穴にハマったアリスたち
生きていればきっと楽しいことがいっぱいあるさ!という信念の証明のためのページ
ぴちぴちピッチを大応援中。第三期をぜひ!




【年末のくどまゆ】

例によって宣伝。

 「SUPER TEUCHI MIX!! HELLO 2016」
 日時:12月31日 17時30分/22時30分
 会場:TSUTAYA O-nest
 出演:うちやえゆか、榎本温子、樹元オリエ、五條真由美
 ゲスト:昼の部・千葉一伸/夜の部・工藤真由、前田 愛
 (工藤真由さん公式ブログ

 「工藤真由・池田 彩 ツーマンライブ "Sweet & Bitter 3rd Stage"」
 日/場所:12月28日(大阪)/30日(東京)
 出演:工藤真由、池田彩
 (池田彩さん公式サイト

次世代プリキュアさんも発表され、いよいよ年も終わりです。
今年も一年間、ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

■Go!プリンセスプリキュア 第46話「美しい…!?さすらうシャットと雪の城!」

シャットさんは一人、寒風吹きすさぶ町中をとぼとぼと歩いていました。
生涯の主と信じたトワイライト様には裏切られ、同僚のクローズやロックからは見下され、とうとうディスピア様からまで見捨てられたのです。
もはや行くあてはない。生きる望みもない。最後に持っていたお花すらも略奪され、道行く人からは指さされ、もはや見る影もない悲惨な有様。

意思も目的もなく、ふらふらと彷徨う彼の前に現れたのは、巨大な雪のお城でした。
一目見て、すぐにシャットさんは理解した。これはホープキングダムを模した雪像だ。
それはとてもキラキラと輝いていて、荘厳な美しさを醸し出しています。
シャットさんは知る由もありませんが、このお城を作ったのはトワ様と取り巻く人々。
一人の夢を皆で支え合って作り上げた、まさしく夢の結晶。

その瞬間、シャットさんの中で何かが弾けた。
これほど辛く惨めな思いをしているのに、雪像までもが追い詰めてくるのか。

実際、シャットさんの何が間違っていたかというと、特に間違った要素はないのです。
確かにディスダークとして悪さはしましたが、クローズやロックと比べると(放送されている範囲では)軽微です。
特にトワイライト様付きになってからは、敵に対しても(主君に倣って)敬意や礼儀を発揮していたように思う。

それが何故。どうしてこうなってしまったのか。

海藤さんとの対比で考えると、「元の組織から出て、外を見に行って失敗した人」な感じなのかしら。
「海を知りたい」は、意味としては「海藤グループの枠から出て、世界や社会を知りたい」だと思うのですが、その流れでいうとシャットさんは「元のディスダークの地位から別の道に進んで、失敗した」んですよね。
見た目からの連想も踏まえると、「会社辞めてミュージシャン目指したけど失敗した」みたいな感じ。

果たして悪いのは彼なのか。それとも失敗者を認めぬ周囲なのか。

憎しみを込めた視線の先にいるのは、諸悪の根源たるトワ王女。
怒りに身を任せ襲い掛かるも、すぐに取り巻きがやってきて袋叩きにしてきます。
憎い。全てが憎い。どうして私は私のみなのか。

猛り狂って猫化もしてみますが、醜い姿に自尊心を折られ、物理的に城で押しつぶされただけ。
かつての主君がかける声も、今のシャットさんには届かない。
再びとぼとぼと去っていく彼の背中に、壊れた雪城を再建設する学生らの声が響く。
夢が壊れても、それを修復してくれる周囲の人たち。それがどうして彼にはないのか。
最後に手渡されたマフラーだけが、せめてもの救いですが…。これからどうなってしまうのだろう。。


(左画像)キャラクタースリーブ Go!プリンセスプリキュア キュアスカーレット (EN-150)


(右画像)Go! プリンセスプリキュアボーカルアルバム2

Twitterアカウント:http://twitter.com/RubyGillis


年の終わりの最後の回が、敵幹部メインで、しかも完結していない。なんたることだ。

シャットさんには是非、復活してもらいたい。
トワ様の専用ED「どの過去も生きる力に」は、まさしく彼のためにあるような歌詞だと思うんですよ。
シャットさん視点ではトワイライト様に仕えた過去も、トワ様視点ではディスダーク時代の部下も、生きる力になるはず。いや、生きる力にして欲しい。。

【来年のプリキュアさん】

新しい娘さんたちが発表されました。おめでたい。これで落ち着いて年を越せます。

新人さんはとても愛らしいです。ありていに言えば、エロス。
例年「動けば可愛い」と評されることも多い新人さんですが、これは素直に可愛いです。
むしろ「ごく普通に可愛い」ので、若干特徴に欠けるんじゃないかと心配なくらい。
良くも悪くも、ゲストキャラ的な落ち着いた完成度を感じるというか…。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 5 )




【年末のくどまゆ】

例によって宣伝。

 「SUPER TEUCHI MIX!! HELLO 2016」
 日時:12月31日 17時30分/22時30分
 会場:TSUTAYA O-nest
 出演:うちやえゆか、榎本温子、樹元オリエ、五條真由美
 ゲスト:昼の部・千葉一伸/夜の部・工藤真由、前田 愛
 (工藤真由さん公式ブログ

 「工藤真由・池田 彩 ツーマンライブ "Sweet & Bitter 3rd Stage"」
 日/場所:12月28日(大阪)/30日(東京)
 出演:工藤真由、池田彩
 (池田彩さん公式サイト

いよいよ来週です。気が付けば今年ももう終わりか…。

■Go!プリンセスプリキュア 第45話「伝えたい想い!みなみの夢よ大海原へ!」

ノーブル学園でクリスマス会が開かれていたその頃、シャットさんは上司から罵倒されていました。
年の瀬のこの忙しい時期に、メイクがどうのとご注進してきたのです。
今のお国の状況を分かっているのでしょうか。これにはさすがのディスピア様も一言。

ディスピア様:
 「愚かな…」
 「なぜこうなってしまったのか。。」

本当に、もう溜息しか出てこない。
普通なら即処断されてもおかしくはない有様でしたが、それでも最後のチャンスが与えられました。
ディスピア様はつくづくお優しいですね…。望めばトワイライト様付きにしてあげ、その後行き場をなくした彼をクローズ付きにしてあげ…。
シャットさん、少しはこの期待に応えてあげられるのかしら。。

一方のノーブル学園。先日結論を出したはずの海藤さんは、やっぱり悶々としていました。
新しい夢のことを、ご両親に打ち明けられないでいたのです。
期待に応えられない…。私はなんて親不孝なのだろう…。
その責任感の強さを、もう少しシャットさんは見習って欲しい。

悩んで悩んで思い悩んだ末に、お兄様にも相談し、その勢いでご両親にもご報告。
いざ告白してみたら、ご両親はむしろ歓迎してくれました。
自分のやりたいことをやる。大いに結構結構。

…とシナリオ的にはさっくりと終わってしまいました。

「海の生き物を知りたい」がメインの理由なのだから、海藤グループに籍を置いてても叶えられる(「海に潜った時の浮遊感が好き」とかではない)。だから「夢は二者択一ではない」的な展開になるのかとも思ったのですが、そういった展開ではなかったみたい。

劇中のストーリーだけでいえば2話もかけてやるような中身でもない。これまでの展開を見る限り、親御さんが反対するわけがないのだから。
ですが多分、海藤さんの言う「海を知りたい」はそのまんまの意味ではないんだろうな。

シャットさんとのやり取りは、劇中の設定だけだとちょっと不自然です。
特に「海からは絶望もやってくる」の下り。海藤さんが海難事故や危険を理由にしり込みしていたのならともかく、そんなことはない。
そもそも彼女の新技からしてメイルシュトロームですしね。どちらかといえば海難事故を起こす側ですよ、積極的に。

おそらくここでいう「海」とは、「広い世界」とか「外の社会」といった、全般的なことを指してるのだろうと思う。
意味としては「子供の頃からの夢を一旦、白紙にして、外の世界を見に行きたい」と同義かと。
前話の先生とのやり取りや、彼女の専用EDの歌詞「この胸の答え知りたい」なども、その流れじゃないかしら。

その面でいえば、「夢を捨てる」というかなり特異な話だったように思えます。そして夢がテーマなら、非常に大事な要素だったとも思う。
子供の頃の夢をそのまんま貫くのが貴いかというと、そうでもないものな。
そもそも知識が少ないのだから、何をやりたいかなんてわからないし。

それを踏まえて。対峙するシャットさんに当てはめると、彼の夢は「トワイライト様に仕えること」。
この夢は潰えたけれど、全く予期せぬネコからの一言で広い世界を知った(海藤さんは潰えたわけではないから、対称ではないけれど)。
当初の夢から変わったシャットさんに対するディスピア様の冷たい反応は、海藤父母の暖かい歓迎との対比とも思えます。

その彼が次回、どう動くのか。シャットさんのストーリーにはずっと期待していたので、次回は本当に楽しみです。
今のところ、春野さんに対するクローズさん(自分に期待をかけてくれる存在にひたすら尽くす)や、天ノ川さんに尽くすロックさん(親越えを狙うあまり、本当に下剋上してしまった)はバッド展開なので、シャットさんもいささか心配はありますが…。


(左画像)キャラクタースリーブ GO!プリンセスプリキュア キュアマーメイド (EN-02)

(右画像)Go! プリンセスプリキュア後期主題歌シングル【CD+DVD盤】

Twitterアカウント:http://twitter.com/RubyGillis


【クリスマスの七瀬さん】

春野・海藤・天ノ川・トワ様の4人組による挿入歌。大変に素晴らしい。
そしてその輪から外れた七瀬さん。大変に侘しい。

視聴者的に「あの4人はプリキュアだから」。制作的にいは「4人で唄ってる歌だから」と理由はあるにはあるのですが…。
劇中の第三者からすれば、「いつも一緒にいる『5人』なのに、『4人』だけで唄ってる」としか見えません。
好意的に見れば「腹話術をやりたかったから外れた」でしょう。でも多分こう思われてますね。「まぁやっぱりあの4人とは違うよね」と。
春野さんは「お付きの人A」から脱しましたが、七瀬さんはいまだに「お付きの人B」の立ち位置で認識されていそう。。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )




【年末のくどまゆ】

例によって宣伝。

 「SUPER TEUCHI MIX!! HELLO 2016」
 日時:12月31日 17時30分/22時30分
 会場:TSUTAYA O-nest
 出演:うちやえゆか、榎本温子、樹元オリエ、五條真由美
 ゲスト:昼の部・千葉一伸/夜の部・工藤真由、前田 愛
 (工藤真由さん公式ブログ

 「工藤真由・池田 彩 ツーマンライブ "Sweet & Bitter 3rd Stage"」
 日/場所:12月28日(大阪)/30日(東京)
 出演:工藤真由、池田彩
 (池田彩さん公式サイト

行けないと分かっていても、どうにも行きたくて仕方ない…。

■Go!プリンセスプリキュア 第44話「湧き上がる想い!みなみの本当のキモチ!」

海藤さんは悩んでいました。来年から3年生。進路について諸々決めないといけません。
元々彼女の夢は、海藤グループを盛り立てていくこと。
だけど先日の出会いを通じ、海洋生物専門の獣医さんに憧れていたのです。

幼い頃からの夢。周囲からの期待。
それらを曲げて、別の夢を持ってもいいものなのか。
春野さんや天ノ川さんの突き抜けぶりを見ているだけに、海藤さんの心には悩みが生じます。

悩みに悩んで、何気なく進路の先生に聞いてみました。先生の小さい頃の夢は何でしたか?
答えは意外な物でした。アイドルに警察官に漫画家。見るからに教師然とした人だっただけに、聞いた海藤さんもびっくり。
でもそんなものなんです。夢なんて変わるものだ。根っこが歪んでいなければ、それはそれで良い事なんです。

悩みを深める海藤さん。
ですが、妙な絡み方をしてきた天ノ川さんにキレてみたり、空気読めずに「進路は地獄のみだ」とか言ってきたシャットさんにキレてみたり、惰弱さを見とがめたフローラさんにキレられたりする内に悟りました。
そうだ、やりたいことをやろう。私は海の生き物のことをもっと知りたい…!

一方その頃、ホープキングダムでは第三の城が輝きを取り戻していました。
目撃したカナタ王子も唖然。地上では今、何が起こっているんだ。。

夢に覚醒したマーメイドさんによりゼツボーグは駆逐され、さあ夢に向かって頑張ろう!
他の二人は前後編で悩んだりしましたけど、そこは上級生、ちゃんと1話で完結して見せました。めでたしめでたし。


(左画像)キャラクタースリーブ GO!プリンセスプリキュア キュアマーメイド (EN-02)

(右画像)Go! プリンセスプリキュア後期主題歌シングル【CD+DVD盤】

Twitterアカウント:http://twitter.com/RubyGillis


…となるかと思いきや。
まさかの後編に続く。この流れは新しい。

個人的な好みも交えての感想ですが、海藤さんのこの結論で万事解決…とは思えない。

そもそも彼女の悩みがよく分かりません。
あくまで「海の生き物のことを知りたい」なのですから、自分が最前線で海に潜る必要はないはずです。
「海に潜ることそのものが好き」ではないんですよね、彼女の動機は(「一人になれる静けさが好き」とか「水に浮かぶ浮遊感が好き」とかがメインではない)。

彼女の持って生まれた環境や、これまでの努力や能力の方向を考えると、「獣医や生物学や環境系の学問を修め、海藤グループをバックに関連会社や組織を設立、現場の人々を支援し情報を収集、研究する」方が向いています。向いているし、実戦的だし、よりよく「知る」ことができる。
北風さんのポリシーとして「縛られるのは嫌」があるので、専門会社を立ち上げてもお抱え獣医にはなってくれなさそうですが、彼女を手元に置きたいわけではないのですから特に問題はないでしょう。
海藤グループの呪縛から逃れたい…等も特にはないのですから、二者択一のように悩むことに違和感があります。

来週の展開としては、父母兄がそういった未来を指し示すとかかしら…?

コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )




【年末のくどまゆ】

例によって宣伝。

 「SUPER TEUCHI MIX!! HELLO 2016」
 日時:12月31日 17時30分/22時30分
 会場:TSUTAYA O-nest
 出演:うちやえゆか、榎本温子、樹元オリエ、五條真由美
 ゲスト:昼の部・千葉一伸/夜の部・工藤真由、前田 愛
 (工藤真由さん公式ブログ

 「工藤真由・池田 彩 ツーマンライブ "Sweet & Bitter 3rd Stage"」
 日/場所:12月28日(大阪)/30日(東京)
 出演:工藤真由、池田彩
 (池田彩さん公式サイト

先週のミュージカルに行ってきました。感想もその内書くつもり。

■Go!プリンセスプリキュア 第43話「一番星のきらら!夢きらめくステージへ!」

前回。モデルの仕事をぶっちぎった天ノ川さんは、業界を干されていました。
しかしそこで挫けないのが我らが天ノ川さん。周囲の心配をよそに、我の選択に悔いなしと前を向きます。
これからはプリキュア業に専念しよう。むしろこれで良かったのだ。

たかだか飛行機を1本乗り損なっただけで、どうしてショーに出られなかったのかは謎です。
普通に何便もあるでしょうし、リハやら準備やらを考えれば、多少の日程の余裕はあるはず。
まぁ現実に出られなかったのですから、何か理由はあるんでしょう。同じ飛行機の便にお偉いさんとか記者さんが同乗することになっていて、会談や取材を兼ねていたとか。それに遅刻してしまったので、別の便でも出演自体は間に合ったのだけど、先方の不興を買って拒否されたとか。

だけど捨てる神あれば拾う神あり。以前にお仕事した方から大きなチャンスを貰えました。
ところがそれでも天ノ川さんは拒否。あたしはプリキュアをやるの!中途半端はやだ!
嗚呼、完全にこじらせておられる…。

そこではるはるらは一計を講じました。みんなでお手製ファッションショーをやって、元気づけよう!
はるはるの人脈が火を吹いて、あちこち皆に声かけて、恐るべき行動力で形にしていきます。

そして迎えた当日。一体これをどうやって秘密裡に準備したのか。
豪華な舞台の幕が上がり、集まった皆々様が思い思いの衣装で晴れ舞台を練り歩きます。
テーマは「夢」。それぞれが描く将来の夢の姿に扮装して、皆でお互いを励まし合って歩いていく。

出演者の皆様は気づいていませんが。
これは結果的に、かつて夢を守ってもらった人たちが、守ってくれた天ノ川さんに、その守ってもらった己の夢を高らかに見せている。
守ってくれてありがとう。私たちはもう大丈夫。だから自分の夢のために先に進んでくれ。私たちも、すぐに行くから。

天ノ川さんはこの場にいる誰よりも、具体的に夢を叶える手段を突き進み、実際に結果も出した。
プリキュアとかモデルといった華やかな要素とは別に、「夢を叶える」という面で一歩先に進んでる。
ちょっと外れた例えをするなら、早々に進学や就職を決めた級友を、これから受験を控えた皆が祝福してる感じでしょうか。

仲間からのエールに応えない天ノ川さんではない。この計らいに彼女もステージに立ち、圧倒的オーラで盛り上げます。
そして天高く指さし、力強く宣言なさる。
あたしは一番星のきらら。上がるハードル、スポットライトに飛び込め!勇気試す今日は、きっと明日を変えるためにあるのだから!

これに呼応し、ホープキングダムのどこぞの城が輝きだしました。
たまたま通りかかったカナタ王子もびっくり。戦乱を生き延びていた馬もびっくり。
慌ててディスピア様が分身を送り込んできますが、天ノ川さんの壮絶なる肉弾戦の前にあえなく消滅。
はるかな昔に見たエターナルの雷竜ホシイナー以上の強敵に見えたのですが…、天ノ川さん、怖い。

そのまま止める間もなく、謎の城も復活。
恐るべき力により、異世界に居ながらにしてホープキングダムの領土奪還を成してしまいました。
若干ご都合主義のような気がしないでもない。でも、そもそも夢は自分一人で完結しているものでもない。
天ノ川さんの夢だって、母親の夢とリンクしていますし、今回のお話に出てきた皆々様の夢とも同様。
彼女の夢が輝くことで、夢の王国が力を取り戻すのは、自然な流れだったのかもしれない。問題があるとすれば、トワ様の立場が危うくなるくらいで。

煌びやかな復活を遂げた天ノ川さん、先日の話を具体的に進める決意をします。
海外で、お仕事をする。
必然的にプリキュア業は辞めることに。そのためには、目下の問題、ディスダークを滅亡させよう。期限は来年の春です。
ディスダークにとっては、女子中学生様の進路の都合で攻撃されるとは気の毒ですが、夢が天敵であることを思うと、極めて具体的な目標を掲げられてしまうのは恐怖だろうな。。


(左画像)キャラクタースリーブ Go!プリンセスプリキュア キュアトゥインクルB (EN-149)

(右画像)Go! プリンセスプリキュア後期主題歌シングル【CD+DVD盤】

Twitterアカウント:http://twitter.com/RubyGillis


専用EDの『上がるハードル』って歌詞は、とても彼女らしいと思う。
普通ならここは「幕が上がる」とかでしょうに、ハードルが上がってく。
その上がったハードルを、勇気をもって越えていくんだよな。なんて格好いい…。

【来週のプリキュアさん】

次回は海藤さん。ファッションショーでは司会を担当し、己の夢を提示するのは避けていらっしゃいました。
煌めく天ノ川さんの姿を見て、一瞬、顔を曇らせるとか、なかなか描写が細かいです。
正直なところ、彼女の悩みは悩みとして成立していない気はする。家業と海洋保護は矛盾しなかろう。

他の3人と比べると、専用EDもいまいち核心をついていません。
「この胸の答え知りたい」と言われましても。。
それだけに次回は気になる。どんな答えを用意しているのかしら。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 5 )


     

現在コメントは、お返事をできない状態のため、全て保留のままにさせていただいています。
コメントを貰えるのは嬉しいだけに、申し訳ないです。