音楽の大福帳

Yoko Nakamura, 作曲家・中村洋子から、音楽を愛する皆さまへ

■ 名古屋での 「インヴェンション講座 」 と、2台ギターの演奏会 ■

2011-06-28 13:33:34 | ■私のアナリーゼ講座■

■ 名古屋での 「インヴェンション講座 」 と、2台ギターの演奏会 ■
                          2011.6.28  中村洋子

 

 

★真夏のように暑い名古屋に、来ております。

カワイ名古屋での 「 第 6回 インヴェンション講座 」 と、

私のチェロ二重奏作品 「10 Duette für 2 Celli 」 が、

10弦ギター 2台で、演奏されるコンサートがあるためです。


★今春、ドイツの 「 Musikverlag  Ries & Erler Berlin

 リース&エアラー 社 」 から、出版されました

「10 Duette für 2 Celli 」 は、2台のチェロ用ですが、

10弦ギター 2台や、ヴィオラ 2台でも、そのまま演奏可能です。


★また、 1人のピアノでも、弾いて楽しむことができ

ピアノのレッスンで、先生と生徒さんが

1声ずつ、弾くことも可能です。
 
バス記号(へ音記号)を習熟するための、よい練習にもなります。


★このコンサートは、 「 Ries & Erler リース&エアラー 」 社の、

ホームページにも、案内が掲載されています。
http://www.rieserler.de/auffuehrung.php?id=588

また、7月1日の東京・けやきホールでの、同じ演奏会も紹介されています。
http://www.rieserler.de/auffuehrung.php?id=589

 


★名古屋の 「 インヴェンション講座 」 では、ハンガリーの

Bartók Béla  バルトーク (1881~1945)

「 Mikrokosmos ミクロコスモス 」  主に、「 第 2巻 」 を取り上げ、

「 Inventionen und Sinfonien  インヴェンションとシンフォニア 」 と、

どのように併用して使うか、それをお話いたします。


★バルトークの  「 ミクロコスモス第 2巻 」 は、

「 長調 」  や  「 短調 」  ではない、

「 旋法 」  (  ミクソリディア旋法 や リディア旋法  )、

5音音階、 4分の 5拍子のような、従来のクラシック音楽にはない、

斬新な拍子を使った  「  20世紀の新しい 」  ピアノ曲集です。


★その新しい  「 衣 」  を、脱ぎますと、Bach バッハ

「  Notenbuchlein für Anna Magdalena Bach

アンナ・マグダレーナ・バッハのためのクラヴィーア小曲集 」  や、

「 Inventionen und Sinfonien インヴェンション&シンフォニア 」 が、

姿を現すのです。


★アナリーゼ講座では、それらの点について、詳しくお話いたします。

 


▼▲▽△無断での転載、引用は固くお断りいたします▽△▼▲

コメント   この記事についてブログを書く
« ■ 横浜・インヴェンション講... | トップ | ■平均律1巻14番fis moll が、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

■私のアナリーゼ講座■」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事