人事コンサルタント 社会保険労務士 内野光明 ブログ

賃金 ,人事考課 ,残業 ,労働時間 ,退職金 ,等級制度 ,人事制度 東京都 , 社会保険労務士 内野光明ブログ

「いい仕事」は会社にとっても「いい仕事」

2011-05-09 20:00:00 | その他



こんばんわ。 東京都北区 人事コンサルタント・社会保険労務士 内野光明です。


いい仕事をすれば評価され、会社業績に反映され、賃金も増えていく・・・。

いい仕事が会社を良くしていく。



この言葉に矛盾はないものと思います。

さて、「いい仕事」とは何か・・・。



「いい設計」をする、「いいプログラム」を書く、「いい分析」をする・・・。



誰にとって「いい」仕事なのか・・・。

自分にとって「いい」ものであれば、自己満足だけです。



顧客にとって「いい」仕事、自分にとって「いい」仕事、

会社にとって「いい」仕事、が原則です。



そして私たちは「いい」を求めて仕事をしますが、

「いい仕事」を皆が行い、外部からは高い評価を得ているのに、会社は赤字・・・。

これでは全然良くありません。



「いい仕事」には、顧客からの評価が極めて大切ですが、

「売上意識」や「会社運営の意識」がリンクされていないと

満足いく「いい仕事」には値しません。これが「会社にとっていい仕事」です。


とかく「いい仕事」は御客様目線に意識が集中しますが、

加えて「会社にとってもいい仕事」の意識が望まれます。



サラリーマン時代の私は、顧客にとっての「いい仕事」、自分にとっての「いい仕事」

の意識はあったかもしれませんが、

「売上の意識」「会社運営の意識」という「会社にとっていい仕事」の

意識があまりなかったことに、今頃になって反省しています。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

workup人事コンサルティング
社会保険労務士 内野 光明

【公式サイト】
「労務管理は心の管理」workup人事コンサルティング


Copyright(C)2011 Mitsuaki Uchino.All Rights Reserved.
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 就業規則だけでは足りません | トップ | 相手の倍、話を聞く »
最近の画像もっと見る

その他」カテゴリの最新記事