小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

鶏もも肉の糠漬け焼きと菜花の辛子醤油和え

2019年02月08日 | ・鶏肉
2月5日の食卓。

<鶏もも肉のぬか漬け焼き・素揚げレンコン・茎わかめのたいたの・菜の花の辛子醤油和え・トマト>
          

●鶏もも肉のぬか漬け焼き
野菜を二度ほど漬けたのちの糠。
酒少々を加えて鶏肉の両面にまぶしてラップを密着。
2日冷蔵庫で寝かせ、糠を丁寧に払いのけて魚焼きグリルで焼いただけ~。
しっとりと柔らかく、ほのかに酸味。
あぁ・・・なんてこった!簡単で美味しいものをまた知ってしまった♪
        
捨てようかなと思って最後にもうひとめくりしてみたクロワッサンで見つけた小さなレシピ。

イワシや秋刀魚をぬか漬けにして焼くのは気に入って何度も作っているけれど
肉バージョンは初めてです。
実食で美味しいのを確認し、すでに次のを仕込んで冷凍保存しております~。
あぁ、安泰!


●菜の花の辛子醤油和え
        

●茎わかめのたいたの
茎わかめは塩蔵のものならば塩抜きしてから使用します。

さっと油で炒めて色が変わったら、出汁を加えて柔らかく煮ます。
松山あげを加え、酒としょう油で味を調えたら汁気がほぼなくなるまで煮て出来上がり。
        
いつもはシャトルシェフで作っていましたが
今はストーブを日々使っているのでストーブ調理をしました。

ストーブでの湯沸しや調理は危険だからダメ!と
取り扱い説明書にも明記しているので、本当はやっちゃいけないことなんですよね。
今でこそ注意力が足りているけれど
ひょいとそうでない日もあるかも知れない。
ストーブ調理は便利だけど、これは早々に足を洗うべきだとも思う今日この頃。

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

午前中、ぽっかりと時間が空いたので母を誘って近場のスーパーまで歩きました。

まぁ、母とのんびりそこらを歩くなんてどれくらいぶり?
ひょっとしたらなかったことかもしれません。

元気なころにはちょいと自転車でひとっ走りしていたスーパーも
今の母にとって、頼りになるのは自分の足のみ。
それも、だいぶ使い辛くなってきているのでかなりの運動量になったみたいです。

歩けば次から次へと知った顔と出会い、なかなか前にすすまんなぁ。
それでも、
何十年もここで暮らし、そこで出会い仲良くなった友人知人がこんなにたくさんいるのだと知れば
とても感慨深いものがありました。

普段は運転で通院と用事の足になるばかりで、
小太郎自身の足を使って、母の気分転換や運動に付き合うことはなかなか・・・
これからはますます年を重ねて不自由になることを考えて
こういう時間をたまに一緒に持つことができたらなぁと思いました。

コメント (18)

司牡丹の立春朝搾り

2019年02月06日 | ・その他
今年の立春は暖かい晴天なり~♪
買ってきたばかりの司牡丹の立春朝搾りを、わが家の満開の紅梅と共に。
           
ずっと小さなミカンを枝に刺してメジロおびき寄せ作戦をしているというのに
まだメジロは姿を見せず・・・
寒暖の差はあるというものの、いかに今年が暖かいか。

でも、個人的には「例年より遅いかな?」と思っていることがひとつ。
ヘックション!!花粉症です。

毎年1月の下旬にはそれらしいくしゃみを連発し、
耳鼻科を訪れると花粉症のお墨付きをいただくというのが恒例。
暖かい割りにはこれの到来がちょっと遅いかな?

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

節分の日は都合が悪くて、
毎年母と訪れる石手寺の厄除け節分祭に行けませんでした。
そして、1日遅れの雨上がりの立春の朝、
母のリクエストにより御札を受け取るためにお参りに行って来ました。

片手に杖を、片手で小太郎の腕をしっかりつかむ母の足元はおぼつかないながらも
毎年やってきては手を合わせたこの寺のお参りはしっかりと回りました。
家内安全。
家族が怪我せず平穏にこの一年も過ごせますように。

来年は当日に頑張って自力でここへ来て、
また鬼に背中を叩いて邪気をはらってもらわんといかんね。

コメント (3)

節分と立春が一緒に!?イワシ明太と立春朝搾り

2019年02月06日 | ・いわし
遅ればせながら2月4日、立春の晩酌の食卓。
司牡丹の立春朝搾りと共に。

<イワシ明太・ゆり根と高野豆腐の卵とじ・春菊のピーナッツバター和え・トマト>
          

●いわし明太
本当なら前日の節分の夜がイワシなんだけど、
前日にはどうしても食べたいモノの用意があって1日ずらしていただくことに。
        
イワシは頭とお腹を除き、お腹の中にごく軽く塩を振って
5分程おいたのちに流水で丁寧に洗い流します。
キッチンペーパーでしっかりとお腹の中・表面の水気を取ったら
バターナイフでしっかりと押し込むようにしながら、明太子を詰め込みます。

表面に浅く切れ込みを入れ、後は魚焼きグリルで焼くだけ~。

添えてあるのは、最近ちょっと気に入っている大根のしりしり。
市販のしりしりカッターで大根をカットしたものです。
大根おろしより水分が出てしまわず、シャキシャキとした食感が楽しくて♪
大根おろし器の隣に置いてあるのですが、ふと思いついてこちらを使ったのがきっかけ。
大根おろすよりも楽チンだし、これ!オススメです。


●ゆり根と高野豆腐の卵とじ
        

●春菊のピーナッツバター和え
さっとゆでて刻んだ春菊にまずはしょう油を少々まぶします。
そして、ピーナッツバターを加え混ぜれば出来上がり。
糖分を加えてない・・・ピーナッツバターというよりピーナツペーストです。
        

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

節分の日には、別に食べたいものがあって1日遅れのイワシ明太。
具無しキムパ細巻きは、当日にいただきました〜。

オットや小太郎くらいの年になると、年齢の数だけ豆を食べるのがあまりにも過酷だと判断して、
小太郎が50を迎える年で終了しました。

その代わりに、義弟が時々出張土産で送ってくれるミックスナッツで代用しています。
クルミ1個が30歳、ペカンナッツ1個が20、カシューナッツ10、アーモンド5、マカダミアナッツ1。
こんな具合でざっくりと年齢設定をして、
後は自分の食べたい!にあわせて数を決めています。

食後のこれにあわせてホットウイスキーも定番となりました。



節分の夜に明太イワシをさしおいてまで食べたかったというのは一鶴のひな。
前の週に高島屋に販売に来てたので購入。
香川まで行くのは大変だけど、年に何度も高島屋で買うチャンスがあるので
その機会は必ず逃しません!
コメント