ポポロ通信舎

(旧・ポポロの広場)姿勢は低く、理想は高く。真理は常に少数から・・

いまも発令中、原子力緊急事態宣言

2015年11月28日 | 原発震災・原発問題

小出裕章さんの新刊『原発と戦争を推し進める愚かな国、日本』を読みました。

2011年3月11日19時18分 原子力緊急事態宣言が発令されました。事故から4年以上になりますが、この発令はいまだに解除されていません。解除できない状況が続いているということです。メルトダウンした1~3号機からは放射能汚染が漏れ出したまま・・。
問題が多すぎて、また話していると解決方法が見当たらず暗くなるばかりです。最近ではマスコミでも原発に対しての記事はめっきり減りました。

しかし小出裕章さんが書かれているように原子力緊急事態宣言は今も継続されているのだということは、国民としてしっかり心に留めておかなければならないでしょう。

愚かなのは世界の核保有国

著書は『・・愚かな国、日本』となっていますが、私は日本に留まらず愚かな『世界』と言った方が正しいのではないかと思います。見渡せば世界は核保有国の原爆、原発でいっぱいです。日本の福島原発事故は世界各国からてっきり非難されるものかと思っていましたが違っていました。それどころか五輪誘致を日本に決めるほど世界は原子力に「理解」があったのです。なぜでしょう?つまり世界は日本を責められない、それというのも各国自身が互いにスネに傷を持っているからなのです。

本書の原発事故に対しての記述は優れていますが、「愚かな国、日本」と言うタイトルは「反日」となってしまう恐れがあり残念です。「愚か」なのは核保有国と、これから核を持ちたがっている国々すべてに対して当てはまることなのです。「原発と戦争を推し進める」のは日本に限りません・・。何か空しくなりますがこれが今の「世界」の現実といえるでしょう・・。

 【写真】ベラルーシ製ガイガーカウンター

原発と戦争を推し進める愚かな国、日本
小出裕章 著
毎日新聞出版
コメント

スマホで黒板写しは良くないか

2015年11月25日 | IT関連

スマートフォンやデジタルカメラを使って教室の板書(ばんしょ=黒板に文字を書くこと)を学生が撮って保存する時代になりました。まだ異様な風景にも思われますが、板書の記録の仕方は変わるでしょう。学生各自にデータを転送するようになるかもしれない。
保育園義務教育化を主張した社会学者の古市憲寿さんも板書写しは、しごく当然と受け止めている。(動画ご参照
もし私が今の学生であったなら(許されるなら)おそらくパチパチと写し撮っていることだろうと思います。

思えば、ひたすら黙々と板書する先生が何人かいましたね。その場合、私たち学生は書き写すことに神経が集中し肝心の講義の内容を考えるまでに至らなかった経験があります。もし黒板の文字を一瞬にしてカメラに収め、後で全文正確に読み直せればこんなに良い方法はありません。意地悪な先生がいて、黒板いっぱいにどんどん書きスペースがなくなると先に書いたものから消して書き続ける人もいました・・。

先生がスマホを使って板書しているケースも出ています。たとえば「正弦曲線」のような視覚的にも理解することが必要な解説を教員用のアプリを使ってあらかじめスマホに取り込んでおいた画像や動画をプロジェクターなどで黒板に映写することも。(東京新聞2015.10.5「スマホで板書復習」記事参照)。

今では学生の多くがスマホを持っていることもあり、それを規制するのではなく、むしろ授業に積極的に役立たせようという試みです。所有していない学生には学習用に貸し出し用意する。

教育面でのスマホなどIT機器の適切な活用は、とても良いことだと思いますね。

 【古市憲寿】板書をスマホで撮影する学生のモラル

コメント

保育園義務教育化

2015年11月17日 | 研究・書籍

良書でした。
古市憲寿著『保育園義務教育化』。

古市さんは、まだ若く、お父さんではないのに良くぞ幼児保育の問題を的確にとらえました。

保育園(保育所)は児童福祉法では、39条で「保育所は、日日保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳児又は幼児を保育することを目的とする施設」とあります。
「こどもは本来は親が育てるべきところを、それが出来ないから助けてやるよ」というお上の声が条文の裏面から聞こえてきそうです。本書もそんな響きベースにして「義務化」を提唱したように思いました。

根強い3歳児神話を越えて

子どもがいるお母さんが「仕事を頑張る」というと世間は「子どもがかわいそう」と冷たいが、もしこれがお父さんだと「仕事を頑張る」というと評価が逆に高くなる。まだまだ、3歳までは母親が専念して育てるべしという「3歳児神話」も根強いものがあります。この神話がすでに欧米諸国の検証でも結論が出ています。わが国も公式には3歳児神話は「合理的な根拠がない」としています。

わが家の幼保「実験結果」は・・

当方には4人子どもがいますが2人は幼稚園、2人が保育園(0歳児からを含む)に行きました。成人になった今、双方の教育の違いは感じられません。少なくとも保育園育ちが幼稚園育ちに遜色があるとは思えないのです。

国立文系大学を淘汰する案にも通じますが、日本の教育政策には科学的根拠が薄弱と、著者は述べています。十分に開示もされない全国学力学習調査に50億円・・。

子ども手当でなく保育園に財源を

「サラリーマン(男)と専業主婦(女)の時代」は1960年から1990年頃まで。今は女性の社会進出も著しい。女性の労働力率をアップするには、子ども手当てを支給するのでなく、保育園を整備するのが効果的、とも。

「草食男子が日本を滅ぼす、との見方は誤解」にも同感です。草食男子が問題ではなく、むしろお母さんを大事にしない国で赤ちゃんが増えるわけはない、との指摘にも拍手です。

義務教育の早期化は世界的な潮流。保育園に行かせることに後ろめたさを感じさせないためにも幼保一元、保育園の義務教育化を支持します。

 

保育園義務教育化
古市憲寿 著
小学館

【紹介】保育園義務教育化 (古市 憲寿)

 

コメント (4)

文学部をつぶすな (国立文系再編)

2015年11月13日 | 研究・書籍

『文学界』12月号を読みました。
特集は「文学部不要論を論破する」。
立花隆(東大文学部卒)が、「文科省が日本人をバカにする」と先頭で「論破」。

先に文部科学省が国立大学文系学部の見直しを、各大学に通知したことによる。
やり玉に挙がったのは教員養成系や人文社会科学系。「社会的要請の高い分野に転換を」とした。

まさに成果主義、実学偏重のお上(官僚)や財界の見方だ。
「学問分野が近視眼的な実学分野ばかりになったら日本人の教養レベルはガタガタになる」(立花隆)

東京大学では、2000年入試から漢文は必要薄の空気から従来の散文、漢詩の2問から1問に減らしたという。西欧では今でも学生に、実用的ではないようなギリシャ語やラテン語、ユークリッド幾何学を学ばせている。目の前の実用性に眼を奪われていたら日本は滅びる、と立花氏は警告する。

原子力を学ぶものに倫理は必須

「人文系の果たしてきた役割はだれも否定しない。なくすのに賛成かと問われたら反対に決まっている。文系で数学を学んだり、理系が倫理を学んだりと垣根を外すことをやってきた。例えば原子力をやる人が倫理を知らないとだめだ」とは奥野武俊氏(大阪府大前学長)のお話。(東京新聞)

原子力をやる人が文系学問の倫理学を知らないとだめだの言葉は、まさに今日的です。本当に再編を考えるなら、理系も含めて総合的に見直さなければならないでしょう。学問の「学」としての系統性も見いだせないカタカナひらがな学部学科のあり方。学歴ロンダリングと官僚天下りのための過剰な大学院の設立、学生本位でなかったロースクール制の実態等々問題は山積。国立大学の人文社会科学系だけを問題視するのはどうかしています。まずは文科省自体を“再編”しないと。

 

文學界 2015/12
文学部不要論を論破する
文藝春秋
コメント

2016年も手帳はダイゴーに

2015年11月07日 | 経済

手帳の販売シーズンですね。
『日経ビジネス アソシエ』も「1年が劇的に変わる!手帳術」が特集。

今年は3月からスマホを持つようになり、アプリの「カレンダー」に予定を打ち込みました。タブレットとも連動し便利さ知りましたが、いつの間にやら手書きの手帳に戻ってしまいました。この間半年くらいだったでしょうか・・

スイッチを入れなくても充電する心配もなく、すぐに取り出せる利便性はやはり従来型の紙の手帳に軍配です。

シールズの若者たちの演説風景では、皆さんスマホを見ながらでしたね。世代の違いかもしれません。私はスマホから手帳に戻ってしまいました。

手帳にはスケジュールの他、読みたいと思った書物のメモ、これからやらなければならないタスク。新しい用語、外来語、病名。興味ある新製品のチェックなどですね。

結局、今年もダイゴーの「Appoint DIARY」E1003版を買いました。サイズが小型で手になじむのと鉛筆付きが良い。たまに筆記用具を忘れてしまったときに、手帳に鉛筆が付いていたことを思い出し救われたケースが時々あるからです。価格690円+税。5年連続の使用になります。

この手帳、昨年から近隣の店頭では見当たらず、しかたなくネットで購入しています。来年もダイゴーとともに歩みます。

 

ダイゴー アポイント 手帳 2016 黒 E1003
Appoint Diary 2016
ダイゴー

 

SEALDs 国会前  ティーンズソウル(高校生)のスピーチ(手にするは手帳でなくスマホ)

日経ビジネスアソシエ2015年11月号
アソシエ万年筆・特別付録

日経BP社

 

コメント

雑誌付録の万年筆に魅かれて

2015年11月03日 | 研究・書籍

書店で『日経ビジネスAssocie(アソシエ)』を買う。
11月号の特別付録は特製の万年筆。
子供の頃、雑誌の付録にウキウキしたことを思い出します。
750円の雑誌に付いている万年筆とは一体どんなものなのだろう・・。

本誌の特集は「手帳術」。こちらも面白そうですが、やはり一番の興味は万年筆。

小箱を開けるとブルーのAssocieとロゴの入ったしゃれたデザインの万年筆が出てきた。
インクはペリカン(ドイツ製)と共通のもの。やや太字サイズのペン先、書き味はわるくないぞ。ペリカン系だね。なかなかイイネ!

取り扱い上の注意書に「インクの出方が悪くなった場合はぬるま湯を入れた容器の中にカートリッジをはずした首軸を一昼夜浸してください。その際熱湯や洗剤を使用しないでください・・」とある。

実は、書き味が悪くなって棄てようかと思っていたペリカン万年筆が1本ありました。注意書に従って首軸を一昼夜浸してみたら・・。するとどうでしょう、生き返りました!
安価な雑誌一冊で、2本の万年筆を得たような気分になりました。

めでたし、めでたし。

 

日経ビジネスアソシエ2015年11月号
アソシエ万年筆・特別付録

日経BP社

 

 

【万年筆】また付録きましたね 日経ビジネス アソシエ[fountain pen]

コメント