小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

銀鱈とたらこの粕漬け

2007年11月30日 | ・その他の魚介類
<銀ダラの粕漬けと酢レンコン・ほうれん草の炒め物・焼きだし豆腐・
   白飯のおにぎりとタラコの粕漬け>
   


●銀だらの粕漬けと酢レンコン
小太郎おじからもらった粕漬け、二番手は銀鱈です。
         
ぷりぷりとハリのある身にほのかな酒粕の風味。
ついついお酒を飲むのも忘れてしまうほどのおいしさでした~。

添えたのは酢レンコン。
スライサーで薄切りにしてさっとゆでたレンコンを、
柚子の絞り汁・米酢・砂糖少々で和えて1時間ほどおきました。

●ホウレンソウの炒めもの
牡蠣のオイル漬けを使ってほうれん草を炒めました。
         
牡蠣オイル漬けの油少々を温めたフライパンに入れ、
漬かっているニンニク半片を粗みじんに切って炒めます。
香りが出てきたら牡蠣を粗みじんに切ったものと、
ざく切りにしたほうれん草を加えてさらに炒め、しんなりしたら出来上がり。

そのままいただく牡蠣のオイル漬けはもちろんおいしいのですが、
それを使った料理としては一番のお気に入り。

●焼きだし豆腐
コウケンテツさんの料理本からいただいたテクニック♪
         
すっかり小太郎の身についてしまったようです~。
揚げるより楽だし食感も良いのです。

●白飯のおにぎりとたらこの粕漬け
これも小太郎おじから先日もらった粕漬けのタラコ。
唯一、焼かなくても食べるものだったのでまずは生でいただきます。
         
市販のたらこの塩気+酒粕の風味を想像していたので、
サイドに白おにぎりや焼き海苔を添えたのですが・・・
たらこの塩気は意外なほどにごくごく薄くてびっくり!!

その代り
今まで焼いて食べた酒粕漬けの鮭やタラよりもうんと濃厚で豊かな風味で、
ねっとりとからみつくような食感がたまりませんでした~。

週末の夜という言い訳も加わって、少々飲みすぎてしまった。

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 酒ブログへ

引き出物カタログでもらったブレンダーが破損したので、新しいのを購入。
バーミックスと似ているけれど、
これは貝印の『マルチブレンダー』です。

他社にも人気の高いブレンダーがあり、
それぞれに長所も短所もあるのでずいぶんと悩んでしまいました。

貝印といえばブラウン同様、髭剃り・カミソリで有名な会社。
結局、電気製品なのに「刃ものには強いでしょう。」ってことで~。
お値段は専用容器までつけてもバーミックスの約1/3というのもうれしいっ。
          
1台で6役。
①ミンサー (生の肉や魚をつぶす、きざむ)
②マッシャー(野菜や果物をつぶし混ぜる)
③ジューサー (野菜や果物をかき混ぜてジュースを作る)
④ウィスク(とろみのある材料を混ぜ合わせる)
⑤ビーター (卵白や生クリームを泡立てる)
⑥グラインダー (煮干しや茶葉などの乾燥物を砕く)
コメント (18)

アツふわっ♪銀杏がんも

2007年11月28日 | ・さけ
<銀杏入りがんもどき・鮭のおろし煮・ブロッコリーの黄身味噌和え・海苔巻>
      

●銀杏入りがんもどき
わが家の『手作りすると一層おいしいレシピ』上位に入るがんもどき
今日はプリプリ大粒の銀杏を入れて作りました。
         
木綿豆腐は塩一つまみ入れた湯で芯まで温め、ざるに上げてそのまま冷まします。
(冷めた頃にはたっぷりの水が出てきます)
さらにキッチンペーパーに包み、表面の水気をしっかり取ります。
※それでも水抜きに不足を感じる時にはキッチンペーパーに包んで重石をします。

溶き卵大さじ1・薄口しょうゆ小さじ1・片栗粉小さじ2と水切り木綿豆腐を
フードプロセッサーに入れ、滑らかになるまでよく混ぜます。

そこにお好みの具を入れて混ぜたらがんものたねの出来上がり。
今日は戻したひじき・チンしたシメジ・人参のみじんぎり・銀杏を入れました。
いずれも水気をしっかりとっておきます。

成形したら低めに温めた油に少しずつ投入し、キツネ色に色づいたらできあがり。
全体にゆるめの生地になった場合には無理して手で成形せず、
スプーンすくって油に落とす方法が無難です。

揚げたてはふわふわでたまらんおいしいですよ~。

豆腐に混ぜた残りの溶き卵は
薄焼きにしておくと、サラダやおひたしのトッピングに使えます。
また、ひじきの代わりにダシを取ったあとの昆布を刻み入れるというのもあり。

せっかく豆腐の水抜きをしっかりしても、混ぜる具材から水が出ちゃ台無し。
水気の多い生のキノコ類は一度加熱して水気を取りましょう。

●鮭のおろし煮
焼いてほぐした新巻鮭半身、これで使い切りです~。
         
新巻鮭を焼いて粗くほぐしたものと、大根おろしを小鍋に入れて温めます。
そこへ春菊を加え、しんなりしたら出来上がり。

新巻き鮭の旨みと塩気だけで調味料一切いらないという、ありがた~い一品。
だからこそ、新巻鮭をまとめて焼きほぐし→冷凍し甲斐があるというものです。

新巻鮭の塩の効き具合と大根のみずみずしさと相談しながら、
必要に応じて塩や水をプラスします。

●ブロッコリーの黄身味噌和え
具はブロッコリーとイカですよ♪・・なんて言っても、もう騙されないか?!
ひとつのゆで卵で和え衣・具を作るという、一石二鳥でカンタンな小鉢料理です。
         
ゆで卵の白身と黄身を分けます。
白身は食べやすく薄切り。
黄身はボウルの中でつぶし、ダシ汁少々・練り辛子・白みそ・米酢と合わせます。
あとは塩ゆでしたブロッコリーと白身を黄身味噌で和えたら出来上がり♪

今日はブロッコリーを使いましたが、
彩りを考えると緑のもの・・・塩もみきゅうりと合わせてもきれいかな。
お子様向けにはマヨネーズを加えて、ちょっとサラダ風に。

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 酒ブログへ

♪♪おみやげ忘れないでちょうだいね~、パパと指切りしたんだもの。
  き~っと大きな紙包み、今年もやっぱりそうでしょね~♪
  トロロン、プルンプルンふわふわさ。
   今年も○○のクリスマスケーキ~♪♪  ・・合ってるかな。
愛媛に住んでいる人にとったら、これも十分にクリスマスソングでしょう?

わが家の玄関を入ってすぐ、
スケルトン階段の向こうに飾ってあるのはクリスマスツリー。
階段の折り返し、踊り場下の高さに合わせた120cmのツリーです。
後ろのガラスの外には4mのゴールドクレスト、Wツリーなのだ~。
         
遠目には本物っぽく見え、できたら幹は木製がいいな~なんて探し回った7年前。
これを片づけた後には、正月の飾り付け・・・もうすぐ12月ですね。
コメント (18)   トラックバック (1)

越乃寒梅、贅沢な粕漬け

2007年11月27日 | ・その他の魚介類
「オット、早くお弁当箱だして」「おいおい!今日は作ってもらってないよ。」
・・・そうでした~!!今朝は寝坊したんだった~。
全部新しいパジャマが悪いのよ。
あまりにも柔らかくて温かかったせいなのよ・・・と見苦しい言い訳。

<鮭の粕漬け・胡瓜のおろし和え柚子釜・ゆり根の卵とじ・糸こんにゃくの炒め物・
   海苔巻>
     

●鮭の粕漬けとキュウリのおろし和え柚子釜
小太郎のおじさんからもらったお歳暮。
新潟の銘酒・越乃寒梅粕仕込み、魚介の粕漬けです。
まずは鮭から♪
         
オットの実家からもらった柚子でちょっと気取って柚子釜など。
塩もみきゅうりを大根おろしと柚子しぼり汁で和え、
粗挽きこしょうをふりかけました。

丁寧にガーゼに包まれた海の幸と酒粕。
今日いただいた鮭のほかに、鱈・たらこ・ホタテの貝柱が漬かっています。

粕漬けといえば香りや味が素材の持ち味に勝ってしまうことも多いのですが、
これは珍しいくらい控えめな風味づけ、かなり美味。
           
深く漬かりすぎないうちに、せっせと美味しい目に遭うことにします。
おじちゃん、いつもありがとうね。

●ゆり根の卵とじ
一昨年はじめて調理して以来、すっかりお気に入り。
おがくずの中から比較的きれいで大きなものを2個買って来ました。
まずは大好きな卵とじ、2個目はkomiさんに教えてもらったゆり根ご飯の予定です。
         
 ※作り方はこちら → 『はじめてのゆり根

●糸こんにゃくの炒め物
2人暮らしというのは、中途半端にモノが余りがち。
今日は冷凍庫から豚薄切り肉5枚を発見したので、
ノーカロリーの糸こんにゃくに少々ボリュームアップを図ります。
         
糸こんにゃくはアク抜きしてから炒りした後、鶏ガラスープ少々で煮ます。
あとはごま油で炒め、塩コショウした豚肉と炒め合わせるだけ。
ネギを散らしたら出来上がり。

糸こんにゃく好きなオット、お気に入りの酒の肴です。

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 酒ブログへ

これが今回、小太郎おじからもらったお歳暮♪
んま~っ、これが良い香りなんだわ。
焼く前に酔いそうなくらいでした。

 三條屋『銘酒越乃寒梅粕仕込み、魚介類粕漬け』
     新潟市東区臨港一丁目6-7  025-271-1020
  
小太郎おじはとにかく人の喜ぶ顔を見るのが大好きという人で、
小太郎とオットのために夏・冬と、おいしいものを探しては送ってくれるのです。
昨冬の小鯛のささ漬
今夏の佃權(つくごん)の夏おでんなど、覚えている人もいるのでは?
コメント (18)   トラックバック (1)

黒酢と豚で疲労回復

2007年11月26日 | ・豚肉
たっぷりとお野菜はあるので、今日はありもので晩ごはんを・・・
そうそう!特売の日に買って冷凍してある豚ひれ肉でアレを作りましょう。

<豚ひれの黒酢あん・炒り豆腐・ブロッコリーとカリフラワーの鮭マヨ和え・
  海苔巻>
  

●豚ひれ肉の黒酢あん
豚肉ってビタミン豊富で疲労回復に良い!とはよく聞くけど、
ネギやニンニクと組み合わせると体への吸収力・効力がアップするらしい。
         
豚ヒレ肉は、1cmほどの厚さに切って(瓶底などで)軽くたたき、
塩・こしょうをして片栗粉をまぶします。

薄くサラダ油をひいたフライパンで両面を焼き、
水と黒酢各大さじ3・しょうゆ大さじ2・砂糖小さじ1~1半を加えて、煮絡めます。
火を止めたら、長ネギのみじん切りをを散らして出来上がり。

ネギは最後にまとめて散らすように書きましたが、
煮絡めている最中と火を止めたあと、実際は二度に分けてたっぷり入れてます。
絡めるタレは予め合わせておいて、一気に注ぐと味が均一に入ります。

黒酢の深みのあるまろやかさやコクがものをいう一品。
用途少ないから黒酢は持ってない・・という方も一度作れば病みつきになるかも?

●ブロッコリーとカリフラワーのサーモンマヨ和え
少し前に新物の新巻鮭を買ったの、覚えてるかな?
おろし煮や炒飯にすぐ使えるよう、焼いて粗く身をほぐして冷凍してあるのだけど
今日はこれを利用して簡単な一品を。
         
焼いてほぐした鮭の身をすり鉢ですりつぶします。
そこへマヨネーズ・練り辛子・水少々を加えて、滑らかになるまですり混ぜます。
あとはさっとゆでたブロッコリーとカリフラワーと和えるだけ。

「おっ?何?これ美味しいぞ。」と箸先に鮭マヨをのせたオットがじっくり観察。
かくかくしかじか・・・
「新巻き鮭、また買い足しておくか~」

●炒り豆腐
釣り弁当用に買った高菜漬けでしたが、使わずじまい。
今は生の高菜の季節なので少々もったいない気もしますが、
刻んで豆腐と炒りつけました。
         
古漬けのようにしっかり味もしみていたので、
さっと熱湯をかけて軽く塩抜きして利用。
思いつきでちりめんじゃこ・刻み生姜を加えることもありますが、
今日は高菜漬けオンリー。
粗挽きこしょうで全体を引き締めたら出来上がり~。

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 酒ブログへ

9月には小太郎実家のスダチで、
11月にはオットの実家からもらった柚子で!と年二度ぽん酢を作るのが恒例です。
一本はオット実家へお届け~。
 ※ポン酢の作り方はこちら → 『今年もスダチでポン♪』
           
柑橘の絞り汁には癖の少ない米酢を少々加えておくと、長持ちします。
米酢が防腐の役目をはたしてくれるのだそうです。

見栄えの良い柚子玉は特別扱いでとっておきます。
正月料理までは持たないのが残念だけれど、
小さな柚子釜などで食卓にだすと普通の食卓がちょっと豪華に見えるかも。
         
コメント (15)

久々の釣り♪鯵のにぎり寿司

2007年11月25日 | ・あじ
快晴の暖かな連休でしたね♪
みなさんも家族や大切な人とゆっくり楽しい時間を過ごせたかな。
この連休はオットにとって久しぶりのお休み・・しかも大潮、ってことで
釣りに行ってきました~。

<アジのにぎり寿司・アジのナムル・骨せんべい・厚揚げとしめじのたいたの>
   

●鯵のにぎり寿司
ヒラメやヒラマサを狙いはしたものの、釣果は鯵のみでした~。
たいていの人は鯵を釣るなら塩焼きサイズは欲しいと思うのでしょうが、
小太郎とオットの場合は「鯵を釣るなら小アジよね♪」・・そっ!これを作る為。
ごくごく浅く酢でしめた新鮮な小アジの身は、ふっくら柔らか。
      
入れ食い状態だったので、調子に乗って短時間でたっぷり釣り上げた鯵。
小さい鯵はおいしいけれど、
にぎり寿司のネタにするために三枚下ろしにするとなると結構大変。
まるで小魚の解剖です。

 ※あじ寿司の作り方はこちら → 『久々の釣りでアジ寿司♪』

酢じめの時間もおろす要領も、近年やっとわが家流が確立された感じです。
遠くない場所に釣り場を見つけたので、また行きたいな~。

●鯵のナムル
新鮮な鯵でもう一品作るなら、なめろうかナムルでしょう。
今日は日差しがあって少々くたびれたので、はっきり味のナムルに決定。
      
刺身におろした鯵は、太めの千切りにします。
千切り生姜・ネギの小口切り・塩一つまみ・ごま油少々を加えて
和えたら出来上がり。

お好みで粉トウガラシをふりかけていただきます。

●鯵の骨せんべい
釣ってきた魚はとことん食べつくす思うのが、せめてもの供養?
・・・本当のところは、単純においしいので作っちゃいました~!の骨せんべい。
      
水気を拭き取り、薄く小麦粉をまぶしたら油でからりと揚げます。
パラりと塩をふりかけていただきます。

●厚揚げとシメジのたいたの
      

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 酒ブログへ

たくさんコメントいただいているのに、お返事遅くなってごめんなさい。
今日からは平常運行するつもりです。
コメント (22)