小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

焼き鯖ののっけ盛りとハチクのたいたの

2010年05月31日 | ・さば
<焼き鯖ののっけ盛り・ハチクのたいたの・たたきオクラのせ冷奴・おにぎり>
         

●焼き鯖ののっけ盛り
軽く塩を振ってごま油をまぶし、フライパンで焼いたサバ。
あとはたっぷりの玉ねぎスライス・千切りミョウガ&生姜・ニンニクチップスを散らして
ポン酢をかければ出来上がり~。
        
ミョウガ・生姜・シソの葉など、夏の薬味野菜が手に入りやすい季節になりました。
まだ新玉ねぎも手に入る頃なので、さっぱりと軽くみずみずしいお野菜と一緒に
焼いたサバをサラダのようにしてもりもりっといただきます♪


●ハチクのたいたの
下ゆでしたハチクは食べやすい大きさに切り、油でさっと炒めます。
ダシに酒・薄口醤油を加えて味付けし、松山あげ(油揚げ)と共に煮込めば出来上がり~。
        

春の山菜の季節3・4月頃に出回るタケノコは確かモウソウチクと呼ばれるもの。
その季節はとうに過ぎてしまいましたが、
バトンタッチするように梅雨の前ごろから出始めるのがハチクです。
        
モウソウチクよりも細く、えぐみも少ないということで
下ゆでの時間がそんなにかからないというのがありがたい♪


●たたきオクラ&ワカメのせ冷奴
今年お初のオクラはお隣・高知産のもの。
さっと茹でて生わかめと共に細かく刻み、
ダシと薄口醤油少々を加えて包丁でとろりとした粘りが出るまでたたきます。
冷奴の上にかけ、ワサビをぽちっとのせればできあがり。
        

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴へ 

水栽培用の小さな容器を手に入れてから、カイワレ大根は家で育てることが増えました。
夏場は水もいたみやすいので、今は自家栽培するにはちょうど良い季節♪
6日目・・・本日使います!
          

NHK教育で続けて見ていた『チャレンジ!ホビー』めざせロックギタリスト
今日が最終回、ますだおかだの増田さんのこれまでの練習の成果を披露する卒業ライブでした~♪

よっちゃん先生の指導の賜物。
好きゆえに学んで、少しずつ上達していく人の変化を見るのってこちらまで嬉しくなります。
ギターなんてこれっぽっちも弾けない小太郎にとって、
CharのSMOKYなんて何をどうやって音を出しているのやら?!くらいに忙しい演奏。
よっちゃん先生のサポートがあるにしても、歌って弾けるようになるとは素晴らしい~。
そして、何よりも嬉しかったのはCharの登場でした。

小学生?いや中学生だったかな。
今のCharからするとひょっとしたら・・・大いに不本意だったかもしれない『気絶するほど悩ましい』や
『闘牛士』に魅せられた小太郎。
ジュリーや桑名正博も好きだった13・4歳というのは少々おませだったのかも。

2006年のウドーミュージックフェスティバルでは、隣のステージでCharが歌っているというのに
隣で始まったドゥビーブラザーズを見る為に移動してしまうという不義理をしてしまいましたが
やっぱりCharはカッコイイ~!
あの時、ドゥビーさえ隣のステージにいなければ『SMOKY』の生演奏が聴けたはずでしたが、
ようやくCDではなく、動くCharの歌とギターをTVではありますが楽しむことができました。

あぁ・・こういう話が出るとついついそれてしまいますが、
ウドーの夏フェス、あれ以来ありませんが私達に二度訪れた夢のような夏はもう来ないのでしょうか。
LOVE PSYCHEDELICO、ジョシュ・トッド、ミシェル・ブランチ、ウルフルズ、ポール・ウェラー、
ザ・フー、エアロスミスをたった一日で見たロックオデッセイの夜は興奮して眠れませんでした。
その二年後のウドー・ミュージックフェスティバルの豪華な顔ぶれも、
あれは夢だったのだろか?と今でも思い出しただけでクラクラするほど。

久々にCharを見たというそれだけで、めまいがするほど蘇る夏フェスの記憶。
あぁ・・・話が元に戻りません!ごめんなさい~。
久しぶりにサンタナ聴こう♪

コメント (4)

小島(おしま)・芸予要塞跡と島の景色

2010年05月30日 | ・愛媛のこと
昨晩は早飯&早寝を決め込んだので、日曜日はスカッと気持ちの良い目覚め♪
「こんなに天気がエエけん、どこか遠出してみる?」
・・・ってことで、こんな景色の良い場所に行ってきました~。
         
訪れたのは瀬戸内海・芸予諸島のひとつ小島(おしま)。
日露戦争に備えて築かれた芸予要塞の遺跡が残る、今治の小さな島です。

今治・波止浜港から出る小さな船に乗り、来島経由で10分ほど。
乗ることができるのは人だけなので、車はここへ置いて行きます。
           

ちょうどお昼をはさむ時間帯だったので、近くの店でお弁当を手に入れての乗船。
        

来島まで5分、そこから小島(おしま)まで5分、片道おとな190円のクルーズ。
        

潮流体験の船とすれちがいながら小島を目指します。
     
島に到着したらまずは案内板をチェック。
島全体の地図推奨してあるコースを参考に出発です。

・・・と!歩きはじめたのは良いけれど、まずは腹ごしらえが必要じゃない?
見晴らしのよい海沿いを歩きながら、最初の史跡を見学し、
       
           

ふたたび海に出ればこの景色!
(爽快な気分を味わいたい方は、深呼吸の用意をしてダブルクリック  → 『海画像・大』
    

ボリューム満点のお弁当ははしはまスーパーで購入した398円弁当。
お弁当・惣菜コーナーで造船所の作業着を来た男性らが、「ごはん大盛り」と注文しているのを見、
大きな炊飯器からおばちゃんがよそってくれる白飯にイチコロだったオット。
オットはトンカツ弁当ごはん大盛り、小太郎は海老フライ弁当ふつう盛り~♪
        

日焼けも気にせず海を眺め、空を見上げながらの昼ごはん。
「あれは漁船?何してるんかなぁ。」「あの小さい島は石積み?」
じゃじゃ~ん!
こういうこともあろうかと、車のダッシュボードに常備している双眼鏡を持って来たのよね。
         

うん、どうやらあの小さな島は石だけみたい。
        

さて!腹ごしらえもすんだことだし、いざ散策に。

※芸予要塞跡については、フォトブックにまとめたのでどうぞ。
  (↓をダブルクリックで、フォトブックが開きます)
        

砲台・発電所・司令塔・照灯台などが設置されましたが、
日露戦争では結局一度も使われることなく終戦を迎えたため、このように今も形を留めているらしい。

ゆるい高低のあるこんな道、
        

あんな道をサクサクと歩きます。
           

やたらカタツムリが多かったなぁ。
        

喉が渇いたからちょっと休憩♪と思うタイミングには、こんな特等席が現れたり。
        

今日は行楽日和よね。
双眼鏡の中には、来島大橋の上には車の往来とともに歩く人たちも見えます。
      

来島海峡の激しい潮流は海面に描かれた地模様のようです。
         

同じ愛媛なのに、この島にはところどころジャングルを思わせるような見ない景色も。
       
             

タケノコが竹になりっぱなしの様子。
              

「この泡なに?」「カエルの卵よ。」
           

しゃがんで野イチゴの写真を撮る小太郎に、「撮ったら食べようや~」とオット。
         

「子供のころ、山に遊びに行ってコレをみつけたらおやつやったわい。」
甘酸っぱさはイチゴにまけるけど、自然のみずみずしさと野趣あふれるほのかなあまみ。
         

ふたたび海傍に出て来た時には、潮流も間近。
どうどう、ごうごうと激しく流れる大きな大きな川のようです。
      

ふたりの前を過ぎる小さな船などは、
その激しい潮流を知り尽くしたかのように、時に抗わず流されるようにしながら進路をとります。
         

    

午後1時前に島に到着してから3時間。
港の傍の砂浜で船が来るまで一休み。
         

よく歩いたなぁ・・と、下船の時にリセットした万歩計をみると9440歩。
全周約3キロ。
高低や草むら・階段などあったとはいえ、やっぱり小さな島です。
     

お迎えの船がやってきました。
         

今治造船の大きな船を見上げながら波止浜港へ。
      

隣にいた男性から「この船で5万トンよ。」と教えられたのですが・・・返事に困ります~。
「あまりに大きすぎて、ピンと来んなぁ。」としか~♪
          

本日は、長い長い記事とたくさんの画像に最後までおつきあい下さってありがとうございます。
瀬戸内に残る戦争の遺産を見学し、小さな島を散策した5月最後の日曜日。
大人の遠足のようで充実した一日となりました。

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴へ 
コメント (6)

庭ごはん、セセリを塩焼き♪ビールがうまい~

2010年05月30日 | ・庭ごはん
この季節、週末になると「庭で何かあぶる?」という言葉がポロリと出て来ます。
今日もそう♪
スーパーできれいなセセリを見た瞬間に「今日はコレ焼く?」

本日は6時過ぎのスタート。
午後7時過ぎてもまだ明るいこの季節なので、ちょっと恥ずかしいくらいの時間帯ですが~。
       

メインディッシュはセセリ。
焼き鳥のお店では歯ごたえのある部位として人気ですよね。
鶏の首の肉で、『こにく』という名で販売しているお店もあります。
        
軽く塩を振ってあとは焼くだけ~。
せせりを串焼きにする時には、
片面についている黄色い脂をキッチンバサミで切り取ってから串刺しにするのですが、
今日は網焼きなので、しっかり脂を落としながら焼きます。

首は良く動く部位だけあって、小さい肉ながら噛みごたえも十分♪
        

冷やしトマトとミニきゅうりのぬか漬け。
この時期、未熟なきゅうりをあえて販売する農家さんもいるようで
それを喜んで手に入れるのがわが家♪
7・8㎝というミニサイズなので、3・4時間ぬか床に漬ければ食べごろです。
        

冷奴はアボカドとキムチをのせてボリュームアップ。
希釈した麺つゆとごま油少々をかけていただきます~。
       

お弁当に数粒入れている酢大豆。
今夜はお酒と一緒に!というオットのリクエストにより登場です。
        

炉端大将・炙家
ちゃんとお手入れはしているつもりですが、過酷労働を強いているものでずいぶんな貫録が~。
網は消耗品として3枚取り寄せたので、本体が朽ちるまで楽しませてもらいます!
       

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴へ 
今日は半日だけ仕事だったオット。
昼食はオットのリクエストによりラーメンで、湯を沸かし始めたタイミングで実家から電話。
「私一人なんやけど、お寿司にでも行かん?」と小太郎母。
よろこんで~♪

回転寿司ではありますが、昼から飽食。
その夜がコレだから仕方がないなぁ・・・
コメント (2)

鰹のカツに和風タルタル、アスパラガスのおひたし

2010年05月28日 | ・かつお
今日は朝から不調だった・・・
弁当を作り始めた時に、ぽたっとわが身から落ちた水滴。
そう!鼻水なのです。
今、何が小太郎の鼻を刺激しているのか、久々に鼻炎が勃発~。

<かつおのカツと和風タルタルソース・アスパラガスのおひたし・煮豆腐のあんかけ・おにぎり>
          

カツオのカツ
シーズンに一度は食べておきたい!と思う鰹のカツ。
以前は醤油とカレー粉で下味をつけていましたが、
深浦の猟師さんがTVで「辛子との相性が良い。」と言っていたのを参考にして、
プラス練り辛子で下味をつけました。
         
下味をつけた鰹の短冊。
汁けを拭き取ったら、小麦粉→溶き卵→パン粉の順で衣をつけて揚げます。

刺身用の短冊なので、火の通り具合はお好みで。
今日はうっかりと中まで火が通ってしまいましたが、わが家の好みはミディアムです♪
鰹は切ってから衣をつけても良いのですが、
まるごと衣をつけることで、衣の分量を減らすことができるというけなげなカロリーオフ作戦。
また、火の通り具合もまるごとの場合だと調整しやすいという特典も。

↓こちらは、鰹のカツにたっぷりとのせた和風タルタルソースの具。
         
玉ねぎ・ミョウガ・ゆで卵(白身・黄身)・生姜甘酢漬け・きゅうりぬか漬け・ネギ・レモン+マスタード。

キュウリのぬか漬けは日本のピクルスという発想で。
穏やか~で優しいタルタルソースなので、たっぷりとのせて鰹との相性を楽しみます。


●アスパラガスのおひたし
         


●煮豆腐のあんかけ
鶏ガラスープ+塩で軽く煮たソフト豆腐。
そこにそら豆と鶏そぼろのあんをたっぷりとかけていただきます。
         

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴へ 

今日は久々に寝込んでしまいました。
自力で回復することを断念して、夕方には薬で抑え込んだものの頭はぼんやり。
鰹のカツもミディアムを理想としながらウェルダン。

今は一体何が飛んでいるのでしょうかねぇ。
やっぱり雑草?
コメント (2)

ただいま活躍中の瓶詰め保存食

2010年05月28日 | ・その他
●ナッツのハチミツ漬け
以前にも紹介したナッツのハチミツ漬け
最初はハチミツに浮くように押し上げられてたナッツも、
2週間過ぎた頃からハチミツと馴染んで、ちゃ~んと「漬け」状態になっています。
           
ヨーグルトやパンの上にのせて食べたり、ジュースを作る時に果物と一緒に混ぜてみたり。
活用範囲葉まだまだ狭いけれど、
ナッツのオレイン酸やビタミンEは老化を防いで元気を与えてくれるんだって。
一日数粒を目安に食べています。


●酢大豆
乾燥大豆を10分ほど弱火で炒りつけて瓶に入れ、米酢を注ぎ入れたもの。
(今回は使い余していたリンゴ酢と1:1の割合)
       
半日ほどおくと柔らかくなって食べることができますが、
この時点ではまだ酸味がとがった感じでクセが強いかも。
3日ほどおくと、大豆も随分と膨らんで酢の味もまる~くなって来ます。

今回は、節分の時に使った大豆の残りを活用。


●人参のマリネ
人参のマリネはたまに作るのですが、
茹でた野菜・生野菜・サラダに混ぜたり、炒めものに加えたりするだけで
彩りと味がプラスされるという便利なもの。
       
人参は太めのせん切りにし、軽く塩をふってもみます。
出た水気をしっかりしぼったら、サラダ油大さじ3・米酢大さじ4~5・粗引きこしょう少々・
練り辛子少々を合わせたマリネ液に漬けて出来上がり。

オムレツにケチャップをかける代わりに、この人参のマリネをつゆだくでのせれば
味のアクセントと共に、付け合わせにもなります。


●ザワークラウト
初めて作ったザワークラウト。
この春キャベツのお値段が高騰したけれど、実家ではとうをたたせてしまうほどの豊作でした。
実家からもらってはせっせと日々消費していましたが、
そのうち消費がついて行かずに「何か日持ちするものになれば」と考えたところ
思い出したのが、以前手に入れた雑誌に載っていたザワークラウト。

ヨーロッパの人たちが厳しい冬の間、野菜不足にならないように・・と考えられた保存食の一つ。
このザワークラウト、冷蔵庫だと6カ月も持つというのも嬉しいねぇ~。
       
≪作り方≫
・約1㎏の太千切りキャベツに塩を20g(キャベツの2~3%が目安)を加えて軽くもみ、
   キャラウェイシードを混ぜます。
・これにお皿などをのせて重石をし、2・3日おきます。
・上がってきた水を捨て、砂糖大さじ1・リンゴ酢(米酢)1/2カップを加えて保存容器に入れ
   さらに2週間漬ければ出来上がり。

漬けて2週間の頃に食べた時、
「漬けすぎて酸っぱくなった白菜の漬物みたい。結構好きなんよね~」とオット。
なるほど!そういう味だわ。
発酵して程よく自然の酸味が出たキャベツ、お口もさっぱりと食欲をそそります。

先日、ザワークラウトをはさんだホットドッグを作ったのですがこれがたまらん本格的な大人味!
切り目を入れたパンにザワークラウトをはさんで、塩麹で作ったアラビアータソースを少々。
そして市販のソーセージをのせて軽くトースターで焼いただけ。

近々また作りたいと思ってるので、その時には画像に残しておきますね~。

にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴へ 

キャラウェイシードは探すのにかなり苦労をしましたが、
エミフル内のカルディで手に入れることができます♪
コメント (4)   トラックバック (2)