小太郎のまんぷく日記

今日も元気だ!ごはんがうまいっ。

ヒラメの煮付けとほうれん草の梅海苔ナムル

2019年05月21日 | ・その他の魚介類
ブログが空いたちょっとの間に色々ありました。
父の転倒と怪我、そして母の病気。

一時は妹に帰省してもらうか?ということも考えましたが
週が明けてとりあえず一息つける状態になったので、おばの手を借りたりしながら様子を見るつもり。

          
これは5/13(月)の食卓。

最寄のスーパーで「お買い得ですよ」と声をかけられて連れて帰った地元産のヒラメ。
切り身だったので煮付けでいただきました♪

副菜にほうれん草の梅海苔ナムルともずく酢を。

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

16日、木曜日のこと。
母とコープの卵特売に行って帰宅したら、父が頭から血を流して庭で座り込んでいました。
庭から家に戻る途中で転倒、
そのときに鉢植えの台として以前利用していた置き石に後頭部をぶつけたらしい。

たまたま借りていた車椅子に乗せてかかりつけ医に走り、
さらにそこから最寄の総合病院の脳神経外科にかかって診察と処置をしてもらいました。

出血は頭蓋骨の外だけで骨にヒビもなし。
とにかく運がよかった。

翌日の通院時にも問題が無い様子だったので、後は傷の手当だけ。
一週間後の23日には抜糸の予定です。

4日たった今日、傷はきれいに癒えてきております。



そして母。
2・3日前からの微熱が、病院でもらった薬では下がらず。
土曜日の朝にはさらに熱が上がっていたので、再び病院に連れて行きました。

問診ののちの血液検査で、炎症を示す数値CRPが18という高値。
レントゲンで胸の様子を確認した上で、
腎盂腎炎という見立て。

しばらく毎日、10時(1時間超)と16時(30分)の点滴に通って欲しいとのこと。
休み明けに入院か通院かを決めよう・・・という話に。

とにかく熱で体がしんどくて動かせない、食べられない。
それが日曜日の夕方には熱が下がり始め、おかゆを食べることが出来るようになりました。
週が明けて昨日の月曜日には微々熱くらいまで熱は下がり、
CRPは11に。

これでもまだ数値としては高いので、これが1ケタになるまでは朝夕の通院を。
そこからは薬の服用で治療して行くという話になりました。

2日前に父が転倒して怪我をしたばかり。
そんな心労もあっての微熱だろうと、勝手に思い込んでいましたが実際はこんなことに。


今回は父の怪我の2日後に母の病気の発覚と、見事に心配が重なってしまいました。
週が明けて父の怪我の回復が順調で
母もまた、ゆっくりではありますが体調が戻ってきていると分かりホッと一息。
そうなると、ドッと疲れが出てきて昨日は午後から体が重かった~。

水木の午前は外せない用があるので、おばにバトンタッチをお願い。
その間に英気を養う予定です♪♪
コメント (3)

いただいたホゴ(かさご)で2品

2018年11月01日 | ・その他の魚介類
いろいろ済ませて帰宅した日曜日の夕方、
「今日は早めに風呂を済ませて、晩酌も早めに始めようか♪」なんて話した直後にピンポ~ン。
知人が釣りに行った帰りにその釣果をおすそ分けに来てくれました。
中サイズのホゴ5尾に小ぶりなのが5尾。

さ~て、夕方に釣果が届くと晩ごはんの変更もあわせて考えなきゃならんぞ!!
とりあえず中サイズ2尾と小ぶり2尾をオット実家へ、オットが走ります~。
その間にお留守番の小太郎が残り6尾のホゴの処理を♪
        
美しい深みのある赤だったのですが、これはうろこも内臓も除いた処理済。
きれいな赤を真っ先に撮っておくんだった・・・

小さなうろこを丁寧に除いたら
エラが大きく内臓が小さいので、割り箸2本を使っての『ツボ抜き』で下処理。
鋭いトゲで怪我さえしなけりゃ楽勝です。
おなかも開いてないので、丸ごと調理したときに見た目にもキレイです。

まず一品は煮付け。
淡白で品のよい白身魚なので、煮つけが一番美味しいですよね。
       
骨がましい魚ではありますが、
メバルと同様、昔は素人釣りでも簡単に釣れてた魚だけど近年はめっきり。
小ぶりなものでもお値段は立派。
なのでわが家でも少々久しぶりですねぇ。

小ぶりな3尾はから揚げに。
背骨にそって切れ込みを入れて火が通りやすくします。
       
そう大きくないから・・・と小さな鍋で油を温めたら2尾しか入らず。
追って残りの一尾も。

中サイズの2尾は小太郎実家へ。
「今晩はごはんの用意できたから、明日でいいよ。」ということで
処理したものを翌日実家に届けました。

2尾とも煮付けにして、ほとんど父が食べたらしい。
昔、オットと小太郎と3人で釣りによく行ってたことをチラリとでも思い出したかな?
最近めっきり食が細くなっていたので嬉しかった~。

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

カルディでコーヒーとオリーブオイルを買ったついでに、三時のおやつ。
フジグラン、薄墨羊羹Annetteであんソフト。
オットは薄墨あんソフトチョコソース、
             

小太郎はサツマイモの薄墨あんソフトパフェ。
溶けちゃいかん!と、オットがちゃっちゃとスタンバイしてくれました。
             

サツマイモは夏に来た時にはなかったので、この時期だけかもしれません。
芋ケンピがいいアクセントになってましたねぇ。
                

コメント (2)

鱧の竜田揚げとワケギの卵とじ

2018年10月30日 | ・その他の魚介類
夏に避暑?で一階の和室に寝床を移してから、未だ二階に戻れ(ら)ず。
真冬の寝具に変えるまで、もう少しだけお布団寝を♪
ウトウトするまでバランスボールに足を乗っけて本を読むオット、
・・・この足上げタイムがお気に入り。
小太郎より先に眠くなったら、ボールをパスしてきます♪
ダブルのベッドだとこれができないのだ〜。

<鱧の竜田揚げ・ワケギの卵とじ・酒炒りレンコン・トマト>
          

●鱧の竜田揚げ
骨切り鱧を食べやすい大きさに切り、醤油と酒で下味をつけます。
片栗粉をまぶして揚げれば出来上がり〜。
        
醤油味でぬる燗が美味しい季節。

百人一首にも詠まれている奈良の竜田川。
たしか・・・醤油味に揚げた料理の色が、
秋の竜田川に浮かぶ紅葉の色に似ていると名付けられたのが竜田揚げでしたね。

そういう意味では季節感のある一品。
鱧はもう名残の食材ではありますが〜♪


●ワケギの卵とじ
        

●酒炒りレンコン
        

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

インフルエンザ予防接種を予約。
最初の流行はうんと早かったけれど、最近は落ち着いているのかあまり聞きませんねぇ。

12月の上旬くらいまでが良い・・・と言われ11月の下旬を予約。
打ってもかかってしまった!!というのはよく聞く話ではありますが、
「この冬も無事に乗り切れますように」とお守り代わりに♪

コメント

生姜の飴煮と真鯛の薄造り

2018年10月04日 | ・その他の魚介類
台風一過で気持ちよい晴天・・・も束の間のようです。
今度はちょうど松山の地方祭当日に再接近のようで、しかもかなりの風の予報。
先週の台風の時にLEDの非常用の電灯を買い足しに行ったら、
使いやすそうな商品の棚はすでに空っぽで買えずじまい。

今日は父の傷の手当と週に一度の点滴の日。
1時間半の待ち時間を利用して、ホームセンターに行けたらいいなぁ。

        
この前の台風の日曜日、
毎年この時期に作る生姜の飴煮を今年も作りました♪
   ※作り方はこちら → 『新生姜で作る、生姜の飴煮
  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

こちらは少し前に、知人が届けてくれた釣果の真鯛。
小雨降る午後3時過ぎ、
45cmの鯛を釣ったから・・・とその足で届けてくださいました。

すぐにオットも呼んで二人がかりで鯛をおろし、刺身用に4枚の短冊とアラ。
刺身用の背身を薄造りにして自家製ポン酢・細ネギ・もみじおろしとあわせちりでいただきました。
        
刺身用の短冊は小太郎実家にもとどけ、好みの2種類の厚さにおろし
実家でも両親がさっそく美味しくいただいたとのこと♪
父も食欲が落ちているというので、ペロリと平らげたと聞いて嬉しかった~。

短冊の腹側は翌日、宇和島風鯛めしに(⇒ 『休肝日・宇和島風鯛めし』)。
骨や半分に割った頭やカマの部分はグリルで焼いて身をこそげ、味噌とあわせてあぶり・・
ここまで書けばお分かりでしょう!?
伊予さつまです(→『愛媛の味・伊予さつま』 『愛媛の味、伊予さつまで栄養満点』)。

大きな魚のアラなので、結構キレイにおろしたと思ったけど身もまだたくさんありました。
2人で朝食に2回楽しむことが出来ました。

昔は魚は食べるのも苦手、おろすなんてもってのほか!!だったのに
結婚して釣りを経験してから、いろんなことが出来るようになりました。
出来ると美味しいものにあやかれるチャンスも広がるというもの。

いただいた鯛一尾、おすそ分けを含め
3日かけてを余すところなく楽しみました♪



今回は怪我をして30分以内には処置してもらえた父。
たびたび負う傷も、高齢なので毎度長引くのだけど
今回は処置が過去最短だったせいか、癒えるのも早いように見えます。

本人もショックだし体への負担も大きいから、
ここからしばらくは生傷が絶えて欲しいなぁと願います。
コメント

鱧の湯引きと松山長ナスの揚げびたし

2018年08月03日 | ・その他の魚介類
暑中お見舞い申し上げます。
この文言が今年ほど切実なことは今までなかった。

連日の暑さを思った平気そうに構えている実家の両親ですが
動きや言葉など様子を見ていると明らかに弱々しくて心配な日々です。

皆さんもまた暑い中、すべきことがたくさんあるとは思いますが
くれぐれも体には気をつけてくださいね。

<鱧の湯引き・ナスの揚げびたし・オクラ・トマト>
          

●鱧の湯引き
塩して片栗粉をまぶした鱧を沸騰した湯にくぐらせ
氷水で洗いながらしめた冷え冷え~の一品です。
今年は鱧のフライよりも湯引きのほうが多いかも?!
目も涼を求めてるのね〜
        


●ナスの揚げびたし
松山長ナスを揚げて、冷凍トマトの皮むきしたのと一緒にめんつゆにひたしただけの一品。
めんつゆは希釈タイプのですが、
冷凍プチトマトから出てくる水分をふまえて水の量を調整しています。
トマトの酸味と相まってなかなか爽やかな味わいでした♪
        


●きざみオクラ
オクラは今まで塩でこすり、茹でてから刻んでいましたが
少し前にテレビで「刻んでからさっと茹でたほうが粘りが出る」と聞きました。
さて、粘りは出るけど栄養は??というのが気になるけれど・・・まずは試してみることに!!
        
確かに茹でてから刻むよりも圧倒的にネバネバ。
もう全体がお団子にまとまるくらいの粘りにビックリ~。

先ほども触れたように、これで気になるのは栄養って流出しないの?
以降続けるかどうか、コレを調べてからになりそうです。

  にほんブログ村 酒ブログ 酒の肴・おつまみへ

まぁ、心配なのは実家の両親・・・特に父。
高齢者が暑さを分からないというのは聞くけれど、
かかりつけ医の話を聞くと、分からないというよりもホントに暑さを感じないらしい。
だから怖いのだ、と。

少し前までは「どうしてこの暑さが分からんかなぁ」と憤りを感じるほどもどかしかったけど
感じないとなると、コレはどうして分からせよう?というところから分からない。

もうこうなると見守るしかない。
かかりつけ医はいつもの腰に作用する点滴に加えて、体力維持のための点滴を加えてくれており
それを頼みの綱に「がんばれよ~」と祈るばかり。
母もまた老体の身ですが、父を気遣う今は実家の大黒柱かもしれません。
ふたりとも頑張って。

寝たきりにこそなってないけれど、起きたら座りっきり老人状態の父。
8月には87歳の誕生日を迎えるけれど、
この過酷な夏を無事に乗り切って欲しいものです。



こういう状態で小太郎も頭が沸騰しているのか?!相変わらずお疲れ気味。
先日点滴をお願いした病院で漢方を処方してもらい、飲み始めて3日目です。
うまく体質改善につながるといいなぁ。
高齢の親を支えたい気持ちがあっても、小太郎が万全でないとダメだもんね。

暑さと親のことに気をとられて気分転換も最近は出来てないかも。
うまく気分をリセットして心も体も切り替えることが必要かも知れませんね~。

この暑さに老若男女、動物たちも悲鳴を上げていることと思いますが
クッとおなかに力を入れて、踏ん張りましょうね。
コメント (2)