて時には、時計をつけていく・・・というよりも
時計を連れて行くって感じです。

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

心配していた台風は来なかったけれど、その影響でとても蒸し暑い1日でした。
納骨の日、
昼食を済ませたあと、父と時々訪れていた海辺の釣り公園をみんなで訪れ、
義弟とオットと小太郎はしばし海を眺めながらおしゃべりを。
妹は手押し車を頼りに歩行の練習をする母といっしょにぐるりと敷地を一周半。

母の足の大変さはさらに進んだ感じですが、
父を見送るところまでは怪我もせずよく動いてくれました。
気持ちの強さに引っ張られ、頑張れたのだと思います。

時候のよいタイミングで納骨のためにみんなが集まることができて良かった。



実家の一室を義弟の仕事部屋に使えたら・・・
オンラインで可能な仕事をしているので、
ネット環境が整い、部屋をひとつ提供できれば今後の妹夫婦の帰省期間を長く出来るという。

さて、次回はいつ帰れるのか?わからないけれど
オットの手も借りてさっそく準備に動きました~。

昨夏以降、父の体の動きがどんどん悪くなっていたので
安全な動線を作る為に物をのけたり、移動させたりして父母が過ごす空間をスッキリさせましたが
その一方で物置化してしまった一部屋もあったり。

その部屋の不要なものを粗大ゴミに出して処分して整理、
結局は父が使っていた机を生かして使うことにしました。
生前、父が使っていた様子そのままで置いておきたい気持ちはもちろんありましたが
義弟がここで仕事をしやすいよう整えることで
妹夫婦が実家に長く居てくれる、母のそばに居てくれる・・・その方が父もきっと天国で喜ぶだろう。
そう納得しての部屋の整理でした。

父の机の引き出しにはたくさん大事なものが詰まっているので、机の中身はそのままに。
固定でみんなが利用していた文具のコーナーもそのままで。

父が国家公務員として社会に出て働き始めてから定年退職、そしてそれからしばらく働いた軌跡。
全ての昇進や転勤異動の辞令や給与計算などがとじられたファイル。
そんなものも引き出しの奥から出てきました。

両親が結婚したとき、小太郎が生まれたとき、妹が生まれたとき、
お給料をいくらもらって生計を立てていたとか、
転勤でどこに居たとか手にとるように分かるファイル。

さっとは目を通したけれど
これは時間をかけてゆっくりと見てみたいと思います。
父のことはまだまだ消化できないところも多いけれど、これもまたゆっくりと時間をかけて。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加