小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

セセリのから揚げと山盛りコールスロー♪今日のオット弁。

2011年09月30日 | ・鶏肉
薄手の毛布一枚に絡まって眠るのが心地よい季節。
昨年、y.u.さんに教えてもらった毛布を手に入れたのですが
これがまたこの時期最高に気持ち良いのですよね~♪

<セセリのから揚げ・山盛りコールスロー・煮豆腐・冷やしトマト>
          

セセリのから揚げセセリの余分な脂はキッチンバサミで除き、生姜&醤油で下味をつけておきます。
汁けをよく切り、薄く小麦粉をまぶして二度揚げすれば出来上がり~。


●山盛りコールスロー
今が旬の野菜といえば真っ先に浮かぶのが芋!ですが
これらで「野菜をせっせと摂る」と言っても、満腹感もたっぷりなので難しいですよねぇ。
かと言って葉もの野菜にはまだちょっと早い・・・
そういう半端な季節には、キャベツがちょうどエエ~。
        
玉ねぎの千切りと人参は軽く塩もみしてから、オリーブオイル・米酢・塩・コショウでマリネしておきます。
食べる10分ほど前に千切りキャベツとブロッコリー(生のまま)を刻み、
マリネした玉ねぎ&人参と合わせます。

好みでマヨネーズ少々を加えていただきます~。


●煮豆腐
ごくごくシンプルな煮豆腐。
真っ白な豆腐が茶色に染みた様子。
オットはこんなことで季節を感じるんだそうな。
「熱燗の季節やねぇ・・」
全てはお酒に通じてます♪
        

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ

今日のオット弁。
海老のコチュマヨ焼き・玉ねぎ入り卵焼き・ブロッコリーとしめじの炒めもの・ジャガイモと人参の煮物・
ミディトマト、そして日の丸ごはんです~。
              
コチュマヨ焼きは、コウケンテツさんレシピ。
わが家ではもっぱら鮭で作っていましたが、
今日は冷凍室から海老を発掘したのでこれを利用してお弁当の一品に。

一口味見♪
う~ん!朝っぱらからウマイっ。

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴へ 
コメント (11)

つくねレンコンと揚げ茄子のカレー酢漬け。

2011年09月28日 | ・鶏肉
来月の連休明けからオットが沖縄へ出張。
訪れる場所も日々違うので、毎日宿を変わるというのが結構大変そう。
さて・・・今からお土産が楽しみ。

沖縄というと20の頃と28頃の二度訪れたことしかない小太郎。
お土産といえば20年も前ならば『ちんすこう』でしたが、今の定番ってなんだろうなぁ。
少し研究しておこう・・・って、オットは遊びに行くんじゃないんだってば~!!

<つくねレンコン・揚げ茄子のカレー酢漬け・大根と人参の炒め煮・冷やしトマト>
          

●つくねレンコン
先日、産直市にキレイなレンコンがたくさん出ていたので2節購入。
今日はアレでも作りますか~。
        
鶏挽き肉を、まずそのままで練って粘りを出しておきます。
長ネギ(白い部分)のみじん切り・おろし生姜・塩・コショウを加えてさらに練り合わせます。

レンコンは皮ごと使用。
(きたない所があれば、包丁の背でそこだけ削りとったのでOK)
5㎜厚に切ったレンコンを、温めて油を薄くひいたフライパンに入れます。
片面を焼きながら、あらかじめ用意しておいた肉ダネをのせていきます。
ここは雑でも構わないので、とにかく手際よく♪

裏返したらレンコンの穴に挽き肉を埋めるつもりでギュッと上から押さえつけます。
挽き肉の面にこんがり焼き色がついたら出来上がり~。

レンコンの丸い形に肉ダネが沿うようなキレイな形ではありませんが、
この無骨さもちょっと気に入っている一品。

スダチをしぼって・・と思い添えましたが、この料理にはちょっと合わないかな~の印象。
サクッ&パリッの心地よい食感がレンコンの命。
地味に長く熱を加えるともそっとした食感になるのでくれぐれもご注意を♪


●揚げ茄子のカレー酢漬け
実家の松山長茄子も終盤かな?
なす天・揚げ茄子・揚げだし茄子、そして明日も使います~。
        
   ※作り方はこちら → 『今が盛りのししとうで肉詰め。茄子とオクラのカレー酢漬け


●大根と人参の炒め煮
どこの家庭にも必ずあるであろう人参&大根。
それ+αはたいてい松山あげ(油揚げ)ですが、今日はしめじでカロリーオフ。
         

●冷やしトマト

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴へ 

今日のオット弁♪
ツルムラサキとしめじのおひたし・ちくわの磯辺揚げ・ミディトマト・漬け卵・大根の煮物・
キュウリのゴマ和え、そして今日はビーフンだ~!!
              
もふもふっとして弁当にはどうかな?と思いつつも、二度目の具だくさんビーフン。
オットの大好物です~。

キャベツ・人参・玉ねぎ・シイタケ・豚こま肉・海老が入っています。
毎日弁当にはヤクルト(もどき)を付けていますが、
今日みたいな弁当にゃ~ビールの方が良さそうだ!

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ

オットの沖縄行きでふと懐かしくなり、
若かりし頃の沖縄旅行の写真を引っ張りだしてみた。

20の沖縄。
「まぁなんてカワイイ!!」
おちょうも小太郎も、化粧のケの字も知らぬピカピカの肌にパン!と張ったまるいほっぺ。

28の写真には、まぶしい白のミニスカートにスニーカーの小太郎。
あぁ・・・もうすぐ20年前の話です~!
コメント (4)

豚ひれ肉の黒酢あんとブロッコリーの黄身味噌和え。

2011年09月27日 | ・豚肉
しんびが仕切ると話がすすむ~!

「またみんなで集まりたいねぇ」とあちこちから希望する声は出ていたけれど
私が幹事をやりましょう!という人間はなかなか出てこない。
こういう時にスカッと話を進めてくれるしんび、あんたはエライ!!

<豚ひれ肉の黒酢あん・ブロッコリーの黄身味噌和え・モヤシときゅうりの源たれ和え・おにぎり>
          

豚ヒレ肉の黒酢あん
定期的にスーパーの特売で出てくる豚ヒレ肉のブロック。
こういうチャンスに手に入れて使ったり冷凍保存したりしてます♪
        
豚ヒレ肉は、1cmほどの厚さに切って軽くたたき、
塩・こしょうをして全体に薄く片栗粉をまぶします。
絡める調味料を合わせておきます。
  →水大さじ3・黒酢大さじ3・しょう油大さじ2・砂糖小さじ1~1半
長ネギはみじん切りにします。

サラダ油をひいたフライパンで両面を焼いたら、
予め合わせておいた調味料を一気に注ぎ入れます。
フライパンを揺すりながら加熱し、焦げないように煮詰めます。
汁気が少なくなってきたら長ネギのみじん切り半量を加えます。
全体にキレイな照りが出てきたら器に盛り、
残りの長ネギのみじん切りを散らしたらできあがり~♪


●ブロッコリーの黄身味噌和え
ブロッコリーとゆで卵で和風の小鉢をひとつ。

ゆで卵の黄身と白身を分け、
黄身は白味噌&辛子と混ぜて和えごろもに!白身は和える具材として使います。
こういう地味~な発想、結構好きです。
        
卵はかたゆでにして冷ましておきます。
黄身と白身を分けたら、
黄身をつぶして白味噌・ダシ少々・練り辛子と混ぜ合せておきます。

白身は具材として存在感を出したいので、太めの千切りにします。

ブロッコリーは小房に分け、ふんわりラップに包んでレンジでチン。
茹でると栄養が流れ出るので、ブロッコリーの加熱はたいていレンジ頼みです♪

ブロッコリ―の粗熱が取れたら、白身と共に黄身味噌で和えて出来上がり~。

黄身味噌の部分はいろいろにアレンジ可能。
練り辛子の代わりに粒マスタードを使って、食感と酸味をプラスするのも良し。
また、マヨネーズを加えると白味噌と相まってずいぶんまろやかなお味にもなります。


●豆もやしときゅうりの源たれ和え
もう、豆もやしにとりつかれているとしか思えません~。
使い終われば次のが欲しくなる・・・これが豆もやしだから良いようなものだけど。
        

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴へ 

今日のオット弁。
豆もやしの肉巻き・ネギいり卵焼き・焼き人参&ブロッコリー・里芋の梅味噌煮(前日の残り)・
塩鮭・ツルムラサキとしめじの炒めもの、そして日の丸ごはんです~。
              

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ

10年ほど前、家の近所を歩いていたときのこと。
ご近所のおじいさんが、飼い犬であるラブラドール君をタオルで拭いてあげてたら
犬がタオルにガブリ!!
目の前でワンコとおじいさんのマジなタオル綱引きが始まりました。
悪いけれど、笑えたなぁ。

それからしばらくしたある日のこと、
もうワンコはリーダー気分満々で、
おじいさんをぐいぐいと引きずるように進み、明らか散歩の主導権を握っている様子。
あの時のタオル綱引きに勝ったのでしょうね~。
しばらく経つと、それがあたり前のように見慣れていました。

初めて見た日から10年経った、つい先日のこと。
カツカツと杖をつく音が聞こえてきたので見てみると、
そのおじいさんが、歩くのも大変そうな様子で杖をついてワンコの散歩をしていました。
ワンコのあの強引さはなく、ゆっくりとゆっくりと歩調を合わせてワンコも歩いているのです。
あぁ・・これが犬なんだなぁ。
そして、こんなに大変そうなのに朝夕の散歩をきちんとさせてるおじいさんも偉いなぁ。

犬の賢さ・性格の良さもあるのでしょうが、
ひょっとしたら、このワンコもいつの間にかおじいさんより年上になっていたのかも知れません。
10年の歳月と、犬と人とのかかわりを改めて実感。
コメント (4)

くるくるっ♪さんま明太とツルムラサキのおひたし。今年もポン酢、作りました~。

2011年09月26日 | ・さんま
ピッカピカの生秋刀魚100円♪
今日はポン酢作り計画もあるので、鮮魚のお兄ちゃんに三枚おろしをお願いしました~。
楽チン!

<秋刀魚明太・ツルムラサキとちりめんじゃこのカリカリナムル・里芋とレンコンの梅味噌煮・おにぎり>
          

●ロール秋刀魚2種(明太子・粒マスタード)
三枚におろした秋刀魚に明太子&シソを巻いたもの・粒マスタードを塗って巻いたもの。
ふたりとも先に粒マスタード巻きに手をつけたのですが、
ちょいと気になって聞いてみた。
        
「オットはこの料理、どっちの味が好きなん?」
「シソ明太!」と嬉しげに即答するオット。
ちなみに小太郎はあえていうならば粒マスタード味の方が好き。

今この瞬間に食事を中断する何か起こったら、オットはきっと後悔するぞ~!!

    ※作り方はこちら → 『ぐるぐる~、サンマ明太


●つるむらさきとちりめんじゃこのカリカリナムル
再びツルムラサキを手に入れたので、相性の良い油を使って一品。
        
ゆっくりじっくりとフライパンでちりめんじゃこを炒りつけます。
焦がさないように加熱し、カリカリになればOK。

茹でて冷水にさっとさらしたツルムラサキの水けをしぼり、ざく切りにします。
麺つゆ・ごま油少々・ちりめんじゃこを加えて一混ぜすれば出来上がり。

モロヘイヤのようなぬるっと感がある野菜。
すでに季節はすっかり秋ですが、夏の疲れを癒してくれそうな口当たりです。
もう1袋手に入れてあるので、これは油炒めでいただくつもり。


里芋とレンコンの梅味噌煮
わが家の秋の定番。
里芋とレンコンを素揚げにし、白味噌と梅で煮た日本酒の友♪
        
里芋は昨日紹介した方法で皮をむき、適当な大きさに切って素揚げします。
レンコンは皮をむかずに乱切りにし、こちらは食感を損なわぬよう短く素揚げ。

仕上げに煮るので、ここまでの作業は早めに済ませておき、冷めてしまっても大丈夫。

小鍋に少量のダシ汁(野菜が半分浸かる程度)を沸かし、白味噌を溶かします。
これを焦がさないようにじっくりと煮絡め、
汁けが少なくなってきたら刻み梅肉を加えて混ぜれば出来上がり。

手が込んだ風に見え、手が込んだ風な味もしますが
揚げる作業を時間のある時に済ませておくとか、
揚げものをするついでに揚げておいて、翌日使うとか・・・結構融通の効く料理です。

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴へ 

今年もポン酢、作りました♪

昨日、テツに邪魔され・・・手伝ってもらって実家でスダチを収穫。
         

帰宅後には、わが家のシークヮサーの木からは小粒ながら100近くとれました~。
実はコレ、まだほんの一部なのです♪
        
これだけたくさん採れたんだから、
熟してしまわないうちにこれでもポン酢作ってみようか?!なんて話に。

毎年、小太郎実家のスダチとオット実家の柚子で2種類のポン酢を作っていますが
今年は3種類を楽しむことが出来るのだ~。
       
     ※ポン酢の作り方 → 『今年もポン酢作りました(スダチ編)

というわけで、今年はこの段階で2種類のポン酢が完成。
もうじきオット実家の柚子も色づき始めたら、もう一通りこの作業。
来るべき冬に向けて、鍋の準備も万端です!
              

スダチとシークヮサーの種、こんなに色が違うんですねぇ。
シークヮサーの素晴らしい効能はいろいろに聞きますが、この色を見れば納得な気がする~!
しかし、奄美大島や沖縄でしか採れないと言われているシークヮサーが
愛媛松山でこれだけとれるというのは、明らかに温暖化で単に喜べない気も・・・
        
せめて、この元気の源をしっかりと我が身に注いでこの冬も元気に過ごしたいと思います♪

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ

正月2日の大同窓会から半年以上経ちました。
みんなあの宴会で燃え尽きたのか?あれからぴたりと再会の輪が途切れていましたが
昨晩ふとわき上がった2-3のクラス会。

またまたしんびが仕切ってくれるんだという・・・いつもありがとうね~!!
近々詳細を決めて連絡が回るらしい。
楽しみ♪
コメント (2)

つるんっ♪簡単皮むきで楽勝の里芋。

2011年09月25日 | ・その他
旬の里芋、せっせと食べていますか?
ぬるぬるして皮がむきにくいからイヤ!
手がかゆくなるからイヤ!だなんて、旬野菜の効能を遠ざけたりしていませんか?
今日は里芋好きな小太郎が、簡単な皮むき方法を紹介します。

まず、里芋の泥をキレイに洗い落とします。
          
大きな鍋にたっぷりと湯を沸かし、沸騰したら洗った里芋を投入。
小さな芋ならば10分程度、大きなものならば約13分ぐらぐらと茹でます。

茹であがったら湯を捨て、水でさっと粗熱をとります。
そして・・・チョイ♪と軽く絞るように皮をひねれば、この通り~。
まるで「桃から生まれた桃太郎」のように、見事な里芋の登場です!!
         
(たまに、芋の性でキレイにむけないこともあります)

これが今日、茹でて皮をむいた里芋。
ザルに上げてしっかりと冷ましたら、冷蔵庫で2・3日は保存できます。
この間に使いきれる分だけまとめて皮をむいておくと便利。
       
この状態で冷蔵庫に皮むき里芋があれば、気軽に使えるでしょ?
ちょいと刻んで味噌汁に。
お弁当に煮っころがしでも入れようかな?それとも焼いてみようかな?なんて。

  ※わが家の里芋料理はこちら → ≪さといも特集≫

里芋のぬめり成分は伊の粘膜を保護してくれたり、消化を促進してくれたりするそうです。
また、マンナンという食物繊維が豊富なので満腹感を得やすく、しかもお通じにイイ♪
その上、カリウムが余分な塩分を排泄してくれるので高血圧予防になったり
疲労回復の効果もあるんだそうな。

一旦包丁を入れると切り口からぬめり成分が流出してしまうので
出来るだけ小粒なものは包丁をいれずに調理するのがイイらしいです。
そういう意味でも、この茹でてツルン!方式の皮むきはオススメ。

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴へ 

金曜日、Superflyのコンサートに行ってきました♪
今回もたっぷり楽しませてもらいました~。

先日、市駅前みゅんへんのから揚げを紹介しましたが
Superflyは、コンサート前日にそのお隣・でゅえっとでミートスパゲッティを食べたらしい。
松山で青春時代を過ごした人ならばだれでも記憶に残る味ですよね。
とってもローカルなグルメに、さっそく会場からそのまま足を運んだ人もいるのでは?!

にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
コメント (4)