音楽の大福帳

Yoko Nakamura, 作曲家・中村洋子から、音楽を愛する皆さまへ

■ドイツ・Witten ヴィッテンで、私の無伴奏チェロ組曲 第 6番の一部初演■

2013-04-11 23:22:34 | ■私の作品について■

■ドイツ・Witten ヴィッテンで、私の無伴奏チェロ組曲 第 6番の一部初演■
          ~Johannes Brahms ブラームス  のワルツは、何声部なのか~
                                2013. 4.11     中村洋子

 


★3月のような肌寒い日が続いています。

ベルリンの Wolfgang Boettcher  ベッチャー先生から、

お便りが、来ました。

「 ベルリンは、冬のような気候で、復活祭というのに大雪です。

すこしづつ春となり、雪が解けて欲しいものです 」

 

★先生は 3月 16日土曜日、ドイツの Witten ヴィッテンで、

Cellokonzert チェロのソロコンサートを、開かれました。

4月に全曲初演される、私の 「 Suiten für Violoncello solo Nr.6 

無伴奏チェロ組曲 第 6番 」 のうちの、

3、 5、 6楽章を演奏されました。

その他の作曲家は、Gabrielli、  Bach、  Mainardi、 

Saygun、  Casals でした。


★現在は、4月20日の、ベルリン近郊 Glambeck グランベックでの、

第 6番全曲初演に向け、毎日、練習されており、

特に、演奏技巧を要するプレリュードに、

力を、入れているそうです。


★この Suiten für Violoncello solo 無伴奏チェロ組曲 6番の

録音の際、いとも、安々と弾いていらっしゃるようでしたが、

実は、マエストロの技巧を凝らした演奏だった、

ということが、後になってよく分かってきました。

 


★14日の日曜日、「 KAWAI・横浜みなとみらい 」 で開きます、

アナリーゼ講座で、Johannes Brahms ブラームス (1833~1897) の、

≪ Walzer ワルツ Op.39  ≫ から、数曲を選んでお話する予定ですが、

この曲集も、一見、実にシンプルに書かれているように見えます。

しかし、 Brahms  が推敲を重ねた、大家の作品である、と

つくづく、思います。

 

★有名な Op.39-15番 変イ長調 As-Dur の、

9、10、11、12の 4小節間で、左手が担当します各小節の、

2拍目、3拍目を、自筆譜で見ますと、

同じ和音が、書き込まれていました。

例えば、9小節目の 2、 3拍目は、 es - g - des1 ( ミ♭- ソ - レ♭)の

3和音となっていました。

 

 

★しかし、 Brahms  は、3拍目の ≪ des1 (レ♭) ≫ を、

斜線で削除し、 ≪ es - g  ( ミ♭- ソ )  ≫  の 2和音 に、

変更しています。

これにより、 9小節目の 2、 3拍目は、単なる伴奏和音ではなく、

2拍目の ≪ des1 ≫ から、 3拍目の ≪ g ≫ にかけて、

一つのモティーフが、出現することになるのです。

 

★10、11、12小節も、同じように推敲され、

新しいモティーフが、生まれます。

各小節の 1拍目バス声部に対し、

2拍目、 3拍目のテノール声部が、また細かく  div. ( ディヴィゼ )

分割され、複雑なカウンターポイントを、生み出しています。


★これこそが、一見単純に見えながらも、

実は、豊かな多声部が張り巡らされた

傑作である、所以なのです。

 

 

        ※copyright © Yoko Nakamura    All Rights Reserved
▼▲▽△無断での転載、引用は固くお断りいたします▽△▼▲

コメント

■ Bach初稿の軽いスケッチこそが、作曲の設計図 ■

2013-04-07 23:59:19 | ■私のアナリーゼ講座■

■ Bach初稿の軽いスケッチこそが、作曲の設計図 ■
~ Brahms  Walzer Op.39 Nr.15 の  スラー について~ 
                        2013.4.7      中村洋子

 



★作曲は、基本の旋律がどれだけ展開する力をもっているか、

それが根幹です。

3月の 「 KAWAI 表参道 ・アナリーゼ講座 」 でも、お話しましたが、

1722年の Bach 「 Klavierbüchlein der Anna Magdalena Bach

アンナ マグダレーナ バッハのためのクラヴィーア小曲集 」 に、

書かれた 「 Französische Suiten フランス組曲 」  の、

初稿を見ますと、軽くスケッチのように書かれた部分が、

実は、重要な “ 設計図 ” の一部分であり、

それが、 Bach の思考そのものであることが、

如実に分かってくるのです。


★上記のようなことは、実際に、作曲をするからこそ、

理解できることである、ともいえます。

 


Beethoven ベートーヴェン(1770~ 1827)も、同様に、

スケッチ帳には、展開に耐えうるような盤石のテーマに、

辿りつく過程が、書き込まれています


★14日日曜日は、 「 KAWAI 横浜みなとみらい 」 で、

第 11回  「 Chopin が見た平均律・アナリーゼ講座 」  を、開きます。

第 1巻 11番 へ長調  F - Dur です。


★この 11番の主題が、簡潔でありながら、いかに完璧で、

揺るぎないものであるか、

後の大作曲家たちが、汲めども尽きぬ泉のようなこの曲を吸収することで、

彼らの個性を、花開かせていったか、それが、如実に分かります。


★今回は、 Chopin がこの Bach の作品に、どのような書き込みをしたか、

実は、フィンガリングだけなのですが、それについて、ご説明すると同時に、

Chopin  より、一世代若い Johannes Brahms

ブラームス (1833~1897) の、

有名な ≪ Walzer ワルツ Op.39 Nr.15 ≫ を例に、

Brahms  が、この Bach の 11番から吸収したものについて、

お話いたします。

 


★この Brahms の自筆譜を見ますと、

Op.39 Nr.15 冒頭 2小節で、右手が担当します

「 6度の重音 」 に付された slur スラー は、

自筆譜では、  6度の重音の ≪ 上声 ≫ に記されています。

しかし、例えば、ウィーン原典版や ヘンレ版、ブライトコップフ版などでは、

6度の重音の ≪ 下声 ≫ に、その slur スラー が記入されています


Brahms は、 「 ド ー ラ ラ ド、 ド ー ラ ラ ド 」  に、

slur スラー をつけたはずですのに、これら実用譜では、

6度の重音の下声、すなわち、全体で見たときの内声部分

「 ミ ー  ド  ド  ミ、  ミ ー ド  ド  ミ  」  に、

slur スラー が、付いてしまっています。

これは、 3小節目の右手が担当する、 3和音についても、

同様のことが言えます。


★なぜ、このような齟齬が起きたのでしょうか?

答えは、呆れるほど簡単でしょう。

1小節目 ~ 3小節目までの右手部分は、

符尾がすべて、上向きになっているため、

編集者は単純に、下方に、slur スラー を付け替えたのです。


楽典の教科書では、 ≪ slur スラー は符尾と反対側につける ≫ ことが、

ルールとされており、編集者は、それを金科玉条としているため、

機械的に、付け替えたのでしょう。

作曲家がなぜ、楽典のルールに反した書き方をしたのであろうか?

という疑問すら、思い浮かばないのかもしれません。

 

 


★確かに、この内声も、非常に美しく、

独立した歌と、とらえることもできますので、

私も自筆譜を見る前は、 Brahms があえて、

その内声を際立たせようと、 意図したのではないか、

とも思っていました。


★このように、編集者によって、作曲家の意図がたわめられるケースが、

非常に多いのです。

この Walzer ワルツ As-Dur 変イ長調 と、大変に深い関係にあるのが、

Beethoven ベートーヴェン(1770~ 1827)の Klaviersonate

ピアノソナタ Nr.31 Op.110 As-Dur です。


★曲の冒頭は、コラールのような 4声体和声 で書かれています。

この曲の Beethoven  自筆譜をみますと、

slur スラー は、尋常ではない太さで、黒々と、

≪ soprano ソプラノ声部 ≫ に付されています。


★しかし、これも実用譜では、なんということか、

 soprano ソプラノの、上向き符尾の上方ではなく、

下の方の、内声 ( alto アルト ) に、記されているものが、多いのです。


★現代の実用譜のレベルは、この程度です。

やはり、作曲家の自筆譜にじっくりと目を通し、

点検いたしませんと、誤解したまま、

長い年月を過ごすという、悲劇が生じてしまいます。

 

 

        ※copyright © Yoko Nakamura    All Rights Reserved
▼▲▽△無断での転載、引用は固くお断りいたします▽△▼▲

コメント