小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

時鮭と今年お初の焼きナス♪

2008年06月30日 | ・さけ
<時鮭・焼きナス・高菜とじゃこの炒り豆腐・おにぎり>
       

●焼き時鮭(時不知・トキシラズ)
年に一度、出会いのチャンスがあれば食べたい北海道産のトキシラズ。
こちらではサニーマートかデパ地下に行けば出会いの可能性大です。
     
鮭の旬である秋以外(春から夏にかけて)に獲れるので
”時知らず”と呼ばれるらしい。
この時期の鮭は卵巣・精巣がまだ成熟しおらず、 身に脂があるので大変美味。
また若さゆえ、栄養も体に凝縮されているのだそうです・・・
鮭も人間と同様?若い方がちやほやと喜ばれるんかねぇ~。

なんてイヤミ置いといて、今年もやっぱりふっくらしっとりと美味。
「スルメイカのために」と置いてあった船中八策との相性もかなり良く、
週のはじめ・癒しの月曜日にふさわしいメインディッシュとなりました♪


●高菜とじゃこの炒り豆腐
         
みじん切りにした高菜漬けとちりめんじゃこをごま油で炒めます。
しっかり水切りした豆腐を粗く崩しながら加え、全体に混ざったら出来上がり。

漬物やじゃこの塩けが強い時には、事前に塩抜きをして使います。
逆に、味が足りない?と感じた時には風味づけに生姜の千切りとしょうゆ少々。
お好みで粗挽きこしょうをふりかけてもおいしいです。


●焼きナス
実家で毎年作る松山長ナスが続々と収穫できるようになったら、
焼きナスのGoサイン。
早い時期の茄子はただ焼いただけのこの料理には役不足ですが、
最盛期を迎えると実が充実して、焼いただけでも大ごちそうの貫禄と甘み♪
         
おろし生姜・おかか・ネギをのせ、お醤油をぽちっと落としていただきます。

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 酒ブログへ

知らない人に場所や道を聞かれることってよくありますか?
小太郎の場合、たぶん・・とっても多いのです。

今日などは自転車で走っていると、
まるでタクシーでも止める様に手を上げて呼ばれて銀行の場所を聞かれました。
先週は一日に二度ということもあったし・・・。

市内の場合だと、当然「地元の人に見えたんだろうなぁ。」と納得なのですが
それが旅先(さすがに国内)でもよくあるのです。
そういえば、大学に入りたてのほやほやの時にも
「○番教室ってどこにあるんですか?」なんて聞かれ、
老けて見えるのかしら・・・とショックを受けた記憶も。
「私は何でも知っている~」みたいなえらそうな顔して歩いてるのかなぁ。
困った人と遭遇する機会が多いだけなのかな?
コメント (10)

豚串と残りもので楽勝の晩ごはん。

2008年06月29日 | ・豚肉
今年の梅雨は本当によく降ります。
少雨だと夏以降の渇水が問題になる松山なので、これは安泰の兆しかな?
とにかく梅雨らしくしとしと降って、
集中豪雨なんて意地悪はない方がありがたいですね。

<豚串・茄子のたいたの・冷奴・ワカメご飯のおにぎらず>
       

●豚串
豚串はたま~に思いついたらちくちくと刺して冷凍ストックしておきます。
今日のこれも解凍し、塩コショウしてグリルで脂を落としながら焼いただけ♪
日曜日は二人一緒に動くことが多いので、
調理時間が短くて済む冷凍ストックは重宝します~。
     
裏からとってきた南天の葉っぱを敷き、菜園でできたプチトマトを添えました♪


●ナスのたいたの
これは前日の残り。
モロッコインゲンはすっかりナス色?黒くなってしまいましたが、これもまた美味。

●冷奴
「これはちょっと久しぶりやね。」とオット。
冷奴にわさびをのせオリーブオイルをかけ、粗塩をぱらりとふりかけただけの一品。
         
寒い季節には豆腐を軽く温めて同様に♪
見た目デザートのようですが、とってもお酒に合う豆腐料理です。

●おにぎらず
冷凍保存しておいたご飯をチンし、生ワカメふりかけを混ぜ込んだら
毎度おなじみのおにぎらずに~。
豚串と同様、ちょっと庭ごはんの趣きですねぇ。
         

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 酒ブログへ

お休みの朝、ちょっと遅めのごはん。
松前の魚屋さんで買ったかま揚げちりめんをたっぷりのせて丼に。
     
ふわっふわでたまらん美味しさです~。
一口食べただけで「また買って来よう。」と二人して誓い合いました。
コメント (17)

海老・えび・エビ♪

2008年06月28日 | ・その他の魚介類
今日は松前の小さな魚屋さんで買った活き地海老で3品作って休日の宴。
本当はスルメイカ欲しさに早起きして三津の朝市に行ったのですが、
欲しいサイズがなくって泣く泣く松前へ回ったら・・・
嬉しい新鮮エビとかまあげちりめんとの出会い~♪

<活き地海老で3品・おナスとモロッコいんげんのたいたの・マダケのピクルス・
     シソの塩漬け入り海苔巻>
       

●地海老の刺身
まだ生きてるのもいたので、今日はオットにも手伝ってもらいました。
さすがにこういうのは苦手です・・・。
     
まずは魚屋のおばちゃんの言うとおり、お刺身でいただきますっ。
見た目とっても柔らかくて甘そうな海老ですが、
一口食べたオットが最初に言ったのは「おおっ?!こう来たか~。」
断然甘みよりもうま味、
そして小さいながらもブリンッとした食感が新鮮さを物語ります。
小さな海老ならではのうっすらとした塩気、お醤油いらずで楽しみました。

●地海老のしゃぶしゃぶ
せっかくだから加熱もする?なんてことで
沸騰した湯にさっとくぐらせただけの一品。
ほんの一瞬の熱を加えただけなのに、驚くほどやさしく柔らかく変身した海老。
スダチを絞った醤油をつけていただきました~。
         

●地海老の頭の塩炒り
お店のおばちゃんに言われたとおり、
取った頭はフライパンでカラ炒りしていただきました。
塩をふって・・・と聞きましたが、海老が含んでいる塩味で十分。
しっかりカルシウムも補給です♪
         
さすがに沢山は食べれないので、残りは味噌汁のダシとして使う予定です。

●おナスとモロッコインゲンのたいたの
         

●マダケのピクルス
シソの葉の塩漬けと同様、雑誌『男の隠れ家』レシピです。
詳しくは後日、追記しますね。
         

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 酒ブログへ

雨で昼間っからTVなんぞを見てた先週の日曜日。
郡中エリアのお店を紹介している中で気になった魚屋さんがあったので
本日、行ってまいりました~♪
     
この店に並ぶのは三津の市場からの仕入と、地元松前で水揚げされたもの。
松前でこの時期に・・・と言えば、コレでしょう?!
かまあげちりめん。
毎朝、ゆがきたてのものをこちらの店に販売しているそうです。
スーパーで売ってるものよりも断然ふっくらしてる感じ。
それぞれの実家とわが家用に3パック購入しました。
       
もう一つの収穫が↑で調理した地海老です。

実家にかまあげちりめんを届けに行ったら、
帰りこれだけの野菜を持たされてうれしい悲鳴♪
ナス・キュウリ・モロッコいんげん、そして今年お初のピーマン。
     
松山で茄子と言えば『松山長なす』。
画像ではわかりにくいでしょうが、奥の長いものはゆうに40㎝を超してるのです。

夏には茄子さえあれば・・・というほどナス好きのオット。
オットと結婚してからは、実家で育てるナスが一列増えました。
ありがたいねぇ。
コメント (16)

ちまちまいろいろ盛り合わせで、お疲れさ~ん♪

2008年06月27日 | ・その他の魚介類
この一週間はとっても忙しそうだったオット。
ご飯が済んだら夜中って日もあったしね。
今夜は少しずついろいろ並べて、まんぷくより満足度を重視したつもりでしたが・・・
またまた今夜も10時過ぎの帰宅で、炭水化物はまるまま残してしまいました~。

<海老と帆立の酒粕漬け・茄子のおひたし・焼き厚揚げ・シソかま・海苔巻・枝豆>
       

●海老と帆立の酒粕漬け
以前アニーさんにもらって作った酒粕床で漬けこんだ素材を冷凍保存してあったので、
解凍してグリルであぶりました。
自家製の酒粕床だと甘味も控えめに作れるので、
素材のうま味をハッキリ区別して楽しむことができます。

●茄子のおひたし
ナスと油の相性の良さは周知のとおりですが、
なんとな~く、ナスのスポンジ状の様子が必要以上に油を吸ってそうで怖いっ!!
麻婆ナスなど、茄子の炒める料理の時に我が家が良く使う手が「一度蒸す!」。
・・・と言っても、レンジの蒸し野菜ボタンを押すだけですが。
しっかり中には熱が入っているので、油はもう気持ち程度で十分なのです。
         
蒸してさっと炒めたナスは、
だし汁+薄口しょうゆ少々+刻み梅肉を合わせたひたし地に入れ
30分ほどおいてなじませます。
千切り生姜をのせたらできあがり。

●しそかまぼこ
シソの葉の塩漬けをかまぼこにはさんだだけの一品。
生のシソの葉と梅肉をはさむというのは時々するのですが、
それの「-梅味」といった印象。
         
シソの葉の塩漬けは、今のところおにぎりに巻くのがベスト。
三か月も保存できるということと、オットのたっての希望で新たに塩漬け追加。
ひと夏た~っぷり楽しむつもりです。

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 酒ブログへ
コメント (9)

休肝日・ささみのスタミナ照り焼き

2008年06月26日 | ・休肝日
本日休肝日。
連日へとへとのオットに、
がっつりごはんを食べてもらう休肝日のおかずと言えば・・コレ。
なんて紹介しようと思ったら、
一足先に「作ったよ。」と、はははるさんからトラックバックのお知らせです~。

<ササミのスタミナ照り焼き・ワカメときゅうりのずんだ和え・麦ご飯>
       
●ささみのスタミナ照り焼き
ササミは筋を取り、厚みが均一になるよう軽くたたきます。
食べやすい大きさに切ったら、醤油・酒・水・おろしにんにくを混ぜたものに浸し
下味をつけます。

10分~20分ほどおいて汁けを切ったら(漬け汁は後に使うので捨てない)
薄く片栗粉をまぶして、油少々をひいたフライパンで両面を焼きます。
両面焼けたところで漬け汁を一気に注ぎ、フライパンをゆすって全体に絡めます。
表面の片栗粉効果でとろみと照りが出てきたら出来上がり~。

ヘルシーなササミでとっても簡単に作れる、我が家の休肝日のお助けメニュー。
キャベツの千切りと一緒に、モリモリっとどうぞ♪


●わかめときゅうりのずんだ和え
露地ものの枝豆が安くて美味しい季節なので、せっせといただいてます~。
      
塩ゆでした枝豆をサヤから取り出し、ブレンダーで細かく潰します。
ダシ少々を加えてゆるめ、
塩もみしたキュウリと生ワカメを加え混ぜたら出来上がり~。

2年ほど前にもぐぱくさんから教えてもらって以来、すっかりお気に入りの一品。
具はあれこれ試したけど、わが家的にはキュウリは欠かせないかな?

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 酒ブログへ
コメント (8)