穴にハマったアリスたち
生きていればきっと楽しいことがいっぱいあるさ!という信念の証明のためのページ
ぴちぴちピッチを大応援中。第三期をぜひ!




【プリキュア10周年:プリンセスプリキュア】



新しいプリキュアさんが公開されました。
これで年を越せる。
来年もまた、良い年になりますように。

新人さんの名前はプリンセスプリキュア。
注目すべきは青いお姉さん。なんと動物の名前を冠するプリキュアです!
この10年、「動物由来のプリキュアは美翔さんだけ!」でお馴染みだったのに。
ついにその記録が破られる時が来てしまいました。
もっとも「アレ」を動物扱いしてよいのかどうかは微妙ですが。

そして主人公が中学1年生です。前述の青い人は中学2年生なのにお姉さん枠。
美翔さんも大分お年を気にする時代になってきました。
いや、むしろ新人さんが辛いのかな?
周囲は全部お姉さん、おまけに同年代のレモネからは、それはそれは厳しい先輩風を吹かせられるのでしょうし。
救いを求めて年少者に話しかけても、アコさんとかエースさんだもな…。

■ハピネスチャージプリキュア! 第46話「愛と憎しみのバトル!誠司VSプリキュア!」

赤い神が現れました。
そして誠司くんが籠絡され、敵にまわりました。
これには愛乃さんもびっくり。どうしてそんな!?

赤い人:
 「そもそも憎しみの結晶に取り付かれたのは」
 「お前たちと一緒にいたからだ」
 「彼はお前たちの心を常に支えてきた」
 「しかし彼の本当の気持ちを」
 「お前たちは、きちんと掬い取ってこなかった」

愛乃さんもきょとん。
あ、そういえば最近誠司に冷たかったな~。
悪いことしちゃったや。

…えぇと?

愛乃さんは「ちゃんと状況を理解したのか?」が大変に気がかりです。
誠司くんがグレた要因は、愛乃さんへの思慕があるのですが、そのことを彼女は分かってるのでしょうか?
分かってるのだとしたら愛乃さんも意外に機微が分かる子。
分かっていないのだとしたら、誠司くんはますます報われません。
姫さん以下3名も落ち着かなさげな表情でだんまり。「お前たち」とか言われたけど、回想シーンは全部愛乃さん絡みですしね。

まぁ何はともあれ、誠司くんを無力化しないといけません。
戦力を剥奪し、反撃の心を折り、魂の尊厳を破壊した後によってたかってキスでもしてあげれば落ちるでしょう。
純な男子中学生の貞操が、イノセントな女子中学生に踏みにじられる…!

ところがどうした、誠司くんは強かった。
躊躇なく胸の宝石を殴り壊しに来る意中の女子の一撃を、真正面から受け止めて見せます。
格好いい。宝石が砕けなくても、脊髄は破壊されそうな気がするのに。
青い神曰く、あの宝石のせいで操られているそうなので、破壊しさえすれば正気を取り戻せるそうですが。
ああ、そういえば愛乃さんらも宝石を渡されてプリキュアになってましたね。やっぱり青い奴に操られてるのか…。

しばしの激闘の後、ハピネスチームは誠司くんの前に屈しました。ついでに神も倒れ伏してます。ウケる。
ラスボス・ミラージュ様すら倒した最強編成だというのに、誠司くんは実に優秀です。
そういえばミラージュ様もこの場にいるはずなんですが、姿が全く見えません。逃げたんでしょうか。可愛い。

ラスボス&それを倒したチーム&青い神をまとめて沈黙させた誠司くんは高笑い。横にいる赤い神も大笑い。
うむ。女子中学生を籠絡するよりも、それに懸想する男子中学生を雇った方が強かった。
あ、なんか私らもすごく強いサイアークになれる気がしてきた。もし幻影さんに雇ってもらえたら、執拗に美翔さんとか付け狙おう。

勝利を確信した赤い神は、世界中に赤いサイアークを召喚。
戦勝に沸いていた各国プリキュアも、祝賀の酒も抜けぬまま、訳の分からぬ延長戦に突入します。
そして赤い神は誠司くんを伴い、謎の隕石へと去っていきました。彼が何をやりたいのか、いまいち良く分からない。

残された愛乃さんらの所にも赤いサイアークが。しかしもはや愛乃さんに立ち向かう力はなく。
実にあっけない幕切れ。ですがそこに、助けがやってきました。操られの先輩ことテンダー姉さんです。
更にはハワイやインドやその他色々なチームも。えっと、ハワイとインド以外はファントムさんに敗北してたチームでいいんでしたっけ?
なるほど、ミラージュ様が逃げるわけだ。
ていうかこの人たち、「ミラージュが生きてるらしいから殴ろう」と思ってやってきたら、たまたま戦闘に出くわしただけなんじゃ。



モブキュアの皆様は言う。「助けて貰ったお礼だ」と。
このことは赤い神の言う「みんな幸せなのに、お前だけが不幸」への強烈なカウンターになります。
みんな幸せならば、不幸な誰かを助けることができるのです。

赤い神は前々回は愛乃さんに「お前だけが不幸」と言い、前回は誠司くんに「お前だけが不幸」と仰ってます。
世の中には様々な視点があるのだから、様々な不幸があるし、そのそれぞれで「ただ一人が不幸」な状況は起こる。
元より完全に幸せな世界など存在しえないのだから、みんな幸せだったり不幸だったりする。
ならば、自分が幸せな要素では不幸な誰かを助け、自分が不幸な要素では幸せな誰かに助けて貰えばいい。
思い描いた理想の物語は実現できなくても、そうやって助け合っていけば前には進めるんじゃないかしら。

そんな援護を受けつつ、ハピネスチームは高らかに熱唱。
この唄ってる最中に、モブキュアの皆様は何をしてたんでしょうね。
呆然と眺めてるのか、合いの手を入れてくれてるのか。個人的には、容赦なく赤いサイアークを殴りまくっていたんだと思う。

こうしてひとまず置き土産を撃破した愛乃さん。
休む間もなく、追撃を決意します。
目指すはあの謎の隕石。そしてあの赤い神を殴り、誠司くんを取り戻そう。



青い神:
 「僕たちは地球に侵攻してきているサイアークを食い止めよう」

え?

いや、あの赤いの、あなたの知合いですよね?
なんかあからさまに、あなたを憎んでましたよね?
あ、聞き間違いですか。じゃあ気を取り直して、あの隕石に…



青い神:
 「僕たちは地球に侵攻してきているサイアークを食い止めよう」

こいつ。。。

一同の目が冷ややかを通り越し、無機物を見る視線に。
そんな空気はものともせず、青い神はすたすたと歩いてお家へと帰っていきました。
さっきまで倒れて「僕、もう動けない」なポーズとってたくせに。
カメラには映ってませんけど、曲がり角まで行ったところで、隠れてたミラージュ様が飛び出してきて腕とか組んじゃってるんじゃないですかね。
元カノ取り戻したら、もう前線には行きませんってか。そうですか。

まぁこれで余計な足手まといはいなくなりました。
隕石に乗り込んだ先で、赤い神から「ん?おい、ブルーはどうした?」とか怪訝な顔をされるでしょうけど、それはそれです。
事情を聞いた赤い神から「そうか…。お前らも被害者なんだな」と同情され、その後一緒にご飯でも食べて意気投合すればいいんです。
モブキュアの皆さん、どうか青いのが逃げないように、しっかりと監視を。
ようやく真の敵がはっきりしてきた。


(左画像)「ハピネスチャージプリキュア!」ボーカルアルバム2

(右画像)2015カレンダー ハピネスチャージプリキュア!

Twitterアカウント:http://twitter.com/RubyGillis


今回の戦いは、「誠司くんを無視して赤い神を殴る」が最善手だったんだと思う。夢原さんだったらそうしてたと思う。操り中に、姿を見せなかったムシバーンは賢い。

【今週の神とラスボス娘】

ミラージュ様的には、今回のシチュエーションは汚名返上の良い場面だったと思います。
嗚呼せめて「お前が私を操ってたのか!」と激昂、変身して飛びかかるとか、そんなのがあれば。
もしくは各国プリキュアに頭を下げて、援軍を募ったとか、そんなのがあれば。

青い神も酷い有様です。明らかに知り合いなんですし、もうちょっと積極的に対処して欲しいところ。
たとえば、

「青:『逸る気持ちはわかるが、一旦大使館に戻って態勢を整え、明日出撃しよう』と提案」
⇒「その夜、一人、隕石に向かう青」
⇒「そこにそっと同行するミラージュ様」
⇒「『ミラージュ、どうして』『ブルーの考えてることくらい分かるもの』」
⇒「ふたり、手を取り合って隕石に特攻」

とか。
結果的に足手まといになるにせよ、まだしも好感度というものが…。
それなのに、よりにもよって敵前逃亡ですか。しかも情報すら渡さずに。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 6 )




【プリキュア10周年:キュアラブリー】



今日の3Dモデル配信は愛乃さん。

10周年記念番組の主人公にして、最も貧弱なスペックを誇られます。
そんな彼女が挑んだテーマは、「世界にはどうにもならないことがある」。
子供時代に無邪気に憧れた夢は実現せず、無条件に信じた宝物は無力だった。
プリキュアになったところで、願いはかなわない。
それでも。ガラクタ同然の玩具を握りしめ、愛乃さんは叫ぶ。

愛乃さん:
 「幸せになりたいよ」
 「でも世界を壊さなきゃなれない幸せなんて」
 「そんなのきっと、本当の幸せじゃない」
 「わたしは届かない思いも」
 「全部全部受け入れて」
 「みんなと一緒に幸せを探していきたい」

彼女のこの信念を証明するには、愛乃さん自身が幸せにならないといけないのが難しいな。
誰かを不幸にしなくても(愛乃さんが犠牲にならなくても)、ちゃんと皆が幸せになれるのか。
簡単な回答は「誠司くんとくっつく」ですが、「単に代わりを見つけて妥協した」にならないような解決だと良いなぁ。

■ハピネスチャージプリキュア! 第44話「新たなる脅威!?赤いサイアーク!!」

戦いは終わりました。
一時は絶滅の際まで追い詰められた人類でしたが、総力を結集した近代兵器プリキュアにより、見事勝利を収めました。
敵本拠地を落としたのは我らが練馬のプリキュア達。みんな頑張った。
各国プリキュアも決死で防衛を続けてくれました。みんな頑張った。
ブルースカイ王国も復活し、世界中が戦勝に沸きに沸きます。

そんな中、愛乃さんは一人寂しそう。
彼女の視線の先には、人目も憚らずに抱き合う自称・神とラスボス娘。
戦乱の発端が、こいつらの痴話喧嘩だと知られた日にはどうなるんでしょうね。
大挙して世界中からプリキュアが襲ってきそう。
え?それらから守ってあげないといけないの?練馬のプリキュアが?御冗談。

その夜。
元気のない愛乃さんを見かねて、戦友3人が遊びに来てくれました。今夜はパジャマパーティだー!
無事に生き延びた幸運と互いの健闘を称え、盃をぐびりと空ける。
世界を救った英雄にしては随分と質素。でもいいんです。
ドレスもご馳走も声援もないけれど、これこそが取り戻したかった日常なんです。

そして始まる壮絶なる批判大会。女子中学生様の鬱憤が神を襲う。ぶっちゃけ、神キモイ。
視聴者ですらストレスに感じていたのですから、すぐ傍にいた彼女たちは思うところも色々あったんだろうな。
もっとこういう神批判が早い時期にあれば、ここまで白い目で見られることもなかったろうに。

実際、「自分の代わりに戦わせた女子中学生からの真摯な告白に、何も答えないまま、目の前で別の娘に接吻」とか擁護のしようがありません。
やっぱりあのシーンはこうあるべきだった。

  「神、ミラージュ様を抱きしめる」
 ⇒「幸せに顔をうずめるミラージュ様」
 ⇒「ふと気配を感じて顔を上げる」
 ⇒「目の前にアクシア」
 ⇒「神:『ミラージュ、やっと捕まえた(にやり)』」
 ⇒「ミラージュ様、再封印」

神もどきには、こういう覚悟が足りていない。

翌朝。
騒ぎ疲れてベランダに出た愛乃さんに、隣家の誠司くんが声をかけてきました。
ちょっと外に出よう。暖かくして来いよ。

誠司くんは愛乃さんをあちこち連れ出します。
愛乃さんも笑顔を見せてはくれるものの、時折走る悲しみは消えず。
分かっていても誠司くんにはどうしようもない。嗚呼このもどかしさ。

と、そこに。突然に敵が出現しました。赤い赤いサイアーク。平和になったはずなのにどうして。
事情は分からないまま、愛乃さんは即座に抜刀。この子、武装を持ち歩いていたんですね。平和になったはずなのにどうして。
まぁ残党が襲ってくる可能性はありますし。戦時下で鍛えられた娘さんの危機意識は高い。

今更サイアークの1体や2体…と思われましたが。
敵は予想外の強さを発揮し、愛乃さんを苦しめます。
更には何やら不穏な声が。
 


赤:
 「お前に救われておきながら」
 「お前が苦しんでいるのを笑っている」
 「なぜみんなが幸せで」
 「自分だけが幸せではないのか」
 「お前は後悔している」

実際には、周りの人は愛乃さんを笑ったりはしていない。
でも愛乃さんが割を食っているのは事実。
この分では、本当には笑われ、敵視される日が来てもおかしくないです。
というか、そもそもこの戦いのきっかけは「恋愛破局したプリキュアの暴走」です。
もうプリキュアなんて信じられないですよ。奴らは、危険だ。

赤さんの言葉に、愛乃さんの瞳もどんよりと曇る。
確かになんか物凄く損してる気がする。嗚呼、無垢な少女が真実に気付いてしまった。
本当に。悪いのは。あの。神だ…。

あともう1歩…というところで彼女を引きもどしたのは、誠司くんでした。
叶わぬ想いも胸に抱き、それでも理想を信じたい。
だって、愛は、無敵なんだから!!

駆けつけた三人と共に、ひとまず赤いサイアークは撃退して。
今の状況を振り返れば、理想通りには願いはかなっていないけど、でもみんながいて。
はにかんだ笑みを、おそらくは誠司くんに向けた愛乃さんは何を想っているのか。



愛乃さん:
 「まだ大丈夫じゃないけど」
 「でも、きっと大丈夫」

次回はその誠司くんが敵に回るようです。
もう戦いも終わりかと思われた「ハピネス」さん、最後はどこに着地するのかしら。


(左画像)【送料無料】「ハピネスチャージプリキュア!」ボーカルアルバム2

(右画像)2015カレンダー ハピネスチャージプリキュア!

Twitterアカウント:http://twitter.com/RubyGillis


「ドキドキ」さんでの「ジコチューかそうでないかの」の境目は、「他人を不幸にするか」「他人から望まれているか」だったように思う。
その観点でいうと、最後の最後にアン王女を取り戻せなかったジョー岡田は、ババを引いてるんですよね。
「ハピネス」さんがこの問題にどう決着をつけるのか、楽しみです。(以前よりこの点を指摘されてた相羽さんは、さすが!)

この問題の解決には、神も関わって欲しいな。
今のところ、良い要素があまりになさすぎます。
最後にちょっとくらい活躍の期待を与えてくれても…。

【今週のラスボス】



ミラージュ様は相変わらずに、お可愛い。

この後、戦乱の張本人として、世界各国を謝罪行脚なんですよね。
ボンバーガールズに殴られたり、メルシィさんに土下座強要されたり、ワンダフルネットに罵詈雑言浴びせられたりするんですよね。
街をジュースまみれにしただけのイース様や、子猫と戯れていただけのビートさんですら、あんなに苛烈な懲罰を受けたんですから、いわんやミラージュ様をや。

それを思うと、神もどきと一時の逢瀬を楽しむくらいは許してあげるべきなのかもしれません。
まぁいまだに本名を明かしていない(愛乃さんも「ミラージュさん」と呼んでる)ので、逃げる気満々なのかもしれませんが。
次の戦いのステージは、プリキュア狩りか…。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 11 )




【プリキュア10周年:キュアハニー】



今日の配信はハニーさん。
結局、最初から最後まで、何とも言えない不安と恐怖を感じる方のままでした。
今回の接吻具合も、他の3名と比べてやたらに印象的でしたし。

■ハピネスチャージプリキュア! 第43話「ぶつけあう想い!ラブリーとミラージュ!」

幾多の困難乗り越えて、やってきたよミラージュ様。
さあお話しよう。全てを水に流してやり直そうじゃないか。
ほら、愛って素晴らしいよ!



そんな元カレと小娘の言葉は、火に油を注ぎました。
水に流すどころか涙の雨が降り注ぎ、怒れるミラージュ様は羽根はえたり船のったり増えたりと、訳の分からない有様。
ラブリーさんも、躊躇なく刃物を持ち出すわ羽根掴んで振り回すわと、訳の分からない有様。



なにこの魅惑の世界…。興奮が、止まらない。

 

惨劇の中、諸悪の根源たる青い生き物はというと、早々に拘束されてリタイア。見事に役に立ちません。
まぁ青にも言い分はある。
彼の言う「神だから一人を愛せない」は正しいです。
正体を隠して近づいたのではないのだから、ミラージュ様がそこんとこを汲み取らなかったのは、彼女にも責任はある。
アクシアに封じた理由も、300年前に今と同様の戦いがあったのだとしたら、やむを得ないといえばやむを得ない。



ただ、それから300年の間、特にアクションを起こさず、放置し続けたのはいかがなものか。
そして新しいコスプレ少女をたぶらかしてたのもいかがなものか。
せめて最序盤から事情を皆に説明しておくべきだったろうに。

激闘の末、ラブリーさんは叫びます。

ラブリーさん:
 「あなたの攻撃を受けて分かった」
 「あなたが、ブルーのことが好きで好きでしょうがないことが!」
 「だって、あたしもブルーのことが大好きだから!!」

この言葉に、ミラージュ様の顔が憤怒と嫌悪に歪む。
よくぞ言った小娘。
元カレと一緒にやってきた今カノのこの発言、もはや怒りなんて感情では生ぬるい。
嗚呼、ラブリーさん。さすがにその発言はまずい。
今すぐ謝ろう。ね。ミラージュ様は大人だから、すぐに撤回して土下座すれば許してく…

だけどラブリーさんは続けます。

ラブリーさん:
 「利用されているだけでも、いいよ」
 「ブルーと過ごした時の中で」
 「わたしは自分が本当の自分でいる幸せを学んだの」
 「ブルーと一緒にいるとキラキラと輝いて見えてきた」
 「その想いは、ブルーへの愛が叶わないと分かったからって」
 「消えたりしないよ」



ラブリーさん:
 「あなたも同じはず」
 「一度見た幸せはどんな苦しみや悲しみの中でも」
 「なくなったりしないはずだよ」

そう、ラブリーさんは今カノではないのです。
あの青い生き物は、今でもミラージュ様のことを想ってる。よって、ラブリーさんの失恋は確定事項。
ではあの素敵なトキメキは、一瞬の幻に過ぎず、無い方が良かったものなのか。

たとえ夢が断たれても、あの時の楽しかった気持ちは嘘じゃない。
それならば、全てを否定することはないじゃないか。
物語は変わってしまったけれど、みんな笑顔になれるなら、それはそれで良いんです。

「人形の国」では、つむぎさんに答えを返せなかったラブリーさん。
今度はちゃんと言葉に出来ました。
あの時と違い今回は当事者ですから、発言する資格がありますしね。

ラブリーさんの言葉に、ミラージュ様の脳裏にもあの楽しかった日々が蘇る。
300年前の幼き頃のあの思い出。無条件に愛を信じたイノセントな世界。
結果として悪い男に騙され、取り返しのつかない傷を負いましたが、楽しかった事実まで否定することはない。
一つ大人になって、飲み込んで、先に進もう。
世の中、上手くいかないことはある。だけど、愛と勇気を忘れないで。



とはいえ不幸を簡単に昇華できるわけもなく。
ディープミラーからの干渉を受け、ミラージュ様は文字通りに身を焦がしながら怒り狂う。
全て愛が悪い。愛が世界と共にあるならば、世界を壊してしまおう。
ぞくぞくするほどに可愛らしい姿です。ファンファンが忠誠を誓うのもよく分かる。

そんなミラージュ様に、ハピネスの皆様はあの時のイノセントを高らかに歌い上げる。



そして取り囲んで抱きしめました。
なんか一人、口づけなさった方がいたようないなかったような…。やっぱり洗脳を解くにはそれなんですね。。
あまりといえばあまりの行動に、ミラージュ様も何やら目を覚まされました。



尋常ならざる可愛らしさです。

こんな可愛い子が、さっきまで怒り狂って拳をふるってたんですよ。
これはもう一度、悪堕ちさせるしかないですね。
ミラージュ様の株価の暴騰が止まらない。

そこに青い生き物もやってきて、ミラージュ様を抱きしめ、何やら囁きました。
僕も君のことを愛してるよー。前回のあれは間違いだったんだよー。
こうしてミラージュ様は再び騙され、長かったプリキュア大戦は終結しました。ラブリーさんの失恋と共に。

次回は戦後の後日談。ブルースカイ王国も復活したようで、めでたい限り。
とはいえ問題は山積です。愛乃さんは失恋めされましたし、各国プリキュアにこの状況をどう説明したものか。
そしてとうとうレッド様が動き出すようで。この「第2期」感は良いですね。
各国プリキュア&ミラージュ様を相手に、どこまでレッド様が踏ん張れるかは微妙ですが。。


(左画像)【送料無料】「ハピネスチャージプリキュア!」ボーカルアルバム2

(右画像)ハピネスチャージプリキュア! 特別増刊号 (アニメージュ2014年12月号増刊)

Twitterアカウント:http://twitter.com/RubyGillis


ラストシーン。ミラージュ様を抱きしめた神が、彼女の隙をついて再度アクシアに封印したら、むしろ評価が少しは上がったのに。。

【今週の愛】



逆さづり。そして悪辣な反重力スカート。

【今週の幻】



ミラージュ様がお美しすぎて大変に困る。
自らをプリキュア墓場的に緊縛しての猛攻ですよ。御髪も御服もボロボロになりながらの凶行ですよ。
なんて素敵!

それに引き換え、ブルーが全く良いところがありません。
最初に喋って、即座に拘束されてるだけ。
確かに彼にも言い分があるのは分かるし、ミラージュ様の病み具合がおかしすぎるだけなのですが、どうにも絵になりません。

ミラージュ様とラブリーさんと拘束されて宙づりの神の組み合わせは、「人形の国のバレリーナ」のブラックファングと人形とプリキュアの構図と同じです。
位置的には、ブラックファング(つむぎさん)=ミラージュ様、人形=ラブリーさん、プリキュア=ブルーの状況。
これを踏まえると、

 「ラブリーさん奮闘する」
→「しかしミラージュ様に力及ばず」
→「最後の力でブルーの拘束を解く」
→「ラブリーさん:『プリキュアは無力だ。でもブルーなら…』」
→「ブルー、猛突進。傷つきながらもミラージュ様の元に」

の方が納得感があります。

もしくはラブリーさんが早々に捕まって身動き取れなくなり、

 「ブルー、懸命にミラージュ様に歩み寄る」
→「しかしディープミラーの妨害で力尽きる」
→「最後の力でラブリーさんの拘束を解く」
→「ブルー:『世界の全てが君を嫌っても、僕は君を愛すよ』」
→「ラブリーさん、猛突進。傷つきながらもミラージュ様の元に」

でも良い。
今回の展開だと、ラブリーさんが全部自力で解決してしまってるので、青い生き物の汚名返上のチャンスが失われてしまった気が。
逆に「人形の国」でやってしまったのでできなかったのかしら。

ただラブリーさんが、映画の時よりも1歩先に進んでるのは良いですね。
つむぎさんの足が、仮に治らなかったとしても、未来永劫ずっと不幸である理由にはならない。
「イノセントを信じたあの時のキラキラは消えない」という説得は、なかなか良いです。
まぁ現に苦しんでいる彼女に対し、部外者が簡単に言えることではないですけれど。

【蛇足】

キュアミラージュ様は、大変に面倒くさいこじらせ方をしました。
これは他のプリキュア娘との恋愛の際も、よくよく考えるべきですね。
奴らは一歩間違うと、世界を滅ぼす勢いで病む。

いわゆる「俺の嫁」談義で、「彼女に選ぶならどのプリキュア?」的思考実験の時には、この事例を是非思い出したいものです。
一度選んだ以上は、関係を維持しないといけないのです。
選べるということは他のプリキュア娘の好感度も高いのに、一人を選び残りを切るのです。
生命の危機に直結しますね。本当に、よくよく考えて選びましょう。
(個人的にはパッションさん一択だと思う…)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 11 )


     

現在コメントは、お返事をできない状態のため、全て保留のままにさせていただいています。
コメントを貰えるのは嬉しいだけに、申し訳ないです。