穴にハマったアリスたち
生きていればきっと楽しいことがいっぱいあるさ!という信念の証明のためのページ
ぴちぴちピッチを大応援中。第三期をぜひ!




今週のジャンプ「こちら葛飾区亀有公園前派出所 」で酒の代わりにコーヒーを飲むネタが使われてました。
で、気になったので無粋な突っ込み。

作中で「コーヒーでは酔わない」とされてましたが、酔います。
「酔う」という表現はちょっと御幣もありますが、カフェインは立派な中毒物質なので身体に異常が出ます。
具体的には筋弛緩や意識の混濁。

経験上、ブラックコーヒーで1リットルを超えるとカフェインの急性中毒を起こせます。
冗談抜きでまっすぐ歩けなくなる。
致死量も意外と低いところにあって、漫画内の描写で山盛りがぶ飲みしてましたが、本当にやったら倒れてます。

またカフェインも禁断症状を起こします。
ネタで言われる「コーヒー中毒」といった話ではなく、リアルに偏頭痛や集中力の低下を招く。
ニコチン等と比べ、依存性は極めて低いので克服するのは簡単ですけれど。

まぁ漫画で現実の副作用や致死量を無視して飲食する描写なんていくらでもあるので、真面目に非難するわけではないですが、コーヒーは油断するとやばい飲み物なので書いてみた。
(ついでに、コーヒーは利尿効果が高いので水分補給になりません。コーヒーだけを飲んでると脱水症状も引き起こします)

もうひとつ。同じく作中で酒を強要したり重要視する描写がありましたが、キャラ的にしょうがないとはいえ、このご時世にはそれはどうかと。
信仰、信念、嗜好、健康上の理由で酒を飲めないor飲まない人なんて、私の知人友人にも何人もいますし、学友の一人は酒の強制で殺されています。
もはやある程度以上の若い層では「よく知らない人に酒を勧めるのは非常識」という意識が出始めてると思うのですが…。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先日お引越しをしました。
おかげでバタバタして大変です。大変大変。
仕方がないので、しばらく簡易更新です。

それはともかく、引越し先で色々細々買出しに行っていたら、噂のガチャポンを見かけました。

 

なかなか可愛らしげです。
見知らぬ土地に引っ越して、見知った娘さんたちが頑張ってるところに遭遇すると、なんだかとても励まされますね。
ここは一発、新居での運勢を占う意味で買ってみましょう。変身に失敗した水無月先輩とかが出るといい感じ。

 
はじけた!

…まぁ予想はしてましたが、うざいことこの上ない。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




来週8月4日は「仮面ライダー電王」および「ゲキレンジャー」の映画公開日!楽しみですね。
両番組とも、全力で宣伝をしまくり。
本編を捻じ曲げてまでの決死の販促活動に、東映さまのヤる気を感じて胸が熱くなります。

そんな中、今年から「スーパーヒーロータイム」の一員になったプリキュアさんも全力支援。

夢原さん:
 「私たちの映画が決定!前売り券は8月4日から映画館で発売!」

だから映画館に来て来て来てね。

・Yes!プリキュア5 第25話「プリキュア合宿大作戦!」

…冬の私たちの映画のときは、ちゃんと仮面ライダーさんは支援してくれるのかなぁ。。

そんなことを考えつつ、夢原さんたちは夏休みを満喫中。
新玩具も支給されて調子に乗ってる彼女たちは、合宿を開くことにしました。
なお、「合宿」ときいて夏木さんたちは「特訓」光景を思い描いていましたが、ごめんなさい、私、全くそんなの思いつきもしませんでした。
どうせいつもの「トキメキ農作業」だの「水着のない海水浴シーン」だの、そんなのとばかり。
現実派&堅実派の彼女たちを少しなめてた。

とりあえず合宿を行うことには決定。
まずは買出しです。
スーパーまでぞろぞろとお出かけしますが、そこにクモ姐さん襲来。

クモ姐さん:
 「ちょうどいいものがあるじゃない」

今日のコワイナーターゲットはラジカセ。
仮面をつけられたちまち悪夢が顕現。
その上、姐さんのクモの糸を巻きつけて防御力アップ!
元のラジカセのデザインを全く活かせてないダメコワイナーだと思ったら、こういう意図があったのか。
さすができる社員は違う。

水キュアさん:
 「私たちの攻撃が跳ね返される!?」

なんだかんだでアラクネ姐さんの糸は滅多なことでは破られません。強いぜ姐さん!
でも夢キュアさんには余裕があります。
だってこの馬鹿、肝心要の仮面部分を糸で覆ってないんだもの。

夢キュアさん:
 「プリキュア!ドリームアタック!!」

今こそ唸れ夢アタック!魅惑の誘導弾なめんな。

…が、いつものように理不尽な軌道を描いて仮面に直撃した蝶は、あえなく霧散。
なぜだ。糸はミスリードで、他の何かで強化してやがる。
さすができる社員は違う。

夢キュアさん:
 「…絶対に諦めない」

でも夢キュアさんだって負けてません。必殺技を破られても、彼女はとっても前向き。
まぁプリキュア語録的には物凄く後ろ向きな台詞ですけど。
鳥っぽい人が、こっそり台本の台詞を書き換えていったんだろうなぁ…。

夢キュアさん:
 「ラジカセを返して!!」

お前が気にしてたのはそれか。

なんでもみんなの思い出を録音して保存しておきたかったそうです。
思い出を残す手段としてラジカセを選択するとは、なかなかハイカラな娘さんだ。
増子さんの持ってたボイスレコーダーは、夢原さん的には「変なマイク」くらいだったんだろうか。

決めたはずなのに、なんとなく周囲は冷めた空気。
でもそんな雰囲気も、彼女が懐から新玩具・ドリームトーチを取り出すと一転。
夢の超玩具、先週に引き続いて登場です。

夢キュアさん:
 「プリキュア!クリスタルシュート!!」

 
ドバドバドバドバドバ

夢キュアさんは正しい遊び方を覚えた。

新玩具の前に、クモ姐さんのリフレクト能力はあっさり敗北。
理屈は分かりませんが理由は分かります。
やっぱり新玩具は凄いなぁ。みんなで買いたくなるなぁ。

来週は合宿編開始。どこぞの島まで出張するナイトメア社員も大変だ。
そしていよいよ緑の姐さんのメイン回です。
題して「ロマンス全開リゾートライフ!」。
秋元先輩、勝負に出たな。。


(左画像)
Yes! プリキュア5 キャラポスコレクション


(右画像)
バンダイ yes!プリキュア5 プリキュアになっちゃお! 全5種セット【新商品】

にほんブログ村 アニメブログへ

【今日の水無月先輩】

 

ペットボトル中毒者だったのか…。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 22 )




ツンデレワンセグTV「SEGNITY」が進化して再登場(Yahoo!ニュースより)

 イー・レヴォリューション株式会社は25日、東京・秋葉原で流通業者向けの秋・冬新製品の商談会を開催。その中で、タカラトミーが企画したツンデレボイスナビゲーションを採用したワンセグテレビ「SEGNITY」(セグニティ)を公開。9月下旬に発売予定であることを明らかにした。

 「SEGNITY」は、1月に行なわれた「TOYフォーラム2007」において、タカラトミーが発表し、9月発売をアナウンスしていたが、販売方法や流通経路、価格を含めた対象層が玩具から外れてしまうなどの問題で、開発が一時停止されていた。

 そこで、イー・レヴォリューションが発売元として製品を引き継ぎ、9月下旬に発売する予定となった。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は12,800円~16,800円程度になる見込み。タカラトミーが当初予定していた20,790円より低価格になっており、「手軽に利用できるワンセグテレビとして訴求したい」(イー・レヴォリューション)という。
半年以上前にネタにした記憶がありますが、ようやく販売されるようです。
商品化の話を聞いたときは、我らのタカラトミーさまは何を血迷ったのかと思ってましたが、どうやら途中で間違いに気づき別会社に引き渡していたようです。
そのまま強硬してくれたら良かったのに。

> さらに、専用のカードスロットも装備。後からナビゲーションボイスの変更が可能で、別の音声を収録したカードと本体をセットで提供。○○キャラクターや、○○声優バージョンなど、バリエーションモデルにも対応できるという。

嗚呼、また酷使される月島きらりさんの姿が目に浮かぶ…。
でもタカラトミーさまが関係なくなってしまったらそんな妄想も妄想のままです。
夢の「ぴちぴちボイス」仕様とかさ。タカラトミーさまならと期待していたのに…。
後任のイー・レヴォリューション株式会社さまはその辺の空気を読んで、ちゃんと彼女たちのバージョンも用意してください。
(声優:釘宮理恵、というのは十二分に空気を読んでるんでしょうけれど)

売り切れてる。すごい

個人的にツンデレはどうでもいい(正義はデレツン)のでこの商品自体には興味ないのですが、音声を発する機器でこういう方向の商品を出すのは面白いと思うのです。
カーナビとかにも、特殊な投資ゼロで応用できそう。
声優さんのギャラなんて全体の開発費からしたらほとんど無視できる額でしょうし、商品の本来のターゲットから外れてる層に興味を持たせるには手軽なんじゃなかろうか。

とりあえず思いついた商品。
家の各所にセンサーを設置し、そこを通過するたびに場所や時間に合わせた音声を発する「声だけ同棲」キットとか。
お店の入り口で鳴る「いらっしゃいませ」を声優さんに変えて、ちょっとバリエーション制御を入れるだけなので、ゴミみたいな値段で商品化できそう。
そして買ってしまいそうな自分。タカラトミーさまから販売していただけないでしょうか。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




関東最古の神社に「らき☆すた」ヲタク殺到 地元「治安の問題が…」(Yahoo!ニュースより)

 「古事記」時代以前に創設された関東最古の大社「鷲宮神社」(埼玉県鷲宮町)に今夏、アニメファンが殺到する異様な現象が起こっている。この神社が人気アニメ「らき☆すた」の美少女キャラが暮らす家と設定されたため、「聖地巡礼」のファンが押し寄せているのだ。アニメ雑誌の記事も拍車をかけ、閑静で神聖な神社町はコスプレ姿やカメラを手にTシャツ、リュック姿という「アニメオタク」(略称「アニヲタ」)が集まる町に一転。異色のアニヲタ絵馬も登場するなど、地元住民が気味悪がる事態となっている。(産経新聞)
私は記事中の、

>「特に問題はなく、利用者が増えて有難いこと。町でもグッズやキャラクターを出していければ」と期待、地元商工会でもブームを生かす方策が検討されているという。

こんな考え方が大好きです。
実際、「コナン」や水木しげるの妖怪ネタとか町興しに活用されてるし、原作者と渡りをつけて、安価かつ手早く始められるグッズ展開とかやってみる価値は十分にあると思います。
一過性なのが怖いので、大々的に行うのは危険な気はするけれど、このチャンスを活かさないのは理解に苦しみます。

>また千葉県から来たという10代の男性は「ここに柊姉妹が住んでいるんですね。巫女姿の女の子に逢いたいな」と話す。

ここで「キモイ。理解不能w」と思うか、「じゃあ巫女さん用意すれば金になるんじゃね?」と思うかが神社の度量の見せ所。
「らきすた」も現地の様子も知らないので、観光資源として活用できる土台があるかどうかも判断できませんが、神社での宿泊ツアーとか人が集まりそう。
神社や街としては基本的に丸儲けの立場なのだから、迷惑がらずに利潤を貪る方向で考えて欲しいです。
客としては無害で扱いやすい層なんですし、受け入れ態勢を整えて、逆に自分たちからアピールしていけばマナーや秩序もコントロールできるはず。

>多数のファンが押し寄せる不可解な社会現象が起こった。

別に「不可解」ではないと思うのですけど、記者的にはどの辺が不可解だったんだでしょうか。
きっとこの記事を書いた人にとっては、史跡めぐりや、ちょいと前の韓国ドラマ人気時の訪韓、ディズニーランドでミッキーと記念撮影をする行為も「不可解な社会現象」なんだろうなぁ。

私が行きたいフィクション世界の「聖地」といえば、「赤毛のアン」の舞台になったプリンスエドワード島。
あそこって原作者が引く勢いで観光に活用しまくってるのですけど、訪れるファンのマインドは今回のこれと全く同じです。
不可解だ不可解だ。でもいつかは行きたいプリンスエドワード。

行き先が神社なのであんまり羽目を外しすぎるのはどうかとも思いますが、巡礼なんて昔から娯楽旅行です。ことさらに不謹慎だとは思えない。
実際に行かれる方は最低限のマナーにだけは気をつけて、楽しんでいかれてください。
そして地元にお金を落として、みんなでハッピーになろう。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )




(私は前作も作中設定も知りません)
前回、他の方の記事を拝見して知ったのですが、ヴィータお嬢さんの面白コスプレは彼女の趣味ではなく、リイン姐さんの能力なのですね。
そういえば八神さんもあの格好をしてた気がする。
あれって組み合わせ自由で、とりあえず姐さんを無理やり捻じ込めば誰でも変身できるんでしょうか。
だとしたらナカジマさんに変身してもらいたい。物凄く似合わなくて可愛いと思う。

・魔法少女リリカルなのはStrikerS 第17話「その日、機動六課(後編)」

いきなり襲撃を受けた一行は、それぞれ一生懸命に応戦。
けれどあえなく機動六課の本陣は全滅。円盤は生物だったのです。
確保していた謎幼女は奪われ、一同も各個撃破されてしまいました。

襲撃者さま:
 「あなたは私たちに勝てません」

てか、部隊としてあまりにも無能すぎる…。
個人技に頼ってるからこんなことに。
奇しくも悪人面のおっさんの言ってたことは正しかった。

お姉さんを連れ去られたナカジマさんは大激怒。壊滅の現場に立ち会ったキャロさんも大激怒。
でもそんなんでパワー全開!なんてされたら今までの訓練の意義は一体…。
組織としての脆弱性を諸に表面化させて、砂上の城は大崩壊。

八神さん:
 「まだや。機動六課は、私たちはまだ終わってない」

敗北の要因は、最大戦力の貴女方が暢気に丸腰で警備したり事情説明の裏方仕事をやってからなわけですが、なかなか強気な発言です。

全滅するのは予定調和として、こっからがようやく本編。
でも、これでまた対策訓練の日々に戻ったらそれはそれで素敵。
状況が動いてるようで、全く変わってないような微妙な感じ。


(左画像)
魔法少女リリカルなのはStrikerS 音声入り目覚まし時計(予約)

(右画像)
魔法少女リリカルなのはStrikerS The Comics (1) 都築 真紀ILLUSTRATOR : 長谷川 光司

にほんブログ村 アニメブログへ

なんだかすげー苦労してるのに、とっても地味で報われないヴィータお嬢さんが愛しく思えてきた。
そしてシャマル姐さんの役回りがとてもよく分かりました。
なるほど。これは愛すべきヘタレキャラ。倒れ伏してる彼女を見てついニヤニヤ笑い。反省。

しかしこの展開で高町さんやフェイトさんを脱落させることができなかったのは根性が足りないのではなかろうか。
先輩キャラ死亡→後を継いで後輩が先代越え…は王道。
ナカジマさんの目の前で倒れてるべきなのは、ギンガ姉さんではなく高町さんだったと思うのです。
むしろ、そういう展開にしないのなら高町さんたちを成長させた意味がよく分かんない…。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 20 )




ここ数日、ちょっと立て込んでしまったので簡易かつ雑多更新。

この間のプリキュア記事で、最近『ヤンデレ』にご執心の様子のあいばさんから秋元先輩の話でリンクをいただきました。
そういえば以前友人から『ヤンデレ』について熱く語られ、うっかり同意してしまったことがあった気もします。
でも待って。よく考えたら私はヤンデレ好きだったりはしないんです。

「ふたご姫」を見始めたきっかけの一つは、男を巡って殴りあいしてるファイン&レインの一コマを見たから。
あんなに仲良かったのになんて無惨な…。
でもこれは「ヤンデレ」とは言わないと思う。

「SplashStar」で見れなかったけど見たかったシーンが、日向さんに「美翔さんとはプリキュアってだけで友達でも以下略」と言われる美翔さん。
雪城先輩と違って、学校に来れなくなって部屋に天岩戸状態になるはず。可愛いなぁ。
でもこれは「ヤンデレ」とは言わないと思う。

「明日のナージャ」のローズマリーの腐りきった病気っぷりは最高でした。
一応「プリキュア」さんと同じ枠なのに、一切『改心』しない潔さ。
でもこれは「ヤンデレ」とは言わないと思う。つうか「デレ」要素皆無だし。

「雫」は壊れてない頃の太田さん派だったし、消火器を武器だと思ってる娘さんとは仲良く出来る気がしません。
ほら私はヤンデレ好きなんかじゃない。
でも「月姫」のお気に入りが、完璧な笑顔の琥珀さんや髪の毛真っ赤にしてる秋葉お嬢さんなことに思い当たってげんなり。


しかし秋元先輩って、他の3人が(強引に一括りにすると)「夢や自分の能力ゆえに一人になること」の悩みなのに対し、「もう疲れたから一人になりたい」。
なんか一人だけ後ろを向いてます。
彼女の私的順位はぶっちゃけ5位なのですが、一番感情移入できるのは彼女な気がする。

でも秋元先輩よりも、こまちちゃんの方が可愛いと思った。もぞもぞううぞうぞ。
こまちちゃん人形に埋め尽くされて引きこもるのはちょっと楽しそうでしたし。
もういっそ、先輩の二段変身はアレにしようよ。分裂するの。人気でそう。


あとついでですが、ここ数週の「魔人探偵脳噛ネウロ」の弥子×弥子はヤバイ。
プリキュアさんの「うらうら」といい、この倒錯感やときめきは何。
多分、格闘ゲームに慣れ親しんで1P2Pをすんなり受け入れてしまえるのが源泉だと思うのですが、新しい自分を発見してしまった気分。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )




現実と戦い続ける夢原さんたち、いよいよ夏休み商戦に突入です。
先行の「ゲキレンジャー」「仮面ライダー電王」も二段変身や劇場版の激販促と頑張ってます。
来年笑うために、今、ここが正念場。厳しい現実に打ち勝つんだ、夢原さん。

・Yes!プリキュア5 第24話「新たなる5人の力!」

 みしり

夢原さん:
 「みんなを傷つけたらコレット壊すから!」

掟破りの玩具破壊を盾に、ついに本社への突入を果たした夢原さん。
けれど連れ去られたお仲間たちはネオアトランの尖兵と化していました。
夢原さん、大激怒。

 がしり

夢原さん:
 「この変な仮面をとれば!!」

悪夢に対し、即座に物理的に応戦する彼女は本当に頼もしいです。
でもそんなことで現実が変わるはずもなく。
ナイトメアのお偉いさんも失笑するばかり。

しばし仮面と格闘する夢原さんですが、このままでは埒が明かぬと変身能力起動。
プリキュアメタモルフォーゼ!
周囲は敵ばかりの中、孤独な戦いが始ま…

…るほどのこともなく、あっさりと取り押さえられ。
そのまま彼女も仮面をつけられてしまいました。
プリキュアさん、二段変身完了。新しい玩具は「絶望の仮面」。

仮面の効果でタフネスな夢原さんまで悪夢の中へ。
でもそこはタフネスな彼女のこと。
駆けつけた謎生物の叫びも届き、タフネスに覚醒。

夢原さん:
 「楽しいだけじゃもうダメなの…!」

幸せな夢が見続けられるならそれで良いような気もしますが、彼女は現実の申し子。
夢は実現するためにあるのです。
カーテンを開いて現実に立ち戻った夢原さんは、すかさす残りの4人も救出。

夢夏秋水檸檬:
 「5人で手をつなぐのなんて初めて…」

4人はありましたけどね…。
てっきり夢原さんが一人一人説得して回るのかとも思いましたが、それぞれもやもやした気持ちに自力で答えを出した模様。
一同そろったところで再びナイトメア社に突撃です。

まさかの復活にカワリーノ社員もびっくり。
でもすぐに気を取り直し、場所を移して元ギリンマ社員をけしかけます。
巨大なギリンマ社員の猛攻に苦戦するプリキュアさんたち。
なんとか一矢報いるも、さらに巨大にパワーアップされ状況は絶望的。
今年のプリキュアさんは大砲もってないからなぁ。花鳥風月の浄化攻撃なら覿面に効きそうな状況なのに…。

でも現実に生きる女・夢原さんには余裕があります。
そろそろバンダイさまから新しい玩具が支給される時期なのです。
準備万端な彼女はちゃんと調べてきていました。

 

次の新商品は「ドリームトーチ」。夢の打撃武器です。
徒手空拳で戦う時代はもう終わり。
強大な「現実&悪夢」と戦うには武器が必要なのです!

プリキュアさんたちの期待のまなざしが集まる中、予想通りにミルミルから新商品が出現。
持ってるなら早く出せ、とも思いますが、まぁ演出は大事です。
さあ、これで一発逆転…

 ででん。

 

で、でかすぎる。

プリキュアさん唖然。謎生物も唖然。
バンダイさまは何故にクイーンサイズでトーチを製作なされたのか。
そんなに武器を作るのが嫌だったのか。

夢キュアさん:
 「と、とにかくやってみよう」

驚愕の展開にも何とか我に返った夢キュアさん、すぐに次の一手を考えます。
つくづく夢キュアさんは前向きだと思った。
彼女の心を折るのは無理なんじゃなかろうか。

夢キュアさん:
 「夢と希望の力とともに…!」

 

とりあえず乗ってみた。

製作スタッフさまの意図を無視してる気はしますが、適当なことを言いつつ体当たりを敢行。

夢キュアさん:
 「プリキュア・エクスプロージョン!!」

もはや「キュア」要素ゼロのことを叫びつつ、ギリンマ社員の爆砕に成功。

 

なんかもう、言い訳できないことをやってしまった気もしますが、殺ってしまった以上は引き下がれません。
おすまし顔してなし崩しにその場を去ることに。

 

きらんっ、じゃねぇ。

せっかくたどり着いたナイトメア社はどうするんだ、とかそんなこと無視して学園に帰還。
あんな巨大飛行物、どう考えても誰かに見られてそうですが、まぁやってしまったことはしょうがない。
「なかったことにしよう」な顔して、そのまままとめに入る夢原さんは、本当に本当に頼もしい娘さんだと思った。

…そしてあんな巨大兵器と戦わなければいけないガマオくんやアラクネ姐さんに合掌。


(左画像)
Yes! プリキュア5 キャラポスコレクション


(右画像)
バンダイ yes!プリキュア5 プリキュアになっちゃお! 全5種セット【新商品】

にほんブログ村 アニメブログへ

【今日の秋元先輩】

カワリーノさん:
 「また仲間のために損な役回りですか?」
水無月先輩:
 「それがこまちの優しさよ!」

そう。だからメイン回を飛ばされたなんて嘆いてはいけないのです。
黙ってそっと他の面々に出番を譲る、それが彼女の優しさなのです。
来週はみんなで仲良く合宿話。嗚呼、本当にこのままメイン回なしの「1回休み」なのでしょうか。


コメント ( 8 ) | Trackback ( 21 )




あらためて宣伝。
8月18日にライブ「ナツコン」が開催されます。
出演者は以下の方。

 ・石塚さより (イズール、幼海斗)
 ・小暮英麻 (かれん、芽流)
 ・小島めぐみ (蘭花、ファイン)
 ・下屋則子 (シスターミミ)
 ・土屋実紀 (シスターシェシェ)

前売り券は7月末まで販売中。 

・マーメイドメロディーぴちぴちピッチ 第28話~第31話

一年前に書いた感想:
 ・マーメイドメロディーぴちぴちピッチ 第28話「KIZUNA」
 ・マーメイドメロディーぴちぴちピッチ 第29話「仮面の告白」
 ・マーメイドメロディーぴちぴちピッチ 第30話「氷の瞳」
 ・マーメイドメロディーぴちぴちピッチ 第31話「危険な罠」
 
るちあさんの名台詞炸裂。

るちあさん:
 「やっぱり昨日、キスさせてあげれば良かったかな」

な、何様だこの人魚。


また、第3クールに入って新曲ぞくぞく。

■KIZUNA

 

「ぴっち」のラストナンバーその1。
夢の二段変身と一緒に覚えたお歌です。
強敵BBSとの激戦が熱い。

  ・KIZUNA(空中大決戦ver)

あいつらいつまで歌うつもりよ!!
BBSおよび視聴者の悲鳴をも全部承知。
スタッフさまの居直りがよく伝わってくる。

■夢のその先へ

 

「ぴっち」のラストナンバーその2。
「夢」を全肯定しがちな番組が多い中、あえてそれを否定するこのお歌が好き。
どこぞの夢っぽい人や鳥っぽい人に歌って欲しい。

 ・夢のその先へ(お芝居ver)

 『戦うたび、愛の意味を問いかける』
 『夢だけでは生きられない。愛される予感をください』

歌声で散々虐殺しておいて「愛の意味を問いかける」もないもんですが、何かを悟ってしまったようです。

シリーズ最終話のサブタイトルは「夢のその先へ」。
去年のライブでは土屋さんが「一番好きだ」との前置きでソロで歌ってくれました。
個人的にも結構思い入れのある曲です。

■オーロラの風に乗って

 

紫人魚・かれん様のソロソング。

 ・オーロラの風に乗って(空気読まないver)

敵からも味方からも罵声が飛ぶ中、最高の笑顔で歌いきる姐さんが素敵過ぎる。
このお姐さんは本当に楽しそうに歌うなぁ。
聴いててこっちも楽しくなってきます。今年もライブで頑張れ小暮英麻さん。


(左画像)
ぴちぴちピッチ ぴちぴちピッチ カートリッジ 1 A-4


(右画像)
ぴちぴちピッチ PPP カラオケパーティ2 Aー08

にほんブログ村 アニメブログへ

そういえば過去のライブで「KIZUNA」は歌われてないんだな、と今更気づいた。ちょっと意外。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




OP見ててふと戦闘モードのティアナお嬢さんの姿にときめいてる自分に気づいた。
ほら、いつも地味な格好してるもんだからギャップが…。
いい年して、なんてはしたない服着てるんだこのお嬢さん。

・魔法少女リリカルなのはStrikerS 第16話「その日、機動六課(前編)」

全力で全滅フラグを立て続ける起動六課の皆様。
この度はのんびり警備作業です。
どれくらいのんびりかというと、勤務中に男のところにしけこむ余裕があるくらいのんびりです。何やってるんだティアナお嬢さん…。

さていよいよ警備本番。
とりあえず何の警備かよく分かってない子がここに一人いますが、あまり深くは悩まないことにします。
私、お話についていけてない気がする。

副隊長さま:
 「あるとしたら外部からのテロだ。だとしたら目的はなんだ?」
高町さん:
 「兵器開発者なら自分の兵器の威力証明…?」

「敵さんに特に動機は無いよ」。事前に釘を刺されてしまいました。
まぁご大層な奇麗事を並べられるよりはマシです。
ここは派手にドンパチやってもらいましょう。

そんなわけで襲撃開始。
ザルのような鉄壁の警戒網を突破して、次から次へと敵さんがやってきます。
警備を個人技にばかり頼ってるからこんなことになるんだ…。

期待の新人チームの皆様もあっけなく窮地に。あの訓練の日々が活かされてません。
今回もたった一人(+1体)で孤軍奮闘してるヴィータお嬢さんが物凄く気の毒。
彼女が過労で倒れたときが、六課の壊滅の時だと思った。来週、生き残ってくれるといいのですけど…。


(左画像)
魔法少女リリカルなのはStrikerS 音声入り目覚まし時計(予約)

(右画像)
魔法少女リリカルなのはStrikerS The Comics (1) 都築 真紀ILLUSTRATOR : 長谷川 光司

にほんブログ村 アニメブログへ

高町さんがエレベータを真似しちゃいけない降り方してたシーンは、幼かった頃の彼女へのリスペクト…なんじゃなかろうか。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 12 )


« 前ページ   

現在コメントは、お返事をできない状態のため、全て保留のままにさせていただいています。
コメントを貰えるのは嬉しいだけに、申し訳ないです。