音楽の大福帳

Yoko Nakamura, 作曲家・中村洋子から、音楽を愛する皆さまへ

■平均律1巻2番、冒頭の連続する16分音符は、和声と対位法の塊■

2015-12-30 19:30:11 | ■私のアナリーゼ講座■

■平均律1巻2番、冒頭の連続する16分音符は、和声と対位法の塊■
 ~c-Mollをg-Mollに読み替えると「ナポリの和音」が出現~
         - KAWAI 名古屋 第2回 平均律アナリーゼ講座-

         2015.12.30    中村洋子

 

 

 

★今年もあと数時間となりました。

来年2月に出版いたします本

「クラシックの真実は、大作曲家の自筆譜にあり」では、

解説の文章に合わせて、が手書きしました譜例を、

たっぷりと載せています。

大変に分かりやすくなっていると、思います。


★今年も、 Bach に明け、Bach に暮れた一年でした。

Pablo Casals パブロ・カザルス(1876-1973) が、

Wohltemperirte Clavier 平均律クラヴィーア曲集を弾くことから、

一日を始めたように、Bach を学び続けることは、ある意味で、

地球が丸いのと同じくらい「当たり前」のことです。

しかし、いまの日本には、地球が「四角」であったり、

「三角」であるような音楽家も多いようですが、

そのような音楽は無視。

 

 


★今年10月から始まりました KAWAI名古屋での、

「Wohltemperirte Clavier Ⅰ 平均律クラヴィーア曲集第1巻」

アナリーゼ講座の第2回は、「2番 c-Moll」 です。

2月24日(水)開催です。


全38小節の Preludeですが、第1小節~33小節までは、

絶え間ない16分音符の連続です。

 

 

特に、1~24小節までは右手と左手が同時に16分音符の動きを

見せています。


★これを、≪指の練習曲である≫とする、愚かな解説書が、

いまだに日本で大手を振ってまかり通っているのは、驚きです。


★この絶え間ない16分音符の連続の中に、

厳然と存在する≪四声体の和声≫と、

それを骨組みとして支えている Bachの

≪counterpoint 対位法≫を、読み解き、

Bach 演奏、鑑賞の道しるべとすべきなのです。


★次回の名古屋平均律アナリーゼ講座では、

Bach の「和声」をじっくりと、解説する予定です。

例えば、1~4小節は、下記のような和声で、

c-Moll から離れることはありません。

和声要約しますとこのようになります

 

 


★しかし、5小節目はどうでしょう?

これは、「c-Moll」から見れば「Ⅵの和音」となります。

 

 

短調の「Ⅵの和音」は、長三和音ですので、

ここで一抹の光が差し込んで来たような明るさが、

感じられます。

 

 


★続く6小節目は、「g-Moll」 に転調します。

6小節目は「g-Moll」の属七の和音、

7小節目は「g-Moll」 の主和音です。

 

 

それでは5小節目の和音

「g-Moll」 とは、無関係なのでしょうか?

「g-Moll」 の音階に、「as¹ ラの♭」はありませんので

 

 

この和音は、

「g-Moll」 には、存在しないように見えます。

 

★しかし、「g-Moll」 の「Ⅱの和音」

根音を半音下げた


 は、


実は、≪ナポリの和音≫なのです。

 

 


★結論です。

5小節目の和音は、「c-Moll」 の「Ⅵの和音」でありながら、

読み替えしますと、「g-Moll」 の「ナポリのⅡの和音」

になります。


Bachの和声で、この「ナポリのⅡ」が使われますと、

その仄かな明るさ、暖かさが、

重要な場面転換を示しているのです。


上記のような「読み替え」の手法を用いて、

「ナポリのⅡ」を出現させることは、結果的に、

≪転調の一つの手段≫となるのです。

Bach はそれを、多用しています。

 

★このBachの「ナポリのⅡ」については、

出版する本で、詳しく説明しております。


★皆さま、良いお年をお迎えください。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■中村洋子Bach 平均律第1巻2番 c-Moll 
                    Prelude & Fuga アナリーゼ講座

~平均律1巻2番は、インヴェンションと平均律とを結ぶ架け橋~


★Bachは、平均律クラヴィーア曲集を見開き2ページ、
1ページ6段で書いています。 
2番Preludeは、奇妙なことに左ページ冒頭からは始まっていません。
1番 Fugaが終わった(見開き右ページ3段目)後、
ページを改めることなく、すぐ下の4段目から始めています。

★紙を節約したのでしょうか? そうではありません。
2番 Preludeは次のページの右側4段目で終わりますが、
その下2段は空白にしていることからも分かります。

Bachは意図的に変則的レイアウトにしたのです。
そこにこそ、Bachの深い意図、曲の構造を分かりやすく示す
という意図が、隠されているのです。

★このレイアウトの意図が理解できますと、
2番 Preludeがどのような曲で、どう演奏すべきかが、
まるで、空を厚く覆った雲が風で吹き飛ばされ、
青空に包まれるかのように、すっきりと分かってきます。
一見、分散和音がずっと続くかのようにみえますが、
美しい和声をまとった対位法の骨格が透けて見えてくるのです。
講座で、ご説明いたします。

★Bachは、平均律1、2巻とインヴェンション & シンフォニアを、
大きな宇宙のような広大な設計図のもとに作曲しました。
2番 Fugaは、そのインヴェンションと平均律1巻とを結ぶ重要な架け橋です。
それを前提にして、この素晴らしい2番 Prelude & Fugaのもつ
和声と対位法の世界に踏み入れますと、
音楽の喜びが心から湧き上がってきます。
それをただ指に覚えさせるのではない、一生忘れない「真の暗譜」に
どう結びつけるか、詳しくお話いたします。

 ----------------------------------------------------------------

■日 時 : 2016年 2月 24日(水) 10:00 ~ 12:30
■会 場 : カワイ名古屋2F コンサートサロン「ブーレ」
■予 約  :  Tel 052-962-3939 Fax 052-972-6427

-----------------------------------------------------------------

 ■講師 :   作曲家  中村 洋子  Yoko Nakamura

      東京芸術大学作曲科卒。作曲を故池内友次郎氏などに師事。
     日本作曲家協議会・会員。ピアノ、チェロ、室内楽など作品多数。

          2003 ~ 05年:アリオン音楽財団 ≪東京の夏音楽祭≫で新作を発表。

          07年:自作品 「 Suite Nr.1 für Violoncello
         無伴奏チェロ組曲 第 1番 」 などをチェロの巨匠
         Wolfgang Boettcher ヴォルフガング・ベッチャー氏が演奏した
    CD 『 W.Boettcher Plays JAPAN
                         ヴォルフガング・ベッチャー日本を弾く 』 を発表。

          08年: CD 『 龍笛 & ピアノのためのデュオ 』
        CD 『 星の林に月の船 』 ( ソプラノとギター ) を発表。

          08~09年: 「 Open seminar on Bach Inventionen und Sinfonien
                  Analysis  インヴェンション・アナリーゼ講座 」
                    全 15回を、 KAWAI 表参道で開催。

          09年: 「 Suite Nr.1 für Violoncello 無伴奏チェロ組曲 第 1番 」の楽譜を、
    ベルリン・リース&エアラー社 「 Ries & Erler Berlin 」  から出版。
 
         10~12年: 「 Open seminar on Bach Wohltemperirte Clavier Ⅰ
                  Analysis 平均律クラヴィーア曲集 第 1巻 アナリーゼ講座 」
                    全 24回を、 KAWAI 表参道で開催。

          10年: CD 『 Suite Nr.3 & 2 für Violoncello
                  無伴奏チェロ組曲 第 3番、2番 』
                        Wolfgang Boettcher 演奏を発表 。
       「 Regenbogen-Cellotrios  虹のチェロ三重奏曲集 」の楽譜を、
             ドイツ・ドルトムントのハウケハック社
       Musikverlag Hauke Hack Dortmund から出版。

          11年: 「 10 Duette für 2 Violoncelli
                         チェロ二重奏のための 10の曲集 」の楽譜を、
    ベルリン・リース&エアラー社 「 Ries & Erler Berlin 」 から出版。

          12年: 「 Zehn Phantasien für Celloquartett (Band 1,Nr.1-5)
      チェロ四重奏のための 10のファンタジー (第 1巻、1~5番)」の楽譜を、
      Musikverlag Hauke Hack  Dortmund 社から出版。

          13年: CD 『 Suite Nr.4 & 5 & 6 für Violoncello
                  無伴奏チェロ組曲 第 4、5、6番 』
                        Wolfgang Boettcher 演奏を発表 。
         「 Suite Nr.3 für Violoncello 無伴奏チェロ組曲 第 3番 」の楽譜を、
      ベルリン・リース&エアラー社 「 Ries & Erler Berlin 」 から出版。

          14年:「 Suite Nr.2、4、5、6 für Violoncello
        無伴奏チェロ組曲 第 2、4、5、6番 」 の楽譜を、
       ベルリン・リース&エアラー社 「 Ries & Erler Berlin 」 から出版。

           SACD 『 Suite Nr.1、2、3、4、5、6 für Violoncello
                            無伴奏チェロ組曲 第 1, 2, 3, 4, 5, 6番 』 を、
     「disk UNION 」社から、≪GOLDEN RULE≫ レーベルで発表。

            スイス、ドイツ、トルコ、フランス、チリ、イタリアの音楽祭で、
      自作品が演奏される。

         ★上記の 楽譜 & CDは、
「 カワイ・表参道 」 http://shop.kawai.co.jp/omotesando/ 
「アカデミア・ミュージック 」         https://www.academia-music.com/academia/s.php?mode=list&author=Nakamura,Y.&gname=%A5%C1%A5%A7%A5%ED
 https://www.academia-music.com/                           で販売中。

        ★私の作品の  SACD 「 無伴奏チェロ組曲 第 1 ~ 6番 」
   Wolfgang  Boettcher ヴォルフガング・ベッチャー演奏は、
  disk Union や全国のCDショップ、ネットショップで、購入できます。
http://blog-shinjuku-classic.diskunion.net/Entry/2208/

 

 

 


※copyright © Yoko Nakamura    
             All Rights Reserved
▼▲▽△無断での転載、引用は固くお断りいたします▽△▼▲

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
«  ■Bartók版「月光ソナタ」のペダリングから、平均律とC... | トップ | ■ブーレーズ死去、音楽のアイ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

■私のアナリーゼ講座■」カテゴリの最新記事