草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

シリアへの米英仏の攻撃で朝鮮半島情勢も緊迫!

2018年04月14日 | 安全保障

米英仏によるシリアへの攻撃が行われた。最悪の場合はロシアとの軍事衝突までささやかれているのに、能天気な日本では、安倍退陣を求めるデモ騒ぎである。国際舞台で発言でき、トランプに物を申せるのは、安倍さんしかいない。それを無視してまで、引きずりおろそうとする理由がわからない▼今起きていることは、朝鮮半島にも飛び火しかねない。この虚を突いて、北朝鮮が何か仕掛けてくる可能性もあり、油断は禁物である。アメリカが二方面での軍事行動が難しいのを知っていて、何をしでかすか見当がつかず、陸海空の自衛隊は有事に備えなくてはならない▼今回はシリア国内にある化学兵器施設十数箇所に対してのものとみられているが、今後エスカレートする危険性があり、楽観視することはできない。今でも世界は、力には力で対抗するのが常識になっている。手を差し伸べれば、一緒に酒を飲めば、平和が維持できるというのは、ある種の信仰に近い。そんなことでは本を守り抜くことは難しいのである▼「モリカケ」で大騒ぎをする者たちは、日本の安全を脅かす勢力に手を貸すだけである。日本国民は現実を直視しなくてはならない。未曽有の危機が迫ってきており、国家として身構えなくてはならない。国を守るためにも、日本国民の団結を乱すようなマスコミのミスリードを、私たちは許してはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自分たちのペンの力を過信し... | トップ | 「モリカケ」抗議の国会前集... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

安全保障」カテゴリの最新記事