草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

法が支配する我が国は韓国とは違って感情では動かない!

2019年09月15日 | 憲法

在日だからといって差別するほど日本人は愚かではない。日本という国家は法を尊重するから、間違っても財産を没収もしないし、ガス室に送り込みわけはない。まさしく在日三世がそんなことを言って日本を貶めるのは、日本と日本人に対するヘイトである▼それはそのまま今の韓国にこそあてはまるのではないか。韓国を赤化しようとしている文在寅は、保守派を次々と逮捕している。親日だというだけで血祭りに上げるのである。在任三世の若者が韓国に行けないのは、韓国語ができないからではなく、内乱一歩手前であることが分かっているからだろう▼香港と同じような危機が韓国に迫っている。自由と民主主義が奪われようとしているからだ。多くの日本人は保守派の動きに注目している。命を賭けて抵抗を貫くならば、支援することもやぶさかでないからだ。中共や北朝鮮の支配下に入れば、何百万という人の尊い命が奪われることになるだろう。在日三世の若者に言いたい。なぜ全体主義に屈しようとする祖国を救おうとしないのか。ウイグルやチベットのようになっていいのだろうか。日本をとやかく批判するよりも、そっちの方が最優先だと思うのだが。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 平和ボケで現実を直視する勇... | トップ | 第二の毛沢東を目指す習近平... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
韓国軍 (金 国鎮)
2019-09-15 21:55:10
ムンジェインとその周りにいる連中は軍事作戦を理解していない。
従って日本に軍事侵攻する可能性は意外と高いかもしれないがそれは極めてお粗末な軍事作戦だろう。
これは北の金正恩も同様だ。

通常兵器について北は満足な通常兵器も兵員も持っていない。彼らが誇示する兵器は長期の戦闘に耐えうるだろうか?
燃料の石油も食料の備蓄もない軍隊の正体は何だろうか?

韓国軍の通常兵器の装備は相当なレベルにきている。兵器の国産化だけではなくて武器輸出において相当なレベルである。
韓国軍はムンジェインとは何の関係もない。
韓国は韓国独自の兵器の開発と生産のラインのシステムを既に持っている。
韓国軍は巨大な産軍共同体になりつつある。
これは朴正熙が始めた。
韓国軍は歴代の左翼政権と米軍と取引をしてきた。
これがあまりよく知られていない。
臥薪嘗胆の時代が長く続いた、今もだ。
韓国軍は国産の巡航ミサイルを既に数千発北に向けて実戦配備している。
韓国軍は韓国企業と同様に多くの雇用を生んでいる。

米軍の撤退は問題ではない、問題なのは韓国軍の作戦応力の向上である。
数年もすれば北の軍は韓国軍の敵ではない。
ロシアは米軍を朝鮮半島から排除する勢力を歓迎しているようだ。
韓国軍が米軍の撤退と引き換えにロシアとの安全保障の新しく作れるかどうかはお互いに重要だ。
プーチンは北との協力関係を見直す可能性がある。
韓国企業と韓国軍にはそれだけの可能性がある。
両者が韓国の政治から独立すればいい。

プーチンは北に今も存在する多くの政治犯収容所を認めていない。
何故ならプーチンはロシア人に信仰の自由を認めている。

誰もがソビエトとロシアの区別をせずにアメリカの一方的な主張を鵜呑みにしてロシアを話ししている。そこには戦後の日本の官僚・大手メディアの利権が今も根深く存在している。

アンドロポフ・ゴルバチョフ・エリティン・プーチンと
ロシアは西洋と敵対する中で国内の自由化を推し進めてきたが惜しむらくは資金が不足している。
【 戦後総決算! 】 (三角四角)
2019-09-16 11:10:19
 在日は、在日朝鮮人に日本国民と全く同一の権利を寄越せと言って居るので在る。

 日本に居ながら、選挙権が無い、地方公務員に成っても、政治を左右する上級職に就けないと言って居るので在る。

 もうそろそろ、日本も、先の大戦と、その戦後に訣別して新しい日本を作って行かなければ成らない。

 日本に居ながら、外国人である立場を忘れ、自分達の国の様に振る舞う人達に、日本人に成るのか、普通の外国人に戻るかの決断をさせなければ成らない時が来たのだ!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

憲法」カテゴリの最新記事