草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

耶麻郡北塩原村の棚田にて 5首

2013年09月14日 | 短歌

棚田には鍬入れし人の汗涙命(いのち)の跡がそこかしこに

山峡(かい)を風渡りける関山の都と呼びしみやびな地名

里山は人に知られぬゆかしさが棚田に立てばいにしえ思ほゆ

ありふれし生業(なりわい)なりし農なれば景観愛でる人は旅人

芒(すすき)揺れ棚田ひろがる会津にはそこはかとない日本の心

政治 ブログランキングへ

                  ←会津っぽに応援のクリックをお願いします

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ

にほんブログ村   blogramで人気ブログを分析


コメント   この記事についてブログを書く
« 東京五輪のプレゼンで希望を... | トップ | トリックスターとして通用し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

短歌」カテゴリの最新記事