小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

大晦日・佃權の練り物とお刺身♪

2007年12月31日 | ・さけ
大晦日。
妹夫婦の帰省みやげの佃權の練り物をあぶっていただきます。
おでん仕立てにするよりも若干甘味が増す感じ。
       
Tomyさんからいただいたお酒が飲みたくてお刺身を買ってきました。
いわゆる新種の若い印象とは違って、重みのある味わい深いお酒です。
これは結構きましたね~。
年明け早々のご近所神社詣でが危うく没になる所でした。

奥の2皿は小太郎母手製の卵の肉巻き。
肉食から縁遠くなりつつある小太郎父母にとってはかなりのボリューム食です。

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 酒ブログへ

大晦日の朝、海老のうま煮・伊達巻き・塩ぶりを焼いて出来上がり♪
午後にも重箱に詰めたらおせち料理の出来上がりです。
    

連日の嵐のような天気でドロドロになった車を洗い、
ガソリンを入れたら新年を迎える準備もおしまいです。
帰りに小太郎実家を訪れると、
掛け軸も正月用に変わりこちらもすっかり落ち着いています。
         

落ち着かないのはコイツだけ~!!
         
毎日のようにこんなふうに猛ダッシュするので
緑でいっぱいだった小太郎実家の庭は、運動場のようになってしまいました。
来年はカンベンよ~。
コメント

おせち料理、完成です。

2007年12月31日 | ・特別な日の料理
年末の5日間、
毎日少しずつ準備してきたおせち料理が完成しました。
お重に詰め合わせるのは毎年ひと苦労しますが、こうして全ておさまると快感♪
滅多に作らない料理なので珍しく一眼レフも登場。
オットにも手伝ってもらいながらおせちの撮影会です。
 ※わが家のおせち料理の作り方 → 『年末・おせち特集』
        

今年は大きな重箱を使ったので一段は省略。
それぞれの段に詰める料理にお約束があるようですが、小太郎は全くの我流です。
これがわが家の一の重。
      

そして二の重。
実家からもらってきた千両、
裏庭から取ってきた南天の葉・葉蘭がお重飾りのアクセント。
      

去年より上手に出来た『伊達巻』。
はんぺんと卵をフードプロセッサーで混ぜて焼いただけの簡単な一品。
それでも十分におせち料理の花形です。
        

目力のある『田作り』もめでたそうに金色に輝いています。
今年はゴマの代りに、年末Tomyさんからいただいたエゴマをまぶしました。
        

八幡巻き』は見た目にビミョー?!
人参とゴボウは少々ずれてしまいましたが、肉巻きとしての味は上出来。
        

毎年最初に手をつけるのが『栗きんとん』のきんとん。
今回初めて使った紅あずまというサツマイモ、小太郎はすっかり虜になりました。
かつてなくキメ細やかで自然で上品な甘さ♪
        

今回初めて作った『竜眼巻き』。
初めてなので有元葉子さんのレシピどおりに醤油味にしましたが、
変わりおせちとして味に変化をつけるのも楽しそうです。
        

紅白なます』、
甘酢に飽きたら柚子のしぼり汁を加えたり、すりゴマを加えたりして
味の変化を楽しみます。
        

オットも手伝ってくれた『数の子』。
来年は量を減らしても質を落とさないことをオットと誓いました~!!
        

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 酒ブログへ

ストリップ階段下の正月の花。
今年はちょっと和風テイストを含んだモダンな・・・でも造花!
竹を買って門松風にしたり、柳にもち花を飾るなど頑張る年もあるのですが
今回は少々楽をしてしまいました~。
           

少々色出が悪いのが残念ですが、
鮮やかなショッキングピンクの大輪の花にラメがたっぷり付いた細枝。
普段づかいのガラスの花瓶に2種類の金紙を巻きつけてあります。
           
新年を迎える準備、これで万端です♪
コメント (2)

今年も一年、ありがとうございました♪

2007年12月31日 | ・その他
この一年も『小太郎のまんぷく日記』をご愛顧くださり、
本当にありがとうございました。

       
今年も皆さんとの日々の交流の中で
刺激を受けたり共感したりしながらブログを楽しむことが出来ました。
そして相変わらず大いに食べ、かつよく飲みました~♪

来年も変わらず、素朴でありのままの食卓を記録していきますので
これからも仲良くしてくださいね。
みなさまにとって、来年も素敵な一年となりますように。
それでは良いお年を♪

≪年末・おせち特集≫
にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 酒ブログへ

年末の慌しさを口実にブログの更新をさぼっていますが、
今年も無事におせち料理を作り終え、いまから最後の晩酌の時を迎えます。
お忙しい中、コメントいただいているのにお返事遅れてごめんなさい。
ありがとうございました。
コメント (6)

恒例、日光寿司で忘年会♪

2007年12月29日 | ・外食
前日28日に帰省した妹夫婦。
明朝には妹だんなサマの実家・大洲へと出発するので、今夜が恒例の会食です。
小太郎実家から歩いて6人が訪れたのは『日光寿司』。
         

この日は職場や個人の忘年会も〆の日なのか、店は満杯状態。
いつもの刺身盛り合わせ・大名にぎり・酢の物を中心に♪
         

ねたの新鮮さはもちろん、大きさにも定評があるこの寿司屋さん。
大口でほおばるにぎりをご満悦~。
         

「今日は私を止められんよ」と入店前に小太郎にささやいた母。
この母の影響で、小太郎夫婦は寿司好きになってしまったような気がします。
         

これは前夜のテツの仕事?いや、仕業。
ここへうっかり脱いでしまった妹オットの靴がこんなことに~!!
         
お勝手口として使っている裏玄関は、テツの寝床でもあるのです。
かかととビラビラ部分を存分にかじった上、紐はどうやら完食したらしい。
「クラークスの靴は美味いっ。」とでも思ったのかしら?
「もう片方もかじってくれとったら、諦めもつきやすいのに~」と妹オット。
もう片方を差し出してもすでに興味を全く示さないテツに、
全員あきらめて笑うしかないのでした・・・。

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 酒ブログへ

妹夫婦からもらった上海土産は中国茶の急須と烏龍茶葉。
両手のひらに包むと、なんとも心地よいおさまりのこの丸さ。
   

あまりの愛らしさに正面から、そして後ろからもパシャッ♪
    

まず烏龍茶葉と共に水から煮てから使うそうです。
暴飲暴食に明け暮れた正月休みの後、
たまった毒を中国茶を飲んでしっかり追い出しましょう!
          
コメント (1)

お気に入りの重箱とおせち

2007年12月29日 | ・その他
小太郎が大切にしている重箱2つ。
   ※詳細はこちら → 『茄子と焼しゃぶの野菜あん』記事の下方

大森漆器工房(福島県会津若松市旭町)の会津塗。
親子三代続く伝統工芸士の工房だそうです。
こちらの重箱は『大森茂』作の溜塗り三段重(約21cm)。
          

深い深い赤に優しいフォルム。
手肌に吸い付くようななじみやすさがあります。
      

内側の朱色もグッと渋め。
詰めたお節料理も映えます♪
今年はこの重箱のうち、二段を使うことに決定。
      

こちらの小さなお重箱(約15cm)は今治大丸で購入したもの。
あまりの可愛さに目が釘付け♪
合成漆器なので気張らず気楽に使えるのが嬉しい。
           

にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 酒ブログへ

今夜は妹夫婦&両親との忘年会、
そして明日はオット実家での会食があるのでおせちも若干早めに♪
 ※わが家のおせち・作り方はこちら → ≪おせち特集≫
   
左上は今年初めて作った『竜眼巻き』。
スジを取ったささみをラップにはさんでたたき、薄くのばします。
そこに焼海苔→ウズラ卵をのせて巻き、小麦粉をまぶして油で揚げます。
アツアツのうちに醤油をまぶしたら出来上がり。
(以前、有元葉子さんが紹介していたレシピの記憶をたどって作りました)

右上は毎度おなじみの『如意巻』。
粗熱を取ってすでに1本1本をラップに包んだ状態です。
これはオット実家と小太郎実家におすそ分け。

『数の子』は今年ケチってしまったせいか、若干残念な結果に~。
食感は良かったのでよしとしよう!!

『八幡巻』もおなじみの一品。
こちらも双方の実家におすそ分けしました。

         
手際よく数の子の薄皮を取るオット。
この辛気くさい作業を快く引き受けてくれるおかげで、
小太郎のおせち作りもはかどります。
コメント