音楽の大福帳

Yoko Nakamura, 作曲家・中村洋子から、音楽を愛する皆さまへ

■「平均律第1巻 第8番」 (Preludeと Fugaが異名同音調)講座のお知らせ■

2017-12-30 19:22:14 | ■私のアナリーゼ講座■

■「平均律第1巻 第8番」 (Preludeと Fugaが異名同音調)講座のお知らせ■
~私のチェロ四重奏がカワイ表参道で展示~
~Bartók校訂「アンナ・マグダレーナ・バッハのためのクラヴィーア小曲集」
                            再版される~                   

                2017.12.30 中村洋子

 

 

 

★2017年もあとわずかです。

≪ゆく年やしきりに岸へいどむ波≫ 久保田万太郎

先日、冬の海を見てきました。

岸壁に寄せては返す波。

もちろん、岸壁はびくともしません。

Bachです。

弛まず挑戦を続ける営みを続けたいと、思います。


★前回ブログでご紹介しました、私の作品の最新刊

≪Zehn Phantasien für Celloquartett (Band2,Nr.6-10)
   チェロ四重奏の為の10のファンタジー(第2巻、6-10番)≫が、

東京の「KAWAI表参道」で、展示されています。

どうぞ、お手に取ってご覧ください。

 

 

 

★半年先の講座のご案内です。

6月27日(水)KAWAI名古屋で、

「平均律第1巻 第8番」 es-Moll 変ホ短調  Prelude

 

 

  

 

第8番 dis-Moll 嬰二短調  Fuga

 

 

 

                                 のアナリーゼ講座を開催いたします。http://www.kawai.jp/event/detail/1133/

 

★この「平均律第1巻 8番」は、平均律1巻24曲、平均律2巻24曲

計48曲中唯一、 Preludeと Fugaの調性が、

「異名同音調」によって、作曲されています。


★「異名同音調」につきましては、私が今年出版いたしました

「Bärenreiter ベーレンライター 平均律第1巻楽譜」添付の、

≪注釈書≫で詳しくご説明しております。

https://www.academia-music.com/shopdetail/000000177122/

14~15ページの「注4、5、6、7、 9、10」を、お読み下さい。


★Bachはなぜ、この「第8番」を、

Prelude と Fuga を「es-Moll」に、


あるいは、Prelude と Fuga を「dis-Moll」に


しなかったのでしょうか?

 

Prelude を「es-Moll」に、Fuga を「dis-Moll」にすることにより、

何を表現したかったのでしょうか?

Bachが自ら書いた「序文」との関係は?

これを講座でお話したいと思います。

「しきりに岸にいどむ波」ですね。

 

 


Bartók Béla バルトーク(1881-1945)は、

平均律1、2巻計48曲を、独自の配列で並べ、

「全2巻」の曲集として、校訂しました。

この第1巻8番は、Bartók校訂版「第2巻」に収録されており、

通し番号で「44番」です。

その前の「43番」は、「1巻第4番 cis-Moll 嬰ハ短調」、

「45番」は、「1巻第20番 a-Moll イ短調」です。


★Bartókは、この「平均律第1巻 第8番 dis-Moll  Fuga」を、

「es-Moll 変ホ短調」に書き換え、 Prelude& Fuga とも、

「es-Moll 変ホ短調」と、しています。


★この点は、少し残念な気もしますが、

Bartókのフィンガリングは、この8番を、

見事に、アナリーゼしてます

Pr(a)eludium44 の冒頭は、このようなフィンガリングです。




右手上声1、2、3小節の冒頭部は、「b¹ ces² d²」で、

すべて tenuto テヌートが付けられています。



 

「b¹→ ces²→ d²」と進行しますと、

 次に、どんな音を期待するのでしょうか?

そうです、「b¹→ ces²→ d²→es²」というように、


 


 「es²」に到達するのが、ごく自然な音の流れでしょう

 

★1小節目を1単位として、2小節目を同型反復、

3小節目を同型反復の3回目としますと、このようになります。


 

これが、ごく一般的な凡庸な同型反復と、言えましょう。


★Bachは、機械的、無機的な同型反復の音楽を、

ほとんど書かなかった作曲家です。

 

 


★これにつきましては、前述の平均律1巻≪注釈書≫の

17~20ページにかけての「注17」を、お読み下さい。

「平均律1巻第4番 cis-Moll 嬰ハ短調」を、例として、

Bachの「同型反復」について、詳しく説明しております。


20~23ページにかけての「注18」は、

「7番 Es-Dur 変ホ長調」 Fuga の解説で、

「同型反復」について、さらに踏み込んでご説明しました。


★お話を元に戻しますと、

「b¹→ ces²→ d²」と進行し、「es²」に進むことが期待された

「es音」は、どこに存在するのでしょうか。

 

★3、4小節を見てみましょう。


 

4小節目上声の冒頭を見て下さい。

「ges¹→  f¹→  es¹」で、やっと「es音」が、出現します。

 

 

3小節目冒頭の「d²」の後、Bachは巧みに「es音」の出現を、

避けています。


★それでは「d音」とは、何なのでしょう?

そうです、「d」は、「es-Moll」の第7音、「導音」なのです。

 

 

この導音は、強烈に主音「es音」を指向していますが、

3小節目冒頭で、「d²」を提示した後は、

4小節目の「es¹」まで、この導音は解決しないのです

それも、ありきたりな「es²」の音高ではなく、

深く厳しい「es¹」に、解決します。

 

 


★「d²→es¹」は、長7度音程、非常に厳しい不協和音程です。

Bachは、3小節目冒頭の「d²」の解決を、遅らせたばかりでなく、

本来「d²→es²」と進行すれば、

得られるはずの穏やかな「短2度音程」でなく、

 


 

峻厳な「長7度音程」を使うことにより、

これ以上ない、緊迫した世界を創り上げました。

 

 

★もう一度、1小節目に目を戻しますと、

上声「b¹→ es²」に、

Bartókは、「1→2」のフィンガリングを付けることで、

注意喚起しています。

 

 

この「b¹→ es²」こそ、「b¹→ ces²→ d²→es¹」の核となる

motif モティーフだったのです。

 

 

★そうしますと、この「b¹→ es²」に続く「ges²」の意味も、

明確に分かってきます。

 

 

この1小節目上声の「es²→ ges²」の短3度motif モティーフが、

4小節目上声「ges¹→ f¹→ es¹」を、生み出す

motif モティーフだったのです。

 

 


いつ果てるとも知れない嘆きの歌の冒頭4小節は、

4小節目上声冒頭の「ges¹→ f¹→ es¹」に、

強烈なエネルギーで向かっていくことが、分かります。

それを読み解くヒントが、Bartók版のフィンガリングにあります。


この4小節だけでも、 counterpoint 対位法 が、

豊かに張り巡らされていますので、是非、

皆さまで、それを探り当ててみて下さい。

 

 


★暫く品切れとなっていましたBartók校訂の

「Notenbüchlein für Anna Magdalena Bach
  アンナ・マグダレーナ・バッハのためのクラヴィーア小曲集」が、

再販されました。


★旧版は、解説がハンガリー語だけでしたが、

新版は、英、独、ハンガリー語の三ヵ国語となり、便利です。

また、「序文」が追加され、この校訂版の由来、

いつ最初に出版されたかなどが分かり、私たちにとって、

good newsです。


★ここには、Bartókの鋭いフィンガリングを始めとして、

天才の知見が、随所に溢れており、わくわくします。

皆さまに、お薦めしたいと思います。

≪The Bartók Performing Editions
  J.S.Bach
  Notenbüchlein für Anna Magdalena Bach
  13 Short Easy Piano Pieces ≫
      EDITION MUSICA BUDAPEST Z.30
https://www.academia-music.com/shopdetail/000000145174/

 

 


★皆さま、どうぞよいお年をお迎えください。

 

 

※copyright © Yoko Nakamura    
             All Rights Reserved
▼▲▽△無断での転載、引用は固くお断りいたします▽△▼▲

コメント

■ドイツで、私のチェロ四重奏曲集が出版されました■

2017-12-16 20:43:02 | ■私の作品について■

■ドイツで、私のチェロ四重奏曲集が出版されました■
~≪Zehn Phantasien für Celloquartett(Band 2, Nr.6-10)
                                                 für junge Cellisten
   チェロ四重奏のための10のファンタジー(第2巻、6-10番)
                若いチェリストのための≫~

             2017.12.16  中村洋子

 

 

 

 

★つい半月前まで、錦秋に輝いていました山々が、

白く雪を被り、冬の装いです。

あと数日で、12月22日の「冬至」。

≪年暮ぬ笠きて草履はきながら≫ 芭蕉


★年の暮れであっても、旅の途上である、すなわち、

暮れであっても、休むことなく、句作の創造を

続けている、という決意とその行いを、

芭蕉は詠っているのでしょう。


★おおよそ1年半かけて書きました

「Bärenreiter ベーレンライター・平均律第1巻楽譜」添付≪解説書

http://www.academia-music.com/shopdetail/000000177122/は、

お陰さまで、皆さまから暖かく迎えていただきました。


★1行を書くのに、その傍証を固めるため、1ヶ月かかる・・・

というような、遅々とした歩みの末に完成しました。

昨年の大晦日は、執筆中に除夜の鐘が聞こえていました。 

 

 


★私にとって幸いでしたのは、その執筆と並行しまして、

「Goldberg-Variationen ゴルトベルク変奏曲」の、

アナリーゼ講座を、開催していたことでした。

「Goldberg-Variationen」を深く読み込みますと、

「平均律クラヴィーア曲集第1巻」が、厳かに顔を現します。

それは、私がいままで見て勉強しました「平均律第1巻」の姿を、

さらに輝かしく照らすものでした。


★私の≪解説書≫2~8ページにかけてをご覧ください。

「平均律第1巻」の冒頭に、Bachが自ら書いた≪序文≫の訳と、

その訳に対しての、詳細な分析・解説が施されています。


★ここでBachは、【長3度】即ち「ド レ ミ」と、

【短3度】即ち「レ ミ ファ」を、

平均律第1巻の「核心」としています。


★それでは、「Goldberg-Variationen ゴルトベルク変奏曲」は、

どうでしょうか?

【長3度】即ち「ソ ラ シ」と、【短3度】即ち「ソ ラ シ♭」です。


★それを手掛かりに、「Goldberg-Variationen」を読み解きますと、

この変奏曲集が「平均律第1巻」を更に、推し進めていった曲集

であることが、分かってきます。


★「平均律第1巻」の二つの方向指示器は、真っ直ぐに、

「平均律第2巻」と、「ゴルトベルク変奏曲」を指し示しています。

来年1月から始まります「平均律第1巻・アナリーゼ講座」で、

それを詳しく、お話いたします。

http://www.academia-music.com/new/2017-10-26-151213.html

 

 

 


★さて、私の本分は「作曲」です。

ドイツで、チェロ四重奏のための作品が、出版されました。

≪Zehn Phantasien für Celloquartett(Band 2, Nr.6-10)
                                                 für junge Cellisten
 チェロ四重奏のための10のファンタジー(第2巻、6-10番)
                若いチェリストのための≫
http://www.academia-music.com/shopdetail/000000177497/


★「若いチェリストのための」としていますが、

敷居を低く、門戸を広く開放するためです。

事実、私の「チェロ二重奏」

≪10 Duette für 2 Violoncelli (Ries & Erler Berlin)≫は、
http://www.academia-music.com/shopdetail/000000059545/

Wolfgang.Boettcher ヴォルフガング・ベッチャー先生をはじめ、

ヨーロッパで大人の演奏会に組み込んで頂いています。


Robert Schumann ロベルト・シューマン(1810-1856)の

「ユーゲント・アルバム」が実は、大人のピアニストにとっても、

大切な曲集であるように、私のこのチェロ四重奏も、

合奏の喜びを、チェリストの皆さまにお届けできることを、

願っております。

 

 


★≪Zehn Phantasien für Celloquartett(Band 2, Nr.6-10)
                                                 für junge Cellisten
 チェロ四重奏のための10のファンタジー(第2巻、6-10番)
             若いチェリストのための≫に、

収録されています曲を、順番にご紹介いたします。


★第6番:Ⅵ Vier Kanarienvögel - Four canary birds
                  四羽のカナリア

Bachの妻・ Anna Magdalena Bach アンナ・マグダレーナ・バッハが、

カナリアを愛していたいたことと、

Gigue=CANARYの「カナリア」を、もじっています。

CANARYとは、" A dance popular in Europe during the Baroque

period・・・ that come to Spain from the Canary Island.
                    (The New Grove Dictionary of Music&Musicians)

 

 

付点のリズムと軽快なテンポが、特徴的です。

Bach「無伴奏チェロ組曲」は、

第5番c-MollのGigueがこのCANARYです。

 

★第7番:Ⅶ Abendämmerung 夕暮れ

しみじみとした夕暮れ。

実はこの曲は、ピアノソロで完全に弾くことができます

チェロ四重奏をピアノ用に、そのまま大譜表に書きますと、

このようになります。

 

 

★Maurice Ravel モーリス・ラヴェル(1875 - 1937)の、

「Ma Mère l'Oye マ・メール・ロワ」の第1曲、

≪Pavane de la belle au bois dormant

                             眠りの森の美女のパヴァーヌ≫

が、連弾曲でありながら、もし、指を広げて10度音程を

弾くことが可能でしたら、

ソロとして弾くことも、出来るのと同じです。


★この「夕暮れ」は、自分の曲ですが、秘かな「お気に入りの曲」です。

一人で時々、弾いております。

ピアニストのリサイタルで、アンコールとしてコンサートの最後に

演奏することも可能です。

 

 


★冬至に近づき夕暮れは、光がどんどん乏しくなっていきますが、

その後には、明るい春や朝日が待っています。


★第8番:Ⅷ Spanischer Garden スペインの庭

これも、ピアノ独奏で弾けそうです。

しかし、これは四人で合奏しましたら、

どんなにか楽しいことでしょう、という曲です。

スペイン風の後打ちのリズムを、和気あいあいと合奏する楽しみ、

これを、味わってください。

 

 

 
★第6、7、8番は、調性の曲でしたが、第9番は「無調」の曲です。

Ⅸ : Drache im Zauberland 魔法の国のドラゴン

dodecaphony 十二音技法の対位法を、楽しく学べます

 

 


★いよいよ、全10曲の最後の曲となりました。

Ⅹ: Postludium, Krokusblüte Frühlingserwachen

後奏曲 クロッカスの花 

明るく、爽やかな春の始まりです。

 

 

 Sehnsucht nach dem Frühling  春への憧れ


チェロ四重奏だけでなく、いろいろな楽器の組み合わせや、

ピアノソロでも是非、弾いてみて下さい。

一人でも、合奏でも、楽しむことができます。

 

また、ソルフェージュのレッスンにも是非、お使いください。

楽譜を読むこと、書き取ることの練習は、

通常、「ト音記号」から始めることが多いのですが、

レッスンの早い段階で、「ヘ音記号」に慣れることも大切です。

四人のチェロのパートの一人分を、

生徒さんに歌わせたり、書き取りをさせてください。

残り三人分(三声)を、先生がピアノで弾けばよいのです。

楽しい音楽のひと時。

Moments Musicaux です。

 

 

 


※copyright © Yoko Nakamura    
             All Rights Reserved
▼▲▽△無断での転載、引用は固くお断りいたします▽△▼▲

コメント

■三百年前の12月2日、Bachは牢屋での1ヵ月間の拘留から解放された■

2017-12-03 21:06:35 | ■私のアナリーゼ講座■

■三百年前の12月2日、Bachは牢屋での1ヵ月間の拘留から解放された■
  ~無伴奏チェロ組曲の分析から、平均律がより深く理解できる~
       2017.12.3  中村洋子   Yoko Nakamura

 

 


★11月もあっという間に過ぎ去り、12月となりました。

この11月から12月の間を長いと感じるか、

短かったと感じるかは、人それぞれでしょう。

しかし、その1ヵ月間、牢に拘留されていたとしたら・・・


★ on November 6 ,the quondam concertmaster and
organist Bach was confined to the County Judge's place
of detention for too stubbornly forcing the issue of
his dismissal and finally on December 2 was freed from arrest
with notice of his unfavorable discharge.

 11月6日、コンサートマスター兼オルガニストだったBachは、
その職を辞したいという意思を頑固に貫いたため、伯爵領裁判所の
拘置所に留置された。12月2日になって、不本意な解雇通知とともに、
ようやく釈放された。

(Hans T. David and Arthur Mendel,eds.
The New Bach Reader :A Life of Johann Sebastian Bach in
Letters and Documents. Rev.and expanded by
Christoph Wolff.        New York,1998.)


Bachは1717年、ヴァイマル宮廷を辞し、ケーテンの

カペルマイスターの職に就こうとしたため、

同年11月6日から12月2日まで、約1ヵ月間、

牢に閉じ込められてしまいました。


この拘留が「Wohltemperirte ClavierⅠ平均律クラヴィーア曲集第1巻」

の成立に、大きな役割を果たしていたかもしれません。

それにつきましては、私の「ベーレンライター平均律第1巻・解説本」

9~10ページにかけて、是非お読みください。

http://www.academia-music.com/shopdetail/000000177122/

 

 

 


★さて、そのBachが釈放された1717年12月2日が、昨日です。

そして、昨日はちょうどまさに、300年後でした。

≪Bachの釈放300年記念日≫でした。


★Bachはその当時、どんな地位だったのでしょうか?

ヴァイマルの二人の統治者であった、

Wilhelm Ernst(ヴィルヘルム・エルンスト) duke of Saxe-Weimar

(ザクセン=ヴァイマル公)と、

Ernst August(エルンスト・アウグスト) duke of Saxe-Weimar

(ザクセン=ヴァイマル公)の、

「joint servant」だったのです。

二人の領主に仕えていました。


どんな偉大な芸術家であろうと、

領主の不興を買っただけで、1ヶ月も牢につながれてしまう、

このようなことが300年前は、当たり前に起きたようです。

 

 


Pablo Casals パブロ・カザルス(1876-1973)は、

毎日、「平均律」を弾くことを日課とし、それを滋養として、

あの偉大な、Bach「無伴奏チェロ組曲」の演奏を生み出した・・・

ということは、当ブログで、たびたび言及しています。


★私は考えました。

Casals カザルスのアプローチと、“逆のアプローチもまた真なり”

ではないのか。


★それは、こういうことです。

Bachの「無伴奏チェロ組曲全6曲」を、徹底的に分析することにより、

「Wohltemperirte Clavier 平均律クラヴィーア曲集」に、

新たな光を当てることが出来る、のではないか。

より深く、理解できるのではないか。


★さらに申しますと、

Casalsの「無伴奏チェロ組曲」の偉大な演奏は、

≪平均律クラヴィーア曲集を学び尽したからこそ、可能になった≫

とも言えると、思います。

「無伴奏チェロ組曲」だけを、ひたすら勉強しても、

この曲集の本当の構造、構成を分析できない、

ということかもしれません。

それゆえ、Casalsは、平均律を学び尽した。

著名なチェロの大家は、数多く輩出していますが、

Casals、Jacqueline du Pré ジャクリーヌ・デュ・プレ

(1945-1987)以外の大家の、「無伴奏チェロ組曲」の演奏が、

物足りないのは、そのせいではないかとも、私は思います。

 

 

★現在、「無伴奏チェロ組曲全6曲」のBach自筆譜は、

 存在していません。

Bärenreiter ベーレンライターから出版されています、

何種類かの「写譜」を見ますと、

妻のAnna Magdalena Bach アンナ・マグダレーナ・バッハの

写譜は、1727~1731年頃のものです。


Johan Peter Kellner ヨーハン・ペーター・ケルナーの写譜は、

1726年と、推定されます。

「無伴奏チェロ組曲」の成立年代は、上記の写譜より更に早い、

ケーテン時代(1717~1723)と、考えられています。


平均律第1巻「序文」 の日付が、1722年ですから、

この「無伴奏チェロ組曲全6曲」と、「平均律第1巻」は、

ほぼ同時期に成立したとみて、間違いないでしょう。


★以上の観点から、

チェロ組曲「SuiteⅠ BWV1007 Prélude G-Dur」と、

「平均律第1巻 1番 Praeludium Ⅰ C-Dur」とを、

同時に勉強するという、試みに挑戦してみましょう。

 

 

 


★その結果は、

Bachが平均律第1巻「序文」で明らかにし、

平均律第1巻の1~6番にかけて展開した作曲技法が、

この「チェロ組曲1番 G-Dur Prélude」でも、

明確に見ることができます。

Bachの作曲技法を、力強くクッキリと認識できます。


★まずは、この「チェロ組曲1番 G-Dur Prélude」を、

ご自分のお持ちになっている楽器で、弾いてみて下さい。

チェロでなくても、構いません。

ピアノで弾いても、効果は絶大です。

最初に、Anna Magdalena アンナ・マグダレーナの写譜

見てみましょう。

 

 

1段目は、「3小節目の2拍目」まで記入され、

3拍目は、2段目から始まっています。

これは、おそらく「Bachの自筆譜」由来でしょう。

ここがまず、大変に重要なポイントになります。


★ピアノで弾く場合、片手で弾くのではなく、

このように、両手で分割して弾きましょう。

 

 

この2小節半を弾いただけで、

既に、豊かな「counterpoint 対位法」の世界が、

現出します。


★Johan Peter Kellner ヨーハン・ペーター・ケルナー(1705-1772)は、

テューリンゲンのカントルであり、オルガニストでした。

おそらく、Bachと面識があったと思われます。


ケルナーの写譜では、1段目は「4小節の2拍目」まで記され、

3拍目は、2段目から始まります。

 

 

Anna の写譜と比べますと、スラーの位置なども含め、

どことなく単調です。

1番 Prélude のAnna写譜は、全14段で記しています。

見開き2ページの左に12段、右に2段です。

右の3段目からは、Allemandeが11段で書かれています。

それに対し、ケルナーは、この1番 Préludeを

13段で記し、ちょうど1ページに収まるようにしています。


★「1段目が3小節目2拍目まで」記された Anna の写譜と、

「1段目が4小節目2拍目まで」記された Kellner の写譜、

この記譜の違いが演奏上、どういう影響をもたらすか、

皆さまは、ご自分で音に出して確かめてください。

1段目だけを何回か弾き、その後、1段目から2段目にかけて

弾いてみる。

これをアンナ版とケルナー版で、試してください。

必ず、分かってくることがあります。

それが、「平均律第1巻 1番 Prelude 」の解明と演奏にも、

大いに、応用できるのです。

 

 


★私は、1段目が「3小節目2拍目まで」の Annaの写譜が、

Bachの自筆譜に近いものと、思います。

これらの写譜は、 ベーレンライターから出版されています。

BA 5215 Deutsch(ドイツ語解説)、

BA   5216 English(英語解説)。

http://www.academia-music.com/shopdetail/000000154600/

 


★何よりもまずは、Bach「counterpoint 対位法」の、

沃野千里の世界を、体験し、味わってください。


★「平均律第1巻」が、逆照射され、

大輪の花を咲かせて、生まれ出てくることでしょう。


1月20日に開催いたします

「平均律第1巻1番・アナリーゼ講座」で、実際にピアノで

音を出しながら、この逆照射を詳しくご説明いたします。

ここでは、Chopinの Prelude についても、

少し触れるつもりです。

http://www.academia-music.com/new/2017-10-26-151213.html

 

★結論として、次のように指摘できると、思います。

ピアニストが、「鍵盤曲」のみを勉強するだけでは不十分、

チェリストが「チェロの曲」だけを勉強しても、不十分。

現代の演奏家に「物足りなさ」を感じる要因は、

そこにあるのではないでしょうか。

演奏家を分析の裏付けのない、単なる技巧の誇示へと

駆り立てているのは、“分析できないことによる不安”

なのかもしれません。

分析をするということは、作品をどう演奏するかという、

道筋を得ることです。

 

 


※copyright © Yoko Nakamura    
             All Rights Reserved
▼▲▽△無断での転載、引用は固くお断りいたします▽△▼▲

コメント