穴にハマったアリスたち
生きていればきっと楽しいことがいっぱいあるさ!という信念の証明のためのページ
ぴちぴちピッチを大応援中。第三期をぜひ!




【今年のプリキュアさん】

春のオールスターズまであと2週間。
美翔さんの素人ダンスがどれくらい上手になったか、期待に胸が高まりますね。
そもそもカメラに映るかが不安ですが。

そして今回の話を見るに、天ノ川さんの活躍が気になるところ。
同じ楽屋に入れちゃダメな人ばかりで、舞台裏は凄いことになってそうです。レモネとかmktnとか、レモネとかレモネとか。
ああもうレモネと天ノ川さんが会話してるところを思い浮かべるだけで、一日を潰せそう。

■Go!プリンセスプリキュア 第04話「キラキラきららはキュアトゥインクル?」

玩具が見つかりません。
犬が落とした玩具は行方知れず。バンダイ様への謝罪の日々も、そろそろ限界です。
あくる日もその次の日も。探し続けますが、玩具が見つかりません。

これは誰かが食べてしまったに違いない。
一同がそう結論付けたところ。
ふと手に取った雑誌の表紙に、あら玩具が映ってるではないですか。

表紙の主は、我が校の誇り・天ノ川きららさん。
小学校の頃から有名なモデルさんだそうです。
この麗しい子、つい最近までランドセル背負ってたのか…。

存在そのものに犯罪の香りが漂いますが、何はともあれ玩具を返してもらいましょう。
というか、どう考えてもこの子、プリキュアです。
こんなに優秀な子ならプリキュアになれない方がおかしいです。プリキュアじゃなかったら敵幹部ですよ、絶対。

ところが天ノ川さんは優秀すぎた。尋常ならざる優秀さだった。
みんなの憧れ・生徒会長オーラで接近するものの、「忙しい」の一言で目すら合わせて貰えず。
春野さんの純真オーラで接近するも、頭をなでられて追いやられ。じゃあ、はるはるね。はるはる~。

そこで放課後を狙って再襲してみますが、天ノ川さんは街に出たとのこと。
やむを得ず、生徒会長とその他1名も街へ。
さりげなく街の様子が紹介されるのが良いですね。サンクルミエールとか、長らく謎の街だったし。

あてもなく街を放浪し、気が付けば単に生徒会長とデートしてるだけな空気も漂い始めた頃。
幸運にも天ノ川さんの撮影現場に遭遇できました。
ついでに敵さんにも遭遇しました。

当然ながら敵さんは天ノ川さんを襲います。
そりゃそうだ。どっからどう見ても三人目です。
本能が猛烈な勢いで警告音を発します。アレはヤバい。変身させちゃダメだ…!

突然の怪異に、天ノ川さんもぽかん。
そこに闖入するコスプレした二人組。再び天ノ川さん、ぽかん。
変なのが、また来た。

撮影の邪魔だな。
そんなことを思っている内に、コスプレ娘は怪物を撃退しました。
おー、すごいすごい。
ん?この玩具?あぁ楽屋に置いてあったんだ。
え、大事なものなの?じゃあ返すね。それじゃ、ごきげんよう。

こうして天ノ川さんは去っていきました。
玩具は戻ってきた。うん。
しかし何だろう、このモヤモヤした気持ち…。

あくる日。収まりつかぬ一同は、天ノ川さんのショーに行ってみることにしました。
天ノ川さんは超輝いています。恐ろしいまでに輝いています。
もうプリキュアとかどうでもいいんじゃないかな…。

何か生物としての決定的な差を感じながらも。
はるはるさんは差し入れもって、天ノ川さんのところに行ってみました。
はい!これ!ドーナッツ!

モデルさんにそんな高カロリーなものを…。
ところが天ノ川さんは大喜び。私、好物なんだー!
嗚呼この子、凄く良い子だ。

この1シーンで、ともすれば「高飛車な子」ととらえられかねなかった言動がすっきりしました。
聞けば教室ですげなかったのも、今日のこのショーを成功させるために集中していたからだとか。
そういえば、どこかのレモネも芸のために私生活を犠牲にしてましたね。同じことをやってるのに、この歴然とした差は一体…。

天ノ川さんへの好感度と、レモネへの哀憫度が上がる中。
再び敵さんが襲ってきました。
くどいようですが、どう見てもあの子は三人目なんです。襲わないわけにいかない。

たまたま居合わせたプリキュアさんも、もちろん出撃しますが。
なんかもう、びっくりするくらい影が薄いですね。
プリキュアって何なんだろう…。コスプレしてる滑稽な通行人にしか思えなくなってきた。。

ステージ上で暴れるゼツボーグに、天ノ川さんは怒髪天。
頑張ってきたショーなのに、なんてことを。
怒りに任せて立ちはだかり、謎の重機を操って翻弄し。
ヒットアンドアウェイで撤退しながら、横にいた謎生物に聞きます。
ちょっと!あいつを倒す武器ないの!

武器ならあります。なぜか貴女が首から下げてる玩具です。
それと先日返してもらった、この玩具を組み合わ…
説明を最後まで聞くこともなく。天ノ川さんは凛然と立ち向かう。



天ノ川さん:
 「天ノ川きららの夢は」
 「この星空みたいに」
 「キラキラ輝いているんだから!」

あ、これ、勝ったな。
かつてここまで化け物じみたプリキュア適性を発揮した娘さんがいただろうか。
玩具もぎんぎらと光を放ち、喜び勇んで変身へと導きます。嗚呼、惨劇の幕が、上がる。。



天ノ川さん:
 「煌めく星のプリンセス・キュアトゥインクル!」
 「冷たい檻に閉ざされた夢」
 「返していただきますわ」
 「お覚悟は、よろしくて?」

逃げるしかないじゃないですか、これ。この子おかしいですよ!
迫力だけで、愕然と膝が砕けるレベル。これが、新時代のプリキュア…!



後はただただ一方的でした。
変身しなくてもプリキュア然としてた子が、本当にプリキュアになったらこうなるのは目に見えてました。
味方のはずの謎生物も完全にビビってます。
え、えっと。必殺技の使い方はね、えっと…。
ああ大丈夫。前に見たから。

出来る子は違う。前に見た。だから使える。それだけのことなのです。
敵を粉砕した後の、夢の扉オープンもさくさくこなします。
うん、大体わかった。あらよっと。

何というか、ぺんぺん草一本残らぬほどの荒涼とした気持ちになりつつ。
とりあえず超絶優秀な新人さんが来てくれたのは良い事です。
この戦い、楽勝だな。謎生物が安堵し、はるはるも怯えながら握手を求めます。これから一緒にがんば…

天ノ川さん:
 「え?頑張らないよ?」

だって玩具持ってると、ああいうのがまた来るんでしょ?返すね。

こうして天ノ川さんは去っていきました
そ、そっか。モデルさん、忙しいもんね…。レモネとかmktnとかのせいで忘れてたよ。。
残されたのはコスプレしたモブ二人。プリキュアって、何なんだろうな…。


(左画像)キャラクタースリーブ GO!プリンセスプリキュア キュアトゥインクル(EN-003)

(右画像)キャラクタースリーブ 映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪ ふたりはプリキュア Splash Star (EN-035)

Twitterアカウント:http://twitter.com/RubyGillis


はるはると生徒会長は、いまだに「海藤さん」「春野さん」と呼び合う仲のようです。
この距離感を、今後も大切にしていこう。
天ノ川さんは、会長のことを何て呼ぶんだろう…?

【今年の黄】

天ノ川さんは良い子なので、他の芸能プリキュアさんに会っても、見下したりはしないと思う。
その代わりに、極めて悪気なく、多分こう言う。

天ノ川さん:
 「芸能活動とプリキュアを両立するなんて、すごーい」
 「秘訣教えてよ。スケジュール帳、見ていい?」

これを聞かされた時の、レモネとmktnの反応やいかに。

ちなみに大人気アイドルのまこぴーは、そもそも王女様を探すためにアイドルを始めただけなので、あまり気にしないと思う。
というか、ある意味、余芸でのし上がったのだから、天ノ川さん以上にとんでもない。
(元々トランプ王国でアイドルじみた立場だったので、適性はあったんでしょうけど)

ついでにビートさんもメイジャーランドの著名な歌姫。
音楽人口が異常なあの国で、ハミィに次ぐ地位にいたのだから結構なエリートさん。

【今年のモブキュア】



この学園はモブのレベルが高すぎる。
もう一組、二組くらい別働プリキュアがいてもおかしくない。

【今週の黄】



雑誌インタビューから引用。

『今楽しいことはきっと明日も楽しい!
 貫き通す、私のスタイル!!

 10代支持率急上昇中の天ノ川きららちゃん。
 編集部ではそんなきららちゃんに独占インタビ
 ューをしちゃったよ。さあ、今最注目のティーン
 モデルの素顔に迫る。

 ―学校生活はどんな感じ?
 きらら「ん~~~~~?普通かな?ちょっと
 校則とか厳しいかもだけど、私はなんとかや
 ってるよ。制服もカワイイけどちょっとアレン
 ジするみたいな。あ、指定のジャージは正直
 ダサいなぁ(笑)。でも、仕事も多いからあん
 まり今までと変わらない部分も多いんだ。」

 ―最近のファッションをどう思う
 きらら「最近ノームコアって言葉あるじゃない
 ですか?確かに安くてかわいくてベーシックな
 服がたくさん出てきたのはすごく便利だと思う
 の。でも、みんなが同じ格好しちゃったら、もう
 オシャレする意味ないよね。服装ってその人
 の人柄が出るし、逆に性格とは真逆の格好
 してる人もいる。これってすごく面白いと思う
 んだ。だから私は私のスタイルを貫きとおした
 いし新しい価値観も受け入れたい。
 だってオシャレって冒険みたいなものでしょ?」

 ―思い描く将来の夢は?
 きらら「やっぱりモデルとしてやっていきたい。
 パリのファッションショーなんか出られたらステ
 キだろうな。これから何が起きて、どんなことに
 興味が湧くかわからないけど、私このモデル
 やってるときが一番楽しい。楽しいって思え
 ることが仕事にできるって最高じゃない!!!
 だから、私はトップレベルのモデルを目指す。
 昨日楽しくて、今日も楽しかったら明日はもっと
 楽しいに決まってるわ!」
 
 ブラウス(ミルキーファーム)
 \3980/ミルキーファーム
 夢ヶ浜、パンツ(Fairy Dro
 p)\6990/Fairy Drop、
 その他本人私物』
 
丁寧な内容です。特に異常なことも書いてない。
細かいところまでちゃんとしてて、愛を感じます。

着用しているのは来海さんブランドのFairy Drop。
もう一つのミルキーファームさんも気になります。
「夢ヶ浜」ってことは、思いっきり地元ですね。その内、出てくるのかしら。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 9 )




【来週のプリキュアさん】



なんでしょうか。この破滅的な可愛らしさは。
尋常ならざる勢いで、楽しげに変身なさるのが大変に良い。しかもスターアイズミラー搭載ですよ!
こういう華が、ここのところ足りてなかったと思うんですよ。
どうして今週出さなかったのかしら。犬が玩具なくしたせいか。今畜生。

■Go!プリンセスプリキュア 第03話「もうさよなら?パフを飼ってはいけません!」

犬が支給された玩具をなくしました。
取り急ぎ始末書は提出しましたが、バンダイ様からの通達は冷酷そのものでした。
この寮ではペットを飼ってはいけません。即刻しかるべき機関に引き渡すように。

この決定に、春野さんは声を張り上げました。
ま、待って。ほら中学校なら飼育委員とかあるでしょ!?だから飼ってもいいんじゃない!?
この懸命の直訴がなかったら、これが犬を見た最後の回になるところでした。

ノーブル学園は自主性を重んじる学園。
必要に応じて、学生自らルールを改定・追加して良いそうです。
この方針は良いですね。
ルールを破ったり誤魔化すのではなく、ただただ黙って諦めるのでもなく、己の望む形に変える。
「夢を叶える」というテーマはほんわかしてると思ってましたけど、随分と現実的に扱ってきた。

規則改定の条件は、全会一致。かなりきついです。
そこで春野さんがとった戦略は、皆に犬と遊んでもらい、情と体験を共有すること。
正しいです。恐ろしく正しいです。

しかし風紀委員の如月さんは断固反対。
理由を聞くと、犬が苦手だそうです。まぁ獣ですからね。
実際問題として体質的に厳しい人もいますから、「犬、可愛い」の一点張りでは難しいものがあります。

まぁその場合も、居住空間を分けるとか、臭い対策や汚れ対策を徹底するとか、手はあります。
これだけ広大な学園ですから、普通に動物も住んでるでしょうし。
出来ない理由を挙げて諦めることを考えるのではなく、その出来ない理由をいかに潰すかを考える方が大事。

…と、なるかと思いきや。
たまたま襲ってきたゼツボーグとの乱戦の最中、巻き込まれた如月さんを庇って犬が吠える。
健気な忠犬アピールで懐柔にかかりました。上手くいった後の、犬の表情がなんとも。。

やり方に穢れを感じますが、よくよく考えれば「居住空間を分ける」とかの対策は、犬自身の頑張りは無関係ですから、展開として良くなかったのかも。
前半の「可愛い」推しにしろ、後半の「敵に立ち向かう」にしろ、犬自身が頑張って居場所を確保しています。真に頑張るべきは春野さんではなく犬ですから、これで良いのか。
夢は叶えられるんです。ルールだって変えられる!

こうして犬はクビの危機を乗り切りました。これで屋根の下で今日も眠れる。
しかし玩具は見つかりません。
いずれにせよ早く見つけないと、追放される日も遠くない。


(左画像)GO!プリンセスプリキュア ラバーストラップ BOX

(右画像)Go! プリンセスプリキュア キューティーフィギュア 3個入 BOX (食玩・ガム)

Twitterアカウント:http://twitter.com/RubyGillis


【今週の犬】

今日のメルマガ当番は春野さんでした。

【引用】
 みんなはペットを飼ってたりする?
 ノーブル学園の寮では動物を飼うことが出来ないんだけど、パフが見つかっちゃって大騒ぎになっちゃったの。

 いつかわたしがプリンセスになったときは、可愛いイヌとか、ネコとかを思いっきり飼ってみたいな~♪

 ところでパフって、イヌでもネコでもないんだよ。
 この前はタヌキかと思ったんだけど…
 パフはパフだから気をつけてね
【引用終】

『パフはパフだから気をつけてね』。

これだけ犬として話を進めておいて「犬じゃないよ。パフはパフだよ」ですか。
またバンダイ様に怒られたんですね。
そうか、お前は犬だったんだな。じゃあ給料は不要だな。

【今年の敵】

二人目の幹部登場。
仲良しというわけではないけれど、業務上の連携はちゃんとやります、な雰囲気の二人が良い感じ。
全くバラバラにゼツボーグ出したのに、流れに従ってそのまま共闘するのは新鮮だなぁ。

【今年の東西】



東さんと西峰さん。スイートの東西ペアを思い出します。
今回の二人は見るからにモブっぽいですけど、「東西」の名はミスリード役として定着するんですかね。
(元祖・東さんはしっかりとプリキュアになってますけれど)

【今年の上下】



春野さん:
 「海藤さん!」
 「海藤さんの言っていた通り」
 「大変だけど楽しいです!」

まだ「名字+さん」呼びなのね!喜ばしい!
こういう距離感は大事なんですよ。
古き良き「美墨さん」「雪城さん」の文化ですよ!

デレるとすぐに名前呼びを許す子が多い昨今、ぜひ最後まで余所余所しく行って欲しいです。
最終決戦でも「海藤さん!天ノ川さん!あたしたちは絶対に諦めない!」とか叫んでたりしたら、きゅんきゅんしますね。
嗚呼このままオールスターズと合流したら、「美翔さん」とか「春日野さん」なんてのも聞けるのかしら。聞けるのかしら!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 11 )




【今年の青】



今日のメルマガのご担当は、颯爽登場のマーメイドさんでした。

[引用]
 まったくとんでもないことになったものね。
 わたしがプリキュアになって敵とたたかうことになるなんて!
 でもホープキングダムの人々のためにも頑張らないと!
 すごくやりがいがありそうね☆
[引用終]

端々から無理してる感が伝わってきますね。メールに不慣れなんでしょうか。
キャラ付けで迷走してる気配がします。

褒めるとすると、ちゃんと「プリキュアになって」と書かれているところ。
先週の春野さんなんて「プリンセス」とか「プリンセスプリキュア」と連呼し、「プリキュア」と呼ぶことを拒否されてました。頑なに。
何かプリキュアに恨みでもあるんですかね、あの子…。

■Go!プリンセスプリキュア 第02話「学園のプリンセス!登場キュアマーメイド!」

プリンセスにおなりあそばされた春野さんは、優雅にたおやかに。
ドレスについた埃をひらりと払うと、謎生物から状況を聞きます。
さあお話になって。このプリンセスに。

下々の獣は恭しく答えます。
まず、あなたはプリンセスではない。プリンセスプリキュアです。
たかが伝説のプリキュアになった程度で浮かれないように。

今や「プリキュア」の称号はデメリットにすらなる時代。
「プリンセスプリキュア」は「プリンセス」の下位互換なんです。
嗚呼「プリキュア」が「準お世話役見習い」的意味で使われている…。

ではどうすれば「プリキュア」の文言が取れ、「プリンセス」になれるのでしょうか。
謎生物が言うには「強く優しく美しく」だそうです。
殴って憐れんでコスプレすればよいのですね。それならプリキュアでも出来そう!

夢への道筋が見えた春野さんは、お目目をキラキラさせながら前を見据えます。
あ、そうだ。お友達の七瀬さんに夢を教えてなかった。あのね!あたしプリンセスになるの!
起き抜けの七瀬さんもきょとん。あ、うん。そう、頑張ってね…。

目標は定まりました。ではどのように実現するか。
ぶっちゃけ「優しく」とか「美しく」とか良く分かりません。
そこでまず「強さ」を求め、トレーニングに励むことにしました。
賢いです。脳筋なのに賢いです。
独力で目標目指して努力し始めたプリキュアって、地味に新鮮で喜ばしい。

ところが熱心に運動しすぎたせいで、入学式を遅刻してしまいました。
春野さんのSSリスペクトは続きます。遅刻は日向さんのステータス。
そして怒られました。日向さんとは違うのです。

しょげ返る春野さんですが、間に入って叱ってくれた生徒会長さんにうっとり。
この学園の生徒会長さんは、成績優秀・容姿端麗・運動抜群で青くて完璧なんです。
ああほら見て、あの素敵なバレエを。あれこそまさにプリンセス。あれこそまさに「美しさ」。

そこで春野さん。勇気を振り絞ってお願いしてみました。
わ、わたくしめにどうかバレエをご教示いただけないでございますでしょうか!?
この距離感を今後1年大事にして欲しい。

断られて当然かと思いきや、会長さんは快諾してくれました。
しかも丁寧に基礎から教えてくれます。
どこかの大貝中学生徒会長様とは違うのです。

春野さんもせっせと練習に励みます。
一日で諦めるプリキュアさんもいる中、ちゃんと続くのは偉いですね。
この様子に生徒会長さんも優しげに見守ります。
ただ見守るだけでなく、無茶な事やり始めたら止めもする。
優秀だ。物凄く優秀な生徒会長様だ。

そんな折。学園に再び敵がやってきました。
もはや我々に夢見ることは許されない。
迂闊に夢を抱くと悪夢テロされる時代が始まった。

現れたる怪異に学園はパニックに。しかし生徒会長様は動じません。
みんな避難を。日頃の訓練を見せるときよ!
危機管理能力が高すぎて、この人どんな人生を送ってきたのかと不安になるレベル。

もちろん春野さんも黙っていません。
よし殴るぞ!そして強さを証明し、目指せプリンセス!目指せ脱プリキュア!
「強さ」ステータスをMAXにしてしまうと、永久にプリキュアのままな気もしますが。

血気盛んに玩具を取り出す春野さん。しかしその姿を生徒会長に目撃されてしまいました。
まぁ春野さんを責めるのは酷か。
会長の気配の消し方、半端ないもの。



この至近距離でも気づかれない。何者なのこの人。

春野さん:
 「冷たい檻に閉ざされた夢」
 「返していただきますわ」
 「お覚悟は、よろしくて?」

決め台詞もばっちりで殴りかかる自称・プリンセス。
そのまま押し切れるかと思いきや、先ほどバレエで足を痛めたのが響き、ほどなく劣勢に。
やっぱり素直に「強さ」だけを追い求めてれば良かったんだ。色気出して「美しさ」とかに走るからこんなことに…。

と、そこに。横から生徒会長が乱入し、そのまま参戦してくれました。生身で。
生身なのに、横でコスプレしてる春野さんより威圧感があります。
このまんま普通に殴り倒しそうな勢い。

そしてそんな優秀な子がプリキュアになれないはずもなく。
極めて当たり前に変身アイテムが発動しました。
ど、どうして変身キーを持ってるの!?
先日、海で拾ったのよ。
出来る人間は何をやっても頭一つ違うのです。



海藤さん:
 「冷たい檻に閉ざされた夢」
 「返していただきますわ」
 「お覚悟は、よろしくて?」

決め台詞もさらりと。
さっき見た。一度聞いた。だから覚えた。
ただそれだけのことなのです。

…変身と決め台詞がセットものだと思ってるのだとしたら可愛いな。
(決め台詞を言わないと変身完了しないのでは?と警戒してるとかで)

新生青のお名前は「キュアマーメイド」。
七つの海を総べる覇者の名を関する偉大なるプリキュアです。
髪の毛が尾びれ風なのが実に良い。お魚さんは正義。

 

人魚さんは恐るべき戦闘力でゼツボーグに襲い掛かります。
海に引きずり込んで嬲るとか、マリンさんやアクアさんですらやらなかった水中戦適応力を発揮。
ここまで見事だと砂漠とかに連れて行ってみたいですね。ぴちぴちするのかしら。ぴちぴち。ぴちぴち!

あまりに圧倒的な戦闘力に、春野さんも謎生物を抱っこして見守るばかり。
もちろん謎生物は大喜び。これは物凄い当たりを引いたぞ!この戦争、勝てる!
戦いが終わると嬉々として駆け寄って事情の説明を始めます。あ、春野さん?まだ居たの?帰っていいよ、もう。

これで残るプリンセスプリキュアはあと1人。
意気揚々と気勢を上げますが、ふと懐を見ると。
あら残りの1個の変身玩具がありません。


 ↓


落としていますね。明らかに。

支給玩具の紛失。大失態をした謎生物の運命やいかに。
なお次回は待望の3人目登場回と見せかけて、謎生物が寮から追い出される話のようです。
バンダイ様の対応は迅速かつ冷酷ですね。玩具をなくした?クビだ。


(左画像)キャラクタースリーブ GO!プリンセスプリキュア キュアマーメイド (EN-02)

(右画像)Go! プリンセスプリキュア キューティーフィギュア 3個入 BOX (食玩・ガム)

Twitterアカウント:http://twitter.com/RubyGillis


ていうか女子校じゃなかったんですね。騙された!!

【今週の春】

生徒会長を羨望の目で見つめるモブ娘たち。
「バレエを習いたい」「でもそんなこと言えないよ」。

そこに現れた春野さん、しどろもどろになりながらもご自分の希望を伝えられました。
「あたしにバレエを教えて欲しい」。

結果はどうか。
長く一緒にいたはずのモブはモブのままで、春野さんは一歩先に進みました。
本作のテーマとして「夢は恥ずかしいことではない」があるように見えますが、その一端を見せたシーンのように思います。

【今年の青】

美翔さん以来となる動物由来のプリキュアです。
ついに美翔さんの一人ぼっち記録が破られた!
「マーメイド」を「動物」と呼ぶことにはかなりの違和感はありますけれど。
魚は魚だ。動物じゃない。

前情報的にはあんまり興味ない子だったけれど、今週の活躍は素晴らしいです。
しかもこの貫録で中学二年生様ですよ!美翔さんと同い年ですよ!
年齢設定を1学年下げただけで、こんなにも魅惑レベルが上がるなんて…。

【今年の黄】

次回変身かと思いきや、トゥインクルさんは温存のようで。
思えば「ハピネス」さんにはこういうのがなかったんだよな。
「プリキュアが当たり前にいる」設定だったこともあり、「物語や体制が作られていく初期のどきどき感」は薄かった気がする。

【今年のオールスターズ】

春の映画はダンス映画。
今日の放送回で春野さんがダンス訓練していましたけど、初期プリキュア組からしたら嫌味もいいところですね。
ふん、どうせオーディションに「ダンス必須」の項目があったくせに。
本当はバリバリ踊れるくせに、あんな苦労アピールなんてしちゃって。
美翔さんなんて、ド素人丸出しの猫背ダンスですよ。胸を張ることすらろくに出来ないってのに。



さてこの集合絵、美翔さんはどこにいるのでしょう?
放送中の短期間では見つけ出せませんでした。
後に静止して探したところ、見事に端っこですね。今にも落ちそうです。
相棒の日向さんと縦並びなところも、「後から強引に詰めました」感が出ていて良いです。
隣りにいる水無月先輩との気まずい空気がなんとも言えないですね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 13 )




【今年のプリキュアさん】



新しい年が始まりました。12年目となる今回、選ばれたキーワードは「プリンセス」。

歴代プリキュアの王族としてはルミナスさん、ミューズさん、プリンセスさん。
フィーリア王女やココナツ王子など、関係者に王族がいるプリキュアも多数。
全く縁がないのは、フレッシュやハートキャッチ組くらいでしょうか。

[追記]
 ご指摘貰いました。救国の英雄・タルトはんは王子様だった!
 ということは王族と無関係なのはハートキャッチさんだけですか。

そう思うと「プリンセスになる」という目標は、随分と低くも感じます。
もっとも春野さんの言う「プリンセス」とは、単なる職業的ステータスのことではないのでしょう。
タコ焼き焼いてる王女様なんて、王女様じゃないんですよ!(インドネシア王女に謝ろう)

「プリンセス」とは何を指すのか?はどこかで明らかになりそうな気はする。

■Go!プリンセスプリキュア 第01話「私がプリンセス?キュアフローラ誕生!!」

春野はるかさん13歳は、ノーブル学園にやってきました。
「13歳中学1年生」ということは転入生なのかしらとも思うのですが、いまいちはっきり言及されてなかったような?
まぁ公式サイトには一言も「第1話時点で」とは書いていないしな…。

ノーブル学園は全寮制。しかも麗しの相部屋二人部屋です。
気になる同室者のお名前は七瀬さん。
ちなみに春野さんの番号は「107-A」で、七瀬さんは「107-B」。
こういうのは名簿順で決まりそうなので、「春野」と「七瀬」が並びなのは納得なんですが、なんで「春野」さんの方が番号早いんだろう。
実はアイウエオ順ではなく、「HARUNO」と「NANASE」のアルファベット順なのかしら。

七瀬さんは三つ編み眼鏡の穏やかな方です。みゅうみゅう言いながら三つ編みを引っ張ろう。
4人目として期待は高まりますが、フェイク要員な気もする。OPに出てる黒姫の中の人とか言われそうな気もする。
コスプレして殴りかかったりはしなさそうなタイプですが、それがまた胡散臭い。

学園内を案内してもらいながら、春野さんの夢は膨らみます。
彼女の夢はプリンセスになること。
その一心で選んだと思われるこの学園、確かに実に優雅です。ごきげよう。ごきげんよう!

一方、七瀬さんの夢は絵本を作ること。とても素晴らしい良い夢ですね。
では春野さんの夢は?
問われて彼女は黙り込む。え、えっと、プリンセ…あ、タヌキ!

急に惑乱して逃げ出した春野さん、茂みにうずくまって悶絶なさる。
プリンセスになるなんて、恥ずかしくて言えたものではありません。
いわば羞恥心のある星空さんですね。生きるのが辛そうだ…。

ところが駆けこんだ茂みの奥で、本当に謎の生き物を発見しました。
鳥と犬です。兄弟だそうです。進化論!?
悲鳴を上げる春野さんの前に、今度は人相の悪い男が一人。

女子校に侵入してる時点で即・通報ものですが、この不審者は春野さんには目も向けず。
謎の生き物にばかり興味津々で、謎の何かをよこせと迫ります。失礼な。
更には騒ぎを聞きつけてやってきた七瀬さんに対して舌なめずり。失礼な。



敵:
 「ちょうどいい」
 「てめえの夢を、見せるんだ」
 「その夢、絶望の檻に閉じ込めてやる」

やばい。個人情報を大公開するタイプの敵だ。

「恥ずかしい」というのも勿論ですが。
これ、もしかして。自分の目の前に現れたら、スルーされるんじゃ?
夢がトリガーなら、夢がないならゼツボーグ生み出せないですよね?

個人的に最も会いたくないプリキュアは夢原さん。
こちらをちらりと見た後、「会話する価値なし」と判断してスルーされたりしたら心が折れます。
似たことがこの敵にも言える。
こちらをちらりと見た後、「素体にもならんな」とスルーされたりしたら…。
敵からもプリキュアからも無視されるこの哀しみ。

幸いにして(?)七瀬さんは夢いっぱいの女の子。
無事に審査を通過して、ゼツボーグにおなりあそばされました。
夢は錠前に閉じ込められ、希望を断たれた未来は絶望に染まる。

突如現れた怪物に、春野さんは謎生物と共に大逃亡。
しかして逃げ切れるものでもなく、たやすく追いつかれます。
が、そこに転がり出る玩具。謎生物から鍵穴つき香水が。春野さんからは鍵が。

遥か昔のその昔。
「プリンセスになりたい」と公言する春野さん幼女態は、謎の王子もどきから鍵の玩具を貰いました。
その玩具を胸に、雨の日も風の日も、夢を心に抱いて耐えて来たのですが…。

敵さん:
 「さてはてめえも夢を持ってるな」
 「言ってみな。笑ってやるから」

今の時代。夢を口にする方が恥ずかしいのかもしれない。
確かに春野さんの夢「プリンセス」はかなり時代錯誤ですし。
でもだけど。夢はとっても素敵なものなんです。どこかの誰かに笑われる筋合いはない。

春野さん:
 「あたしの夢は」
 「プリンセスになること!」

鍵と鍵穴。揃った符号に謎生物も叫ぶ。鍵を開けて変身しろと。
正直言って、なんだか良く分からない鍵穴なんて開けたくはないですが、そうも言ってられません。
気合い一発、春野さんは玩具を構えるとキーを全開。そして盛大にお叫びになる!



春野さん:
 「冷たい檻に閉ざされた夢」
 「返していただきますわ」
 「お覚悟は、よろしくて?」

変身は凛々しく逞しく。
降り立ったその瞬間こそ慌てふためいたものの、すぐに春野さんは立て直し、エレガントに応戦なさります。
それはそれはモリモリ動く。あの衣装でなんであんな動きをするのかと思うほどに動く。
今こそ幼少時より訓練してきたお姫様スキルを見せるとき。
決め台詞もばちりと格好良く。突き出した拳もぎゅっと握りこみ。今、血みどろの舞踏会が幕を開ける。

最近の新人さんにしては珍しく。きっちり初回で息の根を止めて見せました。
これで一件落着かと思いきや、捕らわれの七瀬さんは解放されていません。
どうやら、わざわざ鍵を開けてあげないといけないらしい。
なんてことだ。相打ちでは犠牲者を救えないのか。
敵を撃退しても起き上がる体力が残っていないと、悲愴なことになりますね。
まだだ…動け、体。あの子の鍵を開けな…い…と。。嗚呼、血と泥水にまみれながら仰ぎ見る、あの錠前の遠い事よ。

何にせよ。敵は撃退し、友も救いました。
後は鍵を返してそれで終わり…のはずですが。。
残念なことに、ここから春野さんの長い1年が始まるのです。


(左画像)キャラクタースリーブ GO!プリンセスプリキュア キュアフローラ (EN-01)

(右画像)Go! プリンセスプリキュア キューティーフィギュア 3個入 BOX (食玩・ガム)

Twitterアカウント:http://twitter.com/RubyGillis


変身キーは「子供の頃の夢」。
「ハピネス」さんで言うところの「イノセントな想い」ですね。
「子供の頃にばらまかれていた」ことには、「ドキドキ」から続く「配られた宝石」ワードも感じます。

初回からいきなり異次元空間創出したり、二段変身したりとパワー全開なのも、イノセントフォーム相当だと思えば辻褄はあう。
もうプリキュアなんて当たり前だし、それだけじゃ無力なんですよ。
そこから更に子供の思い出と大人の現実を胸に立ち上がったハピネス流の後継者。フローラさんはプリキュアを越えたプリキュアなんです。多分。

【今年の花】

颯爽登場、新しいプリキュアさん。



なんでしょうか。その縁起の悪いポーズは。
海辺。新しい学び舎。車。
そして窓を開けて外を見る。



本当に、縁起が悪い。

タヌキを探してどっか行くとかも含めて、何か美翔さんに騙されてるんでしょうか。
あのプリキュアが一番プリンセスっぽい!とかで。
黙って立ってる分には綺麗ですが、ただの猫背ですよ、あの鳥は。

【今年の黄】



麗しの黄色。
EDの3Dモデル等も、頭一つ抜けて完成度が高く見えます。
こんなハイスペックなレモネは見たことがない。

【今年のOPED】



実に優雅ですね。ここまで徹底されると痛快ですらある。
いわゆるアイドルものの後追いかと心配もありましたが杞憂でした。
もはやヤケクソともいえる。これで1年戦う決断をした上層部は偉い。

【今年のプリキュアさん】

例年、序盤に感じる違和感がそのままテーマと直結しているのが「プリキュア」シリーズ。
「ハピネス」でいえば「ヒーローらしからぬ弱いプリキュア」。
「ドキドキ」でいえば「超人的すぎて人間味を感じない主人公」。

今年はあんまり違和感的なものはなかったような、あったような。
気になるところでいえば「春野さんが夢を隠した」でしょうか。
いつもの主人公なら大喜びで夢を語り、ドン引きされるところなのに。

今のご時世、「夢を語ることが恥ずかしい」の風潮も。
敵さんの出現を待つことなく、自ら錠前をつけてしまう。
「ゼツボーグにならない人たちが出てくる(既に夢を閉じているから)かもしれない」、というのはちょっと怖い。

もうひとつ。春野さんの変身後の感想は「プリンセスになっちゃった」。
もはやプリキュアなんて眼中にありません。
プリキュアとは生き様のことであり、変身しただけで何かが達成されるものではないのです。
「プリキュアなんて当たり前」のハピネスさんから続く新時代は厳しいのです。お覚悟はよろしくて?

【2006年のプリキュアさん】

プリンセスと言えば以前「ふしぎ星のふたご姫」なるアニメがありました。(もう10年前か!)
結果的に「プリキュア」さんの方が上を行ったからか、長期シリーズ化はしませんでしたが、それでも奮闘なされてたと思う。
ファインお嬢さん超かわいい。こじまめも超かわいい。
確かプリンセスパーティとかのイベントもやってたんですよね。
春野さんも、そういう方向の参加型イベントをやったりするのかしら。

また、同時期に放送されてた「おねがいマイメロディ」も想起した。
キーワードは夢。決め台詞は「開け!夢の扉」。
「迂闊に夢を持つと、謎生物により悪夢テロされる」という世界観は、今作のプリキュアさんに通じるものがあるかもしれない。
「マイメロ」では民間人主導による「夢を持つな」とかの狂った対抗策も打ち出されてましたが、春野さんはどうするのか。
さしあたり「ゼツボーグの存在に民間人も気づくのか?」で今後の展開が変わりそう。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 12 )


     

現在コメントは、お返事をできない状態のため、全て保留のままにさせていただいています。
コメントを貰えるのは嬉しいだけに、申し訳ないです。