穴にハマったアリスたち
生きていればきっと楽しいことがいっぱいあるさ!という信念の証明のためのページ
ぴちぴちピッチを大応援中。第三期をぜひ!




「こじまめを探せ!」企画、絶賛開催中。

・ナイトウィザード The ANIMATION 第5話「孤島 ~二人の魔剣使い~」

冒頭のおにぎり娘で思わずお手つきしそうになりました。
危ない、この娘はこじまめじゃない。
もうメインレギュラー以外が出るたびにハラハラドキドキ。

アンゼ姐さん:
 「これからする私のお願いに『はい』か『Yes』でお答えくださ~い♪」

そして今日もやっぱり姐さんは可愛かった。
そんな姐さんに命ぜられるまま、向かった先は地図にない島。
姐さんの昔馴染みの小父さんと、彼の持つ宝玉の回収が目的です。姐さん何歳だ。

小父さんにはすぐに出会えたものの、説得はあっさり失敗。
実力行使も同じく失敗。
この交渉能力皆無の面々に、説得ミッションを任せるアンゼ姐さんの神経を疑う。

【新CM】
 ひたすら三下としてコキ使われるエリスお嬢さんに惚れる。
 こ、こじまめ。ここに適役があったのにぃ…。
 まあいつもの面子を差し置いてメインヒロインなんて無理ですよね。。

CM明け。

エリスさん:
 「私ってみんなのお荷物ですから」

良く分かってる。お嬢さんは自覚症状を持てる偉い子。
そんな健気っぽい娘さんの色仕掛けの結果、小父さんも少し心を開いてくれました。
大昔、宝玉を手に入れるために仲間を失った彼は、世界を守るためには犠牲を厭わない姐さんのやり方に疑問を抱いていたのです。

小父さん:
 「本当に許せなかったのは仲間一人守れなかった私自身なのかもしれない」

そんな折、ベル姉さんの差し向けた謎魔物が襲来。
応戦する柊くん。世界を守る!そしてエリスも守る!
どちらか一方ではなく両方守ると言い切る彼の姿を見て、小父さんも宝玉を渡す気になってくれました。めでたし。

なお、格好良いことを叫ぶ柊くんのその横で。

 

エリスさん、相も変わらず自分だけをがっちりガード。
戦略としては決して間違ってはいないのですけどね…。
小父さんの視線が柊くんの方を向いてて本当に良かった。お嬢さんに注力してたら宝玉貰えないとこでした。


(左画像)
ナイトウィザード ヴァリアブルウィッチ 1巻 (マジキューコミックス)


(右画像)
ナイトウィザード (ログイン・テーブルトークRPGシリーズ)
ナイトウィザード The ANIMATION 柊蓮司と宝玉の少女 上巻


アンゼ姐さん、小父さんの説得に若い娘ばかり派遣してるのは彼女なりの配慮ですか。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 17 )




(半年前に書いたスプラッシュスター記事)
あとよくよく見れば、劇場版ED「ガンバランス de ダンス 日向 & 美翔 ver」がこの2枚には未収録。
何かと思えば、「ふたりはプリキュアSplashStar ボーカルベスト!!」(4月25日発売)にボーナストラック扱いで入ってる模様。
あからさまにそれで釣ってやがる。つうかまだ新商品のラインナップを隠し持ってやがったか。。

美翔さん:
 「ね?今度こそ発売日に買ってくれるよね?」

嫌です。また半年後くらいに買おう。…こらっ!クリスタルコミューンを投げない!
半年たったので買いました。

 

私は約束を守る男なのです。
でもおかしいな。せっかく買ってあげたのに、美翔さんが憎しみに満ちた目でにらんでる気がする。
興奮してしまうからそういうの止めてください。

・ふたりはプリキュアSplashStar 第5話 「健太どうする!?咲と素敵なお兄さん!」
・ふたりはプリキュアSplashStar 第6話 「やっぱ最高!イケてるお父さん!!」
・ふたりはプリキュアSplashStar 第7話 「超マジ!怒りのカレハーン!」

第2回「SUPER☆TEUCHI☆LIVE」までに全話見直そう!

というわけで区切りよくカレッチ退場まで。

改めて見ると思うのですが、テーマ的には自然や「全てのものに命は…」を扱うはずだったのに、初っ端でやってるのが家族話の連打、というのも妙な気が。キャラ紹介も兼ねてたのかなぁ。
でもまぁ、そもそも自然と触れ合うことがメインのイベントって、星を見たりキャベツ畑で戯れるくらいしかなかった気もする。プリキュアさん、泳がないしね!

一番手がカレハーン殿だったのも微妙に残念感。
スタンダードだから導入編に使われたんでしょうけれど、スタンダードなので「SS」らしさが伝わりにくいんですよね。
「木を操る」というのも地味だし発展性ないし。おかげでセミや古本操る羽目に陥ってるし。
(しかも、私的には「大空の樹」「ゴーヤーン」もあって「今度の敵は全部『木』の関係者」と思い込んでた。最初の段階で「敵が五行」と分かってた人、いるんでしょうか)

もし最初に襲ってきたのが、インパクトの強いキントレさんかモエルンバだったら、イメージも違った気がするのです。
まぁキントレスキーが最序盤に襲って来てたら話が終わってますけどね。
特に接近戦しかない花キュアさんが惨たらしいことに…。

いやカレハーン自体は好きなのだけれど。
フィフスエレメントで唯一、突っ込みの出来る男。復活カレハーンも迫力あった。
だけど能力が地味なんだよなぁ。どうせなら、もうちょっと気合入れて花キュアさんを操れば良かったのに。セミよりは眷属に近しいでしょ。

…あれ?さっきから日向さんが酷い目にあう展開ばかりが思い浮かぶ。
でもきっと日向さんなら…!日向さんなら乗り越えてくれる!
私は彼女の、危機打開能力を高く高く評価してるのです。

 

色気に溢れる日向さん。
気のせいか彼女はちゃんと、出るとこが出てくびれるとこはくびれてる。
夢も未来も感じない水無月先輩のお体に見慣れてしまった身としては、目のやり場に困る。


(左画像)
ふたりはプリキュア SplashStar ボーカルベスト!!

(右画像)
ふたりはプリキュア スプラッシュスター たのしくおいしゃさんごっこしてね!おてあてしましょ!ナースセット

同じ商品を夢原さんも9月に出してた。だからミルミルがぶっ倒れたのか…。販促と見抜けなかった自分のアンテナの低さが憎い。



【女子中学生様は忙しい】

(第6話より)
 
 

日向さん:
 「あんたの相手をしてる暇はない!」

(第7話より)

 

日向さん:
 「今日はあんたに構ってる暇…」

(決死のカレハーンに一言)

 

花キュアさん:
 「あんたの相手なんかしている暇はない」

人気者の日向さんはスケジュールぎっちり。
でも死を覚悟して襲ってきてる相手に、「時間がない」だの「あんたなんかどうだっていい」だのは愛想がなさすぎると思うのです。
嫌いな相手には容赦しないのが日向さん。敵に回したくない女。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




プリキュアさんのカードゲームが既に先行稼動してると聞いて、近所のゲームコーナーを回ってみました。
いえ別にカードが欲しいわけでないのです。ただ頑張ってる娘さんを応援してあげたいだけなんです。
だから決してカードが欲しいわけでないのです。欲しいけど欲しいわけじゃないんです!

これだけ弁解すれば真実になるだろうと思いつつ、ゲームコーナーに到着。
なんと女児様の人だかりが出来ていました。
おぉ。プリキュアさんは超絶人気者だ。やっぱり夢原さんは頼りにな…


 『きらりんレボリューション ハッピー★アイドルライフ』第4弾!


つ、月島きらり…。

女児様が群がっていたのは憎んでも憎みきれない彼の女の筐体でした。
プリキュアさんの新台なんてどこにもありません。
なんてことだ。この店はきらりさんに支配されていた。


 (キャッチコピー) 
 『第4弾のカードは蝶がモチーフのおしゃれなデザイン!』


きらりさんは勝つためには躊躇しません。
ライバルに先駆けてバタフライ需要をごっそり掌握。
駄目だ夢原さん、完全に後手に回ってしまってる。カード業界に殴りこむはずが、余裕綽々殴り返されてる。

しかも鬼のようにキャンペーンを大展開。
カードを30枚集めて送るとプロモーションカードが貰えるよ☆
ねぇねぇ知ってる?「ちゃお」を買うとプロモがついてくるんだって!
大人気のミルフィーカードもゲームと連動!パスワードを入れるとゲーム中で使えちゃう!
それからそれから…。

目を覆わんばかりの惨状に頭がくらくら。なんて恐ろしい女だ月島きらり。
果たしてプリキュアさんに活路はあるのか。
既に全てを押さえられてしまってる気がします。

で、仕方がないので私もきらりさんのカードを買ってみました。
いえ別にカードが欲しいわけでないのです。ただ敵情視察しないといけないと思っただけなんです。
だから決してカードが欲しいわけでないのです。欲しいけど欲しいわけじゃないんです!

過去にも何度か彼女のカードを買いましたが、その度に引くのはスカートばかり。
人がスカートフェチなのをいいことに、えげつない商売をしかけてきやがる。
でも今回出てきたのはスカートではありませんでした。きらりさんにも少しは商業倫理というものが…


 
バタフライカットソー


れ、檸檬服。
人が檸檬中毒なのをいいことに、そういう売り込みをするか。
うぐぅ…うぅ…ぐぅ。ゆ、誘惑になんか負けるもんか。
嗚呼、「あんな紛い物より、私が本家本元アイドル」とかいう声が聞こえてくる。
うぐぅ…うぅ…ぐぅ。ゆ、誘惑になんか負ける…もん…か。

きらりさんは本当に怖いです。
こんなのに美翔さんが勝てるわけがなかったんだ。
夢原さんの御武運を、心の底からお祈りいたします。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )




「うたって!プリキュアドリームライブ ~スピッチュカードでメタモルフォーゼ!?」(音量注意)(11月上旬発売。既に先行稼動中)
劇場版「Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!」(11月10日公開)

11月はイベント目白押し。でも来週はタイミング悪く「プリキュア」さんの定休日。
大事な宣伝チャンスなのに怠け者!なんて怒らないで。
ここのところの激務で夢原さんもギリギリなんです。
さあ今日一日を頑張ったら来週は待望のお休み。
頑張って夢原さん、あともうちょっと…。

・Yes!プリキュア5 第38話「プリキュア5のシンデレラ物語」

くどいようですが、11月はゲームと映画の大攻勢。
その撮影もようやく終わって、今日は勢い任せの打ち上げ回。
放送終了後、夢原さん他出演者様一同、疲労でぶっ倒れたに違いない。

お題目「シンデレラ」
配役

  
  
 シンデレラ:夢原のぞみ

  

 意地悪なお姉さんA:夏木りん
 意地悪なお姉さんB:水無月かれん
 意地悪な継母:秋元こまち

シンデレラ=夢原さんは分かる。ミルミル視点では姉役に夏木さんも分かる。
でも水無月先輩を母役にしなかった意図はなんなのだろう。
ミルク的には秋元先輩の方が年長なのか。それともさりげない嫌らせなのか。

 

 魔女:春日野うらら

また露骨な特別扱いを…。
いえこれは贔屓なんかじゃないんです。最年少なんで姉役や母役を振れなかっただけなんです。
空気の読める檸檬のことだから、また楽屋裏では気まずい思いをしてたんだろうなぁ…。

 

何度も申し訳ないですが、11月には映画とゲームが大公開なんです。
大画面でドレスップ姿を見に行こう!カードを買って、自分流に色々お着替えさせてみよう!
夢原さんたちは営業努力を惜しまない。今日の題材は「シンデレラ」だけど、受身の灰被りとは違うんです。

さて今日の敵さんは悲しい中間管理職のブンビーさん。
部署は取り壊され、部下は居なくなり…。
同僚からは無視され続け、年下の上司にお茶くみをする毎日。

ブンビーさん:
 「こんなの私が描いていたサクセスストーリーじゃない!」

本番組でもっとも共感を呼ぶ男・ブンビー。
お偉いさんは一足早々に休暇をとってる中、一旗上げようと単身敵地へ。
でもいつものように敗退。まぁ女子中学生を襲ってサクセスストーリーと言われても困ってしまいますしね…。

「シンデレラ」のお話から、夢に憧れてた頃の気持ちを取り戻すのかとも思いましたが、そんな振りは全くなし。
冷静に考えたら、「シンデレラ」ってそういう話じゃなかったし。
いい男見つけて玉の輿!だものなぁ。

  

秋元先輩:
 「ミントシールド!」

やたらと使用頻度の高い緑のシンフォニー玩具。
檸檬なんて1回しか使ったことないのに。
販促要員扱いされないのは良いことなのか、出番が減ったと嘆くべきなのか。

再来週は企業の最トップとの直接対決回。
檸檬のメイン回はいつまで先延ばしにされるんでしょうか。
そろそろビタミン不足で私の心が壊れそう。


(左画像)
うたって!プリキュアドリームライブ オフィシャルカードホルダー《予約商品11月発売》

(右画像)
データカードダス うたって!プリキュアドリームライブ ~スピッチュカードでメタモルフォーゼ...


あのガラスの靴はシリーズ最重要アイテムで、巨大な伏線と見た。でも多分見間違い。

【今週の魔女っ娘】

 

1時間後の「マイメロ」を見るまで忘れてましたが、今週はハロウィン回でもありました。
だから檸檬が魔女ですか。
中古化の激しい歌ちゃんですが、コスプレしてるときだけは正義。



ちなみに去年の魔女っ娘。

 

か、可愛いよね。あはは、はは、…はぁ。。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 23 )




やっぱり白と緑黒だけいればそれでいいんじゃ?と思った前回。

・獣拳戦隊ゲキレンジャー 第35話「ギュオンギュオン!獣力開花」

死ぬ気で修行して強くなった理央さま。
でもぶっちゃけ無駄でした。
そんなことするより、拳法の始祖が残した謎パワーを浴びたほうが効果大でした。

謎パワーの効果:
 自分の才能が開花する。

どこぞのお姐さんはそのことを「10ページしかないノートを100ページにするようなものだ」と説明してくれました。
それは「才能を目覚めさせる」効果とは違うと思いますが、事実だとすると酷い話です。
適当に光のシャワーを浴びただけで10倍パワーアップですか。理央さま、あんなに修行したのに…。

でもまぁ結果オーライ。強くなったので気にしない。
理央さまおよびメレ姐さんは意気揚々とクマ退治に向かいます。
クマさんは強い。戦って本当に大丈夫なのか。

でもそんな心配はご無用。
強くなった理央さまは、本当にクマさんを越えていました。
ついでにカクシターズもクマさんを越えていました。クマさん、あんなに修行したのに…。

袋叩きにされながら「才能の前に努力は無駄である」とクマさんが思い知らされてたその頃。
理央さまはクラゲ姐さんによってクマさんの過去を見せられました。
曰く、「クマと理央は似てる」。

 

そんなことよりも、クラゲ姐さんが親切に過去を教えてくれようとしてるのに、反射的に臨戦態勢に突入したメレ姐さんが可愛い。
理央さまに親しそうに話しかけるクラゲに殺意バリバリ。
もうクマさんとかどうでもいい。

 
 
おまけのようにクラゲも殺られた。
ていうかメレ姐さんの太もも太もも!
こうしてお強い3匹の拳魔は退場する運びに。

高みにのぼってしまった理央さまの次の目標は「幻獣拳」。獣を越えた最強の拳法だそうです。
まぁカメレオンやクラゲよりは、ドラゴンやユニコーンの方がどう考えても強そうですよね。理央さま、あんなに修行したのに…。
半生全否定ですか。


(左画像)
獣拳戦隊ゲキレンジャー 獣拳合体シリーズSP リンライオン&リンカメレオンセット


(右画像)
平田裕香 MAI MALU!


ゲキリントージャ状態でサイダインと合体した場合、カメレオンは小さすぎて視界に入らない気がする。そんなカメレオンが好き。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 7 )




戯れに見てみた。チャイナ姉さんを見たいがばかりに。

・機動戦士ガンダム00 第4話「対外折衝」

なんだかよく分からない国が反抗期に入ってみて、でもなんだかよく分からない人に殴り倒されて、なんだかよく分からないまま元の鞘に納まった、そんなお話。

話が進んだ気が全くしないのですが、そんなことよりもチャイナ姉さんがチャイナを着てくれなかったことだけが心残りでした。

 

だ、騙された!普段着がチャイナだと信じてたのに!
不愉快なので来週も頑張って見てみよう。
番組戦略的には凄く貢献してるなぁこの娘。



(左画像)
【予約】機動戦士ガンダム00(ダブルオー) DXヒロイン フィギュア スメラギ&王留美(ワン・リューミン 2体セット

(右画像)
DAYBREAK’S BELL


↑フィギュア画像のキャッチコピーより
 「王留美のセクシーなパーティドレスを立体化!」

一緒に写ってるお姐さんの立場がない。


ちなみに私のガンダムのイメージは「アンパンマン」です。(割と普通に褒めてるつもり)
毎回同じフォーマットだけど、特定の層にとっては同業他番組が存在し得ないそんな番組。
だもんで、リアルがどーのテーマがどーのという(否定的な視点からの)講釈を聞くと物凄く微笑ましい気分になる。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 52 )




日奈森さんの雇い主、タカラトミー様は株価が好調に上昇中。
放送開始からのこの1ヶ月で、20%近く高騰しました。
さすがはクール&スパイシー。

日奈森さん:
 「は?そんなことに興味ないし」
 (そんなの偶然に決まってるじゃない!?でも下がったら私のせいにされるんだもうマジ勘弁してよそういうの!!)

幸せを信じることができない女・日奈森あむ。彼女が素直になれる日は果たして来るのか。

・しゅごキャラ! 第4話「あたしが切り札!?」

我らの日奈森さんはジョーカーに任命されました。
曰く、彼女は切り札なんだそうです。
まぁ他のガーディアンの皆様、変身できないですから。

ガーディアン一同:
 「しゅごたまポーチをプレゼント!」

やった玩具を手に入れた。
でもそんな程度の恩義では日奈森さんは動かない。
彼女のネガティブハートは筋金入り。
目立つことは嫌!少しでも無理そうなことはしない!
布団にくるまってガタガタ震えてるのが彼女の生き方。

そんな魅力的な彼女に、噂のネコ男もくらくら。
いたいけな女子小学生様に夜這いをかけた挙句弄んで去っていきました。
ツンヘタレのガード力のなさは異常。

さてジョーカーに指名されてしまった彼女のお仕事は、×たま駆除。
誰もが持ってる「なりたい自分」の象徴・たまご。
その未来の可能性を自分で否定してしまったとき、たまごは×たまに。放っておくととんでもないことに。

…と、そこに通りかかった今回のゲスト様。

 

鳩羽さん:
 「やっぱり日奈森さんは私たちとキャラが違う」
 「ガーディアンのみんなともすぐに仲良くなっちゃうんだものね…」

おやおやまぁまぁ。
前回といい今回といい、きっかけ作ったのは日奈森さん?
本当はネガティブハートなのに、作りに作った外キャラが周囲に劣等感を振りまいてる。

でも鳩羽さんのネガティブハートの最大原因は転校。

クラスメイトA:
 「転校しても私たち友だ…」
鳩羽さん:
 「うそつき!変わっちゃうくせに!私のこと忘れちゃうくせに!」

 

転校の恐怖から鳩羽さんのたまごが×たま化。このままでは大変なことになってしまいます。

一方その頃ジョーカーの日奈森さん。

 

暢気にプラネタリウムに来ていました。いきなりお仕事放棄。
これだからクール&スパイシーは…。
そこに件の×たまが襲来。日奈森さん、今こそ変身能力発動のとき…

日奈森さん:
 「無理だよ。変わるのは、怖い」

あう。心に迷いがあると変身できません。このツンヘタレは…。

逆に言えば、変身に成功した瞬間、彼女はあの恥ずかしい格好を心から認めたことを周囲に公開するわけですね。酷い羞恥プレイ。
ネガティブハートの日奈森さんにとっては嫌がらせのような状況ですが、それでも彼女はやるときはやる娘。
変化に怯える鳩羽さんの心に、外キャラを作りまくってる自分の心が重なって…。

日奈森さん:
 「私の心、アンロック!」

 

起動するはアミュレットハート。やけくそです。
あ、日奈森さん、そのチアガールコスのはじける自分を心の底から認めたね?ニヤニヤニヤニヤ。
そんなの全然キャラじゃないのにー。日奈森さんてっばもう決めポーズまでしちゃって。ニヤニヤニヤニヤ。

…って、青は?緑は?まさか赤1本で1ヶ月も引っ張るなんて。
日奈森さんはつくづくクール&スパイシー。
なかなか本当の自分を曝け出してくれない。

アミュ姐さん:
 「ネガティブハートにロックオン!!」

ロックオンしてる本当の対象は自分自身。これは日奈森さんが社会復帰するまでの物語。
きっと最終回までにはハートをオープンした素直な日奈森さんが拝めるんでしょう。
…そんな彼女はあんまり見たくない気もする。


(左画像)
しゅごキャラ アミュレットフローカードファイル 赤

(右画像)
しゅごキャラ アミュレットフローカードファイル クロス

ED:ホントのじぶん(限定盤) OP:こころのたまご/Buono!


日奈森さん:
 「ハンプティロック?ロックってことはキーもあるの?」

意外と賢いクール&スパイシーに痺れた。
そして全力で宣伝にかかってる講談社さまにも痺れた。
「なかよし」では「しゅごキャラ!」連載中!発売日は11月2日!コミックスもよろしく!


コメント ( 4 ) | Trackback ( 21 )




今日のクイズ。

 

きらりさん:
 「マーメイドスカートはどれかな?」

そ、その単語を軽々しく口にするな月島きらり!!

・きらりん☆レボリューション 第81話「SOS!なーさんロボは最強なのレス!」

きらりさんの所属はタカラトミー。
そして今日はタカラトミー様が更なる高みを目指すお話。
きらりさん達の舞台裏、感動のノンフィクション。

社員様:
 「始めまして。ドリームトーイ社のタカラトミです」

マジでタカラトミー様登場。

きらりさんの大活躍により息を吹き返したタカラトミー様。
次なる野望は自律稼動する1/1ぬいぐるみです。打倒ミルクルタッチ。
プリキュアには勝った。次は謎生物でも勝つ。
「きらレボ」は出演者と製作者が一心同体。
バンダイ=ナイトメア社の恐怖に怯えるプリキュアさんとは違うのです。

作成されたのはマスコットキャラ・なーさんをモチーフにした全自動ロボット。
超優秀です。さすがはタカラトミー様、技術革新が留まるところを知らない。
次はぜひ、全用途対応1/1フル稼働リカちゃん人形の開発を。

きらりさん:
 「空まで飛べるの~!?」

凄いなぁタカラトミー様。
本気でこれを販売するのか。するんですよね。今更「これはフィクションです」なんて逃げないですよね。
どんどんハードルが上がっていくぜ。

ですが、順調に見えた「なーさんロボ」はざっくりと暴走。
タ、タカラトミー様!?それ、回収さわ…!てか刑事事け…!
なお原因は月島さんの色香です。それは暴走しても仕方がないのかもね。

大事件に発展した玩具の不具合ですが、そこはやっぱり優良企業のタカラトミー。
システムはきちんと自己解決。
でも少しでも危険のあるものは市場に出さないのがタカラトミー様。商品化は見送られたとさ。


(左画像)
きらりん☆レボリューションハッピー★アイドルライフ公式ガイド (ちゃおコミックススペシャル)

(右画像)
チャンス!(完全生産限定盤) 月島きらり starring 久住小春(モーニング娘。)


番組の舞台裏ではこんな苦労があったのか。泣ける。

あと、さりげなくエンディングが真エンディングに。
番組ラストの宙人くんの突っ込みコーナーのレギュラー化も嬉しい限り。
あ、あれぇ?なんか誰かがいなくなった途端にノリが良くなったような…。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




始まりがあれば終わりがある。
小島めぐみさんによる「F&Cラジオ」、とうとう最終回です。
「こじまめは三下ではない。清純派なんだ」ということを広く世間に知らしめた良い番組でした。
同時に「そうか。一歩ひくことが多い清純派って、ちやほやされないと必然的に三下になるのか」ということに気づかせてくれた良い番組でもありました。
こじまめは清純派!でも三下!

…そんな彼女の魅力がたっぷりの最終回。

インターネットラジオステーション音泉「F&Cラジオ」 第10回(最終回)

こじまめさんのブログが11月中に開設する運びとなりました。
口ぶりから察するに、細々した準備は全てどなたかにお任せして、こじまめは文章書いてボタンを押すだけ体制のようです。
そりゃそうですよね。こじまめはプロですものね。私たちみたいに適当にブログを始めるわけにはいかないんですよね。そういうことですよね。ははは…。

最終回でもやっぱり無機物ゲスト。
マトリョーシカを知らないこじまめの清純派ぶりを微笑ましく思います。
どうでもいいですが、開けても開けても同じ人形、でも最後に入ってるのは…というのはちょっとしたホラー。

こじまめ:
 「名前は…名前は…」

ゲストに命名するのは小島さんのお仕事。
全く同じ顔した大量のマトリョーシカお嬢さんを前にしばし呆然。
酷いトラップをしかけたスタッフ様には賞賛の言葉を送りたい。

お便り:
 「こじまめがこんなに面白い人だったなんて知らなかったです」

だってこじまめは清純派ですから。
この娘は面白い娘さんなのです。
素でドツボにハマっていく様が可愛くてならないのです。

さてこの番組のそもそもの目的はゲーム会社「F&C」の製品を紹介すること。

こじまめ:
 「私パソコンの使い方がよく分からなくて」
 「みんなみたいにストレートにゲームに入れないんですよ…」

なぜそんな子がゲームの販促ラジオを担当してるのか。
スタッフ様の天を仰ぐ様が目に浮かぶよう。しまった、人選を間違…。
こじまめさん、本当にブログを始められるのかしら。


▼こじまキッチンへようこそ!

相も変わらずこじまめはリアルファイン。もっしゃりもっしゃり。
食べるのに夢中になりすぎて物をこぼすのもご愛嬌。
そんな彼女の最後のお食事コーナーはケーキのはず。
だって本日24日(放送日現在)は小島さんのお誕生日なのだもの!
おめでとう、こじまめ!

こじまめ:
 「え?や。違。ケーキじゃなかった…」

今日のお菓子はキャラメルコーンでした。こじまめの心、リアルに粉砕。
あ、こじまめから不穏な空気が…
一瞬、「最後は放送事故で終了か」とも思いましたがスタッフ様はちゃんとケーキも用意してくれてました。危なかった。。

こじまめ:
 「分かった!なんでボロボロこぼすか。食べながら喋ってるからだ!」

本気で気づいてなかったのか、こじまめ…。


▼F&Cメモリアル
 (公式ページより)
 このコーナーは「F&C」の色々なタイトルを紹介するコーナーです。
 この作品を取り上げてほしい、こんな思い出があるなどのメールを募集しています。


こじまめ:
 「はいこのコーナーはフリートークのコーナーです」

う、うそつ…

こじまめ:
 「なんでコーナーがなくなったかは、聞いてくれてる人は分かるよね?」

嗚呼、こじまめがグレた。
最後だからってお仕事放棄です。
そして最後だからって人間のゲスト様も戻ってきてくれました!

…でも小島さんが期待してたような会話になってないというか。
コーナーの本来の趣旨に強制的に戻されただけのような気がします。
短い反抗期だった。

こじまめ:
 「本当はもっと色んな人と(最後のフリートークを)やりたかったんですけど…」

そういえば「ふぃあ通」は大人数。普通、ラジオなんて大人数でやるもんじゃないと思うんですが、こじまめ的にはそのイメージが強いのかも。

こじまめ:
 「私ちゃんと(製品を)紹介できてました?」
ゲスト様:
 「…………。」

あうー(T□T)

最後の最後はなし崩し的に懺悔コーナー。

こじまめ:
 「英麻さま、すみません」
 「メール、来てたのは知ってたんですけど」
 「私、メールをご紹介することができませんでした」

こ、こじまめー!?
なにその反抗期っぷり。
せっかくこじまめを慮って小暮さんがメールを送ってくださったのに!

しかも案の定、小暮さんからのメールはコーナー破壊メールでした。
小島さんの「好物」はあずき・わさび・栗です。
それらをたこ焼やお好み焼きにミックスすると喜んで貰えます。みんなで覚えましょう。


…かくして番組は終了。

こじまめ:
 「こうして終えられたのは、もちろん聞いてくれている皆さんやスタッフもあるんですけど」
 「ひとえに『こじまめクオリティ』!」

さ、最後の最後で強気だこじまめ。

こじまめ:
 「それではF&Cラジオの放送はここまでになります」
 「みんな聞いてくれてどうもありがとうございました」
 「お相手は小島めぐみでした」

『無事に終わった』かどうかは個々人の判断に依るとして、こじまめの「ひとりでできるもん」はこれにておしまい。


(左画像)
ほしフル ~星藤学園天文同好会~


(右画像)
Star☆drops 橋本みゆき


最後だからいっぱい宣伝しよう!

ナイトウィザードWebラジオ「ふぃあ通」

 永年ゲストとして毎回参加中。

アニメ「ナイトウィザード The Animation」

 近日中にゲストとして参加。地上波でこじまめ分が補給できる!

Webラジオ「えまめの素」

 魅惑の小暮英麻さまとの趣味ラジオ。10月26日、第3回分が更新。
 「英麻さまからメールを無視する」という反抗に出た小島さんの命運やいかに。

Cri☆siSの半公式ブログ

 キーボードとして参加しているガールズバンド「Cri☆siS」絡みのブログ。


ゲームの販促効果は疑問でも、こじまめの販促効果には効果があったと信じたい。
これからも小島さんを拝みたいので、お仕事いっぱい増えるといいな。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




ナイトウィザードのWebラジオ「ふぃあ通」
メインパーソナリティは小暮さん&矢薙さん。
そしてゲストと言いつつ毎回呼びつけられてる人・小島めぐみさん。

こじまめさんはアニメの方でも、必殺のゲストとして混ぜ込まれているそうです。
裏企画「こじまめを探せ!」、絶賛開催中。

・ナイトウィザード The ANIMATION 第4話「キリヒト ~月面の出会い~」

今日の舞台は月。
通称「白い悪魔」の住まう死の領域です。
嗚呼、夢の扉はいつ開く。

そんな月面に馬鹿でっかい箒にまたがって、遠路はるばる向かったものの、白兎の襲撃を受けてあえなく墜落。

 

エリスさん:
 「私、生きてる…」

この娘はまた、自分だけ防御して…。

おかげで一行は散り散りに。
途中で謎の少年に出会ったりもしながらボスキャラと遭遇。
エリスお嬢さん、あっけなく捕まりますが性懲りもなく謎覚醒。

 

お嬢さんは攻撃を覚えた。
盾しか能がないのなら、それをぶん回してぶつければいいじゃない。
これで足手まといは返上です。
ちゃんとコントロールできるのかが不安ですけどね。
この娘のことだから仲間の後頭部にぶつけかねない。


(左画像)
「ナイトウィザード-The ANIMATION-」オープニング主題歌~KURENAI (限定版)宮崎羽衣



(右画像)
ナイトウィザード (ログイン・テーブルトークRPGシリーズ)
ナイトウィザード The ANIMATION 柊蓮司と宝玉の少女 上巻


今日はこじまめは出なかった。ゲストキャラが出るたびにはらはらどきどき。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 13 )


« 前ページ   

現在コメントは、お返事をできない状態のため、全て保留のままにさせていただいています。
コメントを貰えるのは嬉しいだけに、申し訳ないです。