穴にハマったアリスたち
生きていればきっと楽しいことがいっぱいあるさ!という信念の証明のためのページ
ぴちぴちピッチを大応援中。第三期をぜひ!




何故だか急に百度から「きらレボ」で検索がかかるようになりました。
うちは彼のサイトからきらりさんの派閥だと思われてるらしい。
何かが妙に納得行きません。まずい、本性を見抜かれ…げふんごふん。

■きらりん☆レボリューション 第102話(最終回)「きらりん☆サヨナラコンサート!?」

大女優さんの正体は失踪していた母親でした。
10年も子供放っておいて今更どの面下げて…とも思いますが、細かいことは気にしないのがきらりさん。
これで一家団欒、気になる伏線も全部解消して大団円です。

で、その母親の勧めで、きらりさんも女優として海外進出することになりました。
突然の話にきらりさんも戸惑いますが…

宙人くん:
 「次に会うときはアメリカだな!」
 「お互いに夢をかなえて、もっとでかいステージで会おうぜ!」

そうか…。次は世界か…。
きらりさんがとうとう外に目を向け始めてしまった。
そういえばハッピーアイドルライフって海外展開してるんでしたっけ?
海外でぶいぶい言わせてる白っぽい人や黒っぽい人も国内に戻ってくるそうですし、
その前にこっちから海外に打って出るのも悪くありません。いや、むしろそうしよう!

パワフル&タフネスには定評のあるきらりさん、あっという間に海外進出を決意。
早速お別れコンサートを開いて堂々の出陣です。
観客席には懐かしの面々がずらりと大集合。

 

きらりさん、同級生いたんだ…。

 

とりあえず、あおいさんとふぶきさんとふたごがいれば個人的にはお腹いっぱいです。
まぁ、きらりさん単体で既にげっぷが出るほど飽食状態な気はしますが。げふぅ。

そんな人の気も知らず。
ライブ中に、きらりさんはいきなり我に返ると前言撤回。

きらりさん:
 「アイドルだからみんなに笑顔を与えなければとずっと思ってたんですけど」
 「笑顔をもらっていたのは、私の方」
 「私、アイドルのお仕事が大好き。だから、これからもずっとアイドル続けまーす!」

ま、まだ暴れたりないのかこの娘は…。
どこかで檸檬っぽい娘が「勘弁してください」な顔をしてる気がする中、きらりさんはアイドルとして居座ることになりました。
決戦はやっぱり国内で。白黒のふたりを待ち受けて、きらりさんの第三のステージが今、始まる。

きらりさん:
 「無敵の勢いで 強気のその意気で 今日までのAh毎日にさよならを告げるわ!」
 「どれだけ変わっても 変わらず見ていてね キラキラのこの先の道を歩くわ あなたとね!」

 

お歌だ。

 

ラストシーンはお歌と共に送る回想集。
きらりさんは自分に何を求められてるかよく分かってる。歌おう唄おうとにかく歌おう。
歴代OPコスチューム連打とか数々の想い出シーンとか素直に素敵です。

 

しかしまぁこれだけ見るとどんな話だったかさっぱり分からないところもきらりさん。
切り出してみると絵になるシーンが多すぎです。
内容は全く分からないけどさ。

 

これが3年目を決めた女の実力。きらりさんの恐怖はまだまだ続く。

 

「きらりん☆レボリューション」第2期、ひとまず完。


(左画像)
きらりん☆レボリューション ソング・セレクション(初回生産限定盤)(DVD付)

(右画像)
きらりん☆レボリューション・ソング・セレクション VOL.2(初回生産限定盤)(DVD付)


【英雄・月島きらり】

きらりさん:
 「あははは…」(引きつり笑い)

 

しょうもないネタに、きらりさんが呆れたように笑う…というシーン。
何気なく絵だけを見たら、別段、呆れてるようなそんな表情でもなく、普通に爽やかに笑ってるようにも見えます。
そうか、きらりさんのあの特徴的な怖い言動は、真・きらりさんたる久住さんの演技の影響が大きかったのか。
彼女を抜擢した製作者さんは、先見の明がありすぎる。もはや彼女以外にきらりさんは考えられない。


【来週からの玩具】

 

か、軽々しく腰に星型玩具とかつけるな!
きらりさんがきらりさんらしくない、おもちゃオモチャした玩具を展開し始めるようです。
そういえば「きらりさんのなりきりグッズ」って今まであまりプッシュされてないんですよね。
まぁ「無理」というのが本音のような気もするし、コスチューム多すぎて「これぞきらりさん」てのがないのかもしれないですが…。(回想シーン、ほとんど同じ服着てなかった彼女が凄ぇ)
来年度の彼女が、どういう戦い方をする気なのか、とてもとても楽しみです。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )




来週からは新年度で新学期。
お子様にとっては一年で一番環境が激変する季節です。
友達が変われば趣味も変わる。見たいテレビ番組も欲しい玩具も変わる。
この変動の時期に、どれだけお客さんを掴めるかが今年一年を決めるのです!

というわけで、プリキュアさんたちも全力全開です。

 

夢原さん:
 「来週はニチアサキッズ合体スペシャル!」
 「朝7時から9時までの4つの番組を、見てみてみてね!」

 

夢原さん:
 「あの娘は一体誰なの?」
 「出た、青いバラの力!!」

だから来週もぜーったい見てみてみてね!!

■Yes!プリキュア5GoGo! 第9話「名探偵こまち登場!」

いつも仲良しプリキュアさん、でも破滅は突然に。
水無月先輩が差し入れに持ってきたケーキが、いつの間にか食べられてしまったのでした。
去年1年、共に悪夢と戦ったあの日々はなんだったのか。たちまち始まる血みどろの惨劇に涙が出そうです。

 

緑の汎用性の高さは全プリキュアの中でも群を抜いている。
なんて便利なお姐さんなんだ。
あと余談ながら、BGMが日向さん。

 

檸檬:
 「かれんさん…私を疑ってるんですか…!」

反射的に檸檬を疑う青。
この二人の距離と溝は、いまだに遠くて深い。

 

檸檬:
 「犯人はのぞみさんとシロップの共犯でしょ!」

指差してる先は完全にシロップ。
檸檬は後輩のシロップに対してはとても厳しい。
でも結果論的には彼女の推理は一部正解だった。

全員のアリバイを調べてみますが、みんな怪しくみんな機会があります。
もっとも、一瞬の隙しかないのに、その一瞬でケーキ1ホールを丸ごと食い尽くすことは普通無理なのですが…。
困ったことに全員、食えます。
ついでに言えば変身能力を有してる小娘どもは、部屋が3階だとか密室だとかあんま関係ないです。探偵殺しの連中ばかりだ。

で、結局のところ、犯人は夢原さんでした。

 

犯行がバレ、果てしなくダメな顔をなさる夢原さんが色っぽすぎる。
この娘はマラソン大会の時といい、時々弁解の余地なくダメなことになるのが良いです。
最後の最後の瞬間までシラを切りとおした彼女に惚れる。

タイミング的に、彼女がケーキを食うのは非常にシビアだったはずですが、そこはさすがは夢原さん。
謎生物が姿を消し、ケーキにたどり着くよりも先に現場に到着、美味しくいただいた後、現場を離れる…。
これをあの短時間にこなすには一瞬の躊躇も許されない。一人になった瞬間、即座に「ケーキを食おう」と思った彼女は、とても偉大だと思いました。

その濡れ衣を着せられ、処刑されるブンビーさん。

 

小娘ども:
 「どうせ私たちを仲たがいさせることが目的だったんでしょう」
 「私たちがどれだけ嫌な思いをしたか…!」
 「ちょこっとだけならまだしも、全部食べちゃうなんて」(一部自白)

いまだかつてないほどの憎しみを込めて。
「SS」のグローブ事件のときも思いましたが、プリキュアさんたちは身近なことほど激怒なさる。
今まで何度も繰り返された前口上が、途端に胡散臭いものに変わっていく。

 

檸檬:
 「召し取ったりぃ!」
緑:
 「…エメラルドソーサー」

残虐コンボ炸裂。完全に殺す気だ。

 

プリキュアさん:
 「いぇす」

この「やり遂げた」感はなんなのだろう。プリキュアさんは怖い。


(左画像)
うたって! プリキュアドリームライブ スペシャルスターターセット 1セット

(右画像)
うたって! プリキュアドリームライブ オフィシャルカードホルダー ~ホワイトVersion~ 1セット


どうでもいいことながら、今週はナッツハウスの見取り図初公開のような。
あと普通に同僚を心配してたブンビーさんに胸を打たれた。
ブンビーさんが去年の大戦からちゃんと学習してる!悪夢や絶望では職場は成り立たない!
ケーキ一つで殴り合ってるプリキュアさんたちとはえらい違いだ。


【今週のCM】

 

タ、タカラトミー様がニチアサタイムに!

コメント ( 4 ) | Trackback ( 11 )




仕事で遠出をする羽目に陥りました。
私はお外に出るのが大嫌いだというのに、酷い話です。
嗚呼お家に帰りたい。嗚呼お仕事したくない。

そんな私を出先で迎えてくれたのは、勇猛無双なあの方たちでした。

 

物凄く格好いい。

てっきり主戦場を海外に移したと思っていたのですが、まだまだ国内でも現役で戦っておられた。
夢原さんたちが華やかな舞台で大活躍できるのも、偉大なる先輩方の裏方からの支援があるからですね。
彼女たちを少しは見習って、私もお仕事を頑張らないとなぁ。


…美墨さんだと頼もしさを感じるのに、これが美翔さんだと「この娘ったら、まだ売れ残ってる!」と感じてしまうのは何故だろう。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




先週から少年漫画誌の「マガジン」さんと「サンデー」さんが50周年のコラボ企画をやっておられます。
普段は殴り合っていらっしゃる両誌なだけに、こういう仲良し企画はとても面白いです。
似たようなことを「なかよし」さんと「ちゃお」さんでもやらないですかね。
きらりさんと夢原さんが一つの表紙でにっこりと笑ってるような感じで。
笑顔と裏腹の、殺伐とした雰囲気しか想像できないですけど。

で、そんなおめでたい企画の中、我らの「絶対可憐チルドレン」。

 基本ストーリーが「デスノート」のパロディ ⇒ 言うまでもなく「ジャンプ」
 小ネタで「ジャポニカ学習帳」(ショウワノート) ⇒ 「絶チル」は4月6日からアニメ開始。その前番組「ハヤテのごとく!」の文房具はジュンプランニングさんから。ついでに「GS美神」はセイカさん。

椎名さんは相変わらずアナーキーだ。 

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




時々書いてますけど「赤毛のアン」が好きなもので。

 
 赤毛のアン レシピ・ノート―L.M.モンゴメリの台所から

買ってみた。
原作者のモンゴメリのレシピの再現だそうで、当時の料理の数々が載っています。
これで私のお料理スキルも格段にアップ。打倒アン・シャーリー!

【シュガークッキーの作り方】
 工程1.ショートニングに砂糖をよく混ぜクリーム状にする

 ???
 ショートニングに砂糖を混ぜて、どうすればクリーム状になるんだろう?
 溶かすのか?溶かして混ぜろって事?それとも想定してる材料が違うの?

【チキン・モールドの作り方】
 材料:ノックス社のゼラチン 小さじ1と1/2

 会社名をご指名か。ノックス社と癒着してやがります。
 何か有名な商品なんでしょうか。

【キャセロール・チキンの作り方】
 材料:チキンまたは雌鳥1羽

 鶏を1匹捕まえて来いとか言ってる。
 それ以前に、チキンと雌鳥の区別が私にはつきません。
 (生後何ヶ月か…で区別するらしい。知らなかった)


だ、駄目だ。今の私のスキルでは太刀打ちできる気がしない。
ざっと見た感じ、作れそうな気がするのがほんの僅かしかありません。
アン・シャーリーはああ見えてスペック高かった。もう少し基本レベルを上げてから挑戦しよう…。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




1週間遅れながら。

「サンデー」&「マガジン」キャラクターがセガプライズに登場

(引用)
 小学館の週刊少年サンデーと講談社の週刊少年マガジンが2009年8月に創刊50周年を迎えることを記念して、両誌のキャラクターを活用したUFOキャッチャーなどのクレーンゲーム景品が、2008年8月よりセガのプライズマシンに登場する。

【登場キャラクター】
「サンデー」
いでじゅう! 犬夜叉 うえきの法則 うしおととら うる星やつら おそ松くん 帯をギュッとね! 俺たちのフィールド おれは直角 かってに改蔵 からくりサーカス がんばれ元気 機動警察パトレイバー 究極超人あ~る 今日から俺は!! GU-GUガンモ クロスゲーム 結界師 GS美神 極楽大作戦!! 金色のガッシュ!! サスケ サバイバル 史上最強の弟子ケンイチ じゃじゃ馬グルーミン★UP! 神聖モテモテ王国 タッチ DAN DOH!! 天才バカボン ドロロンえん魔くん ネコなび パーマン ハヤテのごとく! B・B 漂流教室 プロゴルファー猿 炎の転校生 まことちゃん 六三四の剣 名探偵コナン め組の大吾 MAJOR もーれつア太郎 モンキーターン 焼きたて!!ジャぱん らんま1/2 烈火の炎 ほか
(引用終わり)

「美神」が入ってるのがちょっと嬉しかった。小竜姫様がグッズ化されないかな!
「絶対可憐チルドレン」も、こういうのに選ばれるくらいに続いて欲しいです。
4月からのアニメは多分感想は書かないと思いますけど(原作つきは書きにくい…)楽しみにしています。

あと、高橋留美子さんは化け物だと思った。何だこの息の長さと打率の高さ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




みんな大好きプリキュアさんのカードゲーム第3弾が稼動し始めました。
きらりさんの恐怖にもめげず、夢原さんたちも頑張っています。
でも残念。この数ヶ月の間に、私はそういうのから卒業しました。カードなんかにお金を費やすのは愚かなことなのです。

しかしまぁ、たまたま通りがかったお店でたまたま見かけた分には仕方がないですよね。
というわけで、たまたま置いてあるお店に立ち寄って、たまたまやってみることにしました。
別にカードになんて興味はないんですけどね。たまたまです。

筐体に張ってあった案内:
 『この筐体は1st・1st』(1弾のカードしか出ません)

なにこのダメ店!

腹が立ったので急いで帰宅。近所のドリームライブ稼動店を調べてみた。
幸い移動時間30分くらいの距離に、数店あるみたいです。
普段行かないような場所ですが、まぁ仕方がない。

そんなわけで改めてお店に向かって出発。
繰り返しになりますが、私はカードになんて興味はないのです。
ただ、たまたま置いてあるお店に立ち寄って、たまたまやってみることになっただけなんです。
断じてプリキュアさんの魅力に惑わされたわけではない!

で、たどり着いたお店。
偉いことに、ちゃんと「3rd・3rd」でした。
遅い時間に行ったのでお子様の姿もありません。連コインチャンス。
別にカードは欲しくないですけど、せっかくなので気合入れてやってみましょう。

 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…

景気良くコインを投入して行ってみます。

 

檸檬だ!
早い段階で檸檬のCレアが出た。
これは幸先がいいです。

檸檬:
 「良かったですね。でも今回もMレアがありますよ!」

そうですね。頑張ろう。

 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…

 

ん?『アタリ』?

檸檬:
 「『アタリ』カードですね。お店の人に渡せばカードと交換してもらえますよ」

今回はそんなシステムがあったのか…。
これはあれですか。
『アタリ』カードそのものにも価値があるというか、コンプリートするためには最低2枚は『アタリ』を引いて、1枚は「引き換えない」で『アタリ』カード自体を保持しないといけないってことでしょうか。

檸檬:
 「えへへへ~、なんのことでしょう?」

えげつない商売に目覚めてやがる。

 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…

 

とりあえず5人分の『アタリ』確保です。
ここに画像として載せてるという時点でバレバレですが、全種2枚以上引いて持ち帰ってみました。
嗚呼、湯水のように金が消えていく。

 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…

それにしてもMレアが出ません。
なんというか、お店の人や檸檬に八百長の疑いをかけたくなってきます。
出ないなぁ出ないなぁ。

 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…

檸檬:
 「あ、あの…?」

夢中になって連コインしてたら、檸檬に呼び止められた。
始めのほうこそ横で囃し立ててた檸檬が、ふと気が付くと青い顔してます。
そういえば、既にDVDを買って余裕でお釣りが来るほどの金を投入した気が。

檸檬:
 「お金の方もずいぶん使いましたし、だ、大丈夫ですか?」

何言ってるんですか。この業界ならこれくらい普通でしょ!
ていうか、そこでそうやって無意味に空気を読んで腰が引けるのが、貴女の悪いところなんです。
これがきらりさんだった日には、

きらりさん:
 「大丈夫大丈夫!どんどん良いカードが出てるし、台を空にするまで頑張ろー!」
 「え?もうお金がない?任せて!私、カード払いもオッケーだから!」(イメージです)

これくらいのことは言うはず。
弱い考えになんか屈指はしない。
ここまで来たら、Mレアが出るまで戦い抜こう。

 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこ…すかっ

あ、財布から100円玉が…。
ゲームを始める前に大量に両替したのになくなってしまってます。
これはもう仕方がない。

檸檬:
 「ですよね~。また今度遊びに来て…」

一万円札を両替してこよう。
じゃらんじゃらんと両替をし、大量の弾をゲット。
何故だかげんなりした顔をする檸檬と、檸檬の服を引っ張りながら「そのお客さんいらないならこっち!こっちに回して!」と交渉してるきらりさんを無視しつつ、再度コインの投入開始です。

 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃ…

 

Mレアだ!やった!わぁい檸檬檸檬!

檸檬:
 「よ、良かったですね~。じゃあそろそろ暗いですし、お家に…」

心なしか、「握り締めた100円玉で遊んでくれる、小さなお友達のところに出たかったな…」的な顔をされた気もしますが、一切気にしません。
よし残り4人が出るまで頑張ろう。

 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこ…

 

夢キュアさんだ!わぁい!
格好いいなぁ新コスチューム。
先に出ていた檸檬と「まぁこのまま出ないでいると、台が壊れそうだしね…」的会話をされてる気がしましたが、やっぱり一切気にしません。

 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…

…檸檬と夢キュアさんの間はすぐだったのに、また出なくなった。
さすが上級生組と夏木さんは意思が固い。
ていうかこれ、面倒なので、100円だけでなく1,000円とか10,000円の投入口も作ってくれないでしょうか。
1万円札入れたら、ごとりと1シリンダー出てくる感じで。

夢原さん:
 「えぇと、100回ほど遊んでく?」

みたいな。

 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…
 がしゃこんがしゃこんがしゃこん…

いい加減疲れてきた。頑なに残りの3人が出ません。
でもPレアはコンプしたし、出てないカードも残りわずか。
さすがにシングル買いした方が効率良いかも。そろそろ帰るか。。
あ、その前に、『アタリ』カードを引き換えて、と。

無事に5人分のカードセットを受け取って、でも未練が残ってもう一度筐体へ。

 がしゃこん

 

秋元先輩…。そんなすぐの所に隠れてやがったか。
危なかった。このまま帰ってたら大損するところだった。
これだから安らがない緑は困る。油断も隙もありゃしない。

 がしゃこん

 

連続でMレアか…。非人間的なソートの偏りをしてやがります。怖いよ水無月先輩。

これで残るは夏木さん。
ここまで来たら素直にシングル買いした方が早そうです。
帰るか。

夏木さん:
 「…って、えぇ???」

いや、夏木さんだからってわけではないんですけどね。。
赤の子はそういう役回りに落ち着いてしまってるなぁ。
何はともあれ、山積みのカードを懐に収め、意気揚々と家路につ…

きらりさん:
 (じーーーーーーーっ)

…こうとしたところ、きらきらした瞳で見つめるきらりさんに気が付きました。
き、きらりさん。。
散々プリキュアさんに金を貢いでおいてなんですが、コレクターアイテムとしてはきらりさんのカードの方が集めがいがあるんですよね。ちゃんと全カードにきらりさんが出てますし。
でも5弾まで出てるし、今からでは集められる気がしません。そんな色香には負けな…

きらりさん:
 『3月14日(金)から第1弾~第4弾までのカードのどれかが出てくるキャンペーンがスタートするよ!欲しかったあのレアカードがゲットできちゃうかも!?』

!!
こ、この女、またそういう人の心の間隙を突くような商売を…

きらりさん:
 『さらに!!当たりマークのついてるカードを3枚集めて送ると、抽選で5,555名様に第1弾から第5弾までの新しいポーズのプラチナカードを5枚セットにしてプレゼントしちゃうよ!詳しくはこちら!

なんて卑怯な戦略だ。
カードコンプしてる人でも、キャンペーンカードを手に入れるために買わないといけないのか。
しかも当たるかどうかは抽選。確率上げたかったら金を出せと。ひのすぎる。
件の賞品が可愛らしすぎるだけに、やり口の汚さが際立ちます。

 

って、は!?
気がついたら金を毟り取られていました。
や、やめよう、これは踏み込んではいけない道だ。

きらりさん:
 「あれー?もう帰るんですか~?キャンペーンやってるのにー?」

一口分は揃えたんで勘弁してください。
「また遊びに来てね~」と手を振るきらりさんから逃げるようにして、今度こそお店を後にしました。
誘惑に勝てる気がしないので、しばらくは店に近づかないようにしよう。ていうかまぁカードになんて興味はないんですけどね、ええ。

コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )




【今週の紫】

 

???:
 「私の名前はなーんだ?」

このクソアマ…っ!またそういう知りたくても知れないことを…!
「早く登場して欲しい」という視聴者の声を嘲笑ってやがります。
でもついつい登場を期待して見てしまう。ちくしょう…。ちくしょう…。

■Yes!プリキュア5GoGo! 第8話「シロップと謎の手紙」

プリキュアさんと言えば会話ができないことで有名。
おかげで頭の悪い娘だと思われがちですが、そんなことはないのです。
というわけで、今日はプリキュアさんの知性を試すお話。

いつものように物理法則を無視して大量摂取を続ける夢原さんたちの元に、1枚の手紙が届きました。
中に入ってたのはゴミの山。
でもそこは賢い夢原さん、メッセージを読み取ろうと四苦八苦。

 

苦戦する夢原さんに対する冷たい目、目、目。

あと余談ですが。

 

制服姿のプリキュア娘5人の中に、一人紛れ込んでるシロップ君が羨ましいような、いざ同じ状況になったら逃げ出したいような…。

難解すぎるパズルでしたが、地味に堅実な秋元先輩と植物に詳しい夏木さん、人知を越えた相互理解能力を持つ夢原さんの活躍でゴールに到達。
知性のプリキュアたる水無月先輩が対して役に立ってないところが気になりますが…。
あと檸檬いらないよね。こういうお仕事に向いてない。

謎の先、辿りついたのは時計塔。
そこにタイミング良く現れるスコルプさん。
いつものようにローズパクトを狙って…

スコルプさん:
 「その時計塔は没収させてもらうよ!」

あ、あう…?時計塔…?
なんだかしょんぼりなプリキュアさん。あれ?もしかして私たち、いらない?
でも時計塔だって大事です。早速変身して応せ…

 
 
プリキュアさん、ガン無視。
目の前を素通りして時計塔へ一直線。
あれ?やっぱり私たち、いらない?

いつもと違う反応に夢キュアさんもちょっと寂しげ。
過去数年、プリキュア歴史の中でなかったこの屈辱。
敵の目的がプリキュアさんじゃない!

で、そうこうする内に手紙を出した犯人が分かりました。

 

鳥。
夢原さん…、鳥からのメッセージを解読したのか。
どれだけ高度なコミュ能力を有しておられるのだろう。
てか、鳥と意思疎通できるなら、何故に蠍兄さんと交渉しない。
ちょうどスコルプさんもシロップくんに何か交渉してましたし。

スコルプさん:
 「シロップ、君はローズガーデンに行きたいのだろう?それならエターナルに…」
夢キュアさん:
 「あ、私たちもキュアローズガーデンに行きたいんだけど」
スコルプさん:
 「そうなのか。じゃあパルミンが集まるように協力しよう」
 「その後でローズパクトを渡してくれないか?」
夢キュアさん:
 「ええと、フローラ様に聞いてみるね」

嗚呼、なぜ。なぜこの会話ができないプリキュアさん。謎手紙の解読に知恵を絞ってる場合じゃない。

 

スコルプさん:
 「さあローズパクトも渡して貰おう」

 

夢原さん:
 「ヤだ!!」

現実はこれだもの。困ったものだ。


さて次回は『名探偵こまち登場!』。
どうしたんだプリキュアさん、急に知恵のあるところを見せようとして。
「疑わしきは殴れ!」でお馴染みのくせに、推理なんて!
無駄な足掻きをなさってる気がしますが、すごく楽しそうなお話です。
食い物を巡って醜い内部崩壊を起こす彼女たちに期待。



(左画像)
うたって! プリキュアドリームライブ スペシャルスターターセット 1セット

(右画像)
うたって! プリキュアドリームライブ オフィシャルカードホルダー ~ホワイトVersion~ 1セット


プリキュアさんの新兵装・ドリームライブの3弾が稼動し始めました。
この業界、ますます激戦と混迷が深まっていきますが戦い抜いて欲しいものです。
きらりさんになんて負けないで!そして第7弾あたりで美翔さんの復活を!

…まぁきらりさんを徹底マークするのがお仕事の檸檬が、微妙にヘタレてるのが気がかりですけど。
春日野さんは無駄なところに知恵が回る子だから、「どうせ私は月島さんのコピーですよ」くらい思って引け目に感じてそう。
でも歴戦の勇者たるきらりさん相手に、そんな中途半端なことしててもなぁ。。

春日野さん:
 「私、春日野うららです。アイドル目指して頑張ってま…」
きらりさん:
 「私、月島きらり!新人アイドルでーす!」(カウンター)
春日野さん:
 「こ、今シリーズは今までのハートや星ではなく、蝶をモチーフにして…」
きらりさん:
 「私、月島きらり!ハッピーアイドルライフの第4弾は、なんと蝶がモチーフなの!」(カウンター)
春日野さん:
 「い、今はアイドルだけど本当は女優を目指して…」
きらりさん:
 「私、月島きらり!女優としても大活躍中!あと私のママも世界的な大女優で、名前は『うらら』!」(カウンター)
 「『うらら』と言ったら私のママのこと!みんな、覚えてね!」(駄目押し)

怖い。ことごとくカウンターを合わせてくるあの女が怖い。
きらりさんの辞書には躊躇も容赦もありゃしない。
満身創痍であえぐ春日野さんが不憫です。なまじ大食い設定や家族構成もコピーしてるだけに切ない…。
頑張れ檸檬。もうすぐ紫小娘や白黒先輩が援軍にきてくれる!
それまで耐えて…。


【追記:今週の檸檬】
TJ-type1さんの三コマに狂いそうなほど笑った。
しまった、檸檬のうっかり出てしまった素を見逃してた!
何かが綻んでますよ檸檬姉さん。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 22 )




まとめ回なので自白させていただくと、一番のお気に入りは歌のお姉さん、次点でアミュレットハートです。

アミュハー、へそとかはどうでもいいのですが、明るく元気に空飛んでるのが可愛いです。
(いや緑も青も飛翔能力あるんですけど)
でも日奈森さんにはそれほど興味はない。唯世くんとは趣味があう気がする。

■しゅごキャラ! 第24話「心のスケッチ!」

赤:
 「ミキちゃんはずーっと楽しみにしてたよね!」

普段は日陰者の青の子。けれど今日は主力兵器です。
なんといっても美術!写生!
青の子さえいれば日奈森さんも大安定。もういらない子なんて言わせない!

…と思ったら、今日はクールの変わり目の総まとめ回でした。

思い起こせば数ヶ月前。ヘタレ小学生の日奈森さんに訪れた驚天動地の日々。
年末に1回休んだだけで働きづめですし、ここらで息抜きしてもらいましょう。
来週からは、新年度突入でまた激戦が始まります。生き残るんだ日奈森さん。

いつもの子:
 「れっつ日奈森!」

 

名言集のはずが、いつの間にか戦闘シーン特集になってたのが素晴らしい。
こうやってまとめて見ると、日奈森さんもちゃんとお仕事してて偉い子。
そしてそれをきちんと見ていた彼も偉い子だ。日奈森さん、秘密のコスプレ稼業が駄々漏れですよ!

 

歌のお姉さん:
 「キャラなり!ルナティックチャーム!」

変身すると露出度下がるというのは地味に斬新。

で、それはそうと、せっかくの総集編なのに何故にお歌を唄ってくれない。
尺を稼ぐのなら、お歌ほど便利なものはないのに!
もう最初から最後までお姉さんのお歌特集でもいいのにさ。

日奈森さん:
 「あんなこともあったなぁ」
お姉さん:
 (お歌の回想シーン:1分30秒)

 

日奈森さん:
 「こんなこともあったなぁ」
お姉さん:
 (お歌の回想シーン:2分)

 

日奈森さん:
 「そんなこともあったなぁ」
お姉さん:
 (お歌の回想ry

 

最後に新曲で締めるとか。
タカラトミー様は「ぴっち」で培ったノウハウを忘れていらっしゃる。
最初から最後まで唄えばいいのに。


…とりあえず、せっかくのスケッチネタなのにメインにすらなれなかった青の子が不憫。


(左画像)
しゅごキャラ! アミュレットフローカードvol.3


(右画像)
しゅごキャラ! 3つのたまごと恋するジョーカー

新ED:恋愛・ライダー(初回限定盤)(DVD付)
ED・OP:ホントのじぶん(限定盤) こころのたまご/Buono!


来週は決戦回です。日奈森さんに最大の試練が訪れる。
新学期直前の勝負回として選んだネタがこれか。
日奈森さんもタイトな戦いをする娘だ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 9 )




プリキュアさんでの戦友・三十路さんが、きらりさんに誘惑されておられました。
きらりさんの魔の手がじわじわと侵食を深めてくる…。
いえ、その片棒を担いだのは私なんですけど。わぁいきらりさんきらりさん。

■きらりん☆レボリューション 第101話「ママ…!涙のクランクアップ」

映画を撮影中のきらりさん、途中までは快調に進んだもののラストシーンが演じられず。
課題は『永遠の別れ』。
鉄のような意志と強靭な破壊力で突き進んできた彼女のこと、『別れ』だとかそんな感情はピンとこない。

悩んでも悩んでも解決策は見えず。
おまけに悩みは演技だけに留まらず。
もしかして、共演する大女優のルナさんは生き別れのママなんじゃ?
そんな迷いのせいもあって、思考はもはやばらんばらん。
しかも天候季節の関係で、撮影の猶予は明日まで。

でもそこはタカラトミーの英雄・きらりさん。

 

きらりさん:
 「私は桜の妖精、桜子。ナオミとの永遠の別れ…」
 「桜子は妖精から人間になった」
 「大変なことも悲しいことも苦しいこともたくさんあるけど」

 

 「それでもナオミと出会って、たくさんの人と出会えて」
 「桜子は幸せでした」

 

 「ルナさんと永遠に別れることになっても、それでも」
 「私、ルナさんと出会えて、本当に良かった」
 「この広い世界で貴女に出会えた奇跡に感謝」
 「生まれてきたことへの感謝」
 「そんなありったけの感謝を込めて」

 

 「さよなら」

いつかはやってくる最終回。
大変なことも苦しいこともあるけれど。番組は終わるのは悲しいけれど。
でもそれでも。素敵なこの番組に出会えたことに、心からの感謝。
ありがとう、きらりさん。ありがとう、タカラトミーさま。

 

うららさん:
 「きらり…」
きらりさん:
 「ママ…!」

離れていた母娘もようやくの再会。
映画もクランクアップし、いよいよクライマックス。


(左画像)
きらりん★ファッション★レボリューション (小学館プラスワン・コミックシリーズ)

(右画像)
きらりん・レボリューション 11 (11) (ちゃおフラワーコミックス)


…で、これだけやっても最終回ではないあたりが、きらりさんの怖いところ。

(第三期CMより)

 

第三期はフル3Dか…。
きらりさんがどこに向かって走り出してるのか、もう皆目分からない。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ   

現在コメントは、お返事をできない状態のため、全て保留のままにさせていただいています。
コメントを貰えるのは嬉しいだけに、申し訳ないです。