小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

今年もご愛顧ありがとうございました♪ 皆さん、よいお年を。

2015年12月31日 | ・特別な日の料理
今年も『小太郎のまんぷく日記』をご愛顧下さり、ありがとうございました。
来たる新年がみなさんにとって、
そしてオットと小太郎にとって良き一年になりますように。

今年のおせち料理、完成しました♪ → 『2015年の締めくくり♪おせち料理完成しました』

            

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村
コメント (6)

2015年の締めくくり♪ おせち料理、完成しました~。

2015年12月31日 | ・弁当
おせち料理、完成しました♪
今年の最後の小太郎の一大イベントであり、
年が明けてオットと小太郎が最初に口にするもの・・・そう思えば感慨深いかも~。
          

正月には正月の彩りというものがあって、お重箱の赤・黒・金、
そして千両・南天・葉らん・うらじろの力は偉大。
おせち料理を作るのにはだいぶ慣れてきたけれど、毎年苦労するのがお重に詰め込む作業です。
        

みっちりと隙間なく詰めるのがベストらしいのだけど、
それがなかなか難しい。
        

数の子・菊花カブ・海老のうま煮・サワラの塩麹焼き・ホタテのカレーヨーグルト焼き・
黒豆、そして数の子。
        

重箱の仕切りとして使っている塗りもの風の升は以前100均で手に入れたもの。
これ、なかなか便利です~。
        

葉蘭は裏庭に生えているのですが、適当なサイズにキッチンバサミで切って
くるりと巻けば田作りの器♪
        

八幡巻、今年はゴボウと金時ニンジンのサイズをちゃんと見て手に入れたので作りやすかった~。
栗きんとんは市販のミニタルトカップに入れてお菓子風に。
きんとんはもちろんカルピスきんとん、そして栗は市販の甘露煮をブランデーに漬けて♪
        

2年ぶり?に作った竜眼巻は二重になってるわぁ。
        

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

ここんところずっと天気が良かったのだけど、大みそかの午後は雨ふり。
夕方にはようやく上がり、少しだけ日がさしての日没だったので
元日の明日は初日の出が拝めるかな。

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村
コメント (4)

あとは詰めるだけ♪ おせち料理の進捗状況3

2015年12月31日 | ・その他
注文しておいた菊音の年越し蕎麦も受け取って来たし、
お重の3段目に収まる顔なしスマイリーも買って来たし、今年は極めて順調です♪

31日の朝のうちにチャーシューを焼き、
午後には海老のうま煮を仕上げ、
        

去年から再び作っているカラフルな『イタリアン伊達巻』は卵焼き。
揚げたジャガイモ・パプリカ・ブロッコリー・チーズ・玉ねぎなどが入った卵焼きを
伊達巻風に巻きすで形を整えたもの。
        

ぶりよりもサワラの方が好きなので・・・こちらも一応出世魚ではありますよね♪
塩麹に漬けておいたのをサッと洗ってグリルで焼きました。
        

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

一年の計は元旦にあり!なんて言いますが、
こうして普段はあまり作ることのない料理を「年に一度」と頑張って作り詰める今日こそが
小太郎にとって一年の計のような気がします。

今年も元気に美味しく食べて、美味しく飲んだなぁ。
そんな一年の食卓に感謝をこめて♪
そして来年もまたそうありますように・・・とおせち料理を作っています。

少し前の新聞の記事に、おせち料理を手作りする人の割合が10%にも満たないと書いてありましたが
おせち料理に関心がある人はとっても多いと思います。
関心はありながらも帰省などで作る機会のない人も多いでしょうしね。

今年はデパートやお店などから買うおせち料理も人気だったとのこと。
うんと年を取ったらそういうのも経験として食べてみるのもいいかな~。
まだ、作りたい欲の方が上なので先のことではありますが。

さ!!
今から詰め合せの作業です♪
料理はだいぶ慣れてきたけど、毎年苦労するのがこのお重へのおさめ方。
うまくお重に収まったら今年最後の記事として画像をアップするので、
よかったら見てってくださいね。

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村
コメント (1)

鮭のバターぽん酢焼きと小松菜のたいたの♪おせちの進捗状況2

2015年12月31日 | ・さけ
今年はあんまり年末らしい慌ただしさがないなぁ・・・なんて思ってたけど
やはりクリスマスあたりからは、それまでのんびりしてた分まで猛ダッシュな感じでした~♪

しかし、おせち料理はもう20年近く毎年作っているおかげか随分慣れてきたのかな。
あとは詰めるだけとなったのでようやく29日のブログ記事に手をつけるわけだ・・・

<鮭のバターぽん酢焼き・小松菜としめじのたいたの・アボカドカッテージチーズ・トマト>
          

●鮭のバターぽん酢焼き
生鮭にかるく塩こしょうし、小麦粉を薄くまぶしてオリーブオイルで両面焼きます。
バターは香り付け程度に最後に少々♪
自家製ぽん酢を加え、バターと共に鮭に絡めれば出来上がり~。
        

●小松菜としめじのたいたの
        

●アボカドとカッテージチーズ
        

おせち料理作りが始まると、やはり晩ごはんは簡単になっちゃうねぇ。

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

28日には菊花カブを甘酢に漬け、
        

『如意巻』(有元葉子さんレシピ)を作りました。
かれこれもう10年以上は作ってるかな。
カニのほぐし身(缶詰ですが)と豚肉を練り合わせて卵に巻いて蒸したもので、
味は中華風のハムって感じです。
意の如く・・・というのは理想だけど、思いが叶いますようにという願いを込めて。
        

29日の朝のうちに『竜眼巻』(有元葉子さんレシピ)。
如意巻にしても竜眼巻にしても、また下の八幡巻にしても切ってみなきゃ出来が分からないというのは
作っててもドキドキですねぇ。
        

煮たゴボウと金時ニンジンを牛肉で焼いた『八幡巻』。
見た目にも美しいのでおせち料理には欠かせない一品です。
        

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村
コメント

鱧フライとほうれん草のおひたし。おせち料理の進捗状況♪

2015年12月29日 | ・その他の魚介類
白身の魚にタルタルソースをつけて食べたい!!という
オットから具体的なリクエストあり~。
そういや・・・安価に秋に出回っていた鱧がまだ冷凍室で眠っている。
さっそく出動だ♪

<鱧のフライ・ほうれん草のおひたし・大根とワサビ菜のサラダ・トマト>
          

●ハモのフライ
衣をちょっとでも少なく・・・ということで、ある程度大きなまま衣をつけて揚げました。
塩こしょうをふって小麦粉→溶き卵→パン粉をつけて揚げるだけ♪
        
タルタルソースをたっぷりつけて食べたい!!と言ってたオットだけど
実際に鱧のフライを目の前にすると、「なんか柑橘ない?」だって~。
そりゃね、揚げたての鱧の白身を目の前にしたら
出来るだけシンプルに食べたいというのが大人の心情というものよぉ。

今年は鱧が豊漁だったのか、大きく立派なサイズが秋になっても長いこと楽しめました。
なんと言っても鱧しゃぶと鱧フライ。
また来年もわが家の食卓に歓迎しますよ~。


●大根とワサビ菜のカッテージチーズサラダ

●ほうれん草のおひたし
いつもならば普通に水にさらしてちゃっちゃっと短い時間で作ってしまうおひたしですが
今日は氷水も用意したし、
お茶パックに鰹ぶしを入れてひたし地に半日ほどひたし真面目に作りました。
今さらながら・・・やっぱり真面目に作ると美味しい。
        
忙しい時にはやっつけ仕事のように料理をしてしまうこともあるけれど
時々こうして真面目にむきあい、リセットすると気持ちもホッとする。

年をとると味覚が好みに偏って鈍くなるそうだけど
これからは自分の舌と感覚だけに頼らず、
キチンと分量を量ってみるのも怠らないようにしようっと。

もちろん、自分の舌と感覚が体調や年齢にかかわらず安定してるのがベストではあるけどね~。

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

先日、テツにプレゼントしたオットの部屋靴下のお古で作ったボール
かなり気に入った様子です。
普通のボールと違って柔らかで咥え易いのが最大の魅力なのかなぁ。

一週間経って破れた箇所があったので、芯にした片方の靴下と外側を交換しようと作業をしていたら
ボールの真上から至近距離で凝視して、まるで「フムフム」と
まるでその構造をチェックしているかのよう。

もしも理解できたとしても、その作業はテツの手足じゃ~作るの無理だもんね。
お姉ちゃんが手となってまた作ってあげよう。
今度はお姉ちゃんのゴム伸び部屋用もこもこ靴下で作ろうかねぇ♪

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へにほんブログ村

年明け2日にはオットと小太郎それぞれの両親を自宅に招待する予定なので
おせち料理も2日にほぼ食べきりの予定。
なので、例年よりも一日~半日前倒しでおせち料理作りにいそしんでおります♪

田作りにはゴマと、今年流行ったチアシードをふりかけました。
ケシの実みたいにプチプチとした食感が楽しめるはず。
        

毎年、薄皮取りはオットの仕事だったのだけど
今年は仕事に行っちゃったので小太郎が地味~にやってます。
あらら・・・薄皮がちょっと見にくいなぁ・・・と年の瀬に我が年を痛感!!
        

黒豆は去年から、土井善晴先生のレシピで作ってます。→ ≪きょうの料理・黒豆(土井善晴)≫
熱い煮汁に洗った豆を入れて戻すという方法。
今年もふっくらピカピカ、柔らか~に煮えて幸せな気分に浸っております。
        
コメント (6)