穴にハマったアリスたち
生きていればきっと楽しいことがいっぱいあるさ!という信念の証明のためのページ
ぴちぴちピッチを大応援中。第三期をぜひ!




 

きらりさん:
 『まだとーいアナタボシ~♪』

………。
……。
…。

相も変わらず恐怖を撒き散らしている きらりさん。
この度マクドナルドさんのハッピーセットに採用されました。
商品はもちろん、奇跡の立役者ことミルフィーカードです。

 

きらりさん:
 「ミルフィーカード全6種!新作だよ!」
 「lalalalala~I'm lovein'it♪」

きらりさんを買うとハッピーがセットでついてくる。
直感とも一致する、とても分かりやすいコンセプトです。
きらりさんのカードを手に入れて、ハッピーになろう!ついでにお腹も満たそう!

 詳細:ハッピーセット

この機会を逃すなんてありえない、とばかりに、
堂々とタンバリン掲げて販促してるあたりに狂気を感じます。
マクドナルドさんのリソースを使って、さりげなく何やってますか。


別にミルフィーカードなんて欲しくは無かったのですが、これも何かの縁、早速買いに行ってみることに。
私はハッピーになりたいのです。
どこぞのアンハッピーな顔してる鳥っぽい人にいつまでも遠慮してられないのです。

店員さん:
 「いらっしゃいませ。ご注文はお決まりですか?」

ハッピーセット6個ください!

お店のお姉さんは一瞬虚を突かれたお顔をなさりましたが、すぐに納得の表情。
「きらレボ」商品は全6種。
最低限、6セットは買わないと絶対にコンプリートできないのですから当然の買い方ですよね。

店員さん:
 「メニューは何になさりますか?」

「きらりん☆レボリューション」で!6個とも全部!!

店員さん:
 「…その前に、セットのメニューをお選びください」

先走った。
これではまるで きらりさんのことしか頭にないみたいです。
違うのに。私はただ、ハッピーになりたかっただけなのに。

店員さん:
 「で、ドリンクは何になさりますか?」

いらないです。

その選択肢はアリですか?と聞いてみましたが、即座に却下されました。
まぁ当然ですよね。ハッピーセットは食の王様・マクドナルドさんが自信を持ってお勧めする幸せを呼ぶ商品。
綿密に計算されたセットですから、ドリンク無しではハッピーになれないのです。マクドナルドさんのプロ美学に反します。

しょうがないので飲み物はアップルジュースで。
何の気なしに選びましたが、個別パックに入ってるのでまとめ買いするときは一択な気がします。
さすがマクドナルドさん、ちゃんと攻略法を用意してくれてるじゃないか。

 

ハッピーを通り越してマッドネス。格好いいなぁきらりさん。

全6種のカードですが、絵柄を選ぶことはできません。
当然です。「きらりさんは神」(Sunithaさんの格言)。
選ぶなんて傲岸不遜。全てを彼女に任せ、私たちはそれを押し頂けばいいんです。

 

6種そろった。やった!一発コンプリート!
きらりさんのことなので「全部同じカード」なんて展開も予想してたのに。
やっぱり「きらりさんは神」。
信じてよかった、きらりさん。
とてもとてもハッピーになったので、おまけのハンバーガーも美味しくいただきました。げふぅ。

(何も言わずに気を利かせてくれたレジのお姉さんに、ありがとうを贈りたい)

コメント ( 4 ) | Trackback ( 1 )




最近更新が遅れがちの土曜日。
今週は友人と一緒に西武ドームに出かけてみました。
プリキュアさんがショーをやってることで有名な同球場、あまり知られていませんが時々野球をやっていたりもします。
ぶっちゃけ野球に興味は全くないのですが、たまにはこういうのもいいものだと思った。
昔、美墨先輩が始球式をやったこともありますし。

■しゅごキャラ! 第33話「好きにならずにいられない!」

初めにお断りしますが、録画の失敗により最初の5分を見れませんでした。
噂によると青の子が久々の変身を行ったそうですが、真に残念です。
青はそういう星の元に生まれている。

 

日奈森さんがデート。早速コーデに励みます。
人気者の赤・実力派の緑に挟まれ、今一つ目立てない青ですけれど、こういうのならお任せです。
青もそれを自覚してるのか悩む悩む悩む悩む悩む。

 

赤:
 「あむちゃん、この服は?」

悩みすぎて赤に出し抜かれた。お願い、青の仕事を奪わないで…。

 

赤:
 「今日のラッキーカラーはピンク!」

あまつさえ眷属カラーの宣伝。赤にはがっかりだ。

悲劇はそれだけに留まらず。

黄:
 「エルとキャラなりするのです!」

 

青:
 「そんな都合よくキャラなりできないよ」

大体、いつも青がどれだけ苦労してキャラなりしてると思ってるのか。
日奈森さんの心のガードは固いのです。簡単には解錠されないのです。
そんなほいほいとキャラなりなんてできるわけが…

 

できた。やる前から諦めてはいけない。
このチャレンジ精神の差が勝ち組と負け組を分けるのです。
まぁ完全な無駄遣いではあるのですが。

 

青:
 「こんなことのために…!貴重なキャラなりを…!」

魂の嘆きが聞こえた。みんなもう少し青に優しくしてあげてください。


(左画像)
しゅごキャラ! キャラコレ 2 ミキ

(右画像)
Kiss!Kiss!Kiss!(初回限定盤)(DVD付)


【今週の悩み相談】

大好きなあの子がなかなかコスプレをしてくれません。
せっかくのデートにも勘違いした格好をしてきました。
コスプレすればいいのに、なんであんな普通の私服を…。

でもそんなときは!

 

コスプレっぽいものをプレゼントすればいい。
前向きで好感度大ですね。
日奈森さんも意地を張るのをやめて、四六時中コスプレしてればいいんだ。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 8 )




【今週の紫】

 

腰回りがエロス。
この娘は、自分の人間形態の破壊力をご自覚なさってないのではないだろうか。
謎生物と同じ感覚で行動されても困る。

 

紫:
 「そうよ!ナッツ様の言う通りよ!」

でも人間形態のミルミルさんは、微妙に敬語を使ってない気がする。
それとも、今までが語尾の「~ミル」に誤魔化されてただけか。
あの見た目で、その上、完全敬語を使って成人男性に尽くしてたら、犯罪の香りがしますね。

■Yes!プリキュア5GoGo! 第17話「たむけんさんの宝物」

【今週は全て檸檬】

 

緑:
 「うららさんの新曲発表も決まったし…」

ついに!
ついに檸檬の新必殺技が炸裂する!
「勇気の扉」「夢見る女の子」に続く期待のソロ曲です。

 

檸檬さんもこの余裕の表情。もぐもぐもぐもぐ…。

 

夢原さんにもこの態度。檸檬は強くなれる。

  

檸檬:
 「それなら、いい考えがあります!」

夢原さんに頼まれて、もの探しをすることになったご一同。
でもなかなかビラを受け取ってもらえません。
そこで檸檬が自信満々に考えたアイデア。

「外面のいいお兄さんたちに配ってもらう」

檸檬、お前はそれで屈辱ではないのか…。
一介の店長に負けるアイドル様が無様ですが、それも今週限り。
来週の新曲さえ出れば!
お歌で一発逆転できるからこそ、こんなにも余裕。

 

夢キュアさん:
 「レモネード!!」

ホシイナーが見せた一瞬の隙に超絶反応。
夢原さんは決して隙を見逃さない。油断したら、即、殺る。

 

そしてそれに反応できる檸檬も褒めてあげよう。
夢原さんからの「レモネード!」率って結構高いですよね。他の人と比べて。
レモ子さんは意外と頼られてるのです。便利遣いされてるだけではないと思いたい。



(左画像)
B4パズル Yes!プリキュア5 GOGO! 30P

(右画像)
B4パズル Yes!プリキュア5 GOGO! 65P


【来週の檸檬!!】

次回!

 

 『みんなに届け!うららの歌声』

煌くテールが唸りをあげる!
戦うべき相手は最新鋭「アナタボシ」&脅威の「スターライトタンバリン」。
今こそ檸檬の強さを見せるとき!


…勝てる気がしませんね。
歌ってるシーンが、全く予告に映ってませんし。つうか、いきなり倒れ伏してるし。
「アナタボシ」と「タンバリン」かぁ…。グドンと新マンにタッグを組まれてるような絶望感。
チーム分けを間違ってる。タンバリンはむしろこっちの武器のはずなのに。。

コメント ( 8 ) | Trackback ( 18 )




移動時間の合間にたまたま読んでみた。

■盗まれた街(ジャック・フィニイ)



あらすじは古典の類なので省略。
「隣人は本当に人間なのか?」系のSF小説です。
知らない間に、家族や近所の人が宇宙人と入れ替わっていたとか、そういう感じの。

ストーリー自体は「古典」以外の特徴はないのですが、読んでて気になったのが2点。

一つ目。労働時間。

冒頭で主人公が自分の激務を嘆くシーンがあります。
他の人たちは今頃は家でゆっくり過ごしているのに、どうして自分ばかり遅くまで働いてるのか。
作者さんも、「遅くまで働いてる頑張ってる人」のイメージで書いてるようなんですが。

その時間、18時。

かつてのアメリカの裕福さがよく分かります。
週休7日制を強く推奨している私ですが、この記述には一瞬虚を付かれました。
なんて素晴らしい。この時代に生まれれば良かった。

二つ目。タバコ。

劇中では老若男女を問わず、勿論、路上だとか店内だとかも気にせず、四六時中タバコを吸っています。
人の家に行っても当然吸う…どころか、「お茶をどう?」の代わりに「タバコをどう?」と勧めてくる有様。
受動喫煙なんて概念すらなさそうだ。何せみんな吸ってるし。

人間に擬態している宇宙人までもが、(演技というわけでもなく)普通にタバコを吸っているのは笑うしかない。
当時はこれが普通だったんでしょうか。
なんておぞましい。この時代に生まれなくて良かった。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




ようやく購入できたので雑記をば。

■サファイア リボンの騎士 第2話「サファイアの秘密」

「ぴちぴちピッチ」でお馴染みの花森さんの最新作。
賛否両論、話題沸騰のリメイク漫画です。
この手の話の宿命で、色々と大変だったとは察しますが…。
所々、作画が力尽きておられるあたり、本当に大変だったんだろうなと思います。
頑張れ花森さん!そして「ぴっち」第三期を!

第2話、ということであっさりと基本設定の紹介。
サファイアお嬢さんはシルバーランドの王女様。
でも掟で女性は王位継承できないので、王子として育てられることに。

まぁ「女性が王位継承」云々以前に、雌しか存在しないマーメイドだの、
あまつさえマーメイドプリンセスだのに慣れ親しみきってる私たちからすれば、
何かが釈然としない掟です。え?掟を変えれば良かっただけじゃ?

しかもそんな苦労をしたにも関わらず、反乱者の手により王と王妃は暗殺。
幼い王女様も亡命の憂き目にあい、出生を秘密にされ育てられることに。
かくして何も知らないまま成長したサファイアお嬢さんでしたが、前回めでたく敵襲に遭い、覚醒なされました。

サファイアお嬢さん:
 「わかんないよ…」
 「シルバーランドなんていわれても」
 「あたし 瑠璃や真珠とおわかれするなんてやだもん…!」

ええと、じゃあ無条件降伏とかどうでしょう。
野心があるからって、敵さんが悪人だと決め付けるのは良くないと思うのです。
というか、今日の今日まで国のことなど全く知らなかった小娘様に王位を継がれるより、
「私が王になるんだ!わはははは!」とやる気満々な人に王様になってもらった方が、
国民的には幸せになりそうな気がしてならない。

でも、そういう難しいことは考えないのが変身ヒロイン様の良いところ。
今回も容赦なく虐殺して切り抜けました。
「ぴっち」といい「プリキュア」さんといい、会話の大切さを痛感します。


ところで、何故だか柱コーナーに、投稿イラスト用の枠が確保されてます。
応募してくれる娘さんがいることが素直に嬉しいです。
こっそり人魚さんとか捻り込んでプレッシャーを与えてあげてください<女児様
(どうでも良いことですが、投稿者名の前に必ず学年が付記されてるのですが、
縦書きだと「小四」、横書きだと「小4」と漢字・数字を丁寧に切り替えてるんですね。律儀だ)


ついでに、その他の漫画の感想。

■夢みるエンジェルブルー SEASON6「天使のTシャツ、できました!」

女児様的には、髪の毛はショートの方が憧れるものなのでしょうか。
ここ数ヶ月「なかよし」や「ちゃお」を読んでますが、例えばツインテールとかは敵役扱いのような気がします。
まぁ現実には、よほど勘違いじみた自意識がないと不可能な髪型なので、憧れ対象にはならないのかもしれませんけど。(憧れても、即時、髪が伸びるわけでもないから投影しづらいし)

いやまぁ私が高木先輩の立場だったら、物凄くがっかりだ、と言いたくて。

■ここにいるよ! ダイアリー12「ふかまる疑惑」

「絶望の世界」を思い出した。
『ネットで知り合ったあの人は、実は現実世界で身近にいる人』。
しかも相手はこっちの正体を知っていて、こっちは相手に微塵も気が付いてない。
これ、さりげなくかなりの恐怖だと思うんですけど。

■しゅごキャラ! 第29話

日奈森さんが常春状態に突入しました。
意中の相手と正式に恋人同士になったくせに、一方で愛人を飼う有様。
歌のお姐さんから割と深刻な話を聞いたはずですが、あまりに春過ぎて、多分完全に忘れてると思う。

■Yes!プリキュア5GoGo! 第4話

夢原さん:
 「ココはすごぉくいい人だし あたしを大切に思ってくれてるよ…」
 「…でも、なんかそれだけじゃみたされないってゆーか…」

さりげなくとんでもないことを言ってる気がする夢原さん。
漫画版の彼女はちょっと爛れている。
そんな彼女の前に、謎の紫娘が登場。そしてここに来て、漫画版に問題発生。

漫画版の第1期は、「ミルミルさんの存在を完全無視」という荒業に出てました。
は?ミルミル?そんな謎生物はこの世に存在しない。
世論に惑わされない強い姿勢に惚れます。

ですが、さすがにミルキィローズを無視するわけにはいかず。
やむなく今回、初めてミルキィ&ミルミルが漫画にも登場しました。
世論に迎合する弱い姿勢も大好きです。

しかし大前提が違いすぎる。
「謎生物が変身能力をゲット」と「新しいヒロインの正体は謎生物」では意味合いが異なります。
デフォルトが「ミルキィ」「くるみ」の認識でのスタートだと、感覚的に「人間」扱い。(対ココの時が正にそうだ)

そんな小娘が「私はココ様のお世話役だ」などとほざいた日には、ただでさえ爛れてる夢原さんが発狂します。
即座に恋敵認定をしてそうな気がして、今後の展開に期待です。夢原さんは、敵と認定した相手には容赦しない。
でも漫画版のミルミルさんも一味違う。なんか普通に「出来るメイド」に見える。壮絶な殴り合いに発展しそうです。

一方、「出来ない檸檬」。

檸檬:
 「気になりますっ」
 「ドリームはおへそかくれちゃったのに なぜあの子はヘソ出しコスチュームなのでしょうかっ!!」

貴女はヘソにしか興味がないのか。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




見かけた動画。

 実写版 きらりん☆レボリューション「ダークタンバリン編」

ああ…。二次元と三次元を識別する大事な脳内機構が軋みをあげる…。
声が完全にきらりさんなせいで(当たり前です)、視覚情報と聴覚情報が対立します。
あ、そうか。きらりさんは実在するんだ!凄い!

これでもう、悩まなくて済む。

■きらりん☆レボリューションSTAGE3 第109話「ふぁいとぉー!ハッピースター大作戦」

回を追うごとにOPが進化していきます。
回を追うごとに作画が向上していきます。
回を追うごとに販促が炸裂していきます。

きらりさんの真の恐怖は成長することです。
もうこれが完成形と思えるところを飛び越えて。
いくらなんでもこれは無理と思えるところを乗り越えて。

 

もはや信仰の対象になりかけている。助けて。

2話ばかし更新をすっ飛ばして第109話。
ちなみに第108話は「『きらレボ』なのに伏線張ってたのか!」な回。
第107話は「アナタボシ」です。きらりさんは武器が多すぎる。

 

ハッピーセット。限定ミルフィーカードです。
ら、来週の「プリキュア」さんが今から恐ろしい。
マクドナルドさん、ちゃんと空気読んでくれるよね。CM流したりしないよね。流さないですよね。流さないですよね。(期待の目)

立ち止まることを知らない彼女たちは、今度はCM撮影のお仕事に。
スポンサー名はハッピースタードリンク。商品名はトゥインクルスター。そして社長は変態。
分かりきってたことですが、この世界には変態しかいない。

CM作成の全権を安易に授与されたMilkyWayの三人娘。
でも相変わらず、のえる・こべにさんの仲は悪く。
板ばさみのきらりさんも疲弊するばかり。

 

3D技術が無駄に上がっていっている。
今回はデフォルメ顔も覚えました。
最終話までにどこまで極めるか、不覚にも楽しみです。

 

閑話休題。とりあえず歌って踊る。

足の動きのトレースぶりが気持ち悪いほどです。
そして意地でも歌う。隙があれば捻じ込む。
この精神を、檸檬にも刷り込んであげたい。

依頼のCMで扱う商品紹介。

 

きらりさん:
 「弾ける炭酸と、

 

きらりさん:
 「酸っぱい檸檬!!」

完全に挑発されてます。
まぁそれも無理はない。
販促なら任せろのきらりさん、CM撮影ならお手の物。

 

一致団結。
きらりさんのありがたいお言葉を受け、あんなに憎しみあってた のえる&こべにさんも協力体制。
なんかこの二人、「喧嘩しては団結」を繰り返してる気がしますが、きらりさんを崇拝して団結してるだけであって、相互理解はしてないんですよね。
きらりさん、化け物。彼女は万能すぎる。

CMはあっさり無事に作成され、次回はきらりさんの隠し子登場です。

 

って悪寒が!!
ちがっ、間違いです!きらりさんには隠し子なんていない!
そんなスキャンダル、あるわけないじゃないですか。やだなぁ。ガタガタガタガタガタガタガタ

改めまして。次回は幼きらりさん登場です。

きらりさん:
 「次回!

 

  『いきなり!なりきりチビきらり!!』 」

「なりきり」はプリキュアさんのお家芸だというのに。
タンバリン玩具といい、きらりさんはリアルミルフィーカード路線を採択されたようです。
ついにプリキュアさんも本土決戦か…。


(左画像)
シングルV「アナタボシ」

(右画像)
アナタボシ

OP:アナタボシ(初回生産限定盤)/Milky Way


先日、一日24時間の内、24時間を「きらレボ」視聴に費やしてみましたが。
その後遺症もなく、3D作画を存外抵抗感なく受け入れられました。
というか、一番慣れないのはSHIPSの二人の声変わりだ。慣れるのには時間がかかりそう。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




既に最新話放送済みですが、それでもあえて先週分を。
なぜなら私はAチェア派だからです。
まぁリアルタイム更新はしない程度のAチェア派ですが。

■しゅごキャラ! 第31話「プリティベイビィ☆大騒動」

 

結木さん:
 「明日はややの家でガーディアンの活動しよう!」

 

活動しよう しよう しよう ょぅ ……

強引な割り込みにより結木さん自己主張。
一斉にひく周囲。でも今日の結木さんは積極的。
無理くりお家にご招待。

 

わざわざ結木さんの髪型を真似る意味はなんだ日奈森あむ。

 

ほとんど結木さんのコスプレ状態。

何か釈然としないものの、結木さん宅。
可愛い弟さんの登場です。まだ赤ちゃん。
結木さんはお姉さん!今度から、ややお姉さんと呼ぼう。

 

あやす手段が携帯電話というのが現代的だと思った。あの手の電子音はダメな気がするのですが。
個人的に赤ちゃんの鳴き声を苦痛に感じないので、無理して泣き止まそうという行動はよく分からない。
勿論ネグレクトしろという意味ではなくてですね。

 

お姉さん頑張る!お姉さん頑張る!

おかげで阿鼻叫喚の騒ぎです。
事態を解決すべく、日奈森さんの緑変身。いつもより優しい声の「アンロック」がちょっと素敵。
でもハチミツで全てを塗りつぶして解決って何かが納得いかない。

 

画面端で不貞腐れてる、ややお姉さんが素敵。

和気藹々と進む中、弟さんが突然に喉頭炎を発症。
不運なことにイピカックがありません。
仕方がないので病院へ。ややお姉さん、少しだけお姉さんなところを見せてみた。
でも「担いで病院へ」の対処は間違いだ。
正解は119番か、他の人の親御さんに連絡だ。

 

どう見ても最終カットですが、この後もお話は続きます。
せっかくのメイン回なのに、ややお姉さんの立場が微妙にない。
これがAチェアの実力か。やっぱり、ガーディアンの中ではAチェアが一押しですね。


(左画像)
300ピース しゅごキャラ! 300-L187
なつかしの旧メンバー。
この頃の、ややお姉さんは保護されていた。

(右画像)
Kiss!Kiss!Kiss!(初回限定盤)(DVD付)


【今週の赤】

 

赤:
 「あむちゃん、ダイヤのこと皆に言わないと…」

赤ちゃん一大事!の場面でそれを切り出すか赤。
おかげで最後のまとめが何やらうやむやです。
ややお姉さんのせっかくのメイン回になんてことを。

あとEDの赤は、いつになったらスタートを覚えるのだろう。。

【今週の提供】

   

なんで右手特集なんだ。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 5 )




倒壊した小学校のがれきの中から集められた通学カバン

とってつけたようなお悔やみを言うつもりはないし、ましてギャグにするつもりも毛頭ない。
ただ、画像の中央下のカバンを見て、それまで単に情報としてしか意識してなかった被災の様子に、血の通った別のものを感じた。

正直に言って、顔も名前も知らない人が何万人死のうがどうでもいいです。
意識していないだけで、大半の人はそう思って生きてるはずだ。
実際、地震に限らず、世界中には何人もの人が飢えや病気で死んでいるのに、そんなことは一切無視して普段を楽しく生きてるでしょ?

暢気にお菓子を買ってる金を募金に回せば、何人かの命が助かるのにそれをしていない。
飢えに苦しんでる人を尻目に、てきとーに間食しながらてきとーに笑って、てきとーに遊んでるのが私たちです。
人の命よりも、そういった娯楽の方が大事だと思ってる。
これを否定できるのは、生存に必要な最低限以下のものは全て投げ打ってる人だけだ。
いや、それでもまだ足りないか。

個人的にはそれが悪いことだとは思わない。実際問題、常に意識して生活するなんて無理だもの。
だから顔も名前も知らない人が何万人死のうとどうでもいいし、
逆に自分がそういう状況になったとき、そう思われても仕方がないと思ってる。

でも、こうやって馴染みや関わりのある物を見ると、違う気持ちもわいてくる。
偽善なんですけどね。でもそれは悪いことではないと思う。
せめて今日くらいは、お菓子を買う代わりに募金する程度のことは考えようと思った。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




しまった。おなかが痛くて唸ってるうちに、一週間も更新があいてしまった。

■Yes!プリキュア5GoGo! 第16話「かれんとこまちのお菓子の家」

前回、うやむやの内に新国王の捕縛に成功。
でも喧しいので永久にコールドスリープすることになりました。
パルミンが久々に役に立った。もう、布団さえあればそれでいい。

さて本編。先週のお話のB面です。
「豆の木」に出演させてもらえなかった青緑、「ヘンゼルとグレーテル」に出演することになりました。
いまいちシビレッタさんの物語選択基準が分かりません。なぜ、最後に魔女が焼き殺される話を選ぶのか。

そうこうする内に、お約束どおりお菓子の家に到達。
前々から不思議だったのですが、ここって魔女の家なんですよね。
ヘンゼルが拉致監禁されたり、グレーテルがコキ使われるのもこの家なんですよね。
その割には、お菓子の牢屋や、お菓子の台所の描写がない気がするのですが…。
それともお菓子の家は単なる罠で、実家は別だったのか。でも魔女の怒りようは尋常ではないよなぁ。

魔女にとっては幸いなことに、今回のメインは青緑。
やってきたのが夢原&檸檬だったら、倒壊する勢いで食い散らかされていました。
ああ、だから青緑メインか。「プリキュア」は拾い食いを推奨したりはしない優良番組。
夢原さんも、落ちてた目印のお菓子を我慢した。偉い子です。台本に「食べるな!」っていっぱい書いてあった。

…… 一瞬、「きらりさんだったら…?」と怖い想像をして背筋が凍りました。シビレッタさんがやってきたとき、そこは既に更地になっている。

 

お菓子の家ホシイナー。

いつもの6人と比べ、3人での戦闘。戦力半減。
でも抜けてるのは「決定力に欠ける紅」と「スタミナ不足のミルミル」と「とにかく檸檬」。前回よりも楽勝な気がする。
というか、一人で万能の水キュアさんがいるのが分断策として間違ってます。
夢紅緑水檸檬の5人より、水水水水水の5人の方が明らかに強そうだもの。

案の定、集中砲火の末にホシイナー消滅。
なんか小賢しく知恵がどーのと言ってた気がしますが、ぶっちゃけ必殺技三連撃とさして変わりません。
まぁ「足止めしよう!」→「ローキック連打でへし折ろう!」の前回よりは大人な対応ですけれど。

シビレッタさんも作戦の方向性は間違ってないのに…。
今度は紅&檸檬とか、紅&緑とか、水&檸檬とかで再挑戦してください。
嗚呼、赤と黄色がネックなんだな。。

(次回予告)

 

夢原さんは意外と髪が長いことに1年と4ヶ月目にして気が付いた。

しかし…来週は、見る意欲が微妙に沸かないなぁ…。
どうせなら久住さんをゲスト出演させるくらいの懐の深さを見せてくれればいいのに。
シビレッタさん編の中途半端なコスプレといい、変なところで弾け切れてないのがもにょもにょする。



(左画像)
B4パズル Yes!プリキュア5 GOGO! 30P

(右画像)
B4パズル Yes!プリキュア5 GOGO! 65P


【今週の檸檬1】

 

檸檬:
 「あ!私もクラスの掃除当番があるので…!」

さすがは檸檬!即座に空気を読み、即座に反応!
誰よりも早いこの反射力が、ホシイナー戦でも活かされれば良いものを。
ついでに「一人ぼっちで掃除をする檸檬」を思い浮かべて満たされた気分になりました。

【今週の檸檬2】

 

夢原さん:
 「かれんさんとこまちさんのこういうのを、以心伝心って言うんですよね~」
水無月先輩:
 「のぞみとりんだってそうなんでしょ?」
秋元先輩:
 「この間のふたりのコンビネーション、息がぴったりだったって」

夢&赤。青&緑。で、あの…檸檬は…。

最近、夢原さんがとても冷たい。
かつて、九条さんも疎外感を味わったと思うのですが檸檬もまた深刻ですね。
こうなったらミルミルさんと絡むしかないんでしょうか。でもアレ、謎生物…。去年あんなに冷たくしたのに、今更仲良くなんてプライドが…。

【今週の檸檬3】

 

夢キュアさん:
 「動きを止められれば何とかなるんだけど…」

檸檬!? れもーん!
足止めならおまかせ!実は頼りにされてる檸檬!!
嗚呼、この場に檸檬がいなかったのが悔やまれる。きっと泣いて大喜びしただろうに…。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 21 )




更新が遅れたこの機会に、大穴に全額ベットしてみる。

 『シビレッタさんの物語導入能力は、旧世代プリキュアとのコラボのため』

唯一の根拠は、ドリームライブ次々弾での黒白先輩の参加。
その前後の劇場版とかで、宣伝も兼ねて共同戦線ネタはあるんじゃなかろうか。
仮面ライダーも戦隊モノも、その手のお遊び企画はやってますから、「イメージが壊れる」系の批判は当たらないはずだ。

まぁ仮にこの予想が当たっても、出演依頼が行くのは黒白先輩なんですけどね。
美翔さん…(つ∀`)
もしも正解だったら5,000美翔ください。

■Yes!プリキュア5GoGo! 第15話「りんちゃんと豆の木」

こんだけ自信満々に予想しておいてなんですが、シビレッタさんは植物関係しか利用できなかったらどうしよう。
前回は木製のピノキオ。今回は豆の木。
正直、後は「眠り姫」くらいしか思いつかない。姫役は夢原さんで。王子役は殴り合いで決めてもらいましょう。個人的には水無月先輩を推したい。色んな人からの殺気を背に、頭を抱える彼女が見たい。

 

とりあえず今回は「ジャックと豆の木」です。
出演者は夢原さんに夏木さん、ミルミルさんと檸檬。
シビレッタさんの分断作戦により、青と緑はお留守番。

…どうして、こういう分断の仕方をするかなぁ。檸檬とそれ以外とかにすれば圧勝なのに。

「ピノキオ」「ジャックと豆の木」「海賊ハリケーン」と、渋くマニアックな選択をしてくるプリキュアさん。
少しは後ろめたいのか、今回は簡単なあらすじ紹介が入りました。
豆を植えたら生えたので、戯れに登ってみた話です。
バベルの塔とセットで話すと、自然の偉大さが良く分かる含蓄の深いお話。
登ったその果てに巨人が居て、後はお馴染み、騙くらかして財宝をごっそり。

 

夢原さん:
 「ということは、巨人がパルミンを持ってるってことだよね」

ま、待て夢原さん。少し冷静になろう。
前回の「ピノキオ」もほとんど必然性がなかったじゃないか。
ぶっちゃけシビレッタさんも適当に題材選んだだけだったろうに。

 

夢原さん:
 「ということは、巨人がパルミンを持ってるってことだよね!!」

いい子だから、シビレッタさんを暗に脅迫するのはやめよう。
これだから夢原さんは…。
慌ててパルミンを用意したであろうシビレッタさんが気の毒すぎる。

一生懸命豆の木を踏破した夢原さんたち、巨人とご対面。
ちなみに、豆の木を登る際に変身能力は使用しませんでした。
体力面でも精神面でも大変化け物だと思います。

本人達も気にしてたのか。

 

ミルミルさん:
 「(巨人いるし)変身しなくていいのかしら」
夏木さん:
 「私達も全員そろってないし、無闇に刺激しないほうが…」

さすがはお約束が分かる女・夏木さん。
5人が揃ってない状態で変身したら敗北フラグだ。
戦うだけが能じゃない。ここはこっそり、物音を立てないようにして…

 

檸檬:
 「くしゃん」

さすがはお約束が分かる女・檸檬。
今日は微妙に構ってもらえてなかったですからね。寂しかったんですよね。
でもそういう空気の読み方は間違ってるって、そろそろ学びましょうね。

 

夢原さん:
 「プリキュア・メタモルフォーゼ!!」

そしてお約束の分からない女・夢原さん。
躊躇せず、空気も読まず。夢原さんは華麗に変身。
だから、今変身したら敗北フラグだと…。再三逃亡を提案してた夏木さんの心情思ってあまりある。

案の定、今回のホシイナーは強かった。
仲間パワーが揃ってない彼女達に勝ち目はないのです。
まぁこの手の敵相手に緑がいたところで、どうなるもんでもなさそうですが。
知性の青がいないのは微妙に辛いところ。
でも幸い、今日の敵は単純体力系。相手をいかに効率良く破壊するかに関しては定評のある夢キュアさん、すぐに対策を立てます。

 

ローキック!ローキック!ローキック!!
鬼です。挙句、最後は顔面狙い。
つうか、夢キュアさんは顔面を狙いまくる悪い癖がある。

敵を見事に粉砕し、久々のパルミンは一発正解で王様ゲット。

今まで仲間パワーを高らかに謳いあげていたプリキュアさんですが、最近は個人技賛歌に切り替えられたようです。
逆に、エターナルの皆さんがパーティプレイに目覚めつつある。
プリキュア世界に何かが起こっている。

【次回】

来週は森の中のお菓子の家。良かった、植物オンリーじゃなかった。
自分の体重を誤魔化す、策士な女子中学生(自称)が見所ですね。
とりあえずパロディネタは好きなので、頑張ってコスプレ三昧に邁進してください。
檸檬の「赤ずきん」とか檸檬の「人魚姫」とか檸檬の「ラプンツェル」とか檸檬の「パンを踏んだ娘」とか檸檬の「三匹のヤギとガラガラドン」とか檸檬の「はらぺこあおむし」とかがとても見たい。



(左画像)
B4パズル Yes!プリキュア5 GOGO! 30P

(右画像)
B4パズル Yes!プリキュア5 GOGO! 65P


【今週の檸檬】

ライバル・紫出現!

 

負けじと必死に背伸び。タメ語まで使って夢原さんに絡む絡む絡む。

 

紫:
 「呼び鈴はならさなくていいの!」
檸檬:
 「はい…」

負けるな檸檬!
見た目はお姉さんでも、相手はミルミルなんだよ!なんでそこで下向くのさ!

 

嗚呼、強くて凛々しい檸檬をもっと見たいものだ。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 9 )


« 前ページ   

現在コメントは、お返事をできない状態のため、全て保留のままにさせていただいています。
コメントを貰えるのは嬉しいだけに、申し訳ないです。