ポポロ通信舎

(旧・ポポロの広場)姿勢は低く、理想は高く。真理は常に少数から・・

年金記事、朝日読売、読み比べ

2019年08月28日 | 経済
厚労省が年金の見通しを公表した。
 
朝日新聞の見出しは、「30年後に2割減」
読売新聞は「現役収入の5割維持」
同じ財政検証を基にした内容が、このように紙面に差が表れる=写真
 
1面の見通しの推移グラフでは2019年61.7%、2047年50.8%、ここまでは朝日読売同じ。朝日はその先の2058年44.5%まで表示。読売は「75歳受給開始も検討」とつれない。一方、朝日は「老後不安、年金も自助を」、さらに社説でも「不安に応える改革を」と非正規雇用、中小企業へも言及。今回の財政検証が大幅に遅れここに至ったのは、7月参院選を避けたい政府・与党による先送りの批判にも触れている。
 
慰安婦問題など「歴史認識」では、鋭い解説が光る読売新聞ですが、この年金問題については残念ながら、それが出ていない。年金という「現状認識マター」ではポポロ(国民大衆)に寄り添っている報道は朝日新聞の方だと感じた。
 
 

夏の終わりには片平里菜のこの曲が似合うかな♪

片平里菜 Come Back Home

 

コメント   この記事についてブログを書く
« SANYOブランド 各地で健在 | トップ | ハイレゾ音源対応に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

経済」カテゴリの最新記事