穴にハマったアリスたち
生きていればきっと楽しいことがいっぱいあるさ!という信念の証明のためのページ
ぴちぴちピッチを大応援中。第三期をぜひ!




■Go!プリンセスプリキュア 第49話「決戦ディスピア!グランプリンセス誕生!」

四つのお城が解放され、追い詰められたディスピア様は御自ら侵略を始めました。最初に狙うはノーブル学園。
はるはるらも覚悟を決めて衆人環視の中、コスプレを決行。
されど絶望は留まるところを知らず。玩具は砕け、いよいよどうにもならないそんな時。

あろうことか七瀬さんが絶望の檻を破壊。級友らを叱咤激励し、プリキュアさんらと共闘を始めました。
更にはシャットさんも奮起。落ちぶれている間に、プリキュアはおろか、名もなきモブにまで置いて行かれてるじゃないか!私たちも変わるぞ、ロック!
もはやプリキュアさんにおんぶに抱っこではない。それぞれがそれぞれを励まし、立ち上がり、そして絶望に向かって殴りかかる…!

あまりの勢いにディスピア様もたじろぎますが、あちらさんも後には引けません。
忠臣クローズを取り込んで、何だかよく分からない巨大化とかなされました。
そのあまりの強さに、春野さんらもとうとう地に伏す。嗚呼、夢を守れなかった。。

だけどそこに。再び怒れる群衆が襲い掛かる。
助けに来たはずの春野さんらを助けるべく、学園の生徒も理事長も。シャットさんも謎生き物も。王子様も先生も。
皆が手を取り、絶望に向かって拳を振り上げる。戦おう。私たちも。もう守ってもらったり、応援したりするだけじゃない。

皆の攻撃に背中を押され、春野さんらはディスピア様に向かって駆けていく。
夢を守るプリンセスから、夢を導くプリンセスへ。絶望から守るのではなく、皆で絶望に立ち向かう。
そしてとうとうグランプリンセス様に変態なされました。

…グランプリンセスって、称号ではなく二段変身だったのか。
いやまぁ言われてみればそうに決まってるのかもだけど、虚を突かれた気分。

一同みんなの夢を乗せ、グランプリンセス様の最後の大技により、ディスピア様は消滅なされました。
後には言葉一つを残して。

ディスピア様:
 「忘れるな。絶望は…」

これに春野さんは一声、凛と答えた。

春野さん:
 「ごきげんよう」

まるで再び会うことを前提としたようなこの決め台詞。
絶望はいずれまたやってくる。でもそれを恐れはしない。
早くも次回予告では不穏な影も見えましたが、まずはこれにて終戦。次回はいよいよ最終回です。


(左画像)キャラクタースリーブ Go!プリンセスプリキュア キュアスカーレット (EN-150)


(右画像)Go! プリンセスプリキュアボーカルアルバム2

Twitterアカウント:http://twitter.com/RubyGillis


「NS1」の冒頭で涙したのはもう3年以上も前。
あの時、勇ましく戦うプリキュアさんらを見て、逆に絶望した気持ちは今でも思い出します。
プリキュアさんは強い。とても強い。
観覧車の上に勢ぞろいし、颯爽と駆けていく姿はとても頼もしく、応援する声にも力が入る。
でも。
あまりにも強くて頼もしい故に、残酷なほど思い知らされてしまう。結局のところ、私らは応援しているだけだ。
「普通の女の子」のはずの彼女らは、あんなにも強い。それなのに自分は…。

当時は「誰でもプリキュアになれる」が回答でした。ここでいう「プリキュア」とは、文字通りのコスプレ娘のことではないのでしょうけど、描写や実際の感覚としては、やっぱり特別感がある。エコーさんも「NS3」では随分と偉ぶっていらっしゃいましたし。

そこから時代が流れ。正真正銘、ただの民間人たる七瀬さんや学生が反撃に出るこの展開は、非常に熱い。
度重なる悪夢テロにも心折られることなく、むしろ奮い立たせ、何度も失敗したのちの、とうとうの絶望の檻破壊。
プリキュアに変身するでもなく。謎生物や王子や敵幹部らとも対等に肩を並べ、一民間人としての反撃です。

民衆の反撃自体は、「フレッシュ」や「ドキドキ」でも行われていたこと。
ですがグランプリンセスの定義が「夢を導くこと(一方的に守るのではなく)」だったように、今作ではより強くテーマに推されていた。
春野さんらが「夢を守らなきゃ」と叫べば叫ぶほど、実はグランプリンセスから遠ざかっていたのですね。
「守る」のではなく「導く」。もしも民衆が立ち上がってくれなかったら、勝つことが出来なかった。

映画のパンプキン王国でも、国民が絶望パワーとして敵に使われたり、希望パワーとして姫君に搾取されたりと、目まぐるしく変わっていました。
ディスピア様が何度も言っていたように、夢があれば絶望もある。逆に絶望があれば夢もある。
「NS1」で絶望したあの時があったからこそ、今こうして「立ち上がりたい」と思えた。

シャットさんが立ち上がってくれたのは実に嬉しい。
トワ様の元に戻るかと思っていましたが、それ以上の復活だなぁ。

シャット:
 「うるさい!!」
 「ロック!きさま私を散々馬鹿にしておきながら」
 「そのざまは何だ!」

 「私たちが落ちぶれている間に」
 「プリキュアどころか妖精も人間どももどんどん変わっていく!」

 「変わるぞ!私たちも!」
 「ディスピアの呪縛から抜け出すのみ!」

絶望を求めて足掻くロックに対し、この怒りの演説。
「助けてくれてありがとう」とプリキュアになびくのではなく、「なんかもういい加減にしろ」的激怒。
己の不甲斐なさへの絶望は怒りにつながり、希望に変わる。

元々ディスダーク自体、夢を否定しているようで否定していない。
ディスピア様も部下たちの夢に応えてる描写が何度もあります。
例えば、クローズの最期の願いを聞いて力を与えたり、トワイライト様付きを望んだシャットにそれを任命したり。

結果的にクローズさん(とフリーズら)はディスピア様と共に消えましたが、彼としてはおそらく本望でしょう。
「悩んだ末に飛び出す」シャット&海藤さん、「親と並び立つ」ロック&天ノ川さんと違い、春野さんとの対比で考えると、夢(絶望)に貫徹するのは必然。
仮にディスピア様が「もうよい。お前は好きに生きよ」と逃がそうとしても(カナタ王子に対し春野さんがそうだったように)、絶望に殉じたはず。

ただ、絵本「花のプリンセス」に出てきた「裏切り者の鳥」のことを思うと、何らかの和解はありそう。
次回最終回の謎の影のこともあり、まだ何か、山場が残っていそう。
感想を書くのが遅れに遅れて、あと数時間で最終回放送なのですけど、このまま楽しみに待とう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 4 )




【新しい1年】

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。

さて新年第1回目。新人さんも紹介されました。

公式サイト:「魔法つかいプリキュア!」

「プリキュアってそもそも何なんだろう…」と悩んでしまうような、不可思議タイトルです。
「魔法使いサリー」とかって、「魔法使い」に続く○○部分は固有名詞ですよね。そこに「プリキュア」。
え、そもそも「プリキュア」自体に「魔法つかい」的なニュアンスがあったのでは。いやないか、そんなもの。
新作タイトルが発表された後、美翔さん達もしばし呆然としたんじゃないですかね。
私たちって、何なんだろう…。まぁ「魔法使い 舞ちゃん」みたいなタイトルにされても困りますけどね。不気味。

その新シリーズのヒロイン様は、キュアミラクルさんとマジカルさん。
二人ともお美しいです。今度の新人さんはレベル高い。
そしてこれにより、「実在する動物の名を持つプリキュアは美翔さんだけ」の記録が継続されることになりました。いつまで伸びるんでしょうね、この記録。。

■Go!プリンセスプリキュア 第47話「花のように・・・!つよくやさしく美しく!」

ノーブル学園に入学して1年。はるはるは尋常ならざる成長を遂げ、今ではお茶も上手に淹れられるようになりました。
それもこれも学び舎と級友、良き教師、それにたゆまぬ努力のおかげ。
成長を噛みしめていると、そこにカナタ王子から連絡が来ました。花のお城が、何か変だ!

じゃあ早速行ってみよう。いつの間にやら、ほいほいとホープキングダムに行けるようになってました。
あと、七瀬さんは周囲から言われる前に、自分からお留守番宣言。
このまんま最終決戦に突入する可能性もありますしね…。

件のお城についたところ、はるはるの目の前に謎の鳥が。彼女のバイブル「花のプリンセス」に登場する裏切り者です。
思わず後を追いかけて扉をくぐると、どことも知れぬ不思議な国へ。
良く分かりませんが、「花のプリンセス」の世界に紛れ込んだようです。なりきりコスプレ万歳。

そこはまさに夢の世界。素敵な王子様に素敵なお城。召使共も甲斐甲斐しく優秀です。
多少の違和感などあっさりと吹き飛び、はるはるもご満悦。
そうだ、せっかくだしレッスンの成果を見せよう!私、お茶淹れます!

ところが王子様は、やんわりと拒否。プリンセスにそのようなことはさせられません。こぼすからね。
でも私、ちゃんとレッスンしてきました!はるはるは足掻きます。しかしそれでも王子は拒否。召使も拒否。
プリンセスは、ただただそこに居てにこやかにしていればよいのです。

それはそれで非常に大変で重要な役割だとも思いますが、学びの人・はるはるにとっては釈然としない話。
疑問はそれだけにとどまらず。撒いた種がいきなり花を咲かせたのを見て、ついに彼女は叫びます。
努力もなく結果が出るなんて!こんなの良くない!

プリンセスの無体な叫びに、しかし鳥はむしろ納得顔。
こうなると思っていた。ディスピア様の策とはいえ。
そう、これはディスダークの罠だったのです。鳥の正体はクローズさん。この人、何気に演技派。

戦闘に突入しながらクローズさんは問いかける。
プリンセスになれても満足しないのなら、本当のプリンセスとはなにか?どうすればなれる?いつなれる?
はるはるは答えられない。なぜなら、そんなものはないから。ないものを夢にしているのなら、終わりもない。

はるはる:
 「終わりが、ない…?」

もしもプリンセスになれたら、その先に何が待っているのか。
今は大きなこの夢を叶えるのに夢中だからいい。
でも戦うたびに問いかける。もしも夢が叶ったなら?

かつてレモネは「夢が叶っても意味がなかった」の悪夢を見せられ絶望した。
先輩の「セーラームーン」さんは、終わりなき戦いに絶望し、過去の自分を消そうとした。
初代と同時期の「ぴちぴちピッチ」では、「夢だけでは生きられない」と唄った。

はるはるは努力の子。入学から今日に至るまで、絶え間ない努力の果てに尋常ならざる成長を遂げました。
しかしその努力は何のためか。プリンセスになることよりも、努力することに拘るのなら、目的が変わってしまっている。
たとえプリンセスになれたとしても、彼女の努力は終わらない。安穏と怠惰な日々を送りたいのではないのだから。

この自己矛盾は至る所にある。
お茶の淹れ方やお花の育て方だって、便利な道具やテクニックで、過程を素っ飛ばしている個所は多々あるはず。
努力したり改善したりが進めば進むほど、過程は簡略化していく。というか、簡略化しないのなら上達していない。
あるいは、マニュアル車の練習してた人にAT車を紹介したら「なんだこれは」とキレられたようなものです。工学の成果が否定されてしまってる。

こうなってしまう理由は、おそらくは「プリンセスになって何をしたいのか」がないから。
「なった後」の目的がないから、そこで行き詰ってしまう。
これを回避するには、延々とプリンセスにつながる道を歩き続けるしかない。つまり、終わりはない。

はるはる:
 「終わりはない」
 「そう」
 「私の夢に終わりはないんだ」

しかしながら春野さんは悟りました。
終わりがないことは否定しない。その先に何があるかも答えない。
ただ単に、覚悟を決めました。

はるはる:
 「強く、優しく、美しくあること」
 「ずっとずっといつまでも」
 「強く優しく美しくあること」
 「それが私のなりたいプリンセス!」

恐ろしい結論です。何事も自分の力で為し、終わりなき道を行く、果てのない苦難の旅。

ですが、実のところ終わりはある。
彼女は「枯れない花」を否定している。「いつかは死ぬ」ことを肯定しています。
つまりは「死んだ時が道の終わり」。
これから先、辛く苦しいことがあっても、最期まで強く優しく美しくあれたなら、その時、彼女の夢は叶う。
大いなる満足と共に、あの世へと旅立つのでしょう。

ある意味、「終わり」を肯定し「永遠」を否定する「プリキュア」だからこその結論。
不老不死だったら心が折れますが、その前に死ぬのだから、精いっぱい努力すればいい。

春野さんがにっこりほほ笑んだのも、当然か。
別の見方をするなら、「一生この楽しい努力を続けられる」「続けていれば、最期には叶う」のだから。
夢や希望が絶望になるように、絶望もまた夢や希望になるのかもしれない。

(蛇足。先代プリキュアの様子を見ると、死後、何らかの霊的存在になれそうです。
 まさかそんな存在になってまで「枯れない花」に拘るとは思えませんので(自身も老けないだろうし)、その時こそが「夢が叶う時」とも言えます。
 まぁはるはるは、そんな打算はしていないでしょうけれど)

悟った彼女の一撃により、クローズさんらは撃退。お花の城も取り返しました。
残るはディスダーク本陣。しかしそこに突入するにはグランプリンセスになるしかありません。
うん、何かさっきは啖呵を切ったけど、いきなり現実的に「グランプリンセスになる」必要が出て来たな…。

そこにディスピア様の声が天から降ってきました。ホープキングダムを返してくれるそうです。やったぁ!
でも絶望は止まらないそうです。なぜならディスピア様御自ら、ノーブル学園を襲撃するから。
一同顔を見合わせ、こくりと頷く。なんか知らんが、開けられなくて困ってた扉から、親玉が出てきてくれた。
これ幸いと殴りに行こう。やはり絶望はまた、希望になるのかもしれないな。


(左画像)キャラクタースリーブ Go!プリンセスプリキュア キュアスカーレット (EN-150)


(右画像)Go! プリンセスプリキュアボーカルアルバム2

Twitterアカウント:http://twitter.com/RubyGillis


昨年末のくどまゆさんのライブは盛況だったそうです。行けなかったのが悔やまれる…。
あと「結婚したい」と叫ばれてたとか。あの可憐なお嬢さんも、段々洒落にならないお年になりつつありますね。。

【今春のプリキュアさん】

オールスターズ映画の宣伝も公開されました。
美翔さんもクビにはならなかったようです。定位置の右上にちゃんといます。おめでたい。
超端っこにいますけど、なんか最近の彼女は妙な余裕を感じますね。
NSで一山当てて、苦手なダンスも克服して、出番の少なさにも「もう引退した身だから」と大御所気分で構えてる感じというか。。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )


     

現在コメントは、お返事をできない状態のため、全て保留のままにさせていただいています。
コメントを貰えるのは嬉しいだけに、申し訳ないです。